イベント参加リスト(2000年07月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
あいどるChu-Mail "NIGHT"【概略】

日時:2000/07/05(水) 19:00
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:平野みどり/藤澤実樹子/江沢のりよ/岡本絵莉/KiraKira☆メロディ学園[雛野まよ/土屋美恵子/永井信子/桜井紗良]/田中裕美/桜井由香理/秋野ひとみ

あいどるChu-Mail "NIGHT"【曲目】

01.恋はC'est si bon(佐々木ゆう子)/平野みどり
02.運命のプロローグ(オリジナル)/藤澤実樹子
03.20th Party(松田聖子)/江沢のりよ
04.SEASONS(浜崎あゆみ)/江沢のりよ
05.1/2(川本真琴)/岡本絵莉
06.青空(そら)へ(オリジナル)/岡本絵莉
07.MAY(斉藤由貴)/岡本絵莉
08.3ポ(オリジナル)/岡本絵莉
09.ハッピーサマーウェディング(モーニング娘。)/KiraKira☆メロディ学園
10.PRIDE〜好きにならずにいられない〜(オリジナル)/KiraKira☆メロディ学園
11.大好き!(オリジナル)/KiraKira☆メロディ学園
12.恋をしましょう(中嶋美智代)/田中裕美
13.あなたが1ban!(オリジナル)/田中裕美
14.無敵のOnly You(CoCo)/田中裕美
15.チャンス!!(オリジナル)/田中裕美
16.First Kiss(オリジナル)/桜井由香理
17.太陽に火をつけて(ribbon)/桜井由香理
18.夏空のDreamer(CoCo)/桜井由香理
19.ワルツ(オリジナル)/桜井由香理
20.夢☆追いかけて(ゆめっこ☆娘)/秋野ひとみ
夏メドレー
 21.渚のハイカラ人魚(小泉今日子)/秋野ひとみ
 22.夏の瞳DOKI・DOKI(増田未亜)/秋野ひとみ
 23.人生変えちゃう夏かもね(西田ひかる)/秋野ひとみ
 24.夏空のDreamer(CoCo)/秋野ひとみ
25.Cerebration(オリジナル)/秋野ひとみ
26.KARAKURI少女(オリジナル)/秋野ひとみ

L@BROS CLICK&BRICK オープニングイベント【概略】

日時:2000/07/08(土) 17:30
場所:L@BROS CLICK&BRICK(秋葉原)

出演:加藤由紀/橋本悠/響綾香/土屋亜有子/岡本絵莉
スタッフ参加:田口美奈子

L@BROS CLICK&BRICK オープニングイベント【曲目】

01.Maybe Happiness(オリジナル)/土屋亜有子
02.あと少し…(オリジナル)/土屋亜有子

L@BROS CLICK&BRICK オープニングイベント【記録】

□颱風が過ぎて
 昨日の颱風がまるで嘘のようないい天気。さすが遊☆王女!?(笑)
 会場となる秋葉原CLICK&BRICKには16時頃到着。イベント自体の開演は16時半らしいが、SHOWMAN'Sの出番は17時15分頃かららしい。
 店舗前にはすでに見知った顔が数人。中にも何人かいるということなので、私も中の様子を見に行く。
 ……ここは何の店なんだ?(^^;
 パソコンショップらしいが、一見するとそうは見えない。説明しづらいが、ゆったりしたネットカフェといった感じか。
 イベント開始までそのまま店内をぶらつき、16時半ちょっと前に会場入り。店内奥のスペースにステージが作られており、そこで行われるようだ。
 入り口でオークション用のプレートを受け取る。16番。そう、今日のイベントはオークションなのだ。もちろん、ひーちゃんらゲスト陣の出品もあるらしい。
 オークション会場内には、ガラスケースが数棚並んでおり、オークション品が陳列されている。ブラッド・ピットやキアヌ・リーブスのサイン色紙、ヒクソンと船木のサイン入りチェアーなどがあった。何かの映画で使われたらしい車(の写真)もあったが550万円なんて誰が買うんだ?(^^;

□嵐の前の静けさ
 予定を少し過ぎて、いよいよイベント開始。司会は吉本興業のはりけ〜んずという二人組だ。面白く、なかなか良い進行だった。
 第一部のゲストは、パンクラスの近藤・美濃輪・須藤選手。グローブなどを出品。1万円を超える熱い落札対決が行われていたが、これは序章にしかすぎないことは、後から判る話である。
 そして、押し気味の17時半頃、いよいよSHOWMAN'Sの出番だ。奥から、由紀さん、ゆーちゃん、ひーちゃん、あゆあゆ、えりりんの順番で登場。登場時に流れたジングルは「Maybe Happiness」。今回は「学園祭などで大人気のアイドルグループ」らしい(笑) 由紀さんが「関西で大人気のSHOWMAN'Sです(笑)」と自己紹介していたが、知ってる人しか笑えないぞ、それって(^^;
 なお、今回はマネージャーらしい美奈子様は客席の横の方から様子を見ていた。貞Gは後ろの方、みっきーさんは両方を行ったり来たりしていたようだ。
 しかし、ゲスト陣が登場したにも関わらず、オークションはゲスト陣のものではなく、ガラスケースに陳列されていたヒクソン関係、映画関係の品から行われる。ゲスト陣はいまいち所在なさげだった(^^; キアヌ・リーブスのサイン色紙などは、ゆーちゃんが欲しそうにしていたが(笑)
 こちらの品に関しては、インターネットでリアルタイムにオークションに参加出来るらしい。インターネットの画面はプロジェクターで横の方に大きく映されていた。なるほど、だから名前が「リアルオークション」なのか。
 ……しかし、これって参加してた人はいるのだろうか?(^^; 全然入札がない。「まだテレホーダイの時間じゃないですからねえ」って司会に突っ込まれてたし(笑) 1回だけ入札があったが、店内のネットにつながったパソコンから、関係者が入札したんじゃあ? そうも疑ってしまうほど、ネットは閑散としていた(^^; なお、は〜んさんがノートパソコンで参加しようとしていたが、ユーザー登録が面倒で諦めていた(^^;
 というわけで、ほとんどネットをないがしろに進められたオークションだが、たばさんとなかぞのさんが何点か落札していた。
 そして、いよいよゲスト陣の出品である。さあ、ここからが本番だ(笑)

□荒れるオークション
 一品目は由紀さん。YAMAHAのライダースーツの上着だ。赤と白のツートーン。事故ったときに着ていたものらしいが(笑)、怪我一つなかったので縁起はいいらしい(笑)
 なお、由紀さんの衣装はといえば、紫のノースリーブに半袖の上着、下はジーンズのハーフパンツだったか。
 さて、オークションは2000円から。……が、声が上がらない(^^; 最初はやはりみんな遠慮していたようだが、徐々に声が上がり始め、最終的にはプレセペさんが4500円で落札。サインを背中に入れてもらっている間に、何故か颱風の話題になり、「今は福島辺りにいるらしいですね」との司会の言葉に客席の一部が大爆笑。しかし、何故ウケたのか判らない司会に対して、ゆーちゃんが好フォローした。
「彼、福島の人なんですよ(笑)」
「こんなところに来ている場合じゃないでしょ!」
 結果、プレセペさんは司会からそんなツッコミを受けていたのであった(笑)

 二品目はゆーちゃん。出品はタッくんテレカ。持ってるぞ〜(^^; ぬいぐるみとかにすれば良かったのにー。
 で、ゆーちゃんの衣装は、白い半袖に、Gパンの裾は折り返している。帽子がアクセント。
 さて、「テレカということで」1000円から開始となったが、テレカとしての価値は500円だぞ(笑) これがなかなか好評のようで、盛んに声が上がる。最終的には、は〜んさんが6000円で落札。

 三品目はひーちゃん。出品はドナルドのキャップ。なんで帽子を手に持っててかぶらないのかな〜と思っていたのだが、出品物だったのか(笑)
 さて、ひーちゃんの衣装は、ピンクの半袖にページュのズボン。
 入札は1000円からスタート。たばさんが1500円をつけたので、私は「5000円!」。司会にビビられてしまったが、いーじゃん別に(^^; しかし、これで決まりかけたところに、は〜んさんが「5500円!」と余計なことを(--; 落札する気もないのに(*1)入札するなよな〜。結局、7000円にて私が落札。
 引換証を受け取りに前へ行く。現品はここで受け取るのではなく、レジにて受け取るのだ。もちろん、キャップのつば(裏側)にサインも入れてもらう。日付も忘れずに。「今日何日だっけ?」「え〜と……8日」。そしたら、「7/8」と書くひーちゃん。普通、年から入れないか?(笑) しかも、「土よう日」と来たもんだ(笑) 「曜」がひらがななのは、決して書けなかったわけではなく、マジックが太くて書けなかっただけだろう(笑) そして、最後は握手してお別れ。

