イベント参加リスト(2000年09月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
土屋亜有子クアトロライブ【概略】

日時:2000/09/05(火) 18:30
場所:渋谷クラブクアトロ(渋谷)

出演:土屋亜有子
スタッフ参加:岡本絵莉

土屋亜有子クアトロライブ【曲目】

01.あと少し…(オリジナル)/土屋亜有子
02.パパ&ママ(オリジナル)/土屋亜有子
03.想い出がいっぱい(H2O)/土屋亜有子
04.何も出来ないけど(オリジナル)/土屋亜有子
05.本物の涙(オリジナル)/土屋亜有子
06.Brave〜勇気を信じて〜(オリジナル)/土屋亜有子

土屋亜有子クアトロライブ【記録】

 定時にあっさり退社して、18時10分頃クアトロ到着。中に入る。あゆあゆの出番は1番だ。
 18時半ちょっと過ぎ、「君だから」が流れ始めたので前方右側に陣取るが、あゆあゆが出てくる様子はない。あれ? どーした? と思っていたら、歌が始まってしまった(^^; が、生歌ではないようだ。CDからか。どうやら、ただの登場曲だったらしい。2番の途中辺りで、赤系のワンピースに身を包んだあゆあゆと、キーボードの恵美子先生(あゆあゆの歌の先生)が出てくる。なんか、「君だから」の最後の切れ方が変だったなあ(^^;
 まずは自己紹介も無しに、いきなり「あと少し…」から。しかし、それにしても、目に見えて緊張しているのがわかる。そのせいかどうかはわからないが、聴いててなんか釈然としなかった。あゆあゆらしくない……というわけでもなかったと思うのだが、歌が私の心に響いてこない。うーむ、ちょっと心配。
「みなさん、こんばんわ。土屋亜有子です」
 毎度のことながら、クアトロでは客席から声をかけにくい。本当は「あゆあゆ〜!」と声の1つもかけてあげたいのだが。弱いなあ、私(^^; こういうところで、タレントの力になってあげなければ、とは思うのだが。
「今回で3回目のクアトロになるのかな? クアトロはいいですね(^^) いい意味で緊張感があります。今日はとても楽しみにしてました(^^)」
 と言ってはいるものの、私的には結構不安だったりした(^^; 「いい意味で緊張」なら文字通り「いい」のだが、さっきの歌を聴く限りな〜(^^;
「今日は盛りだくさんの内容なので、こんなゆっくり話してる余裕はありません(笑) 急いで話したいと思います」
 ここで客席から笑いが起きる辺りが、あゆあゆの性格を物語っている(笑) あゆあゆに、急いで話すのは似合わない。というよりも、はっきりきっぱり無理だろう(笑)

「次は、私の曲の中では珍しく可愛らしい曲で、目指せ“みんなのうた”って感じです」
 なるほど、次は「パパ&ママ」か。「マラカスは〜?」と突っ込みたいところだが、やはりクアトロ(以下略)。
「前回のライブでも歌ったんですけど、それを初めてパパ&ママが見に来てくれて、この歌を聴いて恥ずかしかったと思います」
 そりゃあ、恥ずかしいだろうねえ(笑)
「私も恥ずかしかったです」
 そりゃあ、恥ずかしいだろうなあ(笑)
「今日はパパ&ママもいないことだし(笑)、楽しく歌いたいと思います(^^)」
 緊張もほぐれてきたか、この辺からMCもあゆあゆ節が炸裂してくる。いい傾向だ。実際、次の「パパ&ママ」の歌声は、しっかりと私の心に届いてきた。てゆーか、ざくざく抉ってくれる(笑) 実は、ソロライブからこっち、極端にこの歌に弱くなってしまったのだ。それは多分、私の「ある精神的環境」が影響しているからなのだろうと思っていたのだが、今日のMCでそれはほぼ確信に変わった。だってこの歌は、自分の両親が聴いて、とても恥ずかしくなるような歌なのだ。そして、自分が両親に聴かれて、とても恥ずかしくなるような歌なのだ。って、こんな説明じゃ、私以外の誰にもわからないと思うが(^^;、そういうことなのだ。とにかく、私の心の琴線に訴えかけてくる曲なのである。
 あと、どーでもいい余談なのだが、あゆあゆは実際にも両親のことをパパ&ママと呼んで呼んでいるのだろうか?(*1)

「9月になってそろそろ夏も終わりですが、楽しい夏を過ごせましたか?」
 と聞かれても、やっぱりクアトロ(以下略)。しかし、それでも一部の猛者は応えていたようだが、さすがに小声。しかも、もちろん返答に統一性はない(^^;
「私は、海にも行けず、プールにも行けず、夏らしいことはしなかったんですけど、色んなところでお仕事させていただいて、想い出がいっぱいでした」
 なるほど、そういう前振りか。あっさり次の曲が読めて、思わず微笑。
「今年の夏は、想い出がいっぱいでした」
 しかし、それでもなお繰り返すあゆあゆ(^^; だから、客席も声を出して笑うしかないのだ(^^;
「なんか笑われてますけど(笑)、次は“想い出がいっぱい”です」
 ほーら、やっぱり(笑) 歌い終わると、続けてオリジナルの「何も出来ないけど」。

「私が曲を作り始めるようになって1年ちょっとくらいなんですけど、一番最初に“作りなさい”って言われたとき、“作れるわけないよ〜”って思いました」
 ああ、そうなんだ〜。タレントになる前から趣味で作っていたのかと思っていたら、そうではなかったのね。うーむ、そう考えると、ちょっぴり自信が持ててくるなあ(謎)
 というわけで、続いてはソロライブで初披露となった、あゆあゆが初めて作った曲「本物の涙」。「私の歌の中では唯一ハッピーエンド」とか言っていたが、「パパ&ママ」ってハッピーじゃなかったっけ?(*2)

 そして、歌い終わって恵美子先生は撤収。
「本当はここで終わりのはずだったんですけど、8月31日〆切の曲がありまして、それがギリギリセーフで間に合いました。日曜に完成して、出来たてほやほやです」
 ここまではほぼ知っている情報。しかし、続く言葉は驚きの連続であった。
「曲を作るとき、今までは自由に作らせてもらっていたんですが、今回はイメージソングなんです。“アニムンサクシス”っていうカードゲームなんですけど」
 なにぃ!? なるほど、そう来たか。というのも、アニムンサクシスの原作がSHOWMAN'Sなのだ。
 そして何より、「もしかしたらCD化するかもしれません(^^)」との言葉に、沸き起こる拍手。「もしかしたら」を強調していたのは、「コンペで選ばれたら」という条件付きだからだそうだ。
 というわけで、あゆあゆ作詞作曲による期待の新曲「Brave〜勇気を信じて〜」。すでにオケが出来ていたのはびっくり。編曲はKAORUこと大久保薫氏だ。
 不勉強なものでアニムンサクシスの世界観は全く知らないのだが(^^;、曲から感じたイメージは、一言で言うならば「古代の宇宙」。宇宙に古代も現代もあるのかという気がしないでもないのだが、そう思ってしまったものは仕方がない。広大さと懐かしさ、悠久の昔から現在を包み込んでいるような(意味不明ナ説明)、大河的な曲である。後で言われるまで、あゆあゆ作曲だとは微塵も思わなかったくらい(笑)、今までとは違った曲風だ。でも、いい。
 こうして全6曲で今日のライブは幕を下ろした。おつかれさまでした〜。

 その後、エントランスで待っていたら、みっきーさんがあゆあゆを連れてきてくれたので、ちょっとお話。そして、あゆあゆは一人ですぐに撤収。何故かというと、
「チャットするために帰ります(笑)」
 まさしくその通りなのだが、あゆあゆが明言するとなんか笑えてしまう(笑)
 そういえば、珍しく貞Gがいないと思ったら、病欠だったらしい(^^; お大事に。
 というわけで、受付のえりりんに「明日がんばってね〜」と告げ、我々も撤収。さて、あゆあゆチャットに間に合うように帰らないとな(笑)

*1: 呼んでいるらしい。
*2: 「これから運命の人に出会えるのかな〜?」という曲なので、ハッピーじゃないらしい。
あいどるChu-Mail "Night"【概略】

日時:2000/09/06(水) 19:00
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:平野みどり/藤澤実樹子/江沢のりよ/岡本絵莉/田中裕美/KiraKira☆メロディ学園[土屋美恵子/桜井紗良/林あかり/小野彰子]/秋野ひとみ

あいどるChu-Mail "Night"【曲目】

01.サマーナイトタウン(モーニング娘。)/平野みどり&藤澤実樹子
02.たんぽぽ(タンポポ)/平野みどり&藤澤実樹子
03.LOVE2000(hitomi)/江沢のりよ
04.君のとなり(hitomi)/江沢のりよ
05.土曜日のタマネギ(斉藤由貴)/岡本絵莉
06.3ポ(オリジナル)/岡本絵莉
07.Cute or Beauty(LINDBERG)/岡本絵莉
08.Dear Friend(オリジナル)/岡本絵莉
09.プロセス(田村英里子)/田中裕美
10.チャンス!!(オリジナル)/田中裕美
11.楽園のトリコ(三浦理恵子)/田中裕美
12.あなたが1ban!(オリジナル)/田中裕美
13.夏祭り(whiteberry)/KiraKira☆メロディ学園[桜井紗良/小野彰子]
14.ちょこっとLOVE(プッチモニ)/KiraKira☆メロディ学園[土屋美恵子/林あかり]
15.キラパラファイヤー(オリジナル)/KiraKira☆メロディ学園[土屋美恵子/桜井紗良/林あかり/小野彰子]
16.大好き!(オリジナル)/KiraKira☆メロディ学園[土屋美恵子/桜井紗良/林あかり/小野彰子]
17.KARAKURI少女(オリジナル)/秋野ひとみ
アニメメドレー
 18.檄!帝国華撃団(横山智佐・帝国歌劇団)/秋野ひとみ
 19.タッチ(岩崎良美)/秋野ひとみ
 20.時の河を越えて(うしろ髪ひかれ隊)/秋野ひとみ
 21.Equalロマンス(CoCo)/秋野ひとみ
22.さよならを過ぎて(酒井法子)/秋野ひとみ
23.Cerebration(オリジナル)/秋野ひとみ

