イベント参加リスト(1999年08月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
テンカーニバル Vol.6「夏だ!水着だ!パラダイス!!」【概略】

日時:1999/08/01(日) 13:00
場所:Zippal Hall(神田)

出演:桜井由香理/岡本絵莉/パール[手塚里美/森野友貴]/湯原麻利絵
スタッフ参加:西崎理乃

テンカーニバル Vol.6「夏だ!水着だ!パラダイス!!」【記録】

 って、タイトルに偽りありじゃないですか〜?
 というわけで、第1部にはゆーちゃんも出ていなかったので、さらりと感想程度で流しておきます。
 出演者は、ゆかりんこと桜井由香理嬢、えりりんこと岡本絵莉嬢、パール(手塚里美嬢&森野友貴嬢)、湯原麻利絵嬢、の5人。みきぴんこと中嶋美樹嬢はお休みとのこと……って、そんなのありかい(^^; 少なくとも第1部は、みきぴんに会いに来たのに〜!(^^; と、みきぴんファンの貞方さんも怒っていたぞ(笑) でも、スタッフが次々と挨拶に来るので、帰りたくても帰れなかったんだとか(笑)
 で。えりりんとパールは確かに水着だったけど、麻利絵ちゃんは黒のワンピース。事務所から肌出しNGの指示でも出てるのかな。しかし、歌もアイドル系というよりはシンガー系だし、なんかあの場にそぐわないんだよね〜。出演者の中で唯一CDデビューもしてるし、ちょっと前までは「めざましテレビ」で準レギュラーだったしねぇ。メジャー度が違うというか(笑) 実際、SHOWMAN'Sと知り合わなければ、今日(*1)の面子で知った名前は、ゆーちゃんと麻利絵ちゃんだけだ(爆)(*2)
 そして、肝心要の主役のゆかりんの衣装は、最初こそワンピース水着だったものの、上着を羽織ってストッキングにズボンまで履いて完全ガード状態。その上、衣装替えする度に、露出度が減っていくという(^^;
 なんか間違ってるよな〜、と思ってしまった。そういう演出なら、そんな副題つけなきゃいいのに。おかげで、水着と非水着の衣装が取っかえ引っかえで出てきて、違和感この上ない。ただでさえ、何もない黒バックのステージで水着というのは卑猥なのに、それがかえって強調されちゃってるもんな〜。
 しかし、衣装を考えなければ、楽しい内容でした。1時間半、曲が盛りだくさんでしたし。でも、昔のアイドルの歌って知らないんですよね〜、私。私の人生の中で、アイドルに転んだことってないもので。最初に入れ込んだタレントは桜井智嬢だけどアイドルではないと思っているし、次が遊星王女だもんな〜(笑)
 というわけで、始めから終わりまで知らない曲ばかりでした(^^; 歌った曲数だけ数えてみましたが、ゆかりん、えりりん、パールの4人で歌ったのが、最初の「暑中お見舞い申し上げます」と、ラスト2「真夏の光線」、ラスト「世界で一番暑い夏」の3曲(*3)。ゆかりんソロが9曲、えりりんソロが3曲、パール2曲、麻利絵ちゃん2曲の、計19曲。おお〜、こんなに歌っていたのかっ。ゆかりん、さすがに多いなあ。てゆーか、みきぴんの分も歌っているから?
 最後に、各タレント個人に対する感想を。
 ゆかりん。ゆかりんについては、買ってるんですよ、私。横浜開港祭を見に行ったときに実感したんですが、盛り上げ方が上手い。噛みまくるけど(笑)、トークも上手い。というか、話題の引き出しが多い。とっさに色々な話が出来る。すなわち、アドリブとフォローに強い。見事ですよ〜。曲のオケがうまく出て来なくても、きちんとつなぐし。その点には惚れ込んでいます。たまに笑えないボケをかましてくれるのはご愛敬ということで(笑) あと、客席と気軽に話してしまうのは、いいことなのか違うのか。まあ、私も結構客席からツッコミ入れてましたが(^^;
 えりりん。明るいね〜。元気に溢れてるね〜。水着だね〜。乳揺れくぅ〜(>_<)(*4) ライブの度にものまねを披露しているらしく、今回は「Dr.スランプ」のガッちゃん。結構似てたぞ(笑) あと、マイクを両手でがっしりと握っていたのが、妙に印象深い。
 パール。振り付けが見ていて楽しい。やっぱり、ユニットはいいね〜。微妙(?)に揃ってないのはご愛嬌(^^;
 麻利絵ちゃん。可愛い系かと思っていたら、カッコいい系だったのね。振り付けのとき、必ず左手で虚空を指差すような仕種を取るのは、癖なのかなぁ。
 ちなみに、第1部を見ていたL流れ組は、いしださん、KIRARAさん、森川1号さん、arachinさん、私の5人。ゆーちゃん出ているわけでもないのに、ねっしんだなぁ(笑)
 なお、森川1号さんとarachinさんは、劇場版リカちゃんの智ちゃん舞台挨拶を見に行くため、第1部にて退場したのでありました。

テンカーニバル Vol.7「トーク爆発 ゆかりんの部屋」【概略】

日時:1999/08/01(日) 15:30
場所:Zippal Hall(神田)

出演:桜井由香理/千葉れみ/cista/橋本悠
スタッフ参加:西崎理乃

テンカーニバル Vol.7「トーク爆発 ゆかりんの部屋」【曲目】

--.トークコーナー/桜井由香理
--.トークコーナー/桜井由香理&千葉れみ
--.トークコーナー/桜井由香理&cista
01.(オリジナル)/cista
--.「ゆかりんのなんでも調査隊」公録/桜井由香理&橋本悠
02.Fight!(高橋由美子)/橋本悠
03.First Kiss(オリジナル)/桜井由香理
04.あいどるにっき(オリジナル)/桜井由香理

テンカーニバル Vol.7「トーク爆発 ゆかりんの部屋」【記録】

 開演前に、貞方さんから「受付やらせたら日本一」の西崎理乃嬢を紹介してもらう。あゆあゆと同じ事務所のタレントらしい。
「どこに住んでいますか?」
 何のことだかわからないが、いきなりそんな質問を受ける(^^; そして、横浜在住の私は彼女の期待には沿えなかったようだ。きっと彼女はこれからも会う人会う人に居住地を質問していくことだろう(笑) てゆーか、葛飾に住んでいる人を探しているのなら、「葛飾に住んでますか?」と聞く方が早いと思うぞ(^^;
 いや、それはともかくとして、彼女面白いですよ〜(笑) あまりに面白かったので、この後、2部閉演後、3部開演前にも相手してもらっていた(爆)

 さて、開演すると、浴衣姿でゆかりん登場。そうそう、別に露出度は高くなくても、可愛さの演出なんていくらでも出来るんですよね〜。
 第2部はテーブルを挟んで椅子に座り、1対1のトークショーらしい。ゲストは4人いて、最初の1人目は……ゆかりん。つまり、本人(^^; どうやら、ゲスト予定だった1人が病気のため欠席らしい。
 2人目はちっちゃな女のコ、千葉れみちゃん。15歳だったかな? 「美少女H」に出ていたらしい。
 3人目は、れみちゃんとは対照的にアダルティーな雰囲気一杯の、cistaさん。年齢は秘密だそうです(笑) 最後には自分の歌を披露してくれて、退場。

 そして、16時25分。最後のゲストとして、いよいよゆーちゃん登場! 水色の半袖ワンピースだ。
 とりあえず、出てくるなり「ゆーちゃ〜ん!」コールを隣のいしださんと一緒に入れてみる。しかも、声を揃えてではなく交互に叫んでいるので、うるさくて迷惑なことこの上ない(^^; さらに、ゆーちゃんの話し出すきっかけを思いっきり邪魔しているし(^^;; しかし、これくらい派手にやっておかないと、ゆーちゃんも一人では心細いだろう(^^; まあ、ゆかりんに「すごい声援ですねぇ」って言わせたからいっか(笑)
「ゆーちゃん、かわいー!」
 ついでに、そんなことを言ってみたら、
「あ、ありがとうございます(^^;」
 ゆーちゃんテレテレ(笑) なんてゆーか、ゆーちゃんは照れたところが一番可愛いやね(笑)
 さて、トーク内容についてだが、前の3人とは違ってここだけはゆうせんの「ゆかりんのなんでも調査隊」の公録も兼ねているらしい。おかげでトーク内容が急に変わって大わらわだったとか。
「超どきどき〜!」
「……どきどき〜」
 テンション高いゆかりんについていけなかったか遅れること数秒(笑) 互いに「おしゃべりさん」らしいが、初対面ということもあって先行きが不安になってしまう出だしだったかも(^^;
 まずはゆーちゃんの自己紹介。
「年齢は内緒ですっ(笑)」
「な、なんで?」
 ゆかりんのツッコミ。サバを読むのは珍しくなくても、不詳なのは珍しかったか?(笑)
「10代から30代までの説があるので〜」
 てゆーか、ゆーちゃん自身がそう言っているからのよーな(^^; でも、27歳のゆかりんよりはお姉さんらしい(笑)
 特技はぬいぐるみ作り。
「おー、すごい! 女のコっぽいじゃないですか〜」
 それって地味に、誉め言葉じゃないかも(^^;
 趣味は映画鑑賞。映画館で見るのが好き。「日本人なのに」洋画が主だそうだが、最近見た邦画は「踊る大走査線」。
「カット割りが燃えます!(笑)」
 ま、マニアック〜!(笑) でも、もちろんゆかりんがついてこれるはずもなく(笑)、それを察したゆーちゃんは早々に話を打ち切り。
「そんな話はどうでもいいですね(^^;」
「わからないな〜(^^;」
「最近見た洋画は“エネミー・オブ・アメリカ”です」
 しかし、やっぱりついていけないゆかりんは、
「違う話にしちゃお〜(笑)
 強引に話題チェンジしたのであった(笑)
 最近の仕事状況については、この「ゆかりんのなんでも調査隊」の次の番組である「加藤由紀のGALACTIC RADIO!」にレギュラー出演中。
「というわけで、皆さんチャンネルはそのままで、って感じで(笑)」
 仕事をしていて楽しいところは、色んな人に会えることと、どんなにテンション高くても誰も文句を言わないこと(笑)
「みんな、言えないんだよね〜、きっと(笑)」
 やっぱり、ゆかりんのツッコミはキビしい(笑)
「で、言わせないゆーちゃんは(笑)、誰かに似てるとか言われますか?」
「ハムスター」
 即答。行動パターンがハムスターに似ているらしいが、一体どんな?(^^;
 そして、最近ハムスターのアニメをやってるんですよね、と言い出したゆかりんだが、番組名が出てこない。客席からの声に、
「ガンバ? う〜ん、どうだろう……。ガンバろう!(笑)」
「ガンバろう!(笑)」
 お寒いギャグが飛んだところで(笑)、曲の紹介。ゆーちゃんが選んで持ってきた曲らしいが、まさか「い ろう゛ぇ よう」だとは予想だにしなかったぞ(^^;
「なんかウケてますけどー(^^;」
 そりゃあ、ウケもしますって(笑)
「これは何歳くらいのときに作られたんですか?」
「声がよそ行きですかね(^^;」
 いやあ、なんかゆかりんのツッコミはいいなぁ(笑) ちなみに、2年ちょっと前です。

 さて、後半戦こそ「調査隊」の本領発揮である。「1億3000万人のファンの方に送る秘密トーク」らしい。いや、今さらわざわざ突っ込まないけど(笑)
 どういったものかというと、「お仕事」「恋愛」「性格判断」「ちょっと恥ずかし〜い質問」の4段階の質問を、次々とゆーちゃんに浴びせ掛けるというものだ。
「それでは、難度1から行ってみましょ〜!」
「難度1っ」
 小声ブリッ娘風に復唱するゆーちゃんが可愛かったり(笑)
「今年の目標――もう半分以上過ぎちゃったんですけど――をお願いします」
 には、とりあえずプロデュース公演を頑張るとのこと。
「行くよー!」
「ありがとうございます!」
 やっぱり、積極的に番組に参加していかないと(笑)
「すごいですねぇ……年とかいくつなんですか?(^^; ほら、しっかりしてないと、プロデュースとか出来ないですからねぇ(^^;」
 しかし、どうしてもゆーちゃんの年が気になるらしいゆかりんなのであった(笑)
「それでは、難度2の問題です!」
「難度2〜ぃ」
 今度はあんまり可愛くない(笑)
「彼氏を選ぶチェックポイントは何ですか?」
「ズバリ、犬っぽい人」
「いつでもハァハァ言ってる方がいい?」
 やっぱり、ゆかりんのツッコミは冴え渡りすぎ(笑)
「それ、なんか痴漢電話みたいじゃないですか(笑)」
「えーじゃあ、自分の彼氏になったら、ポチって呼びたいとか?(笑)」
「いや……あー、それもいいなぁ、なんて(笑)」
 本当にやりそうなところが怖い(笑)
 というわけで、次の質問。
「男の子には告白するタイプですか?」
 ゆーちゃん、考えつつ「そうだと思いますね〜」。
 小学校の頃のバレンタインデーの日に、クラスの皆がいるにも関わらず、好きな男の子の席に直接出向いてチョコを置いてきたことがあるらしい。もちろん、「あ〜、好きなんだ〜」と友人連中から冷やかされたものの、「ああ、好きさ!」と逆ギレ開き直りしたんだとか(^^;
「そういう感じの過去があるので、もしかして自分から言う方かな、と」
 するとゆかりんぽつりと、「……怖いなぁ」。
「え(^^;」
「そんなゆーちゃんは、焼きもちを焼くタイプですか?」
 ゆーちゃんに突っ込む隙を与えずに質問で畳み掛けるところは、さすがとしか言いようがない。こりゃ、ゆかりんの方が一枚上手だな(笑) さすが、伊達にラジオのメインパーソナリティは張っていないといったところか。
「人並みに」
 まあ、それにあっさり乗せられるゆーちゃんもゆーちゃんだが(^^; 実は、今までツッコミ役ばかりだったから、突っ込まれるのには馴れていないか?(笑)
「浮気してもいいです」
「えっ、何で!?」
 それにはゆかりんもびっくり。
「てゆうかそもそも、男とは浮気するものでしょ?」
 うぐぅ、その言葉は結構痛いかも(^^;
「みんな、頷かないでよ〜(^^;」
「そこで思いっきり首を振ってほしかったんだけど、ま、いいや」
 といったところで、ここで再び曲の紹介。ドナ・ルイスの「I Love You Always Forever」。

