イベント参加リスト(2006年10月)
最終更新日:2022/01/09 22:12
スウィーツ&フルーツフェスタ2006【概略】

日時:2006/10/01(日) 12:00
場所:サッポロファクトリー アトリウム(札幌)

出演:MonKero[笠井琴美/畠山智妃]

スウィーツ&フルーツフェスタ2006【曲目】

01.(オリジナル)/MonKero
02.A Whole New World(Peabo Bryson&Regina Belle)/MonKero
03.二人乗り(オリジナル)/MonKero

スウィーツ&フルーツフェスタ2006【記録】

 司会のお姉さんの話が押して(笑)、12時5分頃MonKeroが「こんにちは〜!」と元気良く登場。衣装は、最近お馴染みの黒衣装。
 まずは、「唄」と「A Whole New World」を歌ってMC。自己紹介に続いて、今日はスウィーツ&フルーツフェスタ2006ということで、けろっぴが早速「食べた?」と切り出す。なんか2人でやたらと食べていたようで、次から次へとケーキの名前を上げ、とどのつまり「全部おいしかったよ(笑)」と(笑) また、智妃ちゃんは、今日11時集合だったのにもっと早く来て、昨日買えなかったリンゴと洋ナシを朝一でリベンジ購入したという逸話も(笑) そこから、「皆さんも早く買わないと売り切れちゃいますよ」とうまく宣伝していた(笑)
 そして最後は「二人乗り」を歌って終了。15分だけで終了というのは寂しいなあ。
 その後は物販してるところを軽くお話して撤収。

芸王(ゲイワン)グランプリ☆ダンスコンテスト2006 北海道地区大会【概略】

日時:2006/10/01(日) 13:00
場所:JRタワースクエア(札幌)

出演:ERICHANZ[中野亜美/豊島摩耶/川上優理香/川上莉弥/川上朱莉杏/筒渕美羽]/R×G×B[菊池あゆみ/川上莉弥/工藤希/三浦透子/梅澤詩音/松原萌李/中野亜美/豊島摩耶]/他

プレBACKEN RECORD vol.16 in GOLDEN MARKET【概略】

日時:2006/10/07(土) 10:30
場所:つどーむ(札幌)

出演:baby's6/伊藤かれん/まりっはやっ/CHARMMY/佐藤眞瑚/大橋かれん/吉川奏音/萌花/ゆめこい/MARIA/田代ふみや/佐々木星月/橋本真里/りのまい/あにゃも/キューティーガールズ/杉森ちふみ/MIU/兼子みなみwith萌花&もみじ/高橋すみか/及川綾乃/西村笑花/Brown Pink/柴田夢菜/MIZUKI/ビー玉/重信愛美/藤田知美/庄山美里/モカアヤ探検隊/さやかとともみ/エクステンション/上口藤子/西田友美/F☆Tドラゴン/二本柳和哉/中川宇紀子/小林けんき/中西マリン翔/SAMURAI RIDERS(*1)

SAPPORO FIGHT LIVE Vol.13【概略】

日時:2006/10/07(土) 13:00
場所:nORBESA 3Fイベントスペース(札幌)

出演:TearDROPS[徳田公華/久慈沙也伽/八木アリサ]/Super Dancers/たまみん[夏野瑶未]/田中量子/萌花/二本柳和哉/中川宇紀子/東谷悠子/兼子みなみwith萌花&もみじ/中西マリン翔/SAMURAI RIDERS[YUYA/HIROHITO/MASATAKA]

SAPPORO FIGHT LIVE Vol.13【曲目】

01.ZETTAI(PARADISE GO!! GO!!)/TearDROPS
02.タッチ(ユンナ)/徳田公華
03.みえないストーリー(岸本早未)/八木アリサ
04.ダンスパフォーマンス/Super Dancers
05.ムーンライト伝説(DALI)/たまみん
06.In My Room(宇多田ヒカル)(*2)/田中量子
07.渚のハイカラ人魚(小泉今日子)/萌花(函館校)
08.さそり座の女(美川憲一)/二本柳和哉(函館校)
09.This Love(アンジェラ・アキ)/中川宇紀子(函館校)
10.Only Human(K)/東谷悠子(函館校)
11.BLUE BIRD(浜崎あゆみ)/兼子みなみwith萌花&もみじ(函館校)
12.ひとり(中島美嘉)/田中量子
13.So in Vain(CHEMISTRY)/中西マリン翔
14.ダンスパフォーマンス/SAMURAI RIDERS

*1: と告知されていたが、合ってるかどうかは未確認(^-^;
*2: 編集したカット部分の方が流されてしまったらしい(^-^;
プレBACKEN RECORD vol.16 in GOLDEN MARKET【概略】

日時:2006/10/08(日) 10:30
場所:つどーむ(札幌)

出演:Black Idol Chocorat's/SAMURAI RIDERS/TearDROPS jr/japs/MIYU&KEIKA/村上竜太/柳田有美/畠山彩香/猫娘&食の天使/新藤さやか/唐原りな/野口桂香/菅原愛莉/W32A/寺林もか/GO AHEADE/森美幸/松川友姫/東谷悠子/竜と由美/劇団ひめわり(*1)

*1: と告知されていたが、合ってるかどうかは未確認(^-^;
SAPPORO FIGHT LIVE Vol.14【概略】

日時:2006/10/14(土) 13:00
場所:nORBESA 3Fイベントスペース(札幌)

出演:Black Idol Chocorat's[百刈杏/柴田夢菜/唐原理菜]/Black Idol Chocorat's jr[佐藤優衣/横山奈央/筒渕美羽]/TearDROPS[久慈沙也伽/菅笑梨]/TearDROPS jr[中谷桃花/伊藤楓恋]/たまみん[夏野瑶未]/吉井奏音/上口藤子/西村笑花/japs[堂谷匠/森田優基/中西マリン翔]/SAMURAI RIDERS[YUYA/MASATAKA]

SAPPORO FIGHT LIVE Vol.14【曲目】

01.まっさらブルージーンズ(℃-ute)/Black Idol Chocorat's+Black Idol Chocorat's jr
02.わっきゃない(Z)(℃-ute)/Black Idol Chocorat's
03.like the wind(SEED)/TearDROPS
04.ちゅう(GTP)/久慈沙也伽
05.JET!!!(DREAMS COME TRUE)/菅笑梨
06.ZETTAI(PARADISE GO!! GO!!)/TearDROPS
07.バレンタイン・キッス(国生さゆり)/TearDROPS jr
08.恋のミクル伝説(後藤邑子)/伊藤楓恋
09.亜麻色の髪の乙女(島谷ひとみ)/中谷桃花
10.大きな愛でもてなして(℃-ute)/TearDROPS jr
11.ムーンライト伝説(DALI)/たまみん
12.ドキドキ(JUDY AND MARY)/吉井奏音
13.スイミー(Every Little Thing)/上口藤子
14.線香花火(オリジナル)/西村笑花
15.シスター(ポルノグラフィティ)/中西マリン翔
--.挨拶/堂谷匠
16.No.1(槇原敬之)/森田優基
17.Deluxe Encounter(エイジアエンジニア)/japs
18.Sup wassup!!(w-inds.)/SAMURAI RIDERS

スクールAP2 LIVE男・女祭りSPECIAL-2-&LIVE BLuck【概略】

日時:2006/10/14(土) 15:45
場所:Zepp Sapporo(札幌)

