イベント参加リスト(1997年11月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
JRファミリーミュージカル「小公女セーラ」(戸田)【概略】

日時:1997/11/01(土) 15:00
場所:戸田市文化会館

出演:長崎萠/森谷密/橋本遊/堀志保/宮川苑/北原マヤ/小林蕗/他

客参加:桜井智

JRファミリーミュージカル「小公女セーラ」(戸田)【記録】

 公演の感想については前回とさほど変わらないので、出待ちの記録のみ(^^;

 というわけで、今回も出待ちすることにする。
 私は別にどちらでも良かったのだが、相棒の野間さんに確認したところ、
「出待ち? 当然でしょ」
 う〜ん、私と付き合い始めてから、ますます濃くなったよーな気がする(^^;;
 戸田市文化会館の横手の方にまわると「楽屋出入口」を発見。ここだろうと当たりをつけ、そこで待つことに。出待ちグループは全部で7〜8人程度。
 シャインズ神沢さんがそこに入っていき、岩瀬のアニキが小道具を運び出し、朝倉先生とロンリーさんが顔を覗かせて、ここから出てくるのは間違いないだろう。
 案の定、ちょっと待っていると男性陣がわらわらと出てくるが、顔の区別がつかないぞ(^^; 多分ねずみ軍団だとは思うけど…。
 続けて、女性陣。こっちは顔に覚えはあるが、名前までは憶えていない(^^;;
 社長も出てきたので、
「どうもお疲れ様でした」
 と、ご挨拶。やっぱり顔を見たら挨拶しなくちゃね。>野間さん。
「どうもありがとうございます」
 と返礼していただけたものの、う〜ん、忙しそう。
 表まで出てきた朝倉先生は、ワゴンの運転手と何やらお話中。
「桜井が…」
 とか言っているが、智ちゃんのことだよなぁ? 何の話だ?
 という疑問が解決するのはしばらく後の話。
 社長や先生も楽屋に戻っていき、またしばらく待つことに。
 すると、何やら後ろの方が騒がしい。
「あっ、ひーちゃん!」
 え!? ひーちゃん!?
 後ろから聞こえる誰かの声にピクッと反応。
 ……後ろだあ!?
 柵と草木の向こうに人が集まっている。柵に近寄って道路を覗き込むと、
 ……あれは確かにひーちゃんの後ろ姿。チラリとこちらを振り向いてくれたものの……。
 どこから出たんだあ〜〜〜!?
 ひーちゃんには声をかけれず。残念無念。
 ――VSひーちゃん LOSE
 でも、駅の方に歩いていくけど、電車なの? 思わず後をつけたくなったぞ(笑)
 さらに少し待っていると、6人ほどの女性陣が登場。アーメンガード(*1)に……、ふーちゃんに……、苑ちゃんに……、後は名前が出てこない(^^;;
 横浜に引き続きふーちゃんに声をかけようとするものの(*2)、他の女性陣の厚いガードに阻まれ(*3)
「お疲れ様でしたー」
 と全員に向かって頭を下げるのが限界(^^;
 ――VSふーちゃん LOSE
 続けて、朝倉先生に連れられるようにして楽屋出入口から出てきたのは、なんと智ちゃん! まさか来ているとは思わなかったぞ。
「こんにちは〜(^^)」
 にこやかな笑みで挨拶してくれる。う〜ん、やっぱり綺麗だよなあ。
 そのまま、先生の運転する車で社長と共に退場。
 あれ? みんな行っちゃうの? 他の人は?
 まあ、後はゆーちゃんと萠ちゃんだけだし。でも、横浜でもこのペアだったよなぁ。やっぱり、遊星王女は仲が悪いのか!?
 しかし、楽屋出入口におしりをつけてワンボックス車が停められ、やはり横浜のときと同じように萠ちゃんのガードは固そうだ(^^;;
 とりあえず、車のそばに寄っていつでも動ける準備をしていると、奥の通路から歩いてくるゆーちゃん&萠ちゃんを発見。
「ねぇ、あれ萠ちゃんじゃない?」
「うん、そうだ」
 と、野間さんの同意を得て、そそくさと出入り口前に近付こうとしたが、先頭のゆーちゃんは私たちのいる側ではなく、車の(向かって)右側に動いた。右側は柵があるので左から乗り込むものだと思っていたのだが、甘かったようだ。
 萠ちゃんにしか興味ないらしい他の出待ち連中を尻目に、車の前を回ってさっさと右側に移動。ちょうどゆーちゃんがドアを開けたところだ。
 まずい! このままでは乗り込まれてしまう!
「ゆーちゃん、お疲れ様でしたー!」
 私の声にゆーちゃんは気付き、今まさに乗り込まんとしていた足を止めてこちらを振り向き、
「あ、お疲れ様でしたぁ」
 ちょっと驚いたような顔で返事を返してくれるが、左手には車、右手には柵、差し向かいのゆーちゃんと私の間には邪魔者はいない(笑)
「いじわるそうで良かったです(笑)」
「ありがとうございます(苦笑)」
 ゆーちゃんは苦笑してたが、これって誉め言葉だと思うぞ、ことジェシィ役においては。
「細かい仕種とかもホントいじわるっぽくて、良かったです(^^)」
 とせっかく会話モードに入っていたものの、ゆーちゃんの後ろから萠ちゃんがやってきて、私の後ろには野間さんがやってきて、
「萠ちゃんお疲れ様ー」
 とか何とか言われて邪魔される。
 2人とも車に乗り込み、アニキの運転でワンボックス車は発進。ガラス越しの2人に手を振り、2人も振り返してくれる。
 ――VSゆーちゃん WIN
 ……あ、私、萠ちゃんに声かけてないや(^^;;
 とまあ、こんな感じで1時間ほどの出待ちは終わったのですが……。

 帰宅すべく、野間さんと一緒に埼京線戸田駅へと歩く。
 駅に到着。さて、切符を買おう。と思っていると、
 あれ? あれって、苑ちゃんじゃない?
 1人の見覚えのある少女に視線を奪われていると、
「ねえねえ、蕗ちゃんいるよ」
 野間さんがふーちゃんを発見。
 この一行が戸田市文化会館を後にしたのは結構前だと思うのだが、何でまだこんなところにいるんだ?
 でも、まあ、とりあえず、後をつけるようにして(笑)ホームへと上がる。
 ふーちゃんだけ花束を抱えている。うーむ、人気あるなあ。
 ホームに到着。もちろん乗る方向は一緒だが、別にストーカーをやるつもりはないので、少し離れようと場所を移動しようとしたら、先に苑ちゃん達に動かれてしまい、後をつける恰好になってしまう(^^; わざとじゃないんだあ〜!!(^^;;
 電車到着。期せずして同じ車両になってしまうが、隣に腰掛けるほどの度胸はない(笑)
 適当な座席に腰掛けたのだが、割と近くに苑ちゃんたちも腰掛ける。
 野間さんは座ろうとしたふーちゃんに声をかけていたが、それは届かなかったようだ(^^;;
 ふーちゃんと吉本光里嬢は私たち側だったのでよく見えないが、苑ちゃんと北原マヤ嬢は向かい側となる席に腰掛けたので、とりあえず顔は見える。
    扉扉     
――――==―――――
○○○○   苑マ○○
           
