イベント参加リスト(2000年01月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
I'm ON ストリートオーディション【概略】

日時:2000/01/09(日) 13:00
場所:GIGO STAGE I'm ON(渋谷)

出演:土屋亜有子/西崎理乃/他
司会:田口美奈子/加藤由紀
客参加:井野岡紀美

I'm ON ストリートオーディション【曲目】

--.Ring! Ring! Ring!(DREAMS COME TRUE)/西崎理乃

※他不明

I'm ON ストリートオーディション【記録】

 先月のリベンジ分。本来今月やるはずだった分は来週やるとのこと。
 というわけで、りのりん優勝おめでとう! いやあ、優勝してしまうとは思わなかった(笑)
 ちなみにあゆあゆは、そのりのりんへのプレゼンター。まあ、なんでいきなりあゆあゆが? と思わないでもないが、一応CDデビューしてるしねえ(笑)
 オーディション終了後のCD物販で、CDを買えばあゆあゆと2ショットポラが撮れるということで、そのためだけにCDを購入。一番やっすい「あと少し…」(^^; もちろん、すでに持っていたので、CD自体は来週オーディションに参加するということで(*1)見に来ていたみーちゃん(井野岡紀美)にプレゼントしてたり(笑)

*1: ミッキーさんによろしく言われてしまった(^^;
TAKE OFF7 PRESENTS「パッと花を咲かせましょう!」クアトロバージョン【概略】

日時:2000/01/11(火) 18:30
場所:渋谷クラブクアトロ(渋谷)

出演:花*花/土屋亜有子/ミハラカオリ/笹塚一軒家/ザ・ミラクルマン

TAKE OFF7 PRESENTS「パッと花を咲かせましょう!」クアトロバージョン【記録】

 花*花メインの対バンライブ。花*花の生歌は初めてだったが、評判に違わぬ良さだった。
 あゆあゆはめちゃめちゃ緊張していたが、それは我々が最前列の手すりに横並びしてプレッシャーかけてたからだろうか(笑)

LOVE LOVE LOVE【概略】

日時:2000/01/13(木) 19:00
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:土屋亜有子/jellyfish[石崎智子/石垣三詠/山川佐智子]/Lovenders/SALIA
スタッフ参加:岡本絵莉
客参加:田口美奈子/加藤由紀/橋本悠

LOVE LOVE LOVE<かーしまくん>【記録】

※かーしまくんによるレポートです。

□開場
 会社を定時で切り上げ、渋谷へ向かう。藤沢からは小田急→東急で大体1時間ぐらいだ。とか思ってたら東急の乗換駅で寝過ごす(^^;;
 う〜む。間に合うかちょっと心配になる(^^;
 というハプニングがあったものの、18時半には無事TAKE OFF7に到着。開場までは、すでに到着していたけーくんやarachinさん達と雑談。開場後はとりあえず最前列を占領して(笑)、また雑談。内容は今後のイベント予定などの話など(笑)
 そのなかで、とりあえずウワサのコール表ももらう。
 ・・・口上?(^^;;
 これはちょっと難しいぞ(^^;;
 まぁ、「あゆ×4 あゆこ〜」ってのはarachinさんに任せておけばいいや(^^; と思いつつさらに雑談。
 入り口近くでは鯨岡先生がビデオカメラを立てている。あゆあゆを撮るらしい。さらにダラダラしていると、貞G、由紀さん、ゆーちゃんが登場。あれ? 美奈子さんは?(^^;; 今日は有線の収録だから一緒じゃなかったのか?
 ゆーちゃん登場ということで、arachinさんがは〜んさんに電話する(笑) は〜んさんは家にいたらしく、これから向かうとのこと(^^;; 今から出て。果たして間に合うのだろーか?(^^;
 とか言ってたら、えりりんも到着。早速arachinさんが行動を起こす(笑) 受付に出て行ったところで、「今回は再入場できませんから(笑)」とか貞Gに言われてる(笑)
 そういえばウロウロしてたら貞Gが見当たらなくなってたな。と思ったら楽屋へ行ってたのね(^^;

□土屋亜有子ライブ 前編
 そろそろ19時になるというころ、席につく。
 ステージの上には2組目以降のバンドのものであろう、楽器がすでにセッティングしてある。その中にグランドピアノがあったのだが、こんなのどこから入れたんだろう?(^^; ステージの奥にはもっとスペースがあったりするのだろーか?
 そんなことを考えつつ受付でもらったアンケートやチラシに目を落としている隙に、ステージ上にはあゆあゆが登場している(^^;; けーくんも「いつの間にか出てきてるし(^^;」とか言ってるし(笑) まぁ全体の流れとしてのMCとかは無いから仕方ないか。
 衣装はノースリーブのピンクのワンピースにおそろいのマフラーだ。
 そしてMCがあるのかと思いきや、「君だから」の前奏が流れ出す。

 「君だから」を歌い終わってMC。自己紹介と、曲の説明。
 さてMCの内容はというと、どうやらあゆあゆは正月気分が抜けてないらしい(笑) さすがにもう抜けてるって(^^;
 で、年明けといえば新年会ネタ(笑) 新年会と聞いたところで最前列からは笑いが起こる(笑) 「笑うところなんですか?(^^;」とあゆあゆ。なぜなんでしょうね?(笑) あゆあゆは今年の新年会ではちょっと飲みすぎたらしい(笑)
「お酒飲んでも迷惑かけないようにね(^^;」
 てゆーのに、ウケる客席(笑) しかしあゆあゆの返事は、
「あたしじゃないですよ(^^;;」
 とゆーことは誰かに迷惑かけられたのか?(笑)

 さて、今日は昨日に引き続きあいにくの雨だったのだが、「次の曲は晴れた、爽やかな空をイメージして歌います」といえば、「Maybe Happiness」。
 ・・・コール、失敗。とゆーか惨敗(^^;
 ぃゃ、歌に聞き入ってすっかり忘れてた(^^;;
 arachinさんはちょっとがんばっていたけど、誰もついていかない(^^;; う〜ん確かに、やっぱちょっとコールは入れにくいかな?って言うのが正直な感想(^^;
 それでもやっぱ、この曲は明るくていいよなぁ。8耐で最初に聞いたときに妙に私のツボにはまったんです、この曲(^^)
 そういえば、受付に置いてあった曲順のメモには「Maybe Happiネス」って書いてあったけど、これはミッキーさんの手抜きということが判明(^^;

□土屋亜有子ライブ 後編
 さて、あゆあゆは作詞作曲をこなし、自分で曲を作ったりしてるわけだが、ここからはあゆあゆが自分で作った歌特集らしい。
 ここでゲスト登場。あゆあゆのボイストレーニングの先生だ。先生はピアノで伴奏。たしかにオケはないだろうな(^^; それにしても、生演奏であゆあゆの歌が聴けるとはちょっとうれしい(^^) しかも生ピアノだ。期待も高まるというもの(^^)
 そして、あゆあゆ自作曲特集最初の曲は「メッセージ」。この曲の詞はあゆあゆ自身もお気に入りらしい。歌う前にも「詞を聴いてください」って言ってたし。
 うん。初めて聞いたけどいい曲だ(^^) ピアノの伴奏と詞がいい感じであってるとゆーか。聴いてて純粋に「いい曲だ」と思う。やっぱ元気なのもいいけど、こういうバラードこそあゆあゆ、って気がするなぁ。

 お次はあゆあゆには珍しい(本人談(笑))明るい、かわいらしい曲(^^) ホントはマラカスもって歌いたかったんだけど、結構難しかったので今回は断念らしい(^^;; 「マラカスも結構バカにできない(^^;」と言っていたけど、確かにその通り(^^; ちゃんとした音を出すのは結構難しいというか、コツがあるみたいですな(^^;;
 そんなわけで、今回はマラカスの代わりに我々の手拍子だ(笑)
 次回は是非マラカスをもって踊る姿を見てみたいぞ(笑) 曲名は「パパ&ママ」。
 なんとなく、「みんなのうた」で流れてそうな可愛らしい曲(笑)
 内容は、結婚しても恋人同士みたいなパパとママはうらやましいね、って感じだったか。でもこの曲調でマラカスってゆーのはちょっと想像しにくいものがあるんだけど(^^;
 まぁ。伴奏もピアノ1つだったし、ほかの楽器が入ってくると変わってきたりするんだろう(^^; とゆーわけで次回はマラカスに期待(笑)

 さて、いよいよあゆあゆライブも最後の曲になったところで。
「次は最後の曲です」
「えー」
 まぁお約束(笑) しかも、
「まるで待っていたかのように(笑)」
 と言われる(^^; でもまぁ。お約束はお約束だし(笑)
 というわけで、ラストは「あと少し…」、あゆあゆ作の曲で、この曲は抜きに出来ません。
 オケで歌うのかと思ったら、先生がピアノで伴奏だった。あー、やっぱ生音っていうのは新鮮でいいなぁ〜(^^) 伴奏自体はCDのオケとほとんど一緒なんだけど、やっぱその場の雰囲気が違ってくるとゆーか、余分な音がない分ボーカルがういてくるとゆーか。
 それにしても今回はちょっとラッキーだったかな、という気にさせてもらいました(^^)
 「あと少し…」を歌い上げて、あゆあゆライブは終了。とりあえずお疲れ様でした。

 で、次のバンドはすぐ始まるというわけではなく、楽器などのセッティングの関係で、少し間があくらしい。まぁ、休憩時間といったところか。
 そんなとき、席の後ろの方を振り返ったら、いつの間にか美奈子さんが来てた。いったいいつの間に来ていたんだろう(^^;; ぜんぜん気づかなかった(^^; とゆーか後ろなんて振り返ってるひま無かったし(^^;;

□Lovenders
 小柄な女の子がボーカルのバンド。
 3曲ぐらい続けて歌ったところのMCで、
「アンケートにお答えいただいた方にもれなく、メンバーによる家内制手工業Tシャツ……?Tシャツじゃないよー、ステッカーだよー(^^;;」
 と壊れる(^^;; どうやらプレゼントはステッカーらしい。
 この壊れっぷりが、それまでの歌ってるときとのギャップで結構可愛い(笑)
 ちなみに私のもらったパンフにはアンケートが入っていなかった(^^;