出演:BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/平野広司]/Pink[田中知世/堀あおい/子出藤理恵/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Lip[千田容子/笠井琴美/畠山智妃/福井咲良]/ARCH BOYz[矢ノ目光明/寺尾正高/古宮亮輔/恒本寛之]/Lovin'[中山怜香/池田百花/樋口彩乃]/CAT's[越智春菜/赤田悠乃/富樫奈央]/Queen[谷内英里佳/勇崎香奈/村田唯]/ベストプレイス[池崎絵里/半澤優香]/AP2クラブ[石川葵/永澤縁/白川穂波/志摩南美]/ONE[田村莉菜/中鉢真衣/林友貴奈]/Daze[上原ちさと/寺島静香/櫻井仁未]/上石佳奈美/中川美弥/福井絵梨奈/谷川亜維
ゲスト:Rayca
司会:岩野祐二

スクールAP2 LIVE男・女祭りSPECIAL-2-&LIVE BLuck【曲目】

□第一部
01.OPENING DANCE/ALL MEMBERS
02.恋のつぼみ(倖田來未)/笠井琴美
03.希望の彼方へ(オリジナル)/BLuck
04.Fly away(オリジナル)/BLuck
05.好きすぎて バカみたい(DEF.DIVA)/チビディバ(田中知世・堀あおい・池田百花・樋口彩乃)
06.The 美学(松浦亜弥)/子出藤理恵&BDS
07.オンナのコ♥オトコのコ(小倉優子)/伊藤里紗
08.ココロのちず(BOYSTYLE)/山上綾加
09.七色の明日〜brand new beat〜(BoA)/池田百花&BDS
10.ここにいるぜぇ!(モーニング娘。)/AP2クラブ
11.スカート、ひらり(AKB48)/AP2クラブ
12.With your smile(倖田來未)/AP2クラブ
13.手を握って歩きたい(後藤真希)/松井紗彩
14.Body&Soul(SPEED)/ONE
15.Next To You(melody.)/ONE
16.Letter(オリジナル)/ONE
17.Birthday Eve(倖田來未)/田中知世
18.Brilliant Dream(中川翔子)/CAT's
19.stand up(オリジナル)/CAT's
20.Look for…(オリジナル)/Lovin'
21.Eventful(鈴木亜美)/谷内英里佳&BDS
22.K.I.T(MISIA)/千田容子
23.GLAMOROUS SKY(NANA starring MIKA NAKASHIMA)/福井咲良
24.VALENTI(BoA)/Daze
25.Without me(SUITE CHIC)/Daze
26.市場に行こう(島谷ひとみ)/Queen
27.HIT ON(小柳ゆき)/Queen
28.Depend on you(浜崎あゆみ)/越智春菜&BDS
29.Pivot(SHAKALABBITS)/上石佳奈美
30.Everybody(オリジナル)/上石佳奈美
31.Bomb A Head!(m.c.A・T)/チビディバ(田中知世・堀あおい・池田百花・樋口彩乃)
32.LA・LA・LA LOVE SONG(BoA w/z SOUL'd OUT )/ベストプレイス
33.愛情(小柳ゆき)/ベストプレイス
34.imagine(MINMI)/Lip
35.Rock With You(BoA)/Lip
36.always love(MAX)/Lip
37.no give up(オリジナル)/Lip
38.個人授業(misono)/樋口彩乃

□ゲストステージ
01.オウエンカ(オリジナル)/Rayca
02.Do for love〜あふれる想い〜(オリジナル)/Rayca

□第二部
01.DANCE/美弥と咲良
02.Sandcastles(EXILE)/ARCH BOYz
03.Eastern Boyz'N Eastern Girlz(EXILE)/ARCH BOYz
04.PIECES OF A DREAM(CHEMISTRY)/ARCH BOYz
05.人魚姫(倖田來未)/村田唯
06.(柴咲コウ)/村田唯
07.mf(メゾフォルテ)(オリジナル)/村田唯
08.ピエロ(上木彩矢)/中山怜香&BDS
09.Rain(オリジナル)/中山怜香
10.My Heart Will Go On〜タイタニック・愛のテーマ〜(セリーヌ・ディオン)/中山怜香
11.恋のマイレージ(RAG FAIR)/MonKero
12.長い間(Kiroro)/MonKero
13.二人乗り(オリジナル)/MonKero
14.キューティーハニー(倖田來未)/Pink
15.浮気なハニーパイ(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))/Pink
16.happiness(オリジナル)/Pink
17.愛のちから(オリジナル)/Pink
18.もらい泣き(一青窈)/畠山智妃
19.さくらんぼ(大塚愛)/ALL MEMBERS

□LIVE BLuck
01.I don't look back'06(オリジナル)/BLuck
02.IT'S IN THE STARS(w-inds.)/BLuck
03.GET ON THE DANCE FLOOR(DA PUMP)/BLuck
04.青春アミーゴ(修二と彰)/福田大樹・佐藤大輔 with 川原圭一朗・三田地大輔・平野広司
05.Everlasting Love(オリジナル)/BLuck
06.Style(EXILE)/BLuck
07.夜明けのメロディ(オリジナル)/BLuck
--.コントコーナー/BLuck
08.DANCE/川原圭一朗・三田地大輔・佐藤大輔・平野広司
09.君という名の翼(コブクロ)/福田大樹
10.Dear WOMAN(SMAP)/BLuck
11.You Kissed(オリジナル)/BLuck
12.希望の彼方へ(オリジナル)/BLuck
13.世界に一つだけの花(SMAP)/BLuck

□アンコール
01.XXX feat. KODA KUMI(SOULHEAD)/MIX
02.DANCE/中川美弥・上原ちさと・BLuck
03.BREAK OUT!(相川七瀬)/中山怜香
04.学園天国(フィンガー5)/Pink
05.チュッ!夏パ〜ティ(三人祭)/MoKePyui
06.スマイル(オリジナル)/BLuck
07.(MonKero)/ALL MEMBERS

※BDS=バックダンサーズの略

スクールAP2 LIVE男・女祭りSPECIAL-2-&LIVE BLuck【記録】

 ぃゃぁ、楽しかった。とても楽しかった。すげー楽しかった。
 もうね、感想は「楽しかった」の一言で勘弁してください(苦笑) その言葉が全てです。
 実は、開演直前に至っても特にテンションが上がるわけでもなく、だからといって下がってたわけでもなく、単に普段通りの平常心だっただけなんだけど(笑)、いざ始まってみれば久々にはっちゃけるほど応援してたし、終わってみれば声がガラガラで全く出なくなってるし。そして翌日筋肉痛(苦笑)
 あと、「ホントに5時間もやってたのか!?」とも思ったなあ。2時間くらいにしか感じられない、あっという間さだった。それだけ集中して見ることが出来たということなんだろうけど。てゆーか、ホントは5時間もやってないよね? ウソだよね? 誰かウソだと言ってくれ!(笑)
 そして何よりも、みんな笑顔で楽しそうにやっていたのが、とても素敵だと思った。見てて気持ち良かったし、だからこそより一層楽しめた。ステージが楽しんでいないと客席だって楽しめない、というのが私の持論なので。
 というわけで、皆さんお疲れ様でした。そして、ありがとう。みんながんばっていたし、そのがんばりは伝わってきた。だからこそ、これからもがんばり続けてください。おしまい。