あいどるChu-Mail "Night"【記録】

 TAKE OFF7到着。いしださん、おかもっちくん、そーまくんの3人は、たまたま通りがかった桜井智+αを見たらしい。自称智一筋なふりふり魔ーくん(*1)が大層悔しがっていたらしい。仕事中の会社で「何で俺はここにいるんだ!?」と言ったとか言わなかったとか(笑) あと、サスケも見たらしいが、サスケってあの伝説の飲料のことですか?(笑)
 開場。2列目中央通路右側を陣取る。さくっと開演。

 トップバッターはいつも通り、KOX Audition Champions(平野みどり&藤澤実樹子)。長い。略してKAC。てゆーか、勝手に命名すな(笑)>をれ。MIDORIとMIKIKOなのでMI:2とかいう案も出てましたな(笑) 歌は「サマーナイトタウン」と「たんぽぽ」。かなーり良かったんではないでしょうか。前回を80点とすると、今回は85点。しっかり成長の後が見られます。頑張ってるんだな〜、と思えるのは、見てて応援したくなる。衣装は今回も色違いの揃い(みどりんごが水色の、みきぼんがピンクのカーディガンと、黒の膝上スカート)。振りつけもわざわざ考えてある。これからもユニットでやっていってほしいですね。とか言ってる私はユニットフェチ(笑) ただ一つ難点を挙げれば、MC。あれ、作り過ぎだよ(苦笑) もーちょい自然な流れでああ持っていければ最高なんだけど、まあ、正式にコンビというわけでもないからねえ。コンビらしくあろうと頑張っているという意味で加点しておくか。とか偉そうに言ってみる(笑)
「私たちのセクシービーム、皆さんに届きましたか〜?」
 ぃゃ、メモに書いてあったので一応書き写し(笑) ちなみに、「サマーナイトタウン」はセクシー系で攻めてみました、に続いたセリフです。

 2番手は江沢のりよ嬢。黄色のキャミに白の長ズボン。末っ子くん、いちいち後ろを向いて笑わせてくれなくていいです(謎笑)
 歌はどこかで聴いたことがあると思ったらhitomiだった。「LOVE2000」と「君のとなり」。カラオケに行って練習してきたとか日記に書いてあったかな。さすがに、同じ歌を歌い続けるのもマズいと思ったか(笑) まあ、「20th Party」、個人的には好きなんですけど。

 そして、注目のえりりん。ピンクのワンピースにお玉を持って登場……って、お玉!? なるほど。ワンピかと思ったら、エプロンなのか。歌は、知ってるけど曲名が思い出せなかった「土曜日のタマネギ」。初披露だったと思うけど、なかなかよろしかったんではないでしょうか。てゆーか、歌については基本的に何でもOKな私(笑) なので、演出面で語ってみれば、いいですね、エプロン。男心のツボを押さえてます(笑) お玉はウケ狙い?(^^; 途中でポケットに仕舞ってたし(^^; どうせ邪魔者扱いするなら、客席にプレゼントするとかでも良かったのでは。今日び、100円ショップでだって売ってるんだし。まあ、貰った人が喜ぶかどうかは別問題だけど(笑)
 そして、次の曲に移る前に、エプロンを脱ぐ。わざわざ隠れて脱がなくてもいいのに(笑) って、私の角度からは見えてたけど(笑) 客席からは多数「脱がないで〜」と声が上がっていたようだが(笑)、私的には脱いでOK。てゆーか、脱ぐ仕種じゅ〜よ〜(笑)<まあ、見えてたからだけど(笑) ちなみに、エプロンの下に着てたのは、どこかで見た覚えのあるピンクのワンピースでした(笑) 出待ちで見た格好の方がよっぽどいいと思ったのは、私がズボンフェチ(*2)だからだろーか(^^; あと髪型は上の方で2つお団子にまとめてましたな。
 さて、ここで「岡本絵莉のものまねコーナー」。今回は客席参加型らしい。ジャイアント馬場。「ポー」。何かと思えば、次の曲の「3ポ」のコールの練習だったらしい。なるほど、こうくるか(笑) しかし、客層が悪ィ〜(^^; 誰もマジメにやろうとはしない。それでも、見ていて痛々しいくらい、えりりんは頑張ってましたね〜。がんばったで賞をあげよう(笑)<いりません。
 あと、その練習の前に、楽屋のタレント(みーこ&ひとみちゃん)に「アポー!」と言わせるという無茶なこと(*3)もやってましたな(笑) ひとみちゃんに対する「イヤとは言わせませんよ」がえりりんらしくて二重丸(笑)
 というわけで、ここのMC、はっきりいって長すぎ。しかし、変化に富んでいて冗長にはなっていなかったし、むしろ良かったでしょう。今まで短かったしねえ(笑) これからもこの調子でいってほしいものですな。持ち時間なんてぶっちしていいので(笑)<いけません。
 なお、本番の「3ポ」のコールでは、えりりんの心配を余所にしっかり出来ていたのだから、客席の方が一枚上手ということか(笑) 思わずえりりん感動。
 ちなみに、えりりんの「まあいいや」は、逃げではなく、ああいうネタだと思うのだが、いかがなものか>某a氏。まあ、前回(8/27?)を見てないので何とも言えないが。ちなみに私は好きだぞ、「まあいいや」。
 あと、「歌って踊れる職人」を目指しているという発言に対して、「職人に興味はない」と言ったのは私ではありません(笑) 確かに、私も興味ないけど(^^; しかし、これって心無いのかねえ? 興味ないものはないのだから仕方がない。私的には、「歌って踊って」くれるんなら、職人だろーが先生だろーが無能な政治家だろーが、別に構わないのです。私は「アイドル」が見たいだけ。まあ、他人との区別化に職人を目指すというのはいいだろうし、職人稼業が好きだというのなら尚いいだろうけど。私は職人を否定しているわけではないのであしからず。
 続いては、懐かしの「Cute or Beauty」。相変わらず動きすぎで(誉め言葉)、歌い終わったときにはもうバテバテ(笑) なもんで、リハのときに「3曲にしとこうか?」と言われたけど、それでも4曲目を歌います! お〜!(^^) というわけで、最後も結構お久し振りな「Dear Friend」で締め。うーむ、「青空(そら)へ」が聴きたかったところだが、次に期待することにしよう。

 4番手は田中裕美ちゃん。正統派だよねえ。赤いジャンパースカートが可愛い。本人はオーバーオールと言っていたが、オーバーオールって下がズボン状になっている奴じゃないの? ちなみに裕美ちゃんのはスカート状。1曲目「プロセス」。聞き覚えあるなあと思っていたら、えりりん(not岡本)の曲だった。どうりで。オリジナルの「チャンス!!」に続いて、「楽園のトリコ」。むー、コールが気に食わないので入れない。そして最後はオリジナルの「あなたが1ban!」で締め。

 お次はキラメロ。今回は1期生2期生混成チームという珍しいパターン。1期生からはみーこと桜井紗良ちゃん。2期生からは激まり林あかりちゃんにその他1名。ぃゃ、おのっちです。意外と人気者(笑)
 1曲目は、浴衣の紗良ちゃんとじんべえ(*4)のおのっちとで「夏祭り」。この歌好きなんだよねえ。とりあえず、紗良ちゃんだけ見ておく(笑)
 2曲目は、入れ替わりでみーことあかりちゃんの「ちょこっとLOVE」。元気だねえ。ノースリーブにショートパンツという出で立ちは、色違いのお揃いだ。とりあえず、みーこだけ見ておく(笑) みーこは髪を結んだ方が可愛いと思うのだがどうだろうか。
 そして、トリは「大好き!」だとして、もう1曲は何を持ってくるのかと思っていたら、なんと予想外の「キラパラファイヤー」。あー、振り付け練習しておいて良かった(笑) なお、紗良ちゃんといえば「キラパラファイヤー」で、紗良ちゃんに注目だったらしいのだが、みーこに注目していたので(笑)、何で「紗良ちゃんといえば」だったんだろう? MCもみーこがやってたしなあ。でも、MCはやっぱりちよみんがいいですな(笑) しかし、やっぱり振り付けは難しいですな。まだまだ踊れない。てゆーか、座って踊るのは無理があります(笑) でも、立つ場所は既に残されていなかった(^^;
 最後はもちろん「大好き!」。おのっちが客席まで下りてきて頑張ってましたな(笑)
 でも何でキラメロは、最後の歌の後に告知なんだろう?