 四品目はあゆあゆ。出品はグランドピアノ型のオルゴールだ。曲は「いとしのエリー」。
 衣装は、ピンクのワンピに、白いレースの上着。
 1000円から始まって、最終的には森川さんが10000円で落札。

 そして、トリはえりりん。笑いグマと困っタコ!?を出してくるが、それは宣伝だったらしい(^^; で、実際の出品物はというと、その笑いグマと困っタコ!?を作っている自分の粘土細工。あとで落札者に見せてもらったのだが、すごく細かい。さすが粘土職人(笑)
 さて、衣装はというと、黒っぽいワンピース。左裾に入っている花柄が可愛い。
 入札は1000円から始まったのだが、次々と上がる入札の声。10000円を越えた辺りでどんどんと入札者は減っていき、最終的にはarachinさんと岡本家末っ子君の一騎撃ちとなったようだ。とっくに20000円など越えており、30000円も突破。見ているえりりんが胃を痛そうにしていて、こっちも見ていられない(^^; まさか、ここまで高騰するとは思っていなかったんだろうなあ。「なんで私なんかの粘土細工に、そんな値段をつけるの!?」といった心境なのだろう。まあ、ファンの立場にせよ、タレントの立場にせよ、それは仕方のないことなんだけどねー。
 結局、最終的にはarachinさんが40000円で落札。司会の「目を覚ませ〜!」が印象的(笑)

 というわけで、これにてオークションは終了。続いては、あゆあゆの歌のコーナー。「Maybe Happiness」と「あと少し…」の2曲を披露。
 最後は、歌の時には退場していた他のSHOWMAN'Sメンバーと司会も戻ってきて、一言ずつ挨拶。
 由紀さんは、自分のライダースーツがちっちゃい粘土細工に負けて悔しがっていた(笑) でも、ヒクソンの色紙(*2)には勝てたので満足らしい(笑)
 ゆーちゃんは、先日より始まった、ゆうせんの番組「橋本悠のなんだかんだラジオ」の告知。
 ひーちゃんは、「ここには色々と面白いものがあるので楽しんでいって下さい」と殊勝なことを言っていた(笑)
 あゆあゆはソロライブの告知。
 えりりんは、「なんか寿命が縮まったような気がします(^^;」とか言っていた。見ていてよーく判ったぞ、それは(^^;
 そして、退場〜。おつかれさまでした〜。

□そして、嵐も過ぎて
 さて、客席の我々も退場だ。受付で番号プレートを返し、落札商品を受け取りに行く。……のだが、レジってどこだ?(^^; 散々迷った挙句、ようやく発見。こちらも全然レジらしくない風体だった(^^;
 引換証をレジのおねーちゃんに渡して、すでにL@BROSの紙袋に入れられた商品と引き換え。もちろん、正しいかどうかの確認はあった(笑) しかし、消費税がかかるっていうのは、なんか納得がいかないなあ(^^; arachinさんは20000円を越えたので、レシートに収入印紙まで貼られたらしい(笑)

 というわけで出待ちである。証拠というわけではないが(笑)、ひーちゃんに落札したドナルドキャップをかぶってもらって撮影。
 それで思い出して、TOMO夏'98のときに買った、「ひーちゃんのかぶった帽子」や「ひーちゃんの着たTシャツ」などの話題で盛り上がる。
「まだ持ってたんですか〜?」
 そりゃあ、持ってますとも(笑)
「でも、ずっと衣装箱に仕舞ってあるので、衣替えのときぐらいにしか見ない(笑)」
 その後は、スケブに新しいサインを書いてもらう。写真とこのキャップにしかもらってないので、スキャンしやすいのが欲しかったのだ(笑)
 そして、最後は今までの写真をプレゼント。一緒に他の面々にも渡していったのだが、美奈子様に声をかけたときにビビられたのはどうしてだろう(^^;
 今日はおつかれさまでした〜。

*1: マジ、なかったらしい(--;
*2: 1500円でたばさんが落札。
I'm ON ストリートオーディション【概略】

日時:2000/07/09(日) 13:00
場所:GIGO STAGE I'm ON(渋谷)

出演:
司会:田口美奈子/加藤由紀

T-Plan's World Live【概略】

日時:2000/07/14(金) 19:30
場所:三鷹スタジオ・アイ(三鷹)

出演:いまのまい/小宮あかり/阿部めぐみ

T-Plan's World Live【曲目】

01.太陽の花びら(井手麻理子)/阿部めぐみ
02.恋愛のススメ(BAJI-R)/阿部めぐみ
03.Moments(Calyn)/阿部めぐみ
04.恋の無人島(BAJI-R)/阿部めぐみ(アカペラ)
05.愛してる(BAJI-R)/阿部めぐみ
06.Heaven's Kitchen(Bonnie Pink)/阿部めぐみ
07.I Love Everything(亜波根綾乃)/阿部めぐみ
08.Magic(Tina)/阿部めぐみ
09.待ちぼうけ(堀ちえみ)/小宮あかり
10.乙女のリハーサル(CoCo)/小宮あかり
11.妖精の約束(オリジナル)/小宮あかり
12.夏空のDreamer(CoCo)/いまのまい
13.どうしたことかしら(オリジナル)/いまのまい
14.キミはどんとくらい(立花理佐)/いまのまい
15.ときめき(麻丘めぐみ)/いまのまい
16.麦わらでダンス(生稲晃子)/いまのまい
17.NO!(島田奈美)/いまのまい
18.好きさ!(仲村知夏)/いまのまい
19.みんな太陽のせい(遠野舞子)/いまのまい
20.ダイヤモンド☆ブルー(酒井法子)/いまのまい

AYUAYU FIRST SOLO LIVE【概略】

日時:2000/07/16(日) 13:00
場所:LIVE inn MAGIC(四谷)

出演:土屋亜有子
スタッフ参加:岡本絵莉
客参加:若菜ようこ

AYUAYU FIRST SOLO LIVE【曲目】

01.あと少し…(オリジナル)/土屋亜有子(G,K)
02.あなたを・もっと・知りたくて(薬師丸ひろ子)/土屋亜有子(G)
03.Maybe Happiness(オリジナル)/土屋亜有子(G,K)
04.大スキ!(広末涼子)/土屋亜有子(G,K)
05.何も出来ないけど(オリジナル)/土屋亜有子(K)
06.君だから(オリジナル)/土屋亜有子(G)
07.パパ&ママ(オリジナル)/土屋亜有子(G,K)
08.大切なあなた(松田聖子)/土屋亜有子(G,K)
09.本物の涙(オリジナル)/土屋亜有子(G,K)
10.あと少し…(オリジナル)/土屋亜有子(K)
11.メッセージ(オリジナル)/土屋亜有子(K)

※G:スナフキン山下・K:日根野麻子

アイドルLUNCH PARTY vol.3【概略】

日時:2000/07/20(木) 13:00
場所:LIVE inn MAGIC(四谷)

出演:伊藤絵美/清水美穂/中西未来/石垣綾子/山崎加奈

アイドルLUNCH PARTY vol.3【曲目】

01.Overnight Sensation〜時代はあなたに委ねている〜(trf)/伊藤絵美
02.Sunny Day Sunday(センチメンタル・バス)/伊藤絵美
03.ホワイトラビットからのメッセージ(渡辺満里奈 )/清水美穂
04.永遠に好きと言えない(酒井美紀)/清水美穂
--.トークコーナー/伊藤絵美・清水美穂・中西未来・石垣綾子
05.メロンのためいき(山瀬まみ)/中西未来
06.TOO ADULT(渡辺美奈代)/中西未来
07.ハートのつばさ(中島礼香)/石垣綾子
08.コズミック・ランデブー(宍戸留美)/石垣綾子
--.ハッピーバースディ加奈ちゃん
09.青い制服(国実百合)/山崎加奈
10.赤いスイートピー(松田聖子)/山崎加奈

江沢のりよ&石垣綾子撮影会【概略】

日時:2000/07/22(土) 10:00
場所:四谷某所(四谷)