「それでは、次の質問、行ってみましょー!」
「……難度3」
 何故か消え入りそうな声。
 難度3は性格判断。
「得意の物真似を披露して下さい〜、3、2、1、Q!」
「あんあんっ!」
「犬ですかい」
「あ、え、え〜と、アンパンマンのチーズ」
 ただの犬じゃなかったらしい(笑)
 続いて、演技力テスト。リスナーのみんなに対して愛の告白(笑)
「目の前にいると緊張しますねぇ(^^;」
 ラジオならまだしも、やはりこうして目の前にいられるとやはり照れるらしい(笑)
「好きです…………おしまいっ(///)」
 最後は思いっきり照れていたが、そこまでしっかりエコーが入っていた(笑)
「次の質問。宝くじで1000万円当たったらどうしますか?」
「私、実家がかなり田舎なので〜」
「どちらの方なんですか?」
「湘南なんですよ。湘南ガールって呼んで下さいっ」
 しっかりポーズを決めてみせるゆーちゃんだったが、
「湘南カール?」
 埼玉県民のゆかりんには通じなかったようだ。「それにつけても♪」とか歌いだしてるし(笑) 「なんかの洒落なんですか?」とまで言い出すし(^^;
「田舎者で電車がすぐになくなってしまうので、都内に泊まれるところを確保したいです。ああ、宝くじ当たって〜」
 夢見るゆーちゃんに、
「当たったら玄関でいいんで、居候させて下さい〜」
 やっぱりゆかりんが上手か(笑)
 その後しばらく、同じく田舎者らしいゆかりんと田舎談義で盛り上がる(笑)
「では、次の質問、行ってみましょー!」
「難度4だよォ!(怒)」
「す、すす、すみません(^^;」
 台本に「ちょっと怒って」と書いてあったらしい(笑)
 最後は、恥ずかしー質問。
「自分の部屋では、裸でぶらぶらしたりしますか?」
「裸はないですけど、下着姿はあるかもしれないです(^^;」
「おぉ〜〜〜〜〜」
 オヤジ化ゆかりん(笑)
「どんな下着姿で?」
「普通のパンツと、上をつけて……」
 なんかゆーちゃんの言い方もオヤジっぽいし(^^;
 風呂上がりにバスタオル姿で部屋まで戻り、「でやぁっ」とベッドに倒れ込んだりするらしい。
「あんまり色気のない話でしたね(^^;」
 まあ、別の意味で「恥ずかしい」話かもはしれない(^^;
 では、次の質問。
「下着を買うときのポイントは何ですか?」
「最近はですね、上下セットっていうのに凝ってまして」
「女王セット!?」
 会場大爆笑(笑)
「違う違う、違う(^^; レースでスケスケなんですか?(^^;」
 ゆーちゃんの声も笑いで震えている(笑)
 なお、最近買った下着はストラップレスの青色らしい。ちなみに、透けません(笑)
 では、続いての質問。
「顔以外の自分の体の中で、いっちば〜ん自信のあるところはどこですか?」
「顔以外ですよね……耳は顔に入りますか?(^^;」
「う〜〜〜ん、どうだろう? 入らないとしましょう!」
 うげ。入ることにしてほしかったぞ(^^; だって、
「じぁあ耳にしときましょう(笑)」
 こうなるのは目に見えていたのだから(^^; これって面白くない〜!(笑)
「結構福耳ですよ」
 をれも〜(笑)
「でも、顔がちっちゃいから大きく見えるのかもしれない。ゆかりん、顔が大きいから耳がちっちゃく見える〜〜〜なんてー、そんな〜」
 泣き出すゆかりん(笑)
「墓穴掘っちゃった〜(^^;」
 といったところで、いよいよ最後の質問。
「またこの番組に出たいと思いますかっ!?」
「思いますっ!」
 ゆーちゃん、力強く断言。
「ホントに?」
「ハイッ」
「ホントに、ホントに?」
「ハイハイハイッ」
 しつこいゆかりん(笑) 「あたし、友達いないんです〜」と1度ならず言っていたゆかりんだが、本当にありがたそうだった(笑)
 その後、ライブ等のゆーちゃんインフォメ。「DDTライブ ハレルヤ」の説明のところでゆかりんが、
「DDD……誰でも大好き大丈夫?」
 と聞き間違っていた(^^; でも、やっぱり、DDTは何の略かは気になるよなぁ(^^;
「チケットのお問い合わせはSHOWMAN'Sまで」
「電話番号とか今わかりますかね?」
「あーっと、今わからないので、この続きのラジオ聞いて下さい(笑)」
 前の事務所の番号だったら、ソラで出てきたろうな(笑)
 そして、ゆかりんの番組インフォメがあり、
「では、会場の皆さんもご一緒に、ばいばい言いましょう」
「ば〜いば〜〜〜い!」
 もちろん、付き合ってあげるのが義というものである(笑)

 というわけで、公録は終了。しかし、まだちょっとだけ続く。
「悠ちゃん、どうでした?」
「面白かったですー」
「堂々としてますよね〜」
 公開録音体験は2〜3度というゆーちゃんに対してのゆかりんの感想。
「いやぁ、図太いだけですー」
「そっかー」
「あれぇ?(^^;」
 やっぱり、ゆかりん一枚上手(笑)
 そして、ゆーちゃんが「Fight!」を披露。スナさんライブ以来だ。しかし、途中、思いっきり歌詞が飛んでいた(^^; 思わず、「ゆーちゃん、がんばれー!」と声をかけてしまう。
 それでも何とか歌い上げて舞台裏へと戻っていったゆーちゃんであったが、なぜかすぐにゆかりんと一緒に戻ってきた。何かと思えば、先程の告知で「夜桜お7」の場所を間違ってTAKE OFF7と言ってしまったらしく、それの訂正。そういえば、そう言っていた覚えはあるが、全然疑問に思わなかった(^^;;;
 そして、最後はゆかりんがオリジナル曲を2曲続けて熱唱。「First Kiss」と「あいどるにっき」だ。「あいどるにっき」は振りつけも含めて、結構好きかも(^^) でも、コールがうるさくて、全然歌声が聞こえてこないんだよね〜(^^; 歌間のコールはともかく、歌声にコールをかぶせるのはどうかと思う。

※作者註・第2部だけ妙に詳しいのは、録音してたから……なわけではなく(^^;、後日実際に放送された「ゆかりんのなんでも調査隊」を聞いて補完したからです。録音テープを提供して下さったプレセペさん、ありがとうございます!

テンカーニバル Vol.8「アイドル HISTORY フェスティバル」【概略】

日時:1999/08/01(日) 19:00
場所:Zippal Hall(神田)

出演:桜井由香理/橋本悠/小宮あかり/パール[手塚里美/森野友貴]/土屋亜有子/岡本絵莉/湯原麻利絵
スタッフ参加:西崎理乃

テンカーニバル Vol.8「アイドル HISTORY フェスティバル」【曲目】

01.まちぶせ(荒井由美)/桜井由香理
02.待つわ(あみん)/橋本悠
03.青い夏のエピローグ(堀ちえみ)/小宮あかり
04.Forever(1999少女隊)/パール
05.渚のハイカラ人魚(小泉今日子)/土屋亜有子
06.学園天国(フィンガー5)/岡本絵莉
07.Eyes to me(Dreams Come True)/湯原麻利絵
08.世界中の誰よりきっと(中山美穂&WANDS)/岡本絵莉
09.草の想い(中嶋朋子)/橋本悠
10.一億のスマイル(酒井法子)/小宮あかり
11.(?)/土屋亜有子
12.TOMORROW(岡本真夜)/パール
13.乙女のリハーサル(CoCo)/小宮あかり
14.もう泣かないで(瀬能あづさ)/桜井由香理
15.水平線でつかまえて(三浦理恵子)/小宮あかり
16.あなただから好きなの(CoCo)/桜井由香理
17.元気!元気!元気!(高橋由美子)/桜井由香理
18.会いたくて〜Lover Soul〜(LINDBERG)/橋本悠
19.Shapes Of Love(E.L.T.)/湯原麻利絵
20.Power(ポケットビスケッツ)/桜井由香理
21.bye-bye(ブラックビスケッツ)/パール
22.大スキ!(広末涼子)/桜井由香理
23.見つめていたい(水野あおい)/桜井由香理
オリジナル曲コーナー
 24.愛のチュウ(オリジナル)/岡本絵莉
 25.あと少し…(オリジナル)/土屋亜有子
 26.(オリジナル)/パール
 27.Galaxy of Love(オリジナル)/橋本悠
 28.Behind The Love(オリジナル)/湯原麻利絵
 29.Plastic Moon(オリジナル)/湯原麻利絵
 30.First Kiss(オリジナル)/桜井由香理
 31.あいどるにっき(オリジナル)/桜井由香理
32.真夏の光線(モーニング娘。)/桜井由香理・橋本悠・小宮あかり・パール・土屋亜有子・岡本絵莉・湯原麻利絵

テンカーニバル Vol.8「アイドル HISTORY フェスティバル」【記録】

 またまた休憩。今度は次の開場まで1時間ほどあったので、いしださん、KIRARAさん、は〜んさんとコーヒーショップで暇潰し。私はオレンヂジュースを頼んだ。だって、コーヒーはあまり好きじゃないんだもん(^^;
 そこでは〜んさんに、「ゆーちゃんのどこが好きなの?」と聞いたら、「いつもその質問しますよねー(^^;」と返された。あうぅ(^^;;
 開場ギリギリの18時半に戻ると、そこでは意外な人物が我々を待ち受けていた。森川1号さん、魔竜王さん、OGHIさんの3人だ。智ちゃんの舞台挨拶を見て、さらにスーパードールリカちゃんの映画まで見てから、ここに来たらしい。浮気ツアーだなぁ(笑)
 5分ほどで開場。とりあえずL流れ組7人の席をステージに向かって右側の方に確保しておく。そして入り口の方に戻ると、さっそく森川1号さんが貞方さんを捕まえて話し込んでいた(笑) 私はそのそばにいたなかぞのさんと、「どこでもいっしょ」の名刺交換。おおっ、初体験(笑)
 驚いたのは、2部閉演のときには「夜桜お7」に受付で遊びに行く、と話していた西崎さん。
「夜桜お7(の受付を)、がんばってね〜(笑)」
 と挨拶して出てきたはずなのに、こうして3部開演で戻ってきたときには、いきなり出演決定になっていた(笑) 歌はさておき(^^;、MCに期待しよう(笑) ドラマコーナーに出ても面白そうだなぁ(^^)
 そして、定刻通りの19時にライブスタート!

 1曲目はゆかりんの「まちぶせ」だ。マリ姉のカバーではないだろう、きっと(笑)
 そして、2曲目にさっそくゆーちゃん登場! 智ちゃんから貰ったらしい、オレンジのコスモス(*5)をあしらったワンピースが可愛い(^^) もちろん登場時には「ゆーちゃん」コールが飛び交う(笑) そして歌うは、ひとり「待つわ」(笑) カラオケでよく友達と歌うそうで、友達がハモリ担当らしい。ゆーちゃんがハモリ担当で、ひとりでハモリの方だけを歌ったら面白そうだったけど(笑)
 続いて、本日初登場のあかりんこと小宮あかり嬢の「青い夏のエピローグ」。ちんまくてなかなか可愛い(^^)
 その後のパールの歌は1999少女隊の「Forever」だったらしいが、全くわからず。聞いたことのない曲は全くわからないんですよね〜。CoCoとかRibbonとか、その世代のアイドルソングは全然耳にしてないし。
 続くあゆあゆの「渚のハイカラ人魚」はちょっぴり意外。大人しめの歌しか歌わないのかと思っていたら、こういう歌も可愛いですね〜。森川さんは「あゆあゆ〜!」と声をかけていたし(笑)
 そして、arachinさんイチオシのえりりんこと岡本絵莉嬢は、格好を見れば何を歌うのかがすぐわかった(笑) 派手なサングラスに少年ぽい出で立ち、フィンガー5の晃のコスプレ(笑)で、歌うはもちろん「学園天国」! ノレる曲だけに、客席も大いに盛り上がる(^^) そして、歌い終わると、再びものまねを披露(笑) 今回は「魔法使いサリー」のダブダブ……って何?(^^;
 湯原麻利絵嬢が歌っていた歌は、聞き覚えはあるんだけど曲のタイトルが出て来ない(^^; うむぅ、若年性健忘症か?(^^;; どうやら、「Eyes to me」だったらしい。ドリカム好きだなぁ。
 再びえりりん、「世界中の誰よりきっと」。マイクの両手握りは健在だ(笑) なんか、あの持ち方は印象に残るんだよね〜。
 そして、ゆーちゃん再登場! ゆーちゃんコールも元気良く!(笑) 衣装は変わらないまま、「草の想い」をしっとりと歌い上げる。静かな曲が続いてコールが入れられないので、ちょっと欲求不満(^^;;
 あかりん、「一億のスマイル」。元気いっぱいだねぇ。
 あゆあゆの歌、不明。
 パール、「TOMORROW」。相変わらず、揃った振り付けは見ていて気持ちがいい。
 あかりん、「乙女のリハーサル」。コールが結構入る。「いつもI・N・G」が耳に残るなぁ。
 久々登場のゆかりん、歌った歌は知らない曲(^^; 瀬能あづさの「もう泣かないで」だったようだ。
 またまたあかりん、「水平線でつかまえて」。振り付けが面白い(^^;
 すぐさまゆかりん、CoCoの「あなただから好きなの」は、やっぱり知らない(^^; 最後に「あなたじゃなきゃ駄目なの!」と客席に向かって言っていた(笑) こういう演出はいいよね(^^)
 続けてもう1曲歌うが、やっぱり知らない(^^; 「元気!元気!元気!」だったようだ。
 そして、ゆーちゃんが上着を脱いで登場(笑) 歌うは「会いたくて〜Lover Soul〜」。知らない〜(^^;
 久々登場麻利絵ちゃんは、知らない歌(^^; 「Shapes Of Love」か? でも、麻利絵ちゃんは全部シンガー系だったような気がする。第3部のタイトルは、「アイドル HISTORY フェスティバル」なんだけど(^^;
 そして、ゆかりんの「Power」。この歌好きなんだよね〜(^^)
 続けてパールは「bye-bye」。いい加減しつこいが、やっぱり振り付けがいい(笑) 他の人がそんなに動かないから、思いっきり動いてくれると気持ちいいんですよね〜(^^)
 ゆかりん、「大スキ!」。やっぱり、いいねぇ、こういう歌は(笑)
 でも、次の「見つめていたい」は知らない曲だった(^^;

 そして、アイドル編が終わって、オリジナル曲編。それぞれが自分の持ち歌を歌っていく。
 えりりん、「愛のチュウ」。一昔……いや、二昔は前のアイドルソング風(^^; いや、あのノーテンキさは、うまく本人の個性を現していると思うけど(^^;; 本人の作詞作曲らしい。
 あゆあゆ、「あと少し…」。森川さんが登場時に「あゆあゆ〜っ!」と力の限り叫んでいた(笑) 歌はしっとりしてて結構好み。聞くのは二度目なので、じっくり聞けたし。
 パールはやっぱり振り付けじゅ〜よ〜(笑)
 そして、満を持しての登場はゆーちゃん。「推定無罪」のオケはないだろうと思っていたら、意外にも「Galaxy of Love」であった。となれば、コールは一際盛り上がる(^^) しかし、後で貞方さんに聞いたところによると、スナさんがちょっと見に来ていたらしく、だったら「推定無罪」だけ手伝っていってくれれば良かったのに(笑)
 麻利絵ちゃんは出したばかりのCDシングルから、「Behind The Love」とC/W曲の2曲を披露。やっぱり、曲調はシンガー系。もちろん、左手で虚空を指差す振り付けは健在だ(笑)
 トリをつとめるのはもちろんゆかりん。あかりん出て来なかったけど、オリジナル曲はないのかなぁ(^^;
 ゆかりんが歌うは、「First Kiss」と「あいどるにっき」。2部と一緒だ。
 そして、いよいよ最後の曲……の前に、ゆかりんの「皆さんも一緒に盛り上がって下さい!」との言葉から、全員スタンディングの上、邪魔な椅子も片付けることとなった。こういうのもいいですねぇ。やっぱゆかりん、盛り上げ方がうまいよな〜。
 ゲストも全員集合。ゆーちゃん、あかりん、あゆあゆ、えりりん、パールに麻利絵ちゃん、総勢8人だ。我々がそこに陣取っていたからというわけではないと思うけど、ゆーちゃんの立ち位置は丁度我々の目の前となる、ステージの向かって右端前列。ステージに片足乗せた(笑)森川さんが「ガガガ歌うの?(笑)」とか聞いていたので、私は「海バス?(笑)」とか聞いてみる。そんなわけないって(^^;;; ゆーちゃんも苦笑いしてたぞ(^^;
 そして、タレント全員で、そして客席も一緒になって歌った曲は、「真夏の光線」だ。椅子がなくなって、みんなステージ前に集まって、それで盛り上がらないわけがない。「ゆーちゃあ〜〜〜んっっ!!」と力の限り叫び、たまには「あかりーん!」と叫んでもいたけれど(笑)、大大大大大大大盛り上がりでしたね〜!! 基本的にゆーちゃん1人だけ応援していればいい、というのは気が楽だ(爆)
 しかし、歌の途中で1人ずつ去っていくゲスト陣。それは、ちょっと寂しすぎる演出だ。もちろん最後に残ったのはゆかりんで、ゆかりんがお礼の言葉で締めて、今宵のテンカーニバルは終わった……。
 ……かに見えた。が、まだまだ終わらせはしないとばかりに湧き起こるアンコール。途中からゆかりんコールになってたので、負けじとゆーちゃんコールで対抗する(笑)
 アンコールは予定になかったらしく、出てくるべきかどうか迷ったのか結構長い間があったが、それでもゆかりんたちが手を繋ぎあわせてステージへと帰って来る。横一列になって一礼。田舎者のゆかりん(笑)はこれ以上遅くなると電車がなくなって帰れなくなるということで歌はなかったが、こうして出てきてくれるというだけでも、客を大事にしているのがわかる。ゆかりんポイント1アップ(笑)
 そして、こうして本当にテンカーニバルは終わった。予想以上に面白かったというのが実感(笑) って、初GALACTIC LIVE体験のときと同じではないか、これでは(爆)

