イベント参加リスト(2005年10月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
SUPER NAVIGETY'S!ミニライヴ in 第38回北海道工業大学大学祭【概略】

日時:2005/10/01(土) 13:00
場所:北海道工業大学 体育館(札幌)

出演:高橋由佳/ビート[二本柳優/林悠佳/植島舞/坂本麗美]/SUPER NAVIGETY'S![木村愛里/佐藤真由香/上岡千鶴]

SUPER NAVIGETY'S!ミニライヴ in 第38回北海道工業大学大学祭【曲目】

--.ダンスパフォーマンス/ビート
01.Lucy(オリジナル)/SUPER NAVIGETY'S!
03.君の夢(オリジナル)/SUPER NAVIGETY'S!
02.伝えなくちゃ(オリジナル)/SUPER NAVIGETY'S!
04.サイクリング(オリジナル)/SUPER NAVIGETY'S!

SUPER NAVIGETY'S!ミニライヴ in 第38回北海道工業大学大学祭【記録】

 札幌駅で友人他(謎)と待ち合わせして、JRで手稲駅へ。手稲駅から北海道工業大学まではタクシーで行こうという話になっていたのだが、タクシー乗り場にいたのが中型だったもんだから、なぜか徒歩で行くことに(^-^; 結構遠かったー。
 というわけで、12時半ちょっと過ぎに現場に到着。体育館入り口前に煙草を吸いに出てきていた社長に、顔を合わせるなり「すみません、リハは終わってしまいました」と謝られる(^-^; 張り出してあったスケジュールを見ると12時半からリハとなっているが、巻いたらしい。ぃゃ、もともとリハを見ようと思ってたわけではないので、いいんだけど。
 会場は体育館の2階。体育館に2階があるのか・・・。ちょっと不思議。中に入る。人少なっ(^-^; 前の方に数人いるくらいだぞ・・・。
 後ろの方に先乗りしていた友人を見つけたので合流。なんかアンケート用紙を書いている・・・と思ってたら、ビートの子にその用紙を貰ってしまった(^-^; スーナビへの応援メッセージを書いて欲しいらしい。とりあえず、ネタに走りたくなったので(笑)「舞ちゃんLove」と「社長を働かせすぎです」と書いておく。だって、物販のブースを作ってるのも社長だし(^-^;
 開演時間が迫ってくると客もそれなりに集まってきて、予定の13時をちょっと過ぎて開演。最前列ではなく、ちょっと後ろから観賞。

 司会進行はゆっちこと高橋由佳ちゃん。まずはいつも通り、ラジオやスーナビの紹介から。
 続いて、ビートのダンスも前回と同じ流れで。
 となると当然一曲目は「Lucy」(*1)。衣装は先日の観音秘宝館で披露したひらひらドレス。しかし、なんかマイクのボリュームバランスが悪いような・・・。
 ゆっちが出てきて次の曲の紹介だけしてまた退場。出てくる意味、あまり無し(笑) あ、スーナビのことを「ナビ」と呼ぶのが、新鮮というか違和感というか(^-^;
 というわけで、お次は「君の夢」。NHK云々のやつ。他の曲と毛色が違うのが、なんか好きかも(笑) そういえば、CHIZURUがダンスでコケてたような・・・。
 三たびゆっち登場。今度はメンバーに自己紹介を促す。でも別にいなくても(略)。あ、こんなこと書いてますけど、ゆっちのことは好きですよ? この前ファンレター出したし(笑)
 というわけで、それぞれ自己紹介。といっても、いつも通り名前と年齢程度を、CHIZURU→MAYUKA→リーダーAIRIの順で。
 その後は、東京でレコーディングしてきたときの話なのだが、聞き方が「何か失敗談とかありますか?」ってのがすげぇ(笑) それに答えるCHIZURUは、「失敗の連続でしたけども」と開き直り(笑) それを「ちぃは初めてのレコーディングだったので凄い緊張しまくりでした」とフォローするAIRIはさすがリーダーだが、つくづくとても最年少とは思えないしっかり者だよなあ。そのままAIRIが続けて、「あいりとまゆちゃんも東京でのレコーディングは初めてだったので緊張しました。しかも、普通の歌手は1日に1曲レコーディングするらしいんですけど、私たちは札幌から行ったので1日3曲レコーディングというハードスケジュールで、すごい大変でした」。
 続いての質問、「今回、歌詞とかアレンジが変わりましたけど、それについてはどうですか?」。それに答えるMAYUKAが「まだ慣れてません。今も結構間違いました(笑)」なんて言うもんだから、AIRIが「しーっだよ!」とたしなめるのが可愛かったり(笑)
 3曲目は「伝えなくちゃ」、元「雪の歌」。
 歌い終わるとゆっちが出てきて、今後のイベント予定などを発表。だから別にゆっちでなくても(略)。
 そして、最後の曲は「サイクリング」で盛り上がって締め。「ありがとうございましたー!」と退場する3人と入れ替わりでゆっちが出てきて、物販等の案内。

 物販ブースではスーナビが手ずからDVDを販売。CDは間に合わなかったらしい(^-^; 10月中旬販売予定だとか。
 物販ブースは学生さんでごった返していたので、私は隅っこの方でビートの4人を捕まえて写真を撮らせてもらったり(笑) その後は、スーナビの脇にいたゆっちをわざわざ呼び寄せて、撮影やお話。結構色々ゆっちの新情報を入手出来ました(笑) アップスビートでダンスの先生をやってるというのはマジ驚きだった。歌ったのは見たことあるけど、踊ってるのなんか見たことないぞ(^-^; 去年はスーナビのバックで踊ってたらしいけど、その役もビート年少組に取られてしまったらしい(笑)
 そんなこんなで終了。物販ブースには近づかなかったので、スーナビとは一言も会話してないな(^-^; 通りすがりに挨拶したくらい。
 その後は出待ち。珍しく遠くから見てるだけだった(笑) アップスビートの面々は、社長とゆっちが運転する車で撤収。ゆっちの車には初心者マークが・・・。AIRIとビートの麗美ちゃんは親が来ていたらしく、そちらと一緒にお帰り。
 というわけで、我々も撤収〜。

HUMAN FESTA 2005 -ミチシルベ-【概略】

日時:2005/10/01(土) 15:30
場所:大丸札幌店前広場(札幌)

出演者:谷内英里佳/谷川亜維/他

HUMAN FESTA 2005 -ミチシルベ-【記録】

 ヒューマンアカデミーの学園祭? それのファッションショーに谷えりとぁぃちゃんが出るということだったので、見に行くことに。出るのは、15時半からの「THE JANRE(ヘアメイク&ファッションショー)」らしい。
 ステージ下手側の最前椅子席が空いたので、そこに座って観賞。しかし、これはミスだったかなあ。花道の正面に行くべきだったか。
 さて、「THE JANRE」と名付けられた本ショーだが、ヒップホップとかロックンロールとか民族音楽とかとか、色々な音楽に合わせた衣装とヘアメイクによるファッションショーという趣向。これは見ていてなかなか楽しめたが、ステージ演出的にはもう一息って感じかなー。しかし、その心意気や良し(*2)
 谷えり&ぁぃちゃんは、「テクノ」担当として3組目に登場。衣装については・・・えーと、ファッションに疎い私には説明不可能(^-^; 谷えりはゴージャスな感じ。フロントが滝のようにチャックまみれなので、なんかそのチャックを下ろしたくなってしまう(笑) ぁぃちゃんはツナギっぽい感じで(*3)。前をこれでもかってくらいにはだけさせていたけど(笑) てゆーか、最初メガネかけて出てきたので、一瞬戸惑ったのは秘密です(^-^;
 で、一組目に出てきた二人が、露出度高めな衣装で激しく踊ってたのでそういう系統かと思いきや、普通にファッションモデルっぽいことをやってました(笑) だから、花道の正面がベストポジションだった・・・。
 というわけで、出番は短め(;_;) でも、最後に全員集合のお披露目があったので、また見れて嬉しかったり(笑)(*4)
 そんな感じでイベントは終了。
 その後、二人が衣装のままで交流会のために(?)客席の方に出てきてくれたので、ご挨拶&改めて写真撮影。呆れられるほどに写真撮りまくってた私です(笑) だって、可愛いんだもーん(笑)
 余談。現場で見かけた人(順不同・敬称略)。高林里奈、明石陵、平向慧后、大野光生。

*1: ビートのダンス曲の終わりは「Lucy」のイントロなのである。一回止まって、再び「Lucy」が頭から流れ直す謎仕様だけど。
*2: 偉そう(笑)
*3: でも、よく見るとツーピースだな(^-^;
*4: まあ、結局この後に見まくれたんだけど(笑)
スクールAP2 Presents! 「男祭り・女祭りvol.2」CD先行発売スペシャルライブ(1回目)【概略】

日時:2005/10/08(土) 16:45
場所:サッポロファクトリー アトリウム(札幌)

出演:BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]/Style.[平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]/KID'z[池田百花/近藤綾菜/反橋夢妃/樋口彩乃]/砂利-ZYARI-[伏木信人/寺尾正高/後藤大輝/矢ノ目光明]/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]/Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/Little[岩本和也/竹村辰基]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]
司会:岩野祐二

スクールAP2 Presents! 「男祭り・女祭りvol.2」CD先行発売スペシャルライブ(1回目)【曲目】

01.I don't look back〜約束の場所へ〜(オリジナル)/BLuck
02.VIOLATION(EXILE)/BLuck
03.Experience(オリジナル)/Style.
04.O・TO・NA(オリジナル)/KID'z
05.ORE IRO(オリジナル)/砂利〜ZYARI〜
06.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘
07.happiness(オリジナル)/Pink
08.ラヴ・ストーリー(オリジナル)/Little
09.夢の花を咲かせましょう(*1)(オリジナル)/MonKero
10.(オリジナル)/MonKero
11.Distance(EXILE)/BLuck
12.スマイル(オリジナル)/BLuck

スクールAP2 Presents! 「男祭り・女祭りvol.2」CD先行発売スペシャルライブ(1回目)【記録】

 16時頃、現場に到着。先に着いていた友人と合流し、今日が誕生日の岩ちゃんへのプレゼントを探しにお土産売り場へ移動。きなこチョコレートなるものが売っていたので、セッ娘が好きそうだと思って(笑)、購入。5個買うと1個おまけで貰えたので、その分が岩ちゃんへのプレゼントでいいや(笑)(*2)
 アトリウムに戻ると、椅子席の下手側に陣取ってみた。椅子席、立見席合わせて、100人以上の客は来ていただろう。
 10分押しの16時55分頃開演。イエローグラスのテーマ曲とともに、岩ちゃんがステージに登場。カッコよくターンなんかしてみせちゃったりして(笑) そして、一通り客席を煽って、前説。「自分、友達、おじいちゃん、おばあちゃん、いとこ、親戚の分、一人8枚買っていただく計算になっていますので、よろしくお願いいたします」が面白かった。なお、わざと自分の誕生日に合わせてイベントを立てたらしいです(笑)

 そして、「一組目はBLuckからです。後ろをどうぞ!」と言われて後ろを振り向くと、階段から逆光で登場するBLuckの5人。おお、かっけー! 「I don't look back」の前奏が流れ始め、客席を煽りながら、左右に分かれてステージへと登るBLuck。そんな演出に、客席はのっけからハイテンションで大盛り上がり。女の子もすげーコール入れるようになったなあ(^-^)
 続けて「VIOLATION」を歌い、自己紹介。圭ちゃんコールを入れたら「はいよ!」と返事してくれたよ!(^-^) なお、本日の衣装は、薔薇柄(?)のYシャツに黒系のスボンでお揃い。
 そして、「まだまだ続きますので、今よりさらに盛り上がるように、よろしくお願いします」と大樹君が締めて、Style.と入れ替わり。

 Style.の衣装は、いつものストリートっぽい感じで。
 曲はCD収録曲の「Experience」。初披露? 結構耳馴染みが良くて口ずさみ易い曲。英語の部分は何言ってんだかわかんないけど(^-^; メインボーカルは恵二君だが、やっぱり声が細いよなあ。高音も辛そうだし。声は好きなんだけどなあ。あと、2番は半分くらい歌詞を飛ばしていた(^-^;
 そのまま、自己紹介も無くさくっと退場。

 替わって出てきたKID'zは、登場するなりまずは自己紹介。ああ、こういうメンバー構成だったのか。お子様チームはPeaceと誰かの組み合わせというパターンがほとんどなのだが、その度にユニット名が変わるのでわかり辛い(^-^; 衣装はCDジャケと似てるけど・・・違うな(^-^; 雰囲気的には同じような感じ。百花ちゃんのピンクのオーバーニーソックス萌え(笑)
 こちらも、歌ったCD収録曲「O・TO・NA」は初披露かな? 振り付けも結構動きが激しくて可愛らしい。出てくる言葉はやはりこの一言。芸達者。

 続いて砂利。衣装は・・・ファッションに疎い私には説明しづらいな(^-^; 略(笑)
 「はい、どもどもども〜」と出てくるのがお笑いみたいだ。ってお笑いか(笑) こちらもまずは自己紹介。後藤君の「15歳です。ぴっちぴちです」が面白かった。寺尾君は相変わらずテンション低っ。まあ、そーゆーキャラなんだけど(笑)
 そして、曲のための立ち位置に移動し、後ろを向いた後藤君による「夢・・・希望・・・何もない・・・。ORE IRO」との口上で曲スタート(笑) 前奏や後奏では相変わらず踊ってはいない後藤君だったが、ちょっとは動くようになっていた(笑) また、女の子ファンからサビ部分で「じゃりじゃり」というコールと手振りを入れてくれと頼まれていたので入れてみる。女の子ファンも頑張ってるなあ。負けちゃいられない。

 セッ娘の衣装はCDジャケと同じもので、可愛い(^-^) 容子姉は黄緑、夏希ちゃんはピンク、咲良ちゃんは黄(橙)色、美弥ちゃんは水色というのは、セッ娘Tシャツと同じだから、イメージカラーなのかな。
 簡単に自己紹介を済ませて、曲へ。容子姉が「それでは聴いて下さい。セッ娘で“ヒマワリ”です」と曲紹介をすると、夏希ちゃんが「春夏秋冬(はるなつあきふゆ)」と付け足していたのが、なんか面白かった。
 私は初聴だったが、「Tte! Oi!」とはまるで違ったカッコいい曲で、かなり好きな感じ。ただ、メインボーカルの容子ちゃん以外の3人の声が弱いのが惜しいなあ。もっと自信持って歌おう! あと、こーゆー曲調になるとダンスの振り付けは一層重要になるわけだが、振り付けも良かったし、きちんと揃っていていい感じ(^-^)