 このバンドの間にあゆあゆはえりりんと一緒に受付へ出て行ったようだ。
 終わった後、次のバンドへの転換のとき、気づいたら席に座ってるのは私とKIRARAさんだけになっていた(^^;; そこでこんなやりとりがありました。
私「みんなどこいったんですか?」
K「受付でしょ。みんなダメすぎ(^^;;」
私「ああ、そういえばさっきあゆあゆもえりりんと一緒に出て行きましたね」
K「…え?(^^;」
 といってKIRARAさんは席を立ったのでした(笑)
 すぐ戻ってきたけど(^^;

□SALIA
 さすがに上手かった。バンドもよかったし、MCも上手い。
 今日雨が降ったのはこのバンドのベースの人のせいらしいけど(笑)
 このベースの人はいいキャラクターだった(笑)
 そんなSALIAの今年のテーマは自己主張らしい。
 それの説明が大阪での回転寿司の話だったのだが、そこもベースの人の突っ込み、相槌などがなんか笑えた(笑)

 このバンドが終わった時点で由紀さん、美奈子さん、ゆーちゃんが席を立つ。
 ああ、は〜んさん間に合わなかったか(^^;;
 と、思ったらは〜んさん到着。なんとか間に合ったようだ(^^;;
 受付のところでちょうど出て行く一行と鉢合わせ。
 でも、やっぱり会ったのはほとんど一瞬(^^;; てゆーか話した?(^^;;
 でもそのあとちゃんと入場料払ってるから偉いわ(^^;

□jellyfish
 女の子3人組。ホントはアルテミスという事務所のスタッフだそうな。
 歌は悪くないのだが、何か方向性が違う(^^; ああ、なんかうまく説明できないなぁ(^^;; そういえば終わった後arachinさんが「昔のYMOみたいだ(^^;」とか言っていたなぁ。きっとそういう感じなんだろう(^^;

 前列の席が知らない人に占領されていたので(^^; 最後列(とゆーかPAの前)で見てたらあゆあゆがドリンクをもらいにきた。
 そのときに思わずフードを引っ張るけーくん(笑) 好きだねぇ(笑)
 でもあゆあゆは、3回くらい引っ張ってようやく気づいたみたいなんだけど?(^^;

 全バンドが終わった後は。例によって受付にたまる(笑)
 そういえば。あゆあゆに自己紹介をしてなかったようなので。とりあえず自己紹介してみる(^^;
「あ。ども。私がかーしまです〜。9日にスキーに行ってた奴です(^^;;」
 といったら、
「ああ。ウワサの(^^;」
 ん? ウワサのってなんだ、いったい?(^^;; 私はそんなに目立ったことしてないはずなんだがなぁ(^^;; ちょっと気になるが、まぁ気にしないでおいておこう(^^;;
 そんなわけで、スキーに行った時に買ってきたお土産を渡す。お土産はかえるの小銭入れ?みたいなもの。結構喜んでもらえたようで嬉しい(^^)
 あゆあゆに渡すとき、となりから「えりりんには〜?」という声があがったので、えりりんにも渡しておく(^^; なかみはやっぱり「かえる」(^^;
 ああっ、両方ともあゆあゆに買ってきたってほとんどバレバレじゃん(^^;;

 あとはそれぞれ雑談したり、絵日記を書いてもらったりしながら、とりあえず第一ラウンド終了(笑) 荷物の搬出が始まるとのことで、貞Gに受付から追い出される(^^;
 そういえば、このあと階段でarachinさんがLovendersのCDにサインをもらってたような気もしたなぁ・・・。

□出待ち
 とゆーわけで、出待ちである。
 すでに持ってきている人たちはカメラなどを用意している。
 とりあえず片付けを終えたバンドから荷物をもってエレベータで降りてくる。
 で、荷物を積んで帰るのだが、SALIAの搬出ですごい音がしたと思ったら、誰かが車のドアを道端のポールにぶつけたらしい(^^;
 ・・・ベースの人だ(^^; 終わった後もやってくれるなぁ(^^;;

 などということがありつつ、我々はあゆあゆ達が降りてくるのを待つ。
 しばらくすると、帰ったはずの由紀さん、美奈子さんが戻ってきた。ゆーちゃんがいないのは、やはり電車のせいか(笑) エレベータであがっていく、と思ったらすぐ帰ってきた。貞Gも一緒だ。迎えにきたのかな? で、降りてきた由紀さんをみてちょっとびっくり。フードを目深にかぶっていて顔が見えない(^^;; みんなに「あやしー(^^;」とか言われてるし(^^;; そしたら「あやしくないもん」って言ってフードを取った(笑) でも上着の前を一番上まで閉めていたのであごくらいまでは隠れてる(^^;;
 で、お疲れ様〜と挨拶をして帰っていくのだが、TAKE OFF7の前の道を半分ぐらいわたったところで引き返してくる由紀さん。
「あのさぁ。サイバスターさぁ」
 ???と思っていたら
「組んだんだけど。羽が重くてたたないんだよぉ」
 どうやら、なかぞのさんが以前にあげたプラモの話らしい(^^;
 それだけ伝えて再び道を渡ろうとすると。ちょうど来ていた車にはねられそうになる(^^;; 危ないって(^^;; しかし、由紀さんは何事もなかったかのように、先行している貞Gたちを追いかけていった。さすが由紀さん(笑)
 このとき何が起こったかわかってなかったのは。由紀さんだけだったということが後日判明(^^;; おいてかれそうで必死だったらしい(^^;;

 あゆあゆが出てきたのはやはり、最後(^^; すでに時間は23時近い(^^;;
 終わったのは22時前だったような気がするからかなり待ったのか(^^;
「じゃ、5分だけ(^^;」というミッキーさんの言葉で撮影会が始まる(^^;
 そういえば、あゆあゆ達がエレベータから降りてきたとき、我々と向かい合ってしばし固まっていたのはいったい何だったんだろう?(^^;;
 でもカメラも何も持ってこなかった私は結構ヒマだったりする(^^; やっぱCDとか実家に忘れてきたのが悔やまれる。でも、せっかくなのであゆあゆに手帳にサインしてもらう。新しい表紙にしよ(^^)
 arachinさんはえりりんにバックグランドメッセージのCDにサインをもらおうとして。
「ああっ。間違えた(^^;;」
 どうやらえりりんが出演してないほうのCDを持ってきたらしい(笑) これにはえりりんもだいぶ呆れ顔(^^;; それにしてもあゆあゆライブなのに、ナゼえりりんのサインをもらおうとCDをもってるんだろーか?(笑)
 それからもう少しだけ写真を撮ったり、サインをもらったりしたところで、ミッキーさんからそろそろ解散の合図。すでに帰りの電車が心配な私も「お疲れ様でした〜」と挨拶をしてとっとと撤収(^^;
 でもあゆあゆの歌が聴けて、自己紹介も出来たのでとても私は満足でした(^^)

I'm ON ストリートオーディション【概略】

日時:2000/01/16(日) 13:00
場所:GIGO STAGE I'm ON(渋谷)

出演:西崎理乃/井野岡紀美/他
司会:田口美奈子/加藤由紀

I'm ON ストリートオーディション【曲目】

--.Ring! Ring! Ring!(DREAMS COME TRUE)/西崎理乃
--.1/2(川本真琴)/井野岡紀美
--.夢冒険(酒井法子)/西崎理乃

※他不明

I'm ON ストリートオーディション【記録】

 りのりんは、前半が終わった合間で登場。前回優勝者という立場だ。
 相変わらずミニスカートなのは嬉しい(笑) でも、ステージに上がっても、会場の装飾のせいでほとんど見えなかったりする(^^;
「西崎理乃さん、どうぞー!」
 しかし、美奈子様に呼ばれても出てこない(^^;
「西崎さーん?」
 再度呼ばれてようやく登場。相変わらず登場シーンはショッパい(笑)
 歌うは前回優勝を決めた「Ring! Ring! Ring!」。MD収録曲を歌うのかと期待していたのだが残念。今週レコーディングするらしい。
 というわけで、後半戦に突入。
 先週知り合った(*1)みーちゃんこと井野岡紀美嬢が出るので応援。歌うは「1/2」だ。先週交わした約束通り、「愛してる」コールを入れる(爆) かーしまさんから、「すごく楽しそうだね(笑)」と言われてしまった(^^; が、そのかーしまさんも「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃ損々」とか言いながら、コールしてるし(笑)
 採点の拍手だが、一回目は声が入ってしまったということで、やり直し。それが仇となったか点数は75.0ホーン。ここまでの最高が79ホーンくらいだったので、80ホーン超を狙っていたのだが。
 さて、りのりんの出番は優勝者へのプレゼンターとして登場するとのことだったが、その前に途中で降りてきて、ミッキーさんと一緒に出場者を応援。スリートゥリー絡みなのかな?
 その際、りのりんは白いパーカーを着ていたのだが、それがフード付き……(笑) 引っ張るのはデフォルトとして(笑)、お金を入れ始めたのは橘影魅さんだったか(爆) それに続いて、みんなも賽銭よろしく入れ始めるし(笑) ミッキーさんまで何か(*2)入れてたし(笑) かくいう私も「御縁」をフードへ。ショッパ神社はご利益あるかなあ?(笑)
 その後りのりんは、多分チャラチャラ鳴っていたのだろう。フードを押さえながら、走って戻っていったのであった(笑)
 そして、最後の出場者の歌が終わり、いよいよ結果発表である。
 が、その前に、再びりのりんの歌があるらしい。今度こそ、MD収録曲だと信じて疑わなかったが、流れた曲は「夢冒険」(^^; まあ、めっちゃ好きな曲だからいいけどー(笑)
 そして、結果発表。
 まずセガカラ賞は……最後に歌ったコだったかな(^^; なお、カラオケ採点システムの得点はセガカラ賞を決めるためだけに使って、優勝者は拍手とネット投票の合算値で決めるらしい。
 準優勝は、SPEEDの曲を歌った女の子2人組だった。姉妹らしい。拍手が79ホーンで、ネット投票2位だったか。
 そして優勝は……なんとみーちゃん! これは全くの予想外だった(^^; 拍手は75ホーンだったが、ネット投票が1位だったらしい。ネット投票じゅ〜よ〜か?
 というわけで、前もっての説明通り、りのりんがプレゼンターとして出てくるのだが、こうして並んで見てみると……地味だよなあ(^^; とても、前回優勝者とは見えん(^^; やっぱり真っ赤なマントに電飾つけて登場くらいしないと(謎笑)
 こうして、第2回ストリートオーディションは、みーちゃんの優勝で幕を下ろしたのであった。
 以下余談。
 その後はもちろん出待ち。優勝したみーちゃんは鯨岡さんと一緒に登場。お祝いを述べ、写真を撮らせてもらう。
 りのりんはミッキーさんと登場。賽銭は107円だったらしい(笑) ミッキーさんのジュース代として消えた模様。それにしても、ホントにご利益あったなあ(笑)
 そして最後に、美奈子様、由紀さんたちが貞Gを連れてやってくる。
 由紀さんは、先日の「LOVE LOVE LOVE」の帰り、自分が轢かれそうになっていたことを全く気づいていなかった(^^; やっぱりなあ(笑)
 あと、森川さんが美奈子様に詰め寄ったら、美奈子様は逃げてたけど、あれは何をやってたの?(笑) 見てる分には面白かったんだけど(笑)
 そして、その後はOFF会をして、この日は終わったのでありました。