出演:江沢のりよ/石垣綾子

江沢のりよ&石垣綾子撮影会【記録】

 10時。四谷にてあやちん撮影会。
 1着目は浴衣。何か因縁めいたものを感じる(笑)(*1) 2着目は普段着(笑) Tシャツに膝上スカート。ミニというほどではない(笑) ぶかぶかなようで後ろをクリップで留めていた(^^; そーゆーのを衣装とするのはどーゆーものか(-_-;
 なお、江沢のりよ嬢もいたのだが、1枚も撮影していなかったり(^^; 1着目の浴衣はともかく、2着目の肩出し&ショートパンツ姿にはかなりソソられるものがあったのだが(笑)
 フィルムは結局9本消費。1本予定オーバー(笑) SUPERIA100×3本、NEOPAN100PRESTO×2本、TREBI・SensiaII・ASTIA・PROVIA100F各1本。リバーサルを色々使ってみたのは、カメラをF80Sに新しくしたので、どれが綺麗に写るか試してみたかったからだ。ちなみに、NEOPANだけ昔のMZ-10で使った。出来はともかく、慣れのせいで、まだMZ-10の方が扱いやすい(^^;
 それにしても、撮影中に前後に動かないよーに(^^;>あやちん。ピント合わねーって(^^;
 というわけで、12時40分頃終了。一緒にいたかねちゃんは、この後の予定をキャンセルして、2部にも当日参加することにしたらしい(笑) 熱心ですねえ。焼き増しよろしく(笑)

ゆうせん「アイドル75%DJ」公開録音【概略】

日時:2000/07/22(土) 13:00
場所:ゆうせんサテライトスタジオ(神泉)

出演:加藤由紀/田口美奈子/橋本悠/土屋亜有子/岡本絵莉/桜井由香理/鈴木まりえ/仲さやか

ゆうせん「アイドル75%DJ」公開録音【記録】

 四谷駅に移動途中、魔竜王さんからケータイに着信が入っていたことに気がついた。駅構内に入ってから電話すると、ゆうせんサテライトスタジオの場所が知りたかったらしい。「今、四谷にいるんだけど(笑)」。
 というわけで、13時に渋谷に到着。あらさんにケータイメールを投げつつ移動。神泉は遠い。荷物は重い。前のイベントのためにカメラ2台、最後のイベントのためにDVと三脚を抱えているのだ。もーすぐイベントが始まるとのあらさんの返事。残念ながら、それほど押してはいないらしい(苦笑)
 というわけで、10分ほど遅刻してゆうせんサテライトスタジオに到着。岡本家末っ子くんの手書き地図を参考にさせてもらったのだが、ちょっと迷ってしまった。
 中に入ると、すでに「橋本悠のなんだかんだラジオ」公録がはじまっていた。撮影可ということでみんな熱心に撮っていたようだが、ガラスの反射写りこみが激しくてまともに撮れそうにないので(*2)私は遠慮しておくことにする。15分×2回分録って終了。最後にこちらに向かって挨拶。美奈子様の衣装がせくしぃ〜だった。てゆーか、それしか覚えていない(爆)
 14時からは「ゆかりんのアドリブで行こう」。こちらも15分×2回。準備中にあらさんがゆかりんに手を振ってダメっぷりを披露(笑) それがたたったか、えりりんの入りは見事に見逃していた(笑) 公録途中、OGHIさんに呼ばれたので何かと思ったら、2000円札の話題だったらしい。ということで、ガラスごしに見せびらかしておく(笑) あゆあゆを見習って銀行で両替しておいたのだ。私も結構暇なものである(笑) それにしてもゆかりんは、終始こちらを向きっぱなしで喋っていましたな。まあ、そーゆーのは嬉しいんだけど(笑)
 珍しく(*3)10分前倒しで、14時50分より「あゆあゆっくり」公録。やはり15分×2回。ゲストは鈴木まりえ嬢。彼女の力か、このときの観客数が一番多かったような。あゆあゆの衣装はTシャツにジーンズ(*4)というものだったが、こういうラフな格好の方が可愛いと思うのは私だけだろうか。なので、最前列でかぶりつきで見ていたら(笑)、某氏に邪魔者扱いされたので、以後は後ろで大人しくしていた。
 15時40分、「ゆかりんとえりりんの何でも調査隊」公録。こちらは30分×1回。ゲストは仲さやか嬢。どこかで見たことあるなあと思っていたら、DAM-DDRイベントのときにみたありるびー(@little bit)の1番年取ったコ(*5)じゃないか。さて、みきぴん→りのりんの後を引き継いで、えりりんは今回からの参加らしいが、それにしてはまるで長年のパートナーのようにツッコミが冴え渡っていた。笑い所多数(笑) 最後、ゲストのさやか嬢が愛の告白をさせられることになり、「やっぱり、誰か観客の人を見ながら言った方がいいですよねえ」ということから、いしださんの陰謀により私が選ばれてしまったらしい(^^; 全然意識していなかったのでそっぽを向いていた私は、いしださんに無理矢理顔をさやか嬢の方に向き直されて、やっとそれに気が付いた(^^; むぅ、照れるじゃないか(///)
 というわけで16時20分頃終了〜。この後、16時50分からスペシャルステージと称したゲームコーナーがあるらしいが、ケツが詰まっていたいしださん、プレセペさん、私の3人は次の現場へと移動。は〜んさんに、「ゆーちゃんに渡しといて」とTWIN TAIL5を預けたのだが、無事手元に届いたのだろうか?

A-I・DOLL2000【概略】

日時:2000/07/22(土) 19:00
場所:三鷹スタジオ・アイ(三鷹)

出演:冴原羽音/谷優子/朝倉榛香/小宮あかり/小林有子

A-I・DOLL2000【曲目】

--.前説/冴原羽音&谷優子
01.JUNGLE GYM(オリジナル)/谷優子
02.新曲(オリジナル)/谷優子
03.くるり(オリジナル)/谷優子
04.青い珊瑚礁(松田聖子)/朝倉榛香
05.明日に向かう勇気(オリジナル)/朝倉榛香
06.遠くへ〜Journey to the My Dream〜(オリジナル)/朝倉榛香
07.そばかす(JUDY AND MARY)/小宮あかり
08.水平線でつかまえて(三浦理恵子)/小宮あかり
09.妖精の約束(オリジナル)/小宮あかり
10.Lyrical(オリジナル)/小林有子
11.lost love(オリジナル)/小林有子
12.Namida(オリジナル)/小林有子
13.好きになって、よかった(加藤いづみ)/小林有子
14.maybe tomorrow(オリジナル)/小林有子
15.おやすみとおはよう(オリジナル)/冴原羽音
16.薔薇は美しく散る(鈴木宏子)/冴原羽音
17.檄!帝国華撃団(横山智佐・帝国歌劇団)/冴原羽音
18.こころのつばさ〜Dragon in my Heart〜(オリジナル)/冴原羽音

A-I・DOLL2000【記録】

 山手線、総武線を乗り継いで三鷹に移動。すでに観客としてレギュラーになっているA-I・DOLL2000を見るためだ。観客動員数は少ないが(*6)、面白いステージだとは思う。でなければ、皆勤賞で参加などはしない(笑) ただし、曲はマンネリ気味。
 スタジオアイに到着したのは17時15分頃だったか。ちょうどはねすけがリハから出てきたところだった。「喉だいじょうぶー?」、先月は扁桃炎で休みだったのだ。今日は歌うとのことだったので、「野球の応援なんかしてちゃダメだぞー(笑)」と茶かしておく。先月休んだ数日後、ドームに巨阪戦を見に行ったと聞いていたからだ。もっとも、そのときはさすがに声を出さずに応援していたらしいが(笑)
 さて、榛香もやってきたので、プレセペさんを紹介しようとするが、トイレに行っていていない(^^; 「新人くん、連れてきたんですよー(笑)」。というわけで、自己紹介するよう促すのだが、照れてか言い出さないプレセペさん。仕方ないので私が「福島都民なんです(笑)」と紹介すると「とみん?」と不思議顔。「ふくしま・とみん」という名前だと勘違いしたらしい(笑)
 榛香には頼まれたKiKiのMDを渡しておく。実はKiKiファンだったらしい。だったら、ぜひあかりんと2人のユニットで歌ってくれ(笑) また、私の裏工作(笑)が功を奏して、今日の衣装は浴衣とのこと。もっとも浴衣じゃ踊れないのでエンディングだけらしいが(^^; はねすけに着付けを頼んでいた(笑) なので、今の衣装は終演後には撮れないので撮影しておく(笑)
 ちなみに、はねすけにも裏工作していたのだが、いい浴衣がなかったらしい。ちっ、残念(笑)
 その後、あかりん、ゆっこさんたちのリハも次々と終わり、そのたびにロビーで捕まえてはダベる。これこそがこのイベントの魅力であるといっても過言ではないだろう(笑) ただし、最後のこばゆーだけは、熱狂的ファンのまもっぺさんに任せておく(笑) それにしてもまもっぺさん、芸風変わってたなあ(^^; まあ、○○したんじゃ仕方ないか(^^;
 というわけで、ちょい押しの19時10分頃開演。実は衣装を忘れてきたはねすけは、冒頭の挨拶後買いに走ったらしい(^^;
 イベント自体はDV録画していたので割愛。日記なので、わざわざ素材のあるものを書く必要はない(笑)
 最後、浴衣を着てくるということで急遽作ってきたうちわを榛香にプレゼントしたのだが、これが色々な意味でウケていた(笑)
 終演後。今日のタレント撤収はいつもより早かったか。といっても、結局は23時頃までいたが(笑) 榛香の浴衣姿は24枚くらい撮っていたらしい(笑) まあ、私が着てこいって言ったんだし、責任は取らないとねぇ(笑) おかげで、他の人はあまり撮れなかった(^^; てゆーか、3本中半分くらいが榛香の写真だった(爆)