 トリはひとみちゃん。「KARAKURI少女」で登場だ。白のノースリーブにピンクのふわっとしたスカートといった可愛らしい衣装。2曲目からはアニメメドレー。「檄!帝国華撃団」「タッチ」「時の河を越えて」「Equalロマンス」の4曲。そして、「さよならを過ぎて」「Cerebration」で締め。相変わらずMCは面白い。客のくすぐり方を熟知しているよなあ(笑)

 物販。むう、キラメロは売らないのか。てゆーか、途中で帰ってたし。どっかキャンペーン行こうかなあ。
 とりあえずぶらぶらして最後の方でえりりんの列に並ぶ。
「別に(スケブとか)何もないんですけど(笑)」
「やられた!(笑)」
 ぃゃ、別に何もやってないやってない(^^; というわけで握手だけ。
 「今日は良かったね(笑)」と言ったら、「今日は、ですか?(^^;」とのご返事。次回は「今日も」になるといいねえ(笑)<偉そう。
 出待ち。キラメロ&アルテミス以外を撮影。チェキだけど。おつかれさまでした。
 部屋に辿りついたのは午前様。今日もっとも印象に残ったのは、おかもっちくんのジャンプというのは共通見解だと思う。

*1: =魔竜王さん。
*2: ではありません。
*3: 誉め言葉。しかし、また同じようなことをやるなら減点対象かな。
*4: 紗良パパのものらしい。
I'm ON ストリートオーディション【概略】

日時:2000/09/10(日) 13:00
場所:GIGO STAGE I'm ON(渋谷)

出演:篠原みどり/他
司会:田口美奈子/加藤由紀
客参加:小宮あかり

I'm ON ストリートオーディション【曲目】

--.楽園(オリジナル)/篠原みどり

※他不明

I'm ON ストリートオーディション【記録】

 朝9時に目覚ましが鳴った。止める。
 呆ーーーーー。
 呆ーーーーーーーーーー。
 呆ーーーーーーーーーーーーーーー。
 半分寝て過ごした10時頃、ケータイが鳴る。「LOVE SONG探して」だ。DQIIのパスワード入力画面のアレね。牧野アンナが歌ってたやつ。誰からだ? かもめくんらしい。今日は一緒にイベントに行くのだ。イベントは14時からだが、もう着いたのか? まあ、とりあえず電話に出る。ツーツーツー。切れた(^^; また鳴った。出る。ふむふむ、なるほど。風邪がひどいので来れなくなったらしい(^^; イベントの参加券はかもめくんが持っているので自動的に私も休みということに・・・。まあ、大してそれほど見たいイベントというわけでもなかったし、ま、いっかぁ。というわけで、11時に待ち合わせしていたいしださんにメールで「をれ休み〜(意訳)」と連絡。ST-ONをちょっと見てから行く予定だったのだが、メンドいのでST-ONもパス(^^; 緑髪の美奈子様はまた次の機会に拝むということで・・・。
 「雷波少年」「ハローモーニング」を見ていたらいしださんからメールが。ST-ONにariさんが出るらしい。何っ!? これはぜひとも行かねばっ(笑) というわけで、急遽出張ることに(笑)

 12時45分頃渋谷到着。DV持参(笑) いしださんは岡本ひかりちゃんまりっぺを見に九段会館のイベントへ。それと入れ替わるようにしたあかりんがやってきたのには笑った(笑) ariさんを見に来たらしい。
 押しに押して、13時15分頃ST-ON開始。美奈子様の髪は全然緑ではなかった。ちっ、残念(笑) 確かに短いのだが、全然違和感なかったので、言われてなければ気付かなかったかも、をれ(^^;
 ariさんの出番はしょっぱな。相変わらず喋る声は小さい(笑)
 今日のオーディション参加者は、某ライブハウス出演者が多いが、今度はそっちから引っ張ってきたのか?(^^; 見なれないスタッフが妙に多いのも、そっち関係者だろうか?
 ゲストにしのみどが出るとは思っていなかった(笑)<以前Gが言ってたような気がしないでもないが記憶に無し。てゆーか、今日は「KOMEいいじゃん!(だっけ?)」なんじゃねーのか?>しのみど。歌は「楽園」ニューアレンジバージョン。
 14時半頃終了。美奈子様と由紀さんを出待ちしている間にariさんには逃げられてしまった。ちっ。

Barelyライブ【概略】

日時:2000/09/13(水) 18:30
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:藤谷美里/市川裕之>>TSUBO/FLOWER WORLD/白井雅美/Barely
スタッフ参加:田口美奈子/岡本絵莉
客参加:小沢しのぶ/小宮あかり/鈴木まどか/篠原みどり

Barelyライブ【記録】

 さて、無事に定時で退社。今日は渋谷でariさんのライブ(微妙に違)なのだ。俺が行かずに誰が行く!(*1) 18時15分頃到着。受付にいきなりariさんがいたのでビビる(笑) えりりんから予約チケット購入。チラシはくれない(苦笑) 「誰を見に来ました?」「ariさん(笑)」。ぃゃ、間違ってはいないのだが(笑) ちなみに、Barelyというのがユニット名です。その後何故か開演間際までariさんと団欒してしまった(笑)
 さて、一組目。藤谷美里嬢。バンドメンバーが、ギターにギターにベースにキーボードにドラムと豪華。私は知らなかったが、ピュアフルズの一員らしい。道理でギターは小川さんなわけだ(笑)
 二組目。市川裕之>>TSUBO。アコギな男2人組。
 三組目。FLOWER WORLD。ボクも後藤真希の飲んだ水欲しいです(笑) おちょこ一杯で1000円だっけ?(笑)
 四組目。白井雅美嬢。バックダンサー・・・じゃなくて(笑)、バックバンドにはコロバ・ミルク・バーの方もいるなどなかなか豪華な、ギターにベースにドラム。実は全然期待していなかったのだが(笑)、かなり俺ツボ。またライブやるようだったら見に行こうかな。
 そして、トリを務めますのが、我らがariさん(笑) ぃゃ、だから、Barelyね(笑) メンバーはボーカルの浅野嬢にギターのミスター根津にシンセのミスター有坂。てゆーか、下の名前は何ですか?(笑) オリジナル曲5曲にカバー曲1曲を披露。
 まずはカバー曲から触れてみよう。しかし、一体何人がこのオリジナル曲を知っていたのやら(苦笑)、「ベルサイユよ永遠なれ」。はっきり言ってしまえば、のりりんの足元にも及んでいなかったですな。って、今日の私は辛口です(笑) 普段ariさんの曲に対して誉めまくりだから、たまには辛口もいいだろう(笑) まあ、アレンジの問題ではないので、別にariさんに対する辛口ではなかったりのだが(笑)、Barelyのリーダーらしいし、Barelyに対する意見として甘受して下さい(笑) まあ、カバー曲の場合、本家を超えるのは本当に難しいことだけど、本家を超えようとしない限り、カバーする意味がないのよね。というわけで、今後に期待ですか。って、もう二度と歌われなかったりして(笑)
 さて、どの辺が足元に及んでいないのかは、オリジナル曲5曲の感想と実は一緒だったりする。なんかねー、ボーカルが耳に残らないのよね。癖がないというか、アクがないというか、右から入ったら左に抜けていく感じ。上手い下手の問題ではないんだけど。クリアな印象というのとも違う。Barelyの曲を聴いたのは、9/10のST-ONで歌った「LOOSE」が初めてだったのだが、そのときの印象ははっきりいって良くなかった。今だから言うけど(笑) 印象が悪いわけではなくて、何もない。聴いて何も残らない。これでは何も言いようがない。こういう事態だったわけだ。で、その後、そのときのビデオを2回視聴し、今日が4回目だったのだが、今日になってようやく「あ、結構いいじゃん」と思った(笑) 「LOOSE」だけね(笑) 他の曲はやっぱり残らない。というわけで、私にとってのBarelyの真価は、あと3回は拝見しないとわかりそうにないです(笑)

 ライブ終わって、ロビータイム(?) アンケート書き書き中にariさんがやってきて、知り合い客に挨拶している。ちなみに私の知った顔では、小沢しのぶ嬢(*2)、あかりん、まどやん、しのみどが見に来ていた模様。で、そのしのみどに圧倒されて、逃げ回っていたariさん(笑) って、私の後ろに隠れられると、私が恐いんですけどー(^^; 「おつかれさまです(^^;」と、とりあえず挨拶しておいた(笑) が、ST-ON日記の「今日は“KOMEいいじゃん!”なんじゃねーのか?」発言について、いきなり突っ込まれてしまう。ぐ、ぐふっ。なんで、しのみどがうちの日記読んでるんだー!? ちなみに、突っ込み内容は「なんで最後は“(笑)”なの!? あの“(笑)”は何!?」とのことだったが、今見返してみると、“(笑)”なんてついてないんですが(^^; あと、何故かしのみどにうちの住所を聞かれる。何が知りたいのかわからなかったが、脅されたので(笑)仕方なく暴露。でも、うちにしのみどからのDMが届いてるんだから、うちの住所知ってんじゃねーか!(^^; くれぐれも押しかけてこないよーに。最後は、しのみどに握手を求められたので、しょうがなく握手してあげる。アイドル様に握手を求められるとは、私も偉くなったものだねえ(笑) かようのように、私の日記を読んでいるとバレると、日記のネタにされてしまうのである(笑) ちなみに、そんなしのみどのホームページでは日記しか読んでません(笑)
 そして、外に出て出待ち。ここで一番のヒットは、やはり美奈子様とariさんのやりとりだろう(笑) 
美「帰るわよ!」
a「はい・・・」
 しっかり尻に敷かれていた(笑)
 というわけで、おつかれさまでした〜>皆様。
 時間は22時半だったか。特にOFFらず帰宅。小雨だったので傘は差さず。折り畳み傘なので、使うと片付けるのが面倒なのだ(^^; 帰りつくと、こばゆーから残暑見舞いが届いていた。これって、最初は年賀状のはずだったんだよなあ(笑)

*1: 答:いしださん
*2: 藤谷美里嬢だけ見て帰ったか?
Dream eye Love You【概略】

日時:2000/09/15(金) 12:00
場所:CLICK&BRICK(秋葉原)

出演:土屋亜有子/橋本悠
スタッフ参加:田口美奈子

Dream eye Love You【曲目】

□第1部(13:00〜)
01.あと少し…(オリジナル)/土屋亜有子
02.Brave〜勇気を信じて〜(オリジナル)/土屋亜有子

□第2部(17:00〜)
01.君だから(オリジナル)/土屋亜有子
02.Brave〜勇気を信じて〜(オリジナル)/土屋亜有子

Dream eye Love You【記録】

 12時半に着いたものの、しかし誰も見知った顔がいない。みっきーさんはいるのだが(笑) 「今どこ?」、かーしまくんにメールを打つが返事はない。むー。中をうろうろして10分くらい経ったら、やっと、かーしまくん、いしださん、いすけさんがやってきた。これに、遅れてやってきた森川さんを加えた5人が、今日参加のいつもの面子らしい(^^; むー。少ないなあ。他はキラメロ他に流れているらしい。

