イベント参加リスト(1999年10月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
DDTライブ ハレルヤ【概略】

日時:1999/10/02(土) 19:00
場所:アイピット目白(目白)

出演:橋本悠/宮沢天/音羽コウ/水無月直樹/葵凪沙/ライチーズ[美森麗/堀井千春/田辺志歩]
スタッフ参加:田口美奈子/加藤由紀
客参加:並木のり子/小林蕗

DDTライブ ハレルヤ【曲目】

01.タイミング〜Timing(ブラックビスケッツ)/橋本悠・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
02.Just think of tomorrow(佐々木真里)/橋本悠
--.ライチーズコント1/ライチーズ
--.橋本悠のなんたらかんたラジオ/橋本悠・ライチーズ
--.寸劇「しあわせになるために」/美森麗・堀井千春・田辺志歩・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
03.三日月の寝台(新居昭乃)/橋本悠
04.おジャ魔女カーニバル!!(MAHO堂)/ライチーズ
05.Get Wild(TM NETWORK)/音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
--.ライチーズコント2/ライチーズ
--.燃える男のコント/宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
--.橋本悠のなんたらかんたラジオ2/橋本悠・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
06.ジュリアに傷心(チェッカーズ)/宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
07.年下の男の子(キャンディーズ)/橋本悠・ライチーズ
08.bye-bye(ブラックビスケッツ)/全員
アンコール
09.Love Somebody(織田裕二 with マキシ・プリースト)/橋本悠・美森麗・堀井千春・田辺志歩・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙

DDTライブ ハレルヤ【記録】

□前日談
 先週の「夜桜お7」のときに、フラワースタンドを注文していた。そのときの話。
 買った場所は、北とぴあ内の「はなきち」さん。
 送り主の「L流れ組」というのを見て、店長らしいオヤジさんが、
「どこを基盤とした組なんですか?」
 ええ〜いっ、ヤのつく商売じゃないっ(^^;
「刺青入ってませんか?」
 だから、違うって(^^; 人の袖、勝手にまくるなっ(^^;;
 という事件があったのでした(笑)

□10月2日、開場
 休日出勤の仕事帰り、そのまま直接目白へ。目白駅到着は17時くらいだったか。
 チケットに書かれた道順を頼りに歩いていると、前方に見知った後ろ姿を発見。ふかふかさんである。もうすでに場所を確認済みらしく、安心して連れていってもらう私(笑)
 チケットには徒歩5分とあるが、すでに5分以上歩いている気がする(^^; ふかふかさんがいなかったら、道が合ってるのかどうか不安になっていただろうなぁ(^^;;
 そして、アイピット目白に無事到着。後には〜んさん曰く、オレンジ色の「こじゃれた建物」だ(笑) 中では美奈子様が黙々と受付の準備をしている。
 入り口の前には、「L流れ組」で贈ったフラワースタンドが飾られていた。2段となっており、思っていたよりも結構立派である(^^) が、送り主の名前がなぜか「流れ組」となっている。「L」が抜けてるじゃん〜っ!(^^; 「はなきち」のオヤジさんには「これはLですよね?」とまで確認されたというのに……。えぐえぐ(涙。
 開演は19時、開場は18時半、当日券発売は18時だろう。しかし、今はまだ17時半頃だったので表で大人しく待っていたら、美奈子様がいきなりガラス戸を開けて顔を覗かせたのでびっくり(^^; そして、美奈子様もびっくり(笑) どうやら、我々がここにいることには気づいていなかったらしい。
 当日券参加のふかふかさんがもう買えるか聞いたところ、OKという返事を貰ったので、ふかふかさんに続いて私も中に入る(笑)
 中にもフラワースタンドが飾ってあった。差出人は……「は〜ん」。なんか、字面として見せられると笑えるなぁ(笑) しかも、我ら「L流れ組」15人で贈ったスタンドよりも大きいし(^^; まさか個人に負けるとは(^^;;
 また、かじゅくんと私からレイレイ宛てに贈ったフラワーアレンジも届いていた。差出人の「インターネット密BBS・とーさん&かあさん」というのを見て、ライチーズの他の2人はレイレイの実父母だと思っていたらしい(笑)
 そして、その後ろには、箱に入った日本酒が(笑) 差出人は「かーしま」(笑) 昨日ここの住所聞いてきたのに、よく届いたなぁ。それにしても、やっぱりゆーちゃんといえばお酒なのね(笑)
 その横にはケースに入れられたネコのぬいぐるみが5つ。なるほど、これがゆーちゃんお手製のぬいぐるみか。首から下げた値札の3000円は、まあ妥当なところか。
 そして、その前にはコピー誌が3冊。「レイレイのカンゲキ日記」とある。そういえば、本を作ったというような話を聞いたような。1冊500円。中を見ようとしたら、美奈子様に怒られた(^^; ついでに、コウちゃんの正体を確かめようとパンフを見ようとしたら、やっぱり怒られた(^^;;
 で、ぬいぐるみとレイレイ本は、数が少ないため抽選で購入権が当たるらしい(^^; レイレイ本は11冊しかないんだとか。原稿を私に預けてくれれば、30冊くらいには増やしてあげるのに(笑)
 さて、そんなこんなで開場までは美奈子様や貞方さんと歓談。何を話したかは、話した内容が多すぎて覚えていないし(^^;、特に公開するようなものでもない。由紀さんもいたが、何やら裏方作業に忙しそうであった。
 18時になったから、というわけではなかったような感じだが、外に人も多くなってきたので当日券販売開始。もっとも、入ってきたのは見知った顔ばかりであったが(笑) そして、再び歓談が続く。

 開場。私の整理番号は4番だ。この番号で抽選会をやるらしく、半券側にも番号を書き加えてから返してしていたので、受付の美奈子様はおおわらわ。半券を返し忘れたりするのも一度や二度ではなかった模様(^^; この失態を踏まえたらしく、翌日はパンフに番号が振られていた(笑)
 階段を降りて、客席へと入る。思っていたよりも広い。とりあえず右側最前列に席を取り、再び上へと戻る。下にいても暇なのだ(^^;
 1階奥の喫煙コーナーの椅子に座って、友人たちと談笑。受付には由紀さんも参戦していたが、やっぱりてんやわんやだ(^^; 貞方さんは表に出て入場整理をしている。
 それにしても、結構な客の入りだった。今日の分のチケットがなくなって、明日の昼の分を使っていたくらいだ(笑)
 のりりんやスナさんルリールさんも見に来ていた。Lの懐かしい人も来ていた。懐かしすぎて、一瞬誰だかわからなかったぞ(^^;
 貞方さんの「そろそろ下に行こうよ(^^;」という言葉を合図に、ぞろぞろと下に降りていく我々。主要なダメ人間たちはみんな上に来てたし(^^;
 さあ、いよいよ開演だ。

□ライチーズ復活!
 開演はちょい遅れて19時10分ほど。開演といっても、ゆーちゃんの「本日はようこそお出で下さいましてありがとうございます」で始まる諸注意放送があった後は、リッキー・マーティンの「Livin' La Vida Loca」がBGMとして流れるだけだ。「なんで、HIROMI GO!バージョンじゃないんだあ!」と理由もなく愚痴っておく(笑)
 曲が終わりに近付き、照明が落とされる。いよいよ、始まりだ。
 最初に流れた曲は知っている曲だった。「タイミング〜Timing」だ。少年ぽいいでたちのゆーちゃんが、男性陣4人をはべらせているという構図だ(笑) 衣装も好きだが、それ以上に振り付けが気に入った(^^) やっぱり、元気一杯に動き回るっていうのはいいですねー。あと、ギャラライブもそうだが、最近は女性だけのライブばかりに行っていたので、男性がいるとなんか締まるって感じがする。
 曲間で名前だけ紹介された男性陣は一旦袖に引っ込み、ゆーちゃんのMCというかご挨拶。今回のハレルヤは「私のやりたいことをまとめた、ごった煮ライブ」らしい。歌ありーの、コントありーの、寸劇ありーの、撮影ありーの、と、大まかすぎる内容も語られる。

 そして、そのまま続けてゆーちゃんソロによる「Just think of tomorrow」。「無責任艦長タイラー」TV版オープニングだ。実は結構好きで、以前カラオケで歌おうと思ったはいいが、全然曲を覚えていなかったという過去がある(^^;;;
「英語が苦手なので今まで英語の多い歌は歌ってこなかったんですが、1つ年取った記念に今回初めて歌ってみました。マイクがベトベトになるほど緊張しました(^^;」
 ゆーちゃんの感想が述べられた後は、
「ライチーズのコント、行ってみよう!」
 いいなあ、この言い回し(笑)

キャスト
 森永るみこ:美森麗
 藤堂マネージャー:田辺志歩
 鮫掴涼:堀井千春

 コントを文章にしても全然面白くないのですが(^^;、とりあえず流れくらいは書いておきます。
 ――フリフリのドレスではしゃいでいる、アイドル森永るみこ。なぜはしゃいでいるのかというと、「ロミオとジュリエット」のジュリエット役に決まったからだ。
 そこに、るみこのマネージャーが寒いギャグを飛ばしながら登場。負けじとるみこも、
「あたし、“ヒデキカンゲキ!”なんて言ってないもん。“るみこカンゲキ!”って言ったのよ」
 「グレードが高すぎて」やっぱり寒い(^^;
「ロミオ役は誰だと思う?」
 問うマネージャーに、「タッキーかしら?」と想いを馳せるるみこだが、そんな若造ではないらしい。そして、マネージャーに呼ばれて、ロミオ役の青年が入場。
「あなたの! あなたの! あなたの! 鮫掴涼です!」
 周囲に媚びを売りながら颯爽と登場したのは、ライサンダーズの鮫掴涼だ。
「あなたみたいなベテランっぽい人ととご一緒出来て嬉しいわ!」
「ッポイじゃない!」
 るみこのセリフに憤慨する涼。
 そこで、衣装部との打ち合わせのために席を外すマネージャー。すると、途端に豹変するるみこ。
「超サイアク!」
 涼への不平不満はとどまることを知らない。
「キミは、さっきまでここにいた、ボクの可愛い森永るみこちゃんなのかい?」
 あまりの豹変ぶりに、自分の目が信じられない涼。
 そこにマネージャーが戻ってきて、再びるみこ豹変。
「ああ、ロミオ! あなたはどうしてロミオ様なの!?」
 すっかり役になりきって、
「ルミちゃん、ハマリ役でしょ〜?」
 とマネージャーに言わしめる。
「いや、ボクにはるみこさんの相手をやっていく自信が……」
 辞退しようとする涼だが、その理由を話させてなるものかと、
「ロミオ様〜!」
 るみこに横から突き飛ばされて、派手に転がる涼。
「いっ、今の見ました!?」
 マネージャーに詰め寄るが、全く相手にしないマネージャー。そのままマネージャーはるみこを連れて衣装部へと行ってしまう。
 1人残された涼、「狂ってる!」と毒づくが、「アホタレント、アホマネージャー」なぞマトモに相手していられないとばかりに立ち直る。
「ボク、今度ディナーショーやるんだよね。25000円。みんな来てね!」
 掲げた指をパチンと鳴らして暗転――
 ……わ、笑えねぇ(^^;;;
 いや、面白いんですけど、笑う間がないんですよね(^^; そんなところまで、以前のライチーズを再現しているとは、恐るべき(笑)
 しかし、3年ぶりに復活したるみこも相変わらずいい味出していたが、今回のイチオシはやっぱり涼ですよね〜(^^) なんかいいぞ、あのキャラクター(笑)

 続いて、「橋本悠のなんたらかんたラジオ」のコーナー。と言っても、もちろんラジオ番組なわけではなく、「ラジオ番組公開録音風トークタイム」のことである(笑)
 ゲストはライチーズの3人。ゆーちゃんに呼ばれて舞台袖から出て来ると、それぞれ手に一輪の花を持っている。
「悠さん、お誕生日おめでとうございます〜(^^)」
「みんな〜、リハにないことやるなよ〜」
 3人から花を受け取ったゆーちゃんは、思いっきり照れていた(笑)
 さて、まずは自己紹介。
「美森麗です」
「レイレイですっ」
 ゆーちゃんによる愛称紹介に続けて、
「レーイレ〜イ!」
 と客席から声をかける。やっぱ、盛り上げないと(笑)
「堀井千春です」
「ちーちゃんですっ」
「ちーぃちゃ〜ん!」
「田辺志歩です」
「しほりんです」
「しーほり〜ん!」
「別に叫んで貰いたくて言ってるんじゃないんだけど(^^;」
 折角盛り上げてるのに、ゆーちゃんひどいっ(笑)
 まずは、ライチーズの起源とコントについてのお話。
 ライチーズは実はこれがデビューイベントではなく、2度目の出演。もっとも、デビューは2年以上前のことなので、「知る人ぞ知る」幻の存在なのですが(^^; 私はデビューイベント見ましたよぅ(笑)
 森永るみこはそのときにも使ったネタ(*1)。レイレイ演じるるみこがいて、しほりん演じるマネージャーがいて、ちーちゃんはいじめられる余所の事務所のタレント(笑) ゆーちゃんも言ってましたが、ぜひシリーズ化して続けて欲しいですね〜。そして、それとは別に、ライサンダーズの方もシリーズ化してほしい(爆)
「私、るみこちゃん好きなんですよー(^^)」
 そんなゆーちゃんから、誰もが気になる質問をレイレイに。
「るみこちゃんは地ですか?(笑)」
 会場爆笑(笑)
「違いますよ〜(^^;」
 レイレイは否定していたが、会場からは「え〜!?」と大きな声(笑)
 でも、ライチーズのコントの台本はレイレイが書いているらしいから、やっぱり地なんじゃあ……(^^;
 さて、ゆーちゃんからライチーズの3人に質問。「この年になっても出来ないこと」。
 レイレイ、「今でも男子女子って言っちゃうんですー」。男性女性はもとより、男の子女の子とも言えないらしい。で、男子女子ネタから派生して、
「今でも、制服着てもいけそうですね〜」
「じゃあ、次は制服コントですか(笑)」
 ゆーちゃんの質問にレイレイがニヤリ。てゆーか、後からあんなものが出てくるとは〜ッ!(笑)
 ちーちゃんの答えは、「何でも出来ます」。「おお〜」、客席のどよめきにはカメラ目線で答える(笑) そうか、鮫掴涼がいいキャラしてるのは、やってる本人がいいキャラしてるからなのか(笑)
 しほりん、「タクシーを止められないんです」。これには、ゆーちゃんが思いっきり賛同(爆) 2年前の「タッくん感謝祭」でもネタにしてたけど、まーだ止められないのか(笑) その後しばらくはタクシーネタで盛り上がっていた。
 そして、プレゼント抽選タイムっ。4人の引いたくじの番号とチケットの半券の番号が一致すれば、それぞれが選んで持ってきたプレゼントが貰えるのだ。
 しほりんは何か紙袋。中身は秘密らしい。もちろん当たらない。この手のイベントで当たった試しはない。
 ちーちゃんは、Tシャツ。とても着れそうにないような、身体の大きな人に当たっていた(^^;
 レイレイはポムポムプリングッズ。「ポムポムプリンといえば!」と思って後ろを振り向いてみたら、案の定のりりんが欲しそうに手を上げていた(笑)
 ゆーちゃんは、先程も話題に上った「タッくん感謝祭」で作ったタッくんテレカ。それは持ってたりする。結構レアだとは思うんだけど、欲しがる人も少ないんだろうなぁ(^^;
 といったところで、「橋本悠のなんたらかんたラジオ」終了〜。ライチーズは引き上げていき、ゆーちゃん1人が舞台に残る。

□「しあわせになるために」
 続いて、寸劇の前にちょっとゆーちゃんのMC。
 袖幕のある劇場で舞台をやるのは久し振りとのこと。確かにライブハウスに袖幕はないよなぁ(笑)
 また、ここアイピット目白は結構新しい劇場らしく、今回で3組目くらいの公演なんだとか。照明を使ったのは2組目らしく、翌日夜の公演時にテクニカルトラブルを起こしていた(^^;
 もともと芝居をやるつもりで始めたハレルヤ企画だが、なかなか脚本が上がらず(*2)、その内に歌やコントが混ざってきてしまったらしい(^^; 結局脚本はみんなで考え、「脚本:ハレルヤン」となったのでありました(笑)
 さて、芝居といえば、高校の頃に文化祭でやったとか。場所は視聴覚室だったらしいが、「そんなのはどうでもいいですね(^^;」。話は桃太郎をベースとしたもの。
「私って、桃太郎が好きなんですかね(^^; 今回も、出演者の名前が桃太郎絡みなんですよ。ストーリーには全然関係ないんですが(^^;」
 その、今回の舞台のタイトルは、「しあわせになるために」。
「今回はうきうきした、肩の力を抜いて見られるような内容にしました」
 テーマはあるような無いような内容なんだとか(^^;
「それにしても、自分の書いたものがセリフになるというのは、なかなか快感ですナ!」
 と、最後はオヤジ化したところで、寸劇の開幕〜。