 「Pinkでーす!」と声を揃えて登場したのは、当たり前だがPinkの4人。衣装はCDジャケと同じピンクと白の・・・中に着てるものがちょっと違うな(^-^; 花の位置も、服に付けたりなど各自アレンジ。めっちゃ可愛くて溜まりません(笑)
 自己紹介を済ませ、唯ちゃんが「私が作詞したので、歌詞にも注目して聴いて下さい」とアピールして「happiness」。安心して見ていられる安定感はさすが。てゆーか、後奏の名前コール部分がなくなって短くなったのか・・・。なんで?(^-^;
 歌い終わると、客席のおばさま方から花束贈呈。その後、「たくさんの人が見てくれているので楽しいです!」などとPinkがトークでつなぐ間、その後ろではLittleがギターとマイクスタンドの準備をしていた。

 準備も整ったようで、Pinkが退場して、Littleの出番。衣装は普段着?(笑) タモリ拍手は「CD」バージョン。ちなみに読み方はもちろん「シーデー」(笑)
 歌う前に長々とMCを始めてしまうのがさすがLittle(笑) CDに収録された「ラヴ・ストーリー」は今までに披露していない曲で、みんなに聞かせて反応を確かめてからCD化するのではなく、いきなりCD化してしまう博打の曲だとのこと。「危険物乙種取扱者みたいな」って、その表現はマニアックだな(笑) でも、「いい曲ですと自画自賛」していた(笑)
 そして、披露された「ラヴ・ストーリー」。ノリやすい軽快な曲だが、サビの歌詞が「君が寂しいトッキーは」に聴こえてしょうがなかった(^-^;
 後片付けの最中は、再びタモリ拍手で「CD」ポーズ。

 MonKeroの衣装はCDジャケとは全然違っていて(^-^;、白のノースリーブの上に、なんかもこもこしたのを着ていた。下は黒のミニスカにブーツ。
 自己紹介に続いて「夢の花を咲かせましょう」を歌ったのだが、前奏でいきなり岩ちゃんが「熱い友情から生まれた最強コンビ。サル似の智妃とカエル似の琴美、二人合わせてMonKeroです!」などと口上を入れたのが大ウケ(笑) ぜひ今後も色々な曲で挑戦してほしい(笑)
 そして、オリジナル曲の「唄」で盛り上げて、BLuckにバトンタッチ。

 トリは再登場のBLuck。まずは新曲、EXILEの「Distance」を歌い、MC。
 圭ちゃんが「次は最後の曲なので、みんな立って飛び跳ねてくれると嬉しいな、みたいな」と言うと、大ちゃんが「え、いいの?、みたいな」と受け、「え、いいよ。やろうやろう。はいはいはいはい!」と客席を立たせる。そんな最後の曲は、CD収録曲の「スマイル」。ああ、まだ歌ってなかったのか。忘れてた(笑)

 歌い終わると、岩ちゃんが出てきて、CD即売会の案内。ステージではなく、椅子席後ろのスペースで行うらしい。
 というわけで、1回目のステージは17時50分に終了。あっという間だった感じがするけど、1時間もやっていたのか・・・

 物販。まずはCDを買わないことには話にならない。とか思いつつ、その前にセッ娘にアプローチかけてたけど(笑) そこで、「CDちょうだい」と美弥ちゃんに1300円渡そうとしたら拒否られました。まあ、売り場担当ではなかったからだけど(^-^;
 売り場は混んでいたので、岩ちゃんからCD購入特典のトレカを先に貰う(笑) MoKePi、リトマス紙、こうじとみたち、の3種類あるのだが、もちろんMoKePiで。その後、売り場いた伏木君からCDを購入し、女の子のサインコンプリート作戦発動。
 ・・・と思って、歌詞カードを抜いてみたら、あれ? 男の子チームしか載ってないぞ? ああ、女の子はケース裏なのか・・・。というわけで、ケースに貰うのはインクが剥がれてきそうで嫌なので、ケースを分解して中の紙を取り出し(笑)
 その後は、サインを貰ったり写真を撮らせて貰ったりしながら、セッ娘→Pink→KID'zと巡回。MonKeroは時間切れで間に合わなかった・・・。

スクールAP2 Presents! 「男祭り・女祭りvol.2」CD先行発売スペシャルライブ(2回目)【概略】

日時:2005/10/08(土) 18:30
場所:サッポロファクトリー アトリウム(札幌)

出演:Little[岩本和也/竹村辰基]/Style.[平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]/KID'z[池田百花/近藤綾菜/反橋夢妃/樋口彩乃]/砂利-ZYARI-[伏木信人/寺尾正高/後藤大輝/矢ノ目光明]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]
司会:岩野祐二

スクールAP2 Presents! 「男祭り・女祭りvol.2」CD先行発売スペシャルライブ(2回目)【曲目】

01.優しい風に包まれて(オリジナル)/Little
02.ラヴ・ストーリー(オリジナル)/Little
03.さよならなんて言わないで(オリジナル)/Little
--.ダンスパフォーマンス/Style.
04.Experience(オリジナル)/Style.
05.てんきゅっ(RYTHEM)/MonKero
06.(オリジナル)/MonKero
07.キューティーハニー(倖田來未)/Pink
08.happiness(オリジナル)/Pink
09.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘
10.O・TO・NA(オリジナル)/KID'z
11.ORE IRO(オリジナル)/砂利-ZYARI-
12.Distance(EXILE)/BLuck
13.スマイル(オリジナル)/BLuck
14.BANG! BANG! バカンス!(SMAP)/BLuck

スクールAP2 Presents! 「男祭り・女祭りvol.2」CD先行発売スペシャルライブ(2回目)【記録】

 本日2回目のステージも、1回目と同じく下手側で観賞。
 岩ちゃんがくどいくらいに予告していた通り、定刻の18時半に開演。登場するときのテーマ曲が無かったと思ったら、マイクの準備などをしていたLittleの二人もそのまま壇上に残って、3人で前説。といっても、岩ちゃんは1回目でのCDの売れ行きが良かったことへの御礼報告くらいで、その後はLittleにマイクを預けていたけど。

 というわけで、2回目のステージはLittleから。まず、先ほどは自己紹介をしていなかったということで、和也君が辰基君を「こちらは相方の・・・」と紹介しようとすると、「相方です」と答えてしまう辰基君(笑) そしたら、和也君もそれを受けて「相方さんです」って言っちゃうし。それでいいんかい(笑) まあ、その後きちんと名前で紹介してましたけど〜。そして、和也君本人は「リーダーとかHPの管理人とか代表取締役とかやっていますカズヤングです!」と一礼。
 その後は、やっぱり歌の前に長々とMC(笑) 辰基君が絡むとますます面白くなるよなあ。基本的には和也君の言葉を繰り返してるだけなんで、和也君はやりにくそうではあったけど(笑)
 1曲目は客席とのバトルソング、「優しい風に包まれて」から。今回は一勝一敗? 個人的にはどっちもイマイチだったけど(^-^; あと、今日はピアニカじゃなくて別のものを吹いてたが、遠くて何だかわからなかった。
 歌い終わると、「ぼくら、曲とかじゃなくて、インパクト売りなんで」なんて言いながら、和也君のタンバリンと辰基君のギターを互いに交換。そして、「ラヴ・ストーリー」を歌い終えると、「CD収録曲を歌ったのでこれで終わり・・・と見せかけて、実は本当に終わりなんですけど・・・というのは嘘なんですけども(笑)」という複雑な言い回しで、結局もう一曲歌うらしい(笑)
 「1階席の皆さん元気ですか!?」と和也君が客席を煽り、同じように2階3階と続けていくと、きちんと反応してくれるお客さん(^-^) でも、最後の「天井の皆さん元気ですか!?」はヤヤウケ(笑)
 そんな感じで喋ってたら、客席の後ろで岩ちゃんが腕をぐるぐる(*3)。それに対する和也君の「あ、(イベントが)巻き? じゃ、まだ喋れるんですね」という言葉はマジボケか?(笑) もちろん、MCを巻けという意味である。
 というわけで、最後の曲は「さよならなんて言わないで」で盛り上がって終了。辰基君、歌トチった?

 Style.はファッションモデルのダンスから。踊り終わって広司君が水分補給している間に自己紹介(笑) 恵二君の「ササザキケイジ」は、ちょっと微妙だが一応成功(笑) 広司君はベルトを忘れてきて、伏木君のを借りているらしい。とか話してる間に、恵二君が広司君のドリンクをゴクゴク。「そういうの、いいと思うよ」と呆れ顔の広司君(笑)
 その後は、CD購入特典のトレカについてのトーク。「Style.が入ってた人?」とか「みたちとこうじを貰った人?」とか客席に聞いてみたり。
 そして、恵二君の「ファクトリーでやれるなんて、とても緊張しています」の流れから、広司君が「このテンパった状態でダンスやりたいんだよね」ということで、「Experience」。今度は歌詞を飛ばしてなかったかな。
 ・・・あ、オカゲンが全然目立ってない(^-^;

 「てんきゅっ」の曲先行でMonKero登場。歌い終わると、MCを挟まずにそのまま「唄」へ。前奏でけろっぴが「歌が大好きだってことを歌っています」とは言っていたか。
 その後のMCでは、Pinkを呼び入れてMoKePiモードとなっていたが、MoKePiとして歌うわけではないらしい。しょぼーん。けろっぴが「次のイベントでは歌っちゃおうかな?」と釣っていた(笑) あとはフライヤーの話など。貰ってないという人には、「配りに行っちゃおうかな?」とやっぱり釣っていた(笑)

 MonKeroのみ退場し、残されたPinkは、唯ちゃんが「みんなであげあげしちゃいましょう!」と煽って「キューティーハニー」。おお、やっぱこの曲は盛り上がるねえ。間奏でのダンスもセクシーでいい感じ。ちょびが上手くなっていたような。
 そして、こちらもMCなしで「happiness」につないで、退場。

 続いて登場のセッ娘は自己紹介から。1回目では名前と年齢だけだったような気がするが、今回はそれぞれ一言付き。美弥ちゃん「今日は最後まで盛り上がっていきましょう」、夏希ちゃん「CDをたくさん買いましょう」、容子姉「あとでクレープを食べます」、そしてトリの咲良ちゃんが「ここにある食べ物を全部食べて帰ります」とオチを持っていくのがさすがだよなあ(笑)
 忘れていたのか1回目のときは言ってなかった明日のお笑いライブの告知を済ませて、歌へ。容子姉の「セッ娘で“ヒマワリ”です」に、またもや夏希ちゃんが「春夏秋冬」と付け加えていたが、そーゆーネタなのか?(笑)

 KID'zは自己紹介をして「O・TO・NA」を歌うと、さくっと退場。あまりにも潔すぎて、書くことないな(^-^;

 砂利。やっぱり「どもども」と登場。自己紹介と明日の告知を簡単に済ませ、歌へ。
 それにしても、「ORE IRO」の曲自体は結構カッコイイんではないかと思うのだが、どこかがなんか決定的に間違っているんだよなあ。やっぱり歌唱力か?(笑) まあ、後藤君が「こんなぼくらでも、CD出ちゃいましたー」と言い切っちゃうくらいだしなあ(笑) あと、伏木君の「2005年度最高傑作でーす」がウケた(笑)

 トリはやはりBLuck。まずは「Distance」でしっとりと。
 「次は“スマイル”なんで、今度こそ立って、ちゃんと飛び跳ねて下さい! さっき跳ねてないでしょ!(笑)」と発奮してたのはみたっちだったっけ? それに煽られて客席総立ちの中、「スマイル」で盛り上がり、最後は「BANG! BANG! バカンス!」で、さらに大盛り上がり! この曲の主役は、やっぱりみたっちだねえ(笑)

 ステージが終わると、岩ちゃんが出てきてメンバーを紹介。篤海君は「JUNONボーイ全国2位」、大ちゃんは特にネタ無し(^-^;、大樹君は「速水もこみちに似てる・・・らしい」、圭ちゃんは「去年のJUNONボーイで全国28位という微妙な順位」、みたっちは「映画“最終兵器彼女”にエキストラ出演、セリフ無し。23歳、アイドルとしては微妙です(笑)」などなど。
 そして、CD物販の告知。「写真撮影、キス、抱きつき、なんでもOKです!」は男生徒相手とは限定してなかったなー。「勇気のある方は挑戦して下さい」とは言ってたけど。すみません、ぼくはそんな勇気のないヘタレです(笑)
 というわけで、19時40分、終演。

 その後は物販。狙いはMonKero・・・けろっぴ発見! あれ? 智妃ちゃんは一緒じゃないのか。どこにいるかな・・・おっと、発見。これで無事、女出演者のサインはコンプリート! 男出演者をコンプリートすることは、まず間違いなく無いだろう・・・(笑)
 それからは、Pinkやセッ娘に写真を撮らせてもらったり。そうそう、セッ娘には1回目では渡し忘れていたきなこチョコレートをプレゼント。めちゃくちゃ喜んでくれるから、渡し甲斐があるよなあ(笑) あと、1回目のときに百花ちゃんに誕生日祝いとして1個プレゼントしていて、おまけの1個はもちろん岩ちゃんに・・・(笑)
 そんなこんなで、今日初めて聴いた曲も多かったし、なかなか楽しいイベントでした(^-^)
 余談。現場で見かけた人(順不同・敬称略)。鴇田尚貴、高林里奈、福井絵梨奈、谷内英里佳、根本香菜、新津涼葉、阿部優香里。

*1: 「恋の罠しかけましょ」替え歌。
*2: ひでぇ(笑)
*3: 横のPA席でやってても気付いてもらえなかったという説あり(笑)
2005八剣山収穫祭【概略】

日時:2005/10/09(日) 11:00
場所:八剣山果樹園(札幌)

出演:谷内英里佳/高林里奈/福井絵梨奈/Schul Boys[明石陵/平向慧后/大野光生/村上竜太]/中山怜香

2005八剣山収穫祭【曲目】

01.Eventful(鈴木亜美)/谷内英里佳 with 高林里奈・福井絵梨奈
02.DO THE MOTION(BoA)/谷内英里佳 with 高林里奈・福井絵梨奈
03.Sexy,Naughty,Bitchy(Tata Young)/谷内英里佳 with 高林里奈・福井絵梨奈
04.タッチ(ユンナ)/谷内英里佳 with 高林里奈・福井絵梨奈
05.Story(AI)/谷内英里佳

06.ONE LOVE(Blue)/Schul Boys
07.(オリジナル)/Schul Boys(除村上竜太)
08.End Of The Road(Boyz II Men)/Schul Boys