○野私○  光蕗 ○○
――――==―――――
    扉扉     
 何事か楽しそうに会話する苑ちゃんとマヤ嬢を眺めながら……ああっ、ストーカーしてるぅ、とちょっぴり自己嫌悪。ほんのちょっぴりだけど(^^;
 1に萠ちゃん、2にふーちゃん、3にゆーちゃん、4にひーちゃんが好きな野間さんは、電車を降りるときにふーちゃんに声をかけると決意していたので、私は苑ちゃんをターゲットに。
 確かに役柄としてはロッティの方が可愛いが(*4)、私はふーちゃんよりは苑ちゃんの方が好み。ふーちゃんに声をかけるという野間さんの邪魔もしたくありませんでしたし。それに、萠もうでの帰りしなにすれ違っておきながら声をかけられなかったという恨み(?)を今こそ晴らさねば!
 かくして運命の赤羽駅。
 さすがに降りる人も多く、ちょうど苑ちゃんの前には誰もいない。
 乗り込む人にはものすごく邪魔になるような気もしたが、開いたドアの脇で立ち止まり、
「苑ちゃん、お疲れ様でしたー」
 一瞬、聞こえないかな?、と危惧したが、マヤ嬢の話を聞いていたらしい苑ちゃんはピクッと反応し、こちらに向かってにっこり笑顔。ううっ、可愛い(^^)
「お疲れ様でした(^^)」
 ぺこりと頭を下げてくれた(^^) ううっ、感激。苑ちゃんに声をかけたのは、TOMO夏お台場で売り子をしていた時以来の2度目だ。
 まだドアが閉まるには時間がある。
 後ろでは、野間さんの「お疲れ様でした」が聞こえる。
「ミュージカル楽しかったです。とてもいじわるそうで良かったです(^^)」
 結局咄嗟に出てきた言葉はゆーちゃんにかけたものと同じだったが、ラヴィニア役にとっても誉め言葉であろう。実際、すげーヤな奴だったし(笑)
 それを知ってか苑ちゃんもにこやかに、
「ありがとうございます(^^)」
 と嬉しそうに(*5)頭を下げてくれましたし。
 ――VS苑ちゃん WIN
 電車を降りると、先に野間さんが待っていた。簡単に挨拶だけで終わったらしい。隣の光里嬢がうらめしそうな顔をしていたとか(^^;; 私は、マヤ嬢の顔なんか全く目に入っていなかったぞ(^^;;
 う〜ん、それにしても、あのまま電車に乗ってても良かったなぁ(笑)(*6)
 というわけで、2勝2敗(*7)という成績で、帰路についたのであった。

*1: 咄嗟に名前が出てこない(^^;
*2: だって、ロッティが可愛すぎるんですもん!
*3: というか、ふーちゃんが奥側を歩いていただけだが(^^;
*4: ラヴィニアは可愛いといえる役柄ではないですからねぇ。
*5: と信じたい。
*6: それじゃあ、マジでストーカーだって(^^;;
*7: 智ちゃんと萠ちゃんとは勝負していないのでノーゲーム。
'97秋の撮遊会 in 大阪万博記念公園【概略】

日時:1997/11/23(日) 09:30
場所:万博記念公園(大阪)

出演:遊星王女[森谷密/橋本遊]/長崎萠/小林蕗

'97秋の撮遊会 in 大阪万博記念公園【記録】

□班決め
 前日に関西圏入りしていた私は、泊めてもらっていたけーごさんと共に、集合場所の大阪万博記念公園へ。
 9時半集合で9時頃に到着すると、すでに30人ほどの集まりがみえる。
 その中に、ひーちゃん狂いの松井さんと、ゆーちゃん萌えのつるるさんを発見。
 しばらくして佐々木さんも到着。遊星王女のタッくんテレカをいただく。感謝っ!
 遅刻常習者の萠ちゃんファン野間さんはギリギリの25分頃に到着。始発ののぞみで来たそうだ。「愛」ですねぇ(笑)

 けーごさん、野間さん、つるるさん、そして森谷映美ちゃんらと世間話に興じていると、いつのまにやらロンリーさんと犬飼さんが来ていることを発見。い、いつの間にっ(^^;
 さっそく受け付けを済ましてしまうことにする。

 今回は、赤、青、水色、黄色の4色のリボンが用意されているようだ。ということは、遊星王女は別々ということか。
 う〜ん、ひーちゃんは何色だ? ゆーちゃんは青か水色のどっちかだろ〜? 萠ちゃんは白じゃないのか…? ふーちゃんなんて分からないぞ(^^;;
 しかし、バナナは黄色、ひまわりも黄色、それにスキー合宿のときは黄色のリボンだった! ということで、黄色を狙い引き。

 さて、色毎に整列してタレント一行の到着を待つ。けーごさんや野間さんも黄色を引いているけど、あなたたちもひーちゃんファンだっけ?(^^;
 自称ひーちゃんファンの映美ちゃんは当然の如く黄色を引いており、当然の如く一番前を陣取っていた(笑) その隣に私もいたりしたのだが(^^;;

 朝倉先生、社長、ひーちゃん、ゆーちゃん、萠ちゃん、ふーちゃんが登場。
 タレントの衣装は、
 ひーちゃんは短パンにストッキング(赤地に黒のチェック模様の長袖シャツ、お揃いのネクタイ、赤い短パン、黒のパンスト、黒の靴)、
 ゆーちゃんはジャンパースカート(黒の長袖、青緑のジャンパースカート、黒のパンスト、黒の靴、時計)、
 萠ちゃんは生足ミニスカート(黄色のハイネックセーター、お揃いのパーカー、チェックのミニスカート、白い靴下、黒い靴)、
 ふーちゃんはオーバーオール(黄色のセーター、黒白チェックのオーバーオール、黒の靴)、
 きちんと住み分けできているよう。
 なお髪型は、ふーちゃんにツインテールを取られたせいか、ゆーちゃんは下ろしていました(笑) でも、なかなかいいぞぉ(^^)

 朝倉先生の第一声。
「今日は帰れって言わないから」
 一部で大爆笑(笑) まだ気にしてるんだなぁ(笑)