キャスト
 桃田:宮沢天
 桃田妻:田辺志歩
 雉岡:水無月直樹
 雉岡妻:美森麗
 猿川:葵凪沙
 犬城:音羽コウ
 鬼が島:堀井千春

「ピンポ〜ン。鬼が島さん、いますか〜? おたくの生ゴミが臭ってくるんですよね〜。ちゃんとゴミの日に出して下さ〜い」
 犬城が鬼が島家の呼び鈴を鳴らすが、一向に反応はない。
「いないみたいですよ?」
 離れた場所から見ていた桃田妻のところに戻ってそう報告するが、桃田妻は確かに動いている人影を見たと言って引かない。
「覗いたんですか?」
「見えたのよ」
 そこに、雉岡夫妻と猿川がやってくる。
「すごい臭いよね〜」
「だいぶ前からだよな」
「鬼が島さんって何してる人なの? 私、見たことないし〜」
「でも、いい家に住んでるよな〜」
 今度は雉岡妻が犬城と一緒に鬼が島家の玄関に向かうが、あまりの臭さに犬城を置いて引き返してきてしまう雉岡妻。
「ダメ! 超ヤバいよ! ゴミ袋がこーんなに積んであって、ハエとかがブンブン飛んでいるのよ!」
「そこまで見たのか!(^^;」
「ええ、一応」
 雉岡夫妻がそんなことを話し合っている中、引き返さなかった犬城は、再び鬼が島家の呼び鈴を鳴らしていた。しかし、やはり反応はない。
「やっぱりいないみたいですよ?」
 戻ってきてそう報告するが、こちらもやはり引かない桃田妻。
「居留守よ、絶対」
「覗いたんですか?」
「見えたのよ」
「てゆーか、犬城さん、よく平気ねぇ」
 雉岡妻が、よくあんな臭いところに二度も行けるものだと感心する。
「名前に“犬”がつくのにねぇ(笑)」
 桃田妻の言葉に、何故か照れ笑いを浮かべてしまう犬城だが、
「てゆーか、鼻、変!」
 しかし、雉岡妻にそう明言されてしまう。
 今度は猿川に鬼が島家の様子を見に行かせようとする雉岡妻。もちろん猿川は嫌がるが、さっき自分も見に行ったんだから、ということで押しきられる。仕方なく鬼が島家の玄関に向かった猿川だが、すぐに駆け足で戻ってきて両手で×マーク。
「何、戻ってきてるのよ!」
 雉岡妻に叱られて小さくなる猿川の様子を見て、
「あの〜、猿川さんって……」
 犬城が不思議そうな顔で質問しようとするが、それを大声で誤魔化して自己紹介へと話を逸らす雉岡夫妻。
「あ〜、挨拶が遅れました。雉岡です」
「雉岡の妻です〜」
 夫婦揃って腰の辺りで手をパタパタさせるのは、苗字の“雉”にかけた洒落か。
 そして、結局猿川を突入させた雉岡妻。
「あの〜。猿川さんって、一体どういう方なんですか?」
 早足で駆けて行く猿川の背中を見送りながら、犬城が雉岡夫妻に尋ねた刹那、猿川が途中でバタッと倒れてしまう。慌てて駆け寄った犬城が他の人たちに助けを求めるものの、鬼が島家に近づくのを嫌って誰も手伝ってはくれない。犬城は一人で、なんとか引きずるようにして猿川を連れ帰ってくる。
「この臭いじゃ、さすがの猿川も倒れるよなぁ」
「夏の暑い日じゃなくて良かったわね」
 のんきな雉川夫妻たちに、
「あの〜。猿川さんって、一体どういう方なんですか?」
 再度疑問をぶつけてみる犬城だが、
「あら、ヤカンをかけっぱなしだったわ!」
 と桃田妻は席を外し、
「ヤカンと言えば、ピーッと鳴るヤカン買ってやれよ! 猿川に見張らせておくなんて可哀想だろ!」
 首から掛けていたタオルを地面に叩きつけ、雉岡が妻にあたる。
「私は猿川にずっと見張っていろなんて言ったことはないわ! ねえ、猿川?」
「……はい」
 ようやく立ち直った猿川の返事。
「お前がこき使うから、こんなに細くなってしまったじゃないか!」
「あー、体質、体質。ねえ、猿川?」
「……はい」
「ひどい奴だなぁ!」
「何よ、人の気も知らないで!」
「お前こそ人の気も知らないで!」
 言い合いは平行線。雉岡は麦わら帽子をも叩きつけ、すわ喧嘩へと発展しそうになったそのとき。
「私が心配してるのは! ……あなただけよ」
 雉岡が叩きつけたタオルを拾い上げ、夫の首に掛けなおしてやる雉岡妻の言葉は優しい
「お、オレも……、お前だけだよ」
 雉岡も思いっきり照れた様子で麦わら帽子を拾い、そして、手に手を取り合って遥か遠くを見やる雉岡夫妻。その後ろでは、争いの発端である猿川が違和感なく溶け込んでいる。
 そこに、「旦那が帰ってきたのよ」と桃田妻が戻ってくる。
 その当の旦那も出てきて、鬼が島家に向かってすたすたと歩いていく。
「鬼が島さん、いい加減にして下さい! ご近所に迷惑がかかってるんですよ!」
 夫のその様子を頼もしく感じていた桃田妻だが、急に桃田の様子が一転。
「すみません、ボクが悪かったんです。ボクが結婚してることはあなただって知っていたでしょう。それなのにこんな仕打ちだなんてひどいと思いませんか!?」
「あなた、どういうことなのよ!」
「すまん、オレがもっと早く決心すれば良かったんだ」
 平身低頭に意味不明のことを口走る桃田を問い質す桃田妻に、謝るばかりの桃田。
「桃田さん、臭わないのかなぁ?」
「愛の力さ」
 その脇では、雉岡夫妻が勝手なことを言っている。
「鬼が島さん、聞こえますか! 今、妻がここにいます!」
 再度、鬼が島家の玄関に向かって声を張り上げる桃田だが、そこにリュックを背負った女性がやってきた。
「あ、鬼が島さん」
 犬城がその女性を見て漏らす。
「犬城さん、鬼が島さんを知ってるの?」
「ええ、家が隣ですから」
 桃田妻と犬城のそのやりとりを聞きつけた鬼が島、
「お前が犬城か!」
 すごい剣幕で詰め寄る。
「お前ん家のゴミがくせえんだよ! ちゃんとゴミの日にゴミを出せよ!」
 どうやら、臭さに堪えかねて旅行ばかり行っていたため、このところ不在であったらしい。
 ゴミの処理を命じられて家に向かった犬城の背中に、
「旅行代金もお前が払えーーーっ!」
 と叫ぶ鬼が島。
「犬城さんが原因だったのね」
「だから、この臭いが平気なんだ」
 やじ馬連中がそんなことを話していると、困った顔をした犬城が戻ってくる。
「あの〜、うちのゴミ袋じゃないのも混ざっているみたいなんですけど……」
「誰かが投げ入れたんじゃないの?」
 桃田妻のその言葉に、猿川が思いっきり頭を抱えた。
「まさか猿川、あんたなの!? 確かに、どこかに持っていきなさいとは言ったけど!」
「お前か!?」
 雉岡妻の言葉に夫が詰め寄る。
「雉岡さん家はここのゴミ置き場じゃないでしょ?」
「違うのよ! 生ゴミの日は月木なのに、金曜日に捨てる人がいて、それで……」
「あら? 金曜日じゃなかったっけ?」
「お前か!」
 今度は桃田が妻に詰め寄るが、
「ところで、鬼が島さんとはどういう関係なのよ!?」
 逆に鬼が島とのことで問い質されてしまう。
「……あれは、3丁目のスーパーでした」
 鬼が島の言葉により、回想スタート。
「生活用品のコーナーで、大安売りのゴミ袋を手に取ろうとしたとき……」
「あっ……」
「あっ……」
 同時に取ろうとして、手と手が触れ合ってしまう、桃田と鬼が島。
「このゴミ袋、今日大特価なんですよね」
「安いっていいですよね」
 話が合う2人。
「あと、トイレットペーパーも大安売りしてるんですよね」
 夫婦だと更に安くなるらしく、
「もしよろしかったら、私と夫婦のふりをしてくれませんか?」
「いや、ボクには妻もいますし……」
 鬼が島の申し出をしどろもどろに断る桃田。
 しかし、そこに現実世界から割り込む桃田妻。
「あなた! 何もったいないことしてるのよ!」
 安い買い物をしてこなかった夫に腹を立てる。
 雉岡宅では、雉岡と雉岡妻で買って、その後猿川と雉岡妻のコンビでまた買ったらしい。
「あ〜ら、素晴らしいわ〜。それに引き換え、うちの亭主は……」
 不甲斐ない夫を睨みつける桃田妻に、
「それだったら、今度はボクが一緒についていきますよ」
「うちの猿川も使ってやって」
 犬城と雉岡妻の申し出。
「あら、ホント? 今度の特売日が楽しみだわ〜。亭主の安月給でやっていくのは苦労するわよね〜」
 そんな話で盛り上がっていると、ふと思い出したように犬城が誰に尋ねるともなしに疑問を口に出す。
「あの〜、ところでさっきから気になってるんですけど、猿川さんってどういう方なんですか?」
「え〜、ゴホンゴホン」
 急に咳払いを始めたりする一行。
「今度は一緒に行こうな」
 桃田夫妻が去り、
「俺たちも帰るか」
 雉岡夫妻に猿川も去る。
 鬼が島も自分の家へと去っていく。
 一人残された犬城がポツリと一言。
「猿川さんって一体……」

 暗転。そのまま「三日月の寝台」のイントロが流れ始める。拍手しようにも、その間がない(^^;
 さて、感想。みんないい味出してるけど、一番は犬城役のコウちゃんかな〜。一人蚊帳の外って感じがうまく出てました(笑) 猿川役なぎっちの服従ぶりも良かったけど、それはレイレイの高慢ぶりがあってこそ映えるもの(爆)
 ストーリー。三回目にしてようやく、「しあわせになるために」の意味がわかった(^^; そうか、そういう話だったのか。いい話だ(笑)
 そういえば、いつ、どんな名前で、ゆーちゃんが出て来るのか期待していたら、結局出て来なかった(^^;

□ライサンダーズ・ディナーショー
 さて、寸劇から済し崩しで、ゆーちゃんの「三日月の寝台」。夜桜お7でも歌っていたし、よっぽど好きらしいが、私は知らない(^^; 白い、ドレスのようなそうでないような、割と謎な衣装を着ていた(^^;
「続いて、ライチーズの“おジャ魔女カーニバル!!”です」
 との紹介で出て来たライチーズの衣装はなんと、高校の制服にセーターという、何とも凶悪な代物(笑) いや、まさか、こういうものを用意してるとは……嬉しいじゃないか(爆) 振り付けも元気一杯で可愛いし、いいねぇ(^^) こういうのを写真に撮りたいぞ(笑)(*3)
 続いて、コウちゃん、みなっぺ、なぎっちによる、「Get Wild」。天ちゃんがいないのは、一ヶ月行方をくらませていたときに練習していた曲だからだろーか?(笑) 衣装は黒系で統一。振り付けも結構カッコいい。特に「♪Get wild and tough」のところがお気に入り。思わず真似したくなるが、隣の人が危険だ(笑) でも、3人とも声が小さいんだな〜、これが(^^;
 そして、再びライチーズのコントが始まる。

キャスト
 鮫掴涼:堀井千春
 響雷鳴:美森麗
 轟三太:田辺志歩

「レディース アーンド ジェントルマン!」
 で始めるアナウンスが入り、ライサンダーズ・ディナーショーの始まりを告げる。アナウンスは天ちゃん?
 スーツに蝶ネクタイでビシッと決めて、颯爽と涼登場。
「皆さん、想像してください。目の前には豪華なディナー、そして高級ワイン。グラッチェ!」
 腕を掲げて指を鳴らす様はキマっている。
「お食事は楽しめましたか? おおっと、まだ始まったばかりじゃないか。ボクとしたことが。ハッハッハッハッハッ」
 高笑いで気を取り直して、
「それでは皆さんお待ちかねの、ショーの始まりです! ッア〜イ!!」
「チャッチャッチャラッラッラッ、ヘーイ!」
 涼の合図により、そんなノリで出てくる雷鳴と三太。中央で涼と合流し、ポーズを決める。
「イェーイ!」
 と同時に暗転。
 ……………………。
 照明がつくと、再び涼一人になっている。
「いやぁ〜、素晴らしいショータイムでしたね!」
 どこがやねん! というツッコミは無しである。
 そして、再び2人を呼び寄せて、ライサンダーズのメンバー紹介。
「三男の轟三太です。よろしくっ」
「次男の響雷鳴です。サンキュー!」
「そして、ボクが長男の鮫掴涼です。ッア〜イ!」
 3人整列して、
「兄弟なのに苗字が違〜う!」
 はい、ポーズ。
「イェ〜イ!」

「というわけで、ここからはライサンダーズではなく、ライチーズとなります(^^;」
 いきなり素に戻る3人。あ、あれでコントは終わりなのか?(^^;; なんか、済し崩しの展開が多いな(^^;
 何故かここからはトークタイムに突入し、ライチーズの軌跡を辿る。
 3人とも某L事務所出身なのだが、入った当初、レイレイとちーちゃんはそれぞれ一人身だったので、意気投合して仲が良かったらしい。しほりんは、某Y学校派閥の一人だったので、特に話すようなこともなかったとか。
 しかし、ある日突然事務所の偉い人A氏に呼ばれたレイレイ。以前からその才能を買われ、先輩である遊☆王女のコントの手伝いをしていたのだが、この度独立したユニットを結成することを命じられた。そのメンバーが、ちーちゃんとしほりんだったのである。ちーちゃんとは仲が良かったので納得だったのだが、なんでしほりんなのかは謎だったらしい(^^;
 しかし、今はとっても仲良しで、ケンカもしたことがないとか。
 そんな話で盛り上がり、ライチーズって……フリートークの方が笑えるんですが(^^;;
 そして、いきなり舞台上ではコントに戻る(^^; やっぱり、済し崩し(^^;;
「というわけで、ライチーズでした〜」
 はい、ここからライサンダーズ(笑)

「ボク、結婚しようと思ってるんだ」
 雷鳴の突然の宣言に、
「じゃあ、ライサンダーズはどうなるんだ!?」
 涼も三太も驚きを隠せない。
 雷鳴を止めるためか、歌い出す三太。その後ろで2人が踊る。
「♪男は一人で孤独を愛そう。どうせ一人で産まれたのなら、一人で死のうぜ。男は一人で孤独を愛そう。大きなことをやりとげるなら、結婚しては駄目。結婚しては、駄〜目〜! さぁ、どっち? どっち?」
「イェ〜イ!」
 最後は声を合わせ、そして去って行く3人。
「皆様、本日はライサンダーズ・ディナーショーにお越しいただき、真にありがとうございました。なお、ライサンダーズに対する御不満御苦情は一切お受け致しません。その際、お帰りはお早めに」
 アナウンスが入り、やっぱり笑いどころがない(^^;;
 それにしても、制服姿もよだれもんですが(笑)、スーツ姿というのもなかなかいいものですなぁ(^^) 男役が出来る女のコというのはポイント高い。
 それにしても、ちーちゃんの「ッア〜イ!!」はツボにハマる(^^;

□萌える漢のコント
キャスト
 宮沢館長:宮沢天
 水無月師範:水無月直樹
 音羽師範:音羽コウ
 入門希望者:葵凪沙

 卓袱台に向かって何やら書き物をしている宮沢。そこに、一人の客がやってくる。
「あの〜、すみません。ここが最新実践バトル道場ですか?」
「はい、そうですが」
 書き物からは視線を上げずに宮沢。
「入門させて下さい!」
「だってここ、最新実践バトル道場ですよ!?」
 耳を疑うような言葉を聞いて、思わずすごい勢いで入門希望者――葵に詰め寄ってしまう宮沢。
「はい!」
 葵が本気だと察したか、葵を卓袱台に向かわせ、申込書を書くように命じる。喜んでそれに記入しようとしていた葵だが、
「……って、これ、通信教育の申込書じゃないですか!」
「通信教育もやってまして」
「実践じゃない……」
「講師も一流ですし、テキストもバインダー式(*4)で使いやすいですよ」
「20年の歴史もあります」
「最新じゃない……」
 葵には通信教育を受ける気は全くなさそうだ。
「わかりました。じゃあ、こちらに記入して下さい」
 別の用紙を差し出され、嬉しそうに書き始める葵。一方、宮沢は陰で不敵な笑みを浮かべている。
「それでは説明致します。我が最新実践バトル道場には入門試験があります。試験に合格した方のみ入門が許されるという、非常に厳しいシステムとなっております」
「あの〜、ここは何て書けばいいんですか?」
「ああ、そこはハングルなので(*5)右の方に丸をしといて下さい」
 そして、書き込み終えた用紙(*6)を宮沢に渡す葵。
「はい、OKです」
 ここでもやはり不敵な笑みをこぼす宮沢。
「それでは、当道場の一流講師陣による入門試験を行います。水無月師範、音羽師範、どうぞ!」
 上半身裸の上(*7)タオルで汗を拭きながら出て来る水無月。音羽はザクモノアイTシャツを着ている。
「最初に簡単なアクションのテストを行う。ここに立って」
 葵を舞台中央に立たせる水無月。
「まずはバク転から。見本を見せよう。下がって」
 中央に立って邪魔な葵に後ろに下がるように指示する水無月。
「え?」
「下がって」
「だ、だって、あんたがここに立てって……!」
 暴れる葵だが、宮沢と音羽の2人に取り押さえられて、無理矢理後ろへと引きずられていく。
 そして、華麗にバク転を決めてみせる水無月(*8)
「じゃあ、やってみて」
「できません」
「できないそうです」
 憮然と返す葵の言葉を音羽が復唱し、用紙にチェックをつける宮沢。
「次、前転」
「前転くらいは……」
 安堵の表情を浮かべる葵だが、
「ここで」
 水無月と音羽の2人に両腕を捕まれて連れてこられたのは、舞台の一番前。目の前には段差がある。
「……できません」
 先刻よりも憮然な感じの葵。
「できないそうです」
「次。後転」
 それなら!と嬉しそうにしゃがもうとする葵だが、その葵の真後ろに宮沢がぴったりと立ってしまう。
「……できません」
「できないそうです」
「これも出来ないのか……。次、側転」
 水無月と音羽の2人が葵の横に立ち、
「……できません」
 その言葉に、慌てて葵を後ろへと引っ張っていく宮沢。
「ちょっとちょっと! 何も出来ないんじゃないですか!」
「だって、あんたたちが邪魔してるんじゃないですか……!」
 言い訳を始める葵だが、舞台前方脇では水無月と音羽の2人が何やら怪しげな行動をとっていた。
 音羽はバットを構えるポーズ。水無月はブロックサインを送っているようだ。
「何々……? パン、ツー、丸、見え……?」
 葵がサインを読解し、それに両耳を引っ張って応える隣の宮沢。
「何やってるんですか!?」
「まあまあまあまあまあ」
 怒り出す葵を宮沢は宥めすかし、
「じゃあ、バク宙やってみて」
「難しくなってるじゃないですか!」
「そんなことないですよ。やってみせましょう」
 眼鏡を胸ポケットに入れる宮沢。そして、舞台中央前方に立つ。その左には水無月、右には音羽。
「はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!」
 そして、3人揃って、力いっぱいに気合を入れ始める。一体何が始まるのかと、恐る恐る見守っている葵。
「はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!」
 そして、気合が最高潮に達したところで、
「ばく!」
 水無月が尻を宮沢に向け、
「ちゅ〜!」
 宮沢がその尻の方を向いて蚊のようなポーズを取り、
「ばく!」
 そして、即座に音羽に尻を突き出し、
「ちゅ〜!」
 音羽も同様のポーズを取る(*9)
「ボ、ボクには出来ません!(^^;」
 堪らず逃げ出そうとする葵(*10)
 しかし、宮沢に捕まってしまう。そして、無理矢理宮沢のいた位置に立たされ、
「では、気合を」
 両隣は気合を入れ始める。
「あ、あの……、血管切れません?」
 両隣をきょろきょろと見回して、ますます不安になる葵。
 そして、気合が最高潮に達し、
「ばく!」
「ちゅ〜、ばく!」
「ちゅ〜!」
 キレイに決めてしまっていたりする葵。
「よし、合格だ!」
 宮沢も即決。
 しかし、そんなことをやってしまった自分が信じられず、逃げ出してしまう葵。
「また、逃げられちゃいましたね〜」
 それを「やれやれ」という表情で見送った水無月と音羽だが、対する宮沢は余裕の表情を浮かべた。
「あ、いいよ。サインもらってるから」
 最初に書かせた申込書をひらひらさせる。
「また、ピョンヤンに飛ばすんですかぁ?」
 水無月の苦笑。
「そっ、外人部隊。帰ってきたら強くなってるよ、オレたちより」
「実践ですからねぇ」
「帰ってくればね〜」(*11)
「お巡りさん来る前に逃げよう!」
 そして、宮沢を先頭にして、3人とも脱兎の如く逃げ出したのであった(*12)

