イベント参加リスト(1999年05月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
永井豪のダイナミックワールド展【概略】

日時:1999/05/15(土) 14:00
場所:アムラックス(池袋)

出演:田口美奈子/加藤由紀/並木のり子/橋本悠
客参加:美森麗

永井豪のダイナミックワールド展【記録】

□池袋西口の怪
 池袋アムラックスB1Fで行われた、「加藤由紀のGALACTIC RADIO!」の公開録音に行ってきました!
 友人の愛美ちゃん、さっとんさんと池袋駅で12時に待ち合わせ。
 が、目を覚ましたらすでに10時半だった(^^;; ここから池袋までは1時間以上はかかる。けーくんピーンチッ!!
慌てて身なりを整え、11時ちょっと前に部屋を出る。荷物(カメラ&プレゼント)は昨夜整えていたので、バッグを引っ掴んでいくだけだ。乗り継ぎが順調に進み、11時ちょうどくらいに池袋駅到着。
 しかし、池袋駅での待ち合わせ場所は「西口」だとさっとんさんが言っていたのだが……西口改札なんかないぞ、ここ!?(^^;;
 2人を探しているとOGHIさんから電話。そろそろ会場に着くらしい。さっとんさんのケータイ番号は知らないので、愛美ちゃんを捕まえて、何とか合流(^^; さっとんさんも変なところで待っていて、結局3人揃うのに30分もかかってしまった(^^;;
 ちなみにアムラックスは東口方面である。全然逆方向じゃん(^^;
 途中ビッグカメラに寄って、36枚撮りフィルムを5本買う。1本半余っていて、まさかそんなに使わないだろうと思ったが、一応念のため。
 美奈子様が密BBSに残してくれたカキコ通りに、東急ハンズ隣のエスカレーターを降り、左へと進路を向ける。そして、回転扉。
 そこを抜けると、さあここがアムラックスだ!

□じゃんけんロケットパンチ!
 回転扉から出るとすぐにOGHIさん発見。あいさつを交わす。
 OGHIさん、やたらバカでかいレンズを持参。600mmらしい(^^; ちなみに、専用ジュラルミンケースに入っていて、とても持って歩きたくない重さ(笑) OGHIさんもハンドキャリー使ってたし(^^;
 しかし……(^^;
 公録する場所を見て、ちょっぴり冷や汗が背中を伝う。スタジオっぽいとこなのかと思っていたら、ごく普通のオープンスペース。てゆーか、店内の一区画に机と椅子を置いただけ(^^;
 1段高くなっているステージとの距離も非常に近く、まさかこんなのとは想像だにしなかったぞ(^^; 600mmレンズ用意してきたOGHIさんって一体(^^; かじゅくんもオペラグラスを用意してきていたみたいだし、やっぱり誰もこんな会場だとは思わなかったのね(^^;
 まあ、結果的には良い方向に転がったロケーションは一旦さておき、とりあえず腹が減ったということで、すぐ隣というか同じフロア上にある喫茶店に入って昼食。ビーフシチュー1000円也。店員さんには今日のランチらしいチーズビーフシチュー1200円也をすすめられたが、私はチーズが食べられない(^^;
 食べている間に、arachinさんやかじゅくんたちと合流。
 談笑しながらもステージの方を眺めていると、ステージの左隣で何かが始まるようで、美奈子様が何やら準備している。
 どうやら、バカでかい2つの手(*1)を使って、2人でじゃんけんするゲームのようだ。もれなく参加賞、3回勝つと景品が貰えるらしい。正しくは「じゃんけんロケットパンチ」というらしいが、美奈子様は何度も「じゃんけんロボットパンチ」と言って、後で由紀さんに突っ込まれていた(^^;
 喫茶店からそれを眺めている、我々一行。結構アヤシイかも(^^;
 そこで気付いたのだが、スタッフジャンパーを着ている男性の1人が、SHOWMAN'S社長の貞方さんに見えるのだ。と言っても、私の知っている貞方さんの顔は、イエローサブマリンのパンフレットのものだけ(*2)。しかも、それはもう10年も前のものだ(^^;; でも、似てるんだよなぁ〜(^^; あとでかじゅくんに確認させよう(笑)
 しばらくして、見てるだけでは抑えきれなくなったのか、さっとんさんが愛美ちゃんを引き連れて、じゃんけんロケットパンチに挑戦!(笑) しかし、「絶対勝ってやる!」と息巻いていたいた割には、一回戦であっさり敗退していた(^^;
 なんか、それを機に食事組が一斉に参加し始め、私も会計を済ませて参戦。
「向こうで見てたからやり方はわかるよね?(笑)」
 と、美奈子様に説明をはしょられる(^^; いや、確かにわかってましたけど(笑)
 が、かくいう私も一回戦であっさり敗退(^^; ショックで、誰に負けたのかも覚えていない(笑) 参加賞として、デビルマンレディーの缶バッヂを貰う。
 このとき初めて気付いたのだが、美奈子様、超ナイスバディ(笑) いやいや、なるほど、あのプロフィールにようやく納得(^^;
 その後、OGHIさんが3連勝して、景品をゲット! その景品とは……小さなマジンガーZの人形である。指にはめて遊びながらも、「(参加賞の)デビルマンレディーのバッヂの方が良かった」と言い出す始末(^^;

□ご挨拶いろいろ
 そして、かじゅくんを伴って、貞方さん(らしき人)にアタック! やっぱり、貞方さんでしたぁ〜。若いっ!(笑) 貞方さんとは、結構いろいろお話させていただきましたっ(^^)
 その後、カメラの準備をしていると、レイレイが来たとの声が脇から聞こえてくる。すると、かじゅくんの反応が素早い(笑) と人のことを笑いつつ、それについていく私も私だが(^^;
 おお〜、レイレイ、久し振り〜っ(^^)
 おや? 隣にいるのは誰だろう? ライチーズの堀井千春ちゃん……ではないようだけど。
 と訝っていたら、レイレイが紹介してくれた。以前密BBSに来てくれた、レイレイの同僚のサイバーよしこさんだとのこと。
 おお〜、はじめまして〜。以前は書き込みありがとうございました〜(^^)
 レイレイに負けない美人さんである。今日は二人でデートらしい(笑) レイレイのことを「レイレイ」って呼んでてたら、ちょっとびっくりしていたなぁ(^^;
 しかし、かじゅくんが、やたらレイレイと盛りあがっていて、私が口を挟む余地は全然なかった。さすが強い(^^;
 そして、レイレイたちと別れ、座席の左の方に陣取ってダベりながら待っていると、ゆーちゃんたちがステージ横の控え室コーナーの方へと入っていくのを発見。
「ゆーちゃーん、ゆーちゃーーーんっ!」
 小さな声で呼んでみるが、聞こえなかったらしい(^^; 横顔のまま、控え室へと消えていく。でも、なんか記憶の中の印象と違っていたなぁ(^^; ただ、久し振りに見たせいなのか、それとも髪型が違ったせいか……。
 控え室とを区切るパーティションの下の方がメッシュ状で半分透けていたのでしゃがみ込んで覗いてみたものの、残念ながら貞方さんとのりりんのおぼろ影しか見えなかった(^^;
 そうこうしている内に、ステージ上には由紀さんが出てきて、いよいよ公録の開始だっ!

□公録1回目
 まずは由紀さんがテーブルの前に立ってご挨拶。
 最初に諸注意など。前半と後半では放送日が違うので、注意して下さいとのことだ(笑) 今回は6月中旬放送分を収録。
 そして、メンバーを1人ずつ呼んで紹介していく。

 最初は美奈子様。
「これだけ近いと、毛穴も撮れちゃうね」
 大口径レンズが多いことを受けての発言。
「それはヤバいね(笑)」
 そうか、由紀さんはヤバいのか(笑)

 次はのりりん。
「今日は小さいね(笑)」
 のっけからカマしてくれる由紀さん(笑)
「上がってるのよ、多少だけど(笑)」
 のりりんのヒールを指して美奈子様がフォローするが、
「これくらいは履かないと(笑)」
 対する由紀さんは、超底厚のサンダル(^^;
「それは人として間違ってるわよ(笑)」
 そうか、由紀さんは人として間違ってるのか(笑)
 そして、こちらもやっぱり大口径カメラが多いという話になり、
「もう、そろそろ2人ともね……」
 美奈子様がそんな風にのりりんに話を切り出したら、
「……一緒にしないでほしいけど」
 のりりんの冷た〜い一言(笑)
「あ、それで?(笑)」
 慌てて先を促すものの、
「……進めて、由紀ちゃん」
 み、美奈子様、怖いですぅ(^^;;

 最後はゆーちゃん。正式お披露目はこれが初っ!
 ゆーちゃん紹介時に妙に拍手が多くて、由紀さんが嫉妬していた(笑)
「一番若いから」
 それを宥めるように美奈子様が言うが、
「そうだっけ?」
「そうだよね?」
 由紀さんと美奈子様に詰め寄られたゆーちゃん、思わず、
「はい。……あ、“はい”だって(笑)」
 そうか、ゆーちゃんは一番若いという自負があるのか(笑)
 でも、由紀さんはゆーちゃんと同い年だと言っていましたが……え? そうなんですか?(^^;
 ちなみに、ゆーちゃんの今の心情は、「どきどき緊張で足がふらふら」だそうです(笑)