09.Ta-lila〜僕を見つけて〜(ナナムジカ)/中山怜香
10.僕たちの行方(高橋瞳)/中山怜香
11.名前のない空を見上げて(MISIA)/中山怜香

2005八剣山収穫祭【記録】

 9時半頃に札幌を出発し、1時間ちょっとで現場に到着。馬やアヒルがいたり幼稚園だか小学校だかの遠足っぽい集団がいたり、牧歌的だなあ・・・。
 とりあえずまだ始まりそうもなかったので周辺をうろちょろしていたら、怜香ちゃんと怜香ママに遭遇したのでご挨拶。どうやら渋滞で遅れて、今到着したらしい。結構ギリギリだったようで、すぐさまスタッフから呼ばれていた。車かどこかで待機していたのか、谷えりたちとシュールもやってきて、スタッフと打ち合わせ。

 11時頃、なんとなく開演。
 司会のおばちゃんに招かれて、ピンクと黒を組み合わせた衣装で合わせた、谷えり、タカリナ、えんなの3人が、客席からステージ(?)へと移動。ステージというよりは、ちっちゃな池にちっちゃな小島があって、その上で、という感じだったけど。しかし、場所よりも、音響が・・・ヘボいどころの問題では・・・。何しろ、返しのスピーカーがなく、客が聴いてるのと同じスピーカーの音で歌わなければならないという有様。しかも、それさえも客席の遥か後方だったし。谷えりも、初っ端はかなり戸惑っていた模様(^-^;
 そんな中、「Eventful」「DO THE MOTION」「Sexy,Naughty,Bitchy」「タッチ」と立て続けに4曲披露。そして、簡単な挨拶を挟んで、最後の曲は1人で「Story」。
 その後、司会のおばちゃんとの会話があったのだが、歌のステージの後に「これからファッションモデルとしてがんばるんですよねー」はどうかと。
 まあ、久々に歌ってる谷えりが見れたのは良かった。

 続いて、黒のスーツでビシッとキメたSchul Boysの4人・・・なのだが、主催者側の手違いでマイクが2本しか用意されていない。司会のおばちゃんは気楽に「どうしましょ」なんて言っていたが、それは渋面のシュールのセリフかと(^-^; しかも、「マイクが2本しかないんですけど、そこをうまくやるのがシュールボーイ(*1)ということで、よろしくお願いします」とまで言って除けたし(^-^; 凄いな、おばちゃん。結局、2人で1本のマイクを使って歌っていた。
 まずは「ONE LOVE」を歌い、MC。ほとんどKeigouとKouseiしか喋ってなかったよーな。その間、なんか音響機材トラブルっぽく、Ryuが音響スタッフと打ち合わせ。次はRyuのソロ曲の予定だったが、Ryuの持ってきたMDがうまく再生出来ないらしい。そのため、それを飛ばして次の曲は、初披露のオリジナル曲をヘルプメンバーのRyuを除いた3人で熱唱。
 そして、客席でそれを聴いていたRyuが再合流して、他のメンバーを客席のすぐ前方まで引っ張り出してくる。どうやら、いっそのことマイク無しで歌うらしい。しかし、アカペラアアカペラ言ってたが、伴奏は流れてるんだからアカペラではないと思うが。というわけで、「End Of The Road」。結構な意気込みを込めて歌った曲のようだが、基本的に声量無さすぎ。一番前にいても聴こえ辛かったし。一番まともなのはヘルプメンバーだという・・・。
 歌い終わると、司会のおばちゃんに呼ばれてステージへと戻り、自己紹介。最後にKouseiが、「どんなトラブルがあっても歌えるのがプロだと思うので」とカッコよく締めていた。

 怜香ちゃんは、ピンクのセーターに白いミニスカートという可愛らしい衣装で登場。劣悪環境をものともしない、圧倒的な歌の上手さだなあ。「Ta-lila〜僕を見つけて〜」と「僕たちの行方」の2曲を歌ってMC。「前にもここでも歌わせていただいたんですが、また歌えて嬉しいです」ということと、今度のR×G×Bライブの告知。そういえば、怜香ちゃんの長々としたトークって聞いたことないなあ。聞いてみたいところ。
 そして最後は「名前のない空を見上げて」を歌い上げ、司会のおばちゃんに再度紹介されて退場。
 ケツカッチンな我々は、それを見終えた瞬間、怜香ママに挨拶してさくっと撤収。11時50分頃だったか。
 余談。駐車場で谷えりたちに出会ったので、「夜のライブには行かないよ!」と言い捨ててみたり(笑) だって、今日深夜のクラブイベントにDejAvが出るらしいのだが、話を聞いてみたら2分くらいしか出ないって言うんだもん(笑)

第39回武蔵祭〜葵輝〜【概略】

日時:2005/10/09(日) 12:50
場所:北海道武蔵女子短期大学(札幌)

出演:Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]

第39回武蔵祭〜葵輝〜【曲目】

01.大爆発NO.1(ZONE)/Pink
02.キューティーハニー(倖田來未)/Pink
03.happiness(オリジナル)/Pink

04.VIOLATION(EXILE)/BLuck
05.I don't look back〜約束の場所へ〜(オリジナル)/BLuck
06.Distance(EXILE)/BLuck
07.スマイル(オリジナル)/BLuck
08.BANG! BANG! バカンス!(SMAP)/BLuck

第39回武蔵祭〜葵輝〜【記録】

 12時半過ぎくらいに到着。正門入り口でパンフを貰い、パンフの地図でステージの場所を確認。まっすぐ行けばいいらしい。
 というわけで、露店街を突っ切って進むわけだが、売り子の女の子が可愛いので、ついつい見とれてしまったり・・・(笑)
 ステージ前に着いたら、壇上では男性ユニットによるダンスパフォーマンスが行われていた。とりあえず、上手側に陣取って観賞。

 12時50分頃、司会のおねーちゃんに紹介されて、Pink登場。女の子が大多数の客席でも、可愛い可愛いと評判(^-^) なお、衣装は昨日と同じもの。
 まず1曲目は「大爆発NO.1」。とりあえず大人しく見ている・・・。
 MCではちょびが「自分の学校で歌うことが出来てすっごく嬉しいです」とアピール。しかし、客席の女の子からも「ちょび〜!」と声援が飛んでいたが、学校でも「ちょび」で通っているのか(笑)
 そして2曲目は「キューティーハニー」。ぅゎ、これが来るかよっ。思わず曲に反応して盛り上げてみたら、ちょっと客席から注目されていた(笑) それにしても、やっぱり間奏でのダンスが色っぽくていいなあ(^-^)
 自己紹介では、唯ちゃんの「いつもちょびにはお世話になってます」と持ち上げるのを忘れない気配りがさすが(笑) あと、紗彩ちゃんの「15歳」発言には客席からどよめきが(^-^; 「次は最後の曲なんですけど、ちょびの学校はいいところだと思うので、もっと盛り上がっていきましょう!」と唯ちゃんが煽っていたが、すげー論理だなあ(笑)←褒め言葉。
 というわけで「happiness」を歌い、「次はカッコいい5人組ユニットです」とBLuckを招き入れて、Pinkは退場。その後、BLuckの何かの曲のときに紗彩ちゃんが楽屋テントの中で振り真似していたのだが、可愛かったなあ・・・。

 岩ちゃんによる「最後を飾るのは、レジャスポのCMなどでも活躍中、期待のユニットBLuckです!」との声に応えて颯爽と登場したBLuckは、「VIOLATION」と「I don't look back」を続けて熱唱。もちろんBLuckだって盛り上げますよー(笑) その盛り上がりっぷりに、後で女の子客に「BLuckファンなんですか?」と聞かれた友人もいたとか(笑)
 MCでは、みたっちが「創成祭?」とか口走っていたが、聞かなかったことにして(笑) 他のメンバーが順当に挨拶していく中、篤海君が「たこ焼き美味しかったです」とか言っちゃうのがなんか可愛いんだよなあ(笑)
 次の曲の準備の前に、みたっちのマイクが調子悪いため、スタッフがワイヤードマイクを持ってきたのだが、圭ちゃんが「コード付いてたらオドレナイ(*2)」と突っ込みを入れていたのが、かなり笑えた(笑) 結局、音の出ないマイクで「Distance」を歌う、みたっちなのであった・・・(笑)
 再度のMCでは、CDの告知。昨日のファクトリーイベントのことにも触れ、昨日は230枚くらい売れたらしい。
 岩ちゃんがみたっち用に代わりのワイヤレスマイクを持ってきて、「スマイル」。そういえば客席の盛り上がりは今ひとつだったが、女の子ファンは来てなかったのかなあ? そして、これで終わりかと思ったら、最後に「BANG! BANG! バカンス!」が用意されていたのだが、やっぱりみたっちのマイクの音が出ていない(>_<) せっかくみたっちが主役の歌なのに・・・。大ちゃんが、「佐藤さんなんてうちにはいない」への返しとして、場所を考慮して「あ、ぼく佐藤っていいます」に変えていたのはよかったが、その後の歌詞を忘れて「ンンン〜♪」と誤魔化していたのはご愛嬌(笑)
 歌い終わると、「暇潰しにはなったでしょうか(^-^;」と控えめ発言。客席から見た感じでは結構盛り上がっていたかと。ここで岩ちゃんがステージに登って、CDの告知。「今日も若干持ってきていますので、欲しい方は僕に声を掛けて下さい!」はいいとして、「この後もイベントがありますので、5分後には帰らなくてはいけませんが」はどうかと(笑) 「代金は武蔵祭特別価格2枚で2600円です!(*3)」は、いいと思うよ、そういうの(笑) 最後に岩ちゃんがBLuckのメンバー紹介をしていたが、内容は昨日と一緒(笑)

 というわけで、これにて終了。我々はやっぱりケツカッチンなもので、急いで撤収。そしたら、誰かに呼ばれたので誰かと思ったら、客席で見ていた智妃ちゃんだった。呼ばれるまで気づかなかったよ(^-^; お母様と見に来ていたらしいです。で、私は急いでるはずだったのに、しっかり写真だけは撮らせて貰い(笑)、Bridgeでの再会を約束して撤収〜。

セッ娘と砂利のお笑いライブ【概略】

日時:2005/10/09(日) 16:30
場所:Bridge(札幌狸小路)

出演:セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]/砂利-ZYARI-[伏木信人/寺尾正高/後藤大輝/矢ノ目光明]/リトマス紙[岩本和也/後藤大輝]/笠村[笠井琴美/村田唯]/Style.[平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]
司会:岩野祐二/高橋隆太

セッ娘と砂利のお笑いライブ【曲目】

--.前説
--.オープニング映像
--.砂利コント(1)-レストラン-
--.セッ娘コント(1)-クイズ-
--.砂利コント(2)-レストランII-
--.セッ娘コント(2)-バイト-
--.砂利コント(3)-ショートコント-

--.モノボケツッコミ
--.物真似王座決定戦
--.ファミコンについて熱く語るライブ
--.輝け!! 第一回AP2お笑いトーナメント

□CD発売記念ミニライブ
01.言いたいことも言えずに(塚地武雅・堤下敦・梶原雄太)/砂利〜ZYARI〜
02.ORE IRO(オリジナル)/砂利〜ZYARI〜
03.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘
04.(オリジナル)/MonKero
05.スマイル(オリジナル)/BLuck
特別ゲスト
06.Eventful(鈴木亜美)/谷内英里佳 with 高林里奈・福井絵梨奈・笠井琴美・畠山智妃・村田唯

セッ娘と砂利のお笑いライブ(05/11/01更新。まだ途中)【記録】

□前説
 武蔵祭を後にした我々は、なぜか一路つどーむへ。つどーむでは「ゴールデンマーケット in つどーむ vol.16」が行われているのだが、その中の「YAMAHA Teen's Electone Jam.」に阿部優香里嬢が出るということで、それを見に行ったのだが・・・私は彼女を見る前に撤収してしまいました(笑) ぃゃ、現場に着いてから出演順を知ったのだが、彼女の出番まで待っていると、お笑いライブの開演ギリギリになりそうだったので。もっとも、彼女の出番を見届けた友人も、結局は間に合っていたのだが(^-^;

 というわけで、Bridgeには15時半頃到着。15時半から整理番号付チケットの配布予定だったのだが、遅れに遅れて、結局16時の開場と同時に行われていた。
 ホール内の様子は、客席最前中央に審査員席が設けられていた以外は、いつも通り。
 16時半開演。まずは岩ちゃんと高橋隆太さんによる前説。隆太さんが客席から「プーさん」「プーさん」と呼ばれて大人気(笑) 二人のやりとりは、岩ちゃんがボケて隆太さんが突っ込むという感じだが、岩ちゃんはボケというよりも、なんか適当なことを言えば拾ってくれるだろう的な、かなり言いたい放題をしていた(笑)
 また、隆太さんは司会だけではなく、お笑いトーナメントにも出場。「隆太さんが面白くないわけがない」「隆太さんのお笑いが見たいがために開いたライブ」などと、岩ちゃんにハードルを上げられまくって困っていた(笑) それに対して「言い訳していいですかね?」と聞いてみると、「ダメです」とにべもない岩ちゃんなのであった(笑)

□オープニング映像
 続いて、オープニング映像がステージ背後のスクリーンに映し出される。前半はお笑いライブ予告編、後半はイベントオープニング映像といった趣き。内容について書くのは放棄するが(^-^;、Style.がダンスで使っている曲に乗せて、後藤君が撃たれていたのはウケた(笑) まあ、スクールでの練習風景や、河原での光景などを中心に編集されていた。
 なお、作成は容子姉。すごすぎ。しかも、制作時間(*4)は9時間だっけ? ますますすげえ。なんてったって、全体の流れとしてのセンスがすげえいい。次は、カットごとのつなぎ方と、つなぐ際のエフェクトに期待したいところ(*5)。あ、ちなみに、私(*6)にはとても作れなさそうな出来の代物であったことは名言しておきます(笑)