□萌える漢たち
 さて、暗転が明けると、ゆーちゃんのMC。後ろには椅子が5つ並べられている。
 もちろん話題は、今まで行われていたコントについてだ(笑)
「私が上半身裸で汗拭いててムキムキの人が好きだからって、入れたわけではないんですよ(^^;」
 脚本&演出は全て天ちゃんによるもので、ゆーちゃんは自分は噛んでいないことを強調(笑)
 しかし、天ちゃんは台本を提出した後に一ヶ月ほど行方をくらまして(*13)、台本を読んだだけでは「ばくちゅ〜ばく」が理解できなかったらしい(笑) てゆーか、「これってヨゴレ?」と思ったとか(爆)
 他には、最初はイヤイヤやってたのに最後はノリノリになっていたとか(笑)、なぎっちはリハでは心配そうな出来だったのに本番では全然違うとか(笑)
 また、4人でコントをやるということで、せっかくなのでユニット名をつけてあげたゆーちゃん。その名も、萌える……じゃなくて(笑)、「燃える男たち」。で、先ほどのコントの名前は「燃える男のコント」。そのままやんっ!(^^;;;
 「燃えるお兄さん」(*14)というのも考えたらしいが、天ちゃん以外は年下なのでやめたんだとか(^^;;
 で、年齢はといえば。
「年下の人の年は……知らないや(^^; 年上の人の年も……知らないや(^^; 私の年は……」
「言えないや(笑)」
 思わず口に出して言ってしまったら、
「せっかくオチに考えていたのに、先に言わないでよ〜(^^;;」
 怒られた(笑)
 というわけで、
「橋本悠のなんたらかんたラジオ2!」
 にそのまま突入〜。
「では、燃える男たち、どうぞ〜!」
 ゆーちゃんに呼ばれて入ってくる、天ちゃん、コウちゃん、みなっぺ、なぎっち。ライチーズとは違って、あからさまにプレゼントとわかるものを持っている人も何人か(笑)
 まずは名前の自己紹介。
「燃える男たち1号の宮沢天です」
「天ちゃんですっ」
「てーんちゃ〜ん!」
 もちろん、大声を張り上げる。いや、やっぱり盛り上げないと(笑)
 しかし、天ちゃんは「みゃ〜みゃ〜」と呼ぶのが正しいらしい(笑) 左右からステレオ呼びするのが遊星王女のネタであったんだとか。
「あれはいじめだよ(^^;」
 とは天ちゃん談。確かにそーかも(笑)
 自己紹介は続いて、
「天さんが燃える男たち1号ということで……燃える男たち2号の音羽コウです」
「そのままじゃないかいっ!」
 的確なゆーちゃんのツッコミが心地好い(笑) しかも、コウちゃんが途中でタメるもんだから、尚更期待してたのに(^^;
「はい、コウちゃんですっ」
「コーウちゃ〜ん!」
 続いて。
「燃える男たちブルーの水無月直樹です」
「みなっぺですっ」
「みなっぺ〜!」
 ブルーというのは衣装から。その話は後ほど。
 そーいえば、入場時に海老反りジャンプしてたよーな(^^; バク転(*15)といい、飛ぶのが好きだなぁ(笑)
「燃える男たちじゃない、葵凪沙です」
「なぎっちですっ」
「なぎっち〜!」
 確かに、暑苦しいまでに燃えている3人と比べては可哀想というもの(笑) てゆーか、コウちゃんとみなっぺの汗の量がハンパじゃないんですが(^^; コウちゃんは髪を青く染めていたので、その内青い汗になるぞ(笑)
 さて、まずはお揃いの衣装ネタから。4人はカラーカッターシャツで揃えていたのだが、天ちゃん以外は色違いのお揃い。コウちゃんは赤、みなっぺは青、そしてなぎっちが黄色(*16)
 しかぁし! 全くお揃いのシャツであるにも関わらぁず! なぎっちのは大きく見える(笑) シャツが大きいわけではなくて、なぎっちが小さい……というか、肩幅狭いんだよねぇ。華奢すぎ。
 そして、なぎっちをダシに遊んだ後は、なぜか痴漢体験話。色男が揃っているので、どーしてもゆーちゃんは聞きたかったらしい(笑)
 なお、天ちゃんとみなっぺは実際に痴漢にあったことがあるらしい(^^; 最初は「ないです」と言い張っていたなぎっちだが、ゆーちゃんに再三詰め寄られて、されたことがあると自白していた(笑) 別に隠すことないのに〜。
 というわけで、こちらもプレゼント抽選会。
 なぎっちはハレルヤDMハガキ(*17)。一部の人にしか送られなかったというDMハガキはある意味貴重である。しかし、どういう基準で発送したのだろう? 熱心なSファンなんだから、うちにくれたっていいだろーに(笑) もちろん外れる。
 みなっぺは、クレーンゲームの景品っぽい、ムームー星人の人形、サイン入り。空気を入れて膨らませるやつ。
「4番の人〜」
 ……え? 4番? オレじゃん!
「は〜い!」
 照れ笑いで手を挙げる。まさか当たるとは思わなかったぞ(^^;; しかも、手渡されたムームー星人は目立つ(笑) うーむ、どうやって持って帰ろう(^^; とりあえず、足元のに置いておこう(笑)
 コウちゃんのプレゼントは何やら紙袋に詰められている。どうやら、クレーンゲームで集めた景品らしい。中のTシャツにサインがしてあるとか。それにしても、袋一杯に集めるなんて、ゲームセンター荒らし?(笑)
 天ちゃんは、バンダナ。4枚くらい色違いで買ってきたらしいが、1枚だけどの衣装にも合わなかったらしく、その1枚をプレゼント(笑) もちろんサイン入り。は〜んさんが当たった。
 今回は、ゆーちゃんのプレゼントはないらしい(^^;
 というわけで、「橋本悠の橋本悠のなんたらかんたラジオ2」は終了。
 続けては、ゆーちゃんのリクエストによる、燃える男たちの「ジュリアに傷心」。なぎっちはチェッカーズを知らなかったんだとか(^^; そんなに若いのかぁ!? あ、でも、酒が飲めるってことは、二十歳は過ぎてるってことだよなぁ。
 歌は、みなっぺと天ちゃんのバックコーラスの部分がなんか笑える(笑) いや、笑うところではないんだろうけど(^^; 全体的には、カッコよくていい感じでしたね(^^)

□アンコールはお早めに
 そして、舞台上は総入れ替わりで、女性陣4人による「年下の男の子」。衣装は……普段着?(^^; それにしても、以前からわかっていたことではあるのだが、キャンディーズってなんか私のツボにハマるんですよねぇ。キャンディーズのベスト盤買おうかな(笑)
 で、「♪あーいつはあいつは」の部分で右側と左側の方を指差すんですが、どうも端にいたは〜んさんが何かしたらしく、途中からゆーちゃんが苦笑していた(^^;
 でも、どうしても、自分が指差されているような気がしてくるのは何故なんだろう(^^; 誰かは「♪投げキッス」貰ったとか言ってたし(笑)

 そして、とうとう最後の曲は、全員勢揃いで「bye-bye」。ブラックビスケッツが好きだなぁ。って、うちにもアルバムあるけど(笑)
 もちろん、「♪bye-byeじゃない」の部分は一緒に大きく手を振る。
 途中で天ちゃんがステージから客席へと降りると(*18)、私が置いていたムームー星人を抱き上げて、客席の奥の方まで行ってしまう。ああっ、誘拐されたぁっ! って、もちろん無事に帰ってきましたけどね(笑)
 そんな天ちゃんの暴走もあり(笑)、最後は非常に盛り上がっておしまい。ぞろぞろとみんな、引き上げていく。手を振ってお見送り。レイレイは最後の最後まで手を振っていた……てゆーか、足まで使ってポーズしてたよーな(笑)

 誰もいないステージ。は〜んさんに、アンコールの音頭を取るように煽る。やっぱり、ここはは〜んさんの出番でしょう(笑)
 しかし、アンコールを入れたのも束の間、さっさと戻ってきてしまうみんな(笑)
 早い! 早すぎる!!(^^;
 曲は「踊る大捜査線」の主題歌「Love Somebody」だ。やっぱり天ちゃんは客席のお客さんの口元にマイクを向けたりして、一番楽しそうだ(笑)
 というわけで、もちろん盛りに盛り上がって、終幕〜!
 皆さん、お疲れさまでしたぁ。楽しかったぞ(^^)

□出待ち
 終幕後に下にいてもつまらないので、ムームー星人を抱いて(笑)さっさと上に登っていくと、すでにゆーちゃんがいてびっくり。は、早いなぁ(^^; そういえば、冒頭のアナウンスで、バースディ記念握手会をやるって言ってたっけ。
「お誕生日おめでとうございます〜。おつかれさまでした〜」
 しかし、挨拶もそこそこに、握手も後回しにして、まずは椅子に座ってアンケートを書く。ま、てきとーに(^^;
 書き終えた用紙を美奈子様に渡すと、
「あ、けーくん! 麗ちゃん本、当たってたよ〜」
 おお! そいつは嬉しい(^^) というわけで、500円払って購入。当たったと聞くとただで貰えそうな気もするが、違うんだよなぁ(^^;
 表の方が何やらにぎにぎしいので見に行ってみると、とりあえず出口に天ちゃんがいてびっくり(^^;
「お疲れさまでした〜」
 持っていたムームー星人をアピールしたらウケた(笑)
「来ていただいてありがとうございました(^^)」
「明日も来ますよ〜(笑)」
 さて、表に出るといつのまにやら、男性陣女性陣がみんな表に出てきているようだ。い、いつの間に(^^; しかし、話しかけようにも、みんな友達とで盛り上がっているようで、間に入り込む余地はない(^^; しばらく見ていたが状況が変わりそうもなかったので、すごすごと中に戻る。まあ、出待ちもあるし、いっか。
 中に入ってゆーちゃんに相手してもらおうと思ったのだが、懐かしのちっちゃいコ(笑)(*19)との話に盛り上がっているようだ。こちらもやはり間に割り込めそうな雰囲気ではなかったので、美奈子様に遊んでもらう(^^;
 すると、魔竜王くんが明日の昼のチケットを買っている。うーむ、私はどうしようか。確かに面白くはあるが、明日の夜は見るし、3度も見る必要があるものかないものか。
 しかし、こうして悩んだ時点で答えは決まってるんだよなぁ(^^; 悩むということは行きたいと思っているということで、他に用事はないんだから、もう行くに決定したも同然。てゆーか、早速美奈子様からチケット買っていたし(笑)
 実は開演前に、貞方さんとのこんなやりとり――
「明日の昼はチケットの捌け具合はどうなんですか?」
「厳しいですねぇ(^^; けーくんは来るの?」
「え、え〜と(^^; 今日見て面白かったら見ますよ(^^;;」
「じゃあけーくん、明日の昼は来ないな(笑)」
 ――があり、内心自分でもそう思っていたのだが(^^;、それは見事に裏切られたようだ。ちなみに、今買ったにも関わらず整理番号は11番。あ、明日大丈夫なのか?(^^; 今日は意外なほどに人が集まっていたが(^^;
 その後は人の波も落ち着いてきて、ゆーちゃんも巻き込んで色々盛り上がったのだが、やっぱり何を話したのかは多すぎて覚えていない(^^; まあ、面白かったのは確かですが(笑) こういうところがいいですねぇ(^^)
 最後はゆーちゃんと握手。もちろん拝み握手だ、森川さんには負けていられない(笑) ゆーちゃんは思いっきり苦笑してたけど(^^; でも、それがまたいいんだ(爆)<そうさせることこそが、拝み握手のポイント(笑)

 さて、出待ちは目白通りで行うらしい。このそばで騒ぐと迷惑だからだ。
 それにしても、風がめっちゃ強い。置いといたムームー星人は飛んでいくわ(^^;、は〜んさんは買ったぬいぐるみの名札を無くして泣いているわ(笑) ふかふかさんが名札を見つけ、私が名札を留めていたリボンを見つけて事無きを得たんですけどね(笑)
 30分ほど待っただろうか。男性陣が出てきたが、挨拶する程度で誰も呼び止めようとはしない(^^; そして、ライチーズが揃って登場。一斉に群がるダメ人間ども(^^;<自分含む
 まずは、3人揃っての撮影会に突入。みんな写真撮るの好きだよなぁ(^^; てゆーか、それしか考えてない?(^^;; 夜なので全然AFのピントが合わず、撮影は断念した私。くそう、やっぱり外部フラッシュは必須か? なお、撮影の掛け声は「ライ、チーズ!」らしい(笑)
 撮影会が終わり、レイレイ本の裏表紙にレイレイのサインを貰う。すると、同じく当たっていた森川さんと魔竜王くんも貰いだして、まねっこ〜!
 妙にあっさりとライチーズは退散。普段宝塚の入り待ち出待ちをしているレイレイは、自分が出待ちされてどんな気分だったのだろうか?(笑)
 そして、は〜んさんからプレゼントされた百本の薔薇の花束を抱えたゆーちゃんが、満を持して登場。美奈子様と貞方さんも一緒だ。由紀さんがいないと思ったら、ライチーズに群がっている間に、さっさと逃げられていたらしい(^^;
 ライチーズは暗がりの方で捕まえてしまったので、ゆーちゃんと美奈子様は、建物からの明かりの届く方に誘導(笑) ふぅ、こっちだと何とかシャッターが切れるな。でも、強風で髪がぼさぼさ(^^;; 
 そして、撤収。撮影終わるの待って話そうと思ってたら、撮影だけで終わっちまったぞ、おい(^^; まいっか、明日もあるし。
 というわけで、「おつかれさまでした〜」。こうして、長い長いハレルヤ初日(笑)は終わったのであった。

 余談。
 その後、OFF会をしようと飲み屋を探すが、どこも満席か閉店間際。まだ22時だったのだが、ラストオーダー22時半っていうのは早すぎじゃないかい?(^^;
 結局、ラーメン屋にてOFF会だったのであった(笑)

 余談2。
 帰ってからは、いつものようにインターネットにてチャット。
 長岡にいるかーしまさんに「楽しかったよー(^^)」「来れば良かったのにー」とみんなで散々自慢したら、夜中の2時だというのに来ることを決意(爆) そのまま、一路東京へと車を走らせたのであった(笑)
 では、明日会おう、かーしまさん!(笑)

*1: コントの内容は新作です。
*2: 脚本はゆーちゃん。
*3: ゆーちゃん言うところの「けーくんのお望みのもの」はこの曲だったらしい(^^; 「FOREVER DREAM」じゃなかったのか(^^;;
*4: バインダー式に、なんか笑ってしまう(^^;
*5: な、なぜにハングル?(^^;
*6: なお、申込書はハレルヤDMハガキであった(笑)
*7: な、なぜ、上半身裸なんだぁ!(爆)
*8: もちろん、客席からの拍手も惜しみない。
*9: うぐぅ(^^; とても文章では説明できん(^^;;
*10: その気持ちはよーくわかる(爆)
*11: 変なポーズのコウちゃんが笑いを誘う(笑)
*12: テンポが良くて笑えるが、訳わからん(笑)
*13: 仕事でギリシャに行っていたらしい。
*14: ってマンガもありましたなぁ。
*15: いや、あれは手をついてないからバク宙なんだが(^^;
*16: なお、天ちゃんはワインレッド。
*17: サイン入り。
*18: そのときゆーちゃんは「やれやれ」といった感じで苦笑してたよーな。
*19: 小林蕗。
DDTライブ ハレルヤ(昼の部)【概略】

日時:1999/10/03(日) 14:00
場所:アイピット目白(目白)

出演:橋本悠/宮沢天/音羽コウ/水無月直樹/葵凪沙/ライチーズ[美森麗/堀井千春/田辺志歩]
スタッフ参加:田口美奈子/加藤由紀

DDTライブ ハレルヤ(昼の部)【曲目】

01.タイミング〜Timing(ブラックビスケッツ)/橋本悠・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
02.Just think of tomorrow(佐々木真里)/橋本悠
--.ライチーズコント1/ライチーズ
--.橋本悠のなんたらかんたラジオ/橋本悠・ライチーズ
--.寸劇「しあわせになるために」/美森麗・堀井千春・田辺志歩・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
03.三日月の寝台(新居昭乃)/橋本悠
04.おジャ魔女カーニバル!!(MAHO堂)/ライチーズ
05.Get Wild(TM NETWORK)/音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
--.ライチーズコント2/ライチーズ
--.燃える男のコント/宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
--.橋本悠のなんたらかんたラジオ2/橋本悠・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
06.ジュリアに傷心(チェッカーズ)/宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
07.年下の男の子(キャンディーズ)/橋本悠・ライチーズ
08.bye-bye(ブラックビスケッツ)/全員
アンコール
09.Love Somebody(織田裕二 with マキシ・プリースト)/橋本悠・美森麗・堀井千春・田辺志歩・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙

DDTライブ ハレルヤ(昼の部)【記録】

 自室からアイピット目白への道中、ケータイでかーしまさんを捕まえ、目白駅で待ち合わせ。
 目白駅に着いたのは13時くらいだったか。改札を出たところで待っていると森川さんがやってきたので拉致(笑) さらに待っているとプレセペさんがやってきたのでやっぱり拉致(笑) そしてようやくかーしまさん登場。12時間前までは長岡にいた男だ(爆)
 4人で歩いてアイピット目白へと向かう。やはり徒歩5分では着かないと思う(^^;
 昨日の今日なので迷うはずもなく到着。ドアのガラス越しに、すでに誰かが中にいるのが見えたので、我々も中に入る。中にいたのはいしださんや魔竜王くんたちだった。早いなぁ。
 そして、かーしまさんを見つけた美奈子様の第一声。
「かーしま〜、もっと自制心を持とうよ〜」
 その呆れ笑いに爆笑(笑) 昨夜の内に、かーしまさんが上京を決意したことを密BBSに書いておいたのだが、すでにチェック済みであったらしい。
 というわけで、今日も昨日と同じように談笑。ベルトに黒ガムテープを通した由紀さんが「大道具さん」といった感じでカッコ良い(^^) 美奈子様の衣装は(*1)かなりアブナイ(^^;;
 そして開場。一体何人来るのか不安ではある(^^; 私は全然気付かなかったが、昨日より椅子の数を減らしているらしい。最前列は増えていたような気がするが(^^;
 昨日は舞台向かって右側を陣取ったので、今度は左側で見ることにする。が、席を確保したらすぐに上に戻る(笑) 森川さんはもうすでにいるし〜(^^;
 そして、やっぱりほとんどのダメ人間が集まってきて(^^;、開演の時まで歓談を続けたのであった。

 開演が間近となって、下へと戻る。椅子を減らした効果もあってか、それなりに席は埋まっている。我々だけという寒いことにはならずに一安心(笑)
 幕開けはもちろん、「GOLD FINGER'99」……じゃなくて、「Livin' La Vida Loca」。ゆーちゃんの冒頭アナウンスも含め、もちろん昨日と同じ構成だ。
 というわけで、舞台内容についてはあらかた省略(^^; 違う部分だけピックアップしていきます。

 「タイミング〜Timing」の後の最初のMC。
「初めての方が多いかとは思うんですが……」
 そこでお約束とばかりに手を挙げて振ってみせたら、
「初めてじゃない方もこちらにいらっしゃいます。いつもありがとうございます(笑)」
 うまく返された(笑)

 「Just think of tomorrow」。
 前奏のときに「ゆーちゃん」コールをは〜んさんの音頭で入れることにして、いざは〜んさんが音頭取りに「悠〜〜〜!」と叫んだら(*2)、ゆーちゃんが思いっきり照れていた(笑)

