イベント参加リスト(2005年05月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
スクールAP2サンプリング in 大塚愛コンサート【概略】

日時:2005/05/27(金) 21:00
場所:札幌市民会館(札幌)

出演:Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/上石佳奈美/田村莉菜

スクールAP2サンプリング in 大塚愛コンサート【記録】

 註・これはイベントではありません(笑)
 近所のスポーツジムを20時20分頃に上がったので、せっかくなので大塚愛コンサートの現場に行ってみた。大通り挟んですぐそばだし。
 すると、地下鉄の出口のそばにいましたよ。岩ちゃん(*1)と、AP2スクール生は・・・MoKePiの6人か。明後日が女祭りだし、宣伝しに来るだろうと思ってたんだよね〜。
 まずはごあいさつ。「背広姿、初めて見ました〜」とか言われたが、サラリーマンのコスプレです(笑) てゆーか、あおちゃんとかちさきちゃんとかは高校の制服のブレザー姿だったのだが、可愛すぎ(^-^)
 まあ、しかし、私がここにいたからって何をするでもなく(^-^;、岩ちゃんがフライヤー配りの段取りを説明してるのを横で聞いてたり、MoKePiの6人の会話が面白くて微笑んでいたりしただけだけど。ガッつくのは明後日の本番まで取っておきます(笑)
 21時直前になってようやく終演したらしく、客が出てきたので、6人はフライヤー配りに奔走。私はといえば、近くにいても邪魔になるだけだろうし、こっそりとあおちゃんとけろっぴの荷物番をしてたつもり(笑)
 それにしても、フライヤーは結構受け取って貰えないもんなんだねえ。私なんか、可愛い女の子が配ってるものなら、何だって受け取っちゃうけど(笑) それでも結構がんばってて、チケットも割と売れていたもよう。
 そーいえば、途中からTtrの上石佳奈美ちゃんと田村莉菜ちゃんがやってきて、岩ちゃんに手伝わされていたかな? Stepの根本香菜ちゃんもいたけど、彼女は中で見てた客?
 21時半を過ぎて客もいなくなったようなので、そろそろ撤収。去り行く紗彩ちゃんに「紗彩ちゃん、がんばれよー」と声を掛け、一緒にいたちょびに「ついでにちょびもがんばれよー(笑)」と言ったのは、ネタですよ、ネタ(笑) ちょびは、オチに使える気安さがあるんだよなあ。そーゆーところは好きです。向こうからは嫌われてるかもしれんけど(笑)
 そんなこんなでMoKePi6人と岩ちゃんを見送って、私も撤収〜。では女祭りで〜♪

*1: 一番最初に目についたのが岩ちゃんだった(^-^;
イエローグラスプレゼンツ LIVE女祭り vol.3【概略】

日時:2005/05/29(日) 12:30
場所:Bridge(札幌狸小路)

出演:Dejav[高林里奈/谷内英里佳/遠藤彩夏/谷川亜維/福井絵梨奈/田村絵里奈]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/越智春菜]/反橋夢妃/Step[根本香菜/勇崎香奈/上原ちさと]/AP2クラブ[砂子裕花/半澤優香/池崎絵里/内山桂]/Three table rose[寺島静香/上石佳奈美/田村莉菜]/砂利-ZYARI-[伏木信人/寺尾正高/後藤大輝/矢ノ目光明]/樽っこ[平野広司/竹村辰基]/リトマス紙[岩本和也/後藤大輝]/Style.[平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]
司会:イエローグラス[岩ちゃん/ピロシ]

イエローグラスプレゼンツ LIVE女祭り vol.3【曲目】

□第一部
--.寸劇「Dejav Honey」
01.キューティーハニー(倖田來未)/Dejav

ハロプロメドレー
02.ね〜え?(松浦亜弥)/MonKero
03.チュッ!夏パ〜ティ(三人祭)/Pink
04.恋をしちゃいました!(タンポポ)/セッ娘
05.奇跡の香りダンス。(松浦亜弥)/反橋夢妃 with Dejav

06.正義の味方はあてにならない(SMAP)/MoKePi[笠井琴美/畠山智妃/田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]

--.前説/イエローグラス

07.Ride on time(MAX)/セッ娘
08.BeaM(ZONE)/セッ娘
09.Tte! Oi!(オリジナル)/セッ娘
--.ショートコント/セッ娘

10.サンライズ(BENNIE K)/MonKero
11.笑顔日和(ZONE)/MonKero

12.大爆発NO.1(ZONE)/Pink
13.恋人は心の応援団(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/Pink
--.情けない話コーナー/Pink

14.FULL JUMP(愛内里菜)/畠山智妃 with Step
15.Bye&Thanks(Candy)/越智春菜
16.B.I.O(BoA)/AP2クラブ

コント対決
--.コント/笠村[笠井琴美/村田唯]
--.コント/辛口姉妹[千田容子/小野夏希/福井咲良/越智春菜]
--.コント/高ちゃん[高林里奈/福井咲良/岩本和也] with ピロシ

□第二部
17.ひとり(ゴスペラーズ)/笠井琴美・畠山智妃・半澤優香・池崎絵里
--.ダンスパフォーマンス/Dejav
18.Love Is Dreaming(MAX)/セッ娘

19.the SPEED STAR(安室奈美恵)/Dejav
20.only one flower(オリジナル)/Dejav
--.パラパラパフォーマンス/Dejav

21.farewell(島谷ひとみ)/Pink
22.フォーリン・ラブ♥(オリジナル)/Pink

23.万華鏡キラキラ(RYTHEM)/MonKero
24.A Whole New World(Peabo Bryson&Regina Belle)/MonKero
25.アイタイ(オリジナル)/MonKero

26.Delightful(鈴木亜美)/Three table rose

27.一雫(ZONE)/堀あおい
28.やさしいキスの見つけ方(島谷ひとみ)/村田唯
29.Escape(MISIA)/畠山智妃 with Step
30.I Will Always Love You(Whitney Houston)/笠井琴美

メドレー
31.Believe(Folder5)/女性陣全員
32.(THE BLUE HEARTS)/女性陣全員
33.ロマンス(PENICILLIN)/女性陣全員
34.(X JAPAN)/女性陣全員
35.みかんのうた(sex MACHINEGUNS)/ピロシ with 女性陣全員
36.One Night Carnival(氣志團)/女性陣全員

□ゲストコーナー
37.チェスト(ORANGE RANGE)/砂利-ZYARI-
38.freebird(SMAP)/樽っこ
--.フリートーク/リトマス紙
39.ココロオドル(nobodyknows+)/Style.
40.スマイル(オリジナル)/BLuck

イエローグラスプレゼンツ LIVE女祭り vol.3【記録】

□開演前
 ちょいと会場前にBridgeに寄り道しようとしたら、ちょうどけろっぴがBridgeに入っていくところだったので、荷物を託す。何の荷物かといえば、26日に誕生日だったDejavの亜維ちゃんへの誕生日プレゼント。それを他の女の子に託すってのも、私はひどい男だよなあ(笑) これで、けろっぴの誕生日に何もあげなかったら、ますますひどい男だな(^-^; えーと、けろっぴの誕生日はいつだったっけか・・・(*1)
 で、友人との待ち合わせ場所に移動していたら、サンクス前の交差点でセッ娘とタカリナと遭遇。こっちに気付いてくれたようで、通りすがりに挨拶。そのとき、一人きょとんとしてたのが多分セッ娘新メンバーの越智春菜ちゃんなんだろう。そりゃ、私の顔は知られてないわなあ(笑)