 帰りにあかりんのバースディパーティーのチラシを配っていたが、枚数がなくなってきたので、来たいと思う人以外は貰わないで欲しいとのこと。なので私は貰わなかったのだが、まさか後でその情報を求めて東奔西走することになろうとは(爆)
 ロビーにて貞方さんに挨拶。出待ちは表で待っていればいいらしい(笑) 西崎さんは忙しそうで挨拶くらいしかできなかった。夜桜お7、楽しみにしてるよ〜(^^)
 というわけで、表に出て待っていると、なぜか魔竜王さんはちゃっかりカメラを持ってきている(^^; 今日は智ちゃんを見に行ったんじゃなかったんかーい(^^;; 一方のは〜んさんは、せっかく買ったEOS-3ではなく、コンバクトカメラだし(^^;
 さて、最初に出てきたのはあかりん。撮っていいものか悩んでいたら、壁を背にして撮影会が始まっていた(笑) いい具合に前にロープが張ってあって、そこ以上は近付かないようにとの社長のお達し(笑)
 で、あかりんを撮っていたら、ゆーちゃん見参。もちろん、対象はゆーちゃんに変更〜。座りポーズなんかも要求してみる(笑)
 しか〜し! ゆーちゃんの回りには結構な人数が群がっているのに、あかりんの前にはたった2人(^^; なんか可哀想になって、ふらふら〜と行ってしまう(^^;;; サインもOKらしく、めっきりサイン帳と化しているスケブにサインを貰う。
「今日は可愛かったですよ〜(^^)」
「ありがとうございます(^^)」
「ちっちゃいコが好きなんですよ〜(笑)」
「(笑) 150センチないんですよ〜」
 うむ。それはいいことだ(爆) ついでに握手もしておく(笑)
 と、そんなことをしている間に、あゆあゆ、えりりん、西崎さんらがさっさと帰っていってしまう(^^; 森川さんはちゃっかりあゆあゆに挨拶してたみたいだったなぁ(^^;
 そういえば、パールと麻利絵ちゃんは、見かけない内に帰られてしまったらしい(^^;
 そして、満を持してゆかりん登場。さすがに回りに集まる人の数がゆーちゃんの比ではない。って、ゆかりんのライブだしねぇ(^^;
 とりあえず、ゆかりんのサインと写真もゲットしておく。ゆかりん系の某BBSにカキコしていたので、名前を告げたら、「来てくれたんですねー!」と喜ばれてしまった(^^) FCに入るように勧められるがとりあえず保留(^^;; しかし、ちゃっかり握手は貰う(^^;
 そして、ゆーちゃん引き上げ、おつかれさまでした〜。実はその後、あゆあゆたちの事務所と合流して飲めや歌えのドンチャン騒ぎだったらしい(笑)
 最後はKIRARAさんがゆかりんのサインを貰い終わるのを待ち、その後は近くのデニーズにてOFF会。そこではは〜んさんがとんでもないダメっぷりを披露していたのだが、ここではあえて語らないことにしておこう(笑)(*6)
 今日も最後まで楽しい1日でした(^^)

*1: 第1部〜第3部。
*2: それでも、SHOWMAN'Sを通じて知った名前は、ゆかりん、あゆあゆだけなのだが(^^;
*3: もっとも、ラスト途中から麻利絵ちゃんも加わりましたが。
*4: (C)えろちーさん<わざわざ隣の私の肩をトントンと叩いて呼ん上で見せてくれたよ(^^;
*5: ガーベラ?
*6: とか言っときながら書いちゃうと(笑)、ゆーちゃん似らしい店員さんに写真を撮らせてとお願いしていた(爆)
ビュージェニック(BG)撮影会(4部)【概略】

日時:1999/08/08(日) ??:??
場所:新宿村スタジオ(新宿)

出演:阿部恵理

ビュージェニック(BG)撮影会(4部)【記録】

 初めての(アイドル系じゃない)モデル撮影会。
 そういう「普通」の撮影会に行ってみたかったんですよねえ。撮遊会ではなく(笑) 大人数で1カット2分だなんて、まともな写真撮れませんって。
 というわけで、撮影会業者サイトを検索し、好みっぽいモデルの予定と私の空きスケジュールを調整して見つかったのがこの撮影会。1〜2部は別のモデル(*1)で、3部はその流れからか満員御礼。というわけで、4部のみ参加。一人じゃ寂しいので、無理矢理いしださんを引き連れて(笑)

 撮影会はとても楽しかった。雰囲気はいいし、何よりきちんと撮影出来るし(笑) これに出てからは、撮遊会なんて、「なんじゃあ、ありゃあ!?」ですよ(笑) とか言ったら、撮影会ではなく撮「遊」会だから、なんて言われるんですが。
 しかし、一番良かったのはモデルのえりちんだろう。実は初めて見たとき、予約時に見た宣材写真と結構イメージが違ってて(*2)地味にショックを受けていたのだが(笑)、カメラを通して触れ合ってるうちに、すっげー気に入ってしまった(笑) 明るく元気な性格が、めっちゃ私の好み(^^)
 それにしても、初めてのモデルが彼女だったというのは、とてもありがたいことだったのではないだろうか。とても撮りやすかったんだよねー。ポーズはいちいちキマってるし、何も言わずとも、シャッター切るとポーズを変えてくれるし。非常に撮りやすかった。

 帰り道(*3)、西新宿駅を目指していたはずが、何故か新宿ガード下が見えてきたのは謎(^-^;
 まあ、それもまた楽しかったんだけどー(笑)

*1: その筋では有名な方だったらしい。
*2: のぼりんはそうは思わなかったらしいが。
*3: not 長崎萠。
小宮あかり BIRTHDAY EVENT【概略】

日時:1999/08/14(土) 18:00
場所:欽こん館(三軒茶屋)

出演:小宮あかり/扇恵/加藤西里奈

小宮あかり BIRTHDAY EVENT【曲目】

01.潮風の少女(堀ちえみ)/小宮あかり
02.ヤングボーイ(河合奈保子)/小宮あかり
03.1憶のスマイル(酒井法子)/小宮あかり
04.スターダストメモリー(小泉今日子)/小宮あかり
05.水平線でつかまえて(三浦理恵子)/小宮あかり
--.ゲームコーナー/小宮あかり・扇恵・加藤西里奈
06.瞳に約束(渡辺美奈代)/小宮あかり
07.やさしい人(西邑理香)/小宮あかり
08.乙女のリハーサル(CoCo)/小宮あかり
アンコール
--.ハッピーバースディあかりちゃん
09.SPRING LOVER 大作戦(Qlair)/小宮あかり
10.天使のボディーガード(ゆうゆ)/小宮あかり

小宮あかり BIRTHDAY EVENT【記録】

□一人旅
 コミケから直行で三軒茶屋へと向かう。どうせ通り道だ。
 早めに引き上げて来たので、三軒茶屋到着は16時ちょっと前。家まで帰れないこともない時間だが、もともと直行のつもりで出てきていたし、戻っても使える時間はほとんどないので、やはりこのまま行くことにする。
 目指す場所は、欽こん館。地図を用意してはいたものの、全然見つけることが出来ない。周囲の道路を3往復くらいしてようやく発見(^^; 大通りに面しているのではなく、横道沿いのビルの中だったのか(^^;
 時間はまだ早かったが、とりあえず場所の下見ということで、ビルの中に入ってみる。このビルの3階こそが、欽こん館らしい。階段を昇っていくが、静寂の中では自分の靴の音さえもうるさい。
 2階と3階の間の踊り場に到着。3階を見上げると、2時間も前だというのに、すでに1人待っていた。テンカーニバルで出待ちしていたのは2人ほどだったのであなどっていたが、結構熱心なファンもいるようだ。
 とりあえず場所は間違いないようなので、引き上げようとしたら、上から誰か降りてくる。女の子だ。目が合ったので軽く会釈。あかりんではない。しかし、よく見ようと思っても、この状態だと階段下から見上げることになってしまうので、それはちょっとマズい(^^; 結局シャイな私は声をかけることも出来ず、外に出たところで逆方向に別れることとなった。
 開場までまだ時間はあったので、近くのマックで腹ごしらえ。そういえば、今日は朝も昼も食べていない。そして、これから徹夜が待っている。
 コミケで買ってきた同人誌を読みながら時間を潰し、15分ほど前に欽こん館へと戻る。しかし、そこで待っていたのは3人。だ、大丈夫なのか?(^^;;
 結局、開場前に集まったのは結局7人ほど。予定通り17時半に開場し、いよいよ欽こん館の中へと入る。まずは入り口のところで受付。電話予約していたので、名前を告げて前売り料金を払う。1000円也。
 席は最前列の左端にした。腰を落ち着けて、改めて周囲を見回してみる。広さは十数畳といったところか、広くはない。奥にステージがあり、木製の長椅子が左右に分かれて数列ずつ並んでいる。ステージに向かって右側はカウンターになっており、写真を売っているようだ。
 とりあえず見に行く。後で知ったところによると、このとき売り子をしていたのは、お手伝いに来ていたベストプロデュースの扇恵さんだったらしい。ちなみに最初に来たときに階段から降りてきたのは同じくベストプロデュースの加藤西里奈ちゃん。今日は照明担当らしい。その隣には、ベストプロデュース社長が座っていた。
 さて、写真の値踏み。ラミネート加工されたものが5種類、金属のフレーム(?)に乗ったものが3種類だったか。写真の裏にはサインが書かれている。でも、出待ちで写真も撮れるし、サインも貰えるし、あまりプレミアはない(^^; ファンサービスの弊害だなぁ(^^; 某L社だったら、サインだけでも結構な価値なのに(^^; でも、セーラー服の写真は欲しかったかも(爆) いや、でも高かったんですよ(^^; 3000円くらいしたような気がする。ラミネート写真も1枚800円くらいだったような気がするし(^^; それでもペイするかしないかといったところだと言っていましたが……。というわけで、とりあえず購入は控えておく。
 さて、席に戻ると、ほとんどの人が、ビデオカメラなり一眼レフカメラなりを準備している。どうやら撮影OKらしい。う〜ん、こういうのは初めてだ。プレアイドルならでは?
 ならばということで私も一眼レフを準備。別にこのために持ってきていたわけではなく、コミケで使っていたものだ。そのため、ズームレンズは部屋に置いてきてしまっていたのが残念。借り物の85mm/F1.4のレンズを使うことにする。
 扇さんや西里奈ちゃんと話したり写真を渡したりしている人もいるが、シャイな私はやはり話し掛けられない。知り合いもいないし、一人黙々と開演を待つばかりである。

□前半戦
 開演時間の18時を回った。しかし、まだ始まらない。
 壷社長が前に出てきて、「あと3分だけ待って下さい」と言う。準備は整っているが、自分の(*1)心の準備がまだらしい(^^;
 そして、約束通りの3分後、ついに幕は上がった(*2)
 幕が上がって姿を見せたステージは、リボンで彩られていた。壁紙は白く、中央上部には大きな赤いリボンが下げられていたのだ。誕生日らしくて、可愛らしい。
 そして、上手から純白のドレスであかりん登場。お揃いっぽいカチューシャも可愛い。
 まずは、歌を続けて2曲披露。どっちも知らない曲だったが(^^;、「潮風の少女」と「ヤングボーイ」だったらしい。
「誕生日にイベントを開いてもらうのが憧れだったんです(^^)」
 MCで本当に嬉しそうな笑顔。誕生日イベントは初めてだったらしい。なお、実際の誕生日は、昨日の8月13日。晴れて二十歳となったようです。
 すでに家族にも祝って貰っており、美味しいものを食べてきたとのこと。また、友達にも祝って貰い、やっぱり美味しいものを食べたとのこと。
「私、食べてばっかりですね(^^;」
 そして、歌に戻って「1憶のスマイル」。これは知ってる歌だった(笑) と言っても、頭の片隅にある程度ですが(^^; ちなみに、この日歌われた10曲の中で唯一知っていた歌(^^;
「ところで、昔の私の写真とか見たいです?」
「見たいー!」
 こういうのは積極的に参加するのが楽しいので、あかりんの言葉に大声で答える。
「あー、良かった(^^) 見たくないって言われたらどうしようかと思いました(笑)」
 というわけで、続いてはスライド写真を写して、それをあかりんが昔語りしていく。
 まずは赤ちゃんの頃の写真から。オールヌードである(笑) 未熟児で、この頃からちっちゃかったらしい(笑)
 その後は、年代順に次々と。表裏逆だったりするのはご愛嬌(^^; 
 本人曰く、昔は頭が良かったらしい(笑) また、ピアノや英会話も習っていたし、本もたくさん読んだし、勉強も得意だったし、走るのも早かったし、多芸多才で将来も期待されていたらしい。でも、今は……とりあえず、逃げ足の早さだけは残っているらしい(^^; それにしても話だけ聞いていると、「子供の頃は神童で」を地で行ってるなあ(^^;
 そして最後は、
「こうして、バースディイベントで濃くて熱くて温かい皆さんに祝って貰えて嬉しいです(^^) これからも表現していく仕事で頑張っていきます(^^)」
 といった感じで締め。

 歌に戻って「スターダストメモリー」。やっぱり知らない(^^; アイドルに弱いよなぁ、私。かといってアニメに強いわけでもないし。昔は普通の少年だったんですよ、これでも(笑)<ツッコミ不要。
 続く、「水平線でつかまえて」は、テンカーニバルで聞いたので覚えていた。実は結構お気に入り。振り付けが可愛いんですよね〜。コールもあるようなので、隣の人の声を聞きながら、一生懸命入れる。やっぱりこういうのは、一緒に楽しむものでしょう(^^)