 なんたらかんたラジオ。
 紹介時に愛称を叫ぶのはいつものこと(笑)
「ライチーズは登場時のあいさつはないの?」
 ゆーちゃんからの質問。
「遊星王女は、“森谷密で〜す”“橋本遊で〜す”“私たちが遊星王女で〜す!”って挨拶があったんだけど」
「写真撮るときは、“ライ、チーズ”って決まってるんですけど〜(笑)」
 とのレイレイの返事に、次までに作っておきなさい、とゆーちゃんの命令が下る(笑)
 そして、昨日の(帰り際の談笑時での)予告通り、今こそ「DDT」の謎が解明される!
「DDTって何だと思う?」
 ゆーちゃんからライチーズに質問。
 レイレイ、「ダンス・ダンス・田辺志歩」。何じゃあ、そりゃあ!?(^^;;
 ちーちゃん、「デリシャス・ディナー・タイム」。むぅ、鮫掴風。
 しほりん、「デンジャラス……」と言いかけたところで、何がツボにはまったのか、ちーちゃんが吹き出す。それを相手している内に、何を言おうしていたのかすっかり忘れてしまっていたしほりんなのであった(^^;
 そして、いよいよ本命……というか、名付け親のゆーちゃん、「ドッキリ・ドキュメント・チーム」。「すばらし〜(^^)」とライチーズの3人が感嘆の声を上げたら、「いいのか、そんなんで(^^;」。って、ゆーちゃん自分で言ったんじゃん(^^;
 というわけで、結局DDTとは何かわからないままに(^^;、プレゼントコーナーへ突入。
 しほりんは、また何やら紙袋。
 ちーちゃんは、今度は男物の靴下を女性に当てていた(笑)
 レイレイはキティちゃんグッズだったか。「サンリオの回し者」発言が客席から飛び出す(笑)
 そして、ゆーちゃんのプレゼントを当てたのはOGHIさん。「燃えよドラえ○ん」のプリクラノートに貼られたプリクラを1枚、ストロボに貼ってもらっていた。このプリクラ、何とも珍しく、裏表逆という代物。また、これだけではあまりにもあまりということで、後で別のをもう2〜3枚くれるらしい。なお、ゆーちゃんが「プリクラ撮ったことがない人?」と聞いてきたので手を上げたら、レイレイが物凄〜くびっくりした顔をしていた(^^; でも、見回してみたら、少なくはない人数だったぞ。男はあんまやらんよなあ(^^;

 「おジャ魔女カーニバル!!」。
 コールを入れてみた。ライチーズ、ちょっとびっくり(笑) 今日の朝4時までかかって作った代物だ。
 しかし、ライチーズ、歌ってる歌詞が違〜う!(^^; それでも3人揃っていたから、誰かが順番等を間違って揃わなくなるのを防ぐために、サビの部分は1番も2番も1番の歌詞で統一したんだと思う(^^; しかし、それに焦った私は、ライチーズの歌詞とも本来の歌詞とも違うコールを入れてしまったぞ(^^;;
 でも、自作のコールを思い切り入れれたので、満足満足(笑)

 ライチーズコント2。
「それで、私たちが出会ったんですけど――」
 コントの間のフリートークパート、昨日の最後で「この続きは明日(笑)」で締めたと思ったら、本当に続きから始まって笑った(笑)
「そして、遊星王女ライブに出たんですが、どうでしたか?」
 別に客席に振った質問ではなかったのだが、隣のいしださんにボソッと「拍手出来ねぇ(^^;」と感想を漏らしたところ、
「なんか、拍手出来ないというお声が上がっていますが(笑)」
 しほりんに拾われて焦った(^^;;;
 面白くないってことじゃなくて、拍手する間がないってことなんだけどなぁ(^^;;<フォロー(笑)
「そして、遊星王女ライブでデビューして、その後旅立ちました(笑)」
 そこで客席から笑いが漏れる(笑) 旅立ちねぇ(^^;
「それから丸々2年、その間何をしてたか気になりますよね?」
 うんうん、と頷く。
「しほりんはコンビニでアルバイトしてたんですけど、それがしほりん一人しか店員がいないんですよ。それで、ちーちゃんと私で遊びに行ったんですけど、監視カメラとかある部屋に通されちゃって、こんなとこにいて店長とかが帰ってこないかドキドキで(笑)」
 その上、しほりんが売り物のジュースを持ってきたり、売り物のマンガを持ってきたりで、始終ドキドキしっぱなしだったらしい(笑)
「ねえ、なんで私だけ暴露するの?(^^;」
 しほりんからクレームが上がり、暴露話はこれにて終了(笑)
「そして、今日となったわけですが」
 は、早いぞ(^^;; 他の2人は何やってたんだ?
 と質問してみたところ(笑)、
「その話に全てが凝縮されているんです(笑)」
 だそうだ(^^;
「まさか、ライチーズが蘇るとは思いませんでしたね〜」
 とはちーちゃん。
「しかも、出番多いよね〜(^^)」
 といった辺りで、コントへと戻る。

 なんたらかんたラジオ2。
 燃える男たちにもDDTの意味を聞く。
 最初はなぎっちに尋ねたゆーちゃんだが、なぎっちが答えられない間に、
「そういえば、コウちゃんはパンフに書いてたよねー」
 という話になり、以後なぎっちは忘れられることに(^^;
「ええ、土橋・ドッヂボール・チームでDDTです」
 燃える男たち4人が土橋ドッヂボールチームなので、ゆーちゃん+ライチーズの4人も何か名前をつけて、そして対戦しなければいけないらしい(笑)
 みなっぺのDDTには大ウケ。「ダイナミック・ダイクマ・立川店」(笑) しかし、立川店は存在しないという噂も(^^;;
 で、何故か天ちゃんには聞かずに、プレゼントコーナー。
 なぎっちはまたまたサイン入りDMハガキ。……安い(ぼそ。
 みなっぺはまたまたムームー星人。しかも今度のは眉毛がついている(笑) 一体いくつ持ってるんだ?(^^; そして、引いたくじが4番。昨日引いたのも4番だったぞ(爆) しかし、残念ながら今回の私は4番ではない。今回の4番はなんと森川さん(笑) よかったね〜(^^)
 コウちゃんはまたまた袋一杯の景品で、やっぱり荒らしだ(笑)
 天ちゃんは、昔某事務所にいたころ、その近くの店でバイトしていたときに買った木彫りのクマ。木彫りのクマと聞いてゆーちゃんは、北海道土産によくある鮭を抱えたクマだと思い込んで焦っていたらしいが、実際は小さな小物だったので一安心(笑)

 「bye-bye」。
 今回は天ちゃんがムームー星人を持って暴れなくて残念(笑) でも、下に降りたときに蹴飛ばしていたけど(笑)

 アンコール。
 は〜んさんが「アンコール!」の掛け声を入れる間もなく、即座に「Love Somebody」の曲が流れ始める。は、早すぎ(^^; これでは全然アンコールなどではない(^^;;

 というわけで、今回も見所満載で終幕。やっぱりさっさと上がっていくと、やっぱりすでにゆーちゃんがいた。もちろん美奈子様も。そして、何故かさっとんさんまで(笑)(*3)
 ゆーちゃんとはさっそく拝み握手。やはり、苦笑いされるというか、呆れられるというか(笑)
 美奈子様の方へ行くと、またレイレイ本が当たっていたようなので購入。ぬいぐるみは当たらんなぁ(^^; 無差別に全部応募してるのではなくて、気に入った1つにだけ応募してるからダメなんだろーか。
 今回は人が少ないので、ゆーちゃんも暇そう。というわけで、久々にサインなんか貰ってみたるする。しかし、普通のサインはすでにゲット済みなので、
「サイン以外下さい(笑)」
 と頼んだら、似顔絵を描いていただきました(^^)
 そんなこんなでしばらく歓談。ゆーちゃんがいなくなっても、美奈子様と散々話す(笑) こんなにゆっくり話したことって初めてじゃないかなぁ。
 そして、千秋楽の受付の準備があるからということで、16時ちょっとすぎくらいだったか、撤収〜。

 千秋楽の開演は18時。それまで時間があるということで、ちょっと腹ごしらえ。魔竜王くん一派はマックに行くらしいので、さっとんさんといしださんと私の3人はケンタにする。大人数でぞろぞろ行って席がなくても面倒だし。
 残念ながらかーしまさんは千秋楽を見ずに帰ってしまうらしい。
「後悔するぞ〜(笑)」
 などと煽ってみるが、さすがにそれを自制する程度の自制心は残っていたらしい(笑)
 チキンカツバーガーを頬張っていると、arachinさんから電話。浮気が終わって、アイピット目白前に到着したところだとか。
 時計を見ると17時。ちょうどいい時間だったので、私たちもアイピット目白へと戻ることにしたのであった。

DDTライブ ハレルヤ(夜の部)【概略】

日時:1999/10/03(日) 18:00
場所:アイピット目白(目白)

出演:橋本悠/宮沢天/音羽コウ/水無月直樹/葵凪沙/ライチーズ[美森麗/堀井千春/田辺志歩]
スタッフ参加:田口美奈子/加藤由紀
客参加:森谷密

DDTライブ ハレルヤ(夜の部)【曲目】

01.タイミング〜Timing(ブラックビスケッツ)/橋本悠・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
02.Just think of tomorrow(佐々木真里)/橋本悠
--.ライチーズコント1/ライチーズ
--.橋本悠のなんたらかんたラジオ/橋本悠・ライチーズ
--.寸劇「しあわせになるために」/美森麗・堀井千春・田辺志歩・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
03.三日月の寝台(新居昭乃)/橋本悠
04.おジャ魔女カーニバル!!(MAHO堂)/ライチーズ
05.Get Wild(TM NETWORK)/音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
--.ライチーズコント2/ライチーズ
--.燃える男のコント/宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
--.橋本悠のなんたらかんたラジオ2/橋本悠・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙 with 森谷密
06.ジュリアに傷心(チェッカーズ)/宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙
07.年下の男の子(キャンディーズ)/橋本悠・ライチーズ
08.bye-bye(ブラックビスケッツ)/全員
アンコール
09.Love Somebody(織田裕二 with マキシ・プリースト)/橋本悠・美森麗・堀井千春・田辺志歩・宮沢天・音羽コウ・水無月直樹・葵凪沙

DDTライブ ハレルヤ(夜の部)【記録】

 アイピット目白前で、浮気してきたらしいarachinさんとかじゅくんと合流。中を覗いてみると、タレントさんも何人か上がってきていて、入っていいものなのか悩んでしまう。そうこうしている内に魔竜王くんたちも戻ってきて、中へと突入。
 いつものように談笑モード。う〜ん、ここ2日は充実した日々だ(笑)
 開場後に席を確保し、毎度の如く上でダベっていると、なんとひーちゃん登場! な、懐かし〜(T^T) 元気そうで何よりだ(^^) 髪を伸ばして黒いシックな洋服にヴィトンのバッグを下げたりなんかして妙に女っぽくなってはいたけれど、
「ひーちゃん、元気してた〜?」
「うん、元気だよっ(^^)」
 おお〜、紛れもなくひーちゃんだっ(笑) どきどきどき。どーしていいものやらわからん(^^; いや、周りの皆は色々と煽ってくるんだけれども(^^;;
 ふと、ひーちゃんの後ろに目をやれば、一緒に来たらしい二人も懐かしい面々。
 受付を済ませると、貞方さんがひーちゃんたちを地下へと連れていってしまう。それを追いかけるかじゅくん(^^; 何も後を追わなくても、と思ったが、かじゅくん一人を行かせるのも危険なので(笑)、その後に続く私(^^; 結局、その後ろにみんな着いてきていたみたいだけど(^^;;
 ひーちゃんたちは最後列に陣取っていた。私はもちろん最前列だ。何せ整理番号は4番。
 ひーちゃんの前の席、空いてるんだよなぁ……。
 とか思ってはみるものの、それで何か行動を起こすほどのダメ人間ではない(^^;
 あ、誰か座った……。でも、後ろの通路に立っているって手もあるよなぁ……。
 とも思ってはみるものの以下略。
 ここぞとばかりに、周りのダメ人間供は散々に煽ってきましたが(笑)
 とりあえず、開演まではずっと後ろを振り向いて、ひーちゃんを眺めていた私なのでありました。う〜ん、なんて慎ましい(笑)

 開演。
 公演内容についてはほとんど一緒なので、やっぱりあらかた割愛。
 まずは、「Just think of tomorrow」から一幕。前奏でのゆーちゃんコールに加え、間奏でもは〜んさん作成の口上コールが炸裂! ゆーちゃん、照れ笑いしてたなぁ(笑)

 お次は、橋本悠のなんたらかんたラジオのプレゼントコーナーより二幕。
 arachinさんが、誰かのプレゼントが当たったときに、ゆーちゃんに「えろちーで〜す(笑)」と公表されたのには笑った(笑) 着々と「えろちー」は浸透してきているようで(笑)
 また、ライチーズのプレゼントが終わり、ゆーちゃんの番。今回のプレゼントは再びタッくんテレカ。いや、前回からゆーちゃんはライターを上げたかったらしいのだが、煙草を吸う人に当たらなかったのだ(^^; そのテレカを当選者に渡し際に、
「ごめん、相棒。勝手に上げちゃって(笑)」
 最後列に座っているひーちゃんに謝るポーズ。ひーちゃんも手を挙げて応えていたが、一番びっくりしたのはライチーズだったようで、ひーちゃんをマジマジと見つめていた(笑) レイレイに至っては、ゆーちゃんがプレゼントを渡している間に、舞台と客席最後列の距離で身振り手振りで会話してたし(笑)

 そんなライチーズの続き物MC(笑)の内容も、もちろんながら違う。
「何か質問ある方〜?」
 とりあえず、ライチーズ結成からハレルヤに至るまでを話し終えたので質問を募ったのだが誰もなし(^^;
 というわけで、メンバーの他の二人より勝っている部分を発表しあうことに。
「仲間割れになりそう(^^;」
 と言いつつも、そんなしほりんからスタート。
「私は、料理ですかね〜」
「おお〜」
 それにはレイレイもちーちゃんも反論出来ないようだった(笑) なんでも、お父さんが寿司屋でお母さんが定食屋をやっているらしい。
「で、両親が家にいないから自分で作ってたんだよね」
「そこまで言わなくても(^^;」
 今度はちーちゃんにプライベートを暴露されまくるしほりんなのであった(^^;
 そのちーちゃんは、「車の免許」。これも、レイレイとしほりんは免許を持ってないので反論できないらしい。
 そして、最後はレイレイ。
「私は……エバリ具合?(笑)」
 爆笑(笑) 確かにそれは他の二人には負けないだろう(笑)
 そういえば、昼の公演のMCで、こんなやりとりもあったなぁ。
「誰かが言えば、それに従う(笑)」
 ライチーズの特性を上げたそのレイレイの言葉に、しほりんが
「誰かって、あなたでしょ」
 と返すと、
「後で裏でね」
 舞台裏を示したレイレイ。こ、こえぇ(笑)

 橋本悠のなんたらかんたラジオ2のプレゼントコーナー。
 なぎっちのプレゼントは相変わらずのサイン入りDMハガキ。さすがにそれだけでは安っぽいと思ったのか(笑)、今回はそれにクマの小物付き。かじゅくんが当たっていた。
 みなっぺ。3つめのムームー星人かと期待していたのに違っていて残念(^^; でも、やっぱりふくらまし人形だったけど(笑) そういえばみなっぺといえば、くじを引いて番号を読むときに必ず「○○県○○市の――」とボケをかましていた(笑) しかも、三回とも住所が違う凝りよう(笑)
 コウちゃんは、やっぱりクレーンゲーム景品詰め合わせ。しかも今回は最後なので大入りらしい。
「え〜と……4番です」
 あ、当たった(笑) う〜む、4番のくじって3公演とも当たってるぞ(^^;
「あ、は〜い」
 おずおずと手を挙げると、なぜか舞台上では笑いが起きる(^^;
「この方はですね、全公演に来て下さっていて、昨日もプレゼントが当たっていたんですよ」
 ゆーちゃんが、その笑いの理由を説明。
「他の人に譲るとかしてもいいんですよ?(笑)」
 表面上は笑顔のゆーちゃんだが、それってどう考えても「他の人に譲れ」と言っているような(^^;; もちろん、私ごときの人間が、それに抗うことなど出来るはずもない(笑)
「他の人に譲りますんで、どーぞ(^^;」
「本当にいいんですか?」
「はい、いいですよ」
 というわけで、人のお役に立った私なのでありました(笑)
 続いての天ちゃんのプレゼントは何だったかなぁ。覚えてない(^^;
 そして、最終公演だということで、今回は特別にゆーちゃんからももう一度プレゼント。
「おや? 森谷って書いてますよ?」
 箱から引いたチケットの半券を見ながら、そう笑うゆーちゃん。実際には書いているはずがないのだが、なんだかんだ言いつつ、ひーちゃんを舞台上へと引っ張り上げる。おおっ、これは嬉しい。私の席は左側だったので、二人はほぼ正面だ(^^)
「舞台で会うのは久し振りですね(笑)」
「そうですね(笑)」
 そこで展開されたトークは、紛れもなく「遊星王女」のものだった。懐かしさに目許うるうる(T^T) しかし、ひーちゃんばかり見つめていたので、会話の内容はあまり記憶になかったりして(^^;;

 そして、ラスト曲「Love Somebody」でも、は〜んさん作成のコールを入れる。は〜んさんも、盛り上げようと色々と頑張ってるよなぁ。サイリウムもみんなに配っていたし(*4)
 そして歌い終わると、これまたは〜んさんが配っていたクラッカーが一斉に鳴らされる。揃うかどうか不安だったが、それなりに揃ったようだ。
 しかし、その後、ライチーズ&燃える男たちからゆーちゃんに「おつかれさま」とのメッセージが入り、鳴らすタイミングはこっちの方がよかったかもしれない(笑) でも、ここでそんなことをやるとは思っていなかったからな〜(^^;
 でも、2日間3公演、本当におつかれさまでした、ゆーちゃん。

 終演後はやはりさっさと上へ。やっぱりゆーちゃんは早い(^^;
「おつかれさまでした〜(^^)」
 もちろん美奈子様もいる。抽選グッズは、今回は何も当たっていなかったようだ、残念。レイレイ本3冊目を狙っていたのに(笑)
 少し経つとひーちゃんが上がってきて、ゆーちゃんとの会話に花を咲かせている。うぐぅ、割り込めん(^^; それと同時にアンケートも書いていたりする器用なひーちゃん。「今日のお目当ては?」には「田口美奈子」、「何が良かった?」には「受付」と、やっぱり久々に見たひーちゃん字で書かれていた(笑)
 さて、その様を横から写真を撮ろうとしている健人さん。ひーちゃんの視線が欲しいらしい。そこで、ちゃっかり横にいたりする私がひーちゃんを呼んでみるのだが反応なし(^^; 二の腕をちょんちょんと叩いてみても反応なし(^^;; ゆーちゃんとの会話に熱中しすぎー!(^^;;; 結局、振り向かせることは出来なかった(^^;
 そして、ひーちゃんたち撤収。お見送りでさっとんさんだかが「またねー」と言ったらそれに応えていたなぁ。もしかして復活!?(笑)
 中に戻ってきて、「そういえば」と思い出したものをゆーちゃんにせびってみる(笑)
「プレゼント当たったんだから、代わりにDMハガキ下さいよ〜(笑)」
 それには、珍しくゆーちゃん快諾(笑) やはり、悪いと思ってたんだろーか? となると、図に乗るのが私である(^^;
「プリクラも下さい(笑)」
 これにも快諾(^^) ただ、ハガキもプリクラも今手元にないので、後でということ。もちろん出待ちもするので全然OK(笑)
 そうこうしていると、は〜んさんが階段下から戻ってくる。終わってから結構な時間が経っていると思うのだが、今までずっと下にいたのだろーか?
 さて、は〜んさんは今回もぬいぐるみを当てたらしい。
「私、1つも当たらなかったですよ〜?」
 ゆーちゃんに愚痴ってみる(笑)
 それに反応してきたのは、抽選係の美奈子様。
「けーくん、ぬいぐるみに応募してたっけ?」
 毎回、とりあえず1つに的を絞って応募してたりした。どれでもいいから当たれ、っていうのは、なんか愛がないじゃん(笑)
 で、は〜んさん、今回当てたことで、計5つのぬいぐるみを取得。本当は1公演1個限定だったような気がするが(^^;
 すると、美奈子様とゆーちゃんが、
「1つ、けーくんに譲ってあげなよ〜」
 と嬉しいことを言ってくれる(^^)
「でも、一つ一つ表情が違うし……」
 しかし、どうしても譲りたくないらしいは〜んさん。心底嫌そうなのが、よーくわかる(^^;
「は〜んさんが当てたんだから、いいですよ(^^;」
 さすがに、嫌がるは〜んさんから奪うというのも後味が悪い(^^;;
 そして、後片付けがあるというので、表へ。かじゅくんやは〜んさんが、案内用の張り紙を剥がして持って帰っていた。ああ、ダメ人間(^^;;