*1: というか、ミッキーさんに紹介された。
*2: わらいグマ?
あいどる一週間【概略】

日時:2000/01/20(木) 19:30
場所:三鷹スタジオ・アイ(三鷹)

出演:西崎理乃/藤崎とうこ/岡本絵莉

あいどる一週間【曲目】

01.宝石(山下久美子)/西崎理乃
02.Good Love(高橋由美子)/西崎理乃
03.元気!元気!元気!(高橋由美子)/西崎理乃
04.Fight!(高橋由美子)/西崎理乃
05.だいじょうぶ(堀川早苗)/藤崎とうこ
06.いつか(上田愛美)/藤崎とうこ
07.デンワしてダーリン(石井ゆき)/藤崎とうこ
08.会いたくて〜Lover Soul〜(LINDBERG)/藤崎とうこ
09.君の翼〜だいじょうぶだから〜(瀬能あづさ)/藤崎とうこ
10.yell(高橋由美子)/藤崎とうこ
11.夢の中へ(斉藤由貴)/岡本絵莉
12.悲しみよこんにちは(斉藤由貴)/岡本絵莉
13.MAY(斉藤由貴)/岡本絵莉
14.卒業(斉藤由貴)/岡本絵莉

あいどる一週間【記録】

□開場
 会社を定時で速攻で抜けて、朝出しておいた写真の焼き増し分を受け取って、一路三鷹へ。相変わらず遠いが、開場前の19時時ちょっとすぎには何とか到着。すでに、ねっしんなふぁんさんたちが数人来ていた(笑)
 それにしても、OGHIさんがプリンカムを買って持ってきたのにはびっくり(笑) プレセペさんに借りて、手放せなくなったか(笑)

 開演が近づいてきて続々と集まってくる客。平日だというのに、思っていたよりもはるかに多い(^^; これは一体、誰の効果なのだろう?(笑)
 さて、予定の19時を少し過ぎて開演。予約者の名前が読み上げられていくのだが、一番最初が私だったのにはびっくり。まるで、ねっしんなふぁんみたいではないか(笑) 予約したのは金曜夕方だったような気がするんだけどなあ。
 というわけで、最前列の真ん中という好位置をゲット!(^^) しかも、この会場はもともとステージと客席の間が近いので、手を伸ばせば届いちゃいそうなほどである(笑)
 そして、カメラの準備などをしつつ、開演するのを待つ……。

□トップバッター=前座?(笑)
 開演時間を10分ほど過ぎて、ようやくりのりん登場! 曲が流れてきたのでBGMかと思ったら、そのまま歌に突入した(^^; 年越しライブでも歌った、山下久美子の「宝石」だ。
 本日のりのりんの衣装。赤い上着は、前で3つリボン結びしてあるのが可愛い(^^) その下はピンクのシャツか。そして、相変わらずのミニスカートである(^^) ピンクのチェックだったか。そして髪は、頭の横でツインテール。
 1番と2番の間の間奏で挨拶が入る。
「本日のトップバッターを務めさせていただきます西崎理乃です! 2番もちゃんと聞いて下さいね!」
 曲の最中でもカメラ目線だったりして、サービス精神旺盛である(笑)
「改めましてこんばんわ。西崎理乃です。今日はたくさんの方が来て下さって、ありがとうございます」
 歌い終わって、そんな出だしでMCが始まると、さっそく客席からツッコミ。
「キミを見にきたわけじゃない(笑)」
「なかなか辛辣な答えが返ってきました(^^;」
「いや、キミを見に来た!」
 とりあえずフォロー(笑) 一緒になっていぢめても芸がない。
「ありがとう!(^^) 優しいね〜。涙が出るよ」
 ほら、嬉しそうじゃないか(笑)
 さて、りのりんは、ここスタジオ・アイに芝居やトークライブなどでは何度か来ているらしいが、歌いに来たのは初めてとのこと。
「同じステージでも、結構緊張するもんですね〜」
 それでも、客席の様子がよく見えないので、まだ緊張してないほうらしい。
「この後にも、たくさんアイドルの方が出てくると思いますが、私も今日はアイドルぶって頑張りたいと思います!」
「え〜〜〜」
 しかし、客席は一斉に「アイドルぶって」に反応(笑) その後、それを「許す/許さない」談義が沸き起こったが(笑)、
「今日はアイドルとして一日頑張りますので、よろしくお願いします」
 結局、強引に押し切った(笑)
 しかし、
「突っ込んでもらえないと落ち着けない身体になってしまいました(笑)」
 ってのは、アイドルじゃないと思うぞ(笑)
 続いての曲は、「宝石」がアイドルじゃないのにアイドル曲を歌っているというイメージだったので、今度は正真正銘アイドルらしい曲ということで、高橋由美子の「Good Love」。
「今日初めて私を見に来た人?」
「はーい!」
 手を上げる人多数。その中に、知ってる顔も多数(笑) って、自分も上げてるし〜(笑)
「4月1日はまだですからね(笑)」
 そして、初めての人向けに自己紹介。てゆーか、ニュータイプナイトの告知となっていた(^^;
 その後、今後の出演予定の告知もあり、2月2日の「アイドルChu-Mail」の出ることを言った途端、
「受付?」
「買出し?」
「カメラ?」
 そんな声多数(笑)
「何でもやるさ(笑) カメラも返すよ。預かるのはちょっと無理だと思うけど」
 開き直ってるし(笑)
 そしてとどめは、
「渋谷TAKE OFF7の周りでうろちょろしてると思いますので、見に来て下さいっ」
 って、出るんじゃないんかい(笑)
 続いての「元気!元気!元気!」では、客席が「元気!」コールで盛り上がり、りのりんも「ありがとうございますっ。嬉しいですっ」と言っていたのだが、
「曲に反応〜(笑)」
 客席からはやっぱり突っ込み(笑)
「それでは、最後の曲です」
「え〜!」
「今起きたばっかり」
「今寝たばっかり」
 言いたい放題である(^^;
 そして最後は「Fight!」を歌い上げ、りのりんは引き上げていったのであった。
 むう、短い(^^; 今日の出演は3人だけじゃなかったのか? こんなんじゃ、21時前に終わるぞ(^^;;

□子守唄?(笑)
 何か隣の方でarachinさんが席を替わっていると思ったら、えりりんをよく見たいがために替わってもらっていたらしい(笑)
 しかし、「だいじょうぶ」の曲と共に現れたのは、藤崎とうこ嬢であった(笑)
 歌い終わってMC。
「皆さん、こんばんわ。藤崎とうこと申します。はじめましての方もいると思いますけど――」
 お約束のように手を上げる人多数だが、私はおとなしくしておく。とうこちゃんに顔を覚えられてるわけでもないし(^^;
「理乃ちゃんの後には出づらかったです(^^; 盛り上がりの後に、こんな曲ばっかり歌うんで(^^;」
 今日は、暗い曲特集らしい(笑)
「えーと、次の曲行きます(^^; 自己紹介はしましたよね?」
「え〜!?」
「誰〜!?(笑)」
「藤崎とうこです、って言ったじゃないですか」
 確かに言ってたけど、突っ込んであげるのがお約束(笑)
「他に何か自己紹介することあります?」
「年齢とスリーサイズ(笑)」
「スリーサイズは、上から、キュッ、ボン、ボンです」
 って、場所が違わね〜か?(笑)
 そして、「いつか」を歌い、
「眠くなりそうな曲ばかり聞いていただいたんですけど、怒らないでね(^^;」
「もっと弾けようよ」
「どこまで?」
「行けるとこまで(笑)」
 それは、ぜひ行ってほしい(笑)
 さて、その後は何故かポップコーン作りの話題へと移行し、作ってみたものの塩味が足りなかったので、「ポップコーン食べて塩なめて」というようなことをしていたらしい(^^; 身体に悪そ〜(^^;;
 しかし、そんな声にもしっかり反論(笑)
「この前会社の健康診断受けたら、“あなたはしょっぱいものと甘いもののどちらが好きですか?”って聞かれたから、“辛いものが好きです(^^)”って答えたら、“しょっぱいもの摂りなさい”って言われたの(笑)」
 それとこれとは話が違うような気もするが(^^;、それ以前に「しょっぱい」「甘い」の二択で、どうして「辛い」が出てくるんだ?(笑)
 しかし、客席にとっては、それもどうでもいいことだった。「しょっぱい」という言葉に反応しだしてるし(笑) 「しょっぱいもの」はさっき出てたねえ(笑)
 そして、「デンワしてダーリン」、「会いたくて〜Lover Soul〜」と、2曲続けての披露。
「1曲くらい、知っている曲がありましたか?」
 LINDBERGは知ってたなあ。サビ聞くまで分からなかったけど(^^;
「3曲目は、別のイベントで聞いたことある(笑)」
「本人を知ろうよね(^^;」
 というわけで、イベント告知。来週は2月ではありません(笑) それにしても、2部制のイベントの1部にしか出ないという発表で、「なんで〜?」という客席の声に本人が答えた「人気ないから(笑)」という言葉は、やっぱり洒落なんだよな(^^;;
「それでは、ラスト2曲です」
「え〜〜〜!?」
「今起きたばっかり(笑)」
 ああ、それは洒落になってないかも(笑)
 というわけで、再び2曲続けて「君の翼〜だいじょうぶだから〜」と「yell」を歌いきって、とうこちゃんの出番は終わったのであった。