 ……で終わってしまうとなんか素っ気ないので、あとちょっとだけ続く(笑)
 とりあえず、当日の私の流れ。ボランティアスタッフ→マックでうだうだ→ノルベサでFAME(笑)→Zeppライブ→バックヤードご招待当選→ボランティアスタッフほんのちょびっと→カラオケオール→始発で帰宅してイベント終了(笑)
 で、ボランティアスタッフについては特に書くこともないので略。オールスタンディング時用のポール片して、椅子出して、並べて、紐で縛って、座席番号付けただけです。って、結局説明してしまった(笑)
 そして、ライブ本編のレポはホントに略。ライブ内容は、発売予定のDVDをお楽しみください☆ と岩ちゃんの真似(笑) 今日くらいは、メモも取らずに心置きなく楽しみたかったし。と言いつつ、パンフに載ってない部分のセットリストだけはメモってたけど(笑) でも、DVDを見ても、本当の楽しさは伝わらないだろうな〜。やっぱりライブは参加してなんぼですよ、奥さんっ!(って誰!?)
 というわけで、多くの人が気になっているかもしれない限定10名様のバックヤードご招待については、一言で言えば握手会。まあ、楽屋前の通路で行ったので、覗こうと思えば楽屋の中も覗けたけど、覗いたところで単に荷物が散乱・・・ぁ、ぃゃ、何でもない(笑)
 それにしても、舞台のときもそうだったんだけど、通路の両脇に並ばれると、どう進んでいいのかかなり戸惑ってしまうのは私だけ?(^-^; 片側から順番に行って戻ってU字で進むべきなのか、左右交互にジグザグに行くべきなのか。今回は後者を選択してみたけど。
 てゆーか、当選者10人中の最後に着いたんだけど、着いたらなんかよくわからない内に始まっていて、とりあえず奥まで進んで30人超の女の子に取り囲まれてウハウハしてる内に(笑)、いつの間にか他の当選者9名はいなくなってて私一人だけが取り残されて(^-^;、まあそれでも早々に帰る気なんかなかったので(笑)、全員と握手&一言。そんなんだから、岩ちゃんには「けーくんと握手終わった人から撤収準備」とか指示出されてたし(笑) ちなみに、容子姉には遊ばれて、谷エリには怒られた(笑) けろっぴとちょびはいじりやすい(笑) あと、約3名ほど咄嗟に名前が出てきませんでした。ごめんなさい。ユニット名までは出てきたんだけど・・・。勉強しときます(^-^;
 で、女の子たち全員と握手も終わり、次は男の子たちだと思ったら・・・もういねぇし!(笑) なんか前にもこんなことがあった気がする・・・(笑) もう楽屋で着替え始めていたので、ヌード姿を目に焼き付けつつ(笑)、「お疲れ様でした!」と一声掛けて撤収。
 と、こんな感じでした〜。

 というわけで、最後になってしまったが、本編レポを書かない代わりに、全ユニット&ソロの感想を書いていこうかな、と。こんなことをするのも、広く浅く(笑)応援している私くらいのものだろう(笑)

☆OPENING DANCE
 毎度のことながら、誰を見るか困る全員でのダンス。さすがに最前列で見てると、全体を見るというのは無理なので、誰かに注目せざるを得ないのだが、とりあえず注目してしまったのは、唯ちゃん・・・の衣装?(笑) あと、美弥ちゃん・・・の髪型?(笑)
 構成も結構凝っていて、飽きることなく見ることができた・・・というか、もっとじっくり見させてください!(笑)

☆笠井琴美
 ライブの最初と最後のソロをMonKeroで分け合うのは、さすがの実力か。しかし、どっちにどっちを持ってくるかは悩みどころだったのではないだろうか。2人ともトップもトリもこなせるし(*1)、しかもそれぞれそのこなし方の色が違うときたもんだ。結果として今回はけろっぴがトップを務めたが、選んだ曲で順番を決めたのか、順番が決まってから曲を選んだのかはちょっと気になるところ。
 というわけで、十二分に盛り上げ役を果たしたけろっぴ。ふと気付けばライブ世界に没入出来ていたのは、彼女の力が大きいだろう。だってオープニングダンスは、見ていてただただ圧倒されていただけだもん(笑)

☆チビディバ
 これまでのライブでも何回か出て来ていた組み合わせ(*2)だが、こんなユニット名だったのか。初めて知った(笑) しかも今回は2曲も歌って、実はこれからも頻繁に活動していくのかと期待もさせる。
 年少組2人の可愛らしさ&元気良さに対して、年長組2人がどう張り合っていくのかが私的注目点だったが(笑)、普通に真っ正面から張り合って、でも決して負けていなかったなあ。まだまだ若いよっ!(笑)

☆子出藤理恵
 いつもは可愛い曲を歌っているイメージが強いりったんだが、今回はバックダンサーを引き連れてカッコイイ系で。・・・ぃゃ、でも可愛いなあ(笑) まあ、元々「The 美学」は可愛いコがカッコいいことをやっているって感じだから、正しいんだけども(笑)
 もっとも、りったんについては、ソロよりもPinkのMCリーダーという印象が強い。今回のPinkのMCは短めだったのであまりそっちでの魅力は発揮できていなかったが(*3)、喋れないPink(*4)を喋れるPinkに変えてしまった功績は、真っ先に評価すべきだろう。Pinkの未来は明るい。

☆伊藤里紗
 あれ? 可愛い・・・。というのが第一印象。って、今までどう思っていたのかは詳述を避けます(笑)
 選曲(*5)の勝利かなあ。ぃゃ、里紗ちゃんは可愛いんですよ。天然ボケボケで。でも、Pinkの一人としてはあまりその魅力を発揮できていないと思っていたんだけど、これは良かった。自分の持ち味を生かせていた。ステージに対するアピールもばっちりだったし。んー、Pinkの中できちんと成長していたのを、単に私が気付いてなかっただけか(^-^;

☆山上綾加
 あ、ソロを聴くのは初めてか。絵になるなあ。というのが第一印象。立ち居振る舞いが、カッコいいというか、美しいんだよね。絵になる(*6)
 その魅力の白眉は、歌よりもダンスだと思った。彼女のダンスは、見ている人の視線を離さない。いや、ホントに。かなり凝視してた(笑) 目の前で踊っていたときは、目を逸らせなかった(笑)
 ただ、彼女のもう一つの持ち味である、想像を絶するトンデモMCが聞けなかったのは、ちょっと残念(笑)

☆池田百花
 かーわーいーいー♪ この形容詞が一番似合うのは百花ちゃんだと思うなあ。たまにちょっと大人びたと感じることもあるけど、まだまだ可愛い。女の子らしい可愛らしさと、子供らしい元気ハツラツさの二面性が好きです。交流会などで絡むことはほとんど無いのだが(^-^;、ステージングはかなり好みだったり。
 あと、細すぎ!(笑) 綾加ちゃんと二人で並んでいるときなんて、二人とも細すぎで、むしろそんなに細くて大丈夫なのかと心配してしまったよ(^-^;

☆AP2クラブ
 AP2クラブに関しては親的な気分(笑)で心配していたのだが、ところがどっこい(死語)、いい方向に予想を裏切ってくれた。めっちゃ楽しそうに元気の良いステージを見せてくれたが、それだけで見てる側も楽しめるというものだし、とても盛り上がった。もうちょいダメダメなユニットかと思っていたけど、侮っていてごめん(笑)
 しかも、「スカひら」以外に新曲を2曲も作ってきていたのにはびっくり。よくがんばった! キミたちは立派だよ。うんうん。でも、相変わらずスカートはひらりしてなかったけど・・・(笑)
 あと、曲を止めてのMCコーナーもあったが、そこでは葵ちゃんががんばって仕切っていた。喋れるコは好きだぞ♪
 なお、岩ちゃんの100単語暗記コーナーで、単語の書かれた模造紙を持っていたのがAP2クラブ。真ん中辺で持っていた中学生組は顔もほとんど見えなかったけど(^-^;

☆松井紗彩
 ソロで歌ったのは、以前にも何度か歌っている「手を握って歩きたい」。
 紗彩ちゃんに関しては、Pinkで里紗ちゃんと綾加という妹2人が出来たことにより、ここ半年ほどでお姉さんらしさが身に付いたと思うんだよね。以前はホント子供っぽかったけど(笑) だからといって、Pinkの中での奔放さも失っておらず、いい意味で四女をやっている感じ。
 で、そんなお姉さんらしさを得ての「手を握って歩きたい」だったわけだが、曲のイメージにより近くなったことによるものか表現力が増していて、確実に前より良くなっていた。惜しむらくは、お子ちゃま数人くらいが一緒に出てきて踊ってくれれば、もっと良かったと思うんだけど(笑)