 出待ちは昨日と同じく目白通り側で。
 なぜか、一度も舞台を見ていないKIRARAさんがやってきていた。浮気の帰りらしい。出待ちだけしようだなんて、なんてふてぇ野郎だ(笑)
 スタッフはもちろんタレントも機材等の搬出で、目の前を行ったり来たり。車が目白通りに停めてあるからなのだが、アイピット目白の横に停めることって出来なかったのかな? 台車を使ったりでなかなか大変そう。手伝おうかとも考えたのだが、どうせ断られるだろうし、言い出す方が却って邪魔になりそうだったので、迷惑をかけないようにただ黙って見ているだけ。
 しばらくすると、美奈子様がゴミ袋に詰められた花を運んでくる。
「ごめんね〜」
 ものすごく申し訳なさそうな美奈子様。
 どうやらフラワースタンドの花をこうしてしまったことを申し訳なく思っているらしいけど、もともと公演終了後は捨てられるものだと思っていたから、そこまで低姿勢になってもらわなくても(^^;;
 客が帰るときに花束にして配る、という手もあったと思うのだが、会場側から急にゴミは全て持ち帰ってくれと言われたため、それも出来なかったんだとか。
 そんなこんなで、昨日より1時間早く終わったはずなのだが、昨日とほぼ同じ時間にようやくタレントたちが出てくる。やっぱり男性陣は捕まえない(^^;
 まずは、美奈子様とライチーズ。写真を撮ろうとしたものの、やっぱり暗くて撮れない(^^; とりあえず、ちーちゃんにサインを貰う。「ッア〜イ!!」等の鮫掴涼がツボにハマって、ポイント急上昇なのだ(笑) すると、サインには「ッア〜イ!!」とか「ヨウヨウヨウ」とか決め台詞が書かれているし(笑)
 続いてレイレイ。
「2冊目買ったよ〜(笑)」
 というわけで、レイレイ本にまたサインを貰う(笑)
 そして、早々にライチーズが去っていくと、ゆーちゃん登場。
「ゆーちゃん、おつかれさまでした〜」
 花束を渡すと、ゆーちゃんびっくり。そんなに私が花束を渡すのは意外だろーか?(^^;
「でも、買ったのはは〜んさんなんですけどね(^^;」
 まあ、実際、そういうわけなんですけどね(^^; 黙っているのは後味悪いので、あっさり自白。しかし、ゆーちゃんはノリがいい……というか、意地悪?(笑) 私の隣にいたは〜んさんをあからさまに無視して、
「ありがとうございます〜(笑)」
 私にお礼。もちろん、その後にはきちんとは〜んさんにもお礼を言ってましたけどね(笑)
 その後はやっぱり撮影会(^^; う〜ん、あんまり撮れん(^^;;
 そして、美奈子様共々SHOWMAN'S号に乗って、去っていったのでありました。
「ばいば〜い!」
 去り行く車に手を振ったのは、久し振りだったよーな(笑)
 皆さん、おつかれさまでした。

 余談。
 その後は飲み会に突入。村さ来等、何軒かの店が満員のため入れず、結局やるき茶屋に決定。中に入るなり、
「あれ? 貞G」
 貞方さんを発見してびっくり(^^; どうやら今日はここで打ち上げらしい。は〜んさんは昨日も一緒だったらしいが、よくよく縁がありますねぇ。ストーカー?(笑)(*5)
 この店では店員のにーちゃんがめっちゃ面白かった(笑) まず、ピカチュウだったのか黄色い着ぐるみパジャマを着ていたことが笑えるし(*6)、オーダーして品切れでも、
「オヤジがおみやげに買って帰りました」
「じーさんがそれ食って死にました」
 そうやって笑わせてくれるので、腹も立たない(笑) そういえばラストオーダーのとき、は〜んさんが5〜6度品切れになって、にーちゃんと遊んでたな(笑)
 そして、何か店の案内を送るというので代表者の住所等を聞かれる。その辺はは〜んさんに任せ、さてこのグループの名前も必要らしい。コースターの裏に住所等を書き込んでいたは〜んさんだが、グループ名は空白。そこで私が「は〜んと9人の御主人様」と埋めてあげましたとさ(笑)
 最後は美奈子様がお見送りに来てくれた(*7)。ほんのりほろ酔い(^^) わざわざありがとうございましたぁ。

 こうして、「DDTライブ ハレルヤ」は終わったのであった。
 で、結局「DDT」って何なの?(^^;

*1: 胸元が開いていて谷間が見えるので
*2: 「せ〜の」の方が良かったんじゃないだろーか(^^;
*3: 会社関係の試験のため、この回は来れなかったらしい。
*4: 3公演共は〜んさんに貰ってしまった(^^; ありがとうございます〜。
*5: この店を決めたのは私たちなので、は〜んさんは一切関係ないんですけどね(^^;
*6: 店員全員なわけではなく彼だけ。美奈子様が対抗心燃やしてたなぁ(笑)
*7: 電車の都合で先に帰ってしまった森川さんが見られなくて、後で悔しがっていたなぁ(笑)
朝倉薫演劇団本公演 深い霧のホテル(夜の部)【概略】

日時:1999/10/16(土) 19:00
場所:オリベホール(六本木)

出演:桜井智/横山智佐/竹中伸一郎/岩瀬裕二/武藤秋人/浅野純子/犬飼克彦/根本ヤスコ/北原マヤ/里見はるか/新貝文規/小代恵子/他

ビュージェニック(BG)撮影会(1部)【概略】

日時:1999/10/17(日) ??:??
場所:哲学堂公園(中野)

出演:桃井マキ

ビュージェニック(BG)撮影会(2部)【概略】

日時:1999/10/17(日) ??:??
場所:哲学堂公園(中野)

出演:阿部恵理

ビュージェニック(BG)撮影会【記録】

 3回目にして初の屋外(*1)。えりちん撮影会には皆勤賞(笑)(*2)
 たまには違うモデルさんも撮ってみようと思って1部の桃井マキさんにも申し込んでみたのだが、いきなり遅刻ですか(^^; で、小屋みたいなところでサイン貰ってたら、次のえりちんが始まっちゃってるし(^^;;
 んー。えりちんは水着の方がいいかなあ。あのナイスバディを隠すのはもったいない(笑)

*1: あれだけ屋外で撮ってみたいと言っていたいしださんが何故いない(笑)
*2: って、今日も3部は出ないんだけど(^^;
SHOWMAN'S GALACTIC SPECIAL【概略】

日時:1999/10/26(火) 19:00
場所:渋谷クラブクアトロ(渋谷)

出演:田口美奈子/加藤由紀/並木のり子/橋本悠
スタッフ参加:西崎理乃/岡本絵莉

SHOWMAN'S GALACTIC SPECIAL【曲目】

01.Galaxy of Love(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠
02.進め!ギャラクティックライダー(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠
03.スピナー(オリジナル)/加藤由紀・橋本悠
04.アンゴルモアの夜は明けて(オリジナル)/田口美奈子・並木のり子
05.もしも君が(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠
06.ガガガGINGA!(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠

SHOWMAN'S GALACTIC SPECIAL【記録】

□いぢめる?
 平成11年10月26日火曜日、平日。もちろん仕事だ。17時半ちょい過ぎ、定時で仕事を上がり、トイレで背広から私服へと着替える。やはり、背広でライブというのはあまり体験したくない(^^;
 渋谷着18時15分。まずは東急ハンズに寄ってサイリウムを3本購入。色はゆーちゃんカラーということで青にしておく。やはり、これがないとライブは始まらない(笑)
 開場の18時半ギリギリにクラブクアトロに到着。パルコの4階だ。エスカレーターで上っていくと、すぐにいしださんと千村さんを発見。開場してはいるが、入ろうかどうか悩んでいるらしい。いすけさんとなかぞのさんも来ていた。
 う〜む。入口前からすでに結構な人込みだ。さすが2バンドだけだった前回とは違うなぁ(笑)
 貞方さんが入口脇に立っていたので挨拶。今日はきちんと5バンドいるらしい(笑)
 その後、いしださんたちとしばらく話していたが、折角来たんだから他のバンドの歌も聞いてみようということで、入場することに。
 そしたら、入場するとき貞方さんに、
「西崎(呼び捨て)が“けーくんにいじめられる〜”って泣いてたぞ〜(笑)」
 とか言われた(^^;;
 うぐぅ。いぢめられてるのはこっちだい!(^^;
 ライブホールのある5階へと階段を登っていき、中に入る。こちらもかなりの人込み。これが同じクラブクアトロだとは思えないな(笑)
 とりあえず、今日は5バンド中4バンド目だということで、SHOWMAN'S――いや、参加バンド名は「GALACTIC」だったか(笑) のりりんがいるからSHOWMAN'Sではないのかな。だったら、SHOWMAN'S+1とかにすれば面白かったのに(笑)――の出番は20時45分頃らしい。
 最初から前に陣取っていても意味はないし、その余地さえない。というわけで、我々GALACTIC応援隊は、とりあえず後ろの方で大人しくしていることに。
 開演を待っている間にも、続々と面子が集まってくる。最終的には十数人は集まったのだろうか。平日だというのにお疲れ様です(笑)
 そして、まあ、多分、予定通りの19時くらいに(*1)、一組目のバンドのステージが始まった。
 よーわからんが、どうやら「AC BLANDISH」というバンドらしい。今日がデビューライブらしいが、すでにファンがいるのはどうしたわけか(笑)
 とりあえず、最後まで聞いてみたが、感想は「悪くない」。まあ、比較対象は「あの」ハンサムハリーだけど(笑)
 ステージ上では次のバンドの準備が始まっている。OGHIさんが下に降りていったので、私もその後を追うようにして下へ。すると、森川1号さんが来ていて、24日の美奈子様撮影会の写真を広げていたので、見せてもらう。う〜ん、かなりどころか、めっちゃいい出来すぎる。行けば良かったかなぁ。ちょっと後悔(^^;
 ふと、表の受付の方を見やると、りのりん発見! テレパシーが通じたか(笑)、こっちを向いたので指差してみたら、手を振ってくる。おお〜、認識されてるなぁ(笑) もちろん手を振り返す(^^)
 その後は結局GALACTICの出番まで、下で森川さんたちとダベっていた。3組目が始まったときに少し戻ってみたのだが、あまりの大音量にちょっとついていけなかったのだ(^^;

 というわけで、20時半頃に中に戻ると、もうすでに3組目の撤収は終わっており、とっくにみんなは最前列に陣取っている。は、早いなぁ(^^;
 ゆーちゃんのポジションは右側だろうと踏んで(*2)、右側に陣取ることにする。右から3番目、千村さんとOGHIさんの間に割り込みっ(^^;
 ステージ上では、新バンドのセッティングが行われている。どうやら、「GALAXY POLICE BAND」と命名されたらしい。
 ふと後ろの方が騒がしくなったなー、と思ったら、貞方さん、りのりん、えりりんたちが入ってきたからのようだ。その後ろにはスナさんとルリールさんの姿も見える。
 ダメ人間供がみんな一斉にそちらに動き始めたので、
「みんな、節操ないなー(^^;」
 と言いつつ、自分も向かっていたりする(^^;;
 スナさんには、入場時に挨拶を済ませていたので、まずはりのりんに挨拶。
「りのりん、いぢめないでよー(笑)」
「いじめられてるのは私ですよー!」
 全然挨拶になってないような気もするが、まあいいだろう(笑)
 続けて、えりりん。
「えろちーさんがよろしく言ってましたー(笑)」
 そういえば品川駅についたときに、仕事中のえろちーさん(*3)から、えりりんによろしくと電話がかかってきていたんだった(笑)
「arachinさん、ですよね……?」
「いや、えろちーです(笑)」
 やっぱり、こういうことは正しく教えとかないと(笑)
 そして、ルリールさんに挨拶。
「お仕事おつかれさまでしたー」
 ルリールさんも、少なくない会社帰り組らしく、スーツ姿のままだ。
 その後、りのりん、えりりんと話していたら、「そろそろ始まるぞー」と貞方さんに追い立てられた(^^;
 というわけで、前に戻ったものの、後ろがガランとしているなぁ(^^; 最初は結構な数のお客さんがいたのだが、三組終わる間にほとんど帰ってしまったらしい。前の方に我々が陣取り、次のバンドのファンなのか十数人の残った人たちは、後ろや横の方で椅子に座って見ている。中央が空洞化するわけだ。
 そんなことを思っていたら、りのりんとえりりんが後ろからこっちの方へとやってきた。前で見ることにしたらしい。さっそくは〜んさんがサイリウムを渡している(笑) って、私も買ってきていたにも関わらず貰っていたりしましたが(^^; 2人はピンクをご所望らしく、喜んで貰っていた。折ったら明るくなる旨教える。まあ、普通は使ったことないだろうなぁ(笑) 
 始まるまでの待ち時間、魔竜王くんが2人に名刺を渡していた。その名刺を見たりのりん、
「ああ、あなたが竜魔王さんですか〜」
「魔竜王ですけど……(^^;」
「あ、ごめんなさ〜い(^^; 竜王さんでしたっけ(^^;;」
 だから、「魔竜王」だってばさ(笑)
 そんなこんなで盛り上っている中、いよいよBGMが鳴り止み、周囲がしーんと静まり返った。
 20時55分。さあ、始まりだ!

□跳べ! 叫べ!
 キーボードから始まる。そこから流れ出たメロディは「Galaxy of Love」。次第に、ギター、ペース、ドラムにも広がっていき、曲を形作っていく。
 そして、4人が登場! 左から、のりりん、美奈子様、由紀さん、ゆーちゃん。お揃いの衣装が、ふわふわもこもこで可愛い(笑) ノースリーブの上着に、それとお揃いのアームウォーマー。色は、のりりんがピンク、美奈子様がベージュ、由紀さんがホワイト、ゆーちゃんがオレンジ。下はそれぞれめいめいだったようで、のりりんはミニスカート、美奈子様と由紀さんは皮ズボン、ゆーちゃんは脛ぐらいまでのズボンだった(*4)。色は黒で統一。十字架だかのペンダントもしていたような気がするがノーチェック(^^;
 おーし、やっぱりゆーちゃん右側。ほぼ真正面だ(笑)
 4人で「Galaxy of Love」を熱唱。コールにも力が入る。
 続けて「進め!ギャラクティックライダー」。掛け声の「YUKI!」の部分で客席を煽るのりりんのポーズが可愛いなぁ(^^) おかげでこっちも何の気兼ねもなく「YUKI!」と叫ぶことが出来た(笑) やっぱり、客席盛り上げるのは、のりりんが一番うまいなぁ。
 歌い終わった後は、MC。まずは自己紹介から。のりりんは今回初登場で、他の3人はもちろん2度目。
「前回、今まであんな格好でステージに上がった人はいない、って言われてしまいまして(^^;」
 うーむ、本当に伝説を作っていたのか(笑)
 そして、右側2人が「正義の味方」チーム、左側2人が「悪の女王様」チーム(*5)という話になり、ということは、次の曲はあれか。と思ったら、案の定。「スピナー」と「アンゴルモアの夜は明けて」を続けて歌うらしい。
 というわけで、美奈子様とのりりんは一旦さようなら〜。ステージ上では由紀さんとゆーちゃんが中央に移動しつつ、場所交代。ゆーちゃんが左側になる。
「ああああ、ゆ〜ちゃ〜〜〜ん!」
 思わずOGHIさんと一緒に声を出してしまっていたりして(^^;
 そして、「スピナー」。ゆーちゃんのいつもの足踏みを見てると、こっちも足踏みしたくなってくる(笑) それにしても、この曲。聞いた回数が少ないので気づかなかったけど、私にとってどうやら聞けば聞くほど好きになるタイプの曲らしい。それとも、デュエット曲というところがポイント高いのだろーか?(笑)
 続いてはもちろん、由紀さん&ゆーちゃんと入れ替わりで美奈子様&のりりんが再登場し、「アンゴルモアの夜は明けて」。こちらもやっぱり場所交代して、美奈子様が左側でのりりんが右側。おまけにそれぞれ45度くらいずつ外側を向いているので、こっち側からは美奈子様のご尊顔を全然拝むことが出来なかった(^^; でも、この曲もいいよね〜。特に、「あなたと(あなたと) 過ごした(過ごした)」で始まるサビの部分は聴いててゾクゾクしてきますね〜。やっぱりデュエットだから?(笑)
 というわけで、由紀さん&ゆーちゃんが戻ってきて再び4人となったところで、インフォメコーナー。
 まずは、のりりん。メダロットの出演と、アークプロダクションライブ「LIVE×LIVE」の告知。
「皆さんのお手元にチラシが届いてるかと思いますが――」
 の部分で、由紀さんが「届いてる?」といった感じに指でOKマークを作ってみせたので、こちらも大きく頷いて答える(笑)
 あと、告知を言い終わったところでバックバンドが音を鳴らして盛り上げてくれるのも、ライブならではで心地好い。調子に乗った由紀さんは、後ろ蹴りに合わせてドラム鳴らしてもらってたし(笑)
 お次は美奈子様からソロライブの告知、ゆーちゃんから8耐の告知などが続く。8耐は12月29日だということで「年の瀬に……(笑)」とゆーちゃんが漏らしたら、由紀さんが「申し訳ない(笑)」と片手で拝むポーズ。他にも「ありがとう、TAKE OFF7!」とか、由紀さんはこういうリアクションがいいんだよな〜(^^)
 そして最後は由紀さんからゆうせんの紹介があって、告知終了。
「では、ラスト2曲です!」
「ええ〜〜〜〜〜!?」
 客席からの悲鳴の中、ラスト2は「もしも君が」。ポイントはやはり「Let's go!」と「Hurry up! Hurry up!」か。やっぱり盛り上がりますね〜(^^)
 そして、こうなると最後の曲はこれしかない。「ガガガGINGA!」! なんと、4人振り付けバージョンだ。やっぱり、この曲は振り付けがあってこそ、壮快で盛り上がれる(^^) コードレスマイクでないので大変そうだったけど(^^; でも、ゆーちゃんの脚は、前よりは上がっていたなぁ(笑)
 それにしても、跳ねて叫ぶと、本気で疲れる(^^; この曲だけでへとへとになってしまった(^^;;
 そして、最後はステージから客席に手を伸ばしてタッチするというおまけつき。やっぱり最初に始めていたのは、盛り上げ上手ののりりん? のりりんとはホントにタッチしただけという感じだったが、続く美奈子様の手はしっかり握って、ゆーちゃんに至ってはちょっと引っ張ってみたりもした(笑) ……あれ? 由紀さんは?(^^;
 そして、手を振りながら舞台裏へと消えていった4人なのであった。とりあえず、「ゆ〜ちゃ〜〜〜ん!」と叫んでおいた(笑)