□トークコーナー(前編)
 ――と思ったのだが、帰らないとうこちゃん。逆に、入り口からえりりんとりのりんがやってきて、3人でステージの上に並べ始める。順当に横に3つ並べられた椅子だが、どこに誰が座るかで揉めている(^^; 結局、左から、えりりん、とうこちゃん、りのりんに落ち着いたようだ。
 一体、何が始まるんだ?
 ということは、とりあえずさておき。これが初顔見せとなるえりりんの衣装は、水色のノースリーブワンピース。arachinさんが「8耐のときも着てたよね」と言ったら、「しーっ!」と怒られていた(笑) そして、エヴァのアスカの髪飾りよろしく頭につけた花が可愛い(^^)
 そして、とうこちゃんはもちろん衣装が変わっているはずもなく、りのりんはミニスカートからジーンズのショートパンツへとはきかえていた。
 さて、3人が椅子に座って落ち着いたところで、
「りのりん、可愛い〜めちゃくちゃ(^^)」
 と、せっかく声援を掛けてあげたのに、
「それ、すごい嘘っぽい(笑)」
 なんて言われるし。えぐえぐ(;_;)
 そして、いつの間にかさらに中央に近づいてきて私の隣の席となっていたarachinさんが、
「えりりんの方が可愛い〜(^^)」
 と言ったので、
「りのりんの方が可愛い!」
 と言い返したら、arachinさんに殴られた(^^;
 そんなこんなで、
「トークコーナー!」
 ん? りのりんが仕切るのか? えりりんととうこちゃんの椅子は黒いのに、りのりんのだけ赤いのは、司会者の証か?(笑)
「暑い人〜?」
 多数の手が上がる客席を見て、
「しょうがないなあ〜」
 と椅子から立ったりのりん。
「脱ぐの?(笑)」
 とーこちゃんからそんな声も上がったが(笑)、もちろんエアコンの調整をするだけである。ちぇっ、つまらん(笑)
「MDデビュー、おめでとー」
 椅子に戻ったところで声を掛けると、
「ありがとうございますー。言うの忘れてた(笑)」
 忘れるなよ(^^;
「というわけで、トークコーナーです。はい、立って」
 と自ら立って、えりりんととうこちゃんも立たせるりのりん。
「気をつけ。礼」
 の号令で頭を下げる3人だが、客席から誰かが「さようなら」とか合わせてるし(^^;;
 さて、とりあえずは自己紹介。まずは、まだ客前で挨拶していないえりりんからだ。
「岡本絵莉です。はじめまして」
「藤崎とうこです。よろしくお願いしまぁす」
「西崎理乃です。よろしくお願いしますー」
 本日の、勝手に司会、らしい(笑)
 挨拶も済んだところで、本日のお題を発表。「今後のアイドルを考える」。客席から「分かりづらい」と文句も上がっていたようだが、
「私が決めたわけじゃないですから(^^;」
 と逃げていた(笑)
「来年から21世紀となるわけですが、まずは19世紀までのアイドルについて――」
「19世紀!?」
「100年前!?」
「間違い間違い(^^; 20世紀」
 そりゃ、突っ込みも入るわな(笑) さすがショッパいな(笑)
「まあね、それがウリだから(笑)」
 開き直ってるし(^^;
 さて、とうこちゃんは、実はアイドルに詳しいらしい。以前、夏丘あさこ……じゃなくて(笑)、小宮あかりちゃんとアイドルについて語り合ったらしい。うーむ、アイドルおたくのあかりんと語り合えるんなら本物だな(笑) そこに、桃井はるこ嬢も混ぜてみたいぞ(笑)
「アイドルと言えば?」
 なんとか話題を進行させようとする司会者の質問に、
「若い」
 えりりん即答(笑) それを聞いて、顔を見合わせていぢける右の二人(笑)
「それは、私に対してケンカ売ってるの!?」
「別に、そんな意味じゃなくて〜(^^;」
 とか自己弁護しながらも、「理乃おねえさま〜(笑)」とか言ってる辺りが、さすがえりりん(笑)
 でも、実は一番落ち込んでいたのはとうこちゃんだったらしい(^^;
「みんな、言わないとわかってくれないんだ(;_;)」
 と、りのりんより年上であることをわざわざ告白し、
「だからさっきわざわざ生年月日聞いたんでしょ!?」
 って、そんな意図はなかったと思うが(^^; う〜ん、やっぱり女のコに年齢の話はタブーなのね(^^;;
「若いよ、みんな。みんな若いの。ここにいる人はみんな若い!」
 結局、とうこちゃんはそう結論づけたのでありました(笑)

□トークコーナー(中編)
 というわけで。
「アイドルの1つ目の条件は、みんなクリアしたことになりました(笑)」
「誰も、クリアしてないって言ってないのに(^^;」
 そんなえりりんの呟きは無視された(笑)
「じゃあ、絵莉ちゃんがアイドルだと思う人は?」
 アイドルの条件では話がヤバい方向に行ってしまったので(笑)、話題を変える司会者りのりん。
「んー、光ゲンジとかー」
 い、いきなり男が出てくるとは予想外だった(^^; まあ、ジャニーズ系は確かにアイドルだよなあ。
「ああ、裸にジャケットの人ね(笑)」
 りのりんにジャニーズを語らせると長いらしい(笑)
 で、りのりんが「私、ローラースケートでターン出来たよ」と言うと、
「自分が運動神経いいからって……」
 えりりんがいじける(笑)
「まあねー。絵莉ちゃんよりはマシだけどねー」
 って、りのりんも油注ぐし(^^;
「ここ、仲悪いの?(^^;」
 間に挟まれたとうこちゃんはたじたじだ(笑)
「よく言われるけど、そんなことないんだよねー?」
 えりりんに問い掛けるりのりんだが、えりりんの返事より先に、
「え〜〜〜〜〜!?」
 客席が反応(笑)
「愛情表現かあ。ケンカするほど仲がいい、っていうしね」
 そうそう、とうこちゃんの言う通り。愛があるからいぢめるのです(笑)
「私がトムだから、絵莉ちゃんがジェリーね」
 そんな比喩を持ち出したりのりんだが、えりりんは「トム&ジェリー」を知らなかったようで……(^^; それって、若いから?(^^;
 そんなえりりんは放っておいて(笑)、続いてとうこちゃんにアイドルの条件を尋ねる。
「可愛い人。可愛いっていえる人」
 分かるような、分からないような(^^; 女から見て可愛いことも重要らしい。
 その後話題は、松田聖子やピンクレディなど、昔のアイドル談義に移り、何らかの曲名が出る度に声を揃えて歌い出す客席の極々一部(^^; りのりん曰く、「あそこだけ宴会始まってますね(^^;」。
 ピンクレディ談義といっても、世代によって影響は異なるようだ。
 えりりんは、物真似番組で誰かがピンクレディの物真似をしているのを見て、ピンクレディを知ったらしい(^^; 「私、物真似好きだから(笑)」とは言うものの、ピンクレディって、そんなに昔だったのか?(大汗)
 りのりんは、玩菓のマイクを握り締めて「サウスポー」を歌っていたらしい。しかし、何故だかそのマイクをかじっていたんだとか(^^;
「食い意地張ってたんだと思うけど(笑)」
「そのころから(笑)」
 えりりんのさりげないツッコミ(笑)
「そう、そのころから……って、うるさい。岡本絵莉、うるさい!」
「仲いいなあ(笑)」
 そんな二人の様子を見ながら、とうこちゃんがしみじみと漏らす(笑)
「初めて言われた(笑)」
 しかし、りのりんの返答が、全てを物語っているような(笑)
 他にも、えりりんがザ・ベストテンや夜のヒットスタジオを知らないと言うと、「家にテレビなかったの?(笑)」とか言ってたし(^^;
 さて、りのりんのピンクレディ以後のアイドルは、思いっきり飛んで酒井法子になるらしい。前者が親に見せられていたもの、後者が自分で見始めたもの、その違いで間が空いてしまったんだとか。
 一方、とうこちゃんは、小さいころは沢田研二と小林幸子が好きだったらしい(笑) それを受けて、えりりんが「私、八代亜紀」と言うと、
「なんか知らないけど、八代亜紀と小林幸子……って、違う(^^;」
 えりりんにつられて間違っていた(笑)
「そういえば、アイドルといえば、おニャン子クラブですよね!」
 えりりんは「夕焼けニャンニャン」に出たかったらしいが、その前に番組が終了してしまい、残念だったらしい。
 そのおニャン子クラブに反応したのはとうこちゃん。
「うしろゆびは2人だから……うしろ髪は3人でしょ? 工藤静香がいたやつ。斉藤満喜子って、もうレポーターもしなくなった?」
 これには思わず爆笑(笑) 客席情報によると、結婚して引退してしまったらしい。

