ハバネロフォカッチャPERFECT


「モスでハバネロフォカッチャ発見
思えば、z-donさんから送られてきたそのメールが発端でした。
そのあと、送られてきたメールには辛い、痛いの文字が。
z-donさんは一緒にハバネロカレーを食した剛の者のはずなのに……。
ハバネロ伝説を残す者としては食べないワケにはいけませんね。

と言うわけで行って参りましたモスバーガー。

ハイ、これがハバネロフォカッチャです。



……アレェ?なんで2コあるんだろう?

実はモスに行く前にz-donさんと会社の上司のK先輩とパチンコに行ったんです。
そこで私は大敗、z-donさんとK先輩は大勝という結果に終わりましたOTZ

そんな私を哀れんだz-donさんが、モスでいくらでも食べていいと言ってくれたんです。
もうこれはたくさん食べるしかないでしょうと、
ご好意に甘えさせてもらい2コ注文させてもらいました(゚∀゚)いえぃ!


さて、さっそく食べてみましょう。

一口目。これがフォカッチャというものですか。なかなかいい食感ですね。

二口目。ソーセージがプリッと香ばしくてウマイです。ウマイですが辛さはあまり無いですね。

三口目。あ、結構辛い。なるほど、かかっているソースが辛いんですね。

四口目。……辛いというか痛い?

五口目。コレ痛い!イタイ。辛いよ!つーかイタイよっ!


正直なところ所詮ファーストフード、万人向けな辛さだろうとなめてました。
すいませんモスバーガーさん。
貴店はファーストフードの領域を越えています。

メニューにあった言葉。
「お子様、辛いものが苦手な方はお控えください。」に偽り無しです。
大半のお子さんは辛さと言うか痛さに泣くんじゃないでしょうか?

デスソースを彷彿とさせる辛さ。
これ、本当に少し混じってませんか?モスバーガーさん。

でも私はいくつものハバネロ系食品を食べてきました。この程度ではへこたれません。

ええ。食べましたとも。2コ完食。



汗を拭くためにこれだけの紙ナプキンを消費してね。


z-donさんを見るとニコニコ笑顔を浮かべています。
z-donさんは私がネタとして無茶な食事をする様を見るのが好きなようなので、
私が大量に汗をかきながらハバネロフォカッチャに挑む姿を
まるで息子を見守る父親のごとく、優しい笑顔で見守ってくれたようです。

z-donさん(以下 Z)「おかわりしてもいいんですよ?」

さすがにパチンコで大勝したz-donさんは気前がいいです。
しかしハバネロフォカッチャはかなりボリュームがあり、腹は満たされてます。
その前に仕事納めで振る舞われたビール2缶がしっかりとお腹に響いているんですよね。

私が遠慮するとz-donさんはまだニコニコと笑顔を浮かべています。

Z「おかわりしてもいいんですよ?」
私「いや、お腹いっぱいなんですが……」
Z「おかわりしてもいいんですよ?」
私「いや、ホントに……」
Z「おかわりしてもいいんですよ?( ´ー`)ニコニコ」



Σ(゚д゚ll)!!!!!!!

ニコニコ笑っていますが、つまりこれはこういうことです。

おごってやってるんだから、食え。

z-donさんは私がネタとして無茶な食事をする様を見るのが好きなようです。
それも苦しんでいれば苦しんでいるほど嬉しそうです。

えーと、つまり。



パチンコで大勝したz-donさんに奢ってもらってネタに挑戦。

スポンサーの意見は聞き入れるのがスジ。

あぶく銭をたくさん握っているz-donさんは私の限界までおごり続ける。



これからが本番かぁ!!_/ ̄|○

しばらく抵抗しましたが、断りきれない私に対して千円札を渡して一言。
Z「ハバネロフォカッチャといちごと木苺のケーキを買ってきてください。」
自分はしっかりとデザート頼むところが素敵です……。


買いました。買いましたとも。3つ目です。



今度はなぜか、激辛シールがついていました。
しかもご丁寧にお冷やまでつけてくれています。

……もしかすると、お店なりの警告なのかもしれませんね。

でも会社の先輩からおごってもらったものを食べない訳にはいきません。

三つ目も辛いやっぱり辛いです。痛いです(ノД`)
z-donさんを見ると終始ニコニコです。サドです。間違いありません。


もうね、かめないんですよ。口のまわりはヒリヒリしてるせいで痛いんです。
私は必死で訴えました。

私「かめない……」
Z「あっはっはっ、そうですかそうですか」

まだニコニコ笑ってやがります。


被害は口だけかと思いましたが意外なところに被害がおよびました。

顔です(ノД`)