□砂利コント(1)-レストラン-
 エプロン姿の後藤と伏木登場。
伏木「今日から三ツ星レストランのここで働けるとは! (後藤に向かって)おはようございます!」
後藤「(偉そうに)ああ、おはよう。俺がここのオーナーの大輝だから。大きく輝くって書いて、大輝だから。よろしく」
伏木「はいっ、よろしくお願いします!」
後藤「今日は接客業のやり方を1から教えてやるから。しっかりついてくるんだぞ」
伏木「はいっ!」
後藤「まずは、お客さんが来たときの礼だ。(急にかしこまって正面を向き、にこやかな笑顔で首を左にスライドさせてのおじぎと共に)いらっしゃいませ〜!」
伏木「・・・ぃゃ、それはないですよね?(^-^;」
後藤「ちゃんとやれよ!」
伏木「は、はい、すみません・・・」
後藤「いらっしゃいませ〜!」
伏木「いらっしゃいませ〜!」
後藤「やれば出来るじゃん!」
伏木「ありがとうございます!」
後藤「じゃ、次は難しいぞ。(客の人数を1、2、3と指差して数えてから)何名様でしょうか?」」
伏木「ぃゃぃゃぃゃ! 今、自分で数えてましたよね?」
後藤「お前、接客業の恐ろしさを何もわかってないな! もし、3人テーブルに5人案内したらどうなる?」
伏木「それは・・・溢れちゃいます」
後藤「溢れちゃう...BE IN LOVE、だろ?」
伏木「ぃゃ、全く意味わかんないです」
後藤「まあ、いい。やってみろ」
伏木「はい。(横に礼して)いらっしゃいませ〜! お客様、(指差し数えて)何名様でしょうか?」
後藤「やれるじゃないか! よし、じゃあ次。今度のはもっと難しいぞ。お客様、おタバコはお食べになりますか?」
伏木「ぃゃ、食べちゃダメです!」
後藤「お前、本当に何もわかってないな! もしもだよ、お客様がタバコ食べたらどうなる!?」
伏木「ぃゃ、だから、タバコって毒だから、多分死んじゃうんじゃ・・・」
後藤「だろ? 危険回避のためにやってるんだよ」
伏木「さすが三ツ星レストランですね! 感動しました」
後藤「じゃあ、やってみろ」
伏木「はい。(横に礼して)いらっしゃいませ〜! お客様、(指差し数えて)何名様でしょうか? 3名様ですね。おタバコはお食べになりますか?」
後藤「お食べになりますか。では、こちらへどうぞ〜」
伏木「結局食べるんかい!」
伏木&後藤「う〜、ジャリジャリ。ありがとうございました〜」

□セッ娘コント(1)-クイズ-
 司会者として容子姉、回答者として夏希、咲良、美弥登場。
容子「はいどーもっ。第一回セッ娘クイズ大会、司会は私、容子姉です。それでは早速第一問、早押しクイズ!」
咲良「(ピンポーン♪)」
容子「早いよ・・・。答えがわかったら押すの! わかった?」
美弥「(ピンポーン♪)」
容子「口で言えよ! じゃあ、気を取り直して第一問。(ジャジャン♪)」
夏希・咲良・美弥「(大音量のジングルに)わー、すごい!(と大騒ぎ)」
容子「ゴホン、ゴホン。それでは、改めまして第一問。(ジャジャジャジャーン♪)」
夏希・咲良・美弥「(流れる「運命」の曲に合わせて指揮を執る)」
容子「ストーップ! ゴホン、ゴホン。それでは、改めまして第一問。(ジャジャン♪) パンはパンでも食べられないパンは何?」
夏希「(ピンポーン♪) そんなのない! 全部食べれる!」
容子「クイズだから! あるから!」
美弥「(ピンポーン♪) 腐ったパン!」
夏希「(ピンポーン♪) 腐っても食べれる!」
容子「ダメ!」
咲良「(ピンポーン♪) あ、間違った。(×マークのついたマスクをつける)」
容子「お手つきで一回休みのルールはないから。勝手にルール作らない! もういい。次、第二問。上は洪水、下は大火事、なーんだ?」
咲良「(ピンポーン♪) 大変!」
容子「確かに大変だけど、違う!」
夏希「(ピンポーン♪) Style.!」
容子「ん?」
夏希「上はこうずぃ〜、下はけいじぃ〜・・・Style.!」
容子「オカゲンいないし」
夏希「あぁ、そうか・・・」
美弥「(ピンポーン♪) お風呂!」
容子「正解!」
咲良「(ピンポーン♪) わかった! お風呂!」
容子「今、言ったし! もう、ちゃんとやってよ! じゃあ、ラスト問題。お手元にフリップをご用意下さい。」
夏希・咲良・美弥「(それぞれ用意)」
容子「(咲良に向かって)それ、クリップ。(夏希に向かって)それ、プリッツ」
咲良「(別のものを用意)」
容子「(咲良に向かって)それはチューリップ! フリップだっつーの〜!(キレ)」
夏希・咲良「(フリップを出す)」
美弥「(ちなみに最初からきちんとフリップを出している)」
容子「それでは意思疎通クイズです。他のメンバーが書きそうな文字で埋めなさい」
夏希・咲良・美弥「えっ、○○コ!?(三人で顔を寄せ合ってぼそぼそ)」
容子「下ネタは禁止! じゃあ、シンキングタ〜イム!」
(ジングル)
容子「はい。じゃあ、セッ娘の意思疎通は完璧か見ていきましょう。まずは美弥から」
美弥「はい、セッコ!」
容子「ねえ、それしかないよね〜」
夏希・咲良「あ〜、そっかー。(頭を抱える二人)」
容子「じゃあ、咲良」
咲良「ウンコ!」
容子「違う! じゃあ、夏希」
夏希「ジーコ!」
美弥「・・・セッ娘ってバカ? 美弥もPinkに入れば良かった」
容子「うわ〜!(苦しみだす)」
唯「美弥〜。迎えに来たよ〜。(登場するなり、美弥を連れて退場)」
容子「美弥〜! お前もか〜〜〜!! お前もか〜〜〜!! お前もか〜〜〜!!(エコー風)」
夏希「笑えないっす〜!! 笑えないっす〜!! 笑えないっす〜!!(エコー風)」
咲良「(ピンポーン♪)」
 そういえば、面白くて全然気付かなかったが、激しく内輪ネタなんだな(^-^;

□砂利コント(2)-レストランII-
 エプロン姿の後藤と伏木。そこに、寺尾と矢ノ目が客として登場。
矢ノ目「ここって三ツ星レストランなんだってー」
寺尾「えー、マジー?」
 「ウィーン」と開く自動ドア(笑)
伏木「(横に礼して)いらっしゃいませ〜! お客様、(指差し数えて)何名様でしょうか? 2名様ですね。おタバコはお食べになりますか?」
寺尾「はい」
伏木「では、こちらの席へどうぞ」
 奥の席に二人を案内する伏木(*7)。席についた二人はあっち向いてホイとかしていたが、フォーカスは後藤と伏木の方へ。
後藤「このレストランの2号店が出来ることになった」
伏木「おめでとうございます!」
後藤「そこで、お前に店長を任せようと思う」
伏木「本当ですか!?」
後藤「だけどなー。店長ともなると、接客レベル50は必要だからなー」
伏木「レベル50ですか・・・。今の僕はどれくらいですか?」
後藤「お前、まだ3」
伏木「3!? 低っ!」
後藤「店長になるための試験だけど、一応やってみるか?」
伏木「はいっ、お願いします!」
後藤「じゃあ、まずは礼からだ。(上半身を大きく一回転させて)いらっしゃいませ〜!」
伏木「(即座に対応)いらっしゃいませ〜!」
後藤「やるじゃないか! 接客レベル13!」
伏木「ありがとうございます! これだけで10も上がっちゃうんですか!? すげえ、俺・・・」
後藤「じゃあ次。(電卓を持ち出してきて)お客様・・・(電卓をバンバン叩きながら人数を数える)・・・3名様ですね?」
伏木「ぃゃぃゃぃゃ! 電卓使わなくてもいいじゃないですか!」
後藤「お前、接客業の恐ろしさを何もわかってないな! もし、お客様の人数を間違ったらどうなる?」
伏木「あっ! 溢れちゃう...BE IN LOVEです(笑)」
後藤「!!(伏木を力強く抱き締める) ところでお前、暗算得意なの? 電卓使わなくても数えられるって言ったよな?」
伏木「ぃゃ、3人くらいなら・・・」
後藤「じゃあ、今から言う計算を暗算してみろ。(難しい計算式を言う)」
伏木「・・・ぃゃあの、電卓貸して下さい! ぜひ使わせていただきます!」
後藤「(電卓貸しながら)ちなみに俺は4級だから」
伏木「・・・4級?」
後藤「じゃあ、やってみろ」
伏木「はいっ。(上半身を大きく一回転させて)いらっしゃいませ〜! お客様・・・(電卓をバンバン叩きながら人数を数える)・・・3名様ですね?」
後藤「やるじゃないか! じゃあ、電卓4級ね」
伏木「4級? あの、レベルは・・・?」
後藤「あがってねーよ」
伏木「うっそー!(電卓投げ捨てる)」
後藤「(それを見て、キッと睨む)」
伏木「(慌てて電卓を拾う。が特におとがめは無く)」
後藤「じゃあ、次。悪いけど、これはお前に出来るかどうか、俺にはわからない」
伏木「・・・そ、そんなにヤバいっすか?」
後藤「ヤバすぎる」
伏木「がんばります!」
後藤「よし。じゃあ、やってみるぞ。・・・お客様、お煙草は・・・マルボロ(*8)をお吸いですね?」
伏木「すげえ! さすが三ツ星レストランのオーナーだ!」
後藤「ごめんごめん、接客レベル55の技を見せちゃった〜(笑)」
伏木「レベル55ですか! そんなの僕に出来るわけないじゃないですか!」
後藤「とりあえず、やってみろ」
伏木「はい・・・。・・・お客様、お煙草は・・・バージニアスリムをお吸いですね?(そして恐る恐る後藤の方を見る)」
後藤「・・・当たってるよ!」
伏木「ありがとうございます! これでレベル55だよ・・・!」
 と喜んでいるのも束の間、
矢ノ目「店長!(怒)」
 伏木と後藤のどちらが対応するか揉めた末、下っ端の伏木が対応。
伏木「しつれいしまーす・・・。何かお呼びでしょうか・・・?」
矢ノ目「店長か!?」
伏木「ぃぇあのー・・・店長候補です」
矢ノ目「冷めた料理は食えないから、温めてくれない?」
伏木「あ、はい、少々お待ち下さい。(後藤の所に行き)あのー、お客様が、料理が冷めてるんで温めてくれって言ってるんですけど・・・」
後藤「なんだ、そんなことか。そんなことで俺を呼んだの?」
伏木「あ、はい。そうみたいです」
後藤「なんだよ。よし、じゃあ見てろ。(矢ノ目の所に行き)お客様、俺のめくもりで温めますんで。(中略(^-^; 最後は投げキッスをして、伏木のところに戻る)どうだ俺の技。惚れ惚れしただろ?」
伏木「は、はい(^-^;」
寺尾「店長希望〜」
伏木「き、希望!?(寺尾のもとへ)」
寺尾「あのね、このチャーハン、熱くて食べらんない。わかる? 俺は猫ひろしなの」
伏木「あの、猫舌ということで・・・?」
寺尾「そう」
伏木「少々お待ち下さい・・・(考え中)・・・あっ、お水失礼しまーす(寺尾の席のグラスを取る)。お水入りまーす(グラスの水をチャーハンに注ぐ)」
寺尾「(そのチャーハンを食べる)あっ、おいしい!」
伏木「ありがとうございます! (後藤の所に戻って)やりましたよ、店長!」
後藤「よーし、これで安心して、お前に2号店の店長希望を任せることができるな」
伏木「希望かよ!」
伏木&後藤「う〜、ジャリジャリ。ありがとうございました〜」

□セッ娘コント(2)-バイト-
 瓦割りっぽいことをやっている容子。
夏希「容子姉、容子姉〜。今度のライブの衣装代が無いから、何かバイトしたいっす〜」
 と3人登場。
容子「バイト? 美弥はともかく、夏希や咲良に出来るかなあ?」
咲良「できる〜!」
容子「じゃあ、私が試してあげるから、シミュレーションしてみよう。で、バイトって何がしたいの?」
夏希「はいはいはい! 家庭教師をやってみたい!」
容子「家庭教師? 夏希に出来るのかなあ? じゃあ、咲良が生徒で、私が咲良のお母さんをやるから、夏希が家庭教師やって」
夏希「おうっ、やってやるよ(眼鏡装着)。・・・ピンポ〜ン♪(ドアの呼び鈴) ガチャ(ドア開けた)」
容子「あら〜、こんにちは〜」
夏希「こんにちは〜」
容子「先生、よろしくお願いします〜(夏希を部屋の中に招き入れる)。うちのコったら、ホントにバカでバカで! ほら咲良、先生にご挨拶しなさい」
咲良「おっす!(夏希の額を指で突く)」
容子「おっす!って、孫悟空じゃないんだから(たしなめる)。ところで、先生の最終学歴の方は?」
夏希「最終学歴・・・? ついこの間、高校を辞めまして、高校2年の中退です」
容子「まあ、中退? 中退なんて滅多に出来るもんじゃないですわねえ。・・・っておい!!! 中退かよ!」
夏希「(すごすごと引き下がる)」

美弥「はいはいはい! コンビニの店員をやってみたいです」
容子「じゃあ、私、お客さんね。うぃーん(自動ドアの音)」
美弥「いらっしゃいませ!」
容子「(店内物色してレジへ)じゃあ、これお願いします」
美弥「はい。100円が1点、200円が2点、300円が3点で、合計1400円になります」
容子「うまい!(拍手) さすが美弥!」
咲良「はい! 私もやる!」
容子「うぃーん(自動ドアの音)」
咲良「いらっしゃいませ!」
容子「(店内物色してレジへ)じゃあ、これお願いします」
咲良「はい。100円が1点、200円が2点・・・国語が3点、数学が0点。留年になります・・・」
容子「だから、お母さん、勉強しなさいって言ったでしょ! ・・・っておい!!! なんで自分のテストの点数になっちゃうの!」
咲良「(頭押さえながら)あっちゃ〜」
容子「あっちゃ〜、じゃないよ!」

容子「最近、郵政民営化の時代だから、郵便局員なんてどう? フレンドリーな郵便局員がいいかな? じゃあ、美弥やってみて」
美弥「ちゃりんちゃり〜ん(自転車で登場風)。こんにちは〜」
容子「あら、こんにちは」
美弥「最近、ダンスの方はどうですか?」
容子「もう、バリバリです」
美弥「バリバリですか〜。では、これ郵便で〜す」
容子「ありがとうございます。あら、○○さんからのファンレターだわ」
夏希・咲良「(乱入)私たちにもできる〜! ちゃりんちゃり〜ん(自転車で登場風)。こんにちは〜!」
容子「あら、こんにちは〜」
夏希「最近、あっちの方はどうですか?」
咲良「どうですか? フ〜フ〜!(冷やかし風味)」
容子「・・・あっちの方って?」
夏希「ダ・ン・ス!」
夏希・咲良「きゃあ〜!(二人で盛り上がる)」
容子「変な言い方しないで、最初からダンスって言ってよ」
夏希「いいな〜。私も踊りたいな〜」
咲良「踊りたいな〜」
容子「あの? ところでお二人は・・・?」
夏希・咲良「あ、私たちは友人です!」
容子「ああ、友人? どうりで仲いいと思った」
夏希・咲良「めっちゃ仲いいです!」
容子「これからも仲良くね・・・っておい!!! ・・・友人?」
夏希「そう」
容子「郵便局と関係ないじゃん!」
咲良「(頭押さえながら)あっちゃ〜」
容子「あっちゃ〜、じゃないよ!」