□トークコーナー(後編)
 さて、りのりんがまとめにかかる。
「ひらひらしてるアイドルっていうのは――」
「ひらひらしたアイドルって何?(笑)」
 が、そののっけから容赦なくツッコミを入れてくるえりりん(^^;
「変なところ、突っ込まないよーに(^^;」
 もちろん衣装がひらひらのことなのだが、説明されずとも通じる私の方がおかしいのだろーか?(^^;
「ひらひらいいよねー。制服もいいよねー(^^)」
 とうこちゃんが反応。が、いきなりえりりんのワンピの裾を指して、
「これ、可愛いよね」
「ありがとう(^^)」
「とうこちゃん、話聞いて〜(^^;」
 えりりんは素直にお礼を述べたが、りのりんは困り顔。
「ごめん、ちょっと飛んじゃった(笑)」
 わ、わからん(^^;;;
「制服といえば――」
 我に返ったとうこちゃんがえりりんに身振り手振りで何かを伝えようとするのだが、一向に察しきれないえりりん。
「――斉藤由貴だっけ?」
 結局自分で答えを導き出したとうこちゃんだが、その言葉にえりりんが反応。
「シャッ!」
 右手を勢い良く前に突き出して、すぐに引っ込める。ああ、なるほど(笑)
「何がしたいの、今のは(^^;」
 あれ? りのりんには通じていないのか?
「絵莉ちゃん、もう一回やってごらん」
 りのりんのリクエストに答えて、再度「シャッ!」とやるえりりんだが、それはつまりヨーヨーを操るポーズなのだ。そう、スケバン刑事(笑)
「確かスケバン刑事って、3人くらいいたよね?」
 斉藤由貴、南野陽子、浅香唯である。
「スケバン刑事になれたら、アイドルかもしれないね」
 なんとか話をアイドルに戻そうと懸命な司会者りのりん(笑)
「あと2人いるよー」
 客席からの声は、中村由真、大西結花のことを示していたのだろうが、
「それはその他でしょ」
 とうこちゃんがバッサリと切り捨てる(^^;
 それにショックを受けたのはりのりんだ(笑)
「でも私、スケバン刑事ごっこするとき、いつも中村由真の役だった(^^; その他だった(^^;;;」
「そういう意味じゃなくてー(^^;」
 とうこちゃんもフォローが大変そうだったなあ(笑)

 スケバン刑事の話はそれくらいにして。
「とうこちゃんにとっては、どんな人がアイドル?」
 なんか、質問が戻ってないか?(^^;
 それはさておき、とうこちゃんが最初に転んだアイドルは西野妙子嬢とのこと。DOSは一体どこへいったのだろう(^^;
「私ガリ勉だったから、妙ちゃんを知るまでは全然興味なかったの」
 そして、りのりんと西野妙子嬢とに意外なつながりが! なんと、幼少の頃一緒に公園で遊んだ仲だったんだとか。しかし、全然記憶にはないらしい(^^;
 それでも、「いいな、いいな、いいな、いいな、いいな」と「いいな」を連発するとうこちゃん。ホントにファンなんだねぇ(笑)
 さて、西野妙子嬢の次は、高橋由美子嬢に転び、その後大きく広がって、今はキュッとしぼんだ状態であるらしい。
「高橋由美子といえば“20世紀最後のアイドル”だけど、Z-1って“Z”がアルファベットの最後で“1”は1で、2001年に架かる橋って意味らしいんだけど、無理があると思わない?」
「せ、先生済みません、わからないっす(^^;」
 とうこちゃんの発言には、りのりんもえりりんもお手上げ(^^; しかし、とうこちゃんの話はまだ止まらない(笑)
「駅にZ-1のポスターが貼ってあって、メンバーを1、2、3って数えてくと、最後“このコ無理がある”ってコがいて(^^;」
 そこまでいって、ようやくえりりんがツッコミ。
「結構辛口?」
「絵莉ちゃんほどじゃないよ(笑)」
 しかし、とうこちゃんも負けてはいない(笑)
「私、辛口なこと言ってないよ」
 手を振って否定するえりりんだが、客席からは「え〜〜〜!?」(笑)
「まあ、それはお客さんに判断してもらうことにしましょう(^^;」
 と、りのりんがまとめたのであった。
 で、とうこちゃんの結論としては、「好きになった人がアイドル」ということになったのだが、
「好きになったアイドルに、どんどんいなくなられる(^^;」
 それと同じ思いの人は客席にも多数いたようで……(^^; って、私もじゃん(^^;;;
「好きになっちゃダメだよ(笑)」
 えりりんがそう締めたが、それも無理があるってば(^^;

 さて、このまま語っていても収拾がつかないことを、りのりんもようやく察したようだ(笑) 結局最後のまとめとして、「これからのアイドル=自分たち」という強引な論理(笑)により、自分がこれからどうしていくかということを考えて、終わりとすることに。
 まずはえりりんから。
「何でも出来ること。たとえば、紙粘土で工芸とか、絵が描けるとか、小さい鶴が折れるとか(笑)」
 それって、自分の得意なことを並べただけのよーな(^^;
「なんで、図工ばっかりなの?」
 とうこちゃんの疑問ももっともだ(笑)
 芸術家とか総合アーティストとかカッコイイ言葉を並べ立てて言い訳していたが、とどのつまりは、
「手に職つけとかないと(^^;」
 ということらしい(笑) しかし、それにはとうこちゃんが反論。
「手に職あっても役に立たないよ〜(^^;」
 音楽教師の免許を持っているらしいが、全然役に立たないらしい。
「それは、音楽の先生にならないとね(^^;」
 こればっかりは、りのりんが正しい(笑) でも、アイドル休業しても、食い扶持があるってことじゃん(笑)
 さて、そのとうこちゃんのまとめは、
「色々なことが出来ればいいかなー」
 と、えりりんとあまり大差はない(^^;
「去年は水着をやったので、今年は――」
「水着以上!(笑)」
 とは、もちろん客席からのツッコミ(笑) お客さんの望みを全て聞いていたら、1年経っても終わらないとか、出来ないことの方が多いとか言っていたが、まあその通りだろう(^^;;;
「何か色々と展開しても、みんながついてきてくれるといいな」
 そして、最後はりのりんのまとめなのだが……。
「私はアイドルじゃないんですよ」
 のっけから何を言い出す気だ?(^^;
「もう、アイドルの時代は終わったんです!」
 そ、そうだったのか?(^^;
「これからの時代は、ショッパドル!!」
 あーあ、とうとう自分がショッパドルだって認めてやんの(^^;;;
 歌って踊って喋れて笑いも取れるアイドルを目指すらしいが、それってショッパドルじゃなくて、バラドルって言わないか?(笑)

 そして、ホントのホントに最後のまとめ。
「というわけで、色んなことが出来るのがこれからのアイドルという結果になりましたが、いかがでしょうか?」
 りのりんは、「そうですね」と言ってほしかったらしいが、望み叶わず(笑)
「もう一回! いかがでしょうか?」
 繰り返してみるが、逆効果(笑) 客席からは「ダメ〜(笑)」の声多数(笑)
「統制の取れない客席だわ!」
 りのりん逆ギレしてるし(笑)
「これからは何でも出来るアイドルになっていこうということで、私たち3人頑張っていきますのでよろしくお願い致します。気をつけ! 礼!」
 と最後だけは綺麗にまとめたところで、トークコーナー終了〜。

□いつもと違うのもいいよね(^^)
 えりりん一人をステージに残して、りのりんととうこちゃんは退場。
 MCを挟まず、いきなり歌に入る。「夢の中へ」だ。井上陽水バージョンでも、カレカノバージョンでもないらしい(笑) この曲は、ビュンピュン日記で告知されていたようなものなので(笑)、予想通り。普段元気いっぱいの曲ばかり歌っているけど、こーゆー曲もいいですね(^^) 振り付けも普段と違って、縦動きではなく横動きなのだが、これにはarachinさん残念?(笑)
 歌い終わると、客席から「絵莉ちゃん」コール。えりりんがそれに応えて、
「絵莉ちゃ〜ん。……わけわかんない(笑)」
 う〜む、可愛いぞ(笑)
「今日はいつもと違う選曲にしてみました。あと3曲歌うんですけど、全部斉藤由貴さんの曲です。ちょっと大人しく歌ってみたいと思います(笑)」
 えりりんも、りのりんと同じく4曲かー。何でとうこちゃんだけ6曲だったんだろう?
 それを聞いてそんなことを思った私(^^; 普段歌わない曲だから覚えるのが大変だったのかな?、とうがった考え方もしてみたりして(^^;
 さて、そこまでは一気に喋ったえりりんだが、その後の内容は飛んでしまったようで、
「なんだなんだ? 何話そうとしてたんだ?(^^;」
 そんなこと言われても、こっちがわかるわけないぞ(笑)
「斉藤由貴さんの話題がさっき出てきましたよね。斉藤由貴さんの曲を選んで良かったかもしれない(^^)」
 と、MCを早々に切り上げて、次の曲は「悲しみよこんにちは」。「めぞん一刻」の主題歌ですね。見たことないけど(^^;
 MCは最近の仕事について。
「粘土作りが今大変です(笑)」
 って、それがアイドルの仕事なんかい(笑)
 某有名声優さんのグッズの〆切に追われてて、自分のグッズの「わらいグマ」も全然作れないらしい。今日持ってこれたのはたったの2個(^^;
 また、手品ビデオのアフレコ話も披露。「手品」に反応して、客席からは「(西尾)舞生ちゃ〜ん」って声が上がっていたなあ(^^;
「さくらもやってみる!」
 と、(手品ビデオでの)自分の役どころであるさくらちゃんの声も披露してみせたが、
「今のはちょっと違った気もする(^^;」
 って、おい!(^^;;;
 セリフは少なかったが、すごく緊張したとのこと。しかし、お母さん役がハマっていたあゆあゆは、緊張で喉に何も通らないえりりんをよそに、ぱくぱくとみかんを6個くらい食べていたらしい(笑)
「さすが土屋亜有子だと思いました(笑)」
 そして、曲は「MAY」。聞いたことないなあ。
「とうとう最後の曲となってしまいました」
「え〜〜〜〜〜!?」
「今日は一段と大きいですね(笑) どうして?」
 と喜んでいたえりりんだったが、
「まだ歌うの〜?」
 思わず突っ込み(^^; だって、前にいぢめてくれって言ってたし〜(^^;
「まだ歌うの?って言われちゃった(^^; 帰ろうかな?」
「歌って〜!」
 客席からの応援。
「ありがとう、歌う(^^)」
 ああ、なんかすっかり私が悪者ではないか(^^;
 そして、場を締めた最後の曲はこの曲。「卒業」。