 紹介が終わって、4人が椅子に着席。向かって左から、ゆーちゃん、美奈子様、由紀さん、のりりん。
 ああっ、やっぱりゆーちゃん左端だったかぁ(^^; 左側に控え室があって、きっとゆーちゃんは最後に出て来るだろうから、そうじゃないかなぁと思ってはいたのだが(^^;
 で、何で左端だとこんなに困っているのかといえば。私の立ち位置も左側、つまり、ゆーちゃんのほぼ正面ではあるのだが、右側に位置する3人と会話するため、ゆーちゃんは始終右を向きっぱなしなのだ(^^; ということは……横顔しか撮れない!
 さらに、テーブルが客席から見て若干のヘ型になっていたので、右側の由紀さんとのりりんがちょうどこっちを向く恰好で、2人の方が非常に撮りやすかったり(^^;;
 んーー、後で右側の方に移動しても撮るかー。
 とりあえず最初は真ん前からいこう。

「番組夜だから“こんばんわー”で始まるけど、それは気にしないで下さい」
 というわけで、ジングルが流れて、
「加藤由紀のGALACTIC RADIO!」
 由紀さんの口上で公録が始まる。と同時にストップウォッチで時間を確認する由紀さん。お〜、ホントに録音してるって感じがするなあ(*3)
 まずはあいさつから。今まで1人でやっていたのだが、今日はみんながいて嬉しい、と由紀さん。
 そして、最初のコーナーのジングルがかかるのだが、それがまた気の抜けるジングルでして(^^;
「ぎゃらくてぃっくなひとたちぃ〜」
 聞き慣れていてもウケるのか、ゆーちゃんやのりりんも笑いを噛み殺していた(^^;
 しかし、実は写真に熱中していたので、内容はあまり覚えてなかったりして(^^; 聞いていなかったのではなく、聞いてたけど覚えてないのです(^^;
 とりあえず、ここアムラックスで永井豪作品展をやっているということで、まずは「永井豪先生にあったことのある人ッ!」という質問から。あ、客に対してではなく、メンバーに向けての質問です。
 で、手を挙げたのは、由紀さんと美奈子様。昔、某「怪獣少女G子ちゃん」絡みで会ったらしい。そのときにG子ちゃんの似顔絵を色紙に描いてもらったんだとか。
「漫画家さんって、絵がうまいんですよねー」
 由紀さんのその発言って、結構失礼のような気も(^^;
 そして、続けて永井豪作品のマンガに対するフリートーク。アニメとマンガって全然違いますよね。マンガの方が面白い(^^;
 その流れで、「GALACTIC RIDER YUKI」をマンガ化してもらおう!(笑)、というオチでコーナー終了。しかも、永井先生は忙しいだろうけど、その下に若い人がたくさんいるから、って(^^;;
 コーナーの合間の曲は、デビルマンのオープニングテーマ。途中、ゆーちゃんと美奈子さんが、曲に合わせて手を振ったりしていた(笑)

 続けては、今回はドラマをお休みして、ゆーちゃん特集!
 「今までは櫻井智ちゃんと一緒に――」とか、「遊星王女――」とか、う〜ん、過去を売り物にしている(^^; まあ、仕方ないのかな。
 美奈子様は「カビ(仮)」をこの前アニメイトで買ったらしい(笑)
「遊星王女はコンドルなんです」
 とのゆーちゃんの発言に、
「コンドル?」
 由紀さんとのりりんが首を傾げる。まあ、普通はそうだろう(^^; もちろん、コンドルとは「コントのできるアイドル」の短縮形のことである(笑)
「上からタライが落ちて来たりした?」
 コントということで、妙に嬉しそうに訊ねる由紀さん。
「タライは落ちてこなかったんですけど……。ハリセンもなかったんですけど……」
 まあ、そういうリアクションが売りのユニットではなかったですからねぇ。
「ハリセンやろうよ(笑)」
 そう言う由紀さんは、やっぱり嬉しそうである(^^;
 しかし、
「ハリセン痛いよ〜(^^;」
 思わぬところから声が上がったかと思えば、のりりんだった。
「経験者は語ってるよね。私、殴った張本人ですけど(笑)」
 美奈子様の発言に、なるほど納得(笑)
 のりりん曰く、リハーサルでは痛くないのだが、本番ではお客さんの前ということで力が入ってしまい、かなり痛いらしい(^^;
 しかし、のりりんのそんなアピールも何のその。ドラム缶だの一斗缶だの落としたいと言い出す美奈子様。
「美奈子さんは余計なこといわないで下さいよぉ」
 のりりんが泣いて頼むが、
「だって、私はどうせやる側だから(笑)」
 美奈子様は確信犯であった(爆)
「だからですよぉ(;_;)」
 のりりんの泣き声もむなしく(^^;
 さて、それから話を逸らすように、由紀さんが質問。
「ゆーちゃんは、ツッコミなんですか? ボケなんですか?」
 のりりんはボケで、美奈子さんはツッコミらしい(笑)
「私はどっちもOKですね」
 おおおおお。頼もしいお言葉。
「でも、相方(*4)を見ると、(ゆーちゃんは)ボケっぽい感じがする」
 とは、のりりん。確かに、見た目はそうかもしれないなあ。
「そうなんですけどー。トークに入ると私がツッコミなんですよ。向こう、天然だったんで(笑)」

 トークの内容はこの辺で、次は撮影してたときの話でも。
 ゆーちゃん、緊張しまくりでしたね〜。笑顔が強張っているのが、見ていてよくわかる(^^;
 トークの方も、3人のおねーさまに囲まれて気圧されていたのかな〜(^^; ゆーちゃん節はまだまだ出てませんでしたね〜。聚楽4のMCに期待っ!
 でも、生きて動いて喋っているゆーちゃんが見れただけでも感動〜(T^T) ああ、思い返せば8ヶ月前、市川市文化会館で出待ちしたのが最後だった(;_;) それが、こうして再び会えるようになるとは……美奈子様のおかげですぅ。
 しかし、ゆーちゃんの正面でカメラを構えていても、横顔しか撮れない(^^;
 カメラを向けて、じーーーっと見つめて、ちょうど曲が流れていたときだったのをいいことに、「ゆーちゃ〜ん」とちっちゃな声で呼んでみる(^^;
 すると、こっちを向いてくれたゆーちゃん! しかも笑顔!! もちろん、パチッと1枚撮って、右手でOKサインを出してみる(笑)
 その後は右側に場所を移ったりしながら撮影。余ってた14枚を消化しに来たはずが、結局新しいフィルムにも手をつけてたり(^^;

 最後はのりりんのインフォメや番組のインフォメなどがあり、エンディング曲は「Galaxy of Love」だ。
「また来週お会いしましょう」
 由紀さんが締め。
「ばいば〜い」
 と、みんなが手を振って、1回目の公録は終了した。

□公録2回目
 2回目の公録に移る前にちょっと休憩。由紀さんとのりりんが、水分補給のために一旦控え室の方に引き上げる。
 そういえば、ジュースとかって用意されてなかったですねー。音が入るとマズいからかな。
 で、ゆーちゃんがもちろんフリーだったので、思わず話しかけようかと思ってしまったが、まだ公録の最中で邪魔になるだろーし、チャンスは後ほどいくらでもやってくるだろうと思って、ガマンガマン(^^;
 そして、2人も戻ってきて、美奈子様が客席に注意。
「心を1週間後に飛ばしていただいて(笑)」
 そう。ここから日が変わるのだ(笑)

「先週に引き続き、今週もまた池袋アムラックスより公開録音でお届けしますー」
 由紀さんのあいさつが、お約束とはいえやっぱりウケる(笑)
 で、メンバー紹介。ゆーちゃん紹介のとき、今度は由紀さんも拍手と声援をかけていた(笑)
「ゆーちゃんの応援してる〜(笑)」
 のりりんのツッコミに、
「ちっちゃいから(笑)」
 由紀さん、あっさり。
「ちっちゃさでは、私の方がちっちゃかったんだよ(笑)」
 のりりんが食い下がるが、それは威張ることではないよーな(^^;
「小さいものと弱いものには優しくしなさいって言われたから(笑)」
 さすが由紀さん、正義の味方(笑)
「では今日も、いってみませう〜」
 地味なことだけど、この「〜せう」という言い方が、結構好きだったり(笑)
 そして、何度聞いても気が抜ける「ぎゃらくてぃっくなひとたちぃ〜」で、今週も始まる。

 先週はマンガの話だったので、今週はアニメの話。
「何見てたー?」
 由紀さんの言葉に、美奈子様が音頭を取る。
「デビルマン見てた人ー?」
「はーい」
 4人とも手を挙げる。
「マジンガーZ」
「はーい」
 同じく4人。
「キューテイーハニー」
「はーい」
 由紀さん以外の3人。
「ドロロンえん魔くん」
「はーい」
 これも由紀さん以外。
「ぼちぼちですな(笑)」
 締める美奈子様に対し、
「私、あんまり見てない……」
 一人落ち込む由紀さんなのであった(^^;
 その後、「ドロロンえん魔くん」に出てきた喋る帽子の話題になって、私が横から「シャッポ爺〜!」と言っていたら、のりりんが気付いてくれたので嬉しかったり(^^)
 そういえば、5Fの販売コーナーではシャッポ爺が売っていた(笑) 会場限定となっていたけど、ワンフェスでも売っていたよーな(^^; 先行販売だったのかな。しかし、その時も欲しかったのだが、やっぱり買えない。だって、34,800円なんすよー!? そんなお金、ないっすよー(;_;)
 さて、話は美奈子様の子供時代へと移り、デビルマンは「8時だよ全員集合!」の裏番組なのに両方本放映で見てた気がするとか(*5)、マジンガーZは本放映で見てた気がするけど、まだ生まれてない年に放映してたとか(*6)、まあ、子供の頃の記憶ってそんなもんよね〜(^^; 別に美奈子様が「若年性健忘症」ってわけではないと思います(爆)
 で、最後は当然のように、「GALACTIC RIDER YUKI」をアニメ化しようという話でオチ(笑)
 コーナーの合間の曲は、今度はマジンガーZのオープニングテーマ。「マジーン、ゴー!」とか「パイルダーオン」とか「ブレストファイアー」とか「マジンガーZ」の歌の部分で由紀さんの振り付けが入るのが、なかなかいいですな(笑)