 自室に辿りついたのは0時を回っていた。Web巡回&チャットをして、寝たのは結局3時頃。明日(*7)は休日出勤なんだよな〜。とほほ。

*1: 同日のA-I・DOLL2000参照のこと。
*2: PLフィルター持ってないしぃ
*3: とゆーか、間の休憩が長すぎるのだが。
*4: だっけ?
*5: なんて失礼な覚え方だ(^^;
*6: 15人程度。
*7: てゆーか今日。
「宮村優子の直球で行こう!」公開録音【概略】

日時:2000/07/26(水) 19:00
場所:ワンダーエッグ3 WE3 STATION(二子玉川園)

出演:宮村優子/愛河里花子/高橋美佳子/ファンシー・フリー・フラミンゴ[石垣綾子/太田真由美/深井真美]/KAORI
客参加:中西未来

「宮村優子の直球で行こう!」公開録音【記録】

 二子玉川園には18時半頃到着。その足でまっすぐワンダーエッグ3へ。合言葉は「筋肉痛」。係員にそれを告げて無料入園。相変わらず、パスポート半額との2択を迫られたが、悩む余地なし。
 というわけで、今日はWE3 STATIONにて、「宮村優子の直球で行こう!」の公録が19時より行われるのだ。って、ラジオ放送は聴いたことないんだけど(笑)
 ブース前にはすでに100人近い人だかり。ナース服姿が多いのは、今日のファションテーマは椎名林檎だからか。ファションテーマって何かと思ったけど、こーゆーことだったのね。しかし、女はともかく、男のナース姿はちょっとねえ。そういえば、放送開始後、みやむーがナースさんがさもたくさんいるようなことを言っていたが、実際は10人程度だったと思うぞ(笑) それでも、150人中(*1)10人だったら、やっぱり多いのか?(笑)

 さて、客席をざっと探してみても見知った顔はいない。一人淋しくぽつんと立っていたら、しばらくしてようやくポンと背中を叩かれた。園内をうろついていたら野間社長と中西未来嬢を見つけたらしいそーまくんが戻ってきたのだ。
 さらにしばらくすると、そーまくんのケータイにかねちゃんから「どこにいるの?」とメールが。こっちからはかねちゃんの姿がよーく見えているのだが(笑) しかし、そーまくんが「右にいる」と返事を打つ前に発見されてしまった(笑)
 そして、その後はらぐちさんも合流し、今日来る激流組(謎)はこれで勢揃いというわけだ。
 ブースの出入り口側の後ろの方に陣取る。てゆーか、前の方なんて入っていけないし(笑)

 開演は10分ほど押した。
 とりあえずタレント入場。……って、なんじゃあ、ありゃあ!? あやちんのナース姿に萌え萌え(笑) 他にもりんご頭の人とかいたよーな気がしないでもないが、あやちんしか見えていなかった(笑) ちくしょう、なんで撮禁なんだ〜(^^;
 ちなみに、他の出演者は誰かというと、みやむーに岩田光央に愛河里花子に高橋美佳子(敬称略)。この4人がレギュラー? それにFFFの3人が特定コーナーにちょびっとだけ出てくるらしい。そして、本日のゲストはKAORI嬢。聞き慣れない名前だと思ったら、旧川菜翠らしい(笑) あと、はりけーんずもいたが、彼らもゲスト?
 で。みやむーとFFFの3人がナースルック。みやむーが正統派ナース(笑)なのに比べ、あやちんはアニメ系ナース(笑) プリーツの入ったミニスカートがソソる(笑) 膝までソックスとミニスカとの間から覗く太股が(以下発言者削除)。なお、FFFの他の二人もそれぞれ違うナース服だったが、よく覚えていない(笑) つーか、見てない(^^;
 愛河里花子嬢(笑)は、椎名林檎だけに、林檎の形をした帽子。高橋美佳子嬢とKAORI嬢はどんな格好だったっけ?(^^; 野郎供はどーでもいいので省略(笑)

 さて、いきなり公録には入らずに、まずはプース前でプレゼント抽選会をやるらしい。タレントとの相性じゃんけんで勝ち残った1人がプレゼント獲得という形式だ。
 最初はFFFから。2回目か3回目かで負けた。かねちゃんもその次で負け。プレゼントは袋に入っていて何やら不明だが、サイン入りグッズらしい。でも、プレゼントの入った袋は全員一緒だったような気もする(^^;
 さて、2人目はKAORI嬢。勝ち残って前に出てきた勝者は「KAORIさんのファンですか?」と聞かれていたが、「いえ」と実にあっさり答えていた(笑) KAORI嬢、横から膝蹴り入れてたし(笑) それを見ながら我々は、「光央ちゃんのファンです、とか言えばフォロー出来るのにね(笑)」とか笑っていた。
 その後、愛河里花子嬢、高橋美佳子嬢、岩田光央氏、みやむーと続いた(*2)。岩田光央氏のときに勝ったのが、あやちんのホームページを作っているさくら。さん。岩田光央氏に抱き付かれていた(笑)
 と、プレゼント抽選会も終わったところで、ブース内に入っていく面々。あやちんに声をかけようとした我々だったが、こっちを向きそうな気配は微塵もなかったので、声をかけそびれてしまった(笑)
 なお、野間社長と中西未来嬢は後ろの方で抽選会の様子を見ていたのだが、いつのまにかいなくなっていた。出待ちのときにもいなかったので、このときにはもう帰ってしまっていたのだろう。

 さて、公録開始。1年4ヶ月振りの関東方面公録らしい。
 今日初めて聞く私には番組の流れがよくわからないが、とりあえずFFFが出てくるのは1時間くらい経ってかららしい。というわけで、それまでは奥の方の階段に座ってまったりと聞いていた。どうせ近づけないし。内容は直球裁判だったか。詳しくは放送を聞いて下さい(笑)
 で、前半(*3)が終わったのが、すでに21時近かった。予定では19時から21時までだったような気もするが(^^; ちなみに、ここは22時に閉まってしまうんだとか。それまでに終わるのか?(笑)
 後半は直球裁判の判決から。自分に対する判決もみやむー本人が下すんだから、その結果は推して知るべし(笑) まあ、詳しいとこは放送を聴いて下さい(笑)
 で、いよいよFFFの出番。リレーポエムのコーナーらしい。我々はあやちんの出番が近いということで、階段を降りて最初にいた位置辺りに陣取っていたのだが、あやちんがよく見える場所を探して右往左往(笑) 横を見れば、さくら。さんたちがやっぱり右往左往していた(笑)
 リレーということで順番は、【起】みやむー→【承】あやちん→【転】太田真由美嬢→【結】深井真美嬢に、岩田光央氏の独断(*4)で決定。みやむー曰く、自分が最初だととんでもないことになるらしいが、あやちんもとんでもないので、この組み合わせは最凶だとのこと(笑) そしてその結果は……ぃゃ〜、期待を裏切らないあやちんですなあ(爆)
 なお、その後若干のトークコーナーがあったが、相変わらずあやちんはトークが下手だねえ。会話は面白いんだけど。なんか、損してる感じがしますな。
 そんなこんなで、最後は出演者全員から一言ずつ挨拶があり、公録終了。おつかれさまでした〜。

 というわけなのだが、もちろんまだ終わらないのである(笑)
 まずは、ブース出入り口前にて出待ち(笑) FFFは最初に出てきたのだが、声をかけるまでもなく、手前にいたさくら。さんたちに気が付いて、立ち止まるあやちん。おいおい、他の2人に置いてかれてるぞ(^^; というのも、その隣で今度は我々があやちんを呼び止めたのだが、他の2人に構う人はいなかったので、自然とあやちんだけが遅れることとなるのだ(^^;
 で、FFF撤収後は、次のタレントを待たずに我々も移動(^^; ちょいとWE3入口側に戻って、控え室に至る通路の途中で出待ちだ(笑) 「あやちん、可愛い〜(^^)」と声を掛け、そーまくんと「(写真を)撮りてぇ〜」と声がハモったのには笑った(笑) そして、見えなくなる最後の最後までこちらに向かって手を振っていたあやちんだったのだが、……他の2人が可哀想に思えてきた(^^;
 というわけで、我々も撤収。てゆーか、出待ち本番(笑) かねちゃんに連れられて、WE3従業員口にレッツゴー!
 なお、余談だが、そーまくんとはらぐちさんは、かねちゃんに置いていかれていた(笑) もちろん、後で合流したけど。