 その後、友人連中とモスバーガーでランチして、11時半過ぎにBridge前に移動。予約していたチケットを引き換え。
 開場予定時間の12時頃になってようやく整列が始まり、10分後くらいに地下のホールへと移動。そしたら今度は地下の受付前で待機。砂利の伏木君がオリジナルTシャツを売ろうとしていたようだが、よく見えなかったので詳細不明(^-^;

 そしてようやく開場。まあ、いつも通り舞台下手側に陣取る。
 しかし・・・客は結構入ってるのだが・・・男性客が少ない(^-^; 女性客は男が入ってからの入場なのだが、2列目からはもう女の子がいたりするし。今日は女祭りだよなあ(^-^;

□第一部〜オープニング
 開演はほぼ定刻だったか。
 まずは、前回の男祭りで好評だったのか、けろっぴによる面白場内アナウンス。今回はのっけから「興奮して下さい」といきなりウケに走っていたが、淡々とした喋り方がやはりいい。「超〜〜〜〜〜!!盛り上がって下さい」の「超」だけはやたらとテンション高かったけど(笑) あとは、「後ろの人が見えないかも、などという優しさは捨てて下さい」とか、「女性の方へ。冷たい目はしないで下さい・・・。私たちもがんばっています」とか(笑)
 そして、「それではまもなく・・・」開演です、と続くはずだったのだろうが、「きゃ〜〜〜!」と悲鳴。物語はここから急転直下の展開へ!(笑)
 「ひっひっひっ。女祭りは我々が乗っ取った!」というアヤシゲな声と共にステージに現れたのは、いつか見たショッカー戦闘員のコスプレをした二人組。・・・あれ? イエグラではないよなあ?
 「俺たち、ショッカー兄弟!」とまずは自己紹介。そして、ショッカー弟の「リトマス紙ってバレないかな?」との言葉に、ショッカー兄が「バカ! 名前を言うな!」とドツく。あぁ、なるほどねえ(笑)
 「女祭りより、男祭りをやっちゃおうぜ〜!」ということで、兄が「I don't look back」を歌い出すが、「アカペラかよ!」と弟からツッコミ。「しーでーもえむでーもなかった」らしい(笑)
 しかし、そこに「あなたたちの好きにはさせないわ!」と、デカレンジャー主題歌のBGMに乗って、新たなるコスプレ二人組登場! 戦隊ヒーロー風のピンクとホワイトだが・・・名前はセッ娘ピンクとセッ娘ホワイトらしいが・・・え、え〜と・・・中身、誰?(^-^; フルフェイスのマスクなのでよくわからなかったが、ホワイトが容子ちゃんでピンクが夏希ちゃんだったらしい。まあ、こんなチャレンジャーなことをするのは、この二人以外にいないか(笑) なんつーか・・・ここまで体張るセッ娘は尊敬に値するな(笑)
 そして、セッ娘ピンク&ホワイトvsショッカー兄弟のバトルが始まったのだが、結構マジメに殺陣をこなしてるのが面白ぇ(笑)←物凄く褒め言葉。でも、戦隊ヒーローのくせに、光線技でトドメ差しちゃダメだろう(笑) しかも、トドメ差せてなくて、逆に返り討ちにあってるし(^-^; なもんで、ショッカー兄弟は「ロコローション」を歌い出して、男祭り続行!?
 しかし! 世の中に悪の栄えたためし無し!! 「助けて、キューティハニー!」とセッ娘ピンク&ホワイトが振り絞った声に応えて、客席上手側にPinkの4人が登場! ・・・って、縛られて捕まってるんじゃん!(^-^; 「こうなると思って事前に捕まえておいたのさ!」と得意げなショッカー兄弟。Pinkも「助けてー!」なんて言ってる場合じゃないよ(^-^;
 セッ娘ピンク&ホワイトは倒れ、頼みの綱のPinkは捕まり、ついにおとずれてしまった、女祭り最大最悪の危機! このまま男祭りに乗っ取られてしまうのか!? 待て、次回!(嘘)
 だがしかし! 正義の味方は、いつもギリギリにやってくる!! 「待てーーー!!」とステージ上に響き渡る声。「この声は! デジャブハニー!!」とセッ娘ピンク&ホワイトの声が揃ったところで、「キューティーハニー」の曲と一緒にDejav登場。コスプレ軍団はこそこそ撤収(笑)
 さて、曲の方はというと、「あげあげ↑↑」じゃない!(笑) というのはさておき、いつもはPinkが歌っていたので「可愛い」というイメージだったが、もともとダンサブルな曲だけにDejavが歌うとカッコいいですな〜。次はセッ娘に歌ってみてほしいかも(笑)
 あと、前回はのっけからいきなり歌われて私のテンションも上がらなかったが、今回は寸劇が面白かったのでテンション上がってるぞ。きちんとハイハイコールも入れられましたよ(笑) そーいえば、Pinkのときはいつも2コーラスで終わってたけど、今回はフルコーラスだったよーな。

 そして、そのままハロプロメドレーに突入! 「ね〜え?」「チュッ!夏パ〜ティ」「恋をしちゃいました!」と盛り上がり系をMonKero→Pink→セッ娘と歌い継いでいき、締めはゆっき with Dejavで「奇跡の香りダンス。」。ぃゃぁ、Dejavがバックにいたせいもあってか、可愛いというよりカッコ良かったね〜! 歌い終わって、「私はこれで帰っちゃうけど」、え〜〜〜!、「女祭り、楽しんでいって下さいね!」。いつもながら挨拶は出来すぎ感ありあり(笑)
 続いて、MoKePiの6人がそれぞれ椅子を持ってきて、制服姿で登場! おお〜、可愛いねえ(^-^) ちさき、ちょび、あおがタイ無しセーラーで、けろっぴ、唯、紗彩がブレザー。めいめい椅子に座って本を読んだりお菓子を食べたり何が始まるかと思ったら、SMAPの「正義の味方はあてにならない」の前フリでした(笑) これも楽しかったねー。それぞれの見せ場がきちんとあったし。あと、けろっぴが前に来るたびに曲に合わせてぱちんと手を打ち合わせたり、後奏で椅子に座ってお菓子食べてたけろっぴに対して「腹減ったー。ちょーだーい」とか言ってたら、こっちにチョコを投げてくれたりとか(笑) 前回といい、MoKePiにハズレは無いな(*2)
 そして、曲が終わって、続いて流れ出したのがイエグラの登場ジングル。それを聞いたMoKePiの6人が、座ってた椅子をガタガタとぶちまけ出したのは笑った(笑)