 13時をちょっと回って開幕。ナビゲーターという名の司会進行役がゆーちゃん。ショートパンツが若々しい(笑) パーソナリティという名の話し相手(笑)がぁゅぁゅ。スカートよりやっぱりパンツルックの方がいいなあ(笑) なお、ぁゅぁゅはいつのまにか「isao公認ネットタレント」になっていたらしい。「ネットアイドル」ではないのね(笑)
 一通り説明があり、というわけで、会場の中から8人が代表で、ぁゅぁゅとドリームアイでチャットするということに。あ、そうそう、ドリームキャスト用のカメラのドリームアイの体験イベントだったのです、これは。
 しかし、立候補をつのっても8人集まらない(笑) というわけで、立候補した6人だけで始めることに。我々の中からはかーしまくんが参戦。6人は別室へ移動し、ぁゅぁゅはステージに用意されたドリキャスで対応。残った客はその様子を、プロジェクタで映されたモニター画面と共に見守るというわけだ。
 旅立った6人が準備をしている間に、ぁゅぁゅは1曲披露。「あと少し…」だ。目が合ったとき、ぁゅぁゅは必ず笑う(笑)
 というわけで、6人が次々とぁゅぁゅとTV電話。あっさり割愛。
 6人が戻ってくる間にも歌を披露。なんとCD化が決定してしまった新曲「Brave〜勇気を信じて〜」だ。いつのまにか副題がついている(笑) なお、前回見れなかったかーしまくんは、今回も見れていない(笑) 歌声は聞こえていたようだけど。
 さて、参加者の中から抽選で1人にドリームアイが当たるらしいが、その選考基準はゆーちゃんの独断と偏見(笑) それって、よく見かけるファン連中(*1)にはまず当たんないってことじゃーん(笑)
 というわけで、見事ドリームアイをゲッチューしたのは、妻子の眼前で妻の不倫疑惑をぁゅぁゅに相談していたお父さん(笑) モザイクがいい味出してましたな(笑) ちなみに妻子も参加していたので、2分の1の確率でこの家庭にドリームアイが当たるという事態になっていた(笑)

 さて、期せずして出待ちしてしまった後は、5人で昼食へ。CASAに入ったのは数年振り。辛口チキンカレーというわけには、そんなに辛くなかった。普段ココイチでは甘口にしているおこちゃまなボク(笑) ドリンクバーはカルピスばかり飲んでいた。好きなんです。ちなみにヤクルトは好きというほどではない。そういえば、ヤクルトラーメンが久々に食べたいかも。あれ、麺が緑色なんだよね(笑)
 次の回は17時から。15分くらい前に戻ると、美奈子様に遭遇。スーツ姿がキマっている。髪はやっぱり緑じゃない(笑) 長さはやっぱり気にならないなあ。あ、切ったんだ。似合ってるじゃん。って感じ。別に長いときも似合ってなかったわけじゃないから、わざわざそうは言わないんだけど。だから感想はいつも「緑じゃない(笑)」。実は、参加者へのドリームアイ講義を請け負っていたらしい。あとは、今やっていたオークションに参加してきたとはしゃいでいた(笑)
 そういえば、そのチャット前には、トイレでゆーちゃんに遭遇。男子トイレが掃除中で、「じゃあ女子トイレに入ってみるとか(笑)」と馬鹿話をしているときに丁度出てきたので、殊更笑ってしまった(笑) 「見られた〜」と逃げていくゆーちゃんであったが、これでホントに我々が女子トイレに入っていたら、笑い話どころじゃなかっただろーな(笑)

 オークションが押して、17時をちょっと過ぎて第2部開幕。流れは前回と一緒だ。ゆーちゃんは同じ衣装だったが、ぁゅぁゅは赤いワンビースに着替えていた。なんか新鮮。そういえば、キラメロ他からの流れ組も何人かこちらに来ていた。OGHIさん、あらちんさん、そーまくん、34さんなどなど。今回は、7人がチャットに参加。我々の中からは森川さん、あらちんさん、34さんが参加した。しかし、「はじめまして」ネタは、そ〜と〜寒いぞ>心当たり。そのネタはよっぽどツーカーの中じゃないと、後が盛り上がらない。「はじめまして」の呪縛が付きまとうわけやね。
 というわけで、二回目は、オカマバーに二度行ったことのある青年にドリームアイがブレゼントされていた。
 そして、ほんのちょこっと出待ちして撤収。そういえば、34さんに「大好き!」のCDをいただいた。ありがとうございますぅ。

*1: つまり我々(笑)
アルテミス・浅草花やしきイベント【概略】

日時:2000/09/16(土) 12:00
場所:花やしき(浅草)

出演:石垣綾子/秋野ひとみ

アルテミス・浅草花やしきイベント【曲目】

□石垣綾子(12:00〜)
01.ポップコーン・ハートブレイク(こんぺいとう)/石垣綾子
02.ハートのつばさ(中島礼香)/石垣綾子
03.コズミック・ランデブー(宍戸留美)/石垣綾子

□秋野ひとみ(14:00〜)
01.KARAKURI少女(オリジナル)/秋野ひとみ
02.鏡のドレス(酒井法子)/秋野ひとみ
03.HAPPY AGAIN(酒井法子)/秋野ひとみ
04.Timing(ブラックビスケッツ)/秋野ひとみ
05.Cerebration(オリジナル)/秋野ひとみ

□秋野ひとみ(16:00〜)
01.瞳の中のBlue Sky(オリジナル)/秋野ひとみ
02.Time goes by(Every Little Thing)/秋野ひとみ
03.蒼いうさぎ(酒井法子)/秋野ひとみ
04.ハッピーサマーウェディング(モーニング娘。)/秋野ひとみ
05.Cerebration(オリジナル)/秋野ひとみ

アルテミス・浅草花やしきイベント【記録】

 7時起床。が、起ききれず、ぼーっとして幾ばくか。なんとか8時には着替え終え、外に天気を確認しに行く。うげ。土砂降りじゃん(^^; どのくらい土砂降りだったかというと、昨日準備した荷物をちゃいにして、別の鞄にまずビニールゴミ袋を中敷きとして入れ、それにカメラとDVカメラを詰め直したくらいだ。完全(?)防水。これのせいで15分くらい消耗してしまい、8時15分出発。開場の10時に間に合うかどうかは微妙なところだ。そう、今日は浅草花やしきであやちんと秋野ひとみちゃんのイベントがあるのである。
 電車に乗って窓から外を眺めていると、横浜は土砂降りだというのに、東京が近づくにつれて小雨になっていく。そして、浅草についたときには全然やんでいた。よしっ。なんか釈然としないものはあるが(笑)、雨よりは晴れの方がいいに決まっている。
 9時40分、花やしき到着。すでにかねちゃんや帝王たちが入口前で待っていた。9時頃来るといっていたそーまくんは10時間際に到着。メールを打ったらエラーになって返ってくると思っていたら、ケータイが料金未納で止められているらしい(^^;
 10時オープン。さくら。さんのご好意で、割引券5名様有効の中に入れてもらう。ほー、ここが花やしきかー。初めて来たぞ。と思いつつも、何はさておきステージ前へ(笑) 2列目の中央に陣取ることに。それにしても、ステージと客席が近いねえ。実際はライブハウスの方が近いのだろうが、屋外だと妙に近く感じてしまう。
 開演は12時。あと2時間ある。というわけで、昨夜忙しくて書けなかったレターを今書くことに(笑) てゆーか、最初からその予定で、レターセット持参してたりして(笑)
 11時くらいからあやちんの入り待ちをしてみるが、もうすでに入ってたし(^^; てゆーか客席に戻る途中で、中山マネと一緒にクレープを買いに出てきたところに遭遇(笑)

 12時開演。衣装は赤いチェックの上下なのだが、下は膝くらいまでのスカートなのでともかく、上が長袖でめっちゃ暑そう(^^; 「暑そうですか? 暑いんですけどね(笑)」。かなり可愛くてポイント高いんだけど、冬の服って感じがするなあ(^^;
 まずはさっそく「ポップコーン・ハートブレイク」を披露。。お、初めて聴く曲だ。新しい曲に挑戦してくれるってのは嬉しいですね〜。って、私があやちんを知る前に歌ってた曲だったりして(笑) ちなみに、歌詞をすっ飛ばしてくれるのはいつものことなので、あまり気にしないように(笑) てゆーか、歌詞を思い出しながら歌っているような感じがするのがなんとも(笑)
 MC。「朝起きたときカミナリで停電したんですよー。皆さんはどうでしたか?」。停電はしなかったけど、土砂降りなのはかなり参った(^^; 「猫飼ってるんですよー」。この話が来たら、こう聞かざるを得まい(笑) 「何猫〜?」、「捨て猫なんですよー」。う〜む、期待通りの返事なのは嬉しい(笑) 「さっきクレープ食べたんですよ」。買うとこ見てました(笑) 「いちごと生クリームが入ったやつで、おいしかったです。綺麗なお姉さんが二人いるので買って下さい」。そう来るか(笑)
 他にはF3でデビューする話などをして、「次は最後……」「え〜〜〜〜!?」。最後って、まだ1曲しか歌ってないけど(^^; 「最後は2曲続けてなんですけど、もうちょっと何か話しましょうか?」。なるほど、MCがこれで最後なのか。しかし、「もうちょっと何か話しましょうか」ネタは、毎回出てくるよーな(笑) そして、「何か乗り物乗ったんですか?」とか「雨降ってきたみたいですけど、大丈夫ですか?」とかの話題で盛り上がる。それにしても、話す内容を探しながら話しているのが見て取れるのはなんともだが、必死になってMCを伸ばそうとしているのはいいですな。今日は充分合格点でしょう(^^)<相変わらず偉そう。そうそう、「一緒に乗り物乗ろうよー」に対する「何ですか? 聞こえないです(笑)」は大ウケ(笑) ちなみに、私が言った言葉ではないです(笑)
 続いての曲は「ハートのつばさ」、定番曲(笑) オリジナルを聴いたことないくせに好きな曲だからいいんですけど〜(笑) って、逆にオリジナルを聴いたら気に入らなかったりして(笑) 相変わらず歌詞は危うかったが、なんとかギリギリといったところか(笑)
 だんだん雨がひどくなってくるが客席は誰も傘を差さない辺りが気合入っている(笑) まあ、前の方が傘差すと、後ろの人に思いっきり邪魔になるからねえ。そんな中での3曲目は、これまた定番「コズミック・ランデブー」であったが、曲の終わり直前になって、大粒の雨が一斉に降ってきた。これにはさすがに傘を差さずにはいられない。自分が濡れることより、カメラ機材が濡れることの方が心配だ(^^; 「歌ってる途中で雨がざーって降ってきてびっくりしました(^^;」とはあやちんの弁。最後に今後の告知などがあり、一旦退場した後ステージ上にテーブルが用意されて、ポートレート即売会が開始〜。
 さて、巡り巡って私の番。「お久し振りです〜。この前のChu-Mail行けなくてごめんねー」「いなかったですよねー。他のイベントですかー?」「ええ、まあ(^^;」。ここで否定出来ないのが、私のいいところなのである(笑) しかし、それに対するあやちんのツッコミは素晴らしかった(笑)
「浮気ですかー? さよなら、けーくん(笑)」
 う、うぐぅ(^^; まさかタレントに「さよなら」と言われるとは思ってなかったぞ(笑) まあ、もちろん笑い顔だったけどね〜。てゆーか、そこまで気安く「さよなら」と言っても大丈夫だと思われているのは、逆に嬉しかったりして(笑) ええ、こんなことでファンはやめませんとも。その後、「ふ〜ん。こんな雨の中わざわざ来てやったのに、そんなこと言うんだ〜」とか、いぢめ返してたし(笑)
 そんなこんなで即売会兼握手会兼撮影会も終了し、出待ち(笑) 「おつかれさまでした〜」。