 次のコーナーは、ドラマ。
 といっても、Battle1しか知らない私には、Battle4の話をされてもちょっと(^^;
 どうやら、ユキがギャラクシーポリスの刑事で、ノリコとユウが候補生。で、ミナコ様がバー・ベルサイユのチーママという設定らしい。
 で、ユキたち3人がミナコ様にクダを巻いているという図?(^^;
 ユキが、刑事を辞めて叔父のピザ屋でバイトしながら正義の味方をしようかなー、と話していることから考えるに、どうやら実はBattle1より前らしい。Battle1ではユキはすでにピザ屋でバイトをしているので。
 となると、Battle1から考えるに、ユキはこの後刑事を辞める。ミナコ様はチーママ稼業で無事にお金が貯まって本格的に世界征服に乗り出す。ギャラクシーポリスを裏切って、それに付き従うはノリコ。そして、ユウ候補生は一体どういう道を選ぶのか……。
 というドラマだと思っていたら、実は総アドリブだったらしい(^^; 言われて初めて気付いたが、言われてみると納得出来る部分が多い(^^;
 妙に他の人とセリフがかぶってる(^^;
 のりりん、セリフ噛む(^^;
 ゆーちゃん、発言のタイミングを計っているが、結局何も喋らない(^^;
 由紀さん、ミキサーの人に無理矢理締めてもらっていた(^^;;
 ……美奈子様だけ、妙に堂々としていたなぁ(笑)

 とまあ、アドリプドラマコーナーも終わって、またまたのりりんと番組のインフォメ。そして、由紀さんの締めのお言葉。エンディング曲の「ガガガGINGA!」には、思わず身体が反応してしまう(笑)
「また次週聞いてください〜」
「ばーいば〜い〜」
 こうして、2回目の公録も無事終了。曲が終わるまでは席を立たないらしく、途中から由紀さんが座ったままで「ガガガGINGA!」に振りを付けていた(笑)
 曲が終わると4人が前に出てきてあいさつ。
「ありがとうございました〜」
 ライブの告知などがあり、そして、4人は控え室へと消えていった。
「おつかれさまでしたぁー」

□これも出待ちか?(^^;
 控え室に去り際のゆーちゃんに花束を渡そうとした人がいたのだが、「向こうに回って」というようなことを貞方さんに注意されたらしい。そりゃまあ、ステージと控え室との間(*7)で渡すってのもなんだし。
 というわけで、花束の人に続いて、控え室の出入り口側に回る。
 が、ゆーちゃんが出てくる様子はない。
「(奥まで)入っていっていいのかなぁ〜?(^^;」
 とか話していると、ゆーちゃん登場! お疲れ様でした〜。
 花束の人が大きな花束を渡す。ちょっと話している。
 話し終わって私の番。
「ゆーちゃん、おつかれさま〜」
「あっ、けーくんだぁ(笑)」
 振り向いたゆーちゃんの、それが私に対する第一声であった。今まで本名で呼ばれていたのに、いきなりハンドルで呼ばれてちょっとびっくり。でも、結構嬉しかったりして(笑)
「ゆーちゃん、これ、北海道みやげ〜」
 と差し出す、10cm×10cm×30cmくらいの箱。それを見て、中身が何かは即座にわかってくれたようで、笑顔を浮かべてくれる。
「ヤクルトです(笑)」
 誰が何と言おうと、これはヤクルトなのである(笑) 北海道限定ヤクルトなのである(爆)
「ありがとうございますー」
 ああ。ゆーちゃんとの会話なんていつ以来だろう(T^T) 市川出待ちのときは会話ではなかったから、智ちゃんのバースディイベント以来か〜。
「それにしても、復活おめでとうございます〜」
 聞きたいことは山ほどあるが、ゆーちゃんが復帰してくれたのならそれでいいじゃないかとも思う。大体、今日はめでたい「橋本悠」初お披露目日なのだ(*8)。無粋なことは聞くものではない。
 しかし、結局、話らしい話はしなかったよーな気もする。何故かといえば、話そうとゆーちゃんの隣にいたら、さっとんさんが「ツーショットで撮影ですか?」とか言い出したからだ。そんなつもりは全くなかったんだけどなぁ(^^;いや、もちろん、自分のカメラで撮ってもらいましたけどね(爆)
 そうしたら、その後はなし崩し的に撮影会へ。某L社にいた頃は握手もしてくれなかったゆーちゃんだが、こうして写真が撮れるようにまでなるとは。
 視線を貰って3枚ほど写し、レイレイに会ったかどうか聞いてみるとまだだと言うので、探して連れてこようと思い立つ。
 ……が、いない。あれ? もう帰った?(^^;
 しかし、「あっちにいるよ」と教えてくれたのはいしださんだったかな。
 相方のサイバーよしこさんのトイレを待っていたらしいが、
「レイレイ、ゆーちゃん呼んでるよー」
 と伝えたら、サイバーよしこさんをあっさり見捨てて――いや、見捨てたわけじゃないだろうけど(^^;――ゆーちゃんのもとへと馳せ参じるレイレイ。
 が。当のゆーちゃん、カメラ小僧に囲まれていて、近付くどころではない(^^;
 そばに美奈子様がいたので、先に美奈子様にレイレイを紹介する。そして、貞方さんが丁度後ろを通りがかったので、呼び寄せて紹介。
 その後、無事にサイバーよしこさんと合流したレイレイも、なんかいつのまにか撮影会の対象になってるし(^^; もちろん、私も1枚撮らせていただきましたが(爆) でも、サイバーよしこさんの写真は撮らなかったんだよなぁ。今にして思えば、残念!(^^;
 さて、私の次なるターゲットは美奈子様。まずは、北海道みやげのラベンダーティーをプレゼントだ。どこかで紅茶が趣味とか聞いたような気がしたからなのだが……気のせいなような気がする(^^;; 視線を貰って写真を1枚。美奈子様とはちょっとしか話せなかった(;_;) ファン多いから、一人占めできないですしね〜。
 そして、再びゆーちゃんのところに向かうと、ようやくレイレイがゆーちゃんの感動の再会を果たしていた。まあ、電話やメールはちょくちょくしてたようですが。2人並んだところも、もちろんパチリ。
 そんなこんながありまして、かなり楽しませてもらった末に、SHOWMAN'Sの皆さんは引き上げていったのでありました。
 そういえば、大胆3に続いて、今回も由紀さんやのりりんとは話さなかったなぁ(^^; また来週会いましょう(^^)

 で、カメラを片付けていると、かじゅくんからお呼びの声が。レイレイとサイバーよしこさんがお帰りらしい。
「握手しないの?(笑)」
 かじゅくんをあおってみると(笑)、
「しないよ〜。オレ、ダメ人間じゃないもん(^^;」
 嘘つき〜(笑)
 すると、意外にもそのセリフにサイバーよしこさんが反応した。
「そうそう。ダメ人間って何ですか?(笑)」
 その言葉には、笑いが隠せない私(笑)
「これ(笑)」
 指差した先は、もちろんかじゅくんの顔(爆)
「オレは違うよぉ!(^^;」
 暴れ出すかじゅくん(笑)
 そして、2人は帰っていったが、サイバーよしこさんは結局「ダメ人間」とは何かを理解したのだろーか?(^^;

□束の間の休息
 その後、再びじゃんけんロケットパンチが始まっていた。今度の進行役は由紀さんらしい。
 我々一行はそれを尻目に、貞方さんの顔を立てて、5Fの展示会を見に行くことにする。5Fに行かないと人数としてカウントされないんだとか。やはり、来場客数は大いに気になっているようである(笑)
 道すがらB1F〜4Fまで順番にクイズスタンプラリーがあるのだが、愛美ちゃんにやらせていく。しかし、何故か3Fから(^^;
 クイズはどんなのがあったっけ。「グレンダイザーは何と合体するか?」で、選択肢が、クロウンにカローラにUFOだったかな。庶民派カローラロボ・グレンダイザー! カッコいい!(笑)
 5F。入場は無料である。永井豪先生の原画がたくさん。デビルマン、デビルマンレディー、マジンガーZ、グレートマジンガー、グレンダイザー。マジンサーガとZマジンガーって、どっちもマジンガーZのリメイクっぽいけど、どう違うんだろう?(^^; 他にも、フィギュアなどの造形物もあり。やはりというか何というか、デビルマンが多い。
 うむ、なかなかいいものを見せてもらった(^^)
 最後は、さっとんさんがデビルマンレディーのLD2〜4巻(*9)を買って、明日の岩男潤子さんのサイン/握手会の整理券を3枚手に入れていた(笑)