 20分くらい待っただろうか。最初に出てきたのはやっぱりFFF。当たり前だが、ナースルックからは着替えている。ちっ、残念(笑)
 とりあえず、出てきたところを3人揃って撮影なのだが……「ごめん、ピント合わない(^^;」。むむぅ、この日のために買ってきた(違)50mm/F1.4を持ってしても、さすがに22時という時間には負けてしまったか(^^; ちなみに、F80Sにはストロボ補助光もついているのだが、あんな眩しいもの当てられる方が可哀想なので、買って速攻で機能OFFにしてしまった(笑) ああ、あらちんさんがビカービカーと補助光浴びせていたのが懐かしい(笑)
 で、ちっとも撮れないので、かねちゃんが撮影場所を移動させる(笑) 背後のテニスコート(?)用の照明がうまく当たる位置があったのだ。私はあやちん単独を5〜6枚撮ったか。かねちゃんはスケブにサインを貰っていた。先日の撮影会(2部)のとき、何も用意してこなかったかねちゃんだけ何も貰えなかったらしいので、そのリベンジがようやく果たせたらしい(笑) くそ〜、こんなことなら私も何か用意してくれば良かった(笑) なお、FFF出待ち組は10人くらいだったか。少なくとも、うち7人はあやちんファンのような気がするが(笑)
 FFFに続いては、高橋美佳子嬢以外が一気に撤収。あ、ナース服着た女のコがみやむーとツーショット撮ってる。いいなあ(笑) 岩田光央氏は相変わらず人気者(笑)
 かねちゃんはKAORI嬢のサインを貰いたいらしいが、ペンが見つからない(笑) ということで、そーまくんに貸りたペンを握り締めて、走って追いかけていた(笑) そこで、「ライブやるんで来て下さいよー」と言われたので、そーまくんが「ドリルやるんなら行く」と返したところ、「もちろんやりますよ〜。回りに来て下さい(笑)」との返事が来たのには笑った(笑) 私も回りに行こうかな(笑)
 そして、最後は高橋美佳子嬢。かねちゃんは当然ながら、そーまくんもサインを貰っていた。いいなあ(笑) 彼女はとにかく、「全国88店巡礼の旅来てね」攻撃が激しかった(笑) 「来て下さいね」「来て下さいね」「来て下さいね」「来て下さいね」、一体何回聞いたことだろう(笑) サインを貰っていた2人は、来ないとイタ電するとかスタッフの人に言われていたし(笑) それにしても、最後、ばいばーいと手を振って、とてとてとてと数メートル歩いていって、いきなり振り向いて「絶対来てねー!」ときたのには笑った(笑) よっぽど来てほしいんだねえ(笑) ちょっぴり、行ってあげようかな、と思ってしまった(笑) それにしても、声はTVと一緒でしたが、ルックスはTVよりも可愛く見えましたな(笑)

 というわけで、これにてホントに終了〜。22時15分くらいだったかな。

*1: 最終的にはそれくらい集まってた。
*2: 順番違うかも。
*3: 1時間分? 番組は1時間半らしい。
*4: 「台本にそう書いてあるんだもん」本人談。
あいどるChu-Mail "days"【概略】

日時:2000/07/30(日) 12:30
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:岡本絵莉/岡本ひかり/鈴木まりえ/絵里/姫乃香央瑠

あいどるChu-Mail "days"【曲目】

01.Happy Together(SPEED)/絵里
02.リトル・ダーリン(田村英里子)/姫乃香央瑠
03.恋の条件(オリジナル)/鈴木まりえ
04.初♥恋♥宣♥言(オリジナル)/鈴木まりえ
05.恋のHorizon(オリジナル)/鈴木まりえ
06.恋のシンフォニー(オリジナル)/鈴木まりえ
07.明日へ(広末涼子)/岡本絵莉
08.青空(そら)へ(オリジナル)/岡本絵莉
09.3ポ(オリジナル)/岡本絵莉
10.ピンクのふうせん(オリジナル)/岡本絵莉
11.BELIEVE(MISIA)/岡本ひかり
12.魔女かもしれない(オリジナル)/岡本ひかり
13.最後の果実(深田恭子)/岡本ひかり
14.バーチャルボーイ(オリジナル)/岡本ひかり
15.summer sunset(広末涼子)/岡本ひかり
16.夢色帽子(オリジナル)/岡本ひかり

あいどるChu-Mail "days"【記録】

 二度寝してしまい、起きたのは11時過ぎ。ヤバい! Chu-Mail "days"は12時半開演(12時開場)じゃん(^^; まあ、渋谷まで45分の交通事情が幸いして、なんとか開演間際の12時20分にすべりこみセーフ。
 荷物カメラを預けて中に入ると、はらぐちさんから全国88ヶ所巡礼の旅なポスターを貰う。まあ、1ヶ所くらいは行ってやる(*1)予定。また、なかぞのさんとそーまくんからはあやちんな写真が(笑) それぞれ、ありがとうございますぅ。

 開演。オープニングはもちろん岡本シスターズによる掛け合わない漫才MC。てゆーか、何も知らずにMCって言葉使ってるんですが、これって何の省略系なんでしょう?(^^;
 さて、2人の会話が噛み合わない(*2)ことをスタッフもようやく察したのか、今回は新アイテムとしてそれぞれ新聞を用意。夕刊フジの模様。
 なんじゃ、そりゃあ?
 とりあえず、新聞を持って出てきた姿を見て、イヤな予感が脳裏をよぎる。そして、MCが始まってそのイヤな予感は当たった。結局、何の解決にもなっていない。話は特別盛り上がるわけではない。互いに噛み合わない。新聞が何の役に立っているというと、ただのネタのソース。それ以上でもそれ以下でもない。盛り上がらない会話がそのまま終わってしまうのを防ぐために、豊富な情報源を手元に与えただけだ。カンニングペーパーと言ってもいいだろう。例えば、ネタ帳を見ながら芸をする芸人がいるか? 私的には、あれは認められない。却下。次回は真面目に(*3)、岡本絵莉vs岡本ひかりという勝負(*4)を見せてもらいたいものだ。えりりんもゆかりん相手にはいいツッコミするんだがなあ。やはり、ひかりちゃんは強敵か(笑)

 というわけで、本編に入って、1・2曲目はキラメロ2期生コンビが勤める。前回も思ったが、相変わらず歌唱力が人様に披露するレベルに達していない。まあ、私の場合、特に歌は重視しないので(*5)、それはいい。が、絵里嬢は自分がタレントだという自覚があるのだろーか? 彼女からは何も伝わってこない。何がしたいのかわからない。姫からは楽しさが伝わってくるし、実際こっちも楽しくなれるので、結構私的好感度は高いのだが。

 まりえ嬢。はっきりいえば趣味ではないのだが、そのステージには素直に「凄い」とエールを送らざるを得ない。引き込まれますね、あの鈴木まりえワールドには(笑) 唯一気になったのは、振り付けの完成度が秋野ひとみ嬢より若干劣るということかな。まあ、素人目による当てにならないものですが。<なら書くなよ(笑)

 そして、えりりん。つくづく「青空(そら)へ」はいい歌だなあと思った……というのはさておき、今日は辛口で攻めます(笑)
 まりえ嬢や、ひかりちゃんと比べると、やはり実力的には劣ると言わざるを得ない。それは歌唱力や振りつけといった問題ではなく、……なんて言ったらいいのかなあ。岡本絵莉ワールドというのは確かに存在するんだけど、そこに引き込む力が弱いのだ。例えば、ひかりちゃんなんかは、最初の歌声、最初の一音だけで、岡本ひかりワールドに連れていってくれる。確固たる存在感があるというか。勘違いしてほしくないのは、ひかりちゃんは確かに歌がうまいけど、そのせいではないということ。例えば前述の、某Aちゃんとか、別の某Aちゃん(*6)なんかは歌はうまくないけど、存在感だけはある(*7)。タレント気質があるというか。えりりんの場合、タレントというよりは普通の女の子という感じの方が強い。もっとも、それが魅力の一つでもあるのだから、難しいところだが。しかし、これ以上飛躍するには、タレント気質を見につけるべきであろう。がんばれ。こんなことを言ってはいるが、私はえりりんの味方だ(笑)
 さて、新曲3部作が出揃ったので簡単に感想など。
 「3ポ」。間奏で、アレを客席に一緒に言ってくれっていうのはかなり無理があるような(^^; 覚えてなきゃ絶対に言えないぞ。
 「青空(そら)へ」。いい歌です。ベタ誉めしちゃいます。2度聞いて2度ともいい歌だと思ったんだから間違いないだろう(笑) こちらも間奏で一緒に歌ってくれるよう求めてくるが、こっちは単純に歌詞繰り返しなので何も考えることはない。やはり、こうあるべきだろう。しかし、それでも入れる人が少ないのは、岡本絵莉ワールドに引き込めていないからなんだよな、やっぱり。
 「ピンクの風船」。「青空へ」の印象が強すぎて、あまり覚えていない(^^; そーいえば、「彼女のいる男の子を好きになってしまった女の子の切ない気持ち」の歌詞らしいが、曲調は全然それっぽくなかったような気がするのだが(^^; 今度ゆっくりと歌詞を読んでみたいですな。
 以上、えりりんおしまい。おつかれさまでした。