美弥「あっ、ガソリンスタンドとかやってみたいな」
容子「じゃあ、お客さん、やってあげる」
美弥「(車をバックさせようとする容子に)オーライ、オーライ、はいオッケーでーす。(運転席の方に移動し)いらっしゃいませ、こんにちは〜」
容子「レギュラー満タンで」
美弥「レギュラー満タンで。ありがとうございま〜す。レギュラー満タン入りま〜す! 窓お拭きしましょうか?」
容子「お願いします」
美弥「(窓を拭き拭き)」
容子「うまいうまいうまい!(拍手) さすが美弥!」
夏希「はーいはーいはーい!」
容子「やってみる?」
夏希「(車をバックさせようとする容子に)オーライ、オーライ、オーライ、オーライ・・・(轢かれてる夏希(^-^; それを立ち直って)いらっしゃいませ〜」
容子「レギュラー満タンで」
夏希「レバー牛タンで? ありがとうございま〜す。レバー牛タン入りま〜す!」
容子「最近狂牛病のせいで焼肉なんて滅多に食べないですからねえ」
夏希「そうなんですよ。お客さん、焼肉通ですねー」
容子「そりゃあ、焼肉って言えば容子? 容子って言えば焼肉? ・・・っておい!!! ここ、ガソリンスタンド!」
咲良「はーい、私もやる! (車をバックさせようとする容子に)オーライ、オーライ、ストーップ! (運転席の方に移動し)いらっしゃいませ〜」
容子「レギュラー満タンで」
咲良「レギュラー満タンで。ありがとうございま〜す。窓のほうお吹きしましょうか?」
容子「お願いします」
咲良「ふー、ふー(窓に息を吹きかける)」
容子「あ、あの・・・、何を?」
咲良「窓をお吹きしております。ふー、ふー(窓に息を吹きかける)」
夏希「大変そうだね。手伝おっか?」
咲良「お願い」
夏希・咲良「ふー、ふー(窓に息を吹きかける)」
容子「あ、ありがとうございます・・・っておい!!!」

美弥「あ、みんな、ごめん! ちょっとこれからバイト入ってて・・・」
容子「バイト?」
夏希「何してんの、バイト?」
唯「美弥〜、迎えに来たよ〜」
美弥「実は、Pinkの助っ人のバイトをやってるんだ〜」
容子「ああ、行かなきゃいけないんだ・・・」
美弥「じゃあ!(happinessを口ずさみながら唯と共に退場)」
容子「またか〜〜〜!! またか〜〜〜!! またか〜〜〜!!(エコー風)」
夏希「笑えないっす〜!! 笑えないっす〜!! 笑えないっす〜!!(エコー風)」
咲良「(頭押さえながら)あっちゃ〜」

 まだまだ続く。気長にお付き合い下さい(^-^;

*1: 案内のチラシ含め、なぜか単数形。
*2: レッド吉田5文字ネタ風発音。
*3: つまり定価そのまま。
*4: 撮影時間は多分含まず。
*5: ←偉そう(笑)
*6: 昔、趣味でちょこっと映像編集したことはあり。
*7: なお、案内された席に座るときに、寺尾君がマジゴケしていた(笑) そのやりとりの間、後藤君はスピーカーのところで変なポーズを取っていたし(^-^;
*8: もっと詳しかったけど(^-^;
南幌町秋祭り【概略】

日時:2005/10/16(日) 09:00
場所:南幌町農村環境改善センター(南幌)

出演:BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]/Little[岩本和也/竹村辰基]/Style.[平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]/砂利-ZYARI-[伏木信人/寺尾正高/後藤大輝/矢ノ目光明]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]/KID'z[池田百花/近藤綾菜/反橋夢妃/樋口彩乃]/Dejav[高林里奈/谷川亜維/福井絵梨奈/田村絵里奈]/春菜 with Step[越智春菜/根本香菜/勇崎香奈/上原ちさと]/Three table rose[寺島静香/上石佳奈美/田村莉菜/藤井結花]/AP2クラブ[福田愛/中鉢真衣/小林舞子/住山琴奈/住山明日香]/高橋隆太
プロデューサー:岩野祐二

南幌町秋祭り【曲目】

□13:00〜
01.Blue Velvet(工藤静香)/田村絵里奈
02.try your emotion(w-inds.)/Three table rose
03.BACK BLOCKS(MISIA)/春菜 with Step
04.恋のバカンス(W)/Peace[反橋夢妃/樋口彩乃]
05.QUINCY(BoA)/ポップコーン[池田百花/近藤綾菜] with Step
06.青いスポーツカーの男(青色7)/MoKePi[MonKero+Pink]
07.BEFORE DAWN(AI-SACHI)/MonKero
08.ホウキ雲(RYTHEM)/MonKero
09.恋人は心の応援団(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/Pink
10.happiness(オリジナル)/Pink
(以下男性陣略)

□14:45〜
01.夢見る少女じゃいられない(相川七瀬)/田村絵里奈
02.恋のダンスサイト(モーニング娘。)/AP2クラブ
03.背景ロマン(19)/AP2クラブ(2人)
04.すべてへ(19)/AP2クラブ(2人)
--.マリオダンス/Three table rose
05.奇跡の香りダンス。(松浦亜弥)/反橋夢妃 with 笠井琴美・畠山智妃・堀あおい・谷川亜維
06.WAKU WAKUさせて(中山美穂)/池田百花
07.Dreamland(BENNIE K)/近藤綾菜 with Pink
08.カブトムシ(aiko)/樋口彩乃
09.ジョウネツ(加藤ミリヤ)/上石佳奈美
10.KISS or KISS(北出菜奈)/越智春菜
11.SUPER LOVER〜I need you tonight〜(w-inds.)/春菜 with Step
12.君を忘れない(松山千春)/伏木信人
13.渚にまつわるエトセトラ(PUFFY)/笠村[笠井琴美/村田唯]
14.浮気なハニーパイ(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))/キララ☆[池田百花/反橋夢妃/樋口彩乃]
15.ファンタスティポ(トラジ・ハイジ)/MoKeLuck[佐藤大輔/菅野篤海/笠井琴美/畠山智妃]
16.たいせつなひと(19)/JUNON BOYS[菅野篤海/笹崎恵二]
17.チェスト(ORANGE RANGE)/砂利-ZYARI-
18.SHAKE(SMAP)/砂利-ZYARI-
19.Delightful(鈴木亜美)/LUCKY SEVEN[笠井琴美/高林里奈/福井絵梨奈/平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]
20.さくらんぼ(大塚愛)/後藤大輝 with 小野夏希・福井咲良・中川美弥・高林里奈・福井絵梨奈・田村絵里奈

□17:00〜
01.優しい風に包まれて(オリジナル)/Little
02.脱水症状(*1)(オリジナル)/Little
03.ラヴ・ストーリー (オリジナル)/Little
04.Like This(DA PUMP)/Style.
05.Experience(オリジナル)/Style.
06.Body Feels EXIT(安室奈美恵)/田村絵里奈・谷川亜維・畠山智妃・福井絵梨奈・福井咲良
07.WANT ME,WANT ME(安室奈美恵)/Dejav
08.STROBE(安室奈美恵)/Dejav
09.the SPEED STAR(安室奈美恵)/Dejav
10.O・TO・NA(オリジナル)/KID'z
11.天城越え(石川さゆり)/笠井琴美
12.亜麻色の髪の乙女(島谷ひとみ)/笠井琴美
13.涙そうそう(夏川りみ)/畠山智妃

お笑いコーナー
--.ショートコント/リトマス紙[岩本和也/後藤大輝]
--.ショートコント/笠村[笠井琴美/村田唯]
--.フリートーク/高橋隆太・岩本和也

14.ORE IRO(オリジナル)/砂利-ZYARI-
15.Tte! Oi!(オリジナル)/セッ娘
16.Butterfly(倖田來未)/セッ娘
17.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘
18.キューティーハニー(倖田來未)/Pink
19.大爆発NO.1(ZONE)/Pink
20.happiness(オリジナル)/Pink
21.夢の花を咲かせましょう(*2)(オリジナル)/MonKero
22.A Whole New World(Peabo Bryson&Regina Belle)/MonKero
23.(オリジナル)/MonKero
24.色っぽい女〜SEXY BABY〜(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/Pink
25.VIOLATION(EXILE)/BLuck
26.I don't look back〜約束の場所へ〜(オリジナル)/BLuck
27.Distance(EXILE)/BLuck
28.スマイル(オリジナル)/BLuck
29.BANG! BANG! バカンス!(SMAP)/BLuck

南幌町秋祭り【記録】

 まず何よりも、こんな企画を立てて、そして実現させた岩ちゃんに、賞賛の意を表したい。このようなイベントが実現したこと自体が素晴らしいのであって、それに対して重箱の隅をつつくようなダメ出しをするというのはヤボというものでしょう。しかも、1回目の開催なんだし。
 なので、言いたいことはただ一言。「めっちゃ楽しかった!」。二言目があるとしたら、「来年もぜひ!」。返す返すも、私の体調が優れなくて、楽しみきれなかったことが惜しまれる・・・。
 って、イベント記録じゃなくて総括みたくなってるな(苦笑) まあ、体調悪くてメモ取ってるどころじゃなかったってのもあるんだけど(言い訳)
 まあ、とりあえず簡単にでも、時系列順で書き連ねておきます。

 朝。体調悪い。集合場所である札幌駅鐘の広場に集まってる時点で、吐きそうだった。バスに乗る。車酔いも激しい人なので、たまたま最前列だったのはラッキーだった。
 バスはスクールで一旦停車。ここから生徒がバスに乗り込む。BLuckとLittle(とAP2クラブの5人中2人)は1号車で、それ以外は2号車のバス。それにそれぞれのファンを足すとほぼ同数になるらしい(^-^; 女生徒はほぼ全員2号車なので、私ももちろん2号車。
 ここで生徒と握手して、そのまま帰ろうかと本気で悩んだが、薬が効いてきたのか、ちょっとは良くなってたので、強行。
 バス内では生徒の自己紹介。女の子の分は聞いていたが、男の子の分は聞く余裕無し。ごめん。目を閉じて、じっと我慢の子・・・。
 1時間ほどで南幌到着。懐かしき喃喃亭のそばを経由して、改善センターに到着。意外とデカい。
 バスを降りると、生徒チーム、ファンチームに分かれて、さしあたっては別行動。ファンチーム40人ほどは、高橋隆太さんに引率されて2階の会議室へ。そこでしばらく待機。その間は隆太さんがフリートークで楽しませてくれる。フリートークというよりは、一部の客におもちゃにされてた感じだけど(笑) てゆーか、今日のイベントについては岩ちゃんにいきなりブッキングされたらしいが、ファンチームの待ち時間対処のために連れてきたのか?(笑)
 ほどなくして岩ちゃんがやってきて、ファンチームにも仕事のお願い。体育館で椅子や机を出して並べたり、会議室で椅子や机を並べ替えたり。
 その後はまた会議室で待機。隆太さんはまたおもちゃ(笑)
 12時頃になって、再度岩ちゃん登場。とりあえず準備は整ったので、13時からの本番に向けて実地シミュレーションしてほしいとのこと。
 ゲームコーナーとしては、ボーリング、パットゴルフ、射的、輪投げ、スーパーボールすくいなどがあったかな。
 一方、岩ママら本職が手伝う(*3)露店の方は、わたあめ、フレンチドッグ、フランクフルト、クレープ、フライドポテト、焼き鳥、焼そば、おでん、生ビール、トロピカルジュース、水アメセンベイなどなど。
 誰が何をやってたかなんてのはごっちゃなので書かないが、みんながんばってた! 開場してからの話になるが、子供と楽しそうにやりとりする様が微笑ましかった。
 あと、スタンプラリーもなかなか良い企画だったかと。用紙持ってうろちょろしてる人が結構いた。開場前に5つ全部集めた人もいたけど(笑) ・・・え、え〜と、私は、2つほど見つけられませんでした(^-^;