 この時点ですでに始まってから30分経過しているが、ようやくイエグラ登場。普段はスーツで出てきている二人だが、今日は岩ちゃんが着てきたいジャケットがあったので「私服で」ということにしたら、ピロシは普段着で来てしまって、岩ちゃんはちょっと頭が痛いらしい(笑)
 さて、今回のライブは長いらしいが、その理由は「前回の男祭りはさっぱりと終わったんですけど、女祭りは長ければ長いほどいいと言われたので・・・」。すみません、犯人(*3)は私です(笑)
 それで今日は時間がないと言いながらも、ネタ見せはしっかりと(笑) 回ってる扇風機(*4)を指で止めるという、誰もが一度はやってみたくなるネタに岩ちゃんが挑戦。まずは割り箸を突っ込んで威力を確かめてみると、あっさりポキッ。そして、いざ本番・・・岩ちゃんが扇風機と対峙し、緊張の一瞬、静寂の時間・・・「ハイッ!」、掛け声と共に、ぽちっ。電源スイッチを押して、見事指一本で止めることに成功! おお〜〜〜〜〜っ!! 客席からは拍手喝采だったが、「ぃゃ、確かに指で止めたけど(^-^;」とピロシは納得いってないみたいだった(笑) まあ、この後、きちんと回ってる羽根に指突っ込んで止めてたけど、それはあまりに普通すぎるので略(笑)

□第一部〜セッ娘
 さて、歌に戻ると、まずはオーバーオール姿で登場のセッ娘コーナーから。2曲続けて明るく元気良く歌っていたが、元気良すぎたのか、2曲目の「BeaM」の途中で咲良ちゃんが振っていたスティックの先端の星(*5)が取れて、こっちに飛んできた(笑) 3曲目でもまだ使いそうだったので、MCのときに返したけど(笑)
 さて、MCではまず新メンバーの春菜ちゃんの紹介。夏希ちゃんが「セッ娘の一員として重要な質問があります」とか言い出すから何かと思ったら、「好きな食べ物は?」と来たもんだ(笑) そーいや、登場時にスクリーンに映った写真でもおにぎりを食べていたっけか(笑) ちなみに回答は「イチゴ」。可愛いねえ(^-^)
 そして、3曲目はついにセッ娘念願のオリジナル曲! おお〜、嬉しいねぇ(^-^) サビ部分を一緒に振り付けてほしいということで、その練習から。3パターンあって、最初の「手を上げよう」のときに、夏希ちゃんが「やらないとおなかこわしますよ」と脅したのは良し。しかし、次の「手を叩こう」のときには、「やらないと・・・」の続きが思いつかなくて詰まってしまい、容子ちゃんに「考えてから言って」と突っ込まれていた(笑) そして、3度目の正直「手を振ろう」では、「やらないと食当たりになりますよ」って、最初のおなかこわすと大差ないし(笑) 夏希ちゃん的には、なるのが嫌なことは腹痛しかないもよう(笑)
 で、オリジナル曲「Tte! Oi!(*6)」だが、楽しくて盛り上がれていい感じの曲。振り付けも面白いし。セッ娘らしくて、かなり好き(^-^)
 大盛り上がりで歌い終わった後はイエグラが出てきて、セッ娘の自己紹介。夏希ちゃんは「江別代表」らしい(笑) 咲良ちゃんは「この前17歳になって大人になったと思ったんですけど、今日遅刻してしまいました・・・」とだんだん声が消え入りそうに(^-^; ピロシ曰く「遅刻は文化ですから」(笑)
 そして、何故かここでショートコント。セッ娘は女祭りにおける砂利を目指すらしい(^-^; 夏希ちゃんが、「この星の一等賞になりたいの、コントで俺は!」と、「ピンポン」ネタで力強く宣言しちゃったし(笑)

☆眠れないよ、パート1
夏希「容子姉、容子姉。眠れないよ〜」
容子「もぅ、なつはいつまで経ってもお子ちゃまなんだからな〜。こういうときは羊の数を数えるといいんだよ。じゃあ、一緒に想像してみて」
夏希、想像してみる。
容子「羊が一匹・・・ジンギスカン。羊が二匹・・・ジンギスカン。羊が三匹・・・ジンギスカン! おいしい!!」
夏希「残酷すぎて、眠れないよ!」
 ちゃんちゃん。

☆眠れないよ、パート2
夏希「さくら〜、さくら〜。眠れないよ〜」
咲良「もぅ、なつはいつまで経っても16歳なんだから〜」
夏希「もうすぐ17歳だよ」
咲良「(それは無視して)そしたら、私が覚えた催眠術で眠らせてあげる。まず目をつぶって」
夏希、目をつぶる。
咲良「じゃあ、この5円玉をよーく見て」
夏希「・・・見えないよ!」
 ちゃんちゃん。

☆眠れないよ、パート3
春菜、煙草を吹かしてるポーズ。
夏希「(こわごわと)は、春菜・・・? ね、眠れないよ・・・」
春菜「もぅ、なつは男の子なんだからしっかりしなさい」
夏希「いや、女の子ですから・・・」
春菜「(それは無視して)そしたら、私が覚えた催眠術で眠らせてあげる。この5円玉をよーく見て」
夏希、よーく見る。
春菜「あなたはだんだん眠くな〜る。あなたはだんだん眠くな〜る」
夏希、ゆらゆらと催眠術にかかってる風。
春菜「では、私が3つ数えると、あなたは指揮者になります。3、2、1、ハイ!」 じゃんかじゃんかじゃんかじゃんか・・・。

 ちなみに、コントの間中、イエグラはステージの前でセッ娘のためにマイク持ち(笑) ピロシが「すっげー面白かった」と感想を告げたが、夏希ちゃんに「全然実感こもってないんですけど」と怒られていた(笑)

□第一部〜MonKero
 続いて、モンケロコーナー。・・・の前に、岩ちゃんがステージ前方の荷物をどかさせたのは何でかと思ったら、曲が始まったらステージの下からちさきちゃんが出てきた(笑) 「あれ? ケロがいな〜い」とか言いながらも一人で「サンライズ」の一番を歌い上げると、間奏でけろっぴが客席上手側から登場。抱き合って再会を喜ぶ(笑) そして、「水野君、水野く〜ん!」と呼んだピロシを背後に立たせて何をするのかと思ったら、ちさきちゃんが「最近食っちゃ寝食っちゃ寝でさあ」、けろっぴが「マジで? ウシみたいじゃん」、声を揃えて「パペットマペット」。って、ウシじゃないじゃん!(笑)
 曲が終わってMCでは、最近よく使っている挨拶から。「モンモンケロケロモンケロです。しつこいようですが、モンモンケロケロモンケロです。ウザいようですが、モンモンケロケロモンケロです!」。いいねえ、一度聞いたら忘れないインパクトだね(笑) でも、なんで3回目部分の動きが、Winkの「Heart on wave♪@淋しい熱帯魚」なのかが気になる(笑) あとは、ちょっと古い話題だが、体を張ってきた「ワルガキ」出演の話など。けろっぴの「テレビでマジ泣きしたけろっぴです」発言がちょっと可愛かった(笑)
 2曲目は、「皆さんに笑顔になって欲しくて」という前フリで、ZONEのラストシングル「笑顔日和」。ぃゃぁ、もともといい曲だと思うけど、モンケロが歌ってもいいねえ。モンケロは、RYTHEMカバーとかでしっかりとしたハーモニーを聴かせることも出来れば、こーゆーノリのいい曲も平然とこなすから凄いよなあ。
 歌い終わるとイエグラ登場。自己紹介をうながされたので「モンモンケロケロ」とやろうとしたら、「ユニット名はさっきしつこいくらいに言ってたから大丈夫(^-^;」と岩ちゃんに止められた(笑) それぞれ個人の自己紹介をしてほしかったらしい。
 というわけで、ちさきちゃんが先日カナダ留学をして帰国子女気分だということで、ちさきちゃんの喋る英語をけろっぴに聞き取らせて翻訳させるという無茶な展開に(笑) 「Long long ago. There were grandmother and grandfather.」とかなんとかを(*7)、「ワンモア?」「スローリー」を繰り返してようやく翻訳したけろっぴの答えは、「長いアゴの凄いお母さんと凄いお父さんがいました」。・・・え、え〜と、けろっぴが言うと、ボケなのかマジなのかさっぱり読めないところが怖い(^-^; しかし、その後は、「river」をレバーとか、「go to」が強盗とか、さすがにそこまでいくとネタだよなあ。最後はちょっと冗長感があったので、最初の一文だけでやめておいてもよかったかも。ぃゃ、けろっぴのボケっぷりは面白かったけど(笑) ちなみに、ピロシは駅前留学していたことがあるらしいが、けろっぴ以上のボケをかまして、けろっぴからさえも除け者にされていた(笑)