□ゲームで遊ぼう
 そして、ゲームコーナー。歌だけじゃないのは、楽しくて良い。
 司会はベストプロデュースより応援の扇恵さん。明日、自分のライブがあるというのに、今日の助っ人らしい(^^;
 さて、ゲームを始める前に、まずはあかりんの着替え。
「もういい〜?」
 あいさつなどの後、扇さんがカーテン向こうの舞台袖に問い掛ける。一応確認して下さい、とあかりんに言われていたらしい。
「まだです〜(^^;」
 しかし、あかりん、着替え遅し(笑) もうちょっと扇さんがつないで、再度の呼び掛けでようやく登場。今度も白のドレスだが、胸元の赤いチェックの大きなリボンがアクセント。
 さて、何のゲームを始めるのかというと、
「じゃあ、ゲームの説明お願いします」
「え? 私、聞いてませんよ?」
 扇さんに振られて、またまた大ボケをかましてくれるあかりん(笑) 実際、タイトルは聞いていなかったらしく、「指令塔ゲーム」とは扇さんの口から。そして、ゲーム内容こそあかりんが説明したものの、それがあまりにさっぱり要領を得ないので、結局壷社長が説明しなおしたという(笑)
 で、どういうゲームかといいますと、まず参加者の中から1人「指令塔」を選び、指令塔以外の参加者は指令塔と同じポーズを取る。制限時間1分の間に指令塔を見つけることが出来ればあかりんの勝ち、出来なければ指令塔の勝ちだ。勝った指令塔には賞品、負けた指令塔には罰ゲームが待っている〜。
 さて、指令塔を決めるので、あかりんをステージに残して幕が下ろされる。しかし、立候補をつのるものの、立候補者無し。実はやってみたいと思ってたりもしたのだが、1番手というのはやっぱり恥ずかしい(^^; ほら、私ってばシャイだし(笑)
 結局、全員でじゃんけんして、負けた人が指令塔ということになる。じゃんけんにはスタッフ陣も参加だ。そしたら、後ろでビデオカメラを回していたスタッフの人(*3)が負けた(^^;
 というわけで、1回戦スタート!
 しかしこれ、指令塔のテクニックよりも周りの人のテクニックが勝負の分かれ目だと思うんですが(^^; 周りの人の視線や、真似する早さで、指令塔を見つけ出すわけですから(^^;
 結局、あかりんは余裕で指令塔を当て、スタッフの方はあわれ罰ゲーム行き(^^; とりあえず、ステージに上がって、罰ゲーム待ちとなる(笑)
 さて、続けて2回戦。今度は指令塔に立候補してみた。やっぱりこういうものは、参加してこそ面白い。
 しかし、結局あっさり看破された(^^; わ、私の責任かぁ!?(^^; 疑問に思いつつも、あわれ私もステージ行き。
 幕を下ろされた後ろでスタッフの方と、
「すみませんねぇ、こんなことさせて(^^;」
「いえいえ、こういうのは参加した方が楽しいですから」
 なんてことを話しながら、次の指令塔が決まるのを待つ。今度は何やら作戦を立てているらしく、ぼそぼそと声が聞こえてくる。
 というわけで、3回戦。あまりにあかりんがあっさり指令塔を当てるので、そんなに簡単に当たるものなのかと、私も指令塔を探してみることにする。
 が、全然わからない(^^; あかりん、よくわかったなぁ、と思っていたら、今回はあかりんもわからなかったらしい(^^; 当てずっぽうで適当な人を指すが、もちろんハズレ。なんと今回の指令塔は扇さん。前にいたので全くの視界外だった(^^; しかし、扇さんに賞品をあげても意味がないということで、あかりんに間違えて指された人が賞品をもらえることに。
 そして、賞品はまだあるらしく、4回戦。あかりんは「もっとたくさんの人に罰ゲームしてほしいです(笑)」と張り切っている(笑) 私は、今度も指令塔捜しに挑戦。今度は……多分わかった。なるほど、結構簡単にわかるもんだなぁ。
「えー!? 全然わからないですよー!?」
 しかし、あかりんはわからなかったらしい。あれ? 違うのか? 結構自信あったんだけど(^^;; 聞かれたら教えようと思っていたのだが聞かれることもなく、あかりん見事に不正解(^^;
「わかりました?」
 と壷社長に聞かれ、壷社長を示すと、やっぱり正解。どうしてあかりんにはわからなかったんだろう? と不思議に思っていたら種明かし。あかりんとの間に人を立たせて、あかりんから見えないようにポーズを変えていたらしい(^^; 道理で、斜めから見ていた私にはわかったはずだ(^^;;
 というわけで、やっぱり壷社長に賞品をあげても意味ないので、今回も間違って指された人に賞品。なお、賞品贈呈はまだあと。先に、罰ゲームが待っている(^^; 壷社長が指令塔だって当てたんだから、減刑してくれてもいいのに(^^;
「どちらからやります?」
 あかりんに聞かれ、隣を指差す私(^^; だって、先に罰ゲームに決まったわけだし(^^;;
 さて、罰ゲームは何かというと、ズバリ「青年の主張」(笑) マイクに向かって大声で、主張を叫ばなければいけないらしい(^^;
 しかぁし! スタッフの方が何を言うかと思ったら、「これからも小宮あかりをよろしくお願いします」的な内容。しかも、全然主張してない(^^;
 そして、私の番。うむむ、どうするか……。
「(あかりんの)イベントに参加するのは2度目なんですが、なんでこんなことをやっているのでしょーか(^^;」
 とりあえず、掴みネタから入る(^^; てゆーか、この間に言うことを考えている(^^;;;
 ……よし。自分の思ってるままを言えばいいだろう。
 覚悟を決めて、
「小宮あかりー!」
 とりあえず名前を叫んでみる(笑) いや、壷社長の説明が「学校へ行こう!」でやってるような感じ、ということだったので。「学校へ行こう!」ってこんな感じじゃなかったっけ? 一回も見たことないんだけど(笑)
 自分の名前が呼ばれるとは思っていなかったのか(*4)、改めて居住まいを正すあかりん。
「背がちんまくて可愛いぞー!!」
 って、私ってこればっかやな(^^; テンの出待ちのときも、これ言ったし(笑) まあ、それだけ「ちんまいじゅ〜よ〜」ってことで(^^;
「あっ、ありがとうございます(^^)」
 しかし、最初に「誕生日おめでとう」ぐらい言っておけば良かったと思ったのは席に戻ってからのこと。やっぱり緊張してたんですねぇ、私(^^;

□まだまだ遊ぼう
 そして、ゲームコーナーはまだ終わらない。
 ゲーム第2弾は「財布の中身チェック」。扇さんに代わって、西里奈ちゃんが助っ人参加だ。
 まず、あかりんと西里奈ちゃんがそれぞれ、お客さんの中から3人ずつ選出する。これは、チケットに書かれた番号でのくじ引きによって決まり、ステージ左にあかりんチーム、右に西里奈ちゃんチームとして分かれる。さらにそのそれぞれの中からタレントが1人を選出し、その2人の財布の中の現金が多いほ方が勝ちというルールだ。
 そして、私は西里奈チームへと選出され、その3人の中の代表にも選ばれた。あかりんチーム代表といざ対決である!
「何か見られたら嫌なもの入ってます?」
 私から受け取った財布を開けようとする西里奈ちゃん。
「そりゃもうたくさん(笑)」
「あ、じゃあ……」
 すると、財布を開けずに返してくれようとしたのだが、……洒落が通じーん!(^^;
 そして、玉入れの結果発表よろしく、1万円札の枚数から数えていくのだが………………惨敗(^^; それでも3万円は持ってたんだけどなぁ。相手が悪かった(^^;
 続けて、第2回戦。また3人ずつ選ばれる。前回と同じ現金合計では面白みに欠けるということで、レシートの金額合計にしようかという話も上がったのだが、そもそもレシートなんか持っていないということでボツ(^^;
「じゃあ、現金の少ない人ー!(笑)」
 私が案を出してみたが、
「それは、タレントに選ばせるわけにはいかないので(^^;」
 壷社長からストップがかかる(^^;
 まあ、貧乏くさい人はこの人、と指名するようなものですからねぇ(^^;;
 というわけで、結局は第1回線と同じく現金の多い方が勝ちということに。結果は、またもあかりんチーム側の勝ち。
 これにて、ゲーム終了。最後は賞品贈呈式だ。賞品は、マウスパッドが2枚に、マグカップが2つ。それぞれサイン入り。どう分けるかで一揉めしたが、パソコンを持ってない人がマウスパッドを貰っても仕方がないということで、パソコンを持っている2人にマウスパッドが渡り、持っていない2人にマグカップが渡った。

□ハッピーバースディ
 そして、「瞳に約束」を歌ってMC。内容は、将来についてだ。
「私、お姫様になるのが夢なんです(^^)」
 それはもうファンに対して何度も語られている「言うまでもない」ことらしいが、もちろん私は初耳。お姫様……。だから、衣装もふりふりのドレスなのかな?
 夢はさておいて現実的な目先の話へと転じると、昔ピアノをやっていたこともあって今は作曲に挑戦してるとか。
「聞きたいです?」
「聞きたーい!」
 はい、お約束(笑)
「ありがとうございます(^^)」
 って、今聞かせてくれるんじゃないのか(^^;
 自分の住む家も設計したいとか。「部屋」ではありません、「家」です。豪気だなぁ(笑) 回り全部が鏡張りの部屋を作って振付けとかの練習をしたいと語っていたら、周りからは、
「あやし〜(笑)」

 というわけで、ラストスパート! 「やさしい人」、「乙女のリハーサル」を続けて披露。「乙女のリハーサル」はテンでも聞いた曲。実は結構気に入っている(^^) この曲はコールが凄まじかった。ラストを飾るに相応しい曲といえよう。隣の人を見ながら、私も必死にコールと振り付けについていこうと努力努力(笑)
 そして、「乙女のリハーサル」を歌い終えると、ステージの幕は頭を下げるあかりんの姿を次第に覆い隠していき、拍手と声援の中、ついに幕は降りたのであった……。

 しかし、当然のように沸き起こるアンコール。
 壷社長が前に出てきて、テーブルを用意する。その上にはバースディケーキ。ローソクに火が灯される。
 そして、壷社長が舞台裏のあかりんに指示。前もってステージ中央に立たせて置き、幕が上がったら目の前にケーキがあるという寸法だ。
 果たして、アンコールの幕の向こうから姿を覗かせたあかりんは、歓喜の声を上げた。鮮やかな橙色のドレスに着替えられている。
 客席からはハッピーバースディの歌が流れ、歌の終わりに合わせて、あかりんがローソクの火を吹き消した。同時に、けたたましく鳴り響くクラッカー。ファンの1人がイベントの始まる前に前もってみんなに配っていたのだ。
「ありがとうございます〜。本当に嬉しいですっ」
 2人ほどから花束を手渡されるあかりん。私もプレゼントを用意してはいたのだが、この場で渡すには相応しくないような気がしたので自粛。どうせ、後で会えるだろう(笑)
「そういえば、まだ自分の名前は言ってないんじゃない?」
 扇さんにそう突っ込まれたのはここだったか。
「小宮あかりですっ(^^)」
 って、何を今さら(笑)
 というわけで、アンコール曲は「SPRING LOVER 大作戦」と「天使のボディーガード」の2曲だ。どちらも知らないのは言うまでもないことだが、それでも盛り上がれることには変わりが無い(^^)
 そして、ホントの本当に、「小宮あかり BIRTHDAY EVENT」は終わりを告げたのであった。

□最後にふれあい
 とりあえず、後片付けを始める。といっても、カメラを片付けるくらいなのだが。
 すぐにあかりんが客席へと降りてきた。アンコールのときの衣装のままだ。
 あかりんが空くのを待ってから(笑)、用意してきたプレゼントを渡す。といっても、テンの出待ちのときに撮った写真を六切りに引き伸ばしたものだ。安っちいフレームに入れてある。
「わあ、ありがとうございます〜(^^)」
 しかし、それでも笑顔で喜んでくれるあかりんの反応は、素直に嬉しい。
「テンであかりんのこと気にいって、それで今日来てみました(笑)」
「ああ!」
 どうやら私のことを思い出してくれたらしい(^^)
「来てくれて、ありがとうございますー(^^)」
「というわけで、お願いします(笑)」
 そう言って差し出したのは、サイン帳と化しているスケッチブック。
「サイン以外下さい(笑)」
「えー、サインいらないんですか?(;_;)」
 悲しそうな声を上げるあかりん。
「だって、サインはこの前貰ったし(^^;」
 そーゆー問題でもないと思うが、同じものを貰っても面白くはない。
 しかし、何書いていいか困るだろうなぁ。というわけで、
「そういえば私、先週誕生日だったんですよー」
「そうなんですか? おめでとうございます(^^)」
 となれば、スケブに書くメッセージは決まったというもの。
“おたんじょう日 おめでとうございます。”
 これで、祝ってくれた女の子は3人目かな(笑)
 そして、それに続けて、
“こうやって新しいファンの方はうれしいです。これからもおうえんして下さいね。小宮あかり”
 しかし、テンであれだけ人が来ていたにも関わらず、「新しいファン」は私一人だけらしい(^^; こりゃ、この先大変だねぇ(^^;
「あ、上の方に名前も入れといて貰えます?(笑) “けーくん”って」
 そしてあかりんが、書いた文字は……“けいーくんへ”(^^;
「あ……(^^;」
「?」
「いや、“け”の次が長音なんです(^^;」
 我ながら、説明するのはややこしい(^^;
 するとあかりん、“けいーくんへ”の“い”に×印。
「あ……(^^;」
 それでいいんか?(^^;; いや、確かに間違ってはいないけど(^^;
 その後、いくつか会話して、最後は握手。
「頑張って下さいねー(^^)」

 さて、西里奈ちゃんがフリーとなっていたのでご挨拶。
「はじめまして〜」
「はじめましてっ」
 跳ねるような喋り方をする女の子だ。
 とりあえず、あいさつがてらの雑談を交えてから、
「サイン下さい(^^)」
 というわけで、スケブにサインを貰ったのだが、
「名前、なんていうんですか?(^^;」
 実は、このときはまだ名前を知らなかった(^^; 紹介は何度かあったかと思うのだが、よく聞き取れなかったのだ。そして、サインとして書かれた名前が読めないなどというのは、今に始まったことではない。
「かとうせりなですっ」
 と、サインの右横にふりがなを振る(笑)
「“せりな”ってどんな漢字?」
 今度は左側に“西里奈”と書く。
「珍しい漢字だね〜。でも、一回覚えたら忘れないだろうね」
「覚えて下さいねっ」
「“かとう”は普通の“加藤”?」
「はいっ」
 というわけで、名前は“加藤西里奈”だということが、ここで判明(笑)
 その後は年齢の話など。女の子相手にそんな話するなよなー、とか自分でも思ったのだが、今日がバースディイベントということもあり、それは避けては通れない話題だろう(^^;
「何歳に見えます?」
「う〜ん……」
 自慢じゃないが、他人の年齢を当てるのは不得手だ。
「……18歳」
 根拠はない。あったとしても、二十歳のあかりんより年下に見えたというだけのことだ。
「よくわかりますね〜!」
 が、当たってしまったようだ(^^;
「いっつも年下に見られるんですよー」
 それには納得(笑)
 ちなみに芸歴はもう6年だかで、あかりんより古いらしい。
 その後は数枚写真を写して、物販コーナーへと移動。まだ写真1枚しか売れていないらしい(^^; 値引き交渉している人もいた。確かに高いよな〜(^^; 再度見直してみるが、やっぱり買えない(^^;
 ちなみにあかりんはといえば、カウンターの向こうで、BGMのアイドルソングに合わせて小声で歌ったりなんかしていた。しかも振りつきで、なんか可愛い(^^)
「歌ってないで、売りなさいってば(^^;」
 ああ、しまった(^^; 売り子根性が染み付いてしまっている(^^;
 しかし、あかりんに売る気は全くないようだ(^^;
「そういえば、全然歌わからないっすよー(^^;」
 というわけで話を変えて、思わずあかりんに愚痴る(笑)
「そうなんですか?」
「1曲しか知ってるのなかったですよー(^^; 何だかのスマイル……」
「1億のスマイル、酒井法子さんの歌ですねー」
「そうそう、1億のスマイル。Winkなら知ってるんだけど(^^;」
 でも、どうやらあかりんはWinkには明るくないようであった(^^;
 今後は、西邑理香さんの歌を正式に頼んで歌わせて貰いたい、とか言っていたような。
 そんな感じで、まったりと会話しながら、写真も撮ったりする。
「フラッシュ焚かなくていいんですか?」
「明るいレンズだから多分大丈夫だと思うけど……。念のため、もう1枚撮っとく?(笑)」
 そんなこんなでとうとうお開きの時間となり、最後は自然と発生した握手会で締め。
 なぜか最後だったりした私は、無難に「これからも頑張って下さい(^^)」を今日の別れの言葉とする。
 帰り、出口の階段に固まっていたのは、出待ちだろうか? しかし、私はそれには参加せずにさっさと帰宅。1人で出待ちする趣味はないし、何より次のイベントが待っている(^^;
 21時。1000円で3時間というコストパフォーマンスの高さを除いても、結構楽しいイベントであった(^^)

ANIME JAPAN FES'99 〜YOSE!トーク!ライブ!〜【概略】

日時:1999/08/14(土) 24:30
場所:ON AIR WEST(渋谷)

出演:ショッカーO野/あだ茶団[安達まり/茶山莉子]/ミンキーヤス/田口美奈子/加藤由紀/橋本悠/おたっきぃ佐々木/岩崎和夫/吉田古奈美/ギャルショッカー[安達まり/赤木美絵]
司会:ショッカーO野

ANIME JAPAN FES'99 〜YOSE!トーク!ライブ!〜【曲目】

□第1部 YOSE!
--.コント/あだ茶団
--.落語/優三亭円我朝(ミンキーヤス)
--.コント/あだ茶団
--.漫才/ギャラクティック娘(田口美奈子・加藤由紀・橋本悠)
--.コント/あだ茶団(安達まり・茶山莉子)
--.漫才/裏番ボーイズRX(ショッカーO野・おたっきぃ佐々木・ミンキーヤス)
--.落語/ラジメニ亭岩助(岩崎和夫)

□第二部 トーク!
--.おたくの鉄人/ショッカーO野・岩崎和夫・ミンキーヤス・おたっきぃ佐々木・吉田古奈美

□第三部 ライブ!
01.宇宙刑事ギャバン(宇宙刑事ギャバン)/おたっきぃ佐々木
02.チェイス!ギャバン(宇宙刑事ギャバン)/ショッカーO野
03.帰ってきたウルトラマン(帰ってきたウルトラマン)/岩崎和夫
04.ウルトラマンタロウ(ウルトラマンタロウ)/ミンキーヤス
05.チャチャにおまかせ(赤ずきんチャチャ)/橋本悠・田口美奈子・加藤由紀
06.Fight!(魔神英雄伝ワタル2)/橋本悠
07.めざせポケモンマスター(ポケットモンスター)/田口美奈子
08.ウルトラマンガイア!(ウルトラマンガイア)/加藤由紀
09.ガガガGINGA!(ギャラクティックライダーYUKI)/加藤由紀・田口美奈子・橋本悠
10.ローラーヒーロー ムテキング(とんでも戦士ムテキング)/おたっきぃ佐々木
11.アイアンキング(アイアンキング)/ミンキーヤス
12.デビルマンのうた(デビルマン)/岩崎和夫
13.ムーンライト伝説(美少女戦士セーラームーン)/安達まり・赤木美絵・茶山莉子
14.キャンディ・キャンディ(キャンディ・キャンディ)/安達まり・赤木美絵・茶山莉子
15.ボルテスVの歌(超電磁マシーン ボルテスV)/安達まり・赤木美絵・茶山莉子
16.ゆずれない願い(魔法騎士レイアース)/吉田古奈美
17.檄!帝国華撃団(サクラ大戦)/赤木美絵 with あだ茶団
18.ほえろ!ボイスラッガー(ボイスラッガー)/岩崎和夫
19.ああ電子戦隊デンジマン(電子戦隊デンジマン)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
20.超新星フラッシュマン(超新星フラッシュマン)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
21.高速戦隊ターボレンジャー(高速戦隊ターボレンジャー)/おたっきぃ佐々木→ショッカーO野
22.地球戦隊ファイブマン(地球戦隊ファイブマン)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
23.五星戦隊ダイレンジャー(五星戦隊ダイレンジャー)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
24.シークレットカクレンジャー(忍者戦隊カクレンジャー)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
25.オーレ!オーレンジャー(超力戦隊オーレンジャー)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
26.星獣戦隊ギンガマン(星獣戦隊ギンガマン)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
27.勇者王誕生!(勇者王ガオガイガー)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
28.WE GOTTA POWER(ドラゴンボールZ)/ショッカーO野 with ギャルショッカー
29.太陽戦隊サンバルカン(太陽戦隊サンバルカン)/ショッカーO野 with ギャルショッカー