 最後はひかりちゃん。その歌唱力といい、独特のMCといい、どちらも安心して楽しめる一級品。印象深かったのは「最後の果実」。歌う人によってこうも印象が変わるもんなんだなあ。個人的には、最初に聴いた(*8)こばゆー版が、とりあえず私の中での頂点なのだが。どれくらい影響受けたかというと、それを期に深田恭子に興味を持ったくらいだ(笑) 次はぁゅぁゅ辺りに歌ってみてほしいものである。

 物販。えりりんの新作「あらちんさんはイカんなー」を買う。最後の1個だった。危ない危ない。1個1000円也。
 最近、サイン等を貰う趣味はなくなったので、あとはおとなしくしてた(笑)

あいどるChu-Mail "days"<arachinさん>【記録】

※arachinさんによるレポートです。

□開場前
前日「明日は9時集合ね」とそーまくんやぞの氏に言われていたので、私もついでに付き合うことに。彼らは姫とどっちが早く会場入りするか競っているらしい(笑)

10時頃さくらやに現像を出しに行った後、3Fに上がって8/27チケットを買う。
すると、後からえりりんがエレベーターから降りてきた。
「おはようございまーす」
うむ、今日は幸先良い一日になりそうだ(^^)

他の二人はこれからスタッフ&タレントにあげる差し入れを買いに行くと言う。
まだ誰も来る様子でもなく、暇なので私も付き合うことに。途中、中山マネージャーとまりえちゃんにすれ違う(^^;

甘い物が良かろうという事で、コージーコーナーのジャンボシュークリームを購入。
私も好物である。改めてTAKEOFF7に戻り三木さんに渡す。「ありがとうございます」
とお礼を言われるが、すみません、私はお金を出していません(爆)
一緒に居たのでそう思われても仕方が無いか(^^;; すんまそんm(__)m>お二人

□お使いえりりん
それから少しづつ知り合いもやってくる。いすけさんにはイタすぎる私専用のうちわを戴く(痛) ありがたいやらイタいやら(^^; トホホ(^^;;

そーまくんやぞの氏・いすけさん・おかもっちくんはGIGO(Kira☆メロ)へ偵察(?)に行くらしい。
私はあまり興味が無かったのでここで休むことにする。すると、先程そーまくんがまけいぬ@師匠さんより渡された昔の投稿写真を私に預かって欲しいと言う。
何だか良く解からなかったが(?)とりあえず預かる。彼らが行った後で中身を見たら、森谷密さん(現・響綾香さん)の8年前の水着写真だった(爆)<けーくんネタか?(笑)

とてつもなく暑かったので、先程貰ったイタいうちわを仰ぎながら東京電力の植込みの日陰で一休み。我が心のライバル(笑)高瀬氏がひかりちゃんのアンケートを配ったりしている。
さすがねっしんなひかりちゃんふぁんさんだ。彼と話している最中、えりりんのリハの音が聞こえたりする。おお、なんか得した気分(笑)

すると、えりりんが東急ハンズに向かって行くのが見えた。買い物かな?
それからというもの、もうハンズの出口しか見ていない私(爆)

数分してからえりりんが出てきた。バイク屋の前でえりりんに声を掛け、用意してきた写真を渡したりしてちょっとお話。すると、ひかりちゃんふぁんさんが来て、えりりんに
「絵莉ちゃん、良かったらひかりちゃん誕生日おめでとうメッセージを書いてくれませんか?」
と寄せ書き用の色紙を渡す。えりりんはメッセージといつもの自画像を書いていた。
優しいお姉ちゃんですね(^^)

開場時間近くになって、ようやく偵察組も帰ってきた。後は列に並んで開演を待つばかりだ。

□岡本シスターズ
「みなさん、こんにちはー!」

えりりんとぴかりん(岡本ひかりちゃん)が、手に「夕刊フジ」を持って登場。
トークのネタにするつもりなんだろうか?

<衣装>
えりりん:上:フードの付いたピンクの服、下:ジーパンにサンダル。
ぴかりん:上:赤いチェックの服に胸にハートのペンダント、下:デニム地のロングスカート。

トークは新聞を元に時事ネタで進められていく。
それぞれ気になった記事を発表。ぴかりんは「ぼったくり風俗店摘発へ」だそうだ(笑)
えりりんは「吉井怜緊急入院」と「毒物殺人未遂事件」<実の母親が娘を殺害しようとしたやつね
「お母さんが長男も殺しちゃったかも知れないんでしょ?」で反応しないように(^^;>心当たり

「世の中色々あって大変ですけど、今日は平和に楽しんでいってください」

そーいうオチかい(苦笑)

□絵里(キラメロ2期生 出席番号8番)
『Happy Together』(SPEED)

<衣装>ピンクのノースリーブ、青のスカートで登場。
緊張していると言うか、なんとも歌い慣れていない感じ。つーか、感情がこもってない。
高音では声が裏返っているし。ノレる曲なのに勿体無いなあ。

歌終了後、Tomoakiさんらが「えりちゃん!えりちゃん!えりちゃん!」と反応しているのには笑った(笑) えり違いだって(笑)

□姫乃香央瑠(キラメロ2期生 出席番号36番)
<衣装>肌色のワンピースに、左腕には腕輪。
先週誕生日だったと発表。「いくつになったのー?」というお約束のツッコミに対し、「20003歳になりました」と返す(笑) むむ、なかなかやるな(笑)
誕生日プレゼントに「ご飯をよそる時に、ご飯粒がくっつかない魔法のしゃもじ」をお母さんに貰ったらしい(笑) が、一週間たったらくっつき始めたそうだ(笑)

誕生日が7月という事で、誕生石にちなんで『ルビーの指輪』を歌おうとしたが、「もっと可愛らしい曲を歌ってくれ」と却下されたそうだ(苦笑)

『リトル・ダーリン』(田村英里子)

MCでは堂々としていたのに、歌になるとめちゃめちゃ緊張している様子。
マイクを持つ手が震えているのが良くわかった。もう少し声が出せるようになれば良くなると思う。スジは悪く無い。

□鈴木まりえ
<衣装>黄色と白のフリフリドレスに、頭には黄色のリボン。花柄のサンダル。

『恋の条件』(オリジナル)

相変わらずまりえちゃんふぁんさんのコールが凄い(^^; 歌が殆ど聞こえない。
彼らは一体何回「まりえー!」と叫んでいるのだろう?

<MC>
7月30日はまりえちゃんのお父さんの50歳の誕生日らしい。
念願の「魚焼き器」を買ってもらえる事になって、朝から機嫌が良かったとか(笑)

『初♥恋♥宣♥言』(オリジナル)
『恋のHorizon』(オリジナル)

7/21に発売になったCDから2曲。曲は往年のアイドルポップスの王道とも言える感じ。
間奏部分で「まりえちゃーん!」とコールされて、とても嬉しそうな表情をしたまりえちゃんが印象的だった。

<MC>
・夏休みのラジオ体操は3回しか行った事がない。
・宿題はキライだったのでやらなかった。ヾ(^^;ヲイ
・小3の時に夏休みの宿題でスカートを作った。本当は水着を作りたかったらしい。「水着」というキーワードに「くぅ〜」と反応するダメなひとたち多数(笑)<私ではないぞ!
・プールの目洗い機(?)は恐くてやった事がない(笑)ので、今年は挑戦したい。
・今後のイベントの告知など。

『恋のシンフォニー』(オリジナル)

「まりまりまりまり・まりえー!」のコールが凄い(^^;
曲も振りつけもまりえちゃんのキャラクターにピッタリ。逆に、バラードを歌うまりえちゃんはちょっと想像出来ないかも。それほどこのブリブリな芸風が定着しているという事なのだろう。

「どうもありがとうございましたー。バイバイなのですー」

やはり最後はこれなのね(^^;

□岡本絵莉
<衣装>真ん中にパンダの絵柄のある緑のTシャツ。白の短パン。髪型はツインテール。

『明日へ』(広末涼子)