 やり残していたクイズスタンプラリーを解きながら、地下へと戻っていく。さすがにもうじゃんけんロケットパンチは終わっていた。しかし、1時間後ぐらいにまたやるらしい。その後のアニソンDJというのも気になる。
 というわけで、時間を合わせてまた来ることにして、とりあえず腹ごしらえ。サンシャインビル内のCASAだ。
 そこにいたのは、かじゅくん、arachinさん、ちっちさん、いしださん、愛美ちゃん、さっとんさん、お久し振りの蒔子さんに、私の8人。OGHIさんは荷物が重いのか、さっさと帰ってしまっていた。
 昼食から間もないので、私はデザートでお茶を濁す。シュー・ア・ラ・モード、480円也。う〜ん。美味しいんだけど、なんかイマイチ(^^;
 ギリギリまでCASAで時間を潰し、再びアムラックスへ。新宿で某A氏(*10)の独演会に出席していた魔竜王さんたちが、そろそろこっちに着くらしい。
 美奈子様に会いたいらしい魔竜王さん。じゃんけんロケットパンチは、前々回が美奈子様、前回が由紀さんだから、次は美奈子様では? と思わせておいて、出てきたのは由紀さんであった。あらあら、残念(笑)
 由紀さん司会のじゃんけんロケットパンチが始まってほどなくして、魔竜王さん、森川1号さん、KIRARAさん、足フェチさん、そーまさんの5人が合流。入れ違いに、愛美ちゃん、さっとんさんの2人が引き上げていった。ちっちさんともCASAを出たところで別れている。
 とりあえず、やってきたばかりで何もわかっていない魔竜王さんを、生贄の如く由紀さんの前に差し出す(笑) あーあー、1回で負けてやんの(笑)
 その後、結局1人で2回や3回参加しても良かったらしく(^^;、arachinさんがグレートマジンガー、魔竜王さんが妖鳥シレーヌの人形をゲットしていた。
 アニソンDJまではあと30分ほどある。みんなで椅子に座りながら談笑モード。
 そして、美奈子様の司会により、「永井豪アニメソングDJ」は始まった。

□アニソンDJ
 美奈子様も衣装替えしていた。てゆーか、スタッフジャンパー。
 まさか美奈子様の司会とは思わなかったが、何かイベントがあれば美奈子様か由紀さんが仕切るしかないんだから、当たり前と言えば当たり前の気もした(^^;
 イベントが始まると、一斉にカメラを構え出す最前列。いや、私もその中の一人だったんですが(^^;;
 とりあえず、登場時に「美奈子様〜!」と一発かましてみる。よし。笑ってくれたぞ(笑)
 最初の曲はデビルマンのオープニングだったろうか。作品の簡単な紹介をしてから曲が流れる。カラオケにして美奈子様が歌ってくれれば面白かったのに(笑)
 そういえば、魔竜王さんが美奈子様に何度か視線を貰っていてくやしいぞ(^^;;
 途中からは、ゲストとして由紀さんも参戦。「若年性健忘症」らしい美奈子様には、心強い助っ人だ(笑)
 そして、数曲目に紹介された「けっこう仮面」。美奈子様のイチオシらしく、うだうだ言わずにまずはとにかく曲を聴けモード(笑)
 聴く。
 ……聴いている。
 …………いいんか、これ!?(笑)
 いや、あえて詳しい説明は避けるが(^^;、実際に聞かなきゃあのスゴさは伝わらない(笑)
 そして、曲を聴き終わって、美奈子様によるけっこう仮面の紹介。
「これは、“頭隠して尻隠さず”を逆にした……」
 とか説明してるのだが、……あれ?
 私の頭の中に思い浮かんでいるけっこう仮面像はアレだろ? だったら、“頭隠して尻隠さず”を逆にしないで、そのままであってるんじゃあ……。
 由紀さんも同じことを思ったらしく美奈子様に突っ込むが、それでも納得しない美奈子様。由紀さんの「私あってるよね?」に、大きくうんうんと頷いてしまう私(笑)
「“頭隠して尻隠さず”っていう言葉自体はあっているんだよね?(^^;」
 しまいには、そんなことを言い出す美奈子様。あー、混乱してる、混乱してる(笑)
 結局この話題は、なんかうやむやの内に終わってしまった(^^;(*11)
 そして、最後の曲は「今日もどこかでデビルマン」だったか。これにてお開きである。

□出待ち再び
 終わった後はもちろん出待ち(笑) まずは美奈子様にご挨拶。
 魔竜王さんがさっさとツーショットで撮ってもらったりしている。素早いなぁ(^^; とか思いつつ、私もさっき片付けたカメラにわざわざ新しいフィルムまで入れて、魔竜王さんに撮ってもらっていたのだが(爆)
 その後はツーショット撮影会が流行り、私はその間に由紀さんにご挨拶。お〜、由紀さんと話すのは初めてのような(笑)
 由紀さん、クレクレタコラのTシャツを着ている。マ、マニアック……(笑)
「あ、クレクレタコラですねー(笑)」
「あっ、知ってる?(^^)」
 そりゃもう(笑) ……って、威張れるほどは知らないですが(^^; 私的には、「3メートルの宇宙人」もポイント高し(笑)
 されはさておき、とりあえず写真を撮らせてもらう。
 しかも、
「ちょっと左にずれてもらえます?」
 向かって右隣の美奈子様が写らないように移動までしてもらって(^^;
 続いて、美奈子様と由紀さん、2人でじゃれあっているところも何枚か(笑)
 その後はお喋りモード。由紀さん、面白い方じゃないですかぁ。気にいったぞ(^^)
 貞方さんの話題で盛り上がっていたら、
「貞方さん、大人気だねー。なんで?」
 由紀さんの疑問もごもっとも(笑)
「うちのおじいちゃんですから(笑)」
 あああ、全然説明になってねー(^^; きっと、美奈子様が説明してくれるだろう(^^;;
 そんなこんなでしばらくお喋りを楽しんで、貞方さんによるお開き命令。
「おつかれさまでしたー」
 こうして、長かった今日のイベントは終わった。

 その後はロッテリアでOFF。すっかりSHOWMAN'Sの話題で盛りあがる。
 警告。カルビリブは食べづらいです(^^;

 おまけ。
 翌日もアムラックスに行こうかとも考えていたのだが、目が覚めたら夕方の5時だった(^^;

*1: 2メートルくらい。
*2: かじゅくんに見せてもらった。
*3: ホントにしてるのである。
*4: ひーちゃん。
*5: 無理です(笑)
*6: なおさら無理です(笑)
*7: 通路でさえない。
*8: 先週いたのはイレギュラーということで(^^;
*9: 1巻は品切。
*10: 朝倉薫(笑)
*11: ああ、けっこう仮面を知らない人には前々わけわかですね(^^;
GALACTIC LIVE 聚楽4【概略】

日時:1999/05/23(土) 13:00
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:田口美奈子/加藤由紀/並木のり子/橋本悠/新舞りあす/スナフキン山下/ルリール原作者

GALACTIC LIVE 聚楽4【曲目】

--.前説/橋本悠・新舞りあす
01.Galaxy of Love(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子
02.MOVE ON!(Go! Go! フェロモンズ)/加藤由紀・田口美奈子・並木のり子
03.進め!ギャラクティックライダー(オリジナル)/加藤由紀・田口美奈子・並木のり子・橋本悠
04.Fight!(高橋由美子)/橋本悠
05.共犯者(ビビアン・スー)/橋本悠
06.愛は喪中(オリジナル)/田口美奈子・スナフキン山下
07.まちぼうけ(オリジナル)/スナフキン山下・ルリール原作者
--.ドラマコーナー/加藤由紀・田口美奈子・並木のり子・橋本悠・新舞りあす
08.ハート型の涙(吉川ひなの)/新舞りあす
09.オムニバスだねみんな(オリジナル)/並木のり子
10.It's Gonna Rain!(Bonnie Pink)/並木のり子
11.THE WINNER(松原みき)/加藤由紀
12.RAIN HEARTで見送って(サブリナ)/田口美奈子
13.ベルサイユよ永遠なれ(オリジナル)/並木のり子
14.ガガガGINGA!(オリジナル)/加藤由紀・田口美奈子・並木のり子
アンコール
15.ユキのバラード(オリジナル)/加藤由紀・スナフキン山下・並木のり子・橋本悠・田口美奈子
16.ガガガGINGA!(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠・新舞りあす・スナフキン山下・ルリール原作者

GALACTIC LIVE 聚楽4【記録】

□開場
 朝10時に目を覚ます。12時までに渋谷に着けば、充分間に合うだろう。
 渋谷着11時半。途中、東急ハンズに寄って、ユニポスカを仕入れておく(笑)
 と、そこでつださんから電話が。今、渋谷駅にいるらしい。が、TAKE OFF7 の場所を知らないとのこと。
 調べてから来いよな〜(^^; 渋谷の街も知らない人に、どうやって場所を説明しろと(^^;;
 とりあえずハチ公口にいるらしく、そこなら交番がそばにあったはずなので、交番に東急ハンズの場所を聞いて、まずは東急ハンズまで来てもらうことにする。一方、私はそれをわざわざ待っているのも面倒なので、さっさと TAKE OFF7 へ(^^; どうせ、すぐ目の前なんだし〜。
 TAKE OFF7 に到着。2ヵ月振り。って、まだ最近じゃん(^^; その割に結構昔に感じるのは何故だろう?
 階段を昇っていくと、愛美ちゃんとかーしまさんを発見。さっとんさんは2階の店で、何やら買い物をしているらしい。しばらくして出てきたかと思うと、その手には荷物が。服を買ったらしい。
「それ、美奈子さんに媚びてるの?(笑)」
 さっとんさんの鞄から下げられた数々のマンボウグッズを指して私。
「はい、媚びてます(笑)」
 臆面もなく返ってくる言葉。ああ(^^;
 階段で待っていると、次々と友人連中がやってくる。arachinさん、かじゅくん、魔竜王さん、OGHIさん、いしださん、森川1号さん、そーまさん(順番適当)。前回より、内輪メンバーが倍増している(笑)
 12時になって、チケットを予約していた人が引き換えに受付へ行く。すると、ゆーちゃんの声が聞こえてきたとか。まだまだリハーサル中らしい。
 みんなでダベりながら待っていると、サイリウムを持っている人にかじゅくんがアヤシゲなものを配り出す(^^; 残念ながら私はサイリウムを用意していなかった(笑) 受け取ったのは、arachinさん、魔竜王さん、OGHIさん。
 で、それは何かと言いますと。
 にんじん、ナス、きゅうり。
 ……いや、マヂで(^^;
 もちろん、おもちゃのですけど。
 実は、かじゅくんが前回バナナライトを作ってきた流れで、今度は由紀さんにリンゴライトを所望され、実際に作ってきたまでは良かったのだが、1人でそれを振るのは恥ずかしかったらしい(笑) というわけで、道連れの3人というわけだ(笑)
 ちなみに、リンゴライトだけは、きっちり中をくりぬいて作っていた。他の3本は、サイリウムにゴムで巻きつけるだけらしい(^^;
 さて、今回の整理番号は18番。17番がarachinさんで、それから10人くらい連続で内輪メンバー(笑)
 そろそろ開場の12時半となるところだが、まだつださんは到着しない。あれから30分くらいたってるぞ(^^;
 そして、予定時間を結構過ぎてから、ようやく開場。