なぜ顔?と思われるかもしれませんが、原因は紙ナプキン。
紙ナプキンであふれ出る汗を拭きまくっていたせいで、摩擦で肌を傷めてしまいました。
目の下の部分がその状態になってしまったらしく、紙ナプキンで拭くと痛いんです。
仕方なくそこの部分だけはマイハンドタオルで拭くことにしました。

マイハンドタオルを持ってるなら最初から使えって話かもしれませんが、
ポケットから出すのが面倒だったんです。
その横着がこんな結果を生むとは_/ ̄|○

そのことをz-donさんに訴えると、笑顔で
「光速さんはおもしろいなぁ」とたいそうおかしそうに笑いました。
この人、鬼です。


そんなこんなで息も絶え絶えになりながら三つ目を食べ終えた私に、
さらに「おかわりしてもいいんですよ」コール。

さすがに限界があります。

低下した思考能力をフル動員させ、必死に断る口実を考える私。
そこで出てきた言葉が私をさらなる地獄へと誘いました。

私「デカレンジャーの歌でも、3(スリー)がPERFECTじゃないですか。これでいいでしょう」
Z「……デカレンジャーの歌は、4(フォー)がPERFECTですが?」

………………………………。

皆さんはデカレンジャーのオープニングテーマのBメロ部分を知ってるでしょうか?

1(ワン)!エマージェンシー!
2(トゥー)!デカレンジャー!
3(スリー)!Action!
4(フォー)!Perfect!
5(ファイブ)!Get on!

確かに4がPerfectです。私はまだActionなワケです。

………………………………。

お母さぁ〜ん。
オレまた墓穴掘ったちまったよぉ〜!! OTZ


私は今までいくつの墓穴を掘って生きてきたのでしょうか?
多分、何度死んでも埋まるところには困らないでしょう。


しかし本当にやばかった私は最後の賭けのつもりで、
z-donさんにいきなりジャンケンを挑みました。
勝ったらきっぱりと断るつもりで。

まぁ当然のごとく負けましたけどね。


多分私にはイタイ神様が憑いてます。


z-donさんは本当に気前がいいです。
もう満腹な私に、さらに食べ物を奢ってくれるほどの気前のよさっぷりです。
今度はおつりが出ないようにと考慮して小銭を渡し、

Z「ハバネロフォカッチャとティラミスお願いします」

またこの人デザート頼んでますよ……。なんかいろんな意味で流石です。
もうこうなったら腹を決めるしかないですね。

というわけで四つ目〜(゚∀゚)アヒャ



アレ?
……前回頼んだ時と違う箇所をハケーン(゚д゚)







お冷やの量が増えてます。
右が三つ目のフォカッチャについてきたお冷やで、左が四つ目についてきたお冷やです。

これはどういうことでしょう?
もしかしたら、あまりにも大量の汗をかいている私に対して、
優しい女性定員さんからの愛のプレゼントでしょうか?

(;´Д`)ハァハァ……

…………………………

ダメだ……。

腹がやばくて妄想すらできないヽ(`Д´)ノウワーン


もうお腹の中が(゚∀゚)アヒャーですよ。
そんな状態で食べる四つ目のハバネロフォカッチャ。

出来たての熱さが痛いです。

お願いです。冷まして持ってきてください。

完全に思考回路がマヒした状態で、ハバネロフォカッチャにかぶりつく私。
やっぱり辛い。イタイ。

カライイタイカライイタイカライイタイカライイタイカライイタイカライイタイ(TДT)

……このソースだ!
このソースのせいだ!



コイツだ!


コイツだぁ!!

コイツだぁぁぁ!!!



いくらアップにしても辛さは伝わりませんよね。
すいません。取り乱しました。

とにかく辛いんですよ。

なんでしょう。
もう最後の方はあんまり記憶がありません。


何度か意識がふっとびそうになりましたしね。


でも食べましたよ。
何はともあれ、ハバネロフォカッチャ4つ完食です。
これで私もPERFECTになれましたよ!

そして紙ナプキンの量も倍増です!!(゚∀゚)いえぃ



なんだか、中学生ぐらいの男の子の部屋にある
ゴミ箱をひっくり返したような状態デスネ。





ハバネロフォカッチャ4つ。
今年を締めくくるハバネロ伝説に相応しい戦いになったと自負しております。

協力してくれたz-donさん。
ハバネロフォカッチャは1つ380円。4つで1,440円。
あなたがいなければ間違いなく挑戦できなかった、というかしなかったでしょう。
金銭面でも、苦痛増幅面でもサポートしていただき感謝の言葉もありません。







えー、最後に一言だけ。

絶対真似しないでください。



TOPへ 雑文集へ ハバネロ伝説へ