えりりんのこの曲を聴くと、ついジーンときてしまう自分。
なんていうか、歌詞と共に引き込まれていくな気がするんですよね。いや、御世辞じゃなく。

<MC>
「みなさん、こんにちは。粘土職人の岡本絵莉です」

最近のえりりんは、人前で正式に「粘土職人」と公言するようになった。粘土細工の
新作も着々と増えてきているようだし、職人として自信がついてきた証拠なのだろうか?
まあ、手に職をつけるのは良いことだ。私も見習いたい。

  • 室内プールに行きたいが、毎日粘土ばかり作っていて行けそうもない。
  • 夏は粘土がよく乾くので、粘土職人にとってとても便利。
    「みなさん、解からないですね(粘土が乾いて便利ということ) ごめんなさい」
     とえりりんは謝っていたが、何もそこまでする必要は無いと思うんだけどなあ(^^; 今回のMCは個人的に頑張っていたと思うよ。客にも積極的に話し掛けていたし。
  • 新作の粘土グッズを用意してきたので買ってね☆

『青空(そら)へ』(オリジナル)

巷で好評のこの曲。思わずコール&ジャンプがしたくなる。
えりりんの「みなさんも一緒に歌ってくださいー」との呼びかけに対し、客も呼応して一緒に歌う。普段は反応してくれないアルテミスふぁんさん達も一緒に歌ってくれたようだ。

<岡本絵莉のものまねコーナー>

久々にルパン三世をやってくれるらしい。前に見たのは1999/11/23の勤労感謝ライブだったか?
何故突然ルパンなのか?と思ったが、そういえばライブの2日前にTVでルパン三世スペシャルを放送していたのを思い出した。その影響かな? 考えてみれば前回のものまね(メイちゃんのおばあちゃん)をやった時も、直前にトトロのTV放送があったっけ。

「ふ〜じこちゃ〜ん」「ルパ〜ン♥」

不二子ちゃんは色っぽかったが、ルパンの方は鈴木雅之と区別がつかなかった(苦笑)

「似てないー」と言われて、「まあいいや(^^;」とちょっと寂しげなえりりん。
「似てなくても似てても、ものなねしちゃいます」<根っからのものまね好きなのね。
ここで「私、顔真似とかもするんですけど…」とえりりんが言ったので「やってー!」との声が上がる。私も見てみたい(笑) 「次回までに考えてきます(^^;」とえりりん。
もしかしたら次回やってくれるかも? 請うご期待! 

『3ポ』(オリジナル)

この曲も「一緒に歌ってください」とえりりん。一緒に歌う箇所は抑えていたが、あれは知っていなければ難しいかも(^^; えりりんふぁん内でも歌っていたのはごく僅かだったし。
完全に覚えるにはあと少し場数を踏まなければダメか?

途中、1箇所歌詞を間違える場面もあり、ちょっとヒヤヒヤ(^^; 以前も同じ箇所で間違えていたような(^^;;;; これでこの歌がトラウマにならなければ良いけど…。なに、数をこなせば大丈夫!
ガンバレ! えりりん!

ところで、最初に披露した時にのみあった、めちゃめちゃアップテンポな冒頭の4小節分は何処へ消えてしまったのだろう? やはり違和感があったのでカットされたのかな?

『ピンクのふうせん』(オリジナル)

初披露の新曲。これで3曲ある新曲全てが揃ったことになる。これもえりりんの作詞による。
曲には「彼女のいる男の子を好きになってしまった女の子の切なさ。でも、何時の日か「好き」という自分の気持ちをその男の子に伝えてみせる」という女の子の心情が詩に込められている。

曲はゆったりとして、かつスケールの大きな盛り上がり調。異論があるかも知れないが、岩男潤子さんの『手のひらの宇宙』を感じさせた。ドラマのエンディングに流れていても良い感じ。両手を上げてクロスさせる振りつけが可愛い。次回は私もやろう(笑)

初披露のせいか、えりりんもちょっと緊張気味。少し歌詞が聴き取り辛かった(^^;
いつものように間奏の間に告知。でも、この曲には入れない方が良いような気がする。
間奏が短いし、せっかく良い曲なんだから雰囲気を大事にした方が良いのにな、というのが正直な感想。
※『Dear Friend』の場合は別。あれは入れても違和感が無いと思うので。あくまで個人的意見ですが。

□岡本ひかり
<衣装>ピンクのセーターにミニスカ。<ロングスカートの下に着ていた?

『BELIEVE』(MISIA)

あの小さな体でよくあそこまで声が出るものだと改めて感心する。
が、喋り始めたらいつもの「ぴかりん」だった(笑) やはりこのギャップがなんとも(笑)

<MC>
・楽屋で鈴木まりえ先輩と楽しくお話をしていた。ひかりちゃんから見てもまりえちゃんは「可愛い」らしい。もう「まりえちゃ〜〜ん」って感じ(笑)<某T氏のまね(笑)
・今日のドリンクは焼酎ではなく、DAKARA(笑)
・29日秋葉原イベント(PSゲーム:砂のエンブレイス)の話。でじこ(デジキャラット)の衣装は、自分から「着たい」と言って着たとか(爆) 本日(30日)も17時から同じ場所でイベントをやる。行った人間の話によると、チャイナドレスだったらしい(超爆) くぅ〜。。。! チャイナじゅーよー!(ぉ。

『魔女かもしれない』(オリジナル)

プレイステーションRPG「砂のエンブレイス」のOP/ED。
イベントで何回も歌っているせいか、以前聴いた時よりも上手くなっているような気がした。

『最後の果実』(深田恭子)

CMで聴いた気がする。途中、エフェクトボイスが聞こえる所で、ついYMOを思い出してしまった私(古っ!)

曲が終わった後、34男さんが「ひかりんごサワー」とボソッと囁いていた(笑)

<MC>
・幕張メッセでキャラクターショーに出た後、弟と一緒に静岡に里帰りした。
・そこで10万円(!)もグッズに散在した弟くんは、お母さんにドン叱られたらしい(笑)
・抽プレテレカを2枚売って、6万円の資金を稼いだ…が、全部使ったらしい(爆)<弟くん
・8/9はひかりんごの誕生日。森なつこちゃんにデート(笑)に誘われた。
・8/12バースデーイベント。ひかりんご・こまりんご・ねむりんごのステッカーが貰えるらしい。何だそりゃ(^^; 「まだ間に合うんでこちらまで」と言ってTV画面のテロップを 指すフリをするぴかりん(笑) 面白いぞ(笑)

『バーチャルボーイ』(オリジナル)

TAKEOFF7でこの曲を聴くのは久しぶり。もちろんサイリウムをクルクルやるあの振りもやる(笑)
石崎さんがアルテミスを辞めたので、jellyfishバージョンが聴けなくなってしまったのが残念な限り。結構この曲気に入っていたので。

『summer sunset』(広末涼子)

サビの部分が広末の声にとても似ていた。意識して歌っているんだろうか?

『夢色帽子』(オリジナル)

最後はやはりこの曲。コールも入って大盛り上がり。夏休みの曲なので今の時期にはピッタリかも。しかし、相変わらず「○○○の滑走路」の部分が聴き取れない(^^;

「ばいばーい☆」

ばいばーい☆ ひかりちゃん…ってあれ? 早くないか?終わるの(^^; days恒例の客いじりも無かったし。<タレントさん全員この後のスケジュールが詰まっているからだそうだ。

むむ。今日もリベンジならずか(苦笑)

□物販
えりりんは新グッズ「イカんな〜」を売っていた。見たところ十数個しかなかったので是非とも欲しかったが、万札しか無かったのでお釣りが出来た頃を見計らって列に並ぶ。
残り2つの時点でなんとか確保。危ない危ない(^^; えりりんから手渡された時、「あらちんさんはイカんな〜」と言われ、少しイタかった(痛) あうぅ、何故?(涙)

グッズを購入した人はサインをして貰えるらしく、私は自作のテレカにして貰うことにする。
が、ちょっと時間が掛かってしまったので周囲からブーイングを浴びる(^^;
あう、ゴメンなさいm(__)m

KiraKira☆メロディ学園 CD発売スペシャルキャンペーンライブ【概略】

日時:2000/07/30(日) 15:00
場所:GIGO STAGE I'm ON(渋谷)

出演:Heart♥Chu[土屋美恵子/新谷さや香/高比良純]/永井信子/雛野まよ/他

客参加:岡本絵莉/絵里/姫乃香央瑠

KiraKira☆メロディ学園 CD発売スペシャルキャンペーンライブ【曲目】

※途中参加
01.Heart♥Chuのテーマ〜アイドルはきっと世界を救う(オリジナル)/Heart♥Chu
02.KIRA☆KIRA(オリジナル)/Heart♥Chu
03.大好き!(オリジナル)/KiraKira☆メロディ学園[土屋美恵子/新谷さや香/高比良純/永井信子/雛野まよ/他2名]