 13時からは浅草ヂャックメンのステージ。あやちんの出待ちをしていたので、途中からになってしまった(笑) 大道芸? 面白かったが、何をどう説明すればいいのか難しいので割愛(笑)
 14時からはひとみちゃんのステージ。これは、ねっしんなひとみちゃんふぁんさん:-)のあらちんさんが詳しく書いてくれるだろうから割愛(笑) そう、あらさんはあやちんのステージは見に来ないで、ひとみちゃんが始まる前にやってきたのだ。そういえば、いすけさんがあやちんのステージの途中からやってきていた。
 15時からは浅草ヂャックメンによるゲームコーナー。てゆーか、じゃんけん大会。てゆーか、じゃんけんにすらなってない。だって、次に何出すか言ってるし(笑) というわけで、1回戦ではポケモンのポケットティッシュ、2回戦では浅草ヂャックメンステッカーをゲットしてきました(笑)
 16時のひとみちゃんのステージの前に、あらさんと乗り物に乗りに行く。入場券で1回無料らしいのだ(*1)。フリーフォール(*2)かと思ったら、勢い良く上がるやつだったのでちょっと残念。やっぱ、フリーフォールが一番恐いんだよな〜。
 というわけで、16時からのひとみちゃんのステージもあらさんにお任せ(笑)

 出待ち後は、帝王、そーまくん、あらさん、みみねこさんの5人でOFF。まさか二日連続でCASAのお世話になるとは思わなかった(^^; ミックスグリルに大盛りライス。
 21時ちょい前に帰宅。あやちんからレターと榛香からDMが届いていた。

*1: もっとも、割引入場した私はNGだったのだが、他の人に貰った
*2: 落ちるやつね。
中村ブン☆コンサート【概略】

日時:2000/09/20(水) 19:00
場所:朝日生命ホール(新宿)

出演:中村ブン/長崎萠

中村ブン☆コンサート【曲目】

□長崎萠
01.しあわせの隣り(オリジナル)/長崎萠
02.夢ならば愛ならば(オリジナル)/長崎萠

中村ブン☆コンサート【記録】

 さくっと定時に退社して新宿へ。朝日生命ホール。場所は知ってるのに、なぜか地図を用意してたりするのが、さすが石橋を叩いて渡る私である。さて、今日ここで何が行われるのか? それは、「中村ブン☆コンサート」である。・・・中村ブンって誰よ?(*1) まあ、ありていに言ってしまえば、ゲスト出演する萠ちゃんを見に来たわけだ。萠ちゃんの新曲の作詞をしているのがブンさんらしい。
 駄菓子菓子! 正直に言ってしまえば・・・てゆーか、私を知る者なら皆そう思っていただろうが(笑)、ここに来る予定なんてなかったのである。ええ、そりゃもう、微塵も(*2)。しかし、なぜか今ここにいる僕。誰が言ったか、「予定は未定」だなんて、よく言ったものだ(笑) まあ、実は私はねっしんな萠ちゃんふぁんさん:-)で、復活してからこっち全然都合が合わずイベントに行けてなかったんだけど、やっと初めて来ることが出来ました。ということにしておくと、関係各位(*3)に丸く収まると思うので、そういうことにしておいて下さい(笑) でも、半分くらいは正しいな、これ(笑)
 というわけで、18時20分頃到着。18時15分開演らしいが、まだ始まってないようだ。ロビーにいしださん&かじゅくんがいたので、開演のブザーと共に、一緒に中へ。かじゅくんは最前列に座ったようだが、私といしださんは3列目の右の方へ腰を落ちつけた。全席自由らしい。

 開演。男について書くことは何もないので(*4)あっさり割愛。詳しく(?)は、ふりふり魔〜くんの活動日誌をどうぞ(笑) そういえば、なんで「ふりふり」なんですか?、という質問がありましたが、なんでなんですか?(笑)
 ブンちゃんの歌が数曲あって、いよいよ萠ちゃん登場。私にとって萠ちゃんは、1998年9月13日以来だから、実に2年と1週間振りというわけだ。懐かしくないといえば嘘になる。では、正直思ったままに、誰に媚びることもなく(謎)、感想を語ってみよう。
 見た目。それを語るには遠すぎる距離だなあ。まあ、一目で「萠ちゃんだ」とは思えましたけど(笑) すらりと痩せたような感じがしたのは、比較対象がひーちゃんではなくてブンちゃんだったからかもしれない(*5)
 MC。というか、先に声。声変わった? この2年間、CDさえ一度も聴かなかったもんな〜。って、「月光の不安」のビデオは見たはずだぞ(笑)>をれ。まあ、それも随分昔の話だしな。それに、声が変わったといっても、萠ちゃんとして認識出来ないわけじゃないから、私の気のせいだろう、多分(*6)。MCは結構喋ってましたねー。ぜんまい萠ちゃんとか、サナギマンと言われていたころが懐かしい(笑) あと、喋る物腰が大人っぽさを醸し出していた。まあ、2年も経てば、大人にもなるよなー。
 歌。新曲の「しあわせの隣り」「夢ならば愛ならば」の2曲を披露。私はもちろん初聴。・・・んー、なんか違うなあ。上手いとか下手とかいう問題ではなく、何故か沸き起こる違和感。「今の萠ちゃん」が、2年前の萠ちゃんから想像していた「2年後の萠ちゃん」という期待値からずれていたというか。「なんか違うよなあ」と思ってるだけで、2曲が終わってしまった(^^; これで、今歌う昔の曲を聴けば、また印象が変わるんだろうけど。
 萠ちゃんがステージから立ち去るときに、前列の数名が花束を渡していた。皆さん熱心ですねえ。色々な意味でまるっきり他人事だ(謎)
 そして、ブンちゃんが1曲歌って、第一部終了。色々な面子に発見されてしまうが、皆が皆して驚いていたのはどうしてだろう? 私はこんなにもねっしんな萠ちゃんふぁんさん:-)だというのに(笑) しかし、ThunderRiderIIさんに会うとは思っていなかった(笑) 別のライブではよく会う顔なのだが、ここで会うと違和感あるよな〜(笑)
 後ろの方にいたらしいふりふり魔〜くんが隣にやってくる。彼の日誌には「けーくんがほんとに来るとは。やれやれ┐(´ー`)┌」と書かれているが、自称智一筋のキミにそんなこと言われる筋合いはないと思うが(笑)
 2部開演。すみません、途中から寝てました(^^; ふと気付けばアンコール(?)前ラスト曲。どうやら、2〜3曲寝飛ばしてしまったようだ(^^; というわけで、こんな私にブンちゃんの歌を語る資格はないのでした まる
 終演。ロビーに行くと、萠ちゃんがCDの即売会をやっていた。その傍らには由美子ちゃんが。由美子ちゃんに会うのも2年振りだねえ。とりあえず、ねっしんなふぁんさんたちが一通り挨拶し終わるまで、遠くから見ていることにする。おお、ちっちさんも2年振りだなあ。そして、いつの間にやら撮影会状態。Lにいた頃には考えられないことだ(笑)
 というわけで、CDも残り3枚となってしまったので、私も購入。さすがに買わないわけにもいかないだろう(*7)。今日を逃したら、もう一生買えないかもしれないし(笑)
 「あ、けーくん、久し振り〜!」と、由美子ちゃんに言われるのはいい。ネットでやり取りしてるし。でも、「けーくん、お久し振りです(^^)」と萠ちゃんに言われるのは、納得出来ないぞ(^^; 「いや、けーくんって名乗ったことないけど(笑)」 私がタレントに「けーくん」と名乗り始めたのは、ネットでの付き合いが先行したSHOWMAN'S以後だから、萠ちゃんが私を「けーくん」と呼ぶわけなどないのだ。由美子ちゃんめ、仕込みやがったな(笑) まあ、予想はしてたけどねー。でも、こうなると、萠ちゃんにとって本当に私が「お久し振り」なのかどうか判断出来ないのよね、もう。L時代も、別に萠ちゃんに対しては全然熱心じゃなかったから、覚えられてる自信もなかったし。というわけで、なんとなく萎え萎え(笑) きっと、本名で呼んでくれれば、感動5倍増だったに違いない(笑)
 とりあえず、「大人っぽくなりましたねー」とか、素直な感想を述べてみたのだが、それに対する反応が全然大人っぽくなってなくて(*8)、それは微笑ましかった(笑) 握手して、チェキで1枚撮って、「これからも頑張って下さいね〜」。
 CD持参分は無事完売し、萠ちゃん&由美子ちゃん撤収。出口での握手攻勢を無事潜り抜け(謎)、歩道にて出待ち。ああ、出待ちもしちゃうなんて、なんてねっしんな萠ちゃんふぁんさん:-)なんだろう(*9)。そういえばその前に、まだ残ってた(笑)北海道土産のラベンダー紅茶を二人にプレゼント。これでやっと在庫が処分出来た(笑)