□第一部〜Pink
 続いて、Pinkコーナー。・・・の前に、「次はPinkです!」と紹介して退場したイエグラが、「ごめん、間違った(^-^;」と戻ってきた(笑) 2人はコピー用紙をつなげて作ったような幕を持ち出してきて、ステージを覆い隠すようにそれを広げる。そして、逆光で浮かび上がるPinkのシルエット。おおっ、手段はともかくとして(笑)(*8)、演出はカッコいいな。もっとも、映ったその影に触っていたら、岩ちゃんが「お触りは禁止です! セクハラですよ!」と注意していたのが、カッコよさよりもお笑い要素を高めていたけど(笑)
 「大爆発NO.1」のイントロと同時に幕が下りて、Pink登場! ちょびが歌もダンスも間違えまくってたなー。上手くなってるような気もしていたのだが、気のせいだろうか(笑)
 MCでは、まずは順番に自己紹介。衣装は色違いのストライプのTシャツにミニスカートだったか。唯ちゃん(青)→新人担当紗彩ちゃん(黄色)→変な動き担当ちょび(緑)→童顔担当あお(ピンク)、という流れで。
 そして、私が前もってネタを用意しておけと散々言っていたのが効いたのか違うのか、今回はネタを用意してがんばっていた(^-^) 「結婚したい相手」「恋人にしたい相手」「姉妹にしたい相手」「友達にしたい相手」「いとこにしたい相手」「ペットにしたい相手」をMoKePi+岩ちゃんで当てはめて、それぞれ発表。

☆あおちゃん
結婚→家庭的そうなのでちょび
恋人→可愛いので智妃ちゃん
姉妹→綺麗なので紗彩
友達→面白いので琴美ちゃん
いとこ→岩ちゃん
ペット→でかいので唯ちゃん(*9)

☆ちょび
結婚→しっかりしてるので智妃ちゃん
恋人→優しいので紗彩
姉妹→でっかい妹もいいと思うので唯ちゃん
友達→面白いので琴美ちゃん
いとこ→特に理由はないけど岩ちゃん
ペット→ちびなのであおちゃん

☆紗彩ちゃん
結婚→引っ張っていってくれそうなのであおちゃん
恋人→一緒にいて楽しいので唯ちゃん
姉妹→いつも私の世話をしてくれるのでちょびちゃん(*10)
友達→悩みとか聞いてくれそうなので智妃ちゃん
いとこ→岩ちゃん
ペット→一緒にいて楽しいので琴美ちゃん

☆唯ちゃん
結婚→家庭的なのでトモ(*11)
恋人→好きな人を大切にしそうなのであおちゃん
姉妹→可愛くて素直なので紗彩
友達→一緒に遊んでて楽しいので智妃
いとこ→特に意味がなく岩ちゃん
ペット→家にいたら癒されそうなので琴美

 岩ちゃん、いとこ率100%。そりゃあ、ここで出てくる予定もなかったのに、怒って飛び出してくるわ(笑) まあ、「はとこ」とか言われたピロシよりはマシかもしんないけど(笑) てゆーか、岩ちゃんが怒ったのはそこではなくて(*12)、ちょびとあおちゃんが自分の名前にハートマークをつけてくれなかったかららしいけど(笑)
 その後は「恋人は心の応援団」で盛り上がって、改めてイエグラが登場。自己紹介では、ちょびが短大のサークルでYOSAKOIに出るらしく、投票して下さいと客席にお願い。ちなみに岩ちゃんは、YOSAKOIは詐欺だと連呼していた(笑) 出場料とかが高いんだとか。
 そして、芸人ヒロシが消えない限りやるらしい、情けない話コーナー。唯ちゃんの「作り笑い、お願いします」とのお願いがちょっと切ない(^-^;
「村田です。最近知らない間に青タンが出来てるとです・・・」
「村田です。みんなに話してるつもりなのに、何故か独り言で終わってしまうとです・・・」
「あおです。私が好きになる女子プロレスラーは、次々に辞めてくとです・・・」
「あおです。温泉に行くと、必ず子供用の浴衣を渡されるとです・・・」
「ちょびです。この前、バスを乗り間違えて、知らない街に行ってしまったとです・・・」
「ちょびです。・・・忘れたんでいいです(^-^;」
「紗彩です。・・・もう限界です!」
 最後の紗彩ちゃんの言葉は、岩ちゃんも言ってたけど、Pinkにいるのがもう限界なのかと思ったよ(笑) 単にネタが思い浮かばなかっただけらしい。
 それにしても、後になって今さら気付いた感じなのだが、紗彩ちゃんがPinkに入っていても全然違和感なかったなー。選曲も私好みだったので、とてもいい感じ(^-^)

□第一部〜ソロ
 続いては、祭りでは初めてになるのかな?、ソロコーナー。
 まずはちさきちゃんがStepの3人を率いて、小樽でちょこっと歌って以来リクエストの多かった「FULL JUMP」を披露。ぃゃぁ、歌が上手いからバッチリ決まるね〜。Stepとの絡みもいい感じ。1コーラスだけなのが残念。
 越智さんは、セッ娘にはもったいないほどの歌唱力(笑) 緊張してたのか(*13)、慣れてないだけだったのか、ちょいと表情が硬かったのが残念。
 そして、第一部のソロコーナーも終わり、最後は、頑張って練習した末に急遽出演が決まったAP2クラブの「B.I.O」で締め。

□第一部〜笠村
 ・・・とか言ってたのに、まだコントコーナーがあるらしい(^-^;
 まずは、前回の男祭り終演後にちょこっと披露して前評判の高かった笠村から。前回は勢いだけに呑まれてしまったが、今回は落ち着いて見れたぞ(笑) ぃゃしかし、笠村のコントって文章で表現しづらいんだよなあ(^-^; ポイントは、変な方言と変な動きと変なダジャレ(笑)

☆ケンカ
「最近ちょうしこいてねぇ?」
「おめぇこそ」とケンカを始める二人。
 勢い余って村田の頭を叩いてしまった笠井。
「いってぇ! 村田んこぶ出来たべさ!」
「・・・ごめん笠井」
 二人揃って「せーの、笠村です」とキメポーズ。
 ・・・ダメだ! 書いても全然面白くねぇ!(^-^; 実物は面白いですので・・・。