 まずはタレントの自己紹介から。
 面白かったのは、ゆーちゃんの、
「撮遊会の“遊”は、私の“遊”です(笑)」
 くらいかなぁ。
 あとは社長が、「生遊(なまあそび)を初めて見る人ー?」「生蕗(なまふき)を初めて見る人ー?」とか聞くシーンで、
「生密(なまひそか)を初めて見る人ー?」
「はーいっ!」
 と、勢い良く手を挙げる私(^^;
 隣を見ると、映美ちゃんも手を挙げている。う、嘘つけ〜〜〜っ!!(^^;;
 でも、ひーちゃん笑ってたからいいや(笑)

 続けて、社長による諸注意。
 移動中とか撮影スポット以外での撮影は禁止、タレント以外の撮影は禁止(笑)、等々、一般的なこと。
 しかし、社長の声が小さくて後ろの方の人が聞こえていないということで、先生が繰り返す。

 さて、いよいよタレントの班分けだ。
 タレントは、右から、ゆーちゃん、萠ちゃん、ひーちゃん、ふーちゃんと並んでいる。
 対して、こちらがわは、左から、水色、青色(*1)、黄色、赤色の順。
 よーし、いい並び順だ(^^)
 右から、水色はゆーちゃん、濃い青は萠ちゃん、…よしよし、順番からいくと次は黄色にひーちゃんだな…と思っていた矢先、
「じゃあ、密は赤組ね」
 って、しゃ、社長!? 私に何か恨みでもっ!?(^^;
 憐れひーちゃんは赤組へと行ってしまい、我らが黄色組にはふーちゃんがやってきたのです。
 しかし、それにしても、4人並んでいると…、
「ひーちゃんの背が高く見えますねぇ(笑)」
「えへへ…、そーでしょ(^^)」
 物凄く嬉しそうだったりして(笑)

□午前
 さて、移動開始。
 何のかんの言いつつ、ちゃっかり先頭でふーちゃんの隣をキープしている辺りはさすがだ(笑)>私(^^;
 無闇に明るいところはひーちゃん同様2重丸。
 付き人の犬飼さんの、
「一応、中学は卒業してますので」
「こう言っておかないと、労働基準法とかあるから(笑)」
 って、一体何歳なんだ〜?(^^;;
 まあ、とりあえず、ライバルのいない内に適当に雑談。
「誕生日はいつですかー?」
「6月14日ですー」
「何年?」
「秘密ですー(^^)」
「え〜? だって、エルスタッフはみんな公開してるじゃないですかぁ」
「う〜んと…(^^; やっぱり秘密ですー(^^;」
「くぅぅぅぅ。でも、6月生まれ多いですねぇ」
「あ、そうですね」
「来年の6月はバースディパーティーが大変そう(^^;」
「そうですね〜」
 ここで肯定するということは、来年バースディパーティーをやってもらえると思っているわけだ(笑)
「ロッティ良かったですよー」
「ありがとうございますー」
「転んで泣くシーンが最高でした。他の人にも、あそこは見所だってすすめてましたもん(笑)」
「わあ、ありがとうございますー(笑)」
 と、ここで後ろの野間さんに会話を振ってあげているのに、野間さんは参戦せず(^^;
「“純情愚連隊”もよかったです。制服にルーズソックスで(笑)」
「あははははー(笑)」
 なぜか笑いでごまかすふーちゃん(笑)
「あ、そうだ。“ふーちゃん”って呼んでいいですか? みんなは“蕗ちゃん”とか呼んでるみたいですけど」
「好きに呼んで下さい(^^)」
 などなど。
 私1人が話しているのもなんなので、後は他の人との会話を聞いているだけにする。
「趣味は何ですか?」
「趣味ですか? 特にないんですよー」
「じゃあ、特技は?」
「特技はですね、…あはは、やっぱり秘密ですー(^^;」
 う〜む、秘密の多い娘だ(^^;;
「その髪を留めているぼんぼり下さい」
「え〜(^^;」
 え〜い、誰だか知らないが無茶を言うんじゃないっ!(^^;
「欲しいなら、代わりのリボンを持ってこないと(笑)」
 助け船。

 撮影は、被写体1人当たり3分、4人を1サイクルとして、午前中は2サイクル。合計8回24分ぶんの撮影。移動の時間の方が絶対に長いな(^^;;
 ふーちゃんは、あまりに素直なので、ほとんどおもちゃ状態(笑) どんなポーズでも、言えばとってくれます(^^)
 でも、私が「ふーちゃ〜ん」と声をかけて目線を貰い、「笑って〜(^^)」というと、どうして周囲&ふーちゃんから笑いが起きるんだぁぁ?(^^;;(*2)
 また、「遊ばれている」といえば、ひーちゃんも負けていません(笑) アダルティーなポーズとか、学ラン刑事のポーズとか、例のポーズ(どんなのだいっ!?(^^;(*3))とか、色々やらされていました(笑)
 また、シチュエーションがベンチで、ひーちゃんがベンチに座って待っていたところ、もちろん私は隣に腰掛けてピースサイン(^^)v
「おいおいおいおいっ!」
 映美ちゃんの突っ込み。お約束、お約束(^^)
 逆に、萠ちゃんは全然変なポーズはしてくれない(^^; 社長のガードも固かったし、ロケーションも決められていたりしたし(^^;;
 ゆーちゃんも、神沢さんがミスをして呆れているポーズとか、無茶苦茶やらされていたな(^^;;
 そうこうしている内に、午前中の2サイクルは終了。
 うむむむむ、借り物のコンパクトカメラの電池がなくなってきた。ヤバい…(^^;;

□昼食
 昼食の時間。
 ロンリーさんが新大阪駅まで弁当を買いに行くらしい(笑)
 その間に、ラッキーな6人を決める、勝ち抜きジャンケン。
  先生 → 社長 → 密 → 蕗 → 遊 → 萠
 の順に見事6人抜きを果たした6人は、タレントと一緒のピクニックシートで昼食が食べられるという、定番の特典。
 挑戦者の並ぶ順番を決めるため、担当タレント同士でジャンケン。我らがふーちゃんが見事に勝ち残ってくれたので、黄色組が1番最初に。しかも、映美ちゃんの陰謀で、私が先頭にされる(^^;;
 しかし、先頭になったお陰で、ひーちゃんとお話できる機会が(^^)
「この前は、ひーちゃんと十何回あいこを繰り返したんですよ〜(^^;」
「あー、覚えてますよー(^^) そうでしたね〜(笑)」

 さて、ジャンケンスタート。
 先生に勝ち、社長に勝ち、ひーちゃんに負ける。あうう(^^;;
 しかし、1巡目では1人しか決まらなかったので2巡目突入。
 もう疲れていた朝倉先生は、同じものを出し続けていたらしいのだが、ひーちゃんに気をとられていた私はそれを見落として、あっさり先生に負ける(^^;
「おい、勝っちゃったよ(笑)」
 なんて言われるし(^^;;
 さて、3巡目ともなると、もう先生は抜けていた(^^; お疲れモードの社長に勝利し、再度ひーちゃんと勝負! …負け(^^; む〜(^^;;
 結局3巡目で6人決まってしまい、4度目の挑戦はなし。
 それにしても、松井さんが負けると周りから拍手が起こるのはなぜだろう?(笑)