□終幕
「ありがとうございました」
 と頭を下げ、そのまま撤収しようとしたえりりんだが、通路でりのりんととうこちゃんの2人に捕まって連れ戻されてくる(笑)
「間違えた(笑)」
 でも、3人で歌うわけはないよなあ(^^; 練習する余裕なんてなかっただろうし。
 実際、ただの挨拶だけで終わった(^^;
「今日は長い時間ありがとうございました。もう子供は寝る時間ですね(笑)」
 またもやりのりんが仕切る(笑)
「誰が子供?」
 ぼそっと呟いたら、それを拾ったえりりんが、りのりんを指差していた(笑)
 最後にもう一度それぞれ告知を行い、
「絵莉ちゃん、言い忘れたことない?」
「寒い。ビュンビュン、風が来る(笑)」
 りのりんの言葉にエアコンの方を指し示すえりりん。
「最後においしいところを持っていかれてしまった(^^;」
 それにはりのりんも形無しだったようだ(笑)
 そして最後は、3人揃って頭を下げた。
「今日は本当にご来場ありがとうございました!」

□物販
 とりあえず荷物をまとめて、ロビーへと出る。
 えりりんがCD「バック・グランド・メッセージ」の物販をすると言っていたが、どこでするのだろう? ロビーか、バーのラウンジか。
 結果は、さっきまで歌っていたステージ上だった(^^; これはちょっと不意をつかれた。というわけで、再びそちらへと戻る(^^;
 なお、ロビーはとうこちゃん&そのファンが占拠していたもよう。
 りのりんがCDを持ってそちらの一群に売りに行くが惨敗だったようだ(^^; すごすごと引き下がってきたところを捕まえて、写真撮影など(笑) 絵日記を書いてもらうとやっぱりしゃがみ込んだので、蝶の形をした髪留めを取ってみたら怒られた(^^; 由紀さんに選んでもらったものらしい。
「可愛い服売ってる店教えてあげようか?」
 とかファンの人に言われていたので、
「似合わない、似合わない」
 と茶々(笑)
「でも、サイズがないかな(^^;」
 これは私のセリフではありません(笑)
「Mで入るよ〜」
「Mって、LLLのことじゃないんだぞ〜(笑)」
 こっちは私のセリフ。やっぱり、みんなからいぢめられ……もとい、愛されてるなあ(笑)
 いぢめといえば、みんなでりのりんを囲んでよってたかっていぢめている記念写真も撮ってみたり(笑) いやあ、実に遊べるタレントだ(笑)<誉め言葉。
 しかし、その割に気位だけは高いようで(笑)、CD売り子モードのときに、
「じゃあ、西崎理乃はいくら?」
 と聞いてみたら、
「私!? 私は100億万円」
 ちなみに、億万なんて単位はないんだぞ(笑)>りのりん。
 さて、りのりんをひとしきりかまってやった後は(笑)、ステージに机と椅子を並べてCDを売っていたえりりんの方へと移動。写真を撮らせてもらい、絵日記を書いてもらう。
 また、はらぐちさんはえりりんにミッキーさんの似顔絵を描いてもらっていた。これが似てるんだなあ、また(笑) 思わず爆笑(笑)
 そんなこんなで非常に楽しく盛り上がり、タレント陣は撤収。しかし、まだ出待ちが残っている(笑)
 スタジオ・アイには出入口が2つあるのだが、そのどちらから出てくるかわからないということで両方が見渡せる場所に立って待っていたら、気づかない内にいつの間にか出てきているし(^^;
 駅までの道すがら、焼き鳥屋の横を通ったとき、
「やきとり〜」
「やきとり食べたい〜」
 パパにおねだりする娘二人(笑)
「また明日な」
 とミッキーパパは娘を宥めていたが、
「永遠にまた明日だな(笑)」
 私はそう揶揄してしまったのだが、実際はどうだったのでしょう?(^^;
 さて、帰り道といえば、もう一つ。目の前を歩くえりりん。もちろん、コートを着込んでいる。コートといえば……。
「うぐぅ(^^;」
 えりりんの背中に手を伸ばして、思わず呻いてしまった(^^; な、なんでフードがないんだあっ!? フードを引っ張るのが私のアイデンティティなのに……(^^;; りのりんはおろか、ミッキーさんまでもフードはついてなかったし(^^;<わざわざ確認するなよ(^^;
「あ、気にしないで(^^;」
 振り向いたえりりんに、えりりんにとっては意味不明だったろう返答をして、惨敗感を味わっていた私なのであった(^^;
 何はともあれ、本日はお疲れ様でした! めっちゃ楽しかったよ〜(^^)

アイドル109-II【概略】

日時:2000/01/21(金) 19:30
場所:三鷹スタジオ・アイ(三鷹)

出演:梶村ひろこ/星佳/土屋亜有子/江古田シスターズ[長崎みなみ/児玉さとみ]/朝倉榛香/井上小麦

アイドル109-II【記録】

 司会は梶村ひろこ嬢と星佳嬢。
 土屋亜有子嬢と江古田シスターズがトークゲスト。
 朝倉榛香嬢と井上小麦嬢はイベント告知のみの乱入ゲスト。

 司会挨拶→あゆあゆトーク(その最中に小麦ちゃん乱入&退場)→はるはる乱入→江古田シスターズトーク→ゲームコーナー→司会挨拶→ロビーで物販、という流れ。
 トークコーナーで、あゆあゆと一緒に来てた貞Gについて、司会陣が「マネージャーじゃないの? 社長さん? ・・・お父さん!?」と困惑していたのが一番笑えた。

A-I・DOLL2000【概略】

日時:2000/01/22(土) 19:30
場所:三鷹スタジオ・アイ(三鷹)

出演:冴原羽音/谷優子/篠原みどり/KiKi[小宮あかり/安藤ましろ/山川志乃]/朝倉榛香/小林有子

A-I・DOLL2000【曲目】

--.前説/冴原羽音・谷優子
01.JUNGLE GYM(オリジナル)/谷優子
02.Un Relation(オリジナル)/篠原みどり
03.楽園(オリジナル)/篠原みどり
04.Spiral Heart(オリジナル)/KiKi
05.A!SO!BO!(オリジナル)/KiKi
06.瞳がつくる明日へ(オリジナル)/KiKi
07.夢の扉(樋口明日香)/朝倉榛香
08.もう一度(持田かおり)/朝倉榛香
09.君だけの道(吉成圭子)/朝倉榛香
10.もう泣かないで(瀬能あづさ)/朝倉榛香
11.遠くへ〜Journey to the My Dream〜(オリジナル)/朝倉榛香
12.GO!GO!コスプレ/アニメ・ユーロミックス(コスプレックス)/小林有子(コスプレックス1号)
13.願いかなうように(オリジナル)/小林有子
14.やさしいキスをちょうだい(オリジナル)/小林有子
15.好きになって、よかった(加藤いづみ)/小林有子
16.こころのつばさ〜Dragon in my Heart〜(オリジナル)/冴原羽音

SHOWMAN'S新春晴着撮影会(第1部)【概略】

日時:2000/01/23(日) ??:??
場所:SHOWMAN'Sスタジオ(飯田橋)

出演:田口美奈子/加藤由紀/橋本悠

SHOWMAN'S新春晴着撮影会(第2部)【概略】

日時:2000/01/23(日) ??:??
場所:SHOWMAN'Sスタジオ(飯田橋)

出演:田口美奈子/加藤由紀/橋本悠
スタッフ参加:岡本絵莉

SHOWMAN'S新春晴着撮影会【記録】

 各部とも、単独撮影×3人分+3人セット撮影。
 ゆーちゃんのテンションが高く、「は、はまちぃ!」とか奇声を発していた(笑)

SHOWMAN'S GALACTIC SPECIAL【概略】

日時:2000/01/28(金) 18:30
場所:渋谷クラブクアトロ(渋谷)

出演:西崎理乃/小沢しのぶ/田口美奈子/加藤由紀/並木のり子/橋本悠/スナフキン山下/明香/jellyfish[石崎智子/石垣三詠/山川佐智子]

SHOWMAN'S GALACTIC SPECIAL【曲目】

01.猫ニナリタイ?(オリジナル)/西崎理乃
02.レインボー・レインボー(オリジナル)/西崎理乃

03.新しい風(オリジナル)/小沢しのぶ
04.リフレッシュ(オリジナル)/小沢しのぶ
05.Smile for me(オリジナル)/小沢しのぶ
06.My Love, Your Love(渡辺美里)/小沢しのぶ

07.もしも君が(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠
08.進め!ギャラクティックライダー(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠
09.アンゴルモアの夜は明けて(オリジナル)/田口美奈子・並木のり子
10.ユキのバラード(オリジナル)/加藤由紀 with スナフキン山下
11.推定無罪(オリジナル)/橋本悠 with スナフキン山下
12.愛は喪中(オリジナル)/田口美奈子 with スナフキン山下
13.ベルサイユよ永遠なれ(オリジナル)/並木のり子 with スナフキン山下
14.スピナー(オリジナル)/加藤由紀・橋本悠
15.Galaxy of Love(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠
16.ガガガGINGA!(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠

※以下略

SHOWMAN'S GALACTIC SPECIAL【記録】

□入場
 平日の今日はもちろん出勤日である。17時半の定時を迎えたが、まだ仕事が終わっていない……。
 さて、どうしたものか。
 と書いてはいるが、実際は微塵も悩んでいない(笑)
 というわけで、残りは後輩に任せて(*1)、私は単身いざ渋谷へ!
 クアトロ到着は18時20分。開場10分前のギリギリだ。入り口前にはすでに、知った顔がずらずらと(笑) みんな早いなあ。
 受付に貞Gがいたので、予約したチケットを引き換えようとしたら、担当は隣にいた笠原さんらしい。笠原さんに苗字を告げたら、横から貞Gがフルネームをフォローしていた(^-^;
 というわけで、いざ入場〜。

 とりあえず、正面ちょっと右寄りのテーブルに陣取る。
 arachinさんは仕事が夜勤なので19時半に帰らなければいけないらしい。今日はSHOWMAN'Sが一番目と聞いていたので、それなら見ていけるだろうと踏んで来たらしいが、いざ来てみると、一番手は小沢しのぶ嬢に急に変わっていたらしい(^^; ご愁傷様です。
 そして、すぐに幕は上がる……。