 男性にチケットの半券をもがれ、女の子(*1)にパンフレットを貰う。ボイスラッガーのチラシとアンケートが挟まっているようだ。
 とりあえず座席を確保。
 そして、ようやくつださん到着。駅から30分以上かかっている(^^;
 椅子に座って、隣のさっとんさんとパンフを見ていたら、前の席のarachinさんが騒ぎ出した。その手にあるのは、アンケート用紙。
「ハンドルネーム欄が増えてるよ〜(笑)」
 あら、ホントだ。前回はなかったのに。これはやはり、本名は知ってるけどハンドルと一致しないゆーちゃんのためなのだろーか?(笑)
 客足も少し落ちついたところで、ステージに向かって左後ろにあるカウンターで、ドリンク券を引き換える。前回と同じく、80%オレンジジュース。
 丸テーブルを囲んでダベりながら、開演を待つ。このときBGMとして流れていたのが、「GALACTIC RADIO!」だった。初めて聴いたけど、公録を聴いていたので初めてという感じはしなかった。でも、いきなり由紀さんの声が流れたときは、何が起きたのかと振り向いちゃったけど(^^;
 そして、内容はドラマへと進行し、わざとその回を選んだのか、ゆーちゃん初登場の話だった。お〜、こっちではなかなか堂々としてるねぇ(笑) アソー以来のラジオドラマかぁ(しみじみ。ぜひ、CD化してほしいものですな(*2)
 ドラマ後の曲は、前にOGHIさん(*3)に聞いた通り、「天上の青」だった。マ、マニアック……(^^;
 そして、BGMは止み、照明も落ちていき、いよいよ始まる……。

□元気良く前半戦
「あーあー。これ、マイク入ってる?」
 スピーカーから流れてきた声はゆーちゃん。
「入ってるよ」
 そして、その言葉に答えた声は、一度聴いたら忘れられない(笑)、りあすちゃんの声だ。今回は、のっけからドラマかぁ?
 かと思いきや、ギャラクシーポリスのユウ刑事と暗黒のリアスの、ボケとツッコミの注意事項案内であった(笑) もちろん、ユウ刑事がツッコミ。これはなかなか楽しい(笑)
 でも、やっぱりアンコールはせびるのね(^^; 今回はあからさまではなかったけど(笑)
「皆さん、ライブの最後にはつきもののアレをお忘れなきよう」
 だもんなぁ(笑)
 そして、ゆーちゃんの掛け声でいよいよ始まる。
「それでは、GALACTIC LIVE 聚楽4、開演ですっ!」
 でも、リアスは何を違反したのか(*4)気になる〜っ(笑)

 流れるはスターウォーズ・テーマソング。一体どういう関係が(^^;
 次第に明るくなって行く舞台上には3人の人影。左から、のりりん、美奈子さん、由紀さんだ。
 そして、1曲目は「Galaxy of Love」。続けて、由紀さんメインボーカルで「MOVE ON!」。ギャラクティックバンドの持ち歌らしい。
 カッコいい系の曲が2曲続いたが、ゆーちゃんはこの中には入れて貰えなかったのね(^^;
 MCで3人の自己紹介が終わると、
「今回から加わりました、橋本悠っ!」
 由紀さんがゆーちゃんを呼ぶ。
 ……が、なかなか出てこない(^^;
「逆よ、逆(^^;」
 どうやら、出入り口の開け方を間違えていたらしい(^^; 相変わらず緊張してるねぇ。
 それでも、ようやく出てきて、
「橋本悠で〜〜〜〜〜すっ」
 一番右に位置したのだが……か、髪型(^^; ちょっと、開いた口が塞がらなかったかも(笑) う〜ん、何て言ったらいいのか……SHAZNAのIZAM状態(笑) 左右で結んで、ボサボサにしてて、凄かったですよ(笑)←全然説明になってない(^^;
 そして、4人で3曲目、「進め!ギャラクティックライダー」。由紀さんとスナフキン山下さんの合作曲らしい。つださんも言っていたが、何かの曲に似てるような感じもするんだよなぁ(^^; でも、かなり気に入ってしまった(^^)
 曲が終わって客席に感想を求める由紀さん。「サイコー!」という声を受けて、
「天国のスナフキン、大変御好評です」
 って、前回来なかっただけでひどい言われようだ(笑)
 そして、
「悠ちゃん、みんなと話もあるだろうから」
 と、由紀さんの好意(?)により、ゆーちゃんを一人ステージ上に残し、3人は舞台裏へと消えていったのであった。

「ゆーちゃん、がんばれ!」
 元気付けようととりあえず声をかけてみたが、聞こえなかったようだ(^^;
「えーと、改めまして、橋本悠です。今までずっとユニットでやってて、1人になってしまってちょっともじもじしておりますけども(笑) では、1曲目聞いて下さい!」
 って、もう曲かい(^^; もっとMCが聞きたいぞぅ。
「Fight!」
 ゆーちゃんが曲名を告げるが、それって何の曲?(^^; 思わず、隣のさっとんさんに確認してしまう(^^; どうやら、高橋由美子のワタル2の歌らしい。ワタルシリーズは見てなかったしなぁ(^^; 昔のバースディパーティでも歌ったらしいが、私は聞いたかなぁ(^^; 知らない曲のことは全然記憶にない(^^;
 なお、曲自体はジャンプ系(笑) 左側からのコールが凄いぞ(^^;
「復活!ということで、前向きなこの曲を選んでみました」
 そういう言い方をするということは、意欲は満々ということですねぇ。これからにも期待するぞ(^^)
 過去のGALACTIC LIVEのビデオを見たゆーちゃん。由紀さん、美奈子さん、のりりんがあまりにカッコ良かったので、自分もカッコよくなろうと思ったらしいが、
「え〜!? かわいいまんまでいて〜」
「そう言っていただけると、居場所があって嬉しいです」
 客席からの声に、頬を朱に染めて照れるゆーちゃんが可愛い(^^)
 で、外見ではカッコよくなれないので、カッコいい行動をしようということで、
「橋本悠プロデュース公演!とか、やってみたいと思います!!」
 大きな身振りをつけて、重大発表!
 もしかして、レイレイとかが出るのかなぁ? 某L社を辞めた人たち集めて舞台をしたいとか言っていたし。わくわく。期待できるぞ、これは。
 というわけで、2曲目は「共犯者」。やっぱり誰の歌だかわからない(^^; さっとんさんもわからないらしい。後で知ったところによると、ビビアン・スーのバーチャファイターの曲だったようだ。やっぱりアニソンなのね、ゆーちゃんらしい(笑) でも、キャラデの田中良先生のファンだったから全話見てたはずなんだが、曲は全然印象に残ってないな(^^;
 あと、ゆーちゃんの声が小さい……というか、オケが大きかったですねー(^^;

 ゆーちゃんも舞台裏へと退き、ギターを抱えておずおずと小さくなって出てきたのはスナフキン山下さん。初見。
 ぼそぼそとした喋り方のMCの途中で、突如響き渡るは、
「おーっほっほっほっほっほっ!」
 高笑いを上げる人なんて1人しかいません(笑) そう、美奈子様の登場! 衣装はイブニングドレス風の色っぽいものに変わっている。
「……間違えた(笑) 皆さん、こんばんわ。田口美奈子です」
 おお〜、モードチェンジしとる(笑)
 で、由紀さんとのりりんがスナフキン山下さんとのアコースティック曲があるのに、自分には一曲もないことを怒り出す(笑) なので、悪の女王様に作詞を頼んで、スナフキン山下さんを脅して(?)曲をつけてもらったらしい。
 そのタイトルは、「愛は喪中」(笑) 最初、聞き違いかと思ったぞ(^^; 「I won't you」にかけているらしい。
 ちなみに、曲調は演歌です(爆)
 で、歌い終わると、「ふう、満足っ」と汗を拭い、さっさと帰ってしまう美奈子様(^^;
 続けて、帽子をかぶったルリール原作者さんと一緒に「まちぼうけ」。ルリール原作者さんが昔のアイドル追っかけ時代を思い出して原作詞を書いたらしい(笑) でも、曲が長いとか言ってたけど、そんなに長くは感じなかったけどなぁ。
 そして曲が終わり、引き上げる2人。ルリール原作者さんの「暗転っ」という言葉通りに暗転し、そして流れるジングルはギャラクティックライダーYUKIだ!