 しかし、まだ弁当はやってこない。
 朝倉先生が電話をしてみるということで、ひーちゃんがドナルドのストラップのついたケータイをコートのポケットから取り出すと、
「番号教えてーっ!(笑)」
 一斉に大声(笑)

 結局、まだ時間がかかるということで、タレントとツーショットで写真撮影できる権利4名様を先に決めることに。
 今度は参加者同士が2人ずつペアになって、勝ち残り戦。当然勝てるわけがない(^^;
「相性ジャンケンの方が早いんじゃないですか?」
 と社長に進言したところ、
「それは後のお楽しみ(^^)」
 と、何やら意味深。
 なお、ひーちゃん番のときに映美ちゃんが決勝戦まで勝ち残るが敗退(^^;
 ゆーちゃん番のときに松井さんがどんどん勝っていくが、勝ち残ってどうする気だ?(^^;;(*4)
 結局、朝倉先生に負けて喜んでいたが、なら最初から参加しなきゃいいのに(^^;

 よーやく弁当到着。3回に分けて、業者の人がスクーターで運んでくる。ロンリーさんは何をしに行っていたんだろう?
 弁当は、幕の内と紙パックのお茶。予想していた京樽ではなかった(^^;
 配給は、それぞれの担当タレントからということで、私はふーちゃんから受け取ることに。
 しかーし! 丁度私の前で最初の箱が空となる(^^;
「早くくださいよー(笑)」
 2箱目の到着が遅れているので、くれくれコールをしていると、
「じゃあ、これで我慢してて下さい(^^)」
 ゆーちゃんがお茶の入っていた空き箱を私に差し出してくれる。
 しばらく呆然とそれを見つめ、おもむろに、そして力強くそれを地面に叩き付ける私(^^;
「あっ、ゴメンナサイっ!(^^;」
「お客さん、落ち着いて下さい!(^^;」
 などなど、慌てるゆーちゃんと朝倉先生。
 もちろん冗談ですってばぁ(^^;;(*5)
 その後、無事に弁当は届いて、
「ありがとうございまぁす(^^)」
 ふーちゃんから受け取ったのでした。

 一緒のシートに座れる6人以外は、タレントから10メートル(*6)離れなければいけないということで、タレントからたっぷり3メートルは離れて、私たち(*7)はピクニックシートを広げる。
「そこ、近くない?」
 社長の言葉にも、
「全然近くないです(笑)」
 結局、広げた者勝ちである(笑)
 通り掛かりの朝倉先生も、
「お前ら、それは近いだろ」
 突っ込まれるが、
「社長にOK貰いました〜(笑)」
 いつ貰ったんだろう?(^^;;

 こちらはシートを広げて準備完了。
 タレント側の準備が整う間、映美ちゃんが3メートル向こうのひーちゃんに声をかける。
「ひーちゃん、こいつのこと知ってるよねー!?」
 私を指差して、どーする気だ?(^^;
 しかし、大きく笑顔で肯くひーちゃん。
 おおっ、それはメチャメチャ嬉しいぞ(^^)
 思わずOKサインで応える私(^^)
 映美ちゃんにも礼を言っておく(^^)(*8)

 さて、いよいよ食事。青空の下で食べる弁当はおいしい(^^)
 タレント側のシートの声も聞こえるが、なぜか社長だけはこちらを向いて座って食べている。う〜む、これは見張られていると考えるべきなのだろうか?(笑)
 ここぞとばかりに、映美ちゃんは3メートルの距離で会話をしている(^^;
 かくいう私も、二言三言喋っていましたが(^^;;

 食事終了。ゴミ箱はタレント達の横の方にある。
 まっすぐ行けば近いのだが、わざわざタレント達を迂回して捨てに行くことを提案する私(^^; しかし、賛同者はいない(^^;;
「けーごさん、“写るんです”買いに行くんでしょ?」
 仕方なく、けーごさんを煽って、ゴミを捨てに行くことに。
 ひーちゃんの後ろに回り込んで、しかし、一応、邪魔しちゃいけない、と思う程度の良識はあるので、声もかけずに通りすがるだけ。

 昼休み中はタレントに近付くことが適わないので、売店に電池を買いに行くことに。
 しかし、売っていない(^^;; 置いておけ〜っ!
 けーごさんは、持参していた写るんです27枚撮りを4本使いきり、さらに3本追加購入していた(^^; すでに安いカメラなら買えそうな金額になっているよーな(^^;;
 その後は、先生による舞台裏話を聞きながら、昼休みを過ごす。

□午後
 午後も同じく、2サイクル、計8回の撮影。
 しかし、最初のふーちゃんのところでカメラの電池切れ(^^; シャッター押しても反応しない(^^;;
 というわけで、カメラを2台持ってきていた野間さんから1台借りることに(*9)
 1眼レフなんて初めてだけど大丈夫かなぁ?
 と思っていたのも束の間、あまりの使いやすさに、ここからフィルムの消費スピードが加速(^^; 結局、翌日の東京でも借りることに(^^;;
 なお、撮影ポイントの移動中、ちゃっかり映美ちゃんがひーちゃんの隣にいたりするので、それを引き剥がして間に割って入ったりもしてました(笑)

 撮影終了。
 …かと思いきや、最後に4人揃っているところを撮らせてくれるらしい(^^) フィルム残しておいて良かった〜(^^)
 そして、最後のラッキーな2人を決める相性ジャンケン。
 見事勝ち残ると、タレント2人と一緒にボートに乗れるのだっ!
 まずは、タレント2人のペアを決めるため、4人で手のひらを前に出して、表裏合った人同士でペアになることにする。
 社長の掛け声で手を前に出すが、全員裏(手の甲側)。
 もう一度。やっぱり、全員裏。
 もう一度。やっぱり、全員裏。
 もう一度。やっぱり、全員裏。
 もう一度。やっぱり、全員裏。
 もう一度。やっぱり、全員裏。
 もう一度。やっぱり、全員裏。
 …お〜い、何回繰り返す気だ〜?(^^; そんな意地を張ってないで、誰か変えろよ〜(^^;;
 その後も何度か繰り返し、最初に折れたのはゆーちゃん。この辺がゆーちゃんの性格を表していますね(^^)
 結局、密&遊、萠&蕗のペアに落ち着き、いよいよラッキーな2人を決めることに。
 しかし、相性ジャンケンにあっさり敗退…(^^;
 そして、ツーショットでの撮影を消化。私たちは指を加えて見ているだけである(^^;