□出待ち1次会
 荷物を抱えて後ろの方へ行き、ビデオ撮影していたルリールさんやスナさん、りのりんやえりりんと少し雑談。それから下のロビーに降りていったら、そこにGALACTICの4人がいたのでびっくり! とりあえず、ゆーちゃんに「お疲れ様でしたー」と拝み握手すると、逃げられる(^^; それでも手は離さなかったけど(笑)
 というわけで、しばらくロビーで歓談。「その衣装、可愛いですー」とかそういう話だったか。美奈子様には「あ、けーくんは着替えたんだ〜」と言われた。そういうことを覚えていてくれると嬉しいですねぇ(^^)
 結構しばらく色々話して、そろそろ引き上げようかという話になってもまだ続く(^^; で、戻ろうとしていたのりりんが他の3人が戻ってくれないので一人ポツンとしていたので(^^;、そばにいた魔竜王くんを、
「のりりんファンの魔竜王くんですー(笑)」
 と紹介してあげたら、
「誰がっ(^^;;」
 魔竜王くんは本人を目の前にして冷たいお返事。
「そんな、無理にファンにしなくても(^^;」
 のりりんも苦笑い(^^;
 もーちょっと話を合わせてくれてもいいだろうに、面白くないなぁ。>魔竜王くん。
 そして、本当に楽屋へと撤収。でも最後、戻りかけた美奈子様がは〜んさんに振り向いて、
「やっぱりこれだけは言っておきたい」
 肩にポンと手を置いて、
「七五三みたい(笑)」
 と言い残して去っていったのには爆笑(笑) そう、会社帰りのは〜んさんは背広姿だったのである。

 会場の外に出ると、貞方さん、りのりん、えりりんが受付席にいた。貞方さんは今後のライブのチケット販売、女のコ2人はアンケートの回収をしているようだ。
 早速りのりんの前に行く私(笑) 使い終わったサイリウムを服に引っ掛けていたのを見て、私が使っていたサイリウムを物言わずりのりんの手に握らせる。きょとんとした顔でそれを握り締めるりのりん。
「あげる(笑)」
「えー、ありがとうございますー(^^)」
 喜んで、自分のピンクのサイリウムの隣に、あげたブルーのサイリウムを引っ掛けるりのりん。う〜ん、まさかそんなに喜ばれるとは(^^; 私的には、いらないからあげただけなのだが(*6)
「アンケートは?」
「ないです(^^;」
「アンケート用紙なかったんですって」
 りのりんが貞方さんに報告すると、
「そう。全然足りなかった(^^;」
 なるほどー。道理では〜んさんが貰っていなかったわけだ。でも、私がアンケートを出せない理由は違うんだな〜。思わずアンケート用紙の裏にライブのメモ書きしてしまったので、出すに出せなくなってしまったのだ(^^;; せっかくライブ始まる前に「りのりんにいぢめられて困ります」とか書いておいたのに(笑)
 さて、えろちーさんに電話してみる。
「あ、けーくん?」
「今、目の前にえりりんいるよ〜(笑)」
 ガチャ。と、そこで切る(笑) 折り返し電話がかかってきたら、えりりんと話させてあげようと思っていたのに、結局かかってこなかったなぁ。もったいない。
「ラジオで写真当てて下さいよー(笑)」
 お次は、りのりんにせびる(笑) りのりんがパーソナリティを務めているラジオ番組で「LOVE LOVEマシーン」というコーナーがあり、そこで読まれたハガキ(FAX、Eメール)の中でベスト1通に写真がプレゼントされるのだが、毎週読まれているにも関わらず、りのりんが私のを選んでくれないのだ(笑)
「あれ、私に選択権があるみたいですねー(笑)」
「そうみたいですねー。だから(笑)」
「だって、けーくん、いっつもケンカ売るようなことばかり送ってくるんだもん(笑) 私を誉めるようなことじゃないとダメ〜(笑)」
 そんなこと言われると、なおさらケンカ売りたくなるよなぁ(笑) というわけで、翌日「果たし状」と銘打ってFAXを送ったら、その勇気を買われてベストに選ばれたのでした(笑) サーンキュー!
 話を戻そう。りのりんは美奈子様ソロライブにも来るらしい。
「もちろん、受付やりますよー。だって、ミナコ様のしもべですもん!」
 おお〜、そうだったのか〜(笑) ふかふかさん、プレセペさんに続いて、しもべ3号だぁ(笑) 「悪の女王ミナコ様のしもべ」BBSを運営している森川さんが嬉しそうに色々話していたなぁ(笑)
 その「しもべ」に反応して、横から貞方さんが「ソロライブでは、しもべグッズを売るよ!」と教えてくれたが、しもべグッズって一体何だろう?(笑) 御主人様たるミナコ様も知らないらしい(^^;
 そうこうしていると、
「なんか、元気ないですねー?」
 りのりんに心配される私。
「疲れた……(^^; ガガガGINGA!だけで疲れた(^^;;」
「私も跳んでましたよー(^^)」
 あ、その様子は見てみたかったかも(笑) まあ、後ろを振り返る余裕なんぞありませんでしたが(笑)
 そういえば、夜桜お7のときの写真を持ってきていたんだった。
「はい、これ」
 まずはえりりんにプレゼント。
「全然良くない写真だけど(^^;;」
 てゆーか、渡すほどの出来でさえない(^^;
「あ、これ、インターネットで見ましたよ〜(^^)」
 おおっ、えりりんも来てるのかぁ。だったら、BBSに書き込みしていってくれればいいのに〜。
「すみませんねぇ。肌の階調、飛びすぎ(^^;」
「いえいえ、これくらい飛んでいた方が(笑)」
 うううう、えりりん優しいなぁ(T^T)
 続けてりのりんにもプレゼントしたが、特にドラマはない(笑)
 そして、そこで貞方さんが「あゆあゆの写真はないの〜?」と騒ぎ出す(笑)
「しょうがないなぁ(^^; これあげます(笑)」
 と、本来はあゆあゆ用に持ってきていた写真なのだが、貞方さんにプレゼント。
「あ〜〜〜〜〜!」
 りのりんとえりりんが呆れた声を上げるが、構わずに手提げ金庫に写真を仕舞い込む貞方さん。「あゆあゆに本気」って本当だったんだなぁ(笑) でも、「本命は(キャバクラ嬢の)弥生ちゃん」らしいけど(爆)
 森川さんがマジックペンを貸してというので何事かと思ったら、えろちんさんへのお土産にえりりんのサインを貰いたいらしい。確かにピンクのペンを持っていたので(笑)貸したのだが、何にサインを貰おうとしていたのかと思えば、えりりんが服に貼りつけていた今日のSTAFF証。それに名前を入れてもらったのだが、しかぁし! 「あらちんさんへ」と間違って書かれていたので、満場一致で「エロちんさんへ」に書き直してもらったのでした。めでたしめでたし(笑)
 というわけで、私は同じくりのりんのそれを貰う(笑)
「内緒ですよー?(笑)」
 それを上着の左ポケットに貼り、
「さーて、これで楽屋に入れるぞー(笑)」
「ダメですってばぁ!(^^;」
 あぅ、怒られた(笑)
「そういえば、サインと言えば……」
 一人ごちながら、今度は別の写真を取り出す。わざわざ2Lに引き伸ばされているそれをりのりんに渡し、
「これにサイン下さい〜(笑)」
 その写真見たとき、りのりん笑ってたなぁ(^^;;
「何ですか〜?」
 横から覗き込もうとするえりりんに、
「あ゛〜、見なくていいです〜(^^;;」
 何の写真かといえば、夜桜お7の出待ちで撮った、りのりんとのツーショット写真なんですけどね(^^; というわけで、きっちりサインを入れてもらいました(^^) ありがとう、りのりんっ!
 サインといえば、KIRARAさんが手帳をりのりんにこっそり差し出してサインを貰っていたなぁ。こっそりやっていた割には、周りにバレバレだったけど(笑)
 そして、サインネタ最後(笑) 無言でりのりんにマジックを差し出す私。わけわかめな顔で受け取るりのりん。左ポケットに貼ったSTAFF証を指差す私。それで察したようで、りのりんがSTAFF証にサインを入れてくれる。
「きちんと声に出して頼めってなぁ(笑)」
「もう、何も言わないからびっくりしましたよー(笑)
「いや、言わずに通じるってのがいいんじゃん(笑)」
 遊びすぎ(笑)>オレ。
 というわけで、その後も今後のライブの話とかを2人と話してしばらく。いい加減周りの人数も少なくなってきていたし、そろそろ次のバンドが終わってそちらの出待ちがあるらしいので、
「そろそろ撤収しますかー(^^;」
 りのりんとえりりんに「ばいばーい」と手を振って、階段を降りていったのでした。
 そうしたら森川さんが「さて、私は誰でしょう?」とりのりんに置き台詞。後ろを振り向いたら、りのりんが本気で首を傾げていたぞ(^^;
 こんな感じで、出待ち1次会終了。さあ、次は下で2次会だ(笑)

□出待ち2次会
 階段で1階に下りて外に出ると、先に下りてきていた人がもうすでにカメラの準備を済ませている。私も準備。
 前回と同じように出入り口前に集まるが、邪魔なことこの上ない(^^; もっともパルコ自体はもう閉店した後なので、ここから出てくるのはライブ関係者の少数だけなのだが。左側の方には、別のバンドの出待ちらしい女のコ集団が集まっていた。そういえば、GALACTIC以外のバンドはみんな男性ユニットなんだよなぁ。てゆーか、GALACTICはバンドではないんだけど(^^;
 そういえば、前回の出待ちは雨だったっけ。OGHIさんのストロボに遊星王女のプリクラが貼られているのを見て思い出す。雨だと濡れてしまうので使えないのだ(^^;
 30分くらいは待っただろうか。残念ながら着替えている4人が出てくるが、あっちへ行ったり、こっちへ来たり、落ち着かない。どうやらSHOWMAN'S号を探していたらしいのだが、こっちには来ていないのだ(^^; 4人が動くたびに、こちらも撮影ポイントを求めてあっちへうろちょろ、こっちへうろちょろ。
「どこかへ止まってくれ〜(^^;」
 思わず泣き言も言いたくなる(^^;;
 ようやく各人の場所が決まったようなので、撮影開始(笑)
 最初はゆーちゃんから。は〜んさんとOGHIさんを代表として、結構な人数が取り囲む。今日は珍しく眼鏡をかけていたが、別に私は「眼鏡っ娘、萌え〜!」な人ではないので、懐かしさ以上の感慨は湧かない(笑) ゆーちゃんにも夜桜お7とハレルヤのときの写真をプレゼント。後は撮影会となり、話すどころではないのはいつも通り。
 続いて、美奈子様に移動。こちらはやはり森川さんが張りついている(笑) 美奈子様にも写真を渡す。強風で凄い髪型になっている奴だ(笑) しかし、今日は帽子とサングラスで完全武装しているので、写真撮っても面白くないぞぅ(^^; とか思っていたら、サングラスを外してくれたので撮る(笑)
 続いて由紀さん。いしださんがぴったり。みんな、それぞれ属性が出来ているんだねぇ(笑) こっちは人が少なかったので(^^;、写真を渡してちょっと歓談。司会をやるのに、由紀さんはストリートオーディションの開催日を知らなかった(笑)
 のりりんは相変わらずのりりんファンに囲まれていて、その周囲は独特の雰囲気に包まれている(^^;
「のりりん、写真ですー」
 と、プレゼント。
「この写真、怖くて好きです(笑)」
 こちらを指差して睨んでいる写真なのだが、実際本当にお気に入りだったりする(^^) のりりんも笑っていたし(笑)
 そして、写真を2〜3枚撮らせて貰って、さて次は誰のところへ行こうか、と思っていたら、場所を移動していた美奈子様が視界に飛び込んできたので、そちらに。
「美奈子様〜。下からの光が怖いですよ〜(^^;」
 足元に照明が埋め込まれており、それが顔を下から照らして……(^^;
「お化けみたいでしょ(笑)」
 何も自分で言わなくても〜(^^;
 しかし、それは「ミナコ様の執事」を名乗る森川さんの美意識が許さなかったか、光源を足で踏んで光が当たらないようにしていた(笑)
 ゆーちゃんのところに行ってみると、出戻りファン(笑)の千村さんがチェキで撮った写真にサインを貰いたいということで、ペンを貸してあげる。千村さん、めっちゃ喜んでいたなぁ。まあ某L事務所では、出待ちで撮影はもちろんサインさえ貰うことも出来ないから、カルチャーショックを受けるのはわかるが(笑)
 そんなところで撤収。そんなときになって魔竜王くんが「あ、のりりんいたんだ(^^;」なんてことを言い出しているが、最初からいたってば(^^; やっぱりまるで眼中にないのねぇ。
 SHOWMAN'S号に向かって歩いている途中、ふかふかさんが自分でルリールさんとのツーショット写真を撮ろうとしていたが、それを見かねたのりりんが撮ってあげていた(笑)
「おつかれさまでした〜!」
 今日も色々と満足度の高いイベントだったなぁ(^^)
 あれ? そういえば、りのりんとえりりんはいつの間にいなくなっていたんだろう?

*1: 確認してなかったらしい(^^;
*2: 前回は左側だったが、それはのりりんの代わりだったからだ。今回はのりりんいるし。
*3: 別名arachinさん。
*4: ANIME JAPAN FESの出待ちで着てたものか?
*5: 前はベルサイユチームって言ってなかった?(^^;
*6: おいおい(^^;
SHOWMAN'S撮影会(第1部)【概略】

日時:1999/10/31(日) 10:00
場所:SHOWMAN'Sスタジオ(飯田橋)

出演:田口美奈子/加藤由紀/橋本悠
スタッフ参加:西崎理乃/岡本絵莉

SHOWMAN'S撮影会(第1部)【記録】

□朝のひととき
 朝7時起き。準備を整えて8時に部屋を出る。
 にも関わらず、SHOWMAN'Sスタジオに着いたのは9時40分頃。う〜む、遠いぜ(^^;;
 入口前ではすでにプレセペさんとarachinさんが待っていた。早いなぁ。熱心だなぁ(笑) しかも、arachinさんは風邪のマスクまでしてるし(^^; 昨夜のチャットでは熱があるといっていたが、どうやら熱だけは下がったらしい。
 貞方さんにもうちょっと待っててと言われたらしく、私もそこで待ちながらサンクスで買ってきた朝食で腹ごしらえ(^^;
 ちょっとすると美奈子様が到着。
「おはよ〜。風邪大丈夫? ……えろちーくん」
 名前を言う前に若干の間があったのは、何と呼ぶべきか真剣に考えていたかららしい。で、結局「やはり正式名称で呼ぶべきだろう」という結論に達したんだとか(笑)
「誰も来てないの?」
「貞Gはいますよー」
「貞Gに、もうちょっと待っててって言われたんですー」
 というようなことを二言三言話して、美奈子様も中へと入っていく。
 ……暇だ。
 プレセペさんに、前回の美奈子様と由紀さんの写真を見せてもらう。うお、いきなりピンボケだ(^^; 目が悪い中、マニュアルフォーカスに挑戦した結果らしい(^^;; 慣れてきたのか、後半はいい感じ。
 そうこうしながらちょって待っていると、「出てきちゃった」とか言いながら、美奈子様が出てくる。どうやら話相手になってくれるらしい。優しいですねぇ(T^T)
「今、悠ちゃん、メイクしてたよー」
 おお、無事来てたか(笑) 昨日BBSに、始発バスなので「寝てたらごめんね(笑)」というカキコミがあって、低血圧のゆーちゃんにはまるで洒落になってない、と思っていたのだ(笑)
 プレセペさんは美奈子様にも写真を見せていた。……謝りながら(^^; 美奈子様もさすがに「これはひどいねー(^^;」とか言っていた(笑)
 そして、ようやく貞方さん登場。いよいよ準備が整ったようだ。
 午前10時。時間通りの入場である。

 ここに来たのは「朝までビデオパーティー」以来の2度目だ。
 中に入るなり、目の前は壁だった(笑) その向こうで撮影するらしいが、様子を見に行く前に、
「え〜と、靴はどうしたらいいんですか?(^^;」
 スタジオ内は土足禁止である。スリッパ等を持ってきて下さいとの連絡はあったのだが、意図して持ってこなかった。靴下でいーです(^^;
 靴を右側に特設された靴置き場に置く。しかし、右側に押し開けるドアなのに加え、すぐそばにテーブルと椅子がセッティングされていたので、右側に行くのが大変なんですが(^^; てゆーか、行けなかったのでテーブルをぐるりと回って靴置き場まで行ったんだけど(^^;;
 手近なところに荷物を置き、まずは椅子に座って一休み。すると、机の上には手作りらしいお菓子が二皿。おおっ、これが美奈子様お手製のお菓子かッ! 行けなかった「朝からイエローペンギンズ」で噂を聞いて以来の、念願のご対面だ(笑) 美奈子様の説明によると、マドレーヌとキャロットカップケーキとマロン入りマフィンらしい。
 というわけで、写真に撮る(笑) いや、クアトロライブの出待ちのときのフィルムが余っていて、これを使い切らないと新しいフィルムが入れられないんですよ(^^;
 そんなとき、プレセペさんのケータイが鳴った。まあ、かけてきた相手を想像するのは容易いが……(笑)
「ちょっと待ってね」
 と言って、プレセペさんはケータイを美奈子様に渡す。
「森川くん!?」
 やっぱり、森川さんだったらしい(笑) ダメすぎ〜。ちなみに森川さんは、埼玉で浮気中(笑)
 すぐには撮影が始まらないらしく、椅子に座ってまったりとしていたところに、今日の撮影指南をしていただける鯨岡カメラマンを紹介される。「よろしくお願い致します〜」。
 落ち着いたところで、どんな風に撮るのか、ちょっと撮影環境を見てみる。
 場所は、スタジオに入った状態から見て、左手側から撮るようだ。モデルが右手側に立つ。
 実際の撮り位置に立って見てみると、背景となる無地オレンジ色のロールペーパーが奥の天井から下げられ、それが足元近くまで広げられている。左右は黒い壁が立てられ、左右手前側には人一人分くらいはありそうなどでかいフラッシュが設置されていた。左側の方が一回りほど大きいか。天井にも光源が設けられ、某モデル撮影会以上の本格さだ。
 左側の壁の向こうはメイクルームになっているようで、ちょっと覗き込んだら、鏡に映ったゆーちゃんの顔が見えた。メイクさんがいるようで、こちらも本格的。
 確認し終わったところで、再び椅子に座ってまったり。
「あ、貞G、おみやげ〜」
 そう言って手渡したのは、六つ切りに引き伸ばしたふっきぃの写真だ。ハレルヤのときに見てみたいと言っていたので持ってきたのだ。美奈子様たちにも、可愛いと評判はいい。で、SHOWMAN'Sに入るんですか?(*わくわく(笑)
 さて、そろそろ、美奈子様の手作りお菓子を食してみることに。どきどきどき(笑) とりあえず、マドレーヌを食べてみる。
 ぱく。もぐもぐもぐ。
 うまいっ! と思わず声に出してしまうほど感動したわけではないが(^^;、次を食べたくなるくらいには美味しい。余裕の合格点である(笑) でも、次のお菓子は撮影の合間までとっておこう。
 そんな頃に、メイクを終えたゆーちゃんがやってくる。
「あ、ガールスカウトだ〜」
 そう、可愛らしいガールスカウトの衣装で登場だ。でも、ガールスカウトをやっていたわけではないらしい(^^; 前の事務所にいたときに、社長に買って貰ったんだっけ?(笑)
 こちらに歩いてくるものの、コンタクトをしてないので、足元が危なっかしい(^^; てゆーか、実際に箱に蹴っ躓いて、「は〜んのせいだ!」と早速は〜んさんをいぢめていた(笑) その辺は視力には関係ないらしい。まあ、いぢめられているは〜んさんも嬉しそうだったけど〜(笑)
 コンタクトがないと机の上に何が乗っているかもわからないらしいが、入れてるとストロボで変な風に光っちゃいそうだしねぇ(^^;; でも、見えないにも関わらず、話し声でどれが誰だかわかるのはさすが。
 は〜んさんに頼まれて、ゆーちゃんとのツーショット写真を撮ってあげる。イベントのたびに色々買い揃えているは〜んさんだが、今日はチェキだったらしい。お金持ちだね〜。
 その後は、私もフィルムを消費すべく、ガールスカウトゆーちゃんを数枚押さえておく。いや、これから本格的に撮れるんですけどね(^^;; あ、フィルムだけじゃなく、電池もなくなった。交換交換。やはり予備の電池は必須ですねぇ。
 ゆーちゃん撮影にてようやく半端のフィルムを使い終えたので、まずはカメラの準備から。というのも、内蔵ストロボは外部フラッシュに同調させるだけのトリガなので、光が漏れないように紙でデフィーズしなければいけないのだ。
 フィルムはリアラエースのISO100でいいだろう。絞りは鯨岡先生の指示で11に固定。こんなに絞って撮ったことは過去にないなぁ。皆はマニュアルフォーカスにするらしいが、私は絞り優先AEで撮ることにする(^^;
 こんなところで準備は完了。
 そういえば、美奈子様がいつの間にかいなくなっていたな〜、と思ったら、多分ゆーちゃんと入れ替わりでメイクしていたらしい。メイクさんが午後は別の仕事があるんだとか。
 そして、いよいよ撮影の開始である。