□熱くドラマ
 最初に出て来るは新舞りあす……じゃなくて、暗黒のリアス。のっけからハイテンションである(笑) ピザ屋の制服を着て、ピザの箱を2つ抱えている。誰かに追われてて、それから逃げている途中らしい。隠れ場所を求めて客席を一望。
「いいとこ見つけちゃった(^^)」
 と客席右半分の最前列真ん中くらいの人に、
「半分座らせてくださいっ」
 とお願い。もちろん、その人は戸惑いながらも快く許諾。うっ、羨ましいっっ(^^;
 そして、リアスに続いて舞台上にはゆーちゃん登場。おっと、ギャラクシーポリスのユウ刑事らしい。Battle4より出世しているようである(笑)
 てゆーか、特筆すべきはその衣装(笑) 客席からは盛んに「ミニスカポリス〜!」と声援が飛んでいた。つまり、そーゆー衣装(*5)である(笑)
「そこ、うるさいよ!」
 客席を指差して、どこぞで見たようなネタを一発(笑)
 彼女がリアスを追って、ここ地球までやってきたらしい。
 が、追ってきておきながら、リアスの顔を知らないユウ刑事。一体どうやって追ってたんだ?、という疑問はさておき、彼女が持つ唯一の手がかりは、手配写真ただ一つ。と、彼女が広げたのは……子供の落書きである(^^; 隅の方には「美奈子」とのサインが。どーやら、美奈子様が描いたらしい。け、結構なお手前で……(^^;
「あら?」
 客席の一人を指差しながら、客席へと降りてくるユウ刑事。
「あなた、似ていますね?」
 あの落書きに似てるも何もないと思うが(笑)、こうして1人が舞台上へと連れていかれ、そしてもう1人……。
「あなたも捜査に協力してくれますね?」
 私の隣の人だった(^^; ふぅ〜、あぶね〜(笑) その後ろはかじゅくんだったのになぁ。惜しい惜しい(笑) でも、ほんのちょっと、捜査に協力もしてみたかったが(笑)
 しかし、実は美奈子様からは、かじゅくんか私を捕まえて来いという指令も流れていたらしい(^^;(*6)
 で、最後の1人として、リアスも舞台上へ。
 さて、舞台上で並んだ3人が、ユウ刑事に取調べを受ける。
「質問にパスは無しです」
 にちょっとウケ。一体どんな質問が飛び出すんだ(笑)
「では、まず最初に、お名前は?」
「暗黒のリアス」
 最初の男性がいきなりカマし、ちょっと固まったユウ刑事。さすがにこの答えは予想していなかったか(笑)
 2人目は本名。
 3人目は「新舞ですっ。うふふふ〜(^^)」。この笑い方って、特徴あるよなぁ(笑) なんてゆーか、思わず殴りたくなる笑い方(爆)←一応誉め言葉のつもり(^^;
 その後もいくつかの質問があり、そして、やっぱり出てきたあの質問(笑)
「誰のファンですか?」
 1人目も2人目も、のりりんファン。う〜む、のりりん強しっ。
 そして3人目は、「新舞りあすちゃん(^^)」。はい、お約束(笑)
 最後の質問。
「事件は……昨夜の8時に起きましたが、そのときのアリバイは?」
 「事件は」なんて変なところで言葉を切るから、「会議室で起きたんじゃない」とでも言い出すのかと思ってしまったぞ(^^;
 先に聞かれた男性2人の答えは、あまり面白くなかったので忘れた(^^;
 リアスは、「うろちょろ」(笑)
「確かに、うろちょろしてそうですね〜(笑)」
 うんうん、ユウ刑事の言う通り(笑)
 と、そこに、うろちょろしてどこに行ったかわからないバイトのリアスを探しに、流れ星ユキが登場。
「リアス! こんなところにいたのか〜!」
 と、リアスを見つけたユキは連れて帰ろうとするが、それをユウ刑事が制する。
「待て! お前がリアスだと!? さっきはあっちがリアスだって!」
 と、1人目の男性にツッコミ。これはうまい!(笑)
「まあいい。全銀河宇宙征服防止法違反で逮捕する!」
 この「逮捕する!」のみょ〜にハイテンションな言い回しはゆーちゃん独特のものだと思うのだが、なんか好きである(笑)
 というわけで、一見落着とばかりに、リアスを連行していくユウ刑事。
 リアスの持っていたピザはもう冷めて売り物にならないからと、舞台に呼ばれた男性2人に渡していたユウ刑事だったが(*7)、貴重なアルバイターを失っては困るユキが、それを止めようとする。
「あれ? あなた、昔どこかでお会いしませんでしたっけ?」
 すると、ユキの顔をマジマジと見つめるユウ刑事。
「もしや、正義の味方の流れ星ユキさんでは?」
「その通り! 私は、先祖代々由緒正しい正義の味方の家系の流れ星ユキ!、だけど?」
 すると、急にかしこまるユウ刑事。
「わっ、わたくしっ、ユキさんがギャラクシーポリス時代にお世話になっておりました、ユウですっ」
「お前、ユウか!? 久し振りだな〜! 元気でやってるか!?」
 ユウ刑事に抱きついて、再会の喜びを現すユキ。
 昔話に花を咲かせる2人だが、1人余されたリアスが、
「りあす、つまんない」
 いじける(笑)
「宇宙征服してくるっ」
 そんなリアスをユキが「宇宙征服なんて儲からないんだぞ」と、ちょっとズレた諭し方をしてみるものの、
「宇宙征服したいの! ぜーたいっ、したいの〜! するの〜!」
 出たーっ! 無敵の超音波ボイス!
 駄々をこねるリアスの声に、たまらずユキとユウ刑事も耳を塞いでいた(笑)
 そこへ、唐突に流れ出す重厚な音楽。こ、これは……。
「おーっほっほっほっほっほっほっ」
 リアスの超音波ボイスに負けてなるものかと、高らかに響き渡る高笑い。
 つまりどういうことかというと、物語はますます混迷の色合いを深めようとしていたということである(笑)

□熱くクイズ
 客席からは「待ってました!」の声。
 もちろん、登場してきたのは悪の女王ミナコ様に秘書のノリコである。衣装も相変わらず(笑)
「私を差し置いて宇宙征服だなんて、1億万年早いのよ!」
 註・億万という単位はありません(笑)
 ミナコ様の命令で、ノリコがリアスに宇宙征服なんてやめるように言うのだが、それを聞き入れないリアス。それどころか、「絶対に宇宙征服するの!」とかなんとか、いくつもいくつも早口で捲し立て、出演者はもちろん客席のほとんども耳を塞いでいた(^^;
「何言ってるのか、わかんないわよっ!」
 ノリコの叫びが、そのままみんなの本音であろう(笑)
「あんたみたいな10代そこそこの小娘に、宇宙征服なんてさせてたまるもんですかっ!」
 「10代そこそこ」で笑いが起きたものの(笑)、ここまでのノリコはカッコいい。しかし、
「ねっ、女王様〜?」
 最後のこの言葉が急に猫なで声に変わるのは、聞いていて楽しい(笑)
 そして、この後にミナコ様の、多分今日一番の名言(*8)が。
「私のような、豊富な経験と不必要な下積み、これをなくして大口なんて叩かないでほしいわね!」
 「不必要な下積み」のところで、客席爆笑(笑) これって、某サブリナのことですかぁ?(笑)
「笑いすぎよ!」
 最後のその言葉に、更に大爆笑。あー、腹痛い(笑)
 PiーーーーーPiーPiーPiーPiー!!
 すると、突然鳴り響く笛の音。吹いているのは、今まで全く無視されていたユウ刑事だ。
「静かにッ!」
 リアスとミナコ様たちの間に割って入る。
 そんなユウ刑事に、
「こうなったら、これで決着をつけるしかないわね。あとはよろしく!」
 ミナコ様がファイルボード(*9)を渡し、ユウ刑事を挟んでリアスとユキの反対側に、ノリコと並んで立つ。
「みんなぁ、宇宙征服したいかぁ……?」
「おーっ!」
 訳がわからないまま渡されたものを棒読みするユウ刑事の言葉に、ミナコ様とノリコが声高らかに拳を突き上げる。そして流れ出すウルトラクイズのテーマソング。なるほど。そういうことらしい(笑)
 となれば、役者も客席もノリノリだ(笑)
「アンドロメダに行きたいかー!?」
「おーーーっ!」
「イスカンダルに行きたいかー!?」
「おーーーっ!」
 ゆーちゃんのテンションも上がってきて、どんどん「らしく」なっていく。
 というわけで、なりゆきまかせのまま、宇宙征服の権利を賭けて、ユキ&リアスvsミナコ様&ノリコの対決となっていた(笑)
 ……でも、ユキが宇宙征服の権利を得てもどうするんだ?(^^;
「それでは問題です! チャラ♪」
 効果音まで自分の口で言うユウ刑事(笑)
 で、最初の問題は、宇宙版自由の女神の問題だったよーな(^^; 正解したのはミナコ様チーム。
 他の問題は、覚えている分を順番適当に(^^;(*10)

「浮遊小惑星要塞ベルサイユ」を3回早口で言う、という問題では、ノリコがさすが現役声優の意地を見せた(笑)
「さすが、代アニ出身ね」
「それは言わないで(笑)」
 ミナコ様とのやりとりも笑える。