 というわけで、いつの間に開場していたのか、なしくずしの内に始まっていたような気もするが、開場と同時の13時から、メインステージでは1回目のライブがスタート。トップバッターは南幌出身のたむえりが務め、メンバー増員したTtr、初お目見えとなる春菜 with Step、お子様チーム、MoKePi、MonKero、Pinkという流れ。その後、男性陣の出番だったようだが、出番の終わった女性陣が順次イベントスタッフにトラバーユしていたのを見に行ったりしていたので、男性陣のステージは見ていなかったり(^-^; 14時頃終了していたもよう。
 次のステージまでの約40分は、散歩とか買い食いとか。歩けば生徒に当たる状態なので(笑)、暇そうな生徒とお話したり。普段の交流会と比べて時間はふんだんにあるので、あまり話したことのないコたちとも結構話せて楽しかった。
 14時45分からは2回目のステージ。やはりトップバッターはたむえりが務め、新生AP2クラブ、Ttr、お子様チーム、砂利や、かなみちゃん、春菜ちゃん、けろっぴのソロなどに加え、笠村、MoKeLuck、JUNON BOYSなどのイロモノユニット、そしてなんとフシキングソロ(!)や大輝君の「さくらんぼ」などなど、メインどころの出ないミニLIVE AP2といった感じ。北出菜奈のにわかファンとしては春菜ちゃんの「KISS or KISS」が嬉しかったり。フシキングのソロは全くのノーマークだったなあ。熱い! ハニーパイはやっぱりお母様方に歌って貰いたい・・・(笑) あと、後藤君が「SHAKE」とか「ORE IRO」(*4)で踊っていたのがマジびっくり。踊るのが嫌いだから踊ってないとか聞いてたんだけど。終了は16時頃だったか。
 次のステージまでの約1時間はやっぱり暇潰し。生徒はお客さんの相手に忙しそうだったので、客席でくつろいでいたPeaceママと歓談させていただいたり。なかなかためになるお話を聞かせていただきました。それにしても、ゆっきママが同い年なのはまだいいとして、彩乃ママが年下ってのはさりげなくショックですねえ(^-^; 自分の娘に出来てしまうような年齢のお子様方は、父のような温かい眼差しで今後も見守っていきたいと思います(笑)
 というわけで、17時からは、最後となる3回目のステージ。Littleから始まって、Style.、Dejav、KID'zと進み、前半戦の最後はハッピ姿で登場のMonKeroソロで中締め。けろっぴの「天城越え」は面白かった。
 中盤は、お笑いコーナーで息抜き。まずは、リトマス紙と笠村のショートコント。リトマス紙のネタは新作多目、笠村のネタは先日のお笑いライブでもやったものだが、面白いものは何度見ても面白い。そして、満を持して登場の高橋隆太さんは、カズヤングをお供に引き連れてのフリートーク。ぃゃ、漫才でもコントでも漫談でもなく、ホントに単なるトーク(笑) まあ、好き放題に暴走するカズヤングに隆太さんが突っ込むというスタイルは、単に前説の岩ちゃんがカズヤングに変わっただけともいえるが(笑) あ、途中でステージをボールが横切ったり、通行人が歩いたりするのは面白かった(笑) 最後はカズヤングが「15の夜」を歌ってと無茶振りして、いざホンキで歌おうとしたら岩ちゃんが出てきて、しゅ〜りょ〜(笑)
 ライブに戻って後半戦のトップバッターが砂利なのはどうかとも思うが(笑)、容子姉のバイトの関係でようやくフルメンバー揃ったセッ娘、Pink、MonKeroと女性陣が続き、最後の締めはもちろんBLuck!
 そういえば、体調の悪さはいつの間にかある程度直っていたなあ。最後のライブでは叫べてたし。まあ、キューティーハニーなんかを歌ってくれちゃうからだけど(笑) イベントの力で健康回復?(笑)
 ライブステージも終わり、祭りの最後は南幌町ウルトラクイズ。私は露店で晩御飯食べていたのでよくわかりません(笑) クイズで外れた容子姉が、リアルで _| ̄|○ ポーズしていたのにはめちゃめちゃウケたけど(笑)
 ところで、私が祭りの最中に落とした銭は約2000円。ビールとか呑んでないから少ないかな(^-^; まずは体育館に来るなり昼飯として焼そばを食べて、水アメセンベイはゆっきの可愛さに負けて買ってしまって(笑)、美弥ちゃんが欲しいと言っていたので焼鳥買って、けろっぴにクレープを作ってもらって、フランクフルトは咲良ちゃんに頼んだのになぜか最後は恵二君から手渡されてしまった罠(笑) そして、Dejavが売ってたトロピカルジュースは飲まずに(^-^;、自販機で買ったジュースが2本ほど。

 というわけで、ウルトラクイズが終わったところで、なんとなく祭りも終了。ぃゃ、椅子とか机の片付けは、クイズの最中から勝手に始まってたけど(^-^;
 その後は生徒とファンみんなで後片付け。まずは椅子と机を片して、続いては体育館や会議室などをモップや掃除機がけ。一生懸命掃除機をかけていた美弥ちゃんや、モップがけで走り回っていた容子姉が印象的(笑) また、露店の片付けチームは、片付けが終わったあと、残った食べ物を貰って大喜びしていた。まあ、誰とは言わないけど、食べ物といえば・・・ねえ(笑)
 そんなこんなで、21時頃終了。バスにて撤収。夏希ちゃんは容子姉のマイカーに連れ去られてしまった(笑) 江別で途中下車の美弥ちゃん、ちさとちゃん達を下ろして、1時間ほどで札幌駅に到着。解散。おつかれさまでした〜。
 そして、冒頭の感想に行き着くわけで。

*1: 「アイスを愛す」替え歌。
*2: 「恋の罠しかけましょ」替え歌。
*3: てゆーかメイン。
*4: 3回目ステージ。
スクールAP2他サンプリング in ハロ☆プロパーティ〜!2005秋〜松浦亜弥キャプテン公演NEO〜【概略】

日時:2005/10/18(火) 20:30
場所:北海道厚生年金会館周辺(札幌)

出演:MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]/キララ☆[池田百花/反橋夢妃/樋口彩乃]/寺尾正高/矢ノ目光明/岩野祐二/中山怜香/豊島摩耶/他

スクールAP2他サンプリング in ハロ☆プロパーティ〜!2005秋〜松浦亜弥キャプテン公演NEO〜【記録】

 註・これはイベントではありません(笑)
 ライブ本編は18時半開演だったので、1.5時間くらいだろうと見積もって20時ちょい前に現場についたら、20時半頃終演予定だったらしい。30分ほど、暇ひま〜。
 友人と立ち話して時間を潰していると、まだ終演前のようだが、中からけろっぴとあおちゃんが出てきた。中でライブを見ていたらしいが、フライヤー配りのため、アンコール前に引き上げろという指示が出ていたらしい。もっとも、その指示を出した人間はまだ来ていないのだが・・・(笑)
 ほどなくして岩ちゃんたち登場。結構時間ギリギリ。信号待ち中の車に向かってめちゃホリを踊ってみせるけろっぴとあおちゃんが可愛いというか、恥ずかしいというか(笑)
 さて、車の中から出てきたのは・・・ちょび、唯ちゃん、紗彩ちゃん、智妃ちゃん、容子姉、咲良ちゃん、美弥ちゃん。これに先乗りしていたけろっぴとあおちゃんを加えると、つまり、MonKero、Pink、セッ娘が勢揃い・・・って、一人足りねえな(^-^; 夏希ちゃんがいないのか。気付かなかった(嘘) バイトの関係で遅れたらしく、フライヤー配りが始まってから、いつのまにか合流していた(笑)
 しかし、終演したらしく客が出てきたのだが、サンプリングを始める気配がない。呑気にハッピーバースディー(*1)なんて歌ってる場合じゃないよっ。
 というわけで、サンプリング開始。まあ、私は基本的に見てるだけ。邪魔だけはしないように、話し込みもせず、カメラも取り出さず(笑)
 キララ☆の3人とお母様方も中で見てたらしく、他の客と一緒に出てきた。キララ☆はサンプリングを手伝ったりもしていたが、後半は3人で仲良く踊っていた(笑)
 あと、寺尾君と矢ノ目っちがいつのまにか芝生に座っていて、ちょっとびびった(笑) サンプリングは特に手伝っていなかったもよう(笑)
 その他、AP2以外には、今日この後行われるあややナイト、しゃかりき(札幌吉本)、れいかちゃんやまややのR×G×Bライブチームなどがサンプリングに来ていた。てゆーか、RGB組がサンプリングを開始したのは、人もほとんどいなくなった後だったが、何しに来たんだろう(^-^; まあ、まややが大遅刻していたってのも理由かもしれないけど。
 そんなこんなで、1時間ほどでサンプリング終了。人も少なくなってきたのでもうよかろうと勝手に判断し(笑)、カメラを取り出して写真撮影〜。唯ちゃんとは久々に話したような気がすると本人に話したら、唯ちゃんもそう思っていたようで(^-^; これからはがんばります(笑)
 最後はそれぞれを見送って、我々も撤収。

*1: 今日誕生日の容子姉向け?
R×G×B LIVE STAGE!!!!【概略】

日時:2005/10/21(金) 19:00
場所:ペニーレーン24(札幌)

出演:近藤麻由/近藤真里菜/川上絵理香/中山怜香/中野亜美/豊島摩耶/川上優理香/小原優香/川上朱莉杏/三上笑/海老江夢子/松原萌李/三浦透子/梅澤詩音/筒渕美羽/松浦彩花/小黒英理子/中森靖人/福本有希

R×G×B LIVE STAGE!!!!【曲目】

オープニングアクト
01.夏の魔法(オリジナル)/中森靖人
02.本日のサラダ(オリジナル)/中森靖人
--.MC/福本有希

01.(ダンス)Bounce, Shake, Move, Swing(Boyz II Men)/全員
02.Have A Nice Day(BON JAVI)/近藤真里菜
03.Stop! In the name of love(Diana Ross&The Supremes)/近藤麻由
04.キューティーハニー(倖田來未)/三浦透子・梅澤詩音・筒渕美羽
05.Bye&Thanks(Candy)/三浦透子
06.Hey my friend(Tommy heavenly6)/小原優香
07.(ダンス)Independent Woman partII(Destiny's Child)/筒渕美羽・三上笑・中野亜美・豊島摩耶・川上絵理香・川上優理香・川上朱莉杏
08.(ダンス)Do something(Britney Spears)/筒渕美羽・三上笑・中野亜美・豊島摩耶・川上絵理香・川上優理香・川上朱莉杏
09.Ta-lila〜僕を見つけて〜(ナナムジカ)/中山怜香
10.僕たちの行方(高橋瞳)/中山怜香
11.センチメンタル・プレイス(中ノ森BAND)/近藤真里菜
12.Whatever(中ノ森BAND)/近藤真里菜
13.(ダンス)Story(AI)/松原萌李・梅澤詩音・中山怜香・中野亜美・豊島摩耶・川上絵理香・川上優理香・小原優香
14.GET DOWN(?)/近藤麻由
15.If I Ain't Got You(Alicia Keys)/近藤麻由
16.そこにあるかもしれない・・・(尼崎まゆみ)/三上笑+中野亜美・豊島摩耶・川上絵理香・川上優理香
17.さくらんぼ(大塚愛)/三浦透子・梅澤詩音・筒渕美羽
18.INTO THE LIGHT(MISIA)/川上朱莉杏
--.告知/豊島摩耶・川上優理香・筒渕美羽
19.Lady Marmalade(Sheila E)/近藤麻由・近藤真里菜・小黒英理子
20.(ダンス)Love, Peace&Soul(SOUL'd OUT)/全員
21.(フィナーレ)Dreamland(BENNIE K)/全員

※当日配布されたパンフより。

R×G×B LIVE STAGE!!!!【記録】

 開場1時間前の17時半頃、現場に到着。とりあえず中に入る気はなかったのだが、入り口前に着いたところで友人から電話が掛かってきて話し込んでいたら、中から出てきたおばさまに拉致されて(笑)、ご丁重に中に連れ込まれてしまった。後で知ったところによると、まやママだったらしい。ああ、そう言われると、以前見かけたことあるなあ。
 中に入ると、受付にれいかママがいたのでご挨拶。住所とかHPアドレスとか聞かれてしまった(^-^; そういえば、自分の名前を言ったら、まやママに知られていたのだが、「摩耶からよく聞いてました!」とまで言われるのは、なんか恥ずい(^-^;
 18時過ぎくらいから整列。来た順らしく、2番目だった。先頭は江別から来た、れいかちゃんの友達? AP2の24時間テレビイベントに来ていたらしく、端の方で盛り上がってましたよね?、とか言われた。ちょっと恥ずい(笑) 女の子はただなので女祭りを見に来てよ、と宣伝しておいたが、交通費が結構大変らしい。
 予定の18時半よりもちょっと前に開場。ホールは地下。ここには一度来たことがあるのだが、さすがに10年も前のことはほとんど記憶にない(^-^; そういえばこんなとこだったような気もするなあ、程度の感慨。
 ホールの左右には椅子が並べられ、中央はスタンディングゾーン。とりあえず最前列の中央やや下手に陣取る。すぐ隣が返しのスピーカー。客席側に置いてあったのは、ステージに置いておくとダンスの邪魔なのだろう。
 友人と立ち話しながら開演待ち。そういえば、入場するときに、今日の出演者とセットリストの書かれたパンフ(*1)を貰ったのだが、それを見て出演者に意外な名前を見つけたのでマジでびっくり。川上絵理香ちゃんが出るとは知らなかったよ(^-^; そう言われてみると、ポスターとかチラシの写真に写ってるんだなー。マジメに見たことなかったので、気づかなかった(^-^;

 19時ちょっと前に開演。まずは司会のお姉さんが登場。なかなか手馴れた感じの司会は、見ていて安心感がある。オープニングアクトの中森靖人さんを紹介して退場。
 中森靖人さんはギターの弾き語りで2曲披露。「Candy知ってます? 僕、親戚なんです」の流れから、「中森明菜って知ってます? あれ、僕のお母さん・・・だったらいいなって思います」発言は、ベタながら笑ってしまった(笑)
 続いて、前回のR×G×B LIVEには出演していたらしい、福本有希君と司会のお姉さんのトーク。開場待ちのときに見かけていたのだが、客で来ていたのかと思ったよ(^-^; 「いま、会いにゆきます」のドラマ収録の裏話などを披露。人にぶつかる演技で遠慮してしまって、30テイクくらいしてしまったらしい(^-^;