 ボート乗り場へと移動。
 池の前に陣取って、ボート上の幸せな2人の姿を見せられる羽目に(^^;
 しかし、4人乗りボートで、前には足漕ぎ係(男)とハンドル係(タレント)、そして後ろにもう1人のタレントがポツリと座る、という構図はちょっとどうにかならなかったのだろうか(^^; 4人別々にした方が良かったと思う(^^;;

 さて、ボートの帰りを待つ間、朝倉先生から近況、今後の予定などが語られる。
 ジルバのチラシを見せながら、
「これ(Jitterbug)でジルバと読んで下さい」
「何語ですか?」
「何語なんだろうな?」
 って、先生(^^;;
 なお、出演しないゆーちゃんは受付けにいるとのこと。
 また、智ちゃんが「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の声優部で出演するという話では、
「ウリナリのディレクターが、俺の冗談を真に受けて“あれって凄いですね!”とか言ってくるんだよ(^^;; おい、みんな、あれは冗談だって分かってるよな?(笑)」
 “あれ”とは、鯉の口の動きに合わせて口パクするというもの。ビデオ「桜井智のひたすら声優志願」でやっていたものなのだが、どうやらディレクターは本気だったようで(爆)

 そうこうしている内に、1人が顔を真っ赤にして帰ってくる。
 朝倉先生がインタビュー。
「どうでしたか?」
「明日は筋肉痛です(^^;」
 他に言うことはないのか?(^^;
 そう呆れつつ、車庫入れに失敗したために遅れたらしいもう1人が戻ってきたので、再度先生がインタビュー。
「どうでしたか?」
「明日は筋肉痛です(^^;」
 一同爆笑(爆) 狙ってたわけでもあるまいに(笑)

 4人揃ったところで、朝倉先生が、
「じゃあ、最後にこの四姉妹の撮影があります。密も一番上になったんだなぁ。もう長女だぞ」
「え? 私、長女ですか? 私を入れて4姉妹ですよね? 長男じゃないんですねっ!?」
 自分を指差して妙に喜び勇むひーちゃんだが、客席から、
「長男と三姉妹ー!(笑)」
 ゆーちゃんも、
「智さんと私たち(遊萠蕗)で四姉妹なんです(笑)」
 遊星が会話に絡むと、全部コントになってしまうよーな(笑)

□握手会
 そして、記念の搭(だか何だか)をバックにして、4人全員を被写体にしての、最後の撮影。
 4人全員の視線をもらうことは至難の技です(^^;;
 なお、移動中にちゃっかり松井さんがひーちゃんと談笑していたりしたのを発見したので、背中から押しのけてやる(笑) だーかーらー、班行動は守ろうよぅ(^^;;

 万博記念公園の外に出て、最後は定番の握手会。
 ふーちゃん、萠ちゃん、ゆーちゃん、ひーちゃんの順。
 萠ちゃんがトリかと思っていたが、さすがに入団順のようだ。
 とりあえず、遊星用のプレゼントを準備して、いざ握手に臨む。

 ふーちゃん。
 実は初めての握手だったのだが、すっかりそんなことは忘れていた(^^;
「今日はありがとうございました。楽しかったですー(^^)」
「こちらこそ、どうもありがとうございましたー。私も楽しかったですー(^^)」
「明日もまた来ますので(笑)」
「えっ!? あっ、よろしくお願いしますー」
 びっくりしたような表情を浮かべられたが、明日も参加する人は少なくないと思うのだが(^^;;

 萠ちゃん。
「今日は楽しかったです(^^)」
「ありがとうございます。私も楽しかったです」
 萠ちゃんの喋り方は、なんとなくキリッとしている。
「明日も来ますー」
「お待ちしてます(^^)」
 本日唯一の萠ちゃんとの会話(笑)

 ゆーちゃん。
 ゆーちゃんの場合は、あるセリフを最初から狙っていた(笑)
「横浜から来ましたー(笑)」
 このセリフに、さすがゆーちゃん、すぐに察してくれたようだ。笑いながら、
「あっ、○○さんですね? ピンポーン♪(^^)」
 フルネームで、しかもチャイム音まで言われた日には、もう嬉しすぎっ!(^^)

 ひーちゃん。
「ども、今日は楽しかったですー」
「ありがとうございます(^^)」
 二言三言の会話から察するに、とりあえず顔は覚えられているらしい(^^)
 というわけで、ちょっと冒険に出てみることに。
「ひーちゃん、私の名前、知ってます?」
「え〜と……(^^;;」
 固まるひーちゃん(^^;
「あうう…、○○ですぅ(;_;)」
 結構悲しかったりする(;_;)

 あ、プレゼント渡すの忘れてた(^^;;
 まあ、明日渡せばいいか。
 というわけで、撤収。
「お疲れ様でしたー」
 しかし、駅方面へは陸橋を渡る一本道なので、後をつける感じになってしまう(^^;
「そーだ、今のうちにプレゼント渡せばいいんじゃん。明日持ってくるのも面倒だし」
 と、自分を納得させ(笑)、プレゼントを抱えてひーちゃんのもとへ。
「ひーちゃん、ひーちゃん。はい、プレゼント」
「ありがとうございます(^^) あ、石鹸ですね」
 おお、あれは石鹸だったのか(^^; ラベンダーの何かということは認識していたのだが、貰い物なので全然気にしていなかった(笑)
 そして、もう1つをゆーちゃんに渡そうとしたものの、ひーちゃんの隣にはふーちゃん。ゆーちゃんと萠ちゃんは前を歩いている。
「わー、可愛いー(^^)」
 ひーちゃんにそれを見せられたふーちゃんの声。
 手の中にもう1つ同じ物。
 前を歩くゆーちゃん。
 ふーちゃんと視線が合う。
 上目遣い。
「もう1つ、はい、ふーちゃんに」
 ふーちゃんの視線に負けました、ハイ…(^^;;
 まあ、今日はふーちゃん班だったし、これでOKでしょう(^^)

 そして、一行はタクシーに乗り込み、
「ひーちゃん、バイバーイ!」
 運転席の窓が開いていたため、私の声にひーちゃんが振り向き、振った手に振り返してくれる。
 そのひーちゃんの手を見送りながら、私の二度目の大阪遠征は幕を降ろしたのです。

 余談。私たちが新大阪駅につくと、松井さんたちが出待ちをしていた(^^;;