☆酔っ払い
 いい気分に酔っ払って千鳥足の二人。
「ぃゃぁ、いい気分だな〜」
「そうだな〜」
「いつものキメポーズ、いっとく?」
「いっとく?」
「せーの、笠・・・あはははは(笑)」
「おめぇ、間違ってるぞ」
「ごめんごめん」
「せーの、笠・・・あはははは(笑)」
「おめぇこそ間違ってるぞ」
「ごめんごめん」
「せーの、笠・・・あはははは(笑)」
 ・・・しつこいようですが、やっぱり文章では書けないってばさ(^-^;
 ちなみに、今回の笠村のコントでは、このぐだぐだ感が一番好き(笑)

☆パンチングマシーン
 ゲーセンにいる二人。
「ねぇねぇ、あたし、パンチングマシーンでどれくらい出ると思う?」と村田に聞く笠井。
「んー、最高が120だから、100くらい?」
「最高が120? あたし、120狙うよ」、やる気まんまんの笠井。
「いくよ? きちんと見ててよ?」と村田にアピールする笠井。
「いいよ」、固唾を飲んで見守る村田。
「えいっ!」
「そっちかよ!」と、隣のマシンにパンチを繰り出した笠井に突っ込んだ村田だが、
「あ、120だ」
 二人揃って「せーの、笠村です」とキメポーズ。
 ・・・ウザいようですが(以下略)。ちなみに目標はアンガールズらしい。

□第一部〜辛口姉妹
 続くセッ娘による「辛口姉妹」は、辛口っつーか悪口だし(笑) まあ、台本を書いたのは岩ちゃんなんだろうけど。

☆辛口姉妹、パート1
夏希「容子姉、容子姉、やばいっす!」
容子「どうした、なつ?」
夏希「セッ娘の人気が・・・無いっす↓↓」
容子「・・・それは、現実的な悩みだな↓」
夏希「本気と書いて、マジやばいっす!」
容子「そんなにPinkがいいかあ!? 名前、Pinkだぞ? 歩くセクハラみたいな名前しやがってよ!」
夏希「容子姉、そんなこと言っちゃ、やばいっすよ!」
容子「うるさい!」
夏希、突き飛ばされる。
容子「Pinkの唯! なにが、“バス代ください、Pinkの唯です♥(物真似風)”だ! 私だって、岩見沢から片道810円、往復1620円かけて通ってるんだよ! “JR代ください、セッ娘の唯です♥(物真似風)”」
夏希「容子姉・・・、容子姉は唯じゃないっす」
容子「・・・いちにーさん、うるさいよ!」
夏希「容子姉・・・、“いちいち、うるさい”です。いちにーさんじゃ増えてますから」
容子「(それは無視して)Pinkのあお! お前は、ピンクか青か、どっちだーっ!」
夏希「容子姉・・・、あおっす」
容子「(それは無視して)Pinkのちょび! お前は、多いのかちょびなのか、はっきりしろーっ!」
夏希「容子姉・・・、それはキビしいっす」
容子「(それは無視して)そして、松井紗彩の裏切り者〜〜〜!!! 裏切り者〜〜!! 裏切り者〜!(エコー風)」
夏希「容子姉、笑えないっす〜〜〜!!! 笑えないっす〜〜!! 笑えないっす〜!(エコー風)」

☆辛口姉妹、パート2
容子「モンモンケロケロモンケロです・・・?(練習中)」
咲良「容子姉、容子姉、大変です!」
容子「どうした、さくら?」
咲良「セッ娘よりモンケロの方が歌がうまいと言われています!(*14)
容子「・・・そうか、事実だからな↓」
咲良「本気と書いて、かなりやばいっす!」
容子「・・・本気と書いた意味がないな。モンケロだろ? サルとカエルだぞ? もしかしたらキャラクターのサルとカエルを思い浮かべてるかもしれないけど、本物をよく思い浮かべてみろよ」
咲良「・・・(思い浮かべ中)・・・キモ〜い!」
容子「だろ? まず、智妃。あいつ、最近ナマイキにも、きゃな〜だに留学してきたらしいぞ」
咲良「帰国処女っすか?」
容子「そうそうそう、帰国処女。Hが盛んな海外に行ってきても、Hしないで処女・・・っておい! 帰国子女だよ! 日曜の昼間からシモはダメだよ!」
咲良「おっす! 勉強不足っす!」
容子「あと、・・・ギター美? ・・・三味線美?」
咲良「容子姉、琴美っす!」
容子「ああ、琴美、琴美。あいつの苗字知ってる? 笠井だよ? お前は一体何歳だ〜〜〜!!!」
咲良「容子姉、17歳っす!」
容子「・・・17歳・・・・ファイナルアンサー?」
咲良「・・・オーディエンス!」
容子「さあ、オーディエンスです。会場の皆さん、笠井琴美は17歳かどうか・・・っておい!」

☆辛口姉妹、パート3
容子、ヨーヨーをやっている。
春菜「ヨーヨー姉、ヨーヨー姉!」
容子「(ヨーヨーを叩きつけて)ばっきゃろ、新人! 私は容子姉だ!」
春菜「すいま千円(と千円札を差し出す)。ヨーヨーやってるからつい」
容子「ぷっ。すいま千円か、ハハハハハ。なかなかやるな新人。ところで、どうした?」
春菜「セッ娘のダンスって、・・・なんか微妙です」
容子「新人! ・・・言っていいことと悪いことがあるな↓」
春菜「すいま二千円!(と千円札2枚を差し出す) 私、Dejavのように踊りたいんです」
容子「デブになりたい?」
春菜「デブじゃなくてデジャブです」
容子「デジャブか。あんなユニットのどこがいいんだ? デフックとか、デアッパーの方が強いぞ。デジャブだぞ?」
春菜「そっかー。だったらセッ娘の方がいいです。すいま三千円!(と千円札3枚を差し出す)」
 ・・・でオチだっけ? 容子ちゃんがその三千円を叩きつけてた気もするが、それでも結局オチてない気がいるし(^-^; ちなみにその千円札はピロシが回収していたが、岩ちゃんのものだったらしい(笑)
 てゆーか、途中で容子ちゃんがセリフを飛ばしてしまったらしく、ちょっとぐだぐだになってたんだよねー(^-^; なんとか持ち直したのは春菜ちゃんのおかげかな。

□第一部〜高ちゃん
 高ちゃんは、セブンイレブンでバイトをしているタカリナ、咲良ちゃん、リトマス紙の和也君の3人による、勢いだけのコント。実際にバイトしてるだけあって、衣装の制服は本物だし。タカリナは名札までつけていた(笑)
 ちなみに、ユニット名の命名由来は、タカリナのことを岩ちゃんが「高ちゃん」と呼んでるからだそうな。