□前座
 本日のオープニングアクトは、りのりんこと西崎理乃嬢である。オープニングアクトと言えば聞こえはいいが、要はただの前座(笑)
 それが分かっていたので、我々一同は最初から最前列に陣取って待っていた(笑) 先日のあゆあゆのときにもやったのだが、これは相当なプレッシャーとなるらしい(笑) てゆーか、「こわい」そーな(^^;
 前奏と共にりのりん登場。今日の服装はどこかで見たような(笑)、白のワンピースに赤い上着という出で立ち。ちなみにブーツも白。髪型は普通に下ろしていた。結んでる方が好みなのに(笑)
 というわけで、歌うは「猫ニナリタイ?」なのだが、その間奏中に簡単な挨拶。
「皆さん、こんばんわ、西崎理乃です。トップバッターです。よろしくお願いします」
 しかし、最前列にいると、何を喋ってるんだかよく聞こえない(^^; 位置の問題だろうが、マイクの声よりオケの音の方が全然大きいのだ。
 MC。
「この前、渋谷のストリートオーディションに出場しまして、グランプリ……じゃなくて、優勝させていただきました(^^)」
「おめでとー(^^)」
 名前をいいタイミングで叫べなかったので、ここで先手を取る(笑) 案の定、私の声に遅れて「おめでとう」が続く。
「それで、今歌いました“猫ニナリタイ?”でMDデビューすることになりました。全国に置いてあります、……え〜と、あ〜と(^^;」
「MUSIC POD(^^;」
 arachinさんが助け船(笑)
 りのりんは、JR渋谷駅ハチ公口そばに置いてあるのが唯一知っている場所らしいが、それってTSUTAYAのことじゃないよなあ? 渋谷センター街のTSUTAYAのB2Fにも置いてあるらしいです。確認してないけど(^^;
 2月中旬配信予定。
「ぜひ皆さんの手元に西崎理乃の曲を1曲お持ち下さい(^^)」
 おー、なんかいいセリフ(笑)
 そして、もう1曲「レインボー・レインボー」を歌い上げて退場。
 は、早いな(^^; 30分もたせるんじゃなかったのか?(^^;<貞G談。まあ、SHOWMAN'S(*2)の出番が1つ繰り下がったから、その必要もなくなったのだろうが。
「これから4バンド続きますので、今日は楽しんでいって下さい。どうもありがとうございました」

□小沢しのぶ嬢
 りのりんが歌っていたときから気になっていたのが、さも次のタレントが使いますといった風に置かれていたキーボードだ。しのぶ嬢はキーボードも弾くのか? ギターの弾き語りという芸風だと思っていたのだが。
 しかし、そんな心配は杞憂だったようだ。2人出てきた(^^; しのぶ嬢は案の定ギターを抱えていた。
「こんばんわー」
 相変わらず最前列に陣取っている我々一行(笑) 挨拶されたら、もちろん挨拶するのが礼儀だろう(笑)
「こんばんわー」
 まず1曲目は「新しい風」。キーボードの人は弾かずにハモってるだけだった。
「改めまして、こんばんわ。小沢しのぶです」
 キーボードの人はあかねちゃんと言うらしい。本当は2月13日のライブで手伝ってもらうはずだったのだが、急遽ここでのライブが決まって予定が早まったらしい(笑)
「バイトから帰ってきたら、いきなり部屋にいてびっくりした(笑) 突然、この曲弾いてって言われて(笑)」
 さて、あかね嬢がそんな話をしている間に、しのぶ嬢はギターのチューニングを始めている(^^;
「つないでて(笑)」
 と振られたものの、そう言われてかえって困っていた(笑) 窮余の策か、
「イェ〜イ!」
 突然手を突き出してきたが、
「イェ〜イ!」
 同じく手を突き出して応える、ノリのいい客(笑)
「うあぁ、びっくりした〜(笑)」
 そんなに驚くようなことか?(^^;
「イベント慣れしてる客だねえ(笑)」
 てゆーか、隣のなかぞのさんと笑い合ったその言葉の方が、コトの真実に迫っているのかもしれない(笑)
 しかし、客が甘やかしてくれるのも二度までだったようで、三度目は反応がなかった(^^;
 続いての「リフレッシュ」は、SAYAKAさんに作曲して貰ったらしい。そのSAYAKAさんが今日この後出てくるとか言ってたけど、名前は出てなかったがなあ? 謎。
 なお、この曲ではあかね嬢がしっかりとキーボードを弾いていました(^^)
 続く「Smile for me」は、SAYAKAさんの友人に作ってもらったらしい(^^; 「Smile for me」といえば河合奈保子さんの曲が有名だが、自分の曲だと言ってもらえるようになりたい、とのこと。
「それでは、次の曲で最後となるんですが――」
「え〜〜〜!?」
「ありがとうございます(^^) みんな、大人(笑)」
 その照れ笑いが、ちょっと微笑ましい(笑)
 そんな最後は「My Love, Your Love」で締め。

□SHOWMAN'S
 ステージ上で楽器のセッティングが始まりだしたので、まだ始まるまでしばらくあるだろうと思い、一旦下の階のロビーまで戻る。「GALACTIC LIVE mou9〜FINAL」のチケットをもう売っていると聞いたので買おうと思っていたのだが、貞Gいないし(^^; いつの間にかりのりんが受付にいたので、手を振って戻ってくる(笑)
 って、上に戻ったら、ステージの上に貞Gがいるし(^^; そろそろ帰る時刻が迫ってきていたarachinさんが、「早く〜(^^;」とか喚いていたが、まるで聞こえていない(笑)
 セッティングが終わり、全員が一旦ステージを下りる。さあ、準備万端、いよいよ始まりだ。

 どこかで聞いたことのあるような無いようなBGMが流れ始め、ギャラクシーポリスバンドの4人が続々と入ってくる。
 それに続いて、ゆーちゃん、由紀さん、美奈子様、のりりんの順で4人娘も入場。よーし、立ち位置は計算通り。ゆーちゃんの正面だ(笑)
 なお、衣装は前回のクアトロライブと一緒なので割愛(笑) ゆーちゃんの髪型は、細めにまとめたツインテールだった。
「1曲目はやっぱ“Galaxy of Love”かなあ?」
 そんなことを隣のいしださんと話していたのだが、思いっきり予想は外れた(^^;
 「もしも君が」の新アレンジでの登場に、しょっぱなから心地好くテンションは上がる。
 それに何より、やっぱり生バンドはいいですね〜(^^) 一体、いつ以来?
 続いての「進め!ギャラクティックライダー」も盛り上がれるアレンジ。間奏でそれぞれの自己紹介が入り、客席も声援で応える。うん、いいノリだ(^^) 最後の「♪ギャラクティックライダー」が続くところでは由紀さんが客席にマイクを向けてくるので、もちろん「ユキー!」と応える。
 そして、この曲が終わったところで、arachinさんは退場。お疲れ様でした〜(笑)
 さて、ステージ上では、美奈子様とのりりんを残して、由紀さんとゆーちゃんは退場。となれば、歌う曲は決まっている。「アンゴルモアの夜は明けて」。立ち位置は、美奈子様が向かって右で、のりりんが左だったが、前回と逆か?
 歌い終わると、再び4人勢揃いしてMC。
「今年初めてのライブです〜」
 おお、そういえば、そうなのか。他のイベントにはよく行っていたから、全然そんな実感はなかった(^^;
「あけましておめでとうございます〜」
 だからって、それはちょっと時期外れだとも思うのだが(^^;>ゆーちゃん。でも、のりりんに会うのは今年初だったんだよなあ。
「それでは、ここでスペシャルゲストを呼びたいと思います。皆さんもご一緒に」
 ご一緒に、って、みんな誰が来るのか分かってるのだろうか?(^^; まあ、さっき、自分で席とマイクスタンドのセッティングをしに出てきていたけど(笑)
 というわけで。
「せーのっ!」
「スナフキ〜ン!」
 由紀さんたちは「スナフ〜」と呼んでいたような気がしないでもない(^^;
「は〜い」
 ギターを抱えて、スナさん登場。
「いつ以来だっけ?」
「お7以来?」
 と美奈子様が答えたものの、お〜い(^^; 案の定みんなから突っ込まれていた(笑) ゆーちゃんの言う通り、「8耐以来1ヶ月振り」なのが正解(笑)

 というわけで、これからはアコースティックコーナー。
 まずは由紀さんの「ユキのバラード」から。去り組しんがりのゆーちゃんが、ボソッと「加藤由紀さんです」と言い残していったのが、なんか笑えた(笑) 流しのハモラー(笑)かーしまさん曰く、「これのハモリは難しい」。あと、なんかスナさんが出だしトチっていたような?
 続いてゆーちゃん登場。「推定無罪」。入れ替わり時に「加藤由紀さんでした〜」とやっぱりボソっと(笑)
 ゆーちゃんが歌い終わるとすぐに美奈子様と入れ替わったのだが、今日の衣装に「愛は喪中」は、凄く違和感が(^^;;; 流しのハモラー(笑)かーしまさんにハモリを入れるように突っついてみるが、入れてくれなかった。ちぇ、つまらん(笑)
 そして、最後はのりりん。入れ替わりに美奈子様が去っていくのだが、
「どんどん皆さん行ってしまうんですね(^^;」
 スナさんは名残惜しそうであった(笑)
「では、いつもの曲を(笑)」
 というわけで、もちろん「ベルサイユよ永遠なれ」だ。最後に聴いたのはあゆあゆバージョンだから、本家(*3)は久し振り(笑) う〜ん、やっぱりのりりんの方が迫力あるなあ。
 さて、のりりんの歌が終盤に入ると、今まで黙って待っていたギャラクシーポリスバンドの面々が用意を始める。残りは2曲といったところか。
 って、すっかりこの曲のことを忘れていた(^^; のりりんとスナさんが慌てて撤収し、入れ替わりで登場は由紀さんとゆーちゃん。この2人ということは、そう、「スピナー」だ。間奏でギターの人が前に出てきて、その演奏で魅せてくれたのだが、楽しそうな由紀さんに対して、ゆーちゃんは所在無さげにしてたように見えたのは気のせいだろうか?(^^;
 そして、三たび4人娘が勢揃いして、今後の告知。
 まずはゆーちゃんから。
「2月2日に、今度はTAKE OFF7で、アイドル……」
 そこで間が開く理由もわかる気がするなあ(^^;
「……ちゅーめいるを――」
「ちゅまいる(^^;」
 客席から突っ込み(笑)
「だって、字でしか見たことなかったんだもん(^^; 英語で書いてあるし(^^;」
 ちなみに、「Chu-Mail」と表記します。確かに、「ちゅーめいる」と読みたくなる気持ちはわかる(^^;
 しかし、由紀さんたちは別の言葉に反応していたようだ(笑)
「誰がアイドル〜?」
「ゆーちゃん、コンドルでしょ〜?」
「コントの出来るアイドルです。アイドルっ!」
 やたらとアイドルの4文字を強調(笑) 他の3人、思いっきり引いてるし(爆)
 あと、のりりんが告知を始めると、メダロットの主題歌を歌いだしてた由紀さんが笑えた(笑)
「残りはあと2曲」
「え〜〜〜!?」
「進行表見たときは歌がたくさんあって長いなと思ったけど、始まってみるとあっという間だったね〜」
 美奈子様の言葉は正に同感。
 残る2曲は容易に想像がつくが、まずは「Galaxy of Love」から。もちろん、盛り上がらないわけはないのだが……背広なのがちと厳しい(^^;
 そして、バンドメンバー紹介を挟んで、最後に待ってるのはこの曲しかない! 「ガガガGINGA!」。やっぱり一番盛り上がりますね〜! ゆーちゃんは脚が水平まで上がるようにはなったけど、まだ動きがぎこちないねえ(^^; てゆーか、途中止まってたし(^^;; あと、のりりんが一番楽しそうに歌っているように見えるんだよな〜。風邪気味で注射を打ってまでの参加だったらしいが、恐るべし。最後はみんなで、最後の音に合わせてジャンプしたりしていたものの、なかなか揃わないところが笑えた(笑)
 何はともあれ、こうして大盛り上がりの内に、SHOWMAN'Sの出番は終わったのである。今日のライブ自体がこれで終わったような気がしてやまないのだが、あと2組残ってるんだよな(^^;