 そして、ぃょぃょ本編開演。あ、基本的に、れいかちゃん、まやや、絵理香ちゃんしか見てません(^-^; ぃゃ、その三人も結構同時に出てくるので、追うのが大変でしたが(^-^;
 まずは全員によるダンスステージ。衣装の露出度が眩しい(笑)
 そして、近藤真里菜嬢の歌に続き、姉の近藤麻由嬢が「Stop! In the name of love」。あー、この曲結構好きー(^-^)
 お子様三人組は「キューティーハニー」。なかなかご達者。歌い終わると、三浦透子ちゃんだけが着替えで一旦退場。残った二人と「透子ちゃん、もういいー?」「まだー!」とのやり取りを経て、尊敬する先輩Candyの「Bye&Thanks」を熱唱。そして、司会を交えてMC。キーが高くて練習しすぎると声が出なくなってしまうらしいとのことであまり練習できなかったらしいが、全然そんな風には思わせない歌唱力だった。それにしても、わざわざここで本人のPVを流さなくてもいいと思うのだが(^-^;
 小原優香ちゃんの「Hey my friend」を挟んで、まややや絵理香ちゃんたち7人によるダンスメドレー。衣装はYシャツ、ネクタイに赤チェックのミニスカートで制服風。ノートを持ってたり、チャイムが鳴ったりと、演出もそれ風味。もちろん、それはすげー可愛いのだが、2曲目に移るときに、ノートを投げ捨てて、スカートを脱ぎ捨てるって演出はえっちだよなあ(笑) もちろん、下には黄色のスカートを履いてたわけだが。そして、曲が1曲目に戻ると、慌てて赤チェックのスカートを履いて(*2)ノートを持って・・・。あーなるほど。ストーリー仕立てなわけですな。その後は司会が出てきて、2つ質問。好きな教科と目標としている人。まややは「体育」と「(ダンスの)英理子先生」、絵理香ちゃんは「美術」と「英理子先生」。というか、二問目については全員が「英理子先生」と答えていたのだが、最後の子が「え? みんな英理子先生なの? じゃ私も英理子先生みたいになりたいです(笑)」と笑いを取ろうとしていたのには、サービス精神を感じた(笑)
 続いて、れいかちゃんが歌を2曲。以前と比べると、結構身体の動きで表現つけてくるようになったような。それにしても、ダンスの方は見てて頑張ってる様子が微笑ましいという感じなのだが、歌に関しては圧倒的な歌唱力だよなあ。聞き惚れてしまう。お姉様方に全く引けを取っていない。あれ? そういえば、こういうまともな音響で歌を聴いたのって、ほとんど初めてかも・・・。音響がいいと、ますます映えるねえ(^-^)
 続いて、近藤真里菜嬢が中ノ森BANDの曲を2曲。「Whatever」は、今日の出演者はこの歌詞みたいな気持ちで頑張ってるんじゃないかと思って選曲した、とのこと。
 再び、まやや、絵理香ちゃんら8人によるダンスステージ。先ほどとは半分ほどメンバーが替わっていて、今回はれいかちゃんも参戦。衣装は、上が黒で下が白のワンピースというか、ネグリジェっぽいというか(笑)
 近藤麻由嬢の2曲を挟んで、三上笑ちゃんの「そこにあるかもしれない・・・」。初めて聴いた曲だが、ノリが良くて結構好きな感じの曲。バックダンサーは黒いスーツに身を包んだ、まやや、絵理香ちゃんら4人。それにしても、まややのダンスは際立ってるなあ。同じ動きをしてても、他の人とはどこか違う。その違いがどこから生まれてくるのかは素人の私にはよくわからないが、見栄えがするというか、見てて気持ちがいい。あと、自分の魅せ方を分かっている。その辺、絵理香ちゃんはまだわかっていないような惜しさがあるなあ。
 そして、再び登場のお子様三人組は「さくらんぼ」で盛り上げ、川上朱莉杏ちゃんが「INTO THE LIGHT」をしっかり歌いきって、告知コーナーではメンバー募集の話など。まややのトークは見てて安心出来るねえ。ダンスのみならず、トーク能力も相変わらず健在。
 そろそろ終わりも間近。続いて、英理子先生と近藤姉妹による「Lady Marmalade」は椅子を使ったダンスで魅せてくれる。それにしても麻由嬢、娼婦みたいな格好でステージにかぶりつきのお子ちゃまを煽るのはどうかと(笑)
 最後は、オープニングと同じく全員によるダンスステージ。
 そして、本当に最後の最後は、「Dreamland」をBGMに、お揃いのTシャツで着飾ったメンバーを一人ずつ紹介。それぞれ手には花束を持って、ステージに一列で並ぶ。(ダンススクール生ではないらしい)近藤姉妹や、中森靖人さん、福本有希君もステージ上へ。最後はみんなの声に応えて英理子先生が登場し、みんなから花束贈呈。抱き合って、涙なみだ。そして恵理子先生が締めの挨拶でまとめたのだが、みんなから慕われているのが伝わってきて、見てるこちらまで貰い泣きしそうだった。

 そんなこんなで、約2時間のステージは終演。しばらくホールで友人とダベってから上に上がっていったら、出演者陣がお客さんのお見送りのためにずらーっと並んでいた。立ち止まらないで外に出てくださーい、とのことだったので、箱ティッシュを抱えた絵理香ちゃん、まやや、れいかちゃんに簡単に挨拶して、外へ。そしたら、まやママに、後から出てくるので帰らないで下さい、とか言われたけど(笑)
 というわけで、出待ち。絵理香ちゃんに写真を見せたら喜んでもらえたので良かった(^-^) てゆーか、絵理香ママの方が喜んでたような気もするけど(笑)
 最後は、バス他で去り行く出演者を見送って、我々も撤収。
 ぃゃぁ、楽しかった(^-^) ステージ演出も良かったし、個々の頑張りも良かったし。いいものも見せてもらった。基本的には歌のステージが好きな人なのだが、ダンスを見て感動したのは久々だったなあ。素敵な感動をありがとう!!
 余談。現場で見かけた人(順不同・敬称略)。池田百花、村上竜太。他にも結構いたらしいが、私は見てないので略。

*1: まあ、コピー紙だけど。
*2: 目の前でまややが、なかなか履けなくて「ヤバい、ヤバい」言ってたが、それも演出かな?
イエローグラスプレゼンツ LIVE女祭り vol.4【概略】

日時:2005/10/23(日) 12:30
場所:Bridge(札幌狸小路)

出演:Pink[田中知世/村田唯/堀あおい/松井紗彩]/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良]/Dejav[高林里奈/遠藤彩夏/谷川亜維/福井絵梨奈/田村絵里奈]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Three table rose[上石佳奈美/田村莉菜/藤井結花]/春菜 with Step[越智春菜/根本香菜/勇崎香奈/上原ちさと]/AP2クラブ[福田愛/中鉢真衣/小林舞子/住山琴奈]/ベストプレイス[池崎絵里/半澤優香]/KID'z[池田百花/近藤綾菜/反橋夢妃/樋口彩乃]/Style.[平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]/伏木信人
司会:イエローグラス[岩野祐二/水野宏]

イエローグラスプレゼンツ LIVE女祭り vol.4【曲目】

--.前説/イエローグラス

□第一部
01.大爆発NO.1(ZONE)/Pink
02.恋人は心の応援団(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/Pink
03.Butterfly(倖田來未)/セッ娘
04.MAGIC(MAX)/セッ娘
05.WoWa(安室奈美恵)/Dejav
06.butterfly(安室奈美恵)/Dejav
07.ホウキ雲(RYTHEM)/MonKero
08.笑顔日和(ZONE)/MonKero

□第二部
09.try your emotion(w-inds.)/Three table rose
10.Eventful(鈴木亜美)/Three table rose&春菜 with Step
11.恋のダンスサイト(モーニング娘。)/AP2クラブ
12.恋の課外授業(BON−BON BLANCO)/ベストプレイス
13.BACK BLOCKS(MISIA)/春菜 with Step
14.キセキノハナ(Lyrico)/越智春菜
15.ピンク・レディーメドレー(ピンク・レディー)/Peace[反橋夢妃/樋口彩乃]
16.QUINCY(BoA)/ポップコーン[池田百花/近藤綾菜] with Step

□第三部
17.GAME(浜崎あゆみ)/畠山智妃 with 高林里奈・谷川亜維・佐藤大輔・笹崎恵二
18.let go(m-flo loves YOSHIKA)/遠藤彩夏
19.LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE)/笠井琴美
20.make a secret(BoA)/村田唯 with Style.
21.浮気なハニーパイ(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))/キララ☆[池田百花/反橋夢妃/樋口彩乃]
22.O・TO・NA(オリジナル)/KID'z
23.SHAKE IT(倖田來未)/Dejav
24.only one flower(オリジナル)/Dejav
25.Tte! Oi!(オリジナル)/セッ娘
26.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘
27.キューティーハニー(倖田來未)/Pink
28.happiness(オリジナル)/Pink
29.万華鏡キラキラ(RYTHEM)/MonKero
30.(オリジナル)/MonKero

□アンコール
31.黄色いお空でBOOM BOOM BOOM(黄色5)/Pink
32.ね〜え?(松浦亜弥)/MonKero
33.青いスポーツカーの男(青色7)/MoKePi[MonKero+Pink]
34.学園天国(フィンガー5)/全員

□ゲストコーナー
35.I don't look back〜約束の場所へ〜(オリジナル)/BLuck
36.VIOLATION(EXILE)/BLuck
37.Distance(EXILE)/BLuck
38.スマイル(オリジナル)/BLuck

イエローグラスプレゼンツ LIVE女祭り vol.4【記録】

□前説
 11時半ちょい過ぎにBridge前に到着。まだ友人が来てなかったので、ちょっくらお買い物にお出掛け。ウインドウショッピングと洒落込んでいたら、友人から電話が掛かってきたのでBridgeへ戻って合流。
 ほどなくしてチケット引き換えが始まり、整理番号順に整列。15分ほど遅れて開場。最前列上手側に陣取って、開場待ち。それにしても、朝早すぎて(*1)、全然テンション上がんないんですけどー(^-^;

 開演は定時ぴったり。いつものテーマ曲に乗って、イエローグラス登場。岩ちゃんはピコピコハンマーで最前列の客の頭を叩いて回る(笑) ピロシは結構久し振り。最近は高橋隆太さんが大人気のようだが(笑)、面白いか面白くないかは別問題として(笑)、やっぱりピロシの方が馴染むなあ。
 今回の女祭りにはサブタイトルがついていて、「初心忘れるべからず」とのこと。そういうテーマを掲げると、初心を忘れないのではなく初心に戻ってしまいがちではあるが、さてどうなることやら。
 まずは、やはり久々、イエグラのネタ見せコーナー。口内クラッカー、口でシャボン玉(ピロシ)、金魚飲み込み(*2)など定番モノ。私が初見だったのは、卵ネタ。パックに入った卵を持ち出してきた岩ちゃん。パックの中から卵を一つ取り出して、中身をグラスの中に開ける。そして、それを一気飲み。それから何が起こるかと思いきや・・・パックの中の卵を客席に投下! ・・・そしたら、それは白いスーパーボールでした、というオチ(笑)

□第一部
 さて、まずは出演者入場だが、人数が多いので2組に分けたとのことで、まずは、Pink、セッ娘、Dejav、MonKeroが入場。それに先だって、岩ちゃんが「来年からは構成をガラリと変えます。Mステの音楽なんか使いません!」と明言していたので、来年からってことは今日は使うってことか?、と友人と話していたら、本当にMステの音楽が流れたので、思わず爆笑(笑)
 各人に今日の抱負について質問。
唯「みんながジャンプしてくれるようにがんばります」
 そしたら岩ちゃん、お客さんをジャンプさせて、目標達成ということに(笑)
ちょび「みんなが首を振ってくれるようにがんばります」
 そしたら岩ちゃん、以下略(笑)
あお「みんなが回ってくれるようにがんばります」
 そしたら岩ちゃん、以下略(笑)
紗彩「みんながいっぱい笑ってくれるようなライブにしたいです」
 そしたら岩ちゃん、「ああ、苦笑い?」と突っ込み(笑)
智妃「みんなが楽しかったって言ってくれるようにがんばります」
 そしたら岩ちゃん、客席に「今日は楽しかったですか?」と聞いて、目標達成(笑)
琴美「男祭りに負けないようにがんばります」
 そしたら岩ちゃん、「女の子たちはBLuckとかStyle.を見に来たんだと思うけど、実は女祭りを見に来たという人、拍手!」と客席に振って、その拍手の後の「実は女祭りなんかには興味ないぞという人、拍手!」という質問に、熱心に拍手している男客・・・(笑)
 続いてセッ娘。夏希ちゃんだけ他の二人と違って、帽子がハット型ではなく野球帽型だったので岩ちゃんに「帽子間違ったんですか?」と突っ込まれるものの、とっさには受け答えできず(笑) 一方咲良ちゃんは、岩ちゃんに「抱負をお願いします」とマイクを向けられても「・・・抱負?」という感じで、「今までの流れ、聞いてました?」と突っ込まれるのが、実に咲良ちゃんらしくて微笑ましい(笑)
咲良「みんなが“っておい!!!”と言ってくれるようにがんばります」
 そしたらもう岩ちゃんが振らなくても、客席が勝手に「っておい!!!」と言ってくれて、目標達成(笑)
容子「セッ娘を覚えてもらえるようにがんばります」
 そしたら客席から「今覚えた!」と声がかかり、目標達成(笑)
夏希「えーと、あのですね・・・」と考えてる内に、岩ちゃんに打ち切られ(笑)
 続いてDejav。立ち位置の関係から最初にえんなが指名されたのだが、それを拒否(笑) そのため逆順からになり本来であればえんながトリになるはずだったのだが、オチ担当を嫌ってかぁぃちゃんと入れ替わっていた(笑)
タカリナ「えーと・・・」
タムエリ「そうですね・・・」、その流れで続くかと思いきや、
彩夏「南幌秋祭りには行けなかったのでがんばります」、普通に答える彩夏ちゃん(笑)
えんな「痩せようと思います」
ぁぃ「オチですか・・・」と考えてる内に、岩ちゃんに打ち切られ(笑)
 というわけで、Pinkを残して、他の出演者は一旦退場。

 トップバッターはPinkから。
 何かあったらしく岩ちゃんが楽屋に戻ってしまい、「つないどいて」と託されたピロシは自分の身の上話を展開。戻ってきた岩ちゃんは「ここはPinkのコーナーだから、Pinkの話をしようよ」と苦笑い。
 まずはPinkの自己紹介に続いて、「Pink」というユニット名の由来から。唯ちゃん曰く「岩ちゃんが勝手に決めました」ということで、岩ちゃんの口から説明。あっさり一言、「思いつきだったと思います」。その後、「Pinkって可愛い色だから」とフォローしていたにも関わらず、だんだん「Pinkって響きがやらしいかなーと思って」とか「やらしいってことは男心をくすぐるから」とか、自らそーゆー方向に。それを聞いたPinkの感想は「・・・う〜ん」。ああ、なんかPinkが不憫です(笑)
 その後、ここで一気飲み対決をやるらしかったのだが、ピロシの買ってきたお酒が栓抜きが必要なのに栓抜きがない、Pink用のジュースを買ってなかった、の2つの理由によりあえなく中止(^-^; 唯ちゃんが「ジュース、飲みたかったなー」と愚痴っていたが、唯ちゃんは結構トークを拾うようになってきたなあ。「楽屋で飲んでください」と岩ちゃんに一蹴されてたけど(笑)
 そして、「大爆発NO.1」と「恋人は心の応援団」を歌って退場。