☆セブンイレブン
 セブンイレブンでバイトしている、高ちゃんの3人。
 その店に客として入ってきたピロシ。
「いらっしゃいませ、こんにちは!」
「いらっしゃいませ、こんにちは!」
「いらっしゃいませ、こんにちは!」
「おにぎりいかがですか?」
「お箸は必要ですか?」
「1000円からお預かり致します」
「ポイントカードはお持ちですか?」
「何名様でいらっしゃいますか!?」(*15)
「ただいま700円ご購入でくじが引けるキャンペーンを実施中です!」
「こちらがお釣りになります」
「お弁当は温めますか?」
 などなど、脈絡も何もない店内で使いそうな言葉を、3人でよってたかって怒涛の如くピロシに叩きつける3人。てゆーか、実際に詰め寄ってるし(笑)
「・・・ぃ、ぃぇ、もういいです(^-^;」
 その勢いに押されて、すごすごと帰っていくピロシだが、
「ありがとうございましたー!」
「ありがとうございましたー!」
「ありがとうございましたー!」
 最後まで挨拶は忘れないところでオチ(笑)

□第一部→休憩→第二部
 ここでコントユニットプリクラの当たるじゃんけん抽選会が行われたが、当たらなかったので略(笑)
 というわけで、これにて第一部終了。現在、14時10分。1時間半でようやく半分か(笑)
 今回は休憩時間を取るということなのでトイレに行こうとロビーに出たら、休憩時間になったことに気付いたちさきちゃんが慌てて楽屋に戻っていった(笑)
 再びホール内に戻ってくるとイエローグラスがフリートークをしていたが、「これはネタじゃなくて雑談だから、別に面白くなくてもいい」とか、身も蓋もないことを言っていた(笑)
 そして、2分ほど予定をオーバーしてしまったらしい14時22分から、第二部開幕。

□第二部〜オープニング
 第一部が盛り上がる曲を集めたのに対し、第二部はしっとりと魅せて聴かせるというコンセプトのようで、まずはモンケロとAP2クラブから半澤優香ちゃん、池崎絵里ちゃんのスーツ姿の4人による、ゴスペラーズの「ひとり」。もちろんアカペラ。ぅゎぁ、すげぇ・・・。カッコいい・・・。聞き惚れるしかない絶品。
 続いてDejavが、扇子、傘、帽子など小道具を用いたダンスで魅せてくれる。
 そして、セッ娘も負けじと「Love Is Dreaming」をカッコ良くスーツ姿で。どうしてもお茶らけてるようなイメージの強いセッ娘だが(笑)、こーゆーのも悪くないよなあ。たまに見ると意外性があって(笑)
 しかしまあ、ここのコーナー、こっそり出てきて、しっとり歌って、一礼もせずにさっくり帰るもんだから、拍手を入れるタイミングが掴めなかった(^-^;

□第二部〜Dejav
 続いて、ちゃっかり着替えてきているDejavコーナー。まずは「the SPEED STAR」をキメてMC。自己紹介では、「二階席元気〜!?」とか相変わらず亜維ちゃんが弾けていた。先日出演した「ワルガキ」で披露した研ナオコの顔真似は好評だったようで、研さんコールまでされて、ここでもやらされていた(笑) あと、えんなが頑張っていたかな。容子ちゃんと一緒にPOPTEENに写真がちっちゃく載ってるので、立ち読みしてとのこと(笑)
 そして、札幌初上陸の曲ということで何かと思ったら、オリジナルの「only one flower」だった(^-^; 確かに、小樽や東京・仙台では歌ったが、札幌ではまだ歌っていなかったっけか。
 歌い終わった後はイエグラが登場して、昔懐かしのパラパラを披露。練習してきたのか、みんな揃ってるのがすげぇ。ピロシともども、かなり感動した(^-^)
 最後は、どーゆー流れだったか亜維ちゃんがおばちゃんキャラにされて、「私、Dejavでは若い方ですよ!」と憤慨(笑) それで、メンバーがそれぞれ年齢を言っていったのだが、最後のタムエリが「あたし、3歳♪」とかましたボケに、亜維ちゃんが即座に「死ね!」と返したのには爆笑した(笑)

□第二部〜Pink
 Pinkの1曲目は「farewell」。今までも何回か歌った曲だが、今回初めてハモってみたらしい。え〜と・・・、見とれてて気付きませんでした(^-^;
 そして、イエグラがマイクスタンドを準備している間に、それぞれがPinkとしての夢について語る。
 あおちゃん。歌とダンスを上達させて、アイドルとして一番のユニットになりたい。
 唯ちゃん。Pinkにしかない空気を持ちたい。空気は、普段はあまり気にしてないけど、実はとても大事な存在なので、Pinkもそういうふうになりたい。
 紗彩ちゃん。Pinkを全国に知ってもらって、がんばってることを伝えたい。
 ちょび。街とか歩いてたら「あの子は輝いてるな」と思われるようなオーラを出したい。
 というわけで、唯ちゃん曰く「しんみりしたところで、もっとしんみりする歌」らしい(^-^;「フォーリン・ラブ♥」で締め。
 なぜか、イエグラとのトークとか、コントやパラパラなどのネタ披露は無し。

□第二部〜MonKero
 お次のモンケロは、モンケロ定番の「万華鏡キラキラ」からスタート。相変わらず癒されます。いいものは、何回聴いてもいいんだよなあ・・・。
 MCでは、ちさきちゃんが「私たちモンケロは、結成してから2年半経ちましたが、長いようで短い2年半でした・・・」とか言い出したので、思わず「解散?」とか突っ込んじゃったぞ(^-^; けろっぴから「っておい!」って突っ込み返されたけど(笑) 「まだまだお互いわからないことがあるので、新しい発見をしてこれからも成長していきたいと思います」というちさきちゃんの言葉をけろっぴが継いで、「そのためには、皆さんの声援とかのパワーが必要です。これからもよろしくお願いします」と締め。
 というわけで、成長を目指して新しいことに挑戦していきたいと考えたモンケロは、2曲目の「A Whole New World」でけろっぴが男声パートに挑戦。原曲は知らないけど、全然違和感なくハモってましたなー。やっぱりモンケロは歌が上手い。
 次の曲の準備のため、けろっぴはギターを取りに一旦退場。けろっぴ待ちの間、ピロシはマイクと椅子のセッティングを行い、岩ちゃんはちさきちゃんとの久々のクロストークで場をつなぐ。「智妃ちゃんは、最近どうですか?」「いい感じです」「順調ですか?」「全てが順調です」「僕とは正反対ですね↓↓ 幸せになるためのジンクスとか教えて下さい」「お風呂に入る」「ぃゃ、入ってますけどね(^-^;」「ぼーっとする」「あぁ! それは難しいですね」と、盛り上がってるんだか盛り下がってんだか、いまいち微妙(^-^; それもこれも、けろっぴがなかなか戻ってこないからなのだが(笑)、ギターを舞台袖に置いておかずに楽屋まで取りに戻った手際の悪さを岩ちゃんは怒っていた(^-^;
 そして、ようやくけろっぴが戻ってきて、曲はもちろん「アイタイ」。オケ入りバージョンは札幌初披露。ぃゃ、そう言われても実感はないけど(笑)

□第二部〜ソロ
 続いては、初出演となるTtrことThree table rose。ピロシが「Ttrって、昔似たような名前のユニットがいませんでしたっけ?」と言い出したが、「TTW.ea」のことだったもよう。
 曲は、佳奈美ちゃんがメインボーカルで「Delightful」。でもリーダーは最年少の静香ちゃんらしい。
 自己紹介では、莉菜ちゃんが「ティン、ティ、ティンティンティン、イヤァ〜!」となぜかイエグラポースをやってみたり、大好きだということでチュッパチャップスを客席に蒔いてみたり、なかなか面白かった(笑) 佳奈美ちゃんは、「かなあみ?」とか突っ込まれてるし(^-^; てゆーか、「みたらしだんご」「午後ティー」ってしりとりかよ!(笑)