ANIME JAPAN FES'99 〜YOSE!トーク!ライブ!〜【記録】

□開場
 渋谷ハチ公前で、22時半にいしださんと待ち合わせ。10分遅れで到着すると、魔竜王さんと森川1号さんがいてびっくり。来るのは知っていたが、彼らもいしださんと待ち合わせしていたらしい。森川さんとは、さっそく「どこでもいっしょ」の名刺交換(笑)
 さらにちょっと遅れていしださんも到着。いしださんがハチ公の場所を知らなかったことは秘密だ(笑)
 23時頃、会場のON AIR WESTに到着。すでに結構な人だかりである。てゆーか、前のイベントの流れだろうけど(^^; それにしても、結構な人数がいる。最終的には300人超は集まったらしい。女性も結構多いし、いまいち客層が読めない(^^;
 魔竜王さんは無事当日券をゲット。遅れて、KIRARAさんやOGHIさんもやってくる。ふかふかさんやいすけさんにも挨拶。
 開場10分ほど前から整列が始まる。狭いところで大人数で、結構大変だ。
 優先予約(?)だけで250人近くいて、チケットガイドで買った人たちはその後ろ。当日券はさらに後ろだ。入場を果たすと1階席などほとんど埋まっており、2階席へ行ってみる。舞台に向かって右側の方に空き席を見つけたので、3席確保。結局そこにはいしださん、森川さん、私が座った。OGHIさんはそのそばの通路席(?)で、魔竜王さん、KIRARAさん、遅れてきたは〜んさんたちは1階の立ち見にしたよう。
 そして、時間通りの24時半。いよいよ、開演である。

□第1部 YOSE!
 ショッカーO野さんが出てきて挨拶。舞台には高座が出来ている。実は始まる前に笑点の音楽が流れるはずだったのだが流れない。「これぞライブ!」(笑)
 まずはコントから。あだ茶団。安達まり嬢と茶山莉子嬢のユニットだから、あだ茶団らしい。ミニスカポリス風の衣装で、寒いコントを披露してくれました(笑)<多分誉め言葉(^^;
 2人が引き上げた後、ショッカーO野さんが出てくるなり、「申し訳ございませんでした」と頭を下げる(笑)
 続いて、優三亭円我朝師匠(ミンキーヤスさん)による落語。落語の内容自体は真面目でないといけないらしく、掴みがアニメネタであった。
「となりの山田くん。スタジオジブリが作る作品は大ヒット間違いなし!………………今までは」
 とか、ヤバいネタ満載である(笑) いちいち客席に「○○の関係者さんはいらっしゃいませんよね?」と聞くのも、お約束ながら笑える。
 しかし、実はこれらのネタ、後のトリオ漫才用のネタだったらしいが、相方の2人が覚えるのを嫌がったため、ここで使ったらしい(笑)
 さて、拍手の中ミンキーヤスさんが引き上げると、カップ麺を食べながらショッカーO野さん登場。嫌そうな様子で演目の紙をめくると……「あだ茶団」(笑) ネタは……ここには書きたくないなぁ(^^; うら若き乙女がやるネタではないと思うぞ(笑)

 それに続いて、いよいよお目当ての登場だ。ギャラクティックライダーのコスプレ(笑)で、美奈子様がアコーディオン、由紀さんがウクレレ、ゆーちゃんがギターを抱えて、舞台上に出てくる。
「わてら陽気なギャラクティック娘〜♪」
「ユキでーす」
「ユウでーす」
「三波春夫でございます〜」
 はい、お約束(笑)<お約束が悪いと言っているわけではない。
 のりりんはちっこいネタ。何もいない人をダシにしなくても〜(笑) 次回のライブの際には、踏んでしまわないように注意して下さい、とのこと(笑)
 また、由紀さんの「けつタレ」発言に笑う。コカコーラのCMでお尻だけ出演しているらしい(笑) あとは、WOWOWの「天然少女・萬」の主役……のスタント(笑)とか、もちろんそれだけじゃなく、萬の友人役……のスタントもやるらしい(^^;;
 そういえば、また「不必要な下積み」発言も出てたなぁ(笑)
 その辺の流れかどうかは忘れたけど、ゆーちゃんの「私、(遊星王女として)CDアルバムデビューしてますもん!」発言を受けて、美奈子様が「私だって、櫻井智ちゃんと一緒にCD出してるんだから!」と言った後の由紀さんのやりとりも笑えた。
「ああ、パンツ見せてたの?」
「違〜う! それはレモンエンジェル!」
 でも、由紀さんだけメジャーCDは出してないのね(^^;;(*5)
 他にも、美奈子様の弟子風景とか(*6)、笑いどころが満載(笑)
 そして、最後の方でゆーちゃんの、
「今どきギャフンと言わないよね(笑)」
 というセリフがあったのだが、かじゅくんは今どき言うぞ(爆)
 そして、
「どうもありがとうございました〜」
 と早足で撤収。順番が決まっていたのか、由紀さんが妙な動きをしていた(笑)(*7)
 それにしても、台本のせいか、美奈子様&由紀さんの間にゆーちゃんが入れないだけなのかわからないですが、あの内容だと、ゆーちゃんがいなくても全然問題なかったよーな(^^;

 ショッカーO野さんが演目の紙を1枚前に戻そうとして笑いとブーイングを呼ぶが(笑)、やっぱり戻してしまって「あだ茶団」。またまたミニスカポリス風の衣装で、嘘発見器ネタ。嘘を言うと頭のランプが光る機械を身につけた後輩婦警とオールドミスの先輩婦警のやりとりだ。ネタ自体は先の読めるお約束モノだが、だからか結構笑えた(笑)
 そして、再びトリオ漫才、今度は男(笑) 「TVチャンピオン」のゼッケンをつけたショッカーO野さん、CCさくらのコスプレのおたっきぃ佐々木さん、ミンキーモモのコスプレのミンキーヤスさんによるユニット「裏番ボーイズRX」だ。そういえば、今日の最初の挨拶でショッカーO野さんが、
「今回は綺麗どころもいます! 去年は男ばっかりで汚かったからですね〜(笑) あ、女装じゃないですよ、本物です! ……いや、女装もあるかもしれませんが(^^;」
 というようなことを言っていたのだが、こういうことなわけね(^^;;
 しかし、内容は漫才というよりはフリートーク(笑) とても「ネタ」だとは思えないぞ、あれは(^^; だって、ガイナックス脱税話とか、元マグマ大使に出ていたマモル君役かつ元フォーリーブスの江木俊夫の覚醒剤話なんだもん(^^;;;
 そして、第一部のトリを務めるのは、ラジメニ亭岩助師匠(岩崎和夫さん)の落語。私は初めて知ったのだが、AM神戸の「青春ラジメニア」のパーソナリティを15年務めるベテランアナウンサーらしい。岩崎さんの落語には定評があるらしく、影山ヒロノブさんもこっそり見に来ていたんだとか(笑)
 そして、深夜26時15分。今度はきちんと笑点のテーマソングが流れて、第一部の幕は降りたのであった。

□第二部 トーク!
 15分の休憩の間に、ドリンク券でコーラをゲット。下に降りついでに、魔竜王さんたちの様子も確認してみると、どうやらずっと立ちっぱなしだったらしい(^^; 疲れたときは、階段に座って休んでいたそうだが。
 第二部は「おたくの鉄人」と銘打って、ショッカーO野さん、岩崎和夫さん、ミンキーヤスさん、おたっきぃ佐々木さんの4人によるトークバトルだ。テーマは、「おたくとコミュニケーション」といったところか。おたくはコミュニケーション下手とかそういう内容。
 しかし、最初の頃は、共に元教師だった岩崎和夫さんとミンキーヤスさんの遍歴よもやま話などで花が咲き、途中でスペシャルゲストとして吉田古奈美嬢が乱入。
「私の椅子はないんですか?」
 とか言っていたら、貞方さんが椅子を持って出てきた(笑)
 最初は、ギャラクティック娘ののりりん小さいネタを受けて、「私の方が小さいですよー」。吉田古奈美、こおろぎさとみ、本多知恵子の3人が、声優三大チビ……もとい、声優三小チビらしい(笑) しかし、その後はきちんとテーマに沿った話題をしていた。
 で、結局のところ結論は、「一歩動く」、ということで落ち着いたのでありました。

□第三部 ライブ!
 再び15分の休憩を挟み、いよいよ第三部だ。席に戻ると、いつのまにかいしださんまでサイリウムを持っている。森川さんは第一部のときから持っていたけど。
 ちなみに、我ら3人は最初から最後まで立ちっぱなしだったのだが、前の列も後ろの列も誰も立たないんだよね〜(^^; 横の方はちょっと立っていたようだけど。2階席、ノリが悪いぞ〜。
 なお、歌は全部1コーラスのみ。まあ、そっちの方がたくさんの曲を聞けるので面白いけど。
 それでも29曲も歌ったのか(^^; 曲出しの貞方さん、おつかれさまでしたぁ。途中「社長!」コールが起きたのが面白かった(笑) 森川さんは「貞じい〜!」って叫んでたけど(^^;
 というわけで、まずはメインの4人が歌ってから、いよいよSHOWMAN'Sの出番。残念ながら衣装はコスプレではない(笑)
 まずはゆーちゃんが中央に立って「チャチャにおまかせ」。おたく連中相手にはいい選曲だったようで(笑)、コールで盛り上がる(^^)
 ゆーちゃん、「Fight!」。もちろん歌の合間に「ゆーちゃ〜んっ!」と叫び声を入れる(笑) 森川さんも付き合ってくれたが、きっとゆーちゃんには声はすれども姿は見えず状態だったことだろう(笑) ちなみに、途中歌詞が飛んでました(^^;
 そして、いつの間にか美奈子様がいなくなってるな〜、と思っていたら、流れ出した曲は「めざせポケモンマスター」。ということは、アレか(笑) 案の定、ピカチュウの着ぐるみ(パジャマ)で美奈子様登場! でも、やっぱり歌詞は飛んでいた(^^;
 で、なんでそんなに歌詞が飛ぶのかと思ったら、連絡不行き届きか何か知りませんが、音響がライブ用に組まれていなくて、カラオケの音がステージにはほとんど聞こえてこなかったかららしい。余りにもぶっつけ本番って感じですねぇ(^^;
 さて、続いては由紀さんの「ウルトラマンガイア!」。由紀さんにはカッコいい曲が本当によく似合う。この1曲でファンを増やしたんじゃないか?、と思えるほどのカッコよさでした(^^)
 そして、SHOWMAN'S最後の曲は、29曲中唯一つのオリジナル「ガガガGINGA!」だ。無謀というか勇気があるというか(笑) こっちは大盛り上がりでしたけど……3人で(^^; そりゃあ、知らない人はいきなり「ガッガッガッ!」とかコールは入れられないよなぁ(笑) 1コーラスしかなかったし。しかし、この曲をショッカーO野さんが気にいってくれて本来はフルコーラス流れるはずだったのだが、実際に流れてしまったのは1コーラス版(^^; 歌ってる方もいきなり終わって戸惑ったらしい(^^;;;
 その後はまた野郎連中(^^;が続いて、ギャルショッカーが3曲。浴衣に着替えたあだ茶団の安達まり嬢と茶山莉子嬢に加え、ボーイッシュな出で立ちのギャルイエローこと赤木美絵嬢の3人組だ。元気いっぱいでよろしい(笑)
 吉田古奈美嬢は自ら出演していた「魔法騎士レイアース」の主題歌「ゆずれない願い」を披露したが、全然歌えない(^^; もともとあまり知らなかったらしい。
 赤木美絵嬢がバックにあだ茶団を従えて「檄!帝国華撃団」を熱唱し、岩崎さんが「ほえろ!ボイスラッガー」を歌うと隣でショッカーO野さんが決めポーズの振りをつける(笑)
 そして、そこから後はショッカーO野さんのオンステージだ(笑) ターボレンジャーは最初こそおたっきぃ佐々木さんが歌っていたもののあまり覚えていないらしく、途中からはショッカーO野さんが歌っていた(^^;
 ちなみに私は、ショッカーO野さんの後ろで踊っているギャルショッカーばかり見ていた(笑) 向かって右に赤木美絵嬢、向かって左に安達まり嬢。茶山莉子嬢は踊っていなかったところをみると、実はギャルショッカーの一員ではないのだろうか。とにかく、2人の振り付けが揃っていて楽しいんですよね〜(^^) よく練習してるなあ、っていうのがよくわかって(笑)
 というわけで、最後はサンバルカンで大いに盛り上がり、「ANIME JAPAN FES'99 〜YOSE!トーク!ライブ!〜」の幕は下りた。時間は早朝4時半。外に出ると朝日が眩しかった(^^;