*1: 水色があるため「濃い青」と呼ばれることに(^^;
*2: 「髪の毛さわってー」でもウケていたな(^^;
*3: ちなみに「例のポーズ」とは、あごの下で親指と人差し指を立てて構える、確かに「例のポーズ」としかいいようのないあのポーズです(笑) これでひーちゃんに通じる辺りもすごい(^^;;
*4: 松井さんは自他共に認めるゆーちゃんからの嫌われ者なのです(笑)
*5: しかし、ゆーちゃんを嫌っている(らしい)松井さんにはウケが良かった(^^;
*6: 最初は5メートルと言っていたような(^^;
*7: けーごさん、野間さん、つるるさん、映美ちゃん、名前も知らない16歳の萠ちゃんファン、そして私。
*8: なかなか自分では聞けないですから(^^; しかし、これが私を更なる深みへと導いたような気もする(^^;;
*9: ありがとうございますっ!>野間さん。
'97秋の撮遊会 in 東京新宿御苑【概略】

日時:1997/11/24(月) 09:30
場所:東京新宿御苑(新宿)

出演:遊星王女[森谷密/橋本遊]/長崎萠/小林蕗
スタッフ参加:岩瀬裕二

'97秋の撮遊会 in 東京新宿御苑【記録】

□意外な班決め
 9時半集合のところ、9時頃に新宿御苑前駅に到着。
 大木戸門に向かって歩いていくと、途中の交差点で信号待ちをしている神沢さんを発見。と思いきや、向こうの歩道をロンリーさんと岩瀬のアニキが歩いていく。
 大木戸門につくとつるるさんが1人でぽつり待っていた。例によって例の如く、遅刻魔の野間さんはまだ来ていないようだ。
 その野間さんは、9時20分頃になぜか御苑内から到着し、ほぼ定刻通りに、犬飼さんと神沢さんによって受付けが開始される。

 昨日と同じように、犬飼さんの持つ紙袋からリボンを引く。色は昨日と同じ4色のようだ。ということは、狙うは赤!
 …………水色(^^;; ゆーちゃんかぁ?
 ゆーちゃんファンであるつるるさんの赤色と交換してもらう(^^;;

 整列して待ちモード。
 ほどなくして、社長と、ひーちゃん、ゆーちゃん、萠ちゃん、ふーちゃんが登場。
 あれ? 朝倉先生は?
 と思っていたら、受付で何か話しているよう。
 社長がその先生を呼び寄せて、先生による諸注意が始まる。
 昨日と同じ内容の注意が終わると、先生が早速移動を開始しようとするが、
「まだみんなの紹介が…(^^;」
 申し訳なさそうな小さい声で社長。
 そう、まだタレントの紹介も班割りも決まっていないのに、朝倉先生が先走ってしまったのだ(笑)
「済ましといてくれよー(^^; 注意だから声の大きい俺を呼んだのかと思ったぞ。じゃあ、はじめからやりなおします」
 というわけで、タレントの自己紹介。
 別に面白いことはなかった(^^;;
 ただ、ひーちゃん、ゆーちゃん、萠ちゃんは文字通り「自己紹介」だったのに対し、ふーちゃんだけは社長による紹介。自分の番が来たときに所在なさげに社長を見上げたふーちゃんは可愛かったです^^)

 さて、いよいよタレントの班割り公開!
 と思いきや、タレントも同様にリボンを引いて班を決めるらしい(^^;(*1)
 これじゃあ、こ赤色のリボンの意味は〜!?(^^;;
 ひーちゃんが最初にリボンを引くが、引いたリボンは隠して見せてくれない(^^; 続けて他の3人も引いていく。どきどきどきどき…。
 いざ、公開っ!

 紺(濃い青)と思いきや紫らしい、ひーちゃん。
 赤、ゆーちゃん。
 黄色、萠ちゃん。
 水色、ふーちゃん。

 あうう(^^;;
 でもまあ、ゆーちゃんだし、OK、OK。

 なお、各人の衣装は、当然昨日とは違ってました。
 ひーちゃん。赤と薄茶のチェックの長袖シャツ、お揃いのネクタイ、薄茶の短パン、黒ストッキング、黒靴。
 ゆーちゃん。水色のスウェット、水色のミニスカート、白い靴下、ズック。
 萠ちゃん。柄モノセーター、紺と黒のミニスカート、白い靴下、黒い靴。
 ふーちゃん。黒白チェックの長袖シャツ、ロングスカート、黒靴。
 髪型は、ゆーちゃんはポニーテール、ふーちゃんは横の方にリボン。

□午前
 さて、ゆーちゃんを先頭に、いよいよ移動開始。やっぱり私はゆーちゃんの隣にいたりする(^^;
「髪型昨日と違いますねー」
「そうなんです(^^) 衣装も違いますし、相談したわけでもないのに全員コートまで変えてきて(笑)」
 昨日はふーちゃんとゆーちゃん(*2)のコートが激似だったのだ。

 案内板の前で、先生の説明。
 前にも聞いたよーな(^^;
 この前も来たんだよー、ということをひーちゃんがふーちゃんに言っている。
 最初の撮影は薔薇園で行うということで、大喜びの遊星王女。前回は薔薇園には足を踏み入れなかったのだ。

 午前中の撮影ポイントは薔薇園とその周辺。
 相変わらず、ふーちゃんはおもちゃにされている(笑)
 昨日で飽きたか、大して面白いポーズのリクエストも出ず、つつがなく午前中2サイクルの撮影は終わる。

□昼食
 昼食のために芝生に移動。
 その移動中、やっぱりゆーちゃんのそばにいる私だが、別に一人占めしているわけじゃあないので(^^;、ちょっとジリオンの話をした後は、他の二人にゆーちゃんを譲る(*3)
 その二人はゆーちゃんを挟んでアニメ談義をしていたようだが、
「大友克洋は好きですか?」
 そんな質問から、どんどん内容が濃い話(*4)に移っていく。
 さすがのゆーちゃんもそれにはついていけないようで(*5)、愛想笑いで二人の濃い話を聞いているだけ(^^;
「タレントを無視して話し続けるってのもすごいですよねー(^^;」
 これはもう助け船を入れるっきゃない状況(^^;;
「もう私にも分かりません(^^;」
 左右の二人は、もうゆーちゃんのそんな言葉すら聞いていない(^^;;
「こういうのをアニメおたくって言うんですよ(笑)」
 と言いながらも、ゆーちゃんとアニメ談義を再開する私(笑)
 昔、ジリオンのアイキャッチのジリオン銃の音をテープに録音して喜んでいたとか。
 う〜む……(^^;;

 昼食時に同じピクニックシートに座れる権利6名様は、やはり勝ち抜きジャンケン。
「俺、自分のこと弱いと思っていたら、みんな俺より弱いんだよな(笑)」
「私も強いから抜けます」
 ということで、先生と社長の代わりにアニキが参戦。
 タレントの方は4人でジャンケンして順番を決めると、綺麗に昨日の反対となった。一番勝ったことを思い切り喜んでいるひーちゃん(笑)
  アニキ → 萠 → 遊 → 蕗 → 密
 といった順番だ。
 しかし、社長と先生が抜けたせいでもあるまいに、今度は一周もせずに6人決定。
「嘘だろ?」
「嘘でしょ!?」
 ホントです(^^;

 あまりにもあっさり決まってしまったため、まだ弁当は届いていない(^^;;
 確認のために社長がちょっと席を外している間、先生のトーク。
 すると、昨日のボート同乗特典の代わりに、東京では植物園を一緒にデートできるという特典があるらしい。
 おおおおっ! それはなんておいしいっ!