 出待ち。おつかれさまでしたー。由美子ちゃんは萠ちゃんを駅まで送って、その後我々に合流。OFF会なのである。参加しないで帰るといっていたいしださんだが、なんかなし崩しのうちに参加してるし(笑) 総勢15人くらいだったか? ボサノバショーをやっていた某居酒屋。ちなみに私は「おやまあ。」と言ってしまっただけで、ここに強制召喚させられてしまったらしい。わけわからん(笑)
 由美子ちゃんが呼ぶので、由美子ちゃんの正面に座る。ふ、もてる男は辛いぜ(笑) 乾杯の音頭は由美子ちゃんが取ったのだが、「けーくんとの2年振りの再会にカンパーイ!」、ああっ、おもちゃにされてますぅ。しかし、私はL追っかけ時代は「あんなに大人しくしてたというのに」という自覚だったのだが、「ううん、全然! この中でもベスト3に入るくらいだった(笑)」と言われてしまう始末。うぐぅ。ふりふり魔ーくんまで、「私は由美子ちゃんがいるときは大人しかったし」とまで言い出すし。でも、かじゅくんには負けてたらしいからいいや(^^;
 あとは、「なんで貞Gと仲悪いんですか?(笑)」とか聞いてみたが(*10)、「どうしてそう思うわけ?」と理路整然と突っ込まれてしまい、たじたじになる私(^^; みゅー、理路整然には弱いですぅ。みんなっ、私に勝つには理路整然だっ!(笑) でも、本当に仲が悪いのかどうかには答えてないってのがミソか?(笑)
 最後は、由美子ちゃんのご所望によりツーショット写真を撮り(笑)、閉店と共に解散。おつかれさまでしたぁ。次に会うのはまた2年後でしょうか?(笑)

*1: 失礼。
*2: 言い過ぎ。
*3: 誰だよ
*4: 例外ariさん(笑)
*5: 失礼prat2。
*6: 何故か弱気。
*7: 何故?
*8: つまり、昔のままで。
*9: 自己陶酔。
*10: 聞くなよ(笑)
A-I・DOLL2000ミレニアム【概略】

日時:2000/09/23(土) 19:00
場所:三鷹スタジオ・アイ(三鷹)

出演:MACO☆/朝倉榛香/新山ゆかり/小宮あかり/篠原みどり

A-I・DOLL2000ミレニアム【曲目】

--.前説/MACO☆&朝倉榛香
01.Regret of the Day(globe)/新山ゆかり
02.Fly high(浜崎あゆみ)/新山ゆかり
03.扉を開けて〜Cry For The Moon〜(オリジナル)/朝倉榛香
04.友達でいいから(高橋由美子)/朝倉榛香
05.明日に向かう勇気(オリジナル)/朝倉榛香
06.稲妻パラダイス(堀ちえみ)/小宮あかり
07.かがやきをありがとう(オリジナル)/小宮あかり
08.妖精の約束(オリジナル)/小宮あかり
09.楽園(オリジナル)/篠原みどり
10.Un Relation(オリジナル)/篠原みどり
11.tears(FayRay)/篠原みどり
12.ヴァージンキラー(SILVA)/篠原みどり
13.Love Vibration(オリジナル)/MACO☆
14.ラムのラブソング(松谷祐子)/MACO☆
15.be alive(小柳ゆき)/MACO☆

A-I・DOLL2000ミレニアム【記録】

 今日は祝日だったらしい。全然知らなかった(笑)
 14時ちょい過ぎに出発。土砂降りなのがいやんな感じ。どうして週末ばかり崩れるんだろう? カメラバッグをゴミ袋で包んで防水。これは後にMACO☆さんに感心されてしまった(笑)
 15時40分三鷹着。こっちの方は雨足が弱い。のぼりんと合流し、近所のステーキ屋へ。三鷹で時間があるときは、いつもこの店を利用している。17時頃までダベってから、スタジオアイへ。今日は月に一度のAI-DOLLの日だ。今までは「A-I・DOLL2000」と書いて「えーあいどーるみれにあむ」と読んでいたのだが、実はこれは間違いらしい。正しくは「A-I・DOLLミレニアム2000」と書いて「えーあいどーるみれにあむにせん」らしい。……カッコ悪いぞ(^^; あれ? 「A-I・DOLL2000ミレニアム」だったか? どっちにしろ以下略。
 着いたら一番乗りだった。リハーサルの途中なのは計算通り(笑) はっきり言って、このイベントの醍醐味は、開演前と終演後にあるといっても過言ではない(笑) ここまでゆっくりタレントと遊べる時間というのも、あまりないだろう。どちらも1時間程度やりたい放題である(笑) 開演前にフィルム1本使いきっちゃうことも少なくないし(笑)

 いつも通り、19時を少し過ぎて開演。今日ははねすけは風邪でダウンとのこと。お大事にー。もう一人の仕切り屋ゆっこさんは先月に続いて今回もお休み。本業(*1)が忙しいのは結構なことだが、会いたいぞぅ。
 というわけで、レギュラー司会を失って誰が仕切るのかと思っていたら、MACO☆さん&榛香の異色コンビだった。まあ、この辺はビデオを見返せばいいだけなので、いちいち日記には書かないです(笑) 終演後のロビータイムが楽しかったのもいつも通り。
 というわけで、終演後の22時半になぜかはらぐちさんが来ていた(笑) そして、店長から色々と情報を仕入れ(笑)、三鷹を出たのは23時過ぎ。帰ってきたら午前様だ。明日は何時に行こうかなあ・・・。

*1: 声優?
あいどるChu-Mail "days"【概略】

日時:2000/09/24(日) 12:30
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:神谷るり/ファンシー・フリー・フラミンゴ[石垣綾子/太田真由美/深井真美]/森なつこ/岡本絵莉

あいどるChu-Mail "days"【曲目】

01.Fight!(高橋由美子)/神谷るり
02.You don't no my love(オリジナル)/神谷るり
03.READY GO!(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ
04.review〜もしも神様がいるなら〜(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ
05.READY GO!(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ
06.Fight!(高橋由美子)/森なつこ
07.HAPPY AGAIN(酒井法子)/森なつこ
08.艶姿ナミダ娘(小泉今日子)/森なつこ
09.スピード(森口博子)/森なつこ
10.LOVEしかない。(オリジナル)/森なつこ
11.白い炎(斉藤由貴)/岡本絵莉
12.赤い自転車(花*花)/岡本絵莉
13.3ポ(オリジナル)/岡本絵莉
14.青空(そら)へ(オリジナル)/岡本絵莉
15.Cute or Beauty(LINDBERG)/岡本絵莉

あいどるChu-Mail "days"【記録】

 9時ちょい前に起床。荷物は昨日の内にまとめておいたので、準備をざっと整え出発。10時ちょい前にTAKE OFF7到着。すでにそーまくんたちが待っていた。早いなあ。
 というわけで入り待ち。さすがえりりんは早い。その後、るりるり、真美ちゃんと続き、アルテミス勢のあやちんとなちゅの二人が中山マネージャーに引き連れられてハンズ前に登場。あやちんがなんか電話してるなーと思ってたら、ハンズの中から真由美ちゃんが出てきた。なるほど、待ち合わせしてたのね。
 入り待ちが終了しマックで一休みしていたら、マネージャーと一緒にどっか行ったなーと思っていたるりるりが店の奥の方にいたのでびっくり(笑) 入りのときとは違う、キャミソールにミニスカに着替えていたのでそれが衣装かと思っていたら、ステージではさらに着替えていた。てゆーか、こっちの服の方がスカートも短いし、いいんですけどぉ(笑)