☆ONE
 実は一番不安だったのがONE。ぃゃ、実はでも何でもなく、みんなそうだったかもしれないけど(^-^; それほど、今までのライブは褒められたものではなかったわけで。
 でも、やればできるんじゃん。見直したぞ、ONE。1曲目の「Body&Soul」からテンションあげあげで、それを見て安心することができた。実際、他の2曲もいい感じだったし。
 MCも面白かったな〜。仕切っていたのは莉菜嬢なんだけど、「今日はONEを見るために来てくれたと思うんですけど」と言えてしまうキャラが好きだ(笑) なので、「もちろん」と答えておいた。ある意味、最も注目していたのには間違いがないし(笑)
 というわけで、ここがようやくスタート地点(笑) これからどんどんがんばっていこう。

☆田中知世
 知世ちゃん。最近は、「ちょび」と呼ぶほうが少なくなってきたような・・・(笑)
 ソロでは客席の煽り方が凄かった。あれは絶対、今の自分はトップアイドルだと思い込んでいたに違いない。そーゆーのいいと思うよ(笑)
 以上、短いけどいいや。苗字で呼び捨てにされちゃうぐらいだし(笑)
 あ、追伸。Pinkに再加入して以来、以前以上にダンス頑張ってるよねー。そこはちょっと見直したところ。

☆CAT's
 ぃゃぁ、可愛いねえ。歌がいいとかダンスがいいとかよりも、「可愛い」が真っ先に立ってしまうんだよなあ。
 もちろん、歌とダンスもいい息の合いようを見せていて、新曲(*7)では新たな魅力を見せてもらった。ぃゃ、オリジナル曲のときよりもますます可愛かったってことなんだけども(笑)
 衣装がCD発売イベのときと同じだったのが、唯一残念だったところかな。まあ、ショートパンツは大好きなので、不満だったわけではないけど・・・(笑) あと、MCが無かったのもちょい残念。
 他のユニットとは違った色を持ったユニットだと思うので、色々な意味でこれから一番楽しみにしているユニットです。がんばっ!

☆Lovin'
 Lovin'は、良くも悪くも、安定してたかな。まあ、オリジナル曲1曲しか歌わなかったので、目新しさがあまりなかったってのもあるけど(^-^;
 Lovin'はどうしても、怜香ちゃんのダンスに注目してしまう(笑) だって、ソロのときに踊るなんてことはないからさぁ。踊ってる怜香ちゃんはレアだよ!(笑)
 あと、100倍ビデオで言っていた振りコピには付いていけなかった・・・。ごめんよ(^-^;

☆谷内英里佳
 相も変わらず「Eventful」を歌い続けるのは、以前「成長してない」とダメ出しした私に対するあてつけだと信じて疑わない私だが(笑)、今回は今までで最高のステージだったと思う。それほど良かった。そこにいるだけで感じてしまうほどの圧倒的な存在感こそが谷えりの魅力だと思うのだが、それが十二分に発揮されていた。
 で、本人には「Queenより良かった」と言ってしまったわけだが、Queenの魅力はバランスの良さが生む相乗効果だと思っているので、谷えりらしさを満喫できたソロの方が、谷えりとしての評価は高いのです。私的には。
 ところで、名前叫ぶとき、「谷えり!」と叫ぶべきか、「えりか!」と叫ぶべきか悩むんだよなあ(笑) 本人は「谷えり」と呼ばれるのが好きっぽいが、叫ぶのには「えりか」の方が叫びやすいし(笑) というわけで、今回は中途半端に混じってしまった(^-^;

☆千田容子
 あれ? 一時期なんか凄くおばちゃんくさかったのだが(苦笑)、なんか若々しくなってるよーな(笑) 容子姉らしさを取り戻した、素敵なステージだったと思う。Lipの動に対して、ソロでは静。しっとりとしながらも力強い歌声を堪能させていただきました。これ、半年前の容子姉には歌えなかったんじゃないかと思うなあ。
 あと、容子姉と言えば、バックヤードにてそれはそれは大層素晴らしいものをいただきまして、ありがとうございます。すげー邪魔(笑) ぃゃもう邪魔、とにかく邪魔、ひたすら邪魔、そこはかとなく邪魔(笑) 大切に大切にタンスの肥やしとさせていただきます(笑) 「良かったよ」と褒めたら「心がこもってない」とダメ出しされましたが(苦笑)、そのプレゼントの影響もあったかもしれません(笑) ぃゃしかし、ふつーに女の子ファンしか来なかったとしても、アレを誰かの頭にかぶせていたのだろうか・・・(笑) ちなみに、ここまでこのネタでいぢり倒す=よっぽど嬉しかった、ってことなんで(笑)

☆福井咲良
 二度目のソロ。咲良ちゃんのソロはかなり好きなのだが、なかなか見ることがないのが淋しい。まあ、Lipでは割とソロパート貰ってるので、多少は聴くことが出来るのだが、やっぱりせめて1コーラスくらいは聴かないと、満喫できないわけですよ。
 というわけで、久し振りに満喫できた咲良ちゃんの歌だが、相変わらず魅力的。普通に喋るときは舌足らずなのに、歌になるとなんであんなに力強くなるのか不思議なのだが(笑)、それこそが彼女の魅力だろう。あと、痩せて可愛くなったよね。黒いからじゃないよ(笑)
 しかし、この日の咲良ちゃんの魅力は、歌以上にダンスだったと思う。特に、第二部冒頭の美弥ちゃんとのダンス競演が見ものだった。パンフ貰ってセットリスト見たときにこの2人のダンスがあることを知って、そして第一部でちょこちょこバックダンサーとして出てくる美弥ちゃんのダンスを見て「相変わらず上手いなあ」と舌を巻いて、そんなんだから2人のダンスを見るときは咲良ちゃんがどれだけ美弥ちゃんに付いていけるかという目線になっていたんだけど、美弥ちゃんに全然負けてなかったんだよねえ。対等に張り合っていた。だからこそ、とても素敵なダンスになっていた。
 まあ、これには2年前からの伏線があって、私の咲良ちゃんの第一印象は「ダンスが1テンポ遅れてるコ」だったわけですよ。そのイメージが強烈だったせいで、彼女に対する印象は未だに「どんくさい」なんだよねえ。結構前からかなり上手くなっているにも関わらず。これは果たして得なのか損なのか・・・(笑)

☆Daze
 ONEと違って、見たことがなく何もわからないので不安も湧きようがなかったわけだが(笑)、実際見てみたらメンバー構成から想像していたのとは全然予想外のユニットだった。印象深いのは、ボーカルの仁未ちゃんの歌声の力強さ。結構面白いユニットかも。
 また、ダンサーの某教師(笑)ちさとちゃんは他にもちょこちょこ出てきていたけど、アンコールでの美弥ちゃん&BLuckとのダンスがとりわけカッコ良かった。
 もう一人のダンサーのなんちゃら静香ちゃんは、今は亡きTtr以来久々にダンス見たけど、やっぱ好きだなー。地味に結構昔から注目してます。Ttr解散後は消息不明だったので、辞めたのかと思った時期もあったけど(笑)

☆Queen
 Queenはバランスの良さが好き。誰が突出してるわけでもなく、3人並び立ってるんだよなあ。しかも、3人それぞれの色が違うから、見ていてとても面白い。
 それにしても、「市場に行こう」は意外な選曲だったなあ。もっとダンサブルな曲を選んでくるかと思っていた。激しいダンスより、こういう曲調でのダンスの方が難しいのではないかと思うのだが、つい見とれてしま・・・いたかったのだが、目まぐるしく移動する3人をそれぞれ見ようとしてたので、見とれる暇もなくなかなか大変だった(笑)
 そして、赤のドレスを脱ぎ捨てて「HIT ON」に移る演出も、お見事なセクシーさでした。こういう「化ける」要素は、お得感があって嬉しい(笑)
 しかし、唯ちゃんがいなくなってしまった後はどうなるのか・・・不安でもあるが、その逆境をどう乗り越えるのか楽しみでもある。谷えりと勇ちゃんのことなので、心配はしてません(笑)