 とりあえず、社長が戻ってきて、ツーショット撮影の権利者を先に決めることに。
 今回も、1対1での勝ち残りジャンケンだ。
 結果については言わずもがな(^^;

 それでも弁当は届かず、先に社長がビッグニュースを伝えようとしたところ、
「あ、もう俺言っちゃったよ」
 いつもながらの先生の先走り(笑)
 社長は植物園でのデートの件を秘密にしておきたかったらしい(笑)
 で、デート権がかかった勝負は、やっぱり相性ジャンケン。
 ふーちゃん、萠ちゃんの相手はポンポンと決まったものの、3番手のひーちゃんが、6〜7人残ったところで全滅させてしまう(笑)
「あ〜ん、みんな相性悪い〜ぃ(^^;」
「お前はあと!(^^;」
 ということで、ゆーちゃんの相手を先に決めることに。
 しかし、ゆーちゃんも全滅させてしまう(笑)
「じゃあ、その2人でー(笑)」
 というわけにもいかず、再度ひーちゃん。
「負けないで下さいよぉ」
 全滅(^^;
 再びゆーちゃん。
「いきますっ!」
 全滅(^^;
 お〜い(^^;;;
 三たび、ひーちゃん。
「今度こそっ!」
「二度あることは三度あるって言いますよ(笑)」
 三度あった(^^;;
「ふえ〜ん」
 またまたゆーちゃん。
 しかし、ゆーちゃんの方は3度目の正直だったようだ(笑)
 ひーちゃん4度目。
 3回くらいで十数人。
「密、まだいいよね?」
 社長も結構心配している(笑) もう一度ジャンケン。
「まだ大丈夫」
 先生の言葉にさらにもう一度。それでようやく数人にしぼられて、
「これで全滅しても、またこのメンバーでやりますからね」
 といゆーわけで、よーやく決定(^^;
 ひーちゃん、相性悪いねぇ(^^;;

 ようやく昼食。
 今日のお弁当は釜飯と缶お茶。やっぱり京樽だ(笑)
「ロンリー、作り方をきちんと説明しておけよ」
「え〜と、蓋に書いてある説明の通りにやって下さい(笑)」
「そんなんじゃ駄目だろ。危ないからな」
 と、朝倉先生が喜び勇んで、実地を交えながら作り方を説明。こーゆーときはいっつも張り切っているような気がする(笑)
 ゆーちゃんから弁当を受け取る。
「ありがとーございます(^^)」

 昼食は、野間さん&つるるさんと一緒だったが、特筆すべきようなことはなかった(^^;
 やはり人数が少ないと面白くない。
 なお、アニキは人気者であった(笑)

□午後
 午後の撮影の前に、ツーショットでの撮影を消化。
 見ているだけなので、この間にトイレに行っておく。
 戻ってくると、いきなり目の前の木のところにひーちゃんがいてあせる(^^;
 思わず声をかけそうになるが、さすがにマズかろう、と自重(^^;;

 午後一の撮影は、池のほとり。
 移動中、アニキに話し掛ける。
「CFLではコントやらないんですか? この前のタイムマシーンが面白かったんで期待しているのですが。学ラン姿が良かったです(^^)」
 しかし、適当にごまかされてしまう(^^;
 助け船のゆーちゃんによると、
「色々と趣向を凝らしているので期待していて下さい(^^)」
 とのこと。
 撮影では、バーチャガン等の小道具が飛び出していた。

 4サイクル目の撮影の前に、植物園でのデートを消化することに。
 植物園へと移動する一行だが、その移動中、なぜかひーちゃんがフリー状態。先生の数メートル後ろを1人でポツンと歩いている。
 誰かかまってやれよぉ、と思いつつ、走り寄る私。
「おっ、ひーちゃんフリーじゃないですか(^^)」
「そうなんですよぉ」
 隣に並ぶと嬉しそうな笑顔を返してくれるひーちゃん。
 ううっ、可愛いよぉ(^^)
 しかし、話す内容はのっけからしょーもないものであった(^^;
「私の名前憶えてくれました?」
「え〜と…(^^; 昨日聞いたのは憶えてるんですけどー…、ゴメンナサイしてもいいですか?(^^;;」
「あう〜、○○ですぅ(;_;)」
「そうだ、○○さん! くさかんむりまでは思い出せたんですけどねー(^^;」
「(くさかんむり…?) それは字が違いますぅ(;_;)」
「ああ! はいはい、○○さんですねっ。ばっちりですっ!」
 手でOKサインを作って笑顔のひーちゃん。
「ありがとうございます! ところで、長岡でプレゼントした、ラベンダーはちみつ食べてくれました?」
「はい、美味しかったですよ(^^)」
「ああ、良かった(^^) 私、北海道が実家で、戻ったときに買ってきたんですけどー、自分で食べたことなかったんですよねー(^^; 自分で味見してからプレゼントしろ、ですよねー(笑)」
 またまたOKサインのひーちゃん。
「おいしかったから全然大丈夫です(^^)」
「ところで、はちみつってどうやって食べてます? 私、パンに塗るくらいしか思い付かないんですけど…(^^;」
「私は紅茶に入れてますよ(^^)」
「おー、そういうのもありましたね(^^)」
 うむ、勉強になった(笑)
「そういえば、今は実家から通ってるんですか?」
「はい(^^)」
「じゃあ、やっぱりエルスタッフの寮ってなくなっちゃったんですか?」
 噂には聞いていたが、実際のところどうなったのか気になっていたのだ。
「合宿所ですか? そうなんですよー」
 しかし、後になって考えると、そんなこと聞いてどうするんだ? という気がしないでもない(^^;;
「私がひーちゃんのファンになったのは、丁度去年の撮遊会からなんですよ」
「そうなんですかぁ? ありがとうございますっ」
 にっこり笑顔のひーちゃん(^^)
「撮遊会のときにひーちゃんの班になって…、その前に、その前のCFLで見たのが始めてだったんですけど、そのあとのVAでシャッフルシャッフルって、変なことやってる奴いるな〜、って思ってたんですけど…(笑)」
「ああ〜、それ、私たちですぅ〜(^^;;」
「その後、撮遊会でひーちゃんの班になって、明るくて元気でいいなあ〜と思って、ファンになったんですよー(^^)」
「ありがとうございますぅ(^^)」
 などなど、う〜ん、こんなに長く話したのは初めてのような気がする。
 しあわせだあ(^^)