 イエローグラスが出てきて、ここからソロコーナーである旨案内。
 まずは、あおちゃんの「一雫」。あー、今さら気付いたけど、あおちゃんの歌声って、すっげー優しい声だなあ・・・。1コーラスだったのが残念。
 唯ちゃんは「やさしいキスの見つけ方」。こっちは1ハーフに編集してあった? 歌以上に、振り付けというかダンスというか、その迫力が凄かった。見てて引き込まれるものがあった。間奏でじっくりダンスが見れたのがなおさらいい感じ。
 再び智妃 with Stepで「Escape」。実はちさきちゃんはダンスも上手いので安心して見てられますなー。ぃゃ、そんなにダンサブルな曲ではないけど、見ててカッコいい。
 けろっぴは白いドレス姿で登場。その姿には、思わず息を呑んでしまった。曲はいつかアカペラで披露したホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」。月並みな表現しか出来ないのが申し訳ないのだが、上手すぎの一言。揺らぐことのない歌声が素晴らしい。間奏では「私たちはおバカなこともしていますが、夢に向かって真剣にがんばっています。皆さんの応援で勇気やパワーをもらっています。今日はどうもありがとうございました」と語りも入れて、感動的名場面を演出。

□第二部〜エンディング
 けろっぴは着替えに行くため退場。イエグラが出てきて「次が最後の曲です」と告げると、当然のように客席から「え〜!」という声が上がったのだが、それに続いて客席後ろの女の子が「今来たばっかりー」と言ったのは笑った(笑)
 そして、岩ちゃんがステージに女の子を呼び入れるが、なかなか集まりが悪い(^-^; ちなみにそのとき、ドリフの全員集合の舞台転換のときの曲を岩ちゃんが口ずさんでいたのだが、「ちょびちょび」とか「岩内(出身の唯ちゃんが)来たよ」とか「あおは後ろじゃ見えないよ」とか適当に歌詞つけてるのが面白かった(笑) で、あおちゃんのちっちゃいつながりで「さっき3歳の子いたよね?」とタムエリが前に呼び出されたり(笑)
 けろっぴ以外が全員揃ったところで、岩ちゃんの提案により全員で「ことみ〜!」と呼び出してみるが、「まあ、着替え終わってないと、呼んでも来ないんですけどね(笑)」とお約束オチ(笑)
 というわけで、時間つなぎのために(笑)、岩ちゃんの不意打ち指名による今日の感想発表。
 あおちゃん。「ソロが久し振りで楽しかったです」。
 春菜ちゃん。「あんまり緊張しなかったけど・・・よかったです」。
 内山桂ちゃん。「普通に楽しかったです」。
 などなど、感動的な感想を待っていたらしい岩ちゃんは拍子抜け(笑)
 そして、「ただいまー」と、ようやく帰還したけろっぴにも感想を。「感動して陰で泣いてしまいました。今日はありがとうございました。楽しかったです!」。

 最後はメドレーでどばっと盛り上がり。そーいえば、今回に先だって以前も「最後の曲はドリフじゃないですよ」と言っていたような気がするが、そんなにトラウマになってるのだろーか(笑)
 というわけで、曲はロック系のメドレーだったが、ステージ上はぐちゃぐちゃのわやめちゃで物凄いことになっていた(笑) 「ロマンス」での「あ・げ・る!」とか、「紅」でのXジャンプとか、めっちゃ楽しかったけどね!(笑)
 「みかんのうた」だけはピロシがボーカルを務めたが、その直前に配られたみかんの皮を出演者からぶつけられていた(笑) ちなみに私はけろっぴから一房貰って食べてたり(^-^)
 最後の「One Night Carnival」のときには各ユニットが前に出てきて挨拶していたが、私のテンション上がりすぎてて、何が起きてたのかよく覚えてません(笑) とにかく楽しかったという記憶だけが残っている(笑)
 ところで、1曲目はFolder5の「Believe」だったのだが、前回Pinkが「STAY…」を歌ったときにこっそりリクエストしていたものが聞き入れられていたのだろうか(^-^) 次はちょっとマイナーになって「Final Fun-Boy」辺りを希望(笑)
 あと、セッ娘の「セ」は赤飯の「セ」、セッ娘の「ツ」は月見バーガーの「ツ」、セッ娘の「コ」はコアラのマーチの「コ」らしいです(笑)
 というわけで、女祭りは15時50分に終演・・・。床に散らばったみかんの皮の後片付けが大変(^-^;

□ゲストコーナー
 しかし、まだこの後に、ゲストの男性ユニット陣によるステージが続くのだが、こうもばっつり分けなくてもいいと思うんだけどねえ。女性陣の途中途中で挟んでいくとか、後半には持ってくるけど締めは女性陣によるメドレーにするとか。最後に持ってこられると、なんか締まらない(^-^; ぃゃ、男性ユニット目当ての女性客を引き止めさせるためだってのはわかるけど、演出が犠牲になってる気がするなあ。まあ、その辺の取捨選択こそが演出手腕なんだろうけど。
 というわけで、女の子客はこれを目当てに来てる人も多いんだろうし、途中から前の席を譲って、私は後ろの方でゆっくりと観戦。

 まずは砂利の「チェスト」から。寺尾君の要望なのか、ダンスを取り入れてみたらしいが、歌い終わった後藤君の第一声が「疲れた」なのはなんとも(笑)
 MCでは、自己紹介と、今後どうなりたいかの目標を一言ずつ。
 けろっぴ、唯ちゃんと同じ誕生日の伏木君。「砂利は、でっかくなって岩になりたいです」。って、客席からの声をパクっただけだし(笑)
 後藤君。「ケンカしないようにしたいです・・・」。
 声援がよく上がる矢ノ目っち。「チームワークを大切にしたいです」。
 なぜかやたらとテンションの低い寺尾君。「砂利でいる以上は・・・みんな踊ってほしい」。えーと、その後のMCについては、多くは語らず・・・。
 最後は客席参加で、手を合わせて「砂利砂利」で締め(笑)

 樽っこは、一昨日くらいに曲を決めて今日初めて歌った「freebird」。
 MCでは、「freebird」の歌詞カードをコピーした帰り道での運転中に警察官に呼び止められたとか、今日はさっきまで広司君の学校の運動会に行っていて玉入れをしてきたとか、とりとめのない話ではあるのだが相変わらず面白い。そして、長い(笑) 話の途中でイエグラが乱入してきたほど(笑)