□出待ち
 さて、いつものように出待ちである(^^; 森川さんが貞方さんに、出待ちしているということは伝えたそうなので、見捨てられるということはないだろう(^^;;
 しばらく待っていると、裏口の方から出てきてくれる貞方さん、美奈子様、由紀さん、ゆーちゃんの4人。しっかりと着替えている(笑) ゆーちゃんの服装が、あまり見慣れないシックな感じのものだったので、なかなかいい感じだ(^^)
 最初に捕まえたのは貞方さん。
「貞方さん、本出来ました!」
 さっそく、夏コミ用決戦同人誌「GALACTIC! Battle1」を渡す。
 由紀さんに渡したときには、
「これが噂の!」
 と、声を上げられた。どうやら噂になっていたらしい(笑)
 そして、自分用の本の裏表紙にサインを貰う。水色の表紙に黄緑のペンはちょっと見づらかった(^^;
 同じように、ゆーちゃんには、ゆーちゃんの好きな水色のペンでサインゲット。水色の表紙に水色のペンはやっぱり見づらかった(^^;
「ゆーちゃん、脚あがってなかったよー(笑)」
「いや〜、眠かったから・・・」
 と言う割にそれほど眠そうな顔ではなかったが、どっちにせよそれが原因というわけでなかったと思う(^^;
 サインを貰っていると、SHOWMAN'Sイベントでは見かけない男性が、横の方からゆーちゃんに声を掛けた。
「あの〜、G子ちゃんの方ですか?」
 その手にはサイン帳を持っている。
「G子ちゃんはこっち」
 私が後ろにいた由紀さんを示しながら、さらに一言。
「中身だけど(笑)」
 すると、男性は申し訳なさそうに、
「あ、声の方です……」
 ということで、美奈子様を紹介し直しましたが、由紀さんの立場ってば一体(^^;;
 さて、もちろん美奈子様にも本は渡し、一緒に裏表紙にサインを貰う。これでギャラクティック娘のサインコンプリートだ(笑) しかし、貰ったサインと本に掲載されているサインが既に違うんですが(^^; コミケ前最新イベントのホネホネ6で貰ったサインなんだけど(^^; と思っていたら、実は寝惚けていて、ボツバージョンのサインを書いていたらしい(爆) これはこれで貴重かな?(笑)
 それにしても、同じように同人誌にサイン貰う人多数(^^; 「私の」本にわざわざサイン貰わなくたっていいじゃん(^^;>心当たり。
 そうこうしていると、いつの間にか撮影会モードに入っていたので、仕方なく私もカメラを取り出す(^^; 結局撮ったのは10枚足らず。やっぱり、話している方が面白い。
 例えば、ゆーちゃんにサインを頼んでいた見知らぬ男性。サインを貰った後に握手して帰っていったのですが、彼に続いて私も握手したりなんかして(笑)
「拝み握手はしないの?(笑)」
 と魔竜王さんに言われたら、期待に応えないわけにはいくまい(笑) 「神の御加護がありますように」のポーズよろしく、ゆーちゃんの手を両手で握り締める。
「これ、やられたらびっくりしますよー(^^;」
 そりゃそうだろうなぁ。インパクト残すために編み出した技ですもん(笑) でも、なかなか危険な技なので、私がどういう人間かわかっている相手じゃないとやりません(^^; 今のところ、ゆーちゃんと河村青ちゃんのみに使用(笑)
 それにしても、このときのゆーちゃんや、先の美奈子様など、今回初めてSHOWMAN'Sに接してサインを貰いに来た人も少なくなかったようです。今回は、そういう人たちにもなかなか好評なライブ内容だったのではないでしょうか。今後に期待ですね(^^)
 某K氏のように、別のイベントのゲストで初めて出会ったコのバースディパーティーに、さっそく参加しているような人もいますから(爆)
 そういえば、は〜んさん。約束通り、デニーズ店員「さかがみ」さんの写真を持ってきて、ゆーちゃんに見せていた。「さかがみ」さんが何者かというと、テンカーニバル後のOFF会を開いたデニーズの店員。結構ゆーちゃんに似ているということで、店内にも関わらずは〜んさんが写真を撮らせてもらっていたのだ。しかも、正面と横顔の2枚も。ダメすぎ〜(笑)
 で、大方の意見通り、ゆーちゃん自身も横顔は割と似てると思ったそうな。それよりも、このときゆーちゃんの後ろから貞方さんがいきなり、
「あっ、噂のさかがみさんですね!(笑)」
 と妙に楽しそうにやってきたことの方が印象深い(笑)
 そして、は〜んさんネタはまだ続き、私が美奈子様や由紀さんの写真を撮ってゆーちゃんの元へと戻ってきたら、
「けーくん、この人しばいといてくださいよー」
 と、ゆーちゃんがは〜んさんを指し示す。
 な、何があったんだろう?(^^;
 とりあえず訳がわからなかったので、
「後でしばいときます(笑)」
 その場は無難な答えを返したのだが、再び放浪に出て戻ってきたら、
「けーくん、しばいといてくださいよー」
 なぜかまた言われる(^^;
 というわけで、即座には〜んさんの頭をぱしーん!と、ゆーちゃんに代わって引っぱたいた私(^^; 恨むなら、私を恨まないでゆーちゃんを恨んでね(笑)>は〜んさん。
「しばいときました(笑)」
 ゆーちゃんに報告するものの、一体何があったんだろう?(^^;
 というわけで、後では〜んさんに聞いてみたところによると、ゆーちゃんに「最近、露出度高くなってきたね〜」と言ったのが原因らしい(^^;; は〜んさんも、エロダメ人間(*8)に仲間入り?(笑)
 は〜んさんについての余談。誰かがゆーちゃんとは〜んさんの2ショットを撮ろうとしていたので、は〜んさんをゆーちゃんの方へと軽く押してみたら、ちゃっかりゆーちゃんの左肩に両手を乗せるは〜んさん。ああ、ダメすぎ(^^; でも、そのポーズって、普通女の子の側が取るものだと思うが(笑)
 さて、そんなこんなで、SHOWMAN'Sもそろそろ撤収。
 かと思いきや、帰るわけではなく、また楽屋の方へと戻っていく。
 出待ち客の相手のためだけに出てきてくれたのだろーか?(^^; う〜む、すごい(^^; ありがとうございますぅ。感謝感謝(^^)
 時にまだ朝靄の抜けぬ早朝5時。我々は吉野屋で朝食を取り、そして、いしださんとふかふかさんといすけさんと私の4人は、そのままコミケ最終日へと突入したのであった。今日という日はまだ始まったばかりである。

*1: あかりんの、ではなく。
*2: 註・本当に幕があります。
*3: 水谷さん。
*4: しかも呼び捨てで(^^;
*5: あ、「マクロス7」ドラマCDにチョイ役で出てるらしいです(^^;
*6: 「私は下っ端だから一番端にいるんですけどね」
*7: 暗闇の中の撤収で、美奈子様がジタバタしていたためらしい(^^; まあ、あの衣装ですからねぇ(笑)
*8: 1号かじゅくん、2号魔竜王さん(笑)
TOMO夏'99 in 東京【概略】

日時:1999/08/20(金) 18:30
場所:赤坂BLITZ(赤坂)

出演:櫻井智/北原マヤ/南乃苑/青木ナナ/沢村泉/松野文/河北純/日向恵美/他

TOMO夏'99 in 東京【曲目】

01.真夏の夜のミステリィツアー(オリジナル)/櫻井智
02.サマーホリディ(オリジナル)/櫻井智
03.ONE NIGHT LESSON(オリジナル)/櫻井智
04.アシタのキミ(オリジナル)/櫻井智
05.その夢は何色?(オリジナル)/櫻井智
06.Destiny(オリジナル)/櫻井智
07.心臓伝言〜ハートにメッセージ〜(オリジナル)/櫻井智
08.私らしく(オリジナル)/櫻井智
09.夏服の少女(オリジナル)/櫻井智
10.この夏いちばん晴れた日に(オリジナル)/櫻井智
11.君のために雨を降らそう(オリジナル)/櫻井智
12.GT夏少年(オリジナル)/櫻井智
13.Baby, Baby(オリジナル)/櫻井智
14.恋のレシピは大胆不敵(オリジナル)/櫻井智
15.笑っちゃうけどスキ!(オリジナル)/櫻井智
16.太陽をあげたい(オリジナル)/櫻井智
アンコール
17.OVERLAP(オリジナル)/櫻井智
18.アフリカの夢(オリジナル)/櫻井智
19.サファイアの夜(原曲ver.)(オリジナル)/櫻井智
20.ひたすら前向きに(オリジナル)/櫻井智

TOMO夏'99 in 東京【記録】

 つーわけで、TOMO夏'99に行ってきました。
 先週の大阪はチケットまで取っていたのにサボりました(^^;
 前夜の美奈子様&ゆーちゃんのチャットでの爆弾発言(笑)があり、どーなることかと思いましたが、魔竜王くんが落ち込んでる程度で(笑)、後は何も変わらずでした。
 しかし、売り子目当てでもなく、出待ちもせず、純粋にライブを楽しんだのって、めっちゃ久し振りかも(笑) その割に、結局売り子では遊んでたけど(^^;<性分(笑)
 というわけで、物販では、ちょっと気になっていた河北純ちゃんのもとへ。パンフと手ぬぐい購入。あとは、千村さんに買わせたり(笑) ちなみにその千村さんは、買う代わりに純ちゃんから投げキッスを貰っていた。ああ、ダメ人間(笑)
 あとは、いしださんがめぐに見事なダメっぷりを披露していたのが面白かったかな(笑) てゆーか、今までの自分がああだったのかと思うと、ちょっと反省かも(^^;
 あ、ライブの感想になってない(笑)

三茶フェスティバル【概略】

日時:1999/08/29(日) 13:00
場所:ふれあい広場(三軒茶屋)

出演:田口美奈子/加藤由紀/橋本悠/白石さおり/J.O/小宮あかり
客参加:西崎理乃

三茶フェスティバル【曲目】

□SHOWMAN'S
01.ガガガGINGA!(1コーラス)(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠
02.Galaxy of Love(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠
03.めざせポケモンマスター(松本梨香)/田口美奈子
04.おジャ魔女カーニバル!!(MAHO堂)/橋本悠
05.ウルトラマンガイア!(田中昌之・大門一也)/加藤由紀
--.じゃんけんコーナー
マジンガーメドレー
 06.マジンガーZ(水木一郎)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠
 07.おれはグレートマジンガー(水木一郎・コロムビアゆりかご会)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠
08.ガガガGINGA!(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠

三茶フェスティバル【記録】

□思わぬリハーサル
 朝10時に、いしださん、かーしまさん、さっとんさんと中野で待ち合わせし、今後のために85mm/F1.4の中古レンズを買っておく(笑) ちなみに今日はステージまで遠いと思うので、これを使う予定はない。
 そして、いざ三軒茶屋に向かおうとしたのだが、何をどう間違ったのか、中央総武線に乗ろうとして営団東西線に乗ってしまったらしく、次の落合駅で折り返して仕切り直し(^^;
 すると、人身事故で山手線と埼京線が止まっているらしく、新宿で少し待たされた。直後に来た電車は混んでいたので見送り、その次の電車で渋谷へ。そして東急田園都市線に乗り換えて、ようやく三軒茶屋だ。着いたのは11時半くらいだったか。
 とりあえず先に場所を確認してから昼食にしようと思い、手近な出口から表に出たものの、目的地の「ふれあい広場」の場所がわからない。道路に立っている地図で探してみるものの、やっぱり見つからない。というわけで、困ったときの警察頼み(笑) 交番で教えて貰って無事到着。結構わかりにくいぞ、ここ(^^; 事実、後から来る人もみんな迷っていた(^^;
 アーチのかかった入り口を入ると歩道が真っ直ぐ進み、右側の方では出店が出ていた。奥へと進んでいくと1メートルほどの高さに組み上げられたステージがあり、その正面側(*1)に、会議室によくあるような長テーブルと椅子が並べられている。どうやらここが会場のようだ。
 ステージに向かって左側の席の方はすでに何人か座っていたので、右側の方を陣取って一休み。するといしださんが入り口の方を見て、
「あれ西崎さんじゃない?」
 と言うので見てみると、確かに自転車に乗っていた人は世界最強の受付嬢(?)の西崎さんに見えたものの、すぐに戻っていってしまったので未確認。その後は姿を見掛けなかったし、人違い?
 さて、一息ついていたら、またまたいしださんが、今度は私の後ろの方を見て声を上げる。何かと思って振り向いてみると、おおっと貞方さん。その後ろにはもちろん、美奈子様、由紀さん、ゆーちゃんの姿が。思わず手を振ってみる(笑)
 何かと思えば、これからリハーサルが始まるらしい。我々の予定ではこれから昼食に出掛ける予定だったのだが、あっさり予定変更(笑) もっとも、場所取りのためという要因もあったのだが。
 リハーサル1人目は、白石さおり嬢。知らない歌を2曲ほど歌っていると、左側のカメラおじさんたちが一斉に動き出す。どうやらさおり嬢目当てだったらしい。
 貞方さんが「何歌う?」と聞いてくるので「ガガガ」と答えておく(笑) だって、盛り上がれて一番好きなんだも〜ん(笑) それに「もしも君が」のオケはないだろうし(笑) でも、ステージの床が木製なので、激しく動いたら壊れるような気もしてちょっと怖い(^^; いや、実際はそんなことはないでしょうが。
 というわけで、SHOWMAN'Sのリハーサル。1曲目に流れたイントロで破顔してしまうのは仕方ないだろう。何故ならそれは「めざせポケモンマスター」だったからだ(笑) となれば、歌うのはもちろん美奈子様に決まっている(^^)
「ほら、ファミリー向けだから(笑)」
 選曲の理由は、それ以外にあるまい(笑)
 2曲目はゆーちゃん。となればこちらもアニソンなんだろうが、知らない曲だ。アニソンに強そうな(笑)さっとんさんに聞いてみると「アラレちゃん?」との答え。しかし、実際は「おジャ魔女どれみ」の歌であったらしい(^^; 前日にリズムが覚えられないとか言っていたのはこれかあ?(笑)
 3曲目はもうおなじみ。由紀さんの「ウルトラマンガイア!」だ。カッコいいので結構好きになってしまった(笑)
 そして、予想外だった4曲目は「ガガガGINGA!」だ(^^) やっぱりオリジナル曲も歌うんですねぇ(笑) しかし、有線マイクではやはり歌うのが辛そうであった(^^; ゆーちゃんは振り付けが思い切り飛んでいたし(^^;、それを見て貞方さんが「済みません(^^;」と謝りに来るし(笑)、由紀さんもちょっと歌詞が飛んでいたし、最後美奈子様はケーブルにつまづいてコケていた(^^;;
 それに、この曲に限らず、木が邪魔っ! いや、ステージ中央のすぐ前に、大きな木がずで〜んとそびえ立っているんですよ(^^; 歌う方も邪魔そうだが、見る方にも邪魔だ(^^;;
 そんな感じの4曲でリハーサル終了。ちなみにその間私はずっと撮影に忙しくて、手拍子どころではなかった(^^; いや、本番では盛り上がって写真どころではないと思うので、今撮っておかないと(笑)
 ステージから降りてきたゆーちゃんに、
「振り付けしっかり覚えてこいよー(笑)」
 と声をかけたら、恥ずかしそうに顔を隠していた(笑)
「そうだ。おみやげ、今渡せばいいんじゃん(笑)」
 3人分ともなると結構かさばるので早めに渡してしまいたかったのだが、背後のテント下を覗くと、貞方さんを囲んで何やら反省会をしているようだ。終わるのを待っていたら、うまく逃げられてしまい、結局渡しそびれてしまった(^^; まあ、まだまだ機会はあるし、いっか。
 なお、ステージではリハーサルが続いていて、「実力派シンガー」らしい(^^;J.Oさんが歌っていた。ネスカフェのコマーシャルで流れていた曲(笑)などを何曲か歌い、リハーサル終了。
 その間、我々は出店のやきそばを食べて腹ごしらえ。ビールを飲んでいた人もいたような(笑)

□思わぬ人がミスコンに(笑)
 13時も近くなり、いよいよステージ上では本番スタート。最初は、ダブルダッチだ。2本の縄跳びを使って、その中で色々な飛び方をするというもの。これはなかなか楽しめた。
 続けて、どうにも時間稼ぎにしか思えない(^^;、J.Oさんの歌が1曲。なぜなら、J.Oさんのコーナーは後できちんと用意されているからだ。次のミスコンの準備が出来ていないのだろうか?
 歌の間に、ステージ右側のすぐ前にテーブルと椅子が並べられる。どうやらここが審査員席らしい。三茶の偉い人やタレント事務所の偉い人に混ざって、特別審査員として白石さおり嬢と貞方さんも席につく。全部で10人くらいだろうか。司会者は、美奈子様、由紀さん、ゆーちゃんの名前も上げていくが、その3人は2次審査からです(^^;
 そうこうしていると背後の通路をミスコン1次審査対象者がステージに向かっているようだ。すると、三たび、いしださんが声を上げる。
「あれ、あかりんじゃない?」
 えっ、まさか!? と振り返り見たものの、見えたのは後ろ姿のみ。
 貞方さんの机の出演者リストを覗き込んでみるが(笑)、「小宮あかり」の名はない。しかし、貞方さんの口から意外な真実が!
「びっくりしたよー。小宮あかりが出てるんだもん(笑)」
 なんと、本当に出てるのか!(^^;
 うーん、いしださんは目敏いことが判明(笑)
 しかも、あかりん1番手だったし(笑) 本名(多分)で参加してたみたいですね〜。まさかの登場に盛り上がっていたら、あかりんと目が合って、向こうもびっくりした様子(笑) ああっ、恥ずかしそうだっ(笑) まさかこんなところで会うとは予想していなかっただろうなぁ。もちろん、こっちも予想していなかったけど(笑) 手を振ったら照れ笑いで振り返してくれた(^^)
 さて、個人PRでは、
「三軒茶屋でライブとかしていまして、そういうことで三軒茶屋を盛り上げていければいいなと考えています」
 というようなことをテキパキとした口調で話すところは、さすが現役アイドルらしい威風堂々とした態度だ。
「あ、もう一ついいですか?」
 司会者が次の人に移ろうとしたのを呼び止め(笑)、
「アイドルが好きで、白石さおりさんに会いたいと、ずっと前から思っていたんです。今日はとても感激です(^^)」
 その言葉は後に実証された(笑)
 もちろん写真も押さえておくが、200mmじゃ遠いなぁ(^^; いしださんの400mmが羨ましい。
 さて、あかりんが去ってしまっては、後の興味はない(^^; そんなとき、入り口にルリールさんを見つけたのは、やっぱり目敏いいしださんだったか? 貞方さんもルリールさんを見つけたものの、向こうからは見つけられないらしく携帯電話を取り出してどこぞに電話している。と同時に貞方さんも鳴ったらしい携帯を取り出して大爆笑(笑) 無事に合流することが出来ました(^^)
 最後に候補者約30名がステージに勢揃いしたときのあかりんの写真もとりあえず押さえておき、候補者は一旦撤収。早速出待ちする(笑) 出待ちというか、控え室への移動中に捕まえるだけだけど。その途中人込みの中のあかりんと目が合って、向こうから手を振ってくれたのは嬉しかったなぁ(^^) うんうん、しっかり顔は覚えられているぞ(笑) もちろん、手を振り返して、なんとかあかりんの前へと到着。
「なんでここにいるんですかぁ〜?(笑)」
「あははははー(^^;」
 照れ笑いでごまかすあかりん(笑)
「がんばってくださいねー(^^)」
「ありがとうございますっ(^^)」
 いやいや、それにしても、マジにびっくりだったなぁ。
 後ろ姿を見て、つくづくそう思った。驚きを通り越して、笑いが込み上げて来たぞ(笑)