☆越智春菜
 可愛い声健在(笑) 彼女の声の可愛さは、AP2で一・二を争っていると思うのです。もうね、声だけでお腹いっぱいなのに(笑)、その上、歌ってる姿まで見れるなんていうのは、何をや言わんやですよ。ご飯3杯はいけます(笑)
 「Depend on you」の原曲自体はそんな可愛い曲というわけでもないと思うが、それを可愛すぎる曲に仕立て上げてしまう彼女の力は、天賦の才能と呼ばざるをえまい(笑) 大好きです♪

☆上石佳奈美
 ぅゎぁ、ロックだ、縦ノリだ(笑) 本人はこのライブにロックな曲調が合うのかどうか心配してたようだけど、あそこまで盛り上がっていたら、ロックだろうがポップスだろうが、多分演歌だって問題無し(笑) 実際、聴いてて違和感なかったし。
 てゆーか、そもそも佳奈美ちゃんは「かなみワールド」とでも呼ぶべき独自の世界を持ったコだと思うので、歌う曲が何だろうと他の出演者とは一味も二味も違うし、だからロック系だからといって心配するのはお門違い(笑) このままひたすら自分の世界を邁進していただきたい。
 なお、オリジナルの「Everybody」は、さすがに6分のフルコーラス版ではなかった(笑)

☆ベストプレイス
 おっ、懐かしい二人組(笑) 3月の女祭り以来の半年振りだが、素敵なハーモニーは相変わらず健在。「LA・LA・LA LOVE SONG」では美しく、「愛情」では力強く、全然違ったハーモニーを聴かせてくれる選曲が心憎い。

☆Lip
 え、え〜と・・・セッ娘再来?(笑) なんだよ、あのMCは。面白いじゃねえか(笑) でも、内輪で完結しちゃっているので、客席から突っ込む余地がないのがちょっと残念(苦笑) 早くスベリーダーを選出してください・・・。ねえ、笠井さん?(笑)
 あと、「Lipです」くるっ「チュッ」との投げキッスも2回ほどやっていたが、別に私に向かってやっているわけでもないのに、なんか妙に照れてしまうんだよなあ。「You Kissed」のときの女の子ファンの気持ちがわかったような気がする(^-^;
 さて、曲の方はというと、新曲「always love」を含め、どれもカッコ良かったですねえ。てゆーか、「always love」って新曲だよなあ? 聴いてて、すっごい聴き慣れた感じがしてたけど。それほど馴染んでたということか。
 ところで衣装だが、上着の下にいつぞやのキャバレー衣装を着ていたっぽいので、途中で上着を脱ぐのかと思っていたんだけど、ついぞそんなこともなく。裾だけはみ出させたあの中途半端な衣装はなんだったんだろう?

☆樋口彩乃
 第一部のトリを務めたのは彩乃ちゃん。ちょっと意外な感じもしたが、なかなかどうしてしっかり中締めできてたなあ。まあ、AP2で一番芸達者なのは、ゆっきと組んでたPeaceだと思ってたくらいだし、実力は折り紙付きなのだが。
 あえて難をつけるとすれば、可愛さ成分以外も身につけると、芸の幅が広がるのではないかと・・・(笑) 今だと何をやっても「可愛い」で終わってしまうんだよねー。もう2年くらい経てば、いい感じに化けてくるかな?

☆岩野祐二
 司会としてはほとんど出張ってくることもなく、ほとんど唯一の見せ場は第一部と第二部の間の単語暗記コーナー。男祭りvol.2(*8)では60単語、前回のZepp(*9)では80単語とくれば、今回100単語だったのは必然(笑) しかし、特にどこかで詰まることもなくあっさり100個言い切り、スタンディングオベーションで送られた。なんかもう、凄いとしか言いようがないですなあ。でも、笑い要素が全くなかったのは、芸人としてどうなのか(笑)

☆中川美弥
 ダンスのみでちらほら登場。あまりメインには出てこない存在だったものの、魅せる存在感の高さは、ただただダンスの上手さが為せる技。ぃゃぁ、上手いよ、本当に。それは褒めてあげたい。縁の下の力持ち大賞をあげよう(笑)
 メイン扱いとしては、咲良ちゃんとの二人ダンスと、アンコールでのちさとちゃんとBLuckとのダンスの2曲があったが、そのどちらでも全体を引っ張っていたように思えた。AP2のダンス技術の向上にかなり貢献してると思うなあ。

☆ARCH BOYz
 初見。正高ぁ☆と矢ノ目っちは元砂利だから想像できるとして、スミス(恒本)君と古宮君は海のものとも山のものともつかないよなあ・・・。
 と思っていたのだが、なかなかがんばっていましたねえ。初ステージ(*10)とは思えない堂々としたステージングが好印象。もっとも、海のものとも山のものともつかない方々がメインボーカルだったのには、ちょっとびっくりだったけど(笑)
 それにしても、スミス君がいい味出してるよなあ(笑) 舞台のときはいっぱいいっぱいな感じだったけど、いい感じに成長してきたのではないでしょーか。ARCH BOYzの未来は彼次第だとまで思った(笑) あと、正高ぁ☆が可愛い(笑)

☆村田唯
 ぃゃぁ、エロくなかったなあ。って、いきなりその話題から行きますか(笑)
 ぃゃ、衣装はエロいんだけども(笑)、雰囲気としてはセクシー・・・ぃゃ違うな、大人っぽい、が近いかなあ。なんか今までとイメージが違ったんだよね。歌ってる曲はほぼ同じにも関わらず。いい意味でエロを感じさせないってのは、一歩別の次元へ進めたのではないかと思う。
 あと、私の感じる唯ちゃんの魅力の一つは、どんなステージでも物怖じしないということ。常に自分に自信を持ってステージを作っているというのが見ていてわかるから、見入ってしまうし、見ていてとても気持ちがいい。次なる飛躍に期待しております♪

☆中山怜香
 「ピエロ」とか「BREAK OUT!」とか普段と違う曲調の歌がとても良かった。意外にも、というと失礼かもしれないが、ホント、意外にも全然違和感はなかったんだよなあ。圧倒的な歌唱力に裏打ちされた実力が、いかんなく発揮されていた。むしろ、こっち路線の方が好きかも(笑)
 そして、何よりも早着替えはカッコ良かったわぁ〜。衣装はママの力作? あれはグッジョブでしたよっ!
 最後に、当日の誕生日おめでとうございました。とても素晴らしい誕生日になったことでしょう♪

☆MonKero
 MonKeroとPinkはあまりに頻繁に見てるので成長を感じにくいんだよなあ(^-^; しかも、MonKeroなんて、2年前に見始めたときからすでにレベル高いし。ただ、最近はLipも始めたことにより、MonKeroとしてではなく各個々人としては、今まであまり見られなかった二人のダンスが見れて楽しい限りだけど。
 で、肝心のMonKeroとしては、「恋のマイレージ」はFUNK THE PEANUTS曲に続くユニークソングとなっているけど、振り付けが面白くてめっちゃ好き。あと、振り付けといえば、「二人乗り」も、面白いことをやっているわけではないんだけど、見ていて微笑ましいので、かなり好き。曲自体も「二人乗り」はホント名曲だと思う♪