 リトマス紙はオケが無かったとかで歌は無く、フリートーク。「顔はあるけど、合わせる顔がない」と、スタージの端で後ろを向いてぼそぼそと(笑)
 しかし、あっさりネタに詰まって、後藤君への質問コーナー。2階席(*16)の伏木君が、「大輝のサングラスは似合ってるんですか?」と質問。「ベリーグッドに似合ってる」とは本人談だが、客席に拍手を求めたところ、まばら(笑) それを和也君が「からくりTVの最後の問題で、会場の答えにならない方の拍手みたい」とマニアックに称していたのが笑えた(笑) そんな和也君は、ひげそりで眉毛を剃ったら薄くなってしまったらしいが、後藤君には「眉毛じゃなくてすね毛剃れよ」と突っ込まれていた(笑)
 その後は、時間が余ったからか、ショートコントを連発。「爆弾、ぼん」「ロケット、ぼん」「電子レンジ、チン」「エレベーター、チン」「シークレット、シークレット」「いいんじゃな〜い」とかとか、内容を書くのは放棄するが(笑)、岩ちゃんの評価は「すべりにすべってる。やりすぎはいけないんだって」であった(笑)

 Style.はやっぱり一昨日に決めたらしい「ココロオドル」。2番を歌うはずだったオカゲンが全然歌ってなかったので、結局ほとんど一人で歌うことになった広司君が「ジュースおごりだからな!」と怒っていた(笑) まあ、ついさっきパート割してること自体が問題のような気がするが(^-^; で、「打ち合わせが少ない」とか突っ込まれ、「原因、俺?」とキレたところで、岩ちゃんが「ケンカはしない!」と割り込み(笑) で、ごにょごにょあって(*17)、広司君が「俺もバカだけど、お前ら(客席)もバカだー!」と逆ギレしておしまい(笑)

 さっき来たばっかりらしいBLuckは、前回初披露したオリジナル曲第二弾「スマイル」をソツなく。リーダーの「カッコいいと思って帰って下さい」という曲振りがホントにカッコいい(笑)
 歌い終わって自己紹介。リーダーは篤海君に負けじと襟足を伸ばしているらしい(笑) 佐藤大ちゃんはダンス間違えたと自白していたが、そーゆーのは大抵お客さんは気づいてなかったりする(笑) 映画「最終兵器彼女」で男子高校生役(科白無し)を演じるみたっちが「撮影が6時までかかって大変」とこぼしたら、岩ちゃんは当然のように朝6時までだと思って同情していたのだが、実際は夜の6時だったらしく(^-^;

 そんなこんなで、16時半に全てのスケジュールが終了。最後が自己紹介で終わりなのも、なんか微妙だよなあ(^-^;

□交流会
 交流会の前に、いつも通りアンケート記入タイム。今回は「ぶっちゃけ顔が可愛いのは誰?」とかの設問があったのだが、こういう順位付けって悩むよなあ・・・。だって、みんな可愛いじゃん。困った困った。
 それでもなんとか仕上げて、交流会スタート。まずは、数人に写真を配って回る。お返しに手紙を貰ったり。
 その後は、この前誕生日だった亜維ちゃんを捕まえようとDejavのところへ行ったら、「けーくんじゃないですか! けーくんじゃないですか! けーくんじゃないですか!」と、Dejavの6人に声を揃えられたのだが、それって新手の嫌がらせですか?(笑)(*18) そして、亜維ちゃんにバースディ記念メッセージを書いてもらっている間、えんなに手紙貰ったお礼。タカリナは「年賀状もくれなかったしー」といぢめておく(笑)
 あとは、セッ娘と唯ちゃんを褒め回ったくらいかな。てゆーか、唯ちゃんには「どうでしたか!?」と積極的に聞かれたし(笑) とても良かったです!!
 この後バイトだという亜維ちゃんが帰りそうだったので、先に表に出て出待ち。そのとき受付でCD物販していたMoKePiにCD購入を勧められたのだが、あっさりスルーして出ていった私は悪人です(笑)
 そして、出てきた亜維ちゃんとえんなを何枚か撮影させてもらう。中でも一応撮ったけど、暗すぎてダメなんだよねえ。フラッシュを使った写真は嫌いなもんで。
 というわけで、2人の出待ちも終わったところで、再度中へ。どーゆー流れだったのかは忘れたが、広司君がステージ上でズボンを脱いでパンツを見せていた(笑) ぃゃ、「見せてみろ」とか言ったのは私だったような気もするが(^-^;
 最後は、先ほどスルーした物販コーナーで、CD1枚お買い上げ。ポスターにサインをいただいて、今日はおつかれさまでした。

 しかし、女祭りはまだ終わらない。イベントは家に帰るまでがイベントです(笑)
 再び出待ち。男の子チームはきたえ〜るでやっているKAT-TUNのライブにフライヤー配りに行くらしく、岩ちゃんともどもとっとと撤収。
 女の子チームは、ちょびが出てきてさっくり帰って、あおちゃん、ちさきちゃん、紗彩ちゃんが出てきて誰かを待ってて、セッ娘が出てきて帰って、タカリナと谷えりが出てきてベンチに座って休んでいて、彩夏ちゃんと静香ちゃんとけろっぴが出てきてあおちゃんたちと合流して帰って、最後にタカリナと谷えりが帰ったんだっけかな。他の人は見てない・・・ぃゃ、私がセッ娘に遊んで貰っている間に、佳奈美ちゃんと莉菜ちゃんは見かけたな。唯ちゃんはもちらっと見かけた。
 まあ、そんな中を私はあっちに行ったりこっちに来たり(笑) 彩夏ちゃんには「よく見ると可愛いよね」とか言って怒られてみたり(^-^; 静香ちゃんとは初接触で名前をよく覚えてなかったので「何だか静香ちゃんだよね?」と聞いてしまったのだが、やっぱり失礼だっただろーか(^-^; まあ、下の名前だけ覚えてる辺りは私っぽいのだが(笑) あとは、あおちゃんが帰るとき、こっちがカメラを向けている間はずっと振り返り続けてくれていたことに、ありがたいながらも笑ってしまった(笑) いつも美人だとよく言われているらしい(笑)谷えりは、話しかけたときのレスポンスが面白いんだよなあ。タカリナはいじると面白い(笑)
 というわけで、お相手して下さった皆さん、ありがとうございました。女祭り本編は言うに及ばず、最後までとても楽しかったです(^-^) これからも楽しみにしてますよー♪

*1: 確か唯ちゃんと同じ日だよな。そーいえば、誰か男性生徒も同じ日だったような・・・。というわけで、7月12日でした。
*2: とか書くと、それぞれのユニットのときにはハズレがあるような感じだな(笑)
*3: の一人。
*4: もちろんフード無し。
*5: かと思っていたら、桜の花びらをかたどったものだったらしい。咲良だけに?(笑)
*6: ローマ字表記は読みづらいが(^-^;、後に作成されたセッ娘Tシャツの表記は「…っておい!!!」。
*7: 私も英語はかなり弱いのでアヤシイ(^-^;
*8: ぃゃ、低予算でがんばっているのは、好感が持てますよ?
*9: 唯ちゃん曰く「嬉しくないですね〜」。
*10: ちょびにちゃん付けは初めて聞いたよーな。
*11: 「みんなはちょびって呼びますけど、トモって呼ぶのは私だけなんですよね」
*12: ネタに怒ってもしょうがない。
*13: 後のMCでは「緊張してない」って言ってたけど(^-^;
*14: 敬礼ポーズが可愛い
*15: セブンイレブンで「何名様」は無いだろう、とイエグラがウケていた(笑)
*16: (c)亜維ちゃん
*17: 隠してるわけじゃなく、忘れた(笑)
*18: かなり面白かったけど(笑)