KiraKira☆メロディ学園 CD発売スペシャルキャンペーンライブ【記録】

 さて、TAKE OFF7撤収後は、GIGO前へ。私は全然知らなかったが、キラメロのイベントをやっていたらしい。途中参加。ちょうどはーちゅの出番が始まるところであった。星のステッキを持っての「アイドルはきっと世界を救う」は新曲? 「大好き!」のときは7人出てきたが、私が認識出来たのは、はーちゅの3人と永井信子嬢、雛野まよ嬢だけだった。う〜ん。まだ健全?(笑)
 ここでは、やはりおかもっちくんと末っ子くんについて語らなければいけないだろう(笑) キラメロを卒業したはずのおかもっちくん(*9)だが、なぜかはーちゅの歌が始まると同時に、熱心にコールを入れていた(笑) ので、そーまくんがねっしんなキラメロふぁんさんたちの方に追いやっていた(笑) そして、末っ子くんも、コールはもちろんなんか熱心に跳んでたし(笑) 掲示板の名前も「kira Melo Board」に変えてたし(笑) ハマってるなあ(笑)

KiraKira☆メロディ学園 CD発売スペシャルキャンペーンライブ<arachinさん>【記録】

※arachinさんによるレポートです。

□TAKEOFF7出待ち→GIGO
どうやらGIGOで行われているKira☆メロのイベントに、えりりん&三木さんも行くらしい。
なので、必然的についていく我々(笑) GIGO前に着くと、炎天下の中真っ赤に日焼けしたKira☆メロふぁんさん達がいた。ご苦労様ですねぇ(^^;

ちょうど Heart♥Chu の
『アイドルはきっと世界を救う』(オリジナル)
が始まるところだった。

衣装はいつもの緑・オレンジ・ピンクのやつではなく、Kira☆メロの制服(夏服?)だった。
#制服じゅーよー(爆)

この曲も実はお気に入りの一つだったりする。Heart♥Chuの曲は、ノリが良いのがGOOD。
「わかんなーい♥」という所が個人的に「くぅ〜」である(ぉ。

『KIRA☆KIRA』(オリジナル)

で、お馴染みのコレ(笑) いつのまにか「Kira☆メロを卒業する」と公言していたOくんが、Heart♥Chu が良く見える位置まで (道路の真中付近)移動して曲が始まるやいなやねっしんにコール&ジャンプしていた(笑)
もはや体に染み付いてしまっているのだろうか<曲に反応?

#ちなみに、私の隣にいた某末っ子くんと34男さんも、コール&振りつけをだいぶマスターした様子(笑) ご両人は撮影までしていた(笑)

『大好き!』(オリジナル)

最後はやはりこの曲。今日は7人で歌うらしい。おお、さりげなくノンちゃんも居るではないか!
ねっしんなノンちゃんふぁんのOGHIさんの為にわざわざ写真を撮ってあげる優しい私(笑)

歌い終わってイベントも終了すると、係の女の人がチラシ&ステッカーを配っていた。
せっかくだから1枚貰っておく。『大好き!』自体は好きなのでCDも買うであろう。<自分

□GIGO出待ち
秋葉原のぴかりんイベントに行くメンツは、時間が押していたので先に行ってしまった。
Kira☆メロふぁんさんも、Kira☆メロのメンバーが出終わった後はみんな帰ってしまった。
なので、最終的に私、はらぐちさん、たばさんの3人になってしまった。
たばさんは「もう絵莉ちゃんに会わす顔が無いよー。。。先に行こうかな?(^^;」とちょい凹み気味。今日もTAKEOFF7には顔を出さず一日GIGOに居たらしいので、気持ちは分かる(^^;

暫く待ってから(16:50頃?)ようやくえりりん・三木さん・貞Gが登場。
たばさんを見つけるなり「あ、たばたさん!」とえりりん。たばさんもバツが悪そうだ。
でも「そんな、気にしなくて良いんですよ!?」との優しい御言葉。優しいなあ。
これがえりりんの魅力なんだよね。ますます好きになったぞ。

三木さんが何処かに電話をしている間に、何とか3枚ほど写真を撮る。
この後私が池袋の花*花を見に行く、と告げたら、えりりんから「花*花応援してあげてくださいね☆」と言われる。任してください(^^) 花*花ふぁんですから>自分

貞Gに新グッズ「イカんな〜」を見せたりした後、えりりん達も撤収。
ビュンなら〜☆ えりりん。てな訳でまた両手握手(爆)してお別れ。

暑い中待ってた甲斐はあったかな(^^)
えりりんも暑い中、一日お疲れさまでした!

「砂のエンブレイス」発売記念イベント【概略】

日時:2000/07/30(日) 17:00
場所:ゲーマーズ本店 ゲーマーズカフェ(秋葉原)

出演:岡本ひかり/石崎智子

「砂のエンブレイス」発売記念イベント【曲目】

01.魔女かもしれない(オリジナル)/岡本ひかり
02.カブトムシ(aiko)/岡本ひかり
03.BELIEVE(MISIA)/岡本ひかり
04.ロマンスの神様(広瀬香美)/岡本ひかり
05.夢色帽子(オリジナル)/岡本ひかり(途中よりアカペラ)

「砂のエンブレイス」発売記念イベント【記録】

 キラメロの出待ちはせずに秋葉原に移動。ひかりちゃんの「砂のエンブレイス」発売記念イベントに行くためだ。最初は行く予定などなかったのだが、5曲ほど歌うという上に、ただで見れるということで、急遽参加することに決定(笑) なお、ねっしんな花*花ふぁんさん:-)のあらちんさんは池袋の花*花イベントに行くらしい。あらちんさん内ランキングは、1位えりりん、2位ゆかりん、3位ひとみちゃん&萠、5位ひかりちゃんらしいのだが、どうして5位のひかりちゃんを蹴って、それ以下の花*花のイベントに行くのだろう?(謎笑)
 銀座線で末広町に移動し、ゲーマーズ本店へ。「砂のエンブレイス」のゲームソフトかサントラを買うと握手会に参加出来るらしいが、サントラはすでに売り切れ(*10)。なかぞのさんとそーまくんは、昨日すでにゲームソフトを2本買っており、さすがに今日3本目を買う余裕はないらしい(笑) とゆーわけで、全員タダ見が決定(笑) なお、ここまで来ていたメンツは、なかぞのさん、そーまくん、いすけさん、樋口家三十四男さん、キラメロ家末っ子くん、おかもっちくん、私の計7人。珍しい取り合わせだ(笑)
 イベントは、7階のゲーマーズカフェの片隅にて行われた。後ろの方は普通にレストコーナーである。ひかりちゃんの「カードゲームしてる人も手を休めて聞いて下さい」というのには、実際に後ろの席の人がカードゲームしてただけに笑った(笑) もっとも、彼らは手を休めていなかったようだが。
 なお、ひかりちゃんの衣装は、ピンクのチャイナ服。丈は膝上だったが、チャイナ服の基本は、「裾は長く、スリットは深く」だろう(笑)
 まず2曲歌って、続いては原作者の人を交えてトーク。相変わらずのひかり節がイカしてる(笑) 途中からは、主題歌「魔女かもしれない」を作曲した石崎さんも飛び入り参戦。なお、そのとき野間社長はマンゴープリンを食べていた(笑) トーク後はさらに2曲歌い、MCを挟んで、最後の曲は「夢色帽子」。
 しかし、事件はそのとき起こった!
 1番の途中でいきなりMDの再生が止まったのだ。しかも、ちょうどオペレーターが席を外しているときに。だが、客席からの拍手と口伴奏(笑)に応え、歌い続けるひかりちゃん。さすがに1番を歌い終えたところでやめるかと思ったのだが、なんと2番に突入。結局、アカペラで最後まで歌い切ってしまった。これには、惜しみない拍手を贈るしかない。いいもの聴かせていただきました。ひかりちゃんポイント1アップ(笑)
 その後は握手&サイン会があったのだが、整理券を持っていない我々は参加出来ず。なお、整理券がないと撮影も許されなかった。

 イベント終了後は、そのままのメンツ7人で御徒町まで出てOFF会。「天狗」。途中からは、迷いに迷ったあらちんさんも参加。ここでは、とにかく三十四男さんが面白かったが、まあ、酒の席での話だし、ここでは何も語らないことにしよう(笑)
 というわけで、帰宅は午前1時近かったか。おつかれさまでした〜。

*1: 偉そう。
*2: ので、盛り上がらないまま終わる。
*3: ぃゃ、今回も不真面目だったわけではないだろうが。
*4: 掛け合いというのは勝負だろう。
*5: 某Aちゃんとか、別の某Aちゃんという前例があるし(笑)
*6: だから誰だよ。
*7: ひでー言い方(笑)
*8: 深田恭子のオリジナルよりも先に(^^;
*9: FCも会期更新しなかったらしい。
*10: この日、追加入荷もしたらしいのだが。