Windsor35
1950年代半ばに、製造された東興写真工業製のカメラ。
前所有者(ヤフオク購入)によれば、お父さんが昭和30年ごろ購入したものらしい。
ャッター:VELEX B-1〜1/200(製造メーカー不明)
レンズ:TKC Color Sygmar(ビュッカー師匠によれば素材はニコンと同じらしい)
         F3.5 50mm  最小絞りF22

各操作部動作とのことだったが、シャッターをセットしてもセルフのレバーを少し動作させないとシャッター切れず。
レストア情報
シャッター解放用ガイド板の変形で、セルフタイマーのレバーと干渉していたことによる、レリーズ不良だった。変形を修正して完動となる。ついでに汚れていたレンズも清掃。前玉を反時計方向にまわすことにより、前玉は簡単に外れる。
シャッターは、半月状のカニ目を半回転、黒い円盤を反時計方向に少し回転させることにより、外すことが出来る。中央にある切り欠きの部分は回らない(?)。前玉は後ろ側にあるレンズホルダーをはずして分割が可能な構成になっている。後玉は、シャッターをBで開放にして清掃、ビュッカー師匠によればカニ目で外すことが可能であるとのこと。

操作方法
ピンクの矢印部分が準備
巻上げノブの後にあるボタンを押し、巻上げ(自動ロック)
絞りとシャッター速度を設定
黄色のシャッターレバーをセット
ピントレバーでピントを合せ、太い黄色矢印のシャッターレリーズを押す
手持ちフィルムの関係で試写にASA400を使ったが、晴天に恵まれず屋外での撮影が少ない、シャッターと絞りの相関はネガの仕上がりを見る限り、低速から高速まで上手くいっているようだ。絞り込むと結構シャープな描写をするレンズである。

f4 1/50
f5.61/50
f22 1/200
試写結果
f5.6 1/50
同じ場面をコニカFS1+ATX285(50mm固定)1/60+AEとWindsor f5.6+1/50で撮影 どっちがWindsor? シルエットだと判りませんHiHi
レストアカメラ試写へ
ホーム