□jellyfish
 続いては、入り口の案内では「明日香」となっていたのだが、実際は小沢しのぶ嬢も言っていた通りSAYAKA嬢であった。実際は、「明香」と書いて「さやか」と読むらしいので、「明日香」は聞き違いか何かだったのだろう。
 1曲目の途中で森川さんが下に下りていったので、それに続くように私も下へと。するとロビーでは、貞Gが囲まれていた(笑) L流れ組のほとんどはまだ上にいるのだが、のりりんファンの多くが下りてきていたような。
「GLACTIC LIVE mou9 のチケット1枚〜」
 受付カウンターにはチケットが並べられていたので、早速購入……しようとしたのだが、他に並んでいるチケットは何だ? どうやら、2月11日と28日のライブのチケットらしい。悩んだ末にそちらもまとめて購入。計7500円也。
 その後は、貞Gを囲んで歓談会(笑) GALACTIC RIDERの今後、あゆあゆの秘密(笑)などなど、とてもここには書けない話がもりだくさん。って、そんな大した話じゃないですが(笑)
 そこで30分以上も他愛ない話をしている内に、SAYAKA嬢の出番も終了。ロビーにはモニターがあって、ホール内の様子が見えるのだ。
 というわけで、私はそこで貞Gを囲む会(笑)から離脱。次の出演者はjellyfish。先日別のライブで初めて見て、ちょっと気になる存在だったのだ。急遽今日の出演が決まって、ラッキーって感じ?(笑)

 上に戻ると、本人達が楽器のセッティングをしていた。てゆーか、楽器というよりは謎の機械(^^;(*4) うう、何て説明したらいいのか分からん(^^; アンテナ立ってます(謎) あと、謎の着ぐるみは健在のようだ(笑)
 今回も例によってプレッシャーかけようと前に出てったら、
「前に来てくれた〜。うれし〜(^^)」
 3人揃って喜んでるし。
 う゛、予想外の反応だ(^^;
「イェーイ!」
 とか両手でピースまでされたので、
「イェーイ!(笑)」
 と返すと、実はピースじゃなかったらしい。人差し指と小指を立てる旨教えられる(笑)
 そんな感じで最初から盛り上がりながら、曲のスタート。先日のライブで聞いた曲もあるが、結局曲名はわからない。後半の何曲かは曲名紹介もしていたが、メンドくさくなってメモってないし(^^; 今度CDでも買おうかな。
「憧れのクアトロなのでたくさん歌っていきたいと思います。ごめんなさい(笑)」
 そんなことを言いながら、8〜9曲は歌ったか。MCは少なめ。
 そんなこんなで最後の曲も無事歌い上げ、jellyfishの出番は――いや、今日のライブは終わった。jellyfishが機材の片付けをしながら、
「ぜひアンケート書いて下さいー。メールアドレスとか書いてくれたら、メール出しますのでー」
「えー!? この前のライブのとき出したけど、メール来なかったぞ〜?」
 絡んでみる(^^;
「ホントですかっ? きっと、私たちの手元にアンケートが届かなかったんだと思います……」
 実際、たばたさんには来てたらしい(^^;
 しかし、届かなかったって言われても、受付に出したんだぞ(^^;
 あ、そーだ♪ そういえば、今日のアンケートは始まる前に書いておいたじゃん♪
「じゃあ、はい、アンケート(笑)」
 機材の片付けをしてる最中に渡すか、普通?(^^;
「ありがとうございます〜(^^)」
 まあ、喜んでくれたから良しとしよう(^^;
 しかし、渡してから思い出した事実が1つ。名前とメールアドレスを書いたくらいで、まだ感想書いてないじゃん(^^;<聞く前に書いたのだから、感想が空白だったのは当然である。
「あ、感想書くの忘れてた(^^; 書いて出し直すから(^^;」
 と、アンケート用紙を返して貰おうとしたのだが、
「いいですよー(^^)」
 返してくれない(^^; いいのか、ホントに?(^^;
 まあ、ホントにメールが来るなら(*5)、それに感想を返信すればいいだろう。
 というわけで、我々はその場を後にしたのであった。

□出待ち
 ロビーに戻ると、まだ貞Gが囲まれていた(^^;
 ロピーを出た先の受付席ではりのりんが一人で暇そうにしたいたので、そっちに行って構ってやることにする(笑)
「今日はおつかれさまでした〜」
「来てくれてありがとうございます」
「今日は短かったね〜。30分もたせるとか言ってたのに」
「誰がそんなことを!?」
「貞Gが言ってたぞー」
 ここはマジでびっくりしていたなあ(^^;
 また、前にこの衣装を着ていたときは、前のリボンをきちんと三ヶ所で留めていたのだが、今日は上の1ヶ所でしか留めていなかったので突っ込んでみる。
「下を結んでないのは、結べなくなったから?(笑)」
「悠さんに結んでもらったんですよー」
 その後、少し話した後、いつもの絵日記を書いてもらう。今回は自分視点の絵らしい。客が近くに寄ってくるのは怖かったようだ(笑) むう、jellyfishと違って根性がない(笑) 森川さんが、「オレは髪長いぞ〜」と無理矢理修正させていた(^^; また、いしださんのことは大きく描こうとしたらしいが、もうすでにいしださんが立っていたはずの場所には普通の人が描かれてしまっていたので(^^;、
「私のイメージではここにいたのよ(^^;」
 そんな無茶を言いながら、別の場所に大きな人を描いていた(^^;
 りのりんが絵日記を描いている間に、私もアンケートを書くことにする。jellyfishだ。さっき渡したのだが(^^;、あっちにメールアドレスとハンドルを書いたから、こっちに住所と本名を書けばメールと手紙の両方が来るのか?、などと思ったのだ(笑)
 「洗脳されそう(笑) byかーしま」とか書いていると(笑)、
「うわあ!? いつのまにかこんなに囲まれているしっ!」
 いきなりりのりんが悲鳴を上げた(^^; 絵日記を書いている内に、貞G流れの客が集まってきていたようだ(笑)
 その後、受付テーブルも片付けるとのことで、なしくずしの内に絵日記も完成。
「ありがとうございます〜」
 それと同時に、今日は早々に出てきたSHOWMAN'S出演陣。階段を降りていくのでその後に続く。ああ、目の前で揺れている、ゆーちゃんのフード……。やっぱり引っ張ってしまった(^^; これが私のアイデンティティなのだから仕方がない(笑)
 1階まで降りてきて、タレント陣は玄関内で待機。我々は玄関外で待機(^^;
 タレント陣が出口前でたむろしているものだから、階段から降りてきた客は、皆一様にそこで固まっていた(笑)
 さて、カメラの準備のため、いしださんを被写体にファインダーを覗いていたOGHIさん。もちろん撮影はしていなかったのだが、
「どーして撮らないの〜!?(笑)」
 美奈子様が怒って出てきたのには笑った(笑)
「もうちょっと待っててね」
 そして再び中へ戻っていく(笑)

 さて、その「もうちょっと」が経って、一行が表に出てくる。さあ、出待ちの本番だ(笑)
 チェキで写真を撮り〜の、それにサインを貰い〜の。4人娘全員の分をゲット(笑)
 誰かに書いてもらおうと日記帳を用意していたら、由紀さんが反応。
「お、日記だねっ」
「また書きます?(笑)
「いやだ〜!」
 心底嫌がっていた(笑) よし、次の機会にはぜひ書いてもらおう(笑)<いぢめっこ。
 はらぐちさんがゆーちゃんに貞Gの顔を描いてもらっていたので(笑)、その次に書いてもらうことに。
「時間もないのでちゃちゃってお願いしますー」
 というわけで、ちゃちゃっと描いてもらいました(笑) ゆーちゃんの絵って、レイアウトセンスもいいんだよなー。
 そうこうしてると、出口から慌ててりのりんが出てくる。これからTAKE OFF7で受付の仕事らしい(このとき、えりりんが受付をやっていたらしい)。あまりに急いでいたものだから、写真を渡しただけで、写真を撮る方は忘れてしまっていた。むう、不覚(--;
 そんなこんなで出待ちも終了し、今日のイベントは終わったのでした。
 おつかれさまでした〜。

*1: 押し付けて、ともいう(^^;
*2: 今日の出演者名は“SHOWMAN'S”であった。のりりんいるのに(笑)
*3: 気がつかないところが新アレンジだったらしいが、本当に気がつかなかった(^^;
*4: テルミンである。
*5: 後日、ホントにメールが来ました(笑)