□盛り上がれ!
 もうその頃には、こちらも大方のメンバーが勢揃い。まだ来ていないのはかじゅくんくらいか。埼京線が止まった影響で遅れているらしい。
 そして、プログラムはいよいよSHOWMAN'Sライブである。チラシには「タレントライブ SHOW-MANS」とあるがご愛敬(笑)
 衣装は3人ともリハからは着替えていて(笑)、白で統一されていた。ゆーちゃんは大胆にもへそ出しルック。好きだなぁ(笑) こっちも好きだけど(爆)
 ステージ向かって左側のすぐ前にいしださんたちが陣取っていたので、私も合流。右側はミスコン審査員席があって邪魔なのだ(^^; 魔竜王さんたちはそっちで頑張っていたようだけど。ルリールさんもそっち側でビデオを回していた。
 1曲目からいきなり「ガガガGINGA!」で飛ばしてくる(^^) ゆーちゃんの振り付けは飛んでないようだ(笑) もちろんこちらも、負けてたまるかとばかりに思い切りコールを入れる(^^) 後ろの人たちはついてこれていないような気もしたが、そんなこと気にはしていられない(^^; でも、背中越しに手拍子は聞こえていたので、なかなか盛り上がっていたのかも。1度も振り返らなかったので知らないけど(笑) しかし、1コーラスだったので、ちょっぴりラストは気合抜け(^^; リハではフルコーラスだったような気が……。
 2曲目も快調に飛ばしてきて「Galaxy of Love」。こっちも飛ばす飛ばす(笑) 手拍子と「Fu!」が心地好い(^^)
 曲の途中で、まだ辿り着いていないかじゅくんから電話がかかってくるが、さすがにステージの真ん前にいては何を喋っているのかよく聞こえない(^^; それに、盛り上がるのに邪魔だったので、適当に受け答えしてさっさと切ってしまう(笑)
「大きなお友達がたくさんいますが、小さい子も盛り上がってね!」
 と、3曲目からはお子様路線のアニメ特集。まずは美奈子様の「めざせポケモンマスター」だ。着ぐるみじゃないのが惜しい(笑)
 続けてゆーちゃんの「おジャ魔女カーニバル!!」。今日初めて聞いたのだが、なかなか楽しくなれる歌で気にいったかも(笑)
 5曲目は、由紀さんの「ウルトラマンガイア!」と、この辺はリハーサル通り(笑) 相変わらずカッコ良さは抜群。
 そして、ここでいきなりじゃんけんコーナー。勝ち残った人には豪華賞品が進呈されるらしい。ステージ上のタレントの代表と客席が一斉にじゃんけんをして、勝ちとあいこが残っていくという寸法。
 しかし、あいこもOKとしたものだから、なかなか減らない。3人で3周くらいして、ようやく残り2人。カップルの男性と、魔竜王さんだ(笑) タレントはゆーちゃん。そして、その3人でじゃんけんをすると……魔竜王さんはゆーちゃんとあいこだったが、男性は見事勝利! 本来ならもう一戦のはずなのだが、ゆーちゃんに嫌われているらしい(笑)魔竜王さんは、男性はあいこではなく勝ちだということでそのまま男性の勝ち残りと決定してしまう(笑) もっとも、商品がギャラクティックライダーYUKIのCDだったので、魔竜王さんに渡しても意味がないという配慮でしょうが(^^;
 賞品贈呈が終わると再び歌へと戻り、今度はお父さんにも楽しめる、マジンガーメドレー! 「マジンガーZ」や「おれはグレートマジンガー」などが編集されていて、途中の間奏部分ではライブ等の宣伝。でも、口で言っただけじゃ、ああいうのって伝わらないんだよね〜。やっぱりビラまかないと。
 そして、最後は再び「ガガガGINGA!」で締め。今度はしっかりとフルコーラスバージョンだ。ふぅ〜。やっぱり盛り上がる歌はいいねぇ(^^)

□やっぱり出待ち(笑)
 まだ予定の14時半には達していなかったが、これにてSHOWMAN'Sライブは終了。短いぞぅ。
 ステージを降りた後は、もちろん当然のように出待ちである(笑) ステージ向かって右側のテント前でSHOWMAN'S御一行様を捕まえ、さっそく北海道土産を渡す。
 ゆーちゃんには大雪地ビール2本セット。酒好きのゆーちゃんには、やはり酒しかない(笑) 後でOGHIさんも日本酒だかをプレゼントしてたし(笑)
 美奈子様にはご期待の熊カレー(笑) 差し出すなり、美奈子様はもちろんのこと、その周りを取り囲んでいるファンまで笑うのはどうしてだろう(^^; 知れ渡ってるなぁ(笑)
「後はトドカレーがありますよ(笑)」
 というわけで、次回のお土産も決定かな?(笑)
 由紀さんには地元の旭川ラーメン。
「そういえば、本読んだよ〜(^^)」
「ありがとうございます〜(^^)」
「隅から隅までじっくりと。面白かったよ〜(^^)」
 ホームページで見てないなら、読み応えあっただろうなぁ(笑)
「こちらこそ、原稿いただきありがとうございますー」
「いえいえ、こちらこそ〜」
 という具合に、ひたすら互いに頭を下げあっていた2人なのであった(笑)
 そんなことをしていると、通路を塞いでいて邪魔だということで場所移動。通路をまっすぐ行った先の出口そばで撮影会(笑)
 ゆーちゃんにはいきなり、
「おジャ魔女どれみ、知ってる!?」
 と聞かれて焦ったが、見てないんですよねぇ(^^;
「それにしても最近露出度高いですね(笑)」
 に返ってきた言葉は何だっけかなぁ。でも、は〜んさんみたく「しばいといて」とは言われなかった(笑)
「そういえば、ミスコンにあかりん出てたよ(笑)」
「貞方さんに聞いた聞いたー(笑) まだ会ってはいないけど」
 それにしても、一ヶ月前は同じ舞台に立っていた2人だというのに、今や審査する側と審査される側になっているとは(^^;
 そういえば、ここでは美奈子様の写真は1枚も撮らなかった……いや、撮れなかったような気がする(^^; だって、美奈子様のしもべ達が取り囲んでいて、近づけないんだもん(笑)

□長く退屈の果てに
 SHOWMAN'S御一行様が撤収して、我々も定位置へと戻る。ステージ上では大声コンテストをやっていたが、かなり寂しい(^^; それに続いて、消防庁音楽隊によるコンサートが始まるようだ。準備している間に、近くのローソンにジュースを買いに行く。
 そして、しばらくは始まったコンサートに耳を傾けていたものの、なんかさっきよりも人が増えているような気がする(^^; さらに夏の日差しもあいまって、めっちゃ暑い。とりあえず人込みを避けて、公園の後ろの方へと避難。ついでに、トイレ探しの旅に出る(笑) 結局、そばの西友で小用を済ませ、冷水で手を洗って気分もすっきり(^^) 顔も洗いたいところだったが、タオルの用意がなかったので断念。
 公園に戻ると、消防音楽隊によるスタジオジブリメドレーが始まっていた。ナウシカ、ラピュタ、魔女宅、紅の豚等など。
 音楽隊コンサートが終わると、消防署1日署長をやっていたらしい東ちずるさんに感謝状や記念品などの贈呈式。壷を貰ってどうしろというのだろう(^^; 最後はちょっとした撮影会になっていた。
 そして、15時半を過ぎて、三茶フェス名物らしい、サンバカーニバル。そういえば、さっき出歩いたときにも、街中を行進していたなぁ。席を外していたは〜んさんのカメラで写真を撮れば?と森川さんが唆してくるが、私はそんな悪人じゃないしぃ(笑)
 この辺から時間はちょっと押し気味。
 続けて、J.Oさんのライブ。耳覚えのある曲を何曲か披露していたが、私は途中で席を立っていた。なぜなら、あかりんの入り待ちをするからだ(爆) ふれあい広場のすぐ裏手の方にミスコン参加者の控え室があるんですよね〜。
 しかし、その前にローソンでオレンジジュースを補給。暑さですぐに喉が乾く。そのジュースを飲みながら、控え室前の細い道路でミスコン参加者が出てくるのを待つ。2次選考は、J.Oさんの歌の後だ。
 そして、ようやくミスコン参加者たちがずらずらと出てくる。あかりんは後ろの方だ。
「あかりん、がんばってね〜(^^)」
「私なんか駄目ですよ〜(^^;」
「大丈夫だって!」
 ミスコン参加者陣はそのままふれあい広場の裏手を回って広場横手につき、そこで一旦整列。その間に私は広場裏の入り口から広場内を斜めにショートカットして、広場横の入り口前でまたまた入り待ち(笑) どうやら番号の大きい順から並んでいるらしく、あかりんは最後尾だ。
「がんばってね〜(笑)」
「(笑)」
 一体何度顔を合わせればいいのか(笑)、それでも律儀に笑顔(*2)で手を振り返してくれるあかりん(^^)
 がんばれー。応援しているぞぅ(^^)(*3)

□隣は誰を撮る人ぞ
 あかりんの後を追うようにして(笑)自分の席へと戻り、いよいよミスコン2次審査の開始である。審査員の入場がちょっとドタバタして遅れたが、今度はきちんと、美奈子様、由紀さん、ゆーちゃんもいる。しっかりと着替えており、へそ出しじゃなくて残念(笑)
 ミスコン参加者たちはステージの裏にて待機。入った側から出てくるから、1番のあかりんが最後だったというわけだ。ということは、今は一番先頭にいるということで……。席を離れてステージ裏へと続く通路の脇に立ち、あかりんの消えた方向をぼんやりと眺めていると、ステージ裏からあかりんが顔を半分覗かせた(^^) 無意識に振られている我が手(笑) それに応えて手を振り返してくれるあかりん(^^) ううう、可愛いやねぇ(笑) てゆーか、いい加減ストーカー状態(^^;
 どうやら、候補者30余名は一旦ステージ前に並ぶらしく、ステージ前を空けさせられる。
 そして、そこではたと気づいた。こっちから出てきて、ステージの前に一列に並ぶってことは……あかりん、あっち側じゃん!(^^; そう。ズバリ正反対の位置なのだ。しかし、もうかなりの混雑となっており、移動は無理。仕方がないが諦めることにする。
 ミスコン参加者入場。しかし、ステージ前に並ぶと司会者が言っていたにも関わらず、ステージに上っていこうとするあかりん(^^; 緊張してるのかなぁ。
 すれ違い様に手を振って、「がんばれー!」とエール。あかりんが向こうに行ってしまっては、ここにいる理由もないので、元の席へと戻る。しかし、遠くに離れていても、目線を貰っては撮影していたりした(^^) なんか目が合うんだよねぇ(笑) もちろん、写した後は「ありがとー」とばかりに、頭を下げたり手を振ったり。
 1次審査に合格するのは10人。約1/3の確率ということか。
 そして、結局あかりんの名前は呼ばれなかった。途中、あかりんの顔は泣きそうなくらいに落ち込んでいた。撤収時にすれ違ったとき「惜しかったねー」と声をかけたら、「私には無理ですよ〜」と気丈に振舞ってはいたけれど。
「また戻ってくるの?」
 司会者が、まだ特別賞があるので選ばれなかった人もぜひ残っていて下さい、というようなことを言っていたので、あかりんに確認。
「はいっ」
 うむうむ、よーし(笑)
 さて、後は審査員の方々と遊ぶか(笑)
 ステージ上には、2次選考へと残った10人の候補者が並んでいる。彼女らには副賞として、何か本をプレゼントされていた。表にはさおり嬢のサイン、裏には「SHOWMAN'Sさん」のサインが入っているらしい。
「“SHOWMAN'Sさんのサイン”ってどんなのだろう?(笑)」
「貞じいが“SHOWMAN'S”って書いてたりして(笑)」
 そんな物議を醸し出して、笑える(笑)
 実際は、遠目にゆーちゃんのサインが見えたので、3人娘のサインなんでしょうけど(^^;
 また、「SHOWMAN'Sさん」と言えば、もう1つ。SHOWMAN'Sライブ開始前にスピーカーから流れていた案内放送が笑えた。
「14時よりふれあい広場にて、大阪で活躍中のSHOWMAN'Sさんのライブが始まります」
 い、いつの間に大阪進出をっ!?(笑)
 どうやら、「大阪有線放送」からきているらしい(^^;;;
 さて、話をミスコンに戻すと、実のところステージ上に並んだ10人の候補者たちにはさしたる興味はない(^^; しかし、私の周辺はみんな似たようなものだったようだ。候補者がステージ上で、歌やら踊りやら一芸を披露しているにも関わらず、みんなのカメラのレンズは思いっきり真横の審査員を狙っている(笑)
 美奈子様とゆーちゃんの斜め後ろに位置していた私は、その後ろの貞方さん&由紀さんを撮りつつ、ゆーちゃんをおもちゃに遊ぶことにする。いや、ゆーちゃんは客席側だったから、近かったんですよぅ(笑)
 例えば、背中のフードをちょいちよいと引っ張ってみたり(笑)
「なに?」
「いや、なんでもない(笑)」
 振り向かれても素知らぬ顔(笑)
 例えば、机に置いていた水ヨーヨーを、気付かれないようにこっそりと取ってみたり(笑) でも、これは、かじゅくんが取れって言ったんだよぅ(^^;>ゆーちゃん。だから、取った後はかじゅくんに渡し、気付いて振り向いたゆーちゃんは、かじゅくんを睨んでいた(笑) それに恐怖を感じたか、かじゅくんは私にヨーヨーを返しておくように頼み、ゆーちゃんに返してあげた私なのでありました(笑)
 例えば、ゆーちゃんの足をアップで撮ったり(笑) そういえば、局所アップは禁止だったよーな(^^; いや、出待ちのときには〜んさんがゆーちゃんのへそだけ撮ろうとして、そう怒られていたのだ(笑) しかし、足といっても靴下のワンポイントの猿が狙い。別に変な意味はない(笑)
 そういえば、白石さおり嬢を中心として、SHOWMAN'Sの皆が顔つきあわせて笑っていたのは何だったのだろう?(*4) そのときに振り返った美奈子様の写真は撮っておいたけど(笑)
 そんなこんなで、ステージもロクに見ずに、二次審査終了(^^;

□そしてまた出待ち(笑)
 審査員席を離れたSHOWMAN'S御一行様に呼応して、我々も席を立つ(笑) それと入れ替わりに、次にステージで行われるサンバカーニバル(*5)の一群が入場。とりあえずそれを見送り、SHOWMAN'S御一行様は今度はあっさり撤収しちゃったな〜、と残念がっていたら、ふれあい広場の外(*6)からステージを見ているではないか。もちろん、そちらに向かう(笑) みんな気づいていなかったのか最初は人数も少なかったのだが、最終的には顔見知り全員が外に集まっていたよーな(^^;
 しかし、なぜか美奈子様だけがいない。用事があって帰ったのかとも思ったが、そうではなかったらしく、二次選考結果発表のときには戻ってきていた。化粧直しだったのかな。
 さて、ゆーちゃんは金網にかじりついて、ステージ上のサンバカーニバルを見ている。
 その後ろに立っていた由紀さんに、
「ねーちゃん、いいケツしてるな〜! とかやらないんですか?(笑)」
 と盛り上がる(笑) もう由紀さんはすっかりそんなキャラクターだ(笑)
 それにしても、ここでもゆーちゃんのフードが気になる私(笑) なんか、フードには弱いんですよね〜(^^; 引っ張ったり、かぶせようとしてみたり。いや、髪は後ろでアップにしてまとめていたので、かぶせることは叶わなかったのですが(^^; 本当はフードの中に水ヨーヨーを入れてみたかったのだということは秘密(笑) でも、私がいじっていたら、由紀さんも引っ張っていたのが笑えた(笑)
 また、は〜んさんのデジカムを借りて、撮りまくるゆーちゃん。は〜んさんは、今日ここに来る前にデジカムを買ってきたらしい(^^; お金持ちだなぁ。そして、初めて使うのでDVテープの入れ方がわからず、貞方さんに入れてもらったんだとか(笑)