□いざ撮影
 ゆーちゃんが立ち位置で準備し、まずは鯨岡先生がインスタントフィルムで撮る。光源の具合等を確かめるためだ。その出来を見てちょっと光源を修正。左の方を強めにする。
 鯨岡先生が撮影しつつ、ポーズ等の細かい指示を入れる。立ち方や、帽子を持つ指は5本見せた方が美しいとか、表情の指示や和ませ方まで色々。それらは物凄く参考になる。
 そして、いよいよは〜んさんから撮ることに。先週の経験者が先に撮るということにしたのだ。
「じゃあ、後は頑張って(笑)」
 鯨岡先生も、は〜んさんが経験者だということで任せっぱなし(笑)
 それにしても、は〜んさん、壊れすぎ〜(笑) ファインダー越しにゆーちゃんに見とれることもしばしば。シャッター切りなさいって(^^;
 そういえば、は〜んさんのために、BGMが「カビ(仮)」に変えられていた(笑) しかし、フルアルバムでボーカルが3曲しかないっていうのも(^^; その3曲をプログラム機能で選択して、リピートをかけておく。
 は〜んさんは、36枚撮りフィルム1本で8分くらいだったか。予定時間の5分を軽くオーバーして、次の人に交代。順番に次々と撮っていく。その間、蛍光灯を点けたり消したり、足元のレフを用意したり、プレセペさんはすっかり鯨岡先生の助手である。次回は朝8時に集合とか言われてるし(笑)
「郡山からだと、新幹線で来ても着くのは9時ですぅ〜(^^;」
「なんなら、前日入りしてここに泊まる? ユキマットもあるし(笑) ……ユキマットって名前ついてるのもすごいよなぁ(笑)」
 とは、もちろん貞方さん。
「車で来れば〜?(笑)」
 私もプレセペさんを煽ってみる(笑)
「私はそれでも構いませんけど、安く止められる駐車場ありますか?」
「今、私が使わせてもらってるSHOWMAN'Sの駐車場使うか? その代わり、横浜まで迎えに来なさい(笑)」
 鯨岡先生まで調子に乗りだして、すっかり関係ないところで盛り上がってしまった(笑)
 そして、いよいよ最後の私の番だ。端から見てる時は思いっきり茶化していたものの、いざ自分の番となると緊張しまくり(^^; 他人の時は「声ちっちゃいと聞こえないぞー(笑)」と言っていたにも関わらず、自分の番では鯨岡先生に思いっきり「ちっちゃいと聞こえないって、さっは自分で言ってたじゃない(笑)」と言われ、ゆーちゃんにも「さっきのツッコミの方がよく聞こえてたよ(笑)」と言われる始末(^^; あぅぅぅぅ(^^;;
 それでも頑張って撮影。今までの例に倣って、まず全身を撮ってから、バストアップに移るという流れ。ポーズはゆーちゃんにお任せで取って貰いつつ、多少注文をつけるといった感じ。一からポーズを指定するほど頭が回らない(^^; 撮影前には漠然と考えていたものくらいはあったんだけど、いざ撮影に入るとすっかり吹っ飛んでいた(^^;
 そんなこんなで撮影終了。
「ありがとうございましたー」
 私が最後なので、本来ならここで着替えとなるのだが、最初に撮ったは〜んさんが難癖つけてきて、最後には〜んさんがもう一度撮ることになる(^^; 確かにストロボの調子は悪かったけど、は〜んさんのときはきちんと焚かれていたぞぅ。まったく、どんな手段を使っててでも、ゆーちゃんを撮ろうとするんだから(笑)
 それが終わって、ようやくゆーちゃんは次の衣装に着替えである。

 撮影中に由紀さんとルリールさんも来ていて、メイクを終えた美奈子様も加えて、ゆーちゃんの着替えの合間にも色々と盛り上がる。
 ギターを取りに来たというルリールさん。
「8000円ですー(笑)」
 皆から言われる(笑) それとも、モデルで来たとか?(笑)
 また、由紀さんも写真を撮ってみたいと言い出したので、丸1年寝かせていた使い捨てカメラを由紀さんに貸してあげる。横の方からこっそり撮っていたけど(笑)、使い捨てカメラのストロボを紙でデフィーズしても同調するもんなんですねぇ。でも、それが災いして、入り口前の机椅子のところで美奈子様たちを撮影したときにも、他の人が撮影していたにも関わらず大型ストロボが同調して光ってしまい、鯨岡先生に怒られていたりした(笑)
 あと笑えたのが、美奈子様のお菓子の説明。
「こっちの方が粒子が粗くてー」
「りゅ、粒子って(^^;」
 聞いていた皆が言葉を失う(笑)
「普通、粒子が粗いとか言わない?」
 お菓子では言わないと思うぞぅ(^^;;
 そんな感じで、撮影の合間も、また他の人が撮影しているときも、ほのぼのほのぼの。
 そして、着替えたゆーちゃんが再登場。今度は一転して、アダルティー路線か。黒いミニスカートに赤いジャケット。でも、中の白い服は胸元のふわふわが可愛い。アダルティーって言うよりはレディースって感じ(笑)
「それ、上着脱げるの?」
「脱げないです(^^;」
 脱いだ上着を背負ってもらってもカッコいいかな〜、と思っただけで、特に他意はない。いや、ホントだってば(笑)
 というわけで、1着目と同じような段取りで撮影再開。
 最初の鯨岡先生が座らせポーズを撮ったら、それが皆に伝染っていた(笑) やはり、いいものは真似していかないと(笑)
 しかし、衣装はスカート。は〜んさんだけ、「悠ちゃんの足の方にいっちゃダメだよ!」と厳重注意されていた(笑)
 私自身は「笑わなくていいから」と指示。衣装に合わせて、カッコいいゆーちゃんを撮ってみたい。まあ、最後の数枚は笑顔を貰っていたのはご愛嬌(笑)

 そして、3着目は、いよいよギャラクシーポリスの衣装だ。
 ゆーちゃんが着替えている間に、背景の壁紙をチェンジ。オレンジからイエローにする。白い衣装にはこれがいいのだろうか?
 コスプレ(笑)したゆーちゃんも戻ってきて、こちらも同じような流れで撮っていく。
 私はとりあえず最初に敬礼のボーズを取って貰い、その後はどう撮っていいものか迷って「じゃあ、ポーズはお任せで」としたのだが、それが間違いだったようだ(^^; いや、出来てきた写真からも「こう撮りたい!」というのが見えてこないもので(^^; 1着目は可愛く、2着目はカッコよく、これらは自分の意図が反映されてて納得の出来なんですけど。うーむ、次への課題だな。
 そういえば、ここでも「上着脱げないの?」としつこく迫って(笑)、鯨岡先生に「その気にさせない(笑)」と怒られていたのは秘密である(笑)

□あとは帰るだけ
 というわけで、撮影終了。1時間押しの14時くらいだったか。お疲れ様でした〜。
 ゆーちゃんはさっそく次の衣装に着替えていた。とゆーか、ギャラクシーポリスの衣装を脱ぎたかっただけのような気もするが(^^;
 そして、私は帰るので後片付けしていたら、そこに意外なお客さんが!
「おはようございま〜す」
 入ってきたのは、オフィス・スリートゥリーのみっきーさん。……だけじゃなく、その巨体の後ろには、えりりんとりのりんの姿が。次回の撮影会はこの2人なので、様子を見に来たのだろうか。
「よかったね〜、えろちーさん(笑)」
 貞方さんの茶化しも気にせず、
「くぅ〜〜〜っ! 来て良かったぁぁぁぁぁ!!!!!」
 愛しのえりりんを目の前にして、壊れまくり(笑)
 私はといえば、「いぢめないでよ〜(笑)」と、りのりんをいぢめていた(笑)
 しかし、残念ながら、次の回の始まる15時まで追い出される(笑)
 というわけで、私は帰る準備。荷物をまとめて、SHOWMAN'Sの皆さんに挨拶を済ませる。
「あかりんによろしくー(笑)」
 ゆーちゃんにいぢめられる(^^; そう、私はこれから、三軒茶屋で行われるあかりんのライブに流れるのだ(^^; まあ、「この後はあかりんイベントに行きますー(笑)」と思いっきり公言していた私も私だが(笑) 「よくそんなこと言えますねー(^^;」とは〜んさんに感心されていた(笑) ……いや、呆れていたのか?(^^;
 そういえば、由紀さんから返して貰ったカメラには「けーくんのひみつカメラ」と名前の欄に書かれていた(笑) しかし、30枚以上も残数があったので、未だに現像に出してなかったりする(^^;
「撮影会、撮りに行ってやるよ!(笑)」
 最後はりのりんに捨て台詞を残して退場(笑)
 皆は食事に行くらしいので付き合うことに。皆が手ぶらなのは、もちろん次の2部にも参加するため戻ってくるからだ。

 駅前のベッカーズで昼食。その道すがら、2部から参加のHORNETさんとばったり出会い合流していた。
 撮影会の感想で盛り上がりつつ、は〜んさんは後ろで美奈子様にプレゼントする写真を一生懸命アルバムにしまっている(笑)
 14時45分になり、まだ写真を整理し終わっていないは〜んさんを置いて(笑)、他の皆は退店。私は駅前で一人別れた……のだが。
 そのとき、あかりんイベントに行くいしださんから電話が入った。16時頃三茶につくらしい。ちなみに、あかりんライブの開場は16時半、開演は17時。そして、今は15時。ここから三茶までは30分もかからないよなぁ?(^^;
 というわけで、なぜか私は皆の背中を追っていたのであった(爆)
 途中、arachinさんがスケブが欲しいからと一人で文房具屋へ。スケブを何に使うのかは言わずもがな(笑)
 残った面子はサンクスで買い物を済ませてから、再びSHOWMAN'Sスタジオへ。
「おじゃましま〜す」
 貞方さんや美奈子様に面と向かってのうのうとそんなことを言ってみるが反応はない。あれ? まあ、それならそれでもいいけど(^^;
 ちょっとしてarachinさんが戻ってきて、「あれ? は〜んさんは?」という話になり、
「あかりんイベントに行きました〜(笑)」
 と私が答えたところでようやく、
「あれえ?(^^;」
 皆の視線が私に注目(笑)
「時間あるので、ちょっと遊びに来ました(笑)」
 すると、貞方さんに「じゃあ、8000円。撮影費じゃなくて参加費だから(笑)」といぢめられた(^^;
 あれ? そういえば、みっきー軍団がいなくなっているなぁ。残念だったねぇ、arachinさん(笑)
 撮影準備はまだ整っていないようで、新しいメイクさんが来て、3人が順番にメイクを済ませていく。
 その間にこちらは撮影の準備を決める。その任をは〜んさんが負わされたのだが、
「じゃあ、僕1ば〜ん」
 そこで完結。だから、全員の順番を決めるんだってばさ(^^;

 さて、準備が整って、いつも通りまずは鯨岡先生から撮っていく。今回は3人揃った構図での撮影だ。一人一人に細かく指示を出していき、3人のバランスを計る。見ているだけでも大変そうだ。いや、私は撮らないんだけど(^^;
 その途中、みっきー軍団が戻ってくる。やっぱりからかわれるarachinさん(笑)
 撮影の様子を見ていくようで、ほぼ正面の椅子に座る。中央寄りにえりりん、その隣にりのりん、みっきーさんは後ろの方に座っていたのだが、りのりんはよく見えなかったのか、椅子を降りてえりりんの前に移動。そうしたら、
「西崎〜、アイドルが床に座るなよ〜(^^;」
 貞方さんに注意されるが、
「ショッパドルですから(笑)」
 と、私が答えておいた(笑)
 それはさておき。2人とも実に真剣な表情で見ていましたね〜。その様子を見せられると、「さすがアイドル」と感じる。次回、勉強の成果を見せて貰いましょう(笑)
 さて、鯨岡先生が撮り終わると、続いては〜んさん。今度は色々と注文をつけて撮っている。しかし、対称性にこだわっているみたいだったなぁ。ゆーちゃんを中心に、左右の美奈子様と由紀さんには同じポーズばかりさせていたような。
 それにしても、そろそろ16時。さすがにそろそろ出ないとヤバい時間だ。は〜んさんが終わるのを待って帰ることにする。何故は〜んさんの撮影を見ていくのかというと、鯨岡先生のだけ見ても、上手すぎて参考にならない部分もあるからだ(^^;
 というわけで、は〜んさんが終わったので帰ろうとすると、同時に席を立ったのがみっきー軍団。あら、帰っちゃうんだ。
「えぇ〜〜〜〜〜!? 帰っちゃうの〜〜〜〜〜!?」
 とか、arachinさんが叫んでいたような(笑)
 美奈子様たちは撮影中だったので挨拶出来なかったが、貞方さんには、
「参加費はは〜んさんに貰っといて下さい(笑)」
 と告げ、SHOWMAN'Sスタジオを後にした私なのであった。
 おつかれさまでした。楽しかったです〜(^^)

 以下余談。
 ドアを開けて表に出ると、そこにはしゃがみ込んだえりりんが。靴を履き直しているらしい。
「早く〜(笑)」
 煽ってみると、
「先行っていいですよ〜(^^;」
 ということなので、階段を昇っていくと、もちろんみっきーさんとりのりんが待っている。すぐにえりりんも出てきて、歩き始める一行。りのりんはみっきーさんと何やら話していたので、私はえりりんと話しながら駅まで歩く。まあ、話した内容はと言えば、今後の予定とかそんなところ。りのりんは自分の予定すら知らず、スケジュールマネージャーもやっているえりりんに自分の予定を聞いていた(^^;
 あとは、雑談。
「もー、りのりんにいぢめられて困るんですよー(笑) りのりんっていぢめっこだよねー?(笑)」
「そんなことないですよー。優しいです(^^)」
 おー、先輩とは違って、よく出来た後輩だなぁ(笑)
 飯田橋駅到着。三茶に向かう私はJRなのだが、みっきー軍団もJRらしい。しかも同じ方向。
 電車の中では競馬の話(^^; うーむ、ついていけないぞ(^^; どうやら今日のレースは皆して外したらしい。
 結局、渋谷まで一緒で、渋谷駅にて別れたのでありました。
「おつかれさまでした〜」

第28回FPFライブ特別編【概略】

日時:1999/10/31(日) 17:00
場所:欽こん館(三軒茶屋)

出演:小宮あかり/扇恵/加藤西里奈

第28回FPFライブ特別編【曲目】

01.思いたったが吉日!(三姉妹)/小宮あかり・扇恵・加藤西里奈
02.秋のIndication(南野陽子)/小宮あかり
03.赤い花束(中嶋美智代)/小宮あかり
04.潮風の少女(掘ちえみ)/小宮あかり
05.妖精時代(石川秀美)/小宮あかり
06.夏色のダイアリー(掘ちえみ)/小宮あかり
07.風のInvitation(福永恵規)/小宮あかり
08.もう泣かないで(瀬能あづさ)/小宮あかり
09.乙女のリハーサル(CoCo)/小宮あかり
10.禁断のパンセ(石塚早織)/扇恵
11.星空のディスタンス(THE ALFEE)/扇恵
12.木枯らしに抱かれて(小泉今日子)/扇恵
--.一人芝居/扇恵
13.Temptation(誘惑)(本田美奈子)/扇恵
14.風は秋色(松田聖子)/扇恵
15.question at me(林原めぐみ)/扇恵
16.嵐の素顔(工藤静香)/扇恵
17.routine love(オリジナル)/扇恵
18.もっと!モット!ときめき(金月真美)/加藤西里奈
19.スマイル・フォー・ミー(河合奈保子)/加藤西里奈
20.わぴこ元気予報!(内田順子)/加藤西里奈
21.ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ(松任谷由実)/加藤西里奈
--.LOVEマシーン(モーニング娘。)[ダンス披露]/加藤西里奈
22.Power(ポケットビスケッツ)/加藤西里奈
23.絶対!Part2(早坂好恵)/加藤西里奈
24.おジャ魔女カーニバル!!(MAHO堂)/加藤西里奈
25.それいけ!女の子(オリジナル)/加藤西里奈
26.タイミング〜Timing(ブラックビスケッツ)/小宮あかり・扇恵・加藤西里奈

第28回FPFライブ特別編【記録】

□遅刻
 他のイベントからハシゴだったため開場には若干遅れてしまったが、16時35分頃には何とか欽こん館に到着。中に入ると、壷社長、友松ベストプロデュース社長たちが受付をやっていた。
「予約していた○○ですー」
「いつもありがとうございます。こちらに名前をお願い致します」
 壷社長に促されたテーブルの上には記名帳。上段には、扇恵、加藤西里奈、小宮あかりとタレントの名前が書かれ、それぞれの名前の下に何人かの名前が記名されている。なるほど、誰を目当てに来たのかということか。私はもちろんあかりんの名前の下に記名する。
 それにしても、あかりんの人気は他の2人に劣るものだと思っていたのだが(*1)、なかなかどうして現段階の記名はあかりんがダントツのトップじゃないか。それなのに、いつも自分含めた4人しかあかりんの周りに見かけないのはどうしてだろう(^^;
 友松社長からパンフなどを受け取って奥へ進む。先に着いていたいしださんは最前列の一番左に陣取ったようだ。その後ろ、2列目の左端が空いていたので、そこに陣取る。
 いしださんはDVを持ってきていた。今日のライブを撮影するためだけに、友人から借りてきたらしい。ハマってるねぇ(笑)
 ステージ向かって右のカウンター側に扇さんと西里奈ちゃんがいたが、あかりんの姿は見えない。あかりんがトップバッターなのだろうか。2人に挨拶しに行こうかとも思ったのだが、なんか間が合わなかった(^^;
 カメラを準備して開演を待っていると、舞台手前の右端で壷社長の前説が始まった。舞台正面を向いていた客席のカメラが一斉にそちらに向けられる(笑)
「撮らなくていいです(^^;」
 とは言っていたものの、チェキで撮られたフィルムをプレゼントされていた壷社長なのでありました(笑)