 さくっと開場、開演。一番手はるりるり。「Fight!」とオリジナル曲を披露。どちらも歌詞飛ばしていた。今日はMCが短かったこともあって大人しめ(笑) 金曜のあいどる109-IIスペシャルにも出るらしいので、ある意味期待していよう。
 二番手はF3。赤青黄の原色系の衣装が眩しい(笑) やっと「READY GO!」と「review〜もしも神様がいるなら〜」を聴くことが出来た。「アニメージュTV」とかではちょびっとしか流れないし、音声被っててなんかよくわかんないしー。というわけで、かなりいいじゃん、どっちの曲も。一発で気に入りました。しかし、MCでの立ち位置がめっちゃ下がってるのが気になる〜(^^; 何度か突っ込もうとはしたんだけど、なんか間が合わなかった(^^; あと、真由美ちゃんがマイクコードに絡まってた(笑)
 続いての登場はなちゅだが、その1曲目にはびっくり(笑) 「Fight!」だったからだ。しかし、盛り上がり度が全然違うのは、人気の差なんだろうなあ(^^; まあ、ちゅまいるはもともとアルテミス系の客が多いし。全部で5曲歌い、最後はオリジナルの「LOVEしかない。」で締め。「。」は重要らしい(笑) てゆーか、コールの口上は全然わからん(^^; あと、なちゅはMCが面白すぎ。キックボードで教室に突っ込んではいけません(笑)
 そして、トリがえりりんだ。トリが出来るほどの実力があるとは思わないのだが(*1)、ひかりちゃんがいないとなれば、えりりんがやるしかないだろう。というわけで、そんなえりりんはセーラー服(冬服)で登場。それに加え、皮手袋とヨーヨーとくれば、そう、スケバン刑事である(笑) 前回のエプロンといい、今後はコスプレ路線に走るのであろうか?(笑) しかし、「白い炎」の一曲だけでセーラー服を脱いで、手製のノースリーブとショートパンツへと早変わり。いや、一旦楽屋に戻って脱いできたんだけど、遅かったな(^^; 客を待たせすぎ。客席の渋い反応に「どうしたんですか?」とえりりん。誰も反応しそうになかったので、「着替えてきてショック〜」と私が答えたのだが、それは全然私の本位ではなかったり(^^; 脚フェチの私としましては、ショートパンツの方が嬉しいわけですよ(笑) てゆーか、今回のえりりんのMCは前回以上に見てて痛々しかったですね。まあ、我々ファンにも一因はあるんですが。えりりんの発言に反応する客が少なくて、どーにもえりりんの発言が空回りしているように感じる。自分のことは棚に上げつつ、あらさん頑張れよ〜、とか思うのだが、彼にそのつもりはないらしい。というわけで、今回の振り付け講座も、客の反応は結構寒いものがありましたとさ。てゆーか、あの振り付け自体結構難しくて、私でさえ「やってらんねー!」って思ってたけど(^^;<でもやっていたんだが。「青空(そら)へ」は久し振りに聴いたが、やはり名曲。CDデビューするときは、ぜひこれにして下さい(笑) 最後は「Cute or Beauty」で締め。ここに来てようやく盛り上がっていた。曲構成に難があるのかなあ。んー、えりりんファンとして、色々と考えさせられるステージだった。だって、なちゅファンを自称するつもりはないけど、なちゅのステージの方が楽しかったもん。客としてのありようを、もう少し考えてみようかな、と思ったわけです。まあ、えりりん的にはそんなに悪くなかったと思うので、「今日も良かったね」を感想としておこう。
 物販。後ろに並ぶ机は2つ。片方には椅子が1脚、他方には3脚。というわけで、後者の机がF3だろうと踏んで、そっちに並ぶ。目の前にはすでに数人の列。が、反対側の机になちゅが出てきたら、前の客が全員そっちに行ってしまって、結果として私が先頭になってしまった(^^; むぅ。これではまるでねっしんなF3ふぁんさん:-)みたいではないか(笑) 前回は色紙販売だったようだが、今回はアルテミスお得意の6つ切ポートレートが、それぞれ個人毎に。もちろん、3人分購入。計3000円也。あやちん、真美ちゃん、真由美ちゃんの順に、私の名前を入れて貰っていく。私のリクエストで、その傍らに北海道の絵を書き入れて貰ったのだが、皆さん、それはそれは素晴らしい北海道を書いて下さいました(笑) 真由美ちゃんが一番上手だと思ったら、札幌出身だったらしい。ちょっと親近感(笑) さすがに2度回るほど余裕はないので、後はえりりんの方を見に行ったりうろちょろ。そういえば、末っ子くんが、YAGの古い資料を持ち出して、真由美ちゃんをいぢめていた(笑) 恥ずかしさで顔まっかっかな真由美ちゃんも可愛かったですねえ(笑) なんでそんなに恥ずかしがってたのかがよくわからないけど(^^;
 というわけで、出待ち。F3となちゅを見送り、えりりんの半ば撮影会。
 そして、我々総勢9名も、YAG原宿校へと向かったのであった。徒歩で。

F3 CDデビューキャンペーン【概略】

日時:2000/09/24(日) 17:30
場所:代々木アニメーション学院原宿校(原宿)

出演:ファンシー・フリー・フラミンゴ[石垣綾子/太田真由美/深井真美]/浅野真澄
客参加:森なつこ

F3 CDデビューキャンペーン【曲目】

01.READY GO!(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ
ソロコーナー(1コーラス)
 02.ハートのつばさ(中島礼香)/石垣綾子
 03.TOMORROW(岡本真夜)/太田真由美
 04.風のプリズム(広末涼子)/深井真美
05.review〜もしも神様がいるなら〜(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ
06.READY GO!(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ

F3 CDデビューキャンペーン【記録】

 結構迷ったような気もするが、無事到着。すでに10人くらいが集まっている。整理券を配っているということなので、校内へ入る。そこで事件は起こった! って、関係ない人には全然関係ない事件だったりするけど(笑) えーと・・・ここ読んでて話が通じるのは5人くらいかなあ(笑) で、何があったかといいますと、私はYAG原宿校に足を踏み入れたわけですよ。すると、入り口のところで何人かがたむろっていたわけですよ。その中の一人が見知った顔だったわけでして。お互いに目が合って、「あ〜〜〜〜〜!(何でこんなところに!?)」てな具合でした。いや、誰かというとゆっこさんだったんですけどね。YAG出身だとは知っていたけど、まさかこんな所で会うとは思っていなかった(笑) しかし、「ごめんなさい。仕事中なんで」と言い残し、他の数人と一緒に出ていってしまったのが残念。F3イベントのスタッフだったら面白かったのに(笑) まあ、昨日も含め、ここ2回ばかり連続してA-I・DOLLを休んでいたので、2ヶ月振りに会えただけでも良しとしますか(笑)
 というわけで、整理券を貰う。17番。ついでに、チラシラックに刺さっていた里見はるかちゃんのCDのチラシを貰ってみたら、直筆サインが入っていた(笑) それを先生に見られて「珍しいもの持ってますね」と言われたのだが、そこから取ったんですってば(^^; サインなんか入っているのか!?、とびっくりした様子だった(笑)
 17時くらいから整列を始めるということで、それまでの間ロッテリアでOFF。そーまくんからレターセットを貰って、あやちん宛てのレターを書く。TAKE OFF7でも渡したんだけど(笑)
 20分ほど押して、開場、開演。地下のホールらしい。スリッパに履き替えるのが面倒。ステージ向かって右際の最前列を確保。左はそーまくん、右はオカケンくん。物販はサイン色紙。それぞれ25枚限定で、各個人のと3人のサインが入ったものの4種類。各個人のには個人のサインとチェキ写真が貼られていたのだが、この写真の出来がおせじにも良いとはいえない。今さっき撮りました、と見て取れるのはいいのだが・・・まあ、チェキって撮り慣れてないと難しいからねえ。そーまくんが入り待ちのときに撮った写真の方がよっぽどよかったのには笑ってしまった(^^; 3人のサインが入った方には、イラストのステッカー付き。これは先日のアルシオンイベントのときのものと同じものなのかな? てゆーか、そのときの余り?(^^; とりあえず、あやちんのとステッカーのを購入。計2000円也。しかし、このときには気付かなかったが、この色紙にはある重大な秘密が隠されていたのである・・・。
 また、CDの予約も受付中。ここでの特典は、ジャケットに3人のサインが入るというものと、3枚まとめて買うと封入特典の写真が3種類コンプリートされて送られてくるというもの。うまい商売してるなあ(^^; というわけで、まゆみちゃんファンの末っ子くんと、真美ちゃんファンの34さんと共同で3枚購入することに(笑)
 いよいよ開演。司会進行はキラメロ1期生2番の浅野真澄ちゃん。なかなかの司会者っぷりには好感。今回のF3の衣装は、ダークグリーンのスーツ風上下でお揃い。可愛いというより全然カッコいい。各人のイメージカラーは、首のチョーカーやスカーフで表しているようだ。ちなみに、あやちんが青、真美ちゃんが赤、真由美ちゃんが黄色。TAKE OFF7の衣装はこうだったし、そこで振っていた、私、末っ子くん、34さんのサイリウムの色もこうだった(笑)
 まずは自己紹介。3人とも結構緊張しているようだ。真由美ちゃんなんて、「緊張していますか?」「・・・はい」とまあガチガチ。真美ちゃんが比較的しっかりしてたか。でも、トークを引っ張っていたのはあやちんだと私は感じた。だって、「お〜、あやちん頑張ってるな〜」って感心しちゃったし(笑) あやちんのMCにはとかく辛い点をつけてきている私だが、今回はかなりポイントアップ。まあ、自分一人でのMCではないんですけどね。
 まずは一発「READY GO!」を歌ったのだが、なぜか手拍子がPPPHにならない(^^; TAKE OFF7ではコールも入っていたのだが、ここでは静か〜。確かに、ちょっと入れにくい雰囲気ではある。トークを挟んでソロコーナー。それぞれ1コーラスずつ歌う。あやちんはいつもの「ハートのつばさ」。どうせならフルコーラスで聴かせてほしいところだったが。そういえば、なちゅが見に来ていて、本人曰く隠れていたらしいが、壁一面の鏡に映ってバレバレだったみたいですけど(笑)
 客席からの質問コーナー。「古賀VA編集長にいじめられてるみたいですが?」という質問は、本人がいることを知っててのネタではなかったらしい(笑) 3〜4人質問して、「review〜もしも神様がいるなら〜」を歌い、そしてプレゼントコーナー。ここで先ほど物販していた色紙が重要なのである。裏にシールが貼られていたものが「当たり」で、それぞれのサインが入った傘がプレゼント。いいなあ(笑) ちなみに、あやちん傘はそーまくん、真美ちゃん傘はいすけさん、真由美ちゃん傘は帝王だった。
 最後はもう一度「READY GO!」。あやちんの命令(笑)で、全員スタンディングすることに。せっかくなのでコールも入れる(笑) 手拍子も無理矢理PPPHに持っていく(笑) 思いっきりDVカメラで映されていたが、何かで使われるんだろーか?(^^;
 最後は出口前で握手会。化粧直しのためにF3が一旦退場したので、真澄ちゃんに(場つなぎとして)「歌って〜」と言ったら笑われてしまった(笑) というわけで、イベント終了。おつかれさまでしたー。
 ちなみに全くの余談となるのだが、出待ちの途中、オカケンくんがなちゅをナンパしていた(笑) しかし、あの状況、中山マネはめっちゃびっくりしただろうな〜(笑)

*1: 失礼。
あいどる109-IIスペシャル【概略】

日時:2000/09/29(金) ??:??
場所:三鷹スタジオ・アイ(三鷹)

出演:梶村ひろこ/夏未星佳/神崎ちろ/神谷るり/江古田シスターズ[長崎みなみ/児玉さとみ]/倉沢まりん/岡本麻衣子/葉桐あかね/竹田さやこ/朝倉榛香/篠原みどり/いとうなおこ/八木田真樹/鈴木まどか/藤崎とうこ