☆Pink
 Pinkは生まれ変わったよなあ。4人時代のPinkと今のPinkは全く違う。4人時代はあまり個性の無い「ただのアイドルユニット」でしかなかったが(*11)、今はようやく「Pink」という色を付けることが出来た。
 ただ、MC重視の私的には(笑)、今回はMCが短めだったこともあり(*12)、各人の個性が出しきれていなかったのが残念なところ。ちょびもあおちゃんも紗彩ちゃんもりったんも里紗ちゃんも綾加ちゃんも、それぞれの持ち味はもっと面白いんだよぅ(笑)
 もっとも今後については、りったんをMCリーダーとして、里紗ちゃんと綾加ちゃんという毛色の違う二人の核弾頭が育てば、磐石だろう。もちろん、他の3人がそれを温かく包み込んでいるという前提だが。
 さて、そして肝心の歌とダンスの方はというと、いいねぇ〜。何がと言われると、まさしくアイドルっぽいところが(笑) ただちょっと各人のダンスレベルに差があるので、そこはがんばってほしいかな。今のPinkは上昇気流だと思うぞ。がんばれ↑↑

☆畠山智妃
 というわけで(*13)、智妃ちゃんはトリ担当。難しい歌を見事に歌いこなして、立派にトリを務めてみせた。
 智妃ちゃんの歌声は「強い」んだよなあ。なんか、心にグッと残る。個人的には愛内とか歌ってる方が好きなのだが、「もらい泣き」とか「涙そうそう」とかの方が合っているのかもしれない。
 それにしても、智妃ちゃんはここ一年くらいで変わった感じがするなあ。あかぬけたような気がする。ああ、私が気付いてなかっただけですか、そうですか。どうも、すみません(笑) 昔は交流会とかでもあまり話してなかったもんで(笑)
 なお、大トリは全員集合で「さくらんぼ」。AP2といえば、やっぱ全員集合だよな(笑) 制服姿で風船飛ばしまくってた。

☆BLuck
 コントの印象が強い・・・(笑) あれは面白すぎだ(笑) みたっちはかなりおいしい役どころだったけど、やっぱり大樹君の小須田部長に尽きるよなあ。普段はクールぶっていながら、でもMCでは時折愉快な一面を見せていた彼だが、その面白さの集大成という感じだった(笑)
 歌とダンスについては、相変わらず良かったということで略(笑) まあ、色んなところで女の子ファンが書きまくってくれていることでしょう(笑) もっとも、大樹君のノドの調子は悪かったようだけど。ダンスはさすがクオリティ高いよね。とてもまとまっていて、見ていて美しい。一体どれほどの練習を積んでいるのか、想像するだけで恐ろしい(笑)

☆ゲスト?
 元Dejavのえんなと亜維ちゃんが出てきたときは、「えええええ!?」って感じで、素でびっくりしてしまったよ(^-^; まあ、えんなはほとんど逆サイドにいたので、全然見えなかったけど(笑) AP2辞めて以来会ってなかったってわけでもないけど、会えるというのは単純に嬉しいですなあ。あと、バックヤードでも真っ先にいじっていただきまして、ありがとうございます(笑)
 あ、本来のゲスト様は本当にゲストなので略。

☆進藤宏子
 本人に書いてくれと言われたので、項目立ててみた(笑)
 彼女を知らない人はいないと思いますが、一応説明しとくと、AP2のスタッフの大学生の女の子です。佐藤実希子ちゃんじゃないほう(笑)
 彼女に対するイメージは、はっきりきっぱり「女傑」(笑) 仕事をきちんとこなしてること以上に、男ヲタどもを取り仕切ってるのが凄いと思う(笑)
 仕事振りに関しては、がんばりすぎと思うくらいがんばっているので、岩ちゃんに何か弱みでも握られているのではないかと疑っているというのは秘密です(笑)
 面白くて、でもマジメで、とても素敵な人ですよ♪ と最後は持ち上げておこう(笑)

☆唄
 というわけで、ホントの本当の大トリは、MonKeroの代表曲の「唄」で締め。AP2なので、もちろん全員集合なのは言うまでもなく(笑)
 しかもただ集まって出てきただけではなく、歌っているMonKeroを中心にして、ステージ上の生徒みんながマワリやケチャをやるのが面白すぎた(笑) 歌ってる人より、脇の方ばかり見てたもん(笑) みんな楽しそうだったな〜(^-^) 「唄」がこんなに楽しい曲だったとは、今日初めて気づいたかもしんない(笑)

 というわけで、最後になりましたが、生徒も生徒のご家族もスタッフもお客さんも、みんなお疲れ様でした。みんなの気持ちが一致団結した、とても素敵なライブでしたね☆  ありがとうございました♪

*1: =最初に出てきて盛り上げることもできるし、締めとしてまとめることもできる。
*2: ちょび、あおちゃん、百花ちゃん、彩乃ちゃん。
*3: それでも結構喋っていたけど(笑)
*4: という印象だった、私には。
*5: 小倉優子の「オンナのコ♥オトコのコ」。
*6: あ、二度言った(笑)
*7: 中川翔子の「Brilliant Dream」。
*8: 2005/04/24。
*9: 2005/12/17。
*10: 路上だかはやったんだっけか?
*11: しかも度重なるメンバーチェンジのせいでかなり迷走してたし。
*12: それでも結構喋っていたが(笑)
*13: 笠井さんの項参照。
SAPPORO FIGHT LIVE Vol.15【概略】

日時:2006/10/21(土) 13:00
場所:nORBESA 3Fイベントスペース(札幌)

出演:TearDROPS[徳田公華/久慈沙也伽/菅笑梨]/TearDROPS jr[中谷桃花/伊藤楓恋/佐藤芹菜]/菅真鈴/たまみん[夏野瑶未]/エミリナ[菅笑梨/唐原理菜]/えみゆり[西村笑花/川上優理香]/japs[堂谷匠/森田優基]

SAPPORO FIGHT LIVE Vol.15【曲目】

01.like the wind(SEED)/TearDROPS
02.Fly High(中ノ森BAND)/徳田公華
03.この手につかんだ未来地図(BON-BON BLANCO)/菅笑梨
04.ZETTAI(PARADISE GO!! GO!!)/TearDROPS
05.トラ・トラ・トラ(MAX)/TearDROPS jr
06.Doki Doki! My Sister Soul(ハレンチ☆パンチ)/伊藤楓恋
07.コイ♥クル(黒木マリナ)/佐藤芹菜
08.亜麻色の髪の乙女(島谷ひとみ)/中谷桃花
09.大きな愛でもてなして(℃-ute)/TearDROPS jr
10.冒険でしょでしょ?(平野綾)/菅真鈴
11.ムーンライト伝説(DALI)/たまみん
12.Thanks!(GAM)/エミリナ
13.Thanks!(GAM)/えみゆり
--.挨拶/堂谷匠
15.No.1(槇原敬之)/森田優基
16.Deluxe Encounter(エイジアエンジニア)/japs

毎週女祭り!格付けバトルロワイヤル! PRE.1【概略】

日時:2006/10/21(土) 18:30
場所:スクールAP2 Aスタジオ(札幌)

出演:Pink[田中知世/堀あおい/子出藤理恵/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Lip[千田容子/笠井琴美/畠山智妃/福井咲良]/村田唯/中山怜香