□オープニング
 幕が開くと、そこにはチャイナドレス姿の3人がすでにスタンバっていた。立ち位置は、右から、ピンクのあかりん、青色の扇さん、白色の西里奈ちゃん。う〜ん、セクシー(笑)
 早速歌う歌は、いつも通り知らない曲(^^; 「有言実行三姉妹シュシュトリアン」の主題歌「思いたったが吉日!」らしい。ポワトリンなら1回だけ見たことあるんだけど(^^;
 それにしても、あかりんだけ微妙に振り付けが揃っていないよーな(^^;

 1曲歌い終わってのMCは、本来のFPFレギュラーである扇さんが仕切る。FPFとは、普段は扇さんと今野舞嬢の2人でやるものだったらしい。知らなかった(笑) というわけで、舞嬢が欠席し、あかりんと西里奈ちゃんをゲストに迎えた今回は「特別編」。
「今日は両手に花状態になっています〜」
 嬉しそうな扇さん(笑)
 歌う順番は今から決めるらしい。それぞれ歌いたい順番があるそうなのだが、それでも何故かくじ引きで決めるらしい(^^; というわけで、あかりんが袖からくじを持ってくる。箱に入った棒を引くタイプのものだ。
 どれを引くか第一希望を出してみたところ、あかりんと西里奈ちゃんが重なってしまったので、じゃんけんの結果、そのくじは西里奈ちゃんが引くことに。
 そして、3人が一斉にくじを引く!
「いやぁ〜〜〜!!!」
 3人とも悲鳴(笑)
 1番あかりん、2番扇さん、3番西里奈ちゃんと決まったのだが、それぞれの希望は、1番西里奈ちゃん、2番あかりん、3番扇さんだったらしい。
「全然違う〜(^^;」
 ここまで見事に違うというのも、まるで計算していたかのようだなあ(笑)
 なお、引いたくじにはそれぞれコメントが書き添えられており、1番のの西里奈ちゃんは、
「責任重大、本人のトリ……本日の? だって、本人のって書いてる〜(^^;」
 誤字があったらしい(笑)
 扇さんは「あなたは2番目です」、あかりんは、
「あたしのは、“すぐに準備”って書いてます」
「じゃあ、すぐに準備して(笑)」
 と、2人に追いたてられるようにして舞台袖へと消える(笑)
 残った2人はそのままMCを続行。チャイナドレスの衣装の話や、扇さんが髪を切った話、今回のライブのテーマ「かぜ」の話などをして、
「あかりちゃーん、だいじょうぶー?」
「まだですー(^^;」
 そんなやりとりが2度ほどあって、ようやく出てきたのは3回目の呼び声に応えてだったか。相変わらず着替えるのが遅いですねぇ(^^;
 そして、舞台は暗転し、2人と入れ替わりにあかりんが出てくる。

□あかりん
 秋っぽい茶色のワンピ、帽子付き、に着替えて、あかりん再登場。
 早速歌うは「秋のIndication 」、今さら何を言うことがあろうか、当然知らない(笑) あかりんが、私の好き系の歌を歌ったことってないなぁ(^^; なお、振り付けは相変わらず「あかりんらしい」(謎笑)
 続けて「赤い花束」。同上(^^;

 2曲歌ってMC。
「皆さんこんばんわ。小宮あかりです」
 FPFは初参加とのこと。をれも〜(笑)
「今回のテーマは“かぜ”ということなんですが、吹く“風”だけじゃなく、病気の“風邪”もありますけど、あたし、よく風邪を引くんです」
 小学生の頃は風邪を引くと嬉しかったらしい。何故か? そう、学校が休めるから(笑) その上、おいしいものが食べれて、TVを見てゴロゴロ出来て、普段は厳しいお母さんまで優しくなって、いいこと尽くめだったので、出来るだけ長引かせようとしていたらしい(笑) 薬は苦いから飲まずに隠してまで。
「風邪はいいですね(^^)」
 って、それはちょっと違うと思うぞ(^^;
 しかし、さすがに今は歌の仕事をやっているだけあって、風邪は天敵なので、引いたらすぐに病院に行っているとか。
「風邪を引いてライブを休むとかなると、やだなー、と思うので、皆さんも風邪に注意してくださいね」
 あかりんも気をつけてね〜。

 3曲目「潮風の少女」。これは聞いた覚えがあるなぁ。って、以前のあかりんのイベントでだけど(^^;
 続けて、「妖精時代」。ちょっと振り付け嫌いかも(^^; いや、何となく(^^;;

 MC。
「風といえば、風水に凝ってるんですよ」
 西に黄色いものを置くとお金が貯まるということで、黄色い花の絵 黄色い造花 黄色いミッフィーちゃんの貯金箱、黄色いミッフィーちゃんのハンカチなど諸々西に飾っているらしい。そんなに金が欲しいんかぁ〜?(^^;
「でも、あんまり変わらないですね(^^;」
 また、東に赤いものを置くと元気になるということで、
「それは元気になってきました(^^)」
 なりたいものはお姫様ということで、恋愛運を司る北に白いドレスを飾っているが、
「でも、王室の方とは全然巡り会えないですね(^^;」
 そりゃまそーだ(笑)
 なので、人の縁が良くなるように東南に長い葉っぱの観葉植物を置いているが、それでも全然ダメらしい。
「本人がダメなんですかね?(^^;」
 ということで、女らしくなりたいと思い南西にぬいぐるみを置いているのだが、
「あたし、女らしくなりましたか?」
「女らしい!」
 応えてやるのがファンというものだろう(笑)
 でも、そんな他人任せのようなことやっててもダメだと思うぞ(^^;

 5曲目「夏色のダイアリー」。結構振り付けが凝ってましたね(^^)
 続けて「風のInvitation」。前奏は好きかも(^^;

 MC。
「最近、時計を買いました(^^)」
 夏に見つけて以来ずっと欲しかったが、夏は日焼け跡が残ってしまうので我慢していたらしい。
 しかぁし! やっと長袖の季節になったので喜び勇んで買いに行ったら、なくなっていた(;_;) まあ、取り寄せ出来たので事無きを得たのですが。
「それが届いて、今日初めてつけてきました(^^)」
 白地に赤いハートがいっぱいの可愛らしい時計らしい。今はつけていないので、後で見に来て下さいとのこと。見せて貰おうっと(笑)
 で、今まで時計を身につけていなかったので、秒針のカチカチ音が気になってしょうがない。
「時間が一刻一刻過ぎていくのが実感できるんですよね」
 そう思うと、時の経つのは早いと感じたんだとか。
 「小宮あかり」としてステージに立って5ヶ月。
「5ヶ月って早いなあ、ってカチカチ聞きながら思いました」
 一刻一刻を無駄にしちゃいけない。やりたいことが出来ないと悲しい。明日死んでも後悔しない生き方がしたい。
「やりたいことはやる! それが一番!!」
 力強く断言。
「だから、皆さんもライブに来て下さいね……って関係ないか(^^;」
 つまり、忙しくてもライブに来ないと後悔するから、後悔しない生き方をするために、忙しくてもライブに来て下さいということらしい(笑)
「あたしもライブで歌わないと後悔するから、これからも歌い続けていきます。皆さんよろしくお願い致します」

 7曲目「もう泣かないで」。「らんま1/2熱湯編」の主題歌だったらしいが、るーみっくワールドとは縁がなかったので知らない(^^; どこかで聞いたことあると思ったら、テンで歌っていたらしい。
 そして、最後の曲は、元歌を知らない私にももう耳慣れた曲「乙女のリハーサル」。「♪いつもI・N・G」は心地好いですね(^^)
「ありがとうございましたー」
 歌い終わったあかりんは大きく頭を下げて、そして舞台袖へと消えていく。
 それにしても、これだけの歌詞と振り付けを覚えるとは、アイドルも大変な商売ですなぁ(^^; つくづくそう思ってしまった(^^;;

□扇さん
 暗転から明けて、扇さんが色っぽい赤いドレスにて登場。
 早速歌うは、「サイレントメビウス」主題歌「禁断のパンセ」だ。好きな歌なので嬉しいが、歌い回しにかなり扇節が入っていたよーな(笑)
 「今日はよろしくお願いします」と簡単な挨拶を済ませ、2曲目は「星空のディスタンス」。久々に聞いたけど、やっぱり名曲ですねぇ。それをきちんと聞かせてくれる扇さんもさすが。
 風と言えば片思いの黄昏の風も思い出すということで(*2)、続けては「木枯らしに抱かれて」。これはめっちゃ良かった〜(^^) 今日聞いた曲の中で、一番心に染み入った曲かも。
 そして、私は初見だが、実は扇さんの得意ネタらしい、一人芝居。船上でのデート(?)という設定。妄想大暴走って感じですか(笑) 楽しませていただきました(^^) でも、やってる方もちょっと照れが入っていたよーな(^^;
 その妄想……じゃなくて、一人芝居の流れを受けて歌うは「Temptation(誘惑)」。あ、この歌は知らないなぁ。
 その後、1曲毎にMCを挟みつつ、「風は秋色」、「question at me」と続き、
「工藤静香さんの風の曲と言えば?」
 ということで、お次はもちろん「嵐の素顔」。でも、「黄砂に吹かれて」という線もあったと思うぞ(笑)
 そして最後は、「routine love」で締め。お疲れ様でした〜。

□西里奈ちゃん
 制服なのか衣装なのか、ワイシャツ、ネクタイ、チェックのミニスカートという出で立ちで、元気良く西里奈ちゃんが登場。
 1曲目は「もっと!モット!ときめき」。しょっぱなから大盛り上がりなのは、あかりんファンとしてはちょっと悔しい(^^;
「加藤西里奈ですっ。よろしくお願いしまーす!」
 元気な自己紹介に続いて、「スマイル・フォー・ミー」。
 MC。今日のテーマは「かぜ」。そこで、歌詞に「かぜ」という言葉が出てきたときには全て同じ振り付けをするからチェックして下さい、とのこと。
 「わぴこ元気予報!」は良かったですねぇ(^^) 好きです、この歌。西里奈ちゃん自身の元気との相乗効果で、元気すぎる1曲になってました(笑)
 MC。皆にはいつも元気だと思われているかもしれないが、実は学校では優しくて大人しい女の子というイメージらしい。人見知りするのであまり友達と話していなかったためらしいが、最近おしゃべりするようになって、そのイメージも壊れ始めているんだとか(笑)
 そして、「ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ」を披露し、その後がすごい!(笑) 先日行われた、学校の体育祭で踊ったダンスを見せてくれました。曲は「LOVEマシーン(モーニング娘。)」。とても元気なその姿は、見てるこちらも元気になってきますね! しかし、妙に笑えてしまったのはどうしてだろう(^^;
 盛り上ってきたところで(*3)、「Power」、今後の告知を挟んで「絶対!Part2」と、ノリのいいナンバーを連発。
 そして、その盛り上がりを維持したまま続く「おジャ魔女カーニバル!!」はいい選曲だが、配られていたコール表ではなく、自分で作ったコールがふと口をついて出てしまうのは仕方のないところだろう(^^;
 そして最後は、「それいけ!女の子」で締め。汗でびしょぬれの中、お疲れ様でした〜。

□プレゼント・フォー・ユー
 西里奈ちゃんと入れ替わりで、舞台上にはあかりんと扇さんが戻ってくる。今日はハロウィンだということで、それぞれ自ら選んだコスプレ姿だ。
 あかりんはズバリ「お姫様」。バースディイベントでも着ていた白いドレスだ。本当は、シンデレラよろしくガラスの靴が良かったらしい(笑) 
 扇さんは「野球のユニフォーム」。筒井雅美時代に一度着たことがあって、そのときは「タッチ」を歌ったんだとか。
「南ちゃんですか?」
「南ちゃんは新体操ですね(笑)」
 新体操は昔やっていたらしく、ステージ上でリボンをやりたいが天井にぶつかってしまうそう(^^;
 ちなみに、ユニフォーム自体は友松社長のものらしい(笑)
 そんなところで、着替え終わった西里奈ちゃんが元気良く戻ってくる。もちろんコスプレをしていて、その衣装は……かぼちゃ(笑) かぼちゃから頭と手足が出ているといった感じだ。歯が一本虫歯になっているのは、社長に落書きされたらしい。
「あたし、カボチャの馬車に乗るのが夢なんですよー」
 あかりんがかぼちゃに反応(笑)
「じゃあ、(あかりんが)かぼちゃに乗るお姫様で、(扇さんが)王子様」
 西里奈ちゃんがそれぞれを指差しながら、シンデレラの世界へと話を持っていく。
 しかし、それにオチをつけたのは扇さんであった(笑) 自分を指差しながら、こう答えたのだ。
「一番背の低い王子様?(^^;」

 三者三様で「すごく楽しかった〜(^^)」とライブの感想を述べた後は、「恒例のプレゼントコーナー」。渡すプレゼントを袖に忘れていた扇さんが取りに戻り、舞台上にはあかりんと西里奈ちゃんの2人が残された。
「……こんにちはっ」
 妙な間を経ていきなり頭を下げた西里奈ちゃんに、場内爆笑(笑) 対処に困りながらも笑うしかないあかりんだが、扇さんがすぐに戻ってきてくれたので一安心(笑) 自らもプレゼントを取りに袖に戻る。それにしても、あかりんと西里奈ちゃんの2人だと、どうしていつも漫才になってしまうのだろう?(笑)
 一方、あかりんのいない舞台上では、「あかり姫!?(笑)」と扇さんが素っ頓狂な声を上げていた。西里奈ちゃんの「こんにちはっ」の後に続いた言葉を受けてのものだったのだが、
「今日だけは、(あかりんの)願い事を叶えてあげようと」
 やっぱり、西里奈ちゃんって面白いよなぁ(笑)
 というわけで、あかりんも戻ってきて、プレゼントコーナースタート! 抽選はくじ引き。タレントが袋に入った紙を引き、その番号とチケットの半券に書かれた番号が一致すれば当選だ。
 まずは、あかりん。プレゼントは、ポラロイドを入れるアルバムだ。最近貰うことが多くなったので、自分用のも買ったらしい。おお、お揃いかぁ。
 すると、壷社長から、前説の時に撮られたポラロイド写真もプレゼントするとの提案(笑)
「じゃあ、希望者の方には(^^;」
 と、くじを引いたら、その写真を撮った人に当たったので、笑ってしまった(笑)
 続く扇さんのプレゼントは、先日の家族旅行のときの写真。家族しか持っていないので貴重らしい。愛あるメッセージ付きの写真を2枚セットで1名様に。
「5番の方〜」
 くじを引いた扇さんが番号を告げるが、誰も名乗り出ない。
「誰だっ、誰だっ、誰だ〜っ?」
 小声でガッチャマンを歌い出したりなんかして、なんか可愛いぞ(笑)
 で、「あ、オレだ」といしださんが立ち上がったものだからびっくり(笑) おいおいおい、さっさと名乗り出ーな(^^; そして、「ファンになってくださいね」と言われ、ちゃっかり握手まで交わしていたいしださんなのであった。扇さんの応援頑張ってね〜(笑)>いしださん。
 最後は西里奈ちゃん。プレゼントはなんと、今着ているかぼちゃ! 残念ながら、ちゃんと洗濯したらしい。ちっ(笑) 最前列に座っていた女性に当たっていた。今脱ぐのも何なので、後で渡すということに。
 そして、当たらなかったみんなにも、特別にプレゼントが! 3人で歌う「タイミング〜Timing」だ。
 しかし歌の前に、客席への振り付けの指導から。一緒に盛り上ってもらいたいからだが、うぐぅ、イマイチ理解出来ん(^^; てゆーか、タレント陣も結構アヤシイんですが(^^; しまいには、客席から人が呼ばれて、その人が見本になってたし(^^;
 で、歌。やっぱり、あかりんの振り付けが微妙にずれてるような気がする(^^;
 間奏部分で、扇さんによるメンバー紹介。自分の分も自分でやってるし(^^; 誰かやってやれよぅ(^^;
 続けて、皆から一言ずつ。
「今日は皆さん楽しかったですかー?」
「あたしたちも楽しかったです」
「これからもがんばるので、応援よろしくお願いしまーす!」
 そして、最後のパートを歌い上げて、大きく頭を下げられたまま、幕は閉じていった。

□終わった後のお楽しみ
 終わった……。
 というわけで、まずはカメラを片付ける。と言っても、どうせこれからも使うので、広角レンズに付け変えるだけだが。外部フラッシュは必要ないだろう。
 楽屋口からタレント陣が出てくる。最後の衣装のままだが、西里奈ちゃんだけはかぼちゃを脱いで、畳まれたそれを手に持っていた。賞品贈呈式だ。
 そして、あかりんが空くのを待って、接触(笑)
「おつかれさまでした〜」
 まずは早々にプレゼント。話に熱中した余り、せっかく持っていったプレゼントを渡し忘れていたということは少なくない(^^;
 前回のイベントの写真と、ゲーセンで衝動製作した(笑)小宮あかり千社札シール、そして、撮影会の写真で作ったハガキ2種60枚。さすがにハガキは珍しかった模様(笑) なお、自分の分として、サインを入れて貰って1枚ずつ貰っておく(笑)
 お次はスケブを取り出して、「あかりんといっしょ!」と書いてもらう。
「あ、ホームページですね!」
 お〜、わかってるねぇ(笑)
 というわけで、「あかりんといっしょ!!」と書かれたスケブを持ってもらって撮影。これをホームページのタイトル画像にするのだ。
 その後は、ファンの皆を交えて歓談。
 すると途中で、マイクを持った西里奈ちゃんが、カメラマンを携えてやってきた。
「すみませ〜ん、こちら“欽こん館でドン!”ですが、今日のライブの感想をお願い致します」
 西里奈ちゃんがマイクをあかりんに向ける。どうやら、現場レポートらしい(笑)
「あ、はい、とても――」
「カメラ目線でお願いします(笑)」
 爆笑。やっぱ、西里奈ちゃんのツッコミはいいなぁ(笑)
 最後の締めもまた良かった。
「お姫様らしくとても可愛らしい格好をしていますが、性格もお姫様に早くなれるように頑張って下さい」
 って……(笑) 私からは、これ以上はノーコメント(笑)
 そして、“欽こん館でドン!”は去っていき、
「でも、黙ってると可愛いよね(笑)」
 思わず言ってしまう私。だって、喋ると「可愛い」以前に「面白い」んだもん(笑)<誉め言葉のつもり(^^;
 さて、そんな様子をずっとDVで写していたいしださん。
「ずっと映してるー。変なこと喋ってたらどうしよう(^^;」
 心配するあかりんだが、カメラに気付くと両手を振るのは相変わらず(笑)
 そんなこんなで、ライブ終了後も1時間くらいは団欒していたような気がする(^^; いいですねぇ、こーゆーの(^^)
 皆さん、今日はお疲れ様でした。とても楽しかったです(^^)

 余談。
 そして、その後は会場の外で出待ちが行われたのであった(笑)

*1: おいおい(^^;
*2: 「あたしだけ!?(笑)」
*3: とっくの昔からという話もあるが(^^;