あいどる109-IIスペシャル【記録】

 というわけで三鷹スタジオアイへ。今日は「あいどる109-IIスペシャル」である。一応最終回ということで、過去12回24組のゲストの中から呼べるだけ呼んだらしい。一体何人呼んだんだ?(^^; 客の数もいつになく凄い。ロビーに収まりきらなくて、階段に並ばされたほどだ。まあ、結果的に13組出演で、それに司会2人を足して15組。1組がファン2人連れてくるだけでもう30人は集まるんだもんなあ。結局客はどれくらいいたんだろう? 少なくともそれくらいはいたはずだ。
 ゲスト13組ということで、3ローテーションで出演。ちなみに司会はもちろん、梶村ひろこ嬢に夏未星佳嬢だ。
 最初の組は、左から、神崎ちろ嬢、神谷るり嬢、江古田シスターズの長崎みなみ嬢、同じく児玉さとみ嬢、そして倉沢まりん嬢の4組5人。ここでのトークは児玉さとみ嬢の一人勝ちであった(笑) なお、ちろちゃんは、蛍光灯に手の届く彼氏募集中とのこと(笑)
 2組目は、岡本麻衣子嬢、葉桐あかね嬢、竹田さやこ嬢、朝倉榛香嬢、篠原みどり嬢。最初から最後まで掃除機の話題で盛り上がった(笑) 意味のわからない人は、今度星佳ちゃんに会ったときに、「掃除機、どうよ?」とでも聞いてみて下さい(笑) なお、しのみども彼氏募集中とのことだが、あんなわがままな性格じゃ無理っしょ(笑)
 そして、最後の3組目は、いとうなおこ嬢、八木田真樹嬢、鈴木まどか嬢、藤崎とうこ嬢。なおちんが仕切る仕切る(笑) てゆーか、前に会ったときとキャラが違〜う!(笑) まどやんは大暴走してるし(笑) 今日の一等賞はまどやんにあげます(笑) とうこちゃんは全然喋らんねー(^^; まあ、他の三人が濃すぎともいうけど(笑)
 そして最後は、星佳ちゃんが掃除機だけでは飽き足らなかった話を自爆して(笑)終了。22時くらいだったかな。おつかれさまでしたー。
 その後、ロビーで榛香としのみどとちょっと遊んで撤収。うーん。三鷹のイベントに行って、帰宅が午前様にならなかったなんて凄いぞ(笑)

アイドルLUNCH PARTY vol.5【概略】

日時:2000/09/30(土) 13:00
場所:四谷Live inn Magic

出演:清水美穂/山崎加奈/中西未来/ファンシー・フリー・フラミンゴ[石垣綾子/太田真由美/深井真美]

アイドルLUNCH PARTY vol.5【曲目】

01.転校生(藤谷美紀)/清水美穂
02.my first love(上原多香子)/清水美穂
03.話しかけたかった(南野陽子)/清水美穂
04.恋のはじまり(水野あおい)/山崎加奈
05.そのままでいいわ(持田真樹)/山崎加奈
06.涙、止まれ!(中山忍)/山崎加奈
07.白いバスケット・シューズ(芳本美代子)/中西未来
08.READY GO!(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ
09.review〜もしも神様がいるなら〜(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ
10.READY GO!(オリジナル)/ファンシー・フリー・フラミンゴ

アイドルLUNCH PARTY vol.5【記録】

 二度寝してしまい、起きたのは10時。早く起きれたら入り待ちしに行こうと思っていたのだが、叶わぬ夢だったようだ。まあ、入り待ちしないと会えないってわけじゃないんだし。
 というわけで、12時に四谷到着。世間様ではお台場ジョイポリスらしいが、おかもっちくん、そーまくん、帝王、私たちはこっちだったりする。しかし、みーこなちゅは出ないのに、どうしておかもっちくんが来ているんだろう(笑)

 13時、「アイドルLUNCH PARTY vol.5」開演。トップバッターの清水美穂ちゃんはセーラー服で登場。現役高校一年生らしい。自分のことは「美穂ちゃん」と呼ぶ。可愛いねえ(笑) 実は会うのは2度目らしいが、前回の記憶は全然ないなあ(^^; 2番手は山崎加奈ちゃん。今日はちょっと元気のいい曲だった(笑) そして、中西未来ちゃんが遅れているということで(^^;、ここで急遽、先の二人によるトークコーナー。木偏の漢字と都道府県名の山手線ゲームでは、どちらも美穂ちゃんが勝利。そして、未来ちゃんがようやくお出まし。放課後いきなり席替えが始まってしまって遅れたらしい(^^; 喉の調子が悪いということで歌は1曲1コーラスのみ。そしてトリがF3。衣装はYAGイベントのときのカッコいいジャケット&パンツルックだ。歌はいつもの3曲。やっぱりCDで聞くよりライブで聞くほうがいい。振り付けも見てて楽しい。どちらもいい曲だ、うん。MCでは相変わらず立ち位置が後ろ過ぎ(^^; 今日は真美ちゃんが仕切っていたかな。姦しい3人のトークは面白い。ステージ終わって即売会。今回はCDしか売らないようだ。握手出来るといっても他にサイン等がつくわけでもなく、今回は見送ることにする(^^; というわけで、今日はあやちんと喋ってないんだな〜、をれ。まあ、四谷に来る電車の中で書いたレターはちゃっかり渡してたけど(笑) なお、おかもっちくんはちゃっかり美穂ちゃんのポートレートを買っていた。もうすっかりアルテミストですな(笑) なお、姫ファンの某氏はお台場の姫出演イベントにも顔を出さず、まゆみちゃんのためにねっしん4〜5週していたことを付記しておこう。てゆーか、まゆみちゃんファン急増中。まあ、確かにあのキャラは男心をソソるけど(笑) 実は私もかなり危なかった(笑) そして出待ちして、第一部(笑)はしゅ〜りょ〜。

 なお、ここでのぼりんから、えりりん優勝との連絡が。おめでとうございます〜!(^^) iii(Isao Internet Idol)として、これから頑張ってねん。

かんとりーろーど vol.5【概略】

日時:2000/09/30(土) 16:15
場所:四谷Live inn Magic

出演:岡本ひかり

かんとりーろーど vol.5[曲目

01.耳をすませば(オリジナル)/岡本ひかり
02.ピアニシモ(広瀬香美)/岡本ひかり
03.カブトムシ(aiko)/岡本ひかり
04.POKER FACE(浜崎あゆみ)/岡本ひかり
05.最後の果実(深田恭子)/岡本ひかり
06.ロマンスの神様(広瀬香美)/岡本ひかり
07.魔女かもしれない(オリジナル)/岡本ひかり
08.バーチャルボーイ(オリジナル)/岡本ひかり
09.夢色帽子(オリジナル)/岡本ひかり

かんとりーろーど vol.5【記録】

 さて、おかもっちくんと帝王は別の現場に出かけてしまい、そーまくんと私は続く「かんとりーろーど vol.5」に参加。「かんとりーろーど」は初見である。うーん・・・。ひかりちゃんファンって、多いんだか少ないんだかよくわからん(^^; ラスト3曲となったところで、ぞのさんとはらぐちさんが到着。最初からいたそーまくんと私はポートレートを買わずに、途中からの二人が買っているという妙な構図になってしまった(笑)

 お台場帰りのいすけさんと合流し・・・って、なんでいすけさんがここにいるんだろう?(笑) ひとみちゃんのポートレートも買ってたし、先日の花やしきにいたことも考え合わせると、実はひとみちゃんファンだったのか?(笑) というわけで、カレーハウスCOCO壱番屋で晩御飯。次にココイチに入ったらメンチカツカレーを食べると決めていたので、肉じゃがカレーを食べた(笑) だ、だって、期間限定だったんだもん(^^; 次にココイチに来るのはいつになるかわからんし。ぁぁ、限定という言葉に弱い典型的日本人な私。
 ココイチには何故か、耳狼さん(*1)、まけいぬさん、あらさんが来ていた。やはりお台場帰りらしい。誰とは言わないが、さすがねっしんなひとみちゃんファンである。

Charming Celebration vol.5【概略】

日時:2000/09/30(土) 19:00
場所:四谷Live inn Magic

出演:秋野ひとみ

Charming Celebration vol.5【曲目】

01.秋からも、そばにいて(南野陽子)/秋野ひとみ
酒井法子メドレー
 02.イヴの卵(酒井法子)/秋野ひとみ
 03.男のコになりたい(酒井法子)/秋野ひとみ
 04.HAPPY AGAIN(酒井法子)/秋野ひとみ
 05.渚のファンタシイ(酒井法子)/秋野ひとみ
 06.GUANBARE(酒井法子)/秋野ひとみ
 07.LOVE LETTER(酒井法子)/秋野ひとみ
 08.夢冒険(酒井法子)/秋野ひとみ
 09.ホンキをだして(酒井法子)/秋野ひとみ
 10.ダイヤモンド☆ブルー(酒井法子)/秋野ひとみ
 11.1億のスマイル(酒井法子)/秋野ひとみ
 12.ノ・レ・な・いTeen-age(酒井法子)/秋野ひとみ
13.瞳の中のBlue Sky(オリジナル)/秋野ひとみ
14.KARAKURI少女(オリジナル)/秋野ひとみ
15.もう泣かないで(瀬能あづさ)/秋野ひとみ
16.リトル☆デイト(ribbon)/秋野ひとみ
17.Cerebration(オリジナル)/秋野ひとみ
18.My Wish(オリジナル)/秋野ひとみ

Charming Celebration vol.5【記録】

 さて、19時開演。のりぴー11曲メドレーには圧巻。感動してしまった。ぜひまた聴いてみたいとは思うが、多分次の機会はないだろうなあ。まあ、今日来て良かったってことで。
 それにしても、ここでのびっくりはあらさんだ(笑) 「お台場で疲れたから今日は静かにしてるよ」とかのたまっておきながら、歌が始まったら大声援(笑) ぞのさん曰く「お台場の3倍増し」だそうだ(笑)
 最後は自作詞の新曲を披露して終演。かと思いきや、客席の拍手にカーテンコール。涙顔でのお礼の言葉。おつかれさまでした〜。
 23時からえりりん優勝記念チャットだというので、出待ちせずに撤収。出口を出たところで女の子2人がイベント告知のチラシを配っていたが、途中で捨ててきたので誰だったかわからん(笑)

*1: 彼もかもめくんに劣らず名前が多いねえ。