毎週女祭り!格付けバトルロワイヤル! PRE.1【曲目】

01.Birthday Eve(倖田來未)/田中知世
02.気がつけば あなた(松浦亜弥)/堀あおい
03.100回のKISS(松浦亜弥)/子出藤理恵
04.オンナのコ♥オトコのコ(小倉優子)/伊藤里紗
05.赤いフリージア(メロン記念日)/松井紗彩
06.ココロのちず(BOYSTYLE)/山上綾加
07.奇跡(倖田來未)/福井咲良
08.ON THE RADIO(小柳ゆき)/千田容子
09.Good-bye days(YUI for 雨音薫)/笠井琴美
10.CHECK MY SIGN(八反安未果)/畠山智妃
11.mf(メゾフォルテ)(オリジナル)/村田唯
12.you(倖田來未)/村田唯
--.コント/笠村(笠井琴美・村田唯)
13.Fly away(MISIA)/中山怜香
14.Everything(MISIA)/中山怜香
15.imagine(MINMI)/Lip
16.Rock With You(BoA)/Lip
17.always love(MAX)/Lip
18.no give up(オリジナル)/Lip
19.学園天国(フィンガー5)/Pink
20.愛のちから(オリジナル)/Pink
21.二人乗り(オリジナル)/MonKero
22.(オリジナル)/MonKero

毎週女祭り!格付けバトルロワイヤル! PRE.1【記録】

今回の評価。

総合ベスト(*1)・伊藤里紗
 歌では自信あるステージを見せていたし、PinkのMCのときの天然具合はさすが核弾頭(笑)

歌ベスト・松井紗彩
 ソロ。明確な理由はないのだが、なんか良かった(笑) 単純に、聴いてて気に入ったのです♪

ダンスベスト・山上綾加
 ソロでもPinkでも見とれてしまうわぁ。

勝手にMCベスト・千田容子
 間違い音源の曲を次々と歌っちゃうところが。金魚の話はどーでもよいです(笑)

勝手にお笑いベスト・MonKero
 お笑いユニットなんですよね?

総評。
 というわけで、現場での審査票も記名して書いてるので、こっちでも晒してみる。
 基本的には、今の実力より将来性重視。そのため、多分に期待値を含んでいますので、ベテランさんには辛い点数となっております。
 今回の出演者はAP2のエース格が勢揃いだったが、元々ソロでやっている唯ちゃんと怜香ちゃん以外のソロを聴くことは多くないので、各人のソロが一番楽しめた。
 一方ユニットの方はというと、初披露曲も無く目新しさゼロ(笑) 唯一、Pinkの新衣装が可愛かったくらいか。まあ、盛り上がりはするので、よく言えば安定してる、ということで(笑)
 イベント自体の方向性については、どうせ熱心なファンしか見に来ないだろうから、外部イベントではやりづらいような実験的なことをやってほしいと、個人的には思う。まあ、今回は1回目ということで、今後の展開に期待しましょう。

 余談。照明スタッフさんが入っていましたよ。また真っ暗な中でやるのかとげんなりしていたので、とてもありがたかった。11月からはステージも作るらしい。ただし、マイクは相変わらず調子悪。
 てゆーか、この日は、開場待ちのときに遭遇した帰りがけの生徒にいろいろやられてしまって、そこでテンション上がってしまった1日だった(笑) 来週とか、今後とか、これからのAP2も色々面白そうだわ〜(笑)

SAMURAIストリートライブ【概略】

日時:2006/10/21(土) 19:00
場所:大通2丁目(札幌)

出演:SAMURAI RIDERS[YUYA/MASATAKA]/西村笑花/長澤桃子

*1: ベストユニットとか書いてた気もするが、気にせず個人戦で。
キャッツアイ新札幌店 スペシャルライブ【概略】

日時:2006/10/22(日) 13:00
場所:キッャツアイ新札幌店(札幌)

出演:中川美弥/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/中山怜香/村田唯/ARCH BOYz[矢ノ目光明/寺尾正高/古宮亮輔/恒本寛之]/Pink[田中知世/堀あおい/子出藤理恵/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]/Lip[千田容子/笠井琴美/畠山智妃/福井咲良]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/平野広司]/上原ちさと

キャッツアイ新札幌店 スペシャルライブ【曲目】

01.DANCE/美弥と咲良
02.恋のマイレージ(RAG FAIR)/MonKero
03.二人乗り(オリジナル)/MonKero
04.恋心(相川七瀬)/中山怜香
05.飛び方を忘れた小さな鳥(MISIA)/中山怜香
06.人魚姫(倖田來未)/村田唯 with 畠山智妃・福井咲良・中川美弥・松井紗彩
07.mf(メゾフォルテ)(オリジナル)/村田唯
08.Sandcastles(EXILE)/ARCH BOYz
09.PIECES OF A DREAM(CHEMISTRY)/ARCH BOYz
10.キューティーハニー(倖田來未)/Pink
11.浮気なハニーパイ(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))/Pink
12.愛のちから(オリジナル)/Pink
13.always love(MAX)/Lip
14.no give up(オリジナル)/Lip

15.DANCE/川原圭一朗・三田地大輔・佐藤大輔・平野広司
16.スマイル(オリジナル)/BLuck
17.IT'S IN THE STARS(w-inds.)/BLuck
18.Style(EXILE)/BLuck
19.夜明けのメロディ(オリジナル)/BLuck
--.コントコーナー/BLuck
20.I don't look back'06(オリジナル)/BLuck
21.Fly away(オリジナル)/BLuck
22.希望の彼方へ(オリジナル)/BLuck
23.DANCE/中川美弥・上原ちさと・BLuck

キャッツアイ新札幌店 スペシャルライブ【記録】

 智妃ちゃんに「MonKeroとPinkは飽きたんですよね?」といぢめられて、何も反論できなかったどーも僕です(*1)。まあ、そんなことを平然とファンに言ってしまうコは好きなんですけども(笑) あ、ファンと思われてないだけだったりして(苦笑)
 さて、本日はミニZeppライブ第2部ということで(笑)、非常に豪華な面々が出演。教師ことちさとちゃんなんて、最後の1曲でしか出てこないし。というわけで、本編の内容については割愛(笑) あ、唯一Zeppと違う曲を持ってきたのは、怜香ちゃんの「恋心」。Zeppでの「BREAK OUT!」といい、声に力があるから、こういう曲を歌うとサマになってカッコいいなあ。
 それにしても、智妃ちゃんと咲良ちゃんと美弥ちゃんの3人はがんばっていた。・・・着替えを(笑) それぞれ3回出てくるのだが、出てくるたびに衣装を変えていて、お疲れ様でした。やっぱり、衣装変えてくれる方が楽しいですねー。なお、最後の美弥ちゃん、教師、BLuckによる7人ダンスは、美弥ちゃんが振り付けを担当したらしい。
 というわけで、14時半頃にライブ終演。その後は、交流会を行う時間はないということで、(主に最近誕生日を迎えた大ちゃんへの)プレゼント贈呈タイム。私は美弥ちゃんにグミをプレゼント。今日でお別れだというのに、我ながらしょぼい餞別だ(^-^; それでも美弥ちゃんは・・・いいコやわぁ〜(涙) これからもがんばってください。
 それが終わると、女性出演者陣とのカラオケタイムを2階のパーティルームにて。参加生徒は、美弥ちゃんと教師以外。つまり、PinkとLipと唯ちゃん怜香ちゃんの12人。他方、参加客の方は、最初は男性客十数名程度しかいなかったのだが、時間が経つに連れて徐々に女性客も増えてきて、最後は部屋が狭いと感じるほどの結構な人数になっていた。
 それにしても、このカラオケは容子姉のオンステージだったと言っても過言ではないだろう。オンステージと言っても歌ったのは1〜2曲程度だったが、自分が歌ってないときでも、AP2界隈ではヲタ芸師として有名なりょ〜くんと競演していた(笑) しかも、ヲタ芸なんて打ったこともないくせに、りょ〜くんの動きについていくし、凄すぎ(笑) しまいにゃ、ブリッジロマンスまでやってましたよ。惚れるわぁ〜(笑)
 ちなみに自分の曲のときには、テーブルの上を駆け回って歌っていた(*2)。誰だよ、酒呑ませたの(笑) あ、昨日私がジャックダニエルなんかプレゼントしちゃったもんだから、一気飲みしちゃった?(内輪受け)(*3)
 まあ、部屋に入って容子姉が最初にしたことが、靴下を脱ぐ、だったのが、その後の展開を示唆していたのかもしれないが・・・(笑) ぃゃぁ、さすが最年長は伊達じゃないな(笑) 若者たちもぜひ見習っていただきたい(笑)
 とまあ、容子姉の印象ばかりが強かったカラオケタイムだったが、他の皆とも一緒になって歌ったり盛り上がったり、和気あいあいとした楽しい時間だった。時間のほうも、当初は1時間の予定だったのだが、裏イベントのBLuckのプリクラ撮影が押していたのか、延長になって2時間近くになってたし。
 ぃゃぁ、非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとう! 惜しむらくは、進藤さん(スタッフ)の歌が聴けなかったのが残念(笑)