 さて、植物園でのデートが進む中、あぶれた私たちは、次のスポットの準備。朝倉先生が妙に乗り気な、芝生の上で座っているところを写すというシチュエーションにすることに。
 最後なので、みんなが近くから撮れるようにということで、5人ずつの交代制ということになる。しかし、そのために撮影時間は30秒(^^; 常に前にいた私としてはありがた迷惑だったり(^^;;

 デート組がようやくご帰還。
 さっそく撮影。ホントに時間が早い(^^;
 しかし、我が赤組は段取りが悪く、他の班よりは長く写してような気がする(^^;;

□握手会
 最後は当然握手会。
 しかし、芝生のど真ん中では、目につく&邪魔になる、ということで、木陰へと移動。
 その移動中、やっぱりフリーなひーちゃん。
「ひーちゃん、ウテナどうです?」
「今、ビデオ見てます。ストップウォッチが謎なんですよぉ(^^;」
「ああ、あれは確かに謎ですねぇ(^^; 監督の話では、最終回までには解明されるってことですけど。梢ちゃんは出てくるんですか?」
「まだ分かんないですけど、多分出てこないと思います」
「あ、まだホンが出来ていないんでしたっけ」
「そうなんですよー」
「まだホンが出来ていないんだったら、殺陣とかもあるのか分かりませんね」
「そうですねー。まだ生徒会も一回しか出てきてませんし。あ、でもチュチュは出てきますよ(^^)」
「チュチュ? 人間がやるんですか?」
「はいっ。チュチュの歌もあるんですよ(^^)」
「へえ〜。音楽はJ.A.シーザーさんなんですか?」
「え……………………?(^^;」
 固まるひーちゃん。どうやら、J.A.シーザー氏の名前は知らなかったらしい(^^;
「音楽はアニメと同じような感じです(^^;」
 アニメで使っている音楽も使われているとのことです。
「アニメを知っている人は楽しめると思いますよ(^^)」
「はいっ、期待してますっ!」

 握手会。
 順番は昨日と同じく、ふーちゃん、萠ちゃん、ゆーちゃん、ひーちゃんの順。当然、トコロテンである。
 それにしても、一般の人たちがいちいち見にくるのが気になるんですけど(^^;

 ふーちゃん。
「今日は楽しかったですー(^^)」
「私もですー(^^)」
「昨日今日で、私の中のふーちゃん度数がかなりアップしました(^^)」
「あっ、昨日も来てくれたんですね! ありがとうございます(^^)」
 …こりゃ、プレゼントしたことなんて忘れてるんだろーな(^^;

 萠ちゃん。
「今日は楽しかったです……」
 と言ってしまった後、萠ちゃんの顔を見ると、どうも会話が続きそうにない(^^; そこで、
「……か?」
 と、無理矢理疑問形に変更(^^;
 会話は疑問形にした方が萠ちゃんとの会話は続く、と、野間さん情報にあったもので(^^;
 しかし、確かになるほどその効果はあったようで、それなりに会話は続きました(笑)

 ゆーちゃん。
 ゆーちゃんに話し掛ける内容は、もう決まっている(笑)
「横浜から来ましたー(笑)」
 もう、これっきゃないでしょう(笑)
 当然、ゆーちゃんも私が何を期待しているかは分かっているようで、
「○○さんですね?(笑)」
「なんかこれ、もうお約束になってますね(笑)
 二人同士の秘密(*6)といった感じで、なんとなく嬉しい(^^)
「今日はゆーちゃんがアニメおたくであることを再確認できて嬉しかったです(笑)」
「あははははー(^^;;」

 ひーちゃん。
 ひーちゃんの場合も、当然、聞くことはあれだ(笑)
「ひーちゃん、私の名前、憶えてくれました?(^^;」
「はい、○○さんですね(^^)」
 おおっ、2日越しの教育が実ったようだっ!(笑)
「ありがとうございますー(^^)」
 くぅぅぅぅぅ〜、嬉しすぎっ!!
 でも、次は危なかったりして(^^;
「今日は移動中のひーちゃんがフリーで、長々と話せて嬉しかったです」
「そうですね(^^)」
「じゃあ、ウテナ頑張ってくださいねー」
「はいっ、がんばりますっ」

 私の握手の順番は中ほどだったので、全員が終わるまでの時間は社長や先生と立ち話。
「このメンバーも今回限りだろうな」
 しみじみと先生。
「来年には苑もいるし…」
 おおっ、苑ちゃんは結構買われているぞっ。
「密と遊も別の仕事が増えてきたしね」
 社長っ、それは嬉しくないぞっ(^^;
「スキー合宿はこのメンバーですかね?」
「そうねぇ、どうかしら」
 むむ〜、苑ちゃんでも入ってくるか?
 ひーちゃんが行かないなら、私は行かないぞぉ……多分(^^;

 握手会が終わって、長男と3姉妹(笑)によるご挨拶。
 萠ちゃん曰く「私は“晴れ女”ですから」。
 遊星曰く「私たちのおかげで」。
 で、昨日今日は晴れたそーです。めでたい、めでたい(^^) 大阪なんて、前日は雨だったところ、撮遊会当日は晴天でしたからね(^^)
 長男たるひーちゃんは先生に「最後に締めろ」とか言われていたが、締め切れずに結局先生が締めていた(^^;
 なお、4人の挨拶前に、朝倉先生が4人の前の方に人を並べていたのですが、そこに入り損ねた私は今さら後ろにまわるのも癪だったので(^^;、横の方で見ることに。同様なのが数名。
 そして、あいさつが終わって、エルスタッフ一行が振り向くと、
「そんなところにいたのか!?(^^;」
「うわっ、びっくりしたっ」
 って、朝倉先生にひーちゃん、…気付けよ(^^;;
「お疲れさまでした」
 と頭を下げると、ひーちゃんも下げ返してくれました(^^)

 最後、ファンによる人垣の中、去っていく行く一行。
「ひーちゃん、バイバーイ」
「ゆーちゃん、バイバーイ」
「ふーちゃんふーちゃん、バイバーイ」
 1人ずつ声をかけ、相手も笑顔で手を振り返してくれたが、萠ちゃんだけはタイミングが合わなかった(^^;(*7) よくよく私は萠ちゃんに縁がないようで(^^;;

 こうして、2日間の楽しい撮遊会は幕を下ろしたのでした。

*1: もしかして、昨日もこうやって決めていたとか?(^^;
*2: 智ちゃんのお下がり。
*3: 勇者シリーズは見ていないので、そっち方面の話は振れないのだ(^^;
*4: どうやら「アキラ」の話らしいが、私にも理解できない内容(^^;;
*5: 路線が違うらしい。
*6: ってわけではないが(^^;
*7: だって、萠ちゃんに声をかける人が多すぎ!