 そんなこんなでSHOWMAN'S御一行様も撤収。我々も一旦席へと戻る。
 ステージでは、まだ賑やかなサンバカーニバルが続いていた。プログラムでは、この後がミスコン二次審査発表となっている。つまり、ミスグランプリ、ミスプリンセス、ミスマーメイドが決まるということだ。それにしても、「マーメイド」だけはちょっと謎(^^;
 さて、その後の私の行動は推して知るべし(爆)
 先刻のようにあかりんが出てくるのを待っていたら、何をしに来たのか、さっとんさんとかーしまさんがやってきたので合流。ちなみに二人はテンカーニバルには行っていないので、あかりんは今日が初見だ。
 サンバカーニバルが終わって、目の前の道路を引き上げていく。ミスコン参加者の呼出し係の男性が、慌しく駆け回っている。
「もう呼んでます!」
 とか叫んでいるので、もうすぐ出てくるのだろう。
 果たしてすぐにミスコン参加者たちは出てきて、もう何度目かも覚えていない、あかりんへの挨拶(笑)
「特別賞、がんばってねー(^^)」
「私なんか無理ですよ〜(^^;」
 とんでもない! といった感じで小さく手を振る。
 その後もやっぱり同じようにショートカットして、再度あいさつ(笑)
 席に戻ると、右側の関係者席の方にSHOWMAN'S御一行様を発見。いなくなっていた美奈子様も復活している(笑) もう審査員席にはつかないようだ。
 となれば、ここにいても仕方がない。ミスコン1次選考脱落組は、またステージ前に並ぶだろうと予想し、今度は前もって左側の方へと移動しておく。すると、案の定その通り(笑) もっとも、あかりんはやっぱりステージに上がっていこうとしていたけど(^^;
 しかし、こっちに来てくれたものの、中央を向くような感じで弓なりに並ぶことになってしまったため、こちらから見えるのはあかりんの背中のみ(;_;)
「これじゃ撮れないじゃん(^^;」
 隣のかーしまさん(*7)に愚痴っていたら(^^;、それが聞こえたのか、振り向いて笑顔を見せてくれたあかりん。ううっ、優しいねぇ(T^T)
 そして、あかりんは見事特別賞に選ばれた。
「あかりん、おめでとー!(^^)」
 こっちを振り向いて軽く頭を下げてから、ステージへと上がっていく。私も、もうここにいても仕方がないので、席へと戻る。
 特別賞は、敗者復活ということで1次選考脱落組から1人と、1次選考通過者から1人の、計2人だったか。そして、いよいよミスの三役も発表される。ミスグランプリはジャイアンツのファイアーダンスを踊った人だったかな。浴衣を着て着物たたみを披露していた人もプリンセスかマーメイドに選ばれていた。まあ、この辺はあまり興味がない(^^;
 美奈子様、由紀さん、ゆーちゃん、さおり嬢はプレゼンターを務めていたようだが、いつの間にかステージ上にあかりんの姿はない。ステージ裏に引き上げたか?
 ステージ上はミス三役の撮影会になっていた。途中から何故か美奈子様たちも加わる(^^;
 それとほぼ同時に、客席で埋もれているあかりんを発見(笑) 背は低いのだが、服が目立つので助かった(^^; 控え室へと戻る途中のようだ。
 さて、ここで悩んだ。美奈子様たちの写真を撮るか、あかりんを追いかけるか。
 結局、もう撮影ポイントは残っていなかったこともあって、あかりんを追うことにした。

□ナンパ?(笑)
 あかりんに近づいていくと、ビデオを回していた事務所スタッフの人(*8)と何やら話している。
「あかりん、特別賞おめでとー(^^)」
「ありがとうございます(^^) でも、何もないんですよ(^^;」
 賞状も賞品も何もないらしい。
「名前だけか(^^; ……本は貰ったんじゃないの?」
 あの、「SHOWMAN'Sさんのサイン」の入った(笑)
「いえ、貰ってないです」
 あっ、そうか。あれは2次選考に進んだ10人への副賞だったか。ホントに何もないんだねぇ(^^; まあ、箔がついただけでも良しといったところか。
「これからどうするの?」
「この後、白石さんの歌があるんですよね? 見たいんですけど……」
「もう、終わったんでしょ? だったらいいんじゃない? 一般客に混じって見てれば(笑)」
「じゃあ、荷物取ってきます!」
 ぱたぱたと駆けていくあかりん。しかし、裏手側の出口使った方が近いのだが、横の出口から出ていく。きっと、裏手側の出口の存在を知らないんだな(^^;
 一方、そのころ美奈子様たちはもうステージを降りていた。これから出待ちが始まるなぁ、と思いつつも、あかりんが帰ってくるのを待つ。いや、だって、今ならライバルはいないし(笑)
 さおり嬢の歌が始まる直前に、あかりんが大きなバッグを抱えて戻ってくる。
「間に合った!?」
「これから始まるとこ」
 2人で並んで、白石さおりコンサート観賞。う〜ん、いい雰囲気(^^)<何が?(^^;
 ちんまいあかりんには見えづらいだろうと思い、前の方に行かせてあげようとも考えたのだが、カメラ組がもう並んでいるし、本人もちょっと遠慮しているので無理強いはやめておく。
「ぱんぱんひゅ〜! とか入れていいんでしょうかね?」
「いいんじゃないです? どうせ、前の方でやりますよ(笑)」
 とか思ってたのだが、実際はカメラ小僧ばかりでそれほどでもなかった(^^; 1人、熱心にコール入れてる人はいましたが。
 さて、いよいよ1曲目開始。手拍子を入れるあかりん。ホントにただのファンだ(笑) 1人じゃ寂しかろうと私も手拍子を入れるが、周りは誰もついてこない。やはり一般人は薄情だ(^^;
 さおり嬢を熱心に見入っているあかりん。私はその横顔に見入ってたりする(爆) だって、さおり嬢よりあかりんの方が可愛いも〜ん(^^)
 それにしても、こういうのを見て自分の振り付けの勉強とかするのかなぁ。
 2曲歌い終わるとMC。限定5分だけCDを発売するとかなんとか。どうしてそんなに短いんだろう(^^;
 そして、3曲目。本来はもう1曲あったらしいが、時間が押しているのでカット(^^;
 あかりんは変わらず熱心に見入っていたが、SHOWMAN'Sの方も気になる私は、3曲目が始まると同時にそちらの様子を見に行ってみる(^^;
 しかし、もうSHOWMAN'S御一行様は撤収しており、そこに残っていたのはダメ人間たちのみ(^^; となれば、そこに用はないのでさっさと引き返し(^^;;
 雨が降ってきたので折り畳み傘を広げてあかりんのところに戻ると、ちゃっかりかじゅくんがあかりんをナンパしていた(笑)
「こらこらこら、ダメ人間が近づくんじゃないっ(笑)」
 あかりんからかじゅくんを引き剥がし、あかりんが濡れないよう傘を差し出す。つまり、相合傘(^^)
「これ、ダメ人間ですから、気にしなくていいです(笑)」
 それには苦笑するしかないあかりん(^^;
 しかし、せっかく相合傘していたのに、かじゅくんが自分の傘をあかりんに貸したものだから、今度はかじゅくんと相合傘する羽目に(^^; ちっ、余計なことを!(^^;;
 さて、一方ステージの方はあまりの雨の強さに中断していた。
「これで終わりですかね?」
 心配げなあかりん。
「やんだら続きをやると思うけど……」
 こればかりは天気次第なのでなんとも言えない。
 遠くのテントで雨宿りしていた魔竜王さんたちは、引き上げていくようだ。あ、結構薄情かも(^^; かーしまさんのケータイに電話して聞いてみると、ケンタッキーで雨宿りするらしい。帰らないように言い含めておき、
「こっち来れば? あかりん紹介するよ(笑)」
 と言ってみたが、来ないらしい。
 すると、いしださんから電話があり、いしださんがこっちに来るらしい(笑)
 そして、やってきたいしださんをあかりんに紹介。
「テンに来てたんですよ」
「あっ、そうなんですかっ?」
「こんにちは、いしだです」
「バースディイベントにも誘ったのに来なかったんですよ!(笑)」
 その後、ミスコンを見てファンになったのか「タレント活動もやっているんですか?」と聞いてきた男性に活動を宣伝したり、次のイベントの予定を聞いたり。
「まだ撮影会しか決まってないんですよー」
「いつ?」
「9月17日ですー。土曜日なんですよぅ」
 ちなみに、土曜日を何度も強調していたので、18日の間違いだろう(^^; でも、土曜日だと何かマズいのだろうか? と土日週休二日制の私は思ったのであった。
「そういえば、ミスプリンセスになりたかったんじゃないの?(笑)」
 ミスコンの話に振ってみる。
「そんな無理ですよ〜」
「なんでプリンセス?」
 聞いてきたのはかじゅくんだったか、いしださんだったか。
「だって、夢が“お姫様になりたい”なんだもんね?(笑)」
「そうなんですよ!」
 俄然力が入るあかりん(笑) この話に振りたいがために、ミスプリンセスの話を持ち出したんだったりする(^^;

□誰がアイドル?
 そんな話で盛り上がっていると、雨も小雨になってきて、3分だけCD発売をするとの案内放送。時間減ってるし(^^;
「CD売るって」
「ホントですかっ!? サイン欲しいんですよ!」
 うああ、ミーハー(笑) ホントにさおり嬢のファンなのね。
「じゃあ、急がないと! もう始まってるよ!」
 場所は、ここからは反対側となる関係者席テントのようだ。あかりんを先頭に、慌しく移動する我々一行。今は男性がさおり嬢と何か話していた。
「何かペン持ってます?」
 あかりんの言葉に、鞄からあっさりとマジックを取り出す私。「さすが」との声も上がったが、標準装備である(笑)
「ほら、今だっ!」
 男性が終わったようなので、無理矢理押し込みっ。いや、列が出来ている様子はなかったし。もちろんそれくらいは確認している。
 一方、そこにやってきたのが、かーしまさんとさっとんさん。さっきは来ないとか言ってたくせにー(笑)
「あかりん、紹介してください(笑)」
 さっとんさんが実に嬉しそうな顔で言ってくる(笑)
「ちょっと待って。今、あかりんがサイン貰うところだから(笑)」
 自分は貰う気が全くないところがミソかも(^^; でも、あかりんがそばにいなかったら、貰っていたかも知れず(笑)
 あかりんは無事にさおり嬢からサインを貰い、なぜかその2人のツーショット撮影が始まる(^^; 雨が降っていたこともありカメラは片付けてしまっていたので出遅れた(;_;)
「握手はいいの?」
 引き上げようとしたあかりんにかけた私の言葉で、2人の握手も実現。サイン、ツーショット写真、握手は、対アイドル3種の神器と言えよう(笑)
 さして、帰ってきたあかりんに、平手を差し出す私。
「?」
 わかってないようだ(^^;
 それでもしつこく差し出し続けてると(*9)
「そういえば、ペン返しましたっけ?」
「ううん」
 首を振る私。
「あっ、すみませんっ。返して貰ってきますっ」
 と、さおり嬢の元に戻っていったあかりんだが、
「今、使ってました(^^; 後で返して貰ってきますね」
 というわけで、ここでようやくさっとんさんとかーしまさんを紹介。
「この2人も、仲良くしておけばイベントとか来てくれるから(笑)」
 一通り自己紹介をしていき、
「私は?」
 最後に私の名前を聞いてみる(^^;
「けいさん(^^)
 おおおおお、覚えられてるっ!(T^T) 名前を覚えられると、ファン熱に拍車がかかるんだよなぁ、私(^^;
 そして、さおり嬢一行が引き上げていくようだ。その手には我がマジックが握られていたような気もするが……。さっとんさんがさおり嬢のいた席を見に行くと、案の定マジックは残っていない。
「持ってっちゃったみたいだね(^^;」
「ごめんなさいっ」
 頭を下げるあかりんだが、
「いや、別にいいって。……弁償してくれれば(笑)」
 この辺が、私が「いぢめっこ」たる由縁であろう(^^;
「じゃあ、撮影会の代金を200円引きということで……(^^;」
 むむむっ、行くことに決定してるのか、私は?(笑)(*10)
 まあ、実際マジックなど高いものではないので、それほど恐縮してもらうものでもない。
「ホント、いいって。これから、あかりんにマジック取られたー、って、いぢめ続けるだけだから(笑)」
 それを実際にやるかどうかはさておき(笑)、いやあ、いいネタが出来たものだ(笑)
 そして、今度はあかりんのサイン会だ(笑) さっとんさんがドロップの缶を出して、
「これにサイン下さい」
 と言い出したのが始まり。
「ペンあるの?」
「もちろん(笑)」
 さすが伊達にダメ人間ではないな(笑)
 となれば、私も貰うに限る。丁度スケッチブックは残り1ページだ。本当はゆーちゃんに貰おうと思っていたのだが、いいチャンスがなかった(^^;
「サイン以外下さい(笑)」
 こう頼む人も少ないだろうなぁ(笑)
 すると、“バー”と書き出したので、
「バーカって書くのかと思った(^^;」
「俺も思った(^^;;」
 かーしまさんの言葉に頷く私(^^; だって、言われても仕方のないようなことはやっている(爆) 実際は“バースデーイベントきていただいてありがとうございました”の“バー”だったんですけどね(^^;
 かじゅくんはキティちゃんのミニちょうちんに貰っていた。でこぼこが結構書き辛そう(^^;
「かーしまさんは貰わないの?」
「貰うもの持ってないしー」
 そう言うかーしまさんのTシャツの裾を引っ張る私。そう、Tシャツは白い(笑)
 すると、何を血迷ったか(笑)かーしまさんも乗り気になり、それならば大きく背中に貰うことにしたらしい。
「いいんですか?(^^;」
 あかりんびっくり(笑) 今までこんなダメ人間はいなかったか?(笑)
 それにしても、汗だくのTシャツに書いてもらって、洗濯はどうするんだろう?(笑)
 そして、ペンを返してもらおうとしたさっとんさんに一言。
「そのペンあげないの?(笑)」
 一瞬迷ったさっとんさんだったが、
「そうですね。プレゼントします!」
 でも、貰ってどうするんだという噂もなきにしもあらず(笑)
 そういえば、各人の名前だが、さっとんさんは「さとうさん」、かじゅくんは「かずくん」に間違えられていた(^^; 確かに耳で聞くだけだったら、変な名前だもんなぁ(笑) かくいう私は「けいさん」(^^; まあ、覚えられてるだけでも充分なんですけどー(笑)
 あとは、ツーショット撮影をしたり(^^;
 その辺で、事務所の人(*11)がお出迎えにやってくる。
「じゃあ、そろそろ引き上げないと……」
 となれば最後は握手である。三種の神器だし(笑)
「頑張って下さいー」
 こうして、今日のイベントは終わったのであった。時間は19時くらいだったか。
 ……はっ、一体誰のイベントだったんだろう!?(笑)

 その後はケンタッキーに行って、魔竜王さんたちと合流。3階を占拠していた(笑)
 雨宿りも兼ねて十数名でSHOWMAN'S話で盛り上がったものの、雨がやむ様子は一向に見えない。20時半くらいまで居座ったものの、ついには諦めて撤収することに。
 三軒茶屋駅から一人長津田方面だった私は順調に帰れたのだが、渋谷駅は水浸しで大変なことになっていたらしい(^^;
 それにしても、今日はいつもの2倍くらい楽しめたイベントだったなぁ(笑)

*1: 入り口から見て右手側。
*2: というか呆れてたのかも(^^;
*3: って、もうこの時点で結果は決まっているんだけど(^^; でも、審査員だった貞方さんにも「1番をよろしく(笑)」とは言っておいた(笑)
*4: どうやら、2次審査に残った10人のほとんどを、「ミスコンの女王」白石さおり嬢は見たことがあったらしい。道理で「三軒茶屋に来たのは初めてなんですが」とか言い出す輩が多いと思った(^^;
*5: 先ほどとは別のグループらしい。
*6: 金網の向こう側。
*7: だっけ?
*8: 水谷さん。
*9: 口で言えよ(^^;>私。
*10: いや、予定が入らなかったら行こうと思ったけど(爆)
*11: 水谷さん。