そんなある日のこと。
     この村にみすぼらしい身なりの、じいさんとばあさんが、一匹の
    犬を連れてやって来た。
     じいさんの荷車には壺や甕(かめ)など、村人があまり見た事もない、
    珍しい器が山ほど積まれていた。
   しかし、どことも知れぬよそ者に、多くの村人は猜疑心(さいぎしん)で
    寄り付こうとはしなかった。

     ある日、じいさんは、荷物の壺から今にも枯れそうな苗木を
    大切そうに取り出すと、村人があまり耕作に向かない小高い荒地に
    植えたとさ。

     村の者は「どうせ水がない。いずれ木は枯れてしまうだろう」と、
    ひそひそ話をしていたが、そんな話をよそにじいさんは、枯れそうな苗木の
     周りに幾つもの甕を用意した。
    やがて降る天からの恵みの雨や、近くの小川からせっせ、せっせと
     水を運び、甕に水をたくわえ水を絶やすことはなかつた。

     来る日も来る日も、苗木に水をやり、
    「早く元気になってくれ、この世で花を咲かせて見せてくれ」と陰口や
    噂をよそに、朝夕水をあげて世話をした。
  
     金儲けにもならない事に精を出すじいさんに、村人は変人扱いをしたと。
    
                                     
次ページへ