*1: 圭ちゃんのパクってみた。
*2: そして、そのテーブルが倒れないように押さえたり、テーブルの上の物を蹴飛ばさないようよけるヲタたち(笑)
*3: 註・実際は呑んでません(笑)
プレBACKEN RECORD vol.16 in HOKKAIDOラーメン祭り2006【概略】

日時:2006/10/28(土) 14:00
場所:月寒グリーンドーム(札幌)

出演:FAME生多数

毎週女祭り!格付けバトルロワイヤル! PRE.2【概略】

日時:2006/10/28(土) 18:30
場所:スクールAP2 Aスタジオ(札幌)

出演:村田唯/AP2クラブ[石川葵/永澤縁/白川穂波/志摩南美]/Lip[千田容子/笠井琴美/畠山智妃/福井咲良]/CAT's[越智春菜/赤田悠乃/富樫奈央]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Pink[田中知世/堀あおい/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]

毎週女祭り!格付けバトルロワイヤル! PRE.2【曲目】

01.愛のために。(上戸彩)/石川葵
02.三日月(絢香)/白川穂波
03.夢のうた(倖田來未)/富樫奈央
04.BLUE BIRD(浜崎あゆみ)/赤田悠乃
05.No Regret(倖田來未)/福井咲良
06.I'm A Slave 4 U(Britney Spears)/千田容子
07.ever since(SAYAKA)/堀あおい
08.BON VOYAGE!(BON-BON BLANCO)/山上綾加
09.雪の華(中島美嘉)/笠井琴美
10.FULL JUMP(愛内里菜)/畠山智妃
11.歌舞伎町の女王(椎名林檎)/村田唯
12.人魚姫(倖田來未)/村田唯
--.コントコーナー/Pink vs Lip
--.ゲームコーナー/全員
13.ふたりで…(倖田來未)/村田唯
14.ここにいるぜぇ!(モーニング娘。)/AP2クラブ
15.スカート、ひらり(AKB48)/AP2クラブ
16.always love(MAX)/Lip
17.no give up(オリジナル)/Lip
18.Brilliant Dream(中川翔子)/CAT's
19.stand up(オリジナル)/CAT's
20.白い花(ZONE)/MonKero
21.浮気なハニーパイ(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))/Pink
22.happiness(オリジナル)/Pink

毎週女祭り!格付けバトルロワイヤル! PRE.2【記録】

今回の評価。

総合ベスト(*1)・山上綾加
 Pinkのとき、マイク音の出なくなった他人をフォローしたり(*2)、MCでも一人気を吐いてたり、ダンスは言うまでもなく、だんだん隙がなくなってきました。

歌ベスト・福井咲良
 ソロ。普通に上手い。てゆーか、普段喋りとのギャップが卑怯です(笑)

ダンスベスト・赤田悠乃
 CAT'sの振り付けをがんばっていた。むしろ、りったん並みにがんばりすぎ(笑) ぃゃ、もちろん、がんばるのはいいことですよ♪

勝手にMCベスト・子出藤理恵?
 ぃゃ、修学旅行中のため欠席で、いなかったけどね(笑) いなかったからこそ、今回のPinkのMCを見て、やっぱりりったんはすげえよなあ、と再確認した。「りったんいないけど、MCがんばろうね」と言いつつ、がんばってアレだもんなあ(^-^;

勝手にお笑いベスト・Pink?
 Pink vs Lipのコント対決では、Pinkに票を投じた2人の内の1人が私ですが(*3)、だって岩ちゃんが「来週もまた見たい方は?」って言ったんだもん。単純にネタが面白かったのはLipだけど、Pinkには予想外の面白さがありえると思ったから、期待を込めて投票してみたんだもん。まあ、現実問題として、今回はなーんも予想外の面白さは発生しなかったわけだけど(苦笑) でも、今後を暖かい目で見守りたいと思います(笑) とりあえず、お笑いやるのに照れてちゃダメですな。

総評。
 というわけで、今回も成長率優先評価。ベテランさんごめんなさい(笑)
 その中でも、AP2クラブがすげー良くなってたのがびっくり。ベストユニットを(私が勝手に)個人戦にしてなければ、ベストユニットにしていても問題なかっただろう。ああ、そういう意味では、AP2クラブ、ごめん(笑)
 歌ベストはちょっと悩んだ。次点白川穂波ちゃん。あとは表現力かな。赤田悠乃ちゃんは、歌は上手いと思うんだが、どうも曲が合ってない気がするなあ。あと、以前のダメダメだった咲良ちゃんの記憶が強いのか、どうも咲良ちゃんに甘い評価になってしまった(*4)。次回からはベテランさん扱いにしたいと思います(笑)
 ダンスベストは、多分相当練習してるんだろうなあ、と思わせることの出来た悠乃ちゃん一択で。
 ゲームコーナーもなかなか盛り上がって、良かったかと。でも、ピンポン玉をバットで打つのは、見た目以上に難しいですってば(負け惜しみ)。
 コントコーナーはいらないと思うなあ。コントの練習をする時間があるなら、MCのスキルを磨いてほしいが。ああ、私がお笑いブームに乗り遅れてるだけですか、そうですか。

余談。
 早速ステージが出来ていた。と言っても仮設営だったけど。未完成のため上紙が剥がれてきてむしろ危ないということで、けろっぴが剥がして破壊していた(笑)

SAMURAIストリートライブ【概略】

日時:2006/10/21(土) 19:30
場所:大通2丁目(札幌)

出演:SAMURAI RIDERS[YUYA/MASATAKA]/西村笑花/長澤桃子

*1: ベストユニットとか書いてた気もするが、気にせず個人戦で。
*2: てゆーか、あのパートはユニゾンだっけか?
*3: 他の観客多数はLipに投票。
*4: ぃゃ、歌が上手いのは間違いないが。
第1回ピュアライム文化祭【概略】

日時:2006/10/29(日) 14:00
場所:広瀬無線電気(秋葉原)

出演:里中裕奈/京本有加/いとうあこ/木村裕子/工藤美紀/後藤麻希/芹澤季奈/つぼみ/寺本朱里/成海亜紀/森麻紀子/原田ともみ/TearDROPS[徳田公華/久慈沙也伽/菅笑梨]/Black Idol Chocorat's[百刈杏/柴田夢菜/唐原理菜]

第1回ピュアライム文化祭【曲目】

01.Magical Eyes(Folder5)/TearDROPS
02.like the wind(SEED)/TearDROPS
03.ZETTAI(PARADISE GO!! GO!!)/TearDROPS
04.まっさらブルージーンズ(℃-ute)/Black Idol Chocorat's
05.わっきゃない(Z)(℃-ute)/Black Idol Chocorat's
06.Go Girl〜恋のヴィクトリー〜(モーニング娘。)/Black Idol Chocorat's
07.TREE CLIMBERS(木村カエラ)/里中裕奈
08.三日月(絢香)/里中裕奈

第1回ピュアライム文化祭【記録】

あとで書くかも。