「今をときめくアイドル田口美奈子ちゃんと、声優の櫻井智ちゃんが昔組んでいたユニットの名前は?」
「はい! レモンエンジェル!」
 ユキ、不正解ながらも、あまりのお約束解答に客席大爆笑(笑)
「正解は、少女隊でした」
 ユウ刑事の解答にミナコ様が突っ込むが、ユウ刑事露骨に無視(笑)

「声優の並木のり子ちゃんの出身地は?」
「はい! コロポックルの里!」
 とは、ミナコ様。コロポックルなんてよく知ってるなぁ。
 ちなみに知らない方に説明しておくと、昔北海道に住んでいたと伝えられる「小人」のことです(笑)
「はい、正解!」
「ちょっとぉ!」
「まあ、いいじゃないの(笑)」
 ユウ刑事の進行にノリコが突っ込むが、ミナコ様がそれを宥める(笑)

「次は簡単な問題です。橋本悠ちゃんと森谷密ちゃんが組んでいたユニットの名前は?」
 この答えは予想通り。もちろん、誰も答えない(爆)
「ちっちっちっちっちっちっ、ぶっぶー」
 時間切れとなり、客席にマイクを向けるゆーちゃん。もちろん答えは、
「遊星王女ーっ!」
「簡単ですよね〜(笑)」
 ああっ、誰かに「コンセント」って答えてほしかったかも(笑)(*11)

「新舞りあすちゃんが、少年エースの……」
「はい!」とノリコ。「綾波レイ!」
「ですがー」問題を続けるユウ刑事。「りあすちゃんの年齢は?」(*12)
「はいっ!」
 手を上げるリアス。
「16歳ですっ(^^)」
 その答えに、「へぇ〜〜〜(^^;」と一堂。どうでもいい風を装いながら、表情から笑みは消えていた(笑)
「えーとー、じゃあ次の問題」
 ユウ刑事の進行もなげやりに(笑)

「それでは最後の問題です。加藤由紀さんの正体は?」
「はい!」
 ミナコ様とノリコ、口を揃えて、
「男!!」
「はい、正解で〜すっ!!」
 ユキの突っ込みを無視して鳴り響くファンファーレ(笑)
「優勝は、悪の女王ミナコ様と秘書のノリコチームでーす!」
「おーっほっほっほっほっほっ」
 高笑いで答えるミナコ様。
「これで、宇宙を征服するのは私に決まったというわけね!」
 しかし、それを黙って見過ごせない者がいた。
「ちょっと待て! 正義の味方の面前で宇宙征服なんかさせてたまるか!」
「それをいうなら、ギャラクシーポリスの目の前でだって!」
 揃ってミナコ様の前に立ちはだかるユキとユウ刑事であったが、
「なにをぉ〜!? こっちは先祖代々正義の味方の家系なんだぞ!」
「なにをぉ〜!? 宇宙の平和のためだったら、私だって負けませんよ!」
 両者の間では火花がバチバチ。
「よし! じゃあ、こいつで勝負だ! ミナコ、これを頼む!」
 と、ユキがミナコ様にファイルボードを渡す。
 渡されたミナコ様は最初は「なんで私が…」とぶつくさ文句を言っていたが、問題を言うころにはノリノリに(笑)
「それでは、第1問!」
「ピンポーン!」
 問題も言わない内にユキがボタンを押したことに(*13)ユウ刑事が驚きつつ、
「こうして、今日も宇宙の平和は守られたのであった」
 ノリコのナレーションで、幕は降りたのであった(笑)

□跳ねる後半戦
 さて、MC。りあすちゃんは次の歌の準備のため、さっそく退場。
 「年を取った4人」(*14)による、GALACTIC RIDER YUKI Battle4の裏話など。
 ノリコはギャラクシーポリスのエリートコースを歩んでいたはずなのに、何をどう間違ったか(笑)、悪の女王ミナコ様の秘書になってしまったらしい。この辺の顛末は、この後のBattle4で語られるのかな?
 また、悪の女王ミナコ様の方はといえば、バーのチーママをやりながら、金を稼ぎつつ、技術を学びつつ、美貌を磨きつつ、コネを作っていたらしい(笑) 宇宙征服学会に入会するのは大変なんだとか。現実的ですねぇ(^^;
 あとは、ゆーちゃんの恰好が体育の先生に似てるという話や、ユキの服装がギャラクシーポリスの制服に似ているのは実はギャラクシーポリスをやめたくなかったからだとか。
 そして最後に、笑わせてくれる由紀さん。ゆーちゃんは「コントのできるアイドル」=コンドルだから、
「じゃあ、下積みの長いアイドルは?」
 場内爆笑(笑)
 といったおいしいタイミングで、着替え終わったりあすちゃん登場。歌うは「ハート型の涙」、吉川ひなのの曲らしい。聞いたことないぞ(^^; 持ち歌なのかと思ってしまった。
 歌唱力は……ひーちゃんの方がうまいんじゃないだろーか(^^;

 続けて、色っぽい黒の衣装でのりりん登場。激しい振り付けで「オムニバスだねみんな」を熱唱。いやあ、めっちゃカッコ良かったですぅ(^^) 実はこの曲、大胆3でも歌っていたらしいのだが、全く印象になかった(^^; しかし、今回聞いて気に入ってしまいましたよ(^^)
 そしてMC。秘書のノリコとのギャップが、なんかいいんだよなぁ(笑)
 2曲目は、るろうに剣心OP「It's Gonna Rain!」。はい、これも聞いたことありません(^^;
 のりりんがステージから退き、そして流れ出した音楽は聞き覚えのあるもの。おおっ、この曲結構好きなんだよねぇ(^^) ということは、歌うは由紀さんか〜。案の定、ステージには由紀さんが登場し、歌う曲は「THE WINNER」だ。しかし、ガンダム0083という選曲がマニアックですなぁ(笑)
 MCは、美奈子様と一緒に。美奈子様がミニスカで登場ということは、歌うのはアレかぁ(^^)
 ここで、「GALACTIC LIVE ホネホネ6」の告知。相変わらずイカしたネーミングセンスだ(笑)
 しかし、6? 5は? という、もっともな美奈子様の質問に、明日からホネホネ6の行われる7/25までの間のどこかで、5はやるらしい(^^; 次も決まってないのに次の次は決まっているって一体(^^;;
 さて、美奈子様が歌うはもちろんサブリナから、自身のソロ曲「RAIN HEARTで見送って」だ。「美奈子」コールが激しい(笑)
 しかぁし! 途中で歌詞を間違って、「しまった(^^;」というような顔をした美奈子様。本人も、どうして間違ったのかわからないんだとか(^^;
 曲は続けて「ベルサイユよ永遠なれ」へ。のりりん、また衣装替えして、さらにセクシーになってます。この曲は、やっぱりいいですよねぇ。好き。
 歌い終わって、衣装替えした美奈子様と由紀さんも参戦。3人揃って黒い衣装でキメている。
 最後の曲は、忘れちゃならないこの一曲「ガガガGINGA!」だ。激しい振り付けも健在。さすがにこの中にゆーちゃんが入るのは無理か(^^;
 もちろん、盛り上がらないはずはない。
 ……のだが、前の席の人が立ってくれないよぅ(^^; のりりんが、立ってもいい、って言ってくれてたのにぃ〜。
 しかし、立たないでこの曲を聞いてられるかあっ!
 というわけで、前の席のarachinさんを無理矢理立たせる(笑) すると、周りも次々と立ち出す。なーんだ、やっぱりみんなも立ちたかったのね(^^)
 あとは、思いっきりコールを入れるだけだ(笑) 歌詞も、覚えてる部分はガンガン歌っていく。声の出る限り叫び、手を振り上げ、もう、燃え尽き覚悟(笑)
 そして、「ありがとうございましたぁっ!」と3人が頭を下げ、ステージから消えていった……。

 ・・・・・・・・・・・・。
 照明が落ちて、しばらくの沈黙。普通は、すぐアンコールが始まると思うのだが(^^; 最初にゆーちゃんもせびってたし(笑)
 しばらくしてようやくアンコールの声が場内に響くようになるのだが、前回同様やっぱりまとまりがないんだよなぁ(^^; 熱心に入れてるのは、のりりんファンの一群かな。
 それでも、手拍子くらいならみんなが入れる。
 暗闇の中、戻ってきたギャラクティックバンド。まだ続く声と拍手。
 そして、それに応えて腰を低くして出てきたのは、ギターを抱えたスナフキン山下さんであった。椅子に腰掛け、弾き語るのは「ユキのバラード」。
 あれ? 1人で歌うの?(^^;
 と思っていたら、由紀さんのパートになると同時に、歌いながら舞台裏から出て来る由紀さん。
 普通、アンコールでバラードをやるかぁ?
 と思ったものの、しかし伊達にアンコール曲ではなかった。由紀さんに続いて、次々と、美奈子様、のりりん、ゆーちゃんもソロで歌いながらの登場だ。なるほど、こういう演出なんだ。これなら、アンコールとしてありだなぁ。
 「ユキのバラード」が終わると、バンドメンバーの紹介。
 そして、りあすちゃんとルリール原作者さんも呼ばれて、本当に最後の曲は「ガガガGINGA!」だ。今度は最初っから総立ち状態。もちろん、盛り上がりも今日一番の最高潮だ。客席とステージの一体感。確かにそれが感じられました。
 それにしても、のりりんは盛り上げ方がうまい。前回もそう思ったけど。
 こうして、「GALACTIC LIVE 聚楽4」は終わった。

□出待ち
 こうして、「GALACTIC LIVE 聚楽4」は終わった。さすがに、最後に「本日はありがとうございました」って、ゆーちゃんのアナウンスは入らないか(笑)
 さて、アンケートを書くか。こういうのは、書いてあげるのが客としての使命である。しかし、ペンがない。マジックならあるんだけど(笑) 確か受付に用意してあったはずなので、取りに行く。
 途中、出口脇に立っていた貞方さんと遭遇。
「今日は楽しかったです(^^)」
 受付でペンを借りて、出口そばの丸テーブルでアンケート用紙に記入する。なんか、かーしまさんたちもやってきた(^^;
 目当てのタレント……これは、ゆーちゃんと美奈子さんだな。
 歌ってほしい歌……は、ゆーちゃんに「ラブ・コネクション」。「My Friends」も捨てがたいが(笑)
 感想は後回しにして、名前など。ハンドルネーム(笑) メールアドレスは短くて楽だなあ(笑)
 最後に感想を殴り書き。つい、裏にまで書いちまったい。しかも、下らないことをつらつらと(^^;
 受付に提出して、さようなら〜。

 表に出ると、やっぱりすでに出待ち組が結構な人数(^^;
 我らは、前回と同じく、隣の東京電力前の広くなっているところに陣取ることにした。TAKE OFF7 の前だと1階のバイクショップの邪魔。てゆーか、道路だから車に轢かれる(^^;
 みんな、さっさとカメラの準備を始めている。は、早いなぁ(^^; 私もいそいそと準備(笑)
 割と早くに、美奈子様とりあすちゃんが降りてきた。そのすぐ後にゆーちゃん。
「ゆーちゃ〜ん!」
 大声で呼んで、手を振る(笑)
 美奈子様が、「あっちに行ってあげなよ」というようなことを多分、ゆーちゃんに言っていた。
 が、その前に。ゆーちゃん、年配の女性と2人で何やらお話。お母様かな?
 そして、ようやく我らのもとへ!(笑)
 ……の前に(^^;
 道路で待っていたは〜んさんに捕まるゆーちゃん。その手から逃れたかと思ったら、今度はつださんが花束攻撃っ! ええ〜いっ! そんなことはこっちでやらんかい!!(笑)
 そこで、ふと気付いたら、すぐ目の前にのりりんがいたりして、びっくり(^^;
 というわけで、やっと我らのもとに……来る前に(^^;
「またげるかな?(^^;」
 東京電力敷地前に張られたチェーンロープ。そんなに高いわけではないんだけど、ゆーちゃん、大きい鞄を肩から下げてるしねぇ。
 というわけで、大きな鞄を持ってあげて、何とかまたぐゆーちゃん。
 これでよーやく、ようこそゆーちゃん!
 が、すぐに塀際へと寄っていくゆーちゃん。すると、なし崩しの内に撮影会が始まってしまった(^^;
「えっ、もう撮影会ですか?」
 思わずそう言ってしまい、自分がそれを推進してたような気もしますが(^^;
 視線を貰って数枚撮影。
 その後は、サイン会になだれ込み。うむむむむ、某L社時代は握手もしてくれなかったゆーちゃんが、路上でサインとはなぁ(^^; とか思いながら、貰ってる自分も自分だが(笑)
 スケブや「カビ(仮)」、ツインテール3、DMハガキなど、皆さん書いてもらうものはマチマチ。でも、しっかりとペンは用意してきてるのね(笑)
 いしださんのときに、ゆーちゃん、サイン失敗(笑) まだ書き慣れてないらしく、昔のものを書こうとしてしまったらしい(^^; しかし、それでも無理矢理続けてみたのだが、またまた失敗してしまい、結局×印をつけて横に書き直すことに(笑)
 かくいう私は、公録のときに写してもらった2ショット写真にサインを貰う。ちっゃかり2Lに引き伸ばしてあるし(笑)
「あ、これいただけるんですか?」
 台座用に一緒に渡した同人誌「ネコ・サル・バナナ(仮)」だが、ご名答。
「はい、あげますー」
 なんか機会がなくて、ゆーちゃんにはあげていなかったんだよなぁ。
「好きな色でどーぞ」
 差し出すペンは、ここに来る前に買っておいたユニポスカ。水色、黄緑、ピンクの3色だ。
「じゃあ、水色でー」
 うむ、予想通り(笑)
 そういえば、貞方さんが「社長、そろそろ……」とか言いながら、急かしていたなぁ。そうか、社長か……(笑)

 それにしても、もう時間か。他の人に挨拶くらいはしておこう。
 というわけで、人気者ゆーちゃんとの会話もほとんどないままに、他のタレントさんを探す。
 最初に発見したのは、チェーンロープのすぐ前でファンに囲まれていたのりりん。
「写真1枚いいですかー?」
「あ、はい、どうぞー」
 といわれたのでカメラを構えたら、ちょっとびっくりしていた(^^; やっぱ、前回は一眼レフ持ってきてた奴はいなかったもんなぁ(^^; 今回は妙に多いけど(*15)
 とりあえず1枚撮る。横でかーしまさんも撮っていた。
 しかし、1枚じゃ満足できなかったのでもう1枚撮ろうと思ったら、かーしまさんがサイン会モードに突入していた(^^; ちっ、別の人を探すか……。
 というわけで、道路の脇でマネージャーさん(?)と一緒に立っているりあすちゃんを発見。暇そう(^^;
「りあすちゃん、1枚写真いいですか?」
「はいっ」
 嬉しそうに頷くりあすちゃん。可愛いなぁ(^^)
 パチリ、と1枚写し、
「ありがとうございます〜(^^) あと、サインもいいですか?」
「はい〜(^^)」
 やっぱり嬉しそう(^^)
「ちょっと待ってね……」
 用意していた色紙を取り出して渡し、
「何色がいい?」
 ゆーちゃんと同じく3色のユニポスカを示す。
「これ」
 りあすちゃんが引き抜いたのはピンク。うんうん、女の子らしくて可愛いねぇ(^^)(*16)
 りあすちゃんが色紙にペンを走らせるのを見て、
「ちょっと細かったかも(^^;」
 色紙に書くには、ユニポスカ(細)では、ちょっと役不足だったようだが、
「うふふ(^^)」
 まあ、(身体の)線の細いりあすちゃんらしくていいだろう(^^;
「お名前は?」
「あ、“けーくん”でお願いしますー」
 名前と日付も入れてもらい、色紙完成!
「ありがとうございますー(^^)」
 色紙を受け取ると、両手をこちらに差し出してくるりあすちゃん。
「?」
 一瞬何かと思って、りあすちゃんの顔に視線を巡らせると、ニコッ(^^)
 返ってきた、ちょっぴり小首を傾げながらの笑みに、すぐに思い至った。どうやら握手してくれるらしい。タレントの方から握手を求めてきてくれるなんて嬉しいねぇ(T^T) 色紙をわきに挟んで、もちろんこちらも両手で応じる。ちっちゃくてやあらかいお手々でした(^^)

 その後、タレント全員が道路脇のガードレールそばへと集まってくる。
 由紀さんとりあすちゃんが2人で並んでいるところを撮ってみる。由紀さん、かじゅくん製作のりんごライトがいたくお気に入りのようだ。
 ツーショットダメ人間のさっとんさんが、美奈子様とゆーちゃんを両手に花状態で写真を撮ろうとしていたので、邪魔してみる(笑)
 さて、本当にもう引き上げてしまうらしい。
 むむ。フィルムが余っているっ。消化しよう。誰を撮ろうかな……りあすちゃんだな(笑) というわけで、残りフィルム数枚をりあすちゃんに消化。それでも2枚撮り残してしまったが、まあいいか。
「おつかれさまでした〜」
 皆さんに声をかけ、やっぱり最後を歩いているゆーちゃんに、
「ゆーちゃん、ばいばーい!」
 手を振った。返ってくる笑顔。
 こうして、「GALACTIC LIVE 聚楽4」は本当に幕を降ろしたのである。

 余談。
 その後、愛美ちゃん、かーしまさん、さっとんさん、つださんとの5人で、昼間から飲み会に突入。
 つださんは大ジョッキを余し、さっとんさんは潰れた。思わず、その腕に「2ショットダメ人間」とマジックで落書きしてしまう(笑)(*17)
 こうして、SHOWMAN'Sを肴にしながら、陽は落ちていくのであった。

 さらに余談。
 それと同じ頃(?)、別の場所。
 美奈子様と由紀さんは酔い潰れ、のりりんとゆーちゃんはひたすら飲み比べていたらしい。

*1: 土屋亜有子ちゃんだったらしい。
*2: その前に、Battle2と3が待ってますが(^^;
*3: 本放送を聴いている。
*4: 何かの違反で逮捕するために、追っかけているらしい。
*5: 白を基調ととした、半袖ミニスカートにキャップ。赤がアクセント。
*6: 暗くて見つけられなかったのかな。
*7: ここで男性2人はピザ箱をお土産に退場。その中身は出演者のサインである。
*8: 迷言?(笑)
*9: アレ、正式名称はなんて言うんだろ?(^^; あの、ほら、体育の先生がよく持ってる奴(笑)
*10: それぞれ、各タレントに関連した問題でしたねー。
*11: リハーサルでミナコ様が答えたらしいが、貞方さんに却下されたらしい(^^; やはりレアすぎるか(^^;;
*12: エースと年齢が、どういう関係があるんだ?(^^;
*13: 先押しはイエローサブマリンからのネタらしい。
*14: 由紀さん談(笑)
*15: その全てが内輪だし(^^;;
*16: まるでゆーちゃんが女の子らしくないみたいだ(^^;
*17: 実行犯は私だが、計画犯はかーしまさんだ(笑)