 二番手はセッ娘。
 ここで岩ちゃんが自らバラしていたが、登場のたびにYシャツとサングラスの色を変えているらしい。たとえば、さっきまでピンク色だったのに、ここでは青色。全部で7色のYシャツとサングラスを用意したらしい。なんでそーゆーバカなことやるかなあ(笑)←激しく褒め言葉。
 さて、ここでもまずは自己紹介。名前と年齢だけではなく、一言アピールを入れてくるのが上手い。咲良ちゃんは「食べることが大好きです」。容子姉は「誕生日おめでとう」と客席から先制されて言えてなかったけど(^-^; そして夏希ちゃんは、岩ちゃんがせっかくまた「帽子間違ったの?」と振ってくれたにも関わらず、「ぃゃ、違います」と普通に受け答え(笑) というわけで、「最近の幸せは食べること」らしいです。容子姉も何か言ってたとしたら、食べることネタだったんだろうか・・・(笑)
 そして、こちらも「セッ娘」の名前の由来を。こちらはリーダーの容子姉から説明。今でこそ「スクールAP2」というスクール名だが、前身は「SETアクターズスクール」だったわけです。で、PinkとかMonKeroとかは他のスクールからの転校組で作られたユニットだったが、セッ娘メンバーは純粋にSETから入校したメンバーだったので、SETの「セッ」に「娘」はモー娘からパクって(笑)、「セッ娘」になったとのこと。
 ところで、そのトークの間中ピロシがいなかったのだが、一気飲み用の飲み物を買いに行っていたらしい。まあ、トークコーナーも終わらせようか、というギリギリのタイミングで帰ってきたけど(^-^; セッ娘からのリクエストだった「なっちゃん」がなくて探し回ってたらしいが、結局買ってきたのはお茶。「だったら上の自販機に売ってたのに・・・」と自ら凹んでいた(笑)
 というわけで、一気飲み対決。セッ娘代表は夏希ちゃん、飲むのはもちろんお茶。ピロシは当然お酒(笑) で、なぜか岩ちゃんはミツカン酢(^-^; 勝者はピロシだったが、こんな対決にしちゃうと、酢を飲む物凄さが伝わってこなくて、岩ちゃんは飲み損だったよーな(^-^; なお、夏希ちゃんの飲み残しのお茶は、本人曰く「いちおくまんえん」だそうです。そんな単位は無ーい!(笑)
 さてここで、今日は修学旅行のために欠席の美弥ちゃんから、ビデオレターでメッセージ。「どーもー。セッ娘の中心的存在の中川美弥でーす。(テンション下がって)実はシュウシン旅行に来てまして、残念ながら女祭りには出られなくなってしまいました。私がいないセッ娘は不安ですが、皆さんセッ娘の応援よろしくお願いします。・・・全部岩ちゃんに言わされました〜。バイバイキン!(笑)」。「シュウシン旅行」って何だ?と思ったら、岩ちゃんは「傷心旅行」と言わせたかったらしいが、それが本人の中で「修学旅行」と混ざってしまったらしい(笑) それも含め、惜しいなあ。最後のばらしはいいとしても、この映像はもっと面白く出来たと思うんだが。岩ちゃんの演出が悪いな(笑)
 というわけで、セッ娘は「Butterfly」と「MAGIC」を歌って退場。

 三番手は久々のフルメンバーDejav。それぞれポンポンを1つずつ持って登場。
 こちらもまずは自己紹介。えんなが「岩ちゃんごめんね」と前置きしたので何を言い出すのかと思ったら、「ダンス祭りが楽しみです」と告知。まだ今日のイベントも終わってないのに(^-^; なお岩ちゃんは「ごめんね」なんて言われたものだから、他社イベントを告知されるかと思って焦っていたもよう(笑)
 時間が押してるので、早速歌へ(^-^; 「WoWa」と「butterfly」の安室を2曲。最近安室曲ばかりですなー。そういえば、「WoWa」の途中でポンポンを投げ捨てていたのだが、彩夏ちゃんがステージ中央に投げたもんだから、それを邪魔に思ったぁぃちゃんがステージ端に投げ直していたのに、ちょっと苦笑い(^-^;

 前半のトリはMonKero。「モンモンゲロゲロ、モンゲロでーす」と先日の砂利コントのネタで紹介されたもんだから、「ゲロゆーな!」とけろっぴが必死のアピール。ぃゃぁ、あのコントの影響力は絶大だなあ(^-^;
 まずは、それぞれ自己紹介を普通に。けろっぴが「リーダー的存在」だったらしい。初めて知った(笑) その後、いつものウザい挨拶をシックバージョンで。ヤバい、面白い(笑)
 そして、MonKeroもとっとと歌へ。「ホウキ雲」と「笑顔日和」を歌って退場。

□第二部
 第二部も、まずは全員集合から。Ttr、AP2クラブ、ベストプレイス、春菜 with Step、KID'zが入場。
 前半で時間が押したのは、出演者に抱負を聞いていたからだ、ということで、今回は無し。ぅゎ、ひでぇ(^-^;

 というわけで、後半戦(*3)のトップバッターはTtrから。リーダー(*4)の寺島静香ちゃんは休みだが、岩ちゃんがそれを知ったのは昨日だったので(^-^;、ビデオレターは無し。
 まずは自己紹介。今まで受付をやっていた藤井結花ちゃんが新しく加入したということで、同じく受付担当の中川智貴君がいつか砂利に入るかも?、という話で盛り上がる(笑)
 その後、「try your emotion」を歌い、春菜 with Stepの4人をダンサーに加えて、「Eventful」。そして、この曲辺りでようやくテンションが上がってきた私(^-^; やっぱ、大声出すと気持ちいいな(笑)

 続いては、AP2クラブとベストプレイスが一緒に登場。AP2クラブの住山琴奈ちゃんのお姉ちゃんの明日香ちゃんはお休み。
 自己紹介は一言ずつ挨拶つき。てゆーか、池崎絵里ちゃんの「抱負は、ステーキが食べたい」が訳わからん(笑) ぃゃぁ、鍛えたら面白いトークをしそうな雰囲気持ってるなあ。今後に要注目(笑)
 曲は、AP2クラブは福田愛ちゃんがボーカルで「恋のダンスサイト」、ベストプレイスは「恋の課外授業」。

 お次は、春菜 with Step。ピロシは4人でStepだと思っていたらしく、岩ちゃんがメンバー構成を説明していた(笑)
 自己紹介では、勇崎香奈ちゃんの「勇崎香奈、17歳です。うふっ♥」がなんか妙にツボにハマって、その一言だけで今日のMVPに決定(笑)(*5) その直後の上原ちさとちゃんの「普通ですみませーん」もなかなか良かったけど(笑)
 そして、ここで岩ちゃんが春菜ちゃんに爆弾発言。「セッ娘を辞めた理由は?」。どよめく客席(笑) セッ娘が嫌いになったからではないとのことだが、理由は「言えません」とのこと。言えないのがむしろリアルで怖い(^-^;
 曲は、まずは春菜ちゃんとちさとちゃんのツインボーカルで「BACK BLOCKS」。そして、Stepは退場して春菜ちゃんソロで「キセキノハナ」。春菜ちゃんの声は、可愛いので好きです。

 続いて登場はゆっきと彩乃ちゃんのPeace組。レイザーラモンHGの物真似で登場だが、実は岩ちゃんと同じく、私も実物を(テレビとかで)見たことないんだよなー(^-^; なので、どこまでがどういうネタなのかいまいちよくわからないのだが、凄いハジけっぷりではあった(^-^; 途中からは百花ちゃんと綾菜ちゃんのポップコーン組も加わって、なんかもう、凄いとしか言いようがないくらい凄かった(^-^; そして、最後はピロシも「フォーーー!!!」と登場(笑)
 自己紹介は元気いっぱいにさくっと終わらせ、まずはPeaceが「ペッパー警部」かと思いきや、なんと「ピンク・レディーメドレー」。今までの集大成って感じですなあ。見てて気持ちがいい(^-^) 続いて、ポップコーンがStepを従えて「QUINCY」。

 これで一通り出演者は出揃ったが、女祭りはまだ終わらない。

□休憩
 イエローグラスの2人がステージに出てきて、休憩を案内。現在時刻は13時半。ライブ開始から1時間半が経過したところだ。
 休憩時間中はイエグラのフリートーク。「休憩時間中なので面白いことを言う必要はない」と開き直るのはいつも通り(笑) まあ、それでも二人が雑談してるだけで、何故か笑えてしまうんだけど。・・・とか書いておきながら、トイレに行っていた私には説得力がありませんが(笑)
 なんか、MoKePiでメイドカフェをやって、BLuckとStyle.でホストクラブをやるとか言っていたような・・・(笑) あーでも、けろっぴはメイドというよりもすすき・・・ゴホンゴホン(笑)
 でも、トイレから戻ってきたらピロシとけろっぴのトークになっていた。あれ? 最初はピロシが太ったとかいう話だったと思うが、そのうち話すネタに困ったか、けろっぴがピロシにペットボトルを持たせて、「水野君の物ボケ! 水野君にはこれが何かに見えるはずです!」とか無茶ブリ(笑) 「無理だよ〜。出来ないよ〜(^-^;」と、それに応えられないピロシ。ピロシって、自由気ままにボケるのは得意だけど、なんかフられると弱いよーな(笑)
 そこに、「ぐだぐだじゃないですか!」とフシキングが乱入。その助け舟をいいことに、「後は若い二人に任せるから」と言って、ピロシも退場。
 残された若い二人は・・・やっぱりぐだぐだ(笑)
 最後はイエグラが出てきて、15分ほどの休憩は終了。

□第三部
 第三部(*6)のトップバッターは、智妃ちゃんが男女4人のバックダンサーを引き連れて「GAME」。歌、ダンス、黒でキメた衣装があいまって、イメージはカッコイイの一言。智妃ちゃんのダンスはあんまり見る機会がないけど、結構いいよなあ。あと、髪をポニーテールでまとめていたぁぃちゃんに、ちょっと心惹かれたり(笑)
 続いて、彩夏ちゃんが「let go」、けろっぴが「LOVE LOVE LOVE」を、それぞれソロでしっとりと聴かせてくれる。白いワンピ姿のけろっぴは、何故か裸足だった。
 そして、ソロコーナーのトリは、唯ちゃんがStyle.を引き連れて「make a secret」。おー、セクシー路線か。衣装が結構いい感じ(笑) 歌とダンスはもうちょっとセクシーでもいいかな?(笑)

 続いては、一転してキララ☆が元気に「浮気なハニーパイ」。そして、綾菜ちゃんが加わって、KID'zでオリジナル曲「O・TO・NA」。オケにトッキーの声が入っているもんだから、客席のトッキーに注目が集まる(笑)
 Dejavは「SHAKE IT」とオリジナル曲「only one flower」。あれ、なんか久々? ああ、さすがに、メインボーカルの彩夏ちゃんがいないときは歌ってなかったのか。ちょっと新鮮だった(笑)

 そして、セッ娘が「Tte! Oi!」の曲とともに勢い良く飛び出してくると、それに合わせて最前列に出てくるトッキー。さすが、自称セッ娘ファン第一号(笑) それにしてもこの曲、好きなのだが、好きだからこそ、あ〜もうちょっと尺が欲しい、ってところで終わるのがもどかしい(^-^;
 その後、コントライブで大絶賛だった容子姉作成オープニング映像の上映会。改めて見てみても、やっぱいい出来だなあ。なお、何か編集してほしいものがあれば、容子姉が5万円(*7)で編集してくれるらしいです(笑)
 そして、「ヒマワリ〜春夏秋冬〜」で締め。曲紹介は岩ちゃんがしてしまったので、夏希ちゃんの「春夏秋冬」が聞けなかった・・・。

 Pinkは「あげ!あげ!」コールで登場。もちろん曲は「キューティーハニー」。やっぱいいね〜。テンションあげあげ! 間奏のダンスが入るようになってから、ますます見映えするようになった(^-^)
 何故かここで挟まれる、Pinkのトークコーナー。Zeppライブに向けての抱負を各人が発表。
あお「今よりもももっとセクシー&可愛く踊れるようにがんばるので、楽しみにしててください」
唯「今よりももっと髪を伸ばして、歌も上手くなって、もっと自分を磨くので、楽しみにしててください」。髪を伸ばしての前に「何にしよう?」とか言ってたような気がするのだが、ということは実はボケ発言? それに続いたのが普通の発言なので、かなりびみょーだけど(^-;
紗彩「今よりももっと盛り上がれるライブにしたいです」
ちょび「背を伸ばすようにがんばります」。オチてないな(笑)
 そして、曲は「happiness」なのだが・・・音が出ない(^-^;(*8) 最初のポーズをキメたまま待機するPinkの四人。
 ・・・・・・・・・・・・全然始まらねー(^-^;
 というわけで、「名前を叫べそうなところは叫んでください」という極めてアバウトで素晴らしい指示が出てたので、このタイミングで入れてしまう客席(笑) 「田中さん!」とか「知世!」とか「ともちゃん!」とか、なぜかネタにされまくっていたちょびは思わず苦笑い(笑)
 結局、曲が出ないままステージの照明もつき、トークでつなごうと振り付け練習をしようとしたら、PA席から「OKです!」の声が(笑)
 そんなこんなで、無事「happiness」。それにしても、間奏で入れてほしいらしい「唯!紗彩!」と「ちょび!あお!」は咄嗟には出てこないなあ(^-^; それぞれどっちの名前が先でどっちの名前が後だったか、わからなくなるんだよね(^-^; てゆーか、これで合ってるのかも不安だったり。Zeppまでにはがんばって覚えます(笑)

 MonKeroは「万華鏡キラキラ」で登場。珍しく歌ミスってたねえ。ドンマイ! とか思ってたら、自己紹介でも息が合わなくて、「テイク2!」とかやってるし(^-^; どーしたー?
 「次で女祭り最後の曲です」「えーーーーー」「今来たばっかりー」がきれいに入ったのは、久々に聞いたかも(笑)
 「最後は“唄”を歌います」と告げたら、客席から「何の歌?」とツッコミが(笑) それを受けて、練習するときも、「“唄”の練習しよう」「何の歌?」「ぃゃ、だから“唄”の」とかいうやりとりがあって大変、と話を広げる辺りは、トーク能力が上がってるねえ。
 というわけで、最後はもちろん「唄」を歌って、MonKero退場。

 しかし、客電はまだ点かない。女祭りはまだまだ終わらない。

□アンコール
 客席から沸き起こるアンコールの声。まあ、さりげなく(?)MonKeroがアピールしてたしねえ(笑) 最終的には例のイエグラアンコールで。浸透しているのがちょっと悔しい(笑)(*9)
 まずはPinkが「黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」。MonKeroに入れ替わって「ね〜え?」。再登場Pinkが加わって「青いスポーツカーの男」。なんでMonKeroは「赤い日記帳」じゃないんだっ(笑)
 そして、11月23日に東京でのMoKePi路上イベントが決まったとの告知。「みんな、来てくれるかな!?」に対して、大多数が「いいとも〜!」と応えていたが、みんな本当に行くのかっ!? 私は無言だったぞっ(笑)(*10)
 最後はステージ上に女性陣全員集合。さすがに人数多いなあ。締めの曲は、初心忘れるべからずということで、最初の女祭りで歌った「学園天国」で大盛り上がり(*11)。あれ? ドリフじゃなかったんだっけか・・・(笑)(*12) ぃゃしかし、最初の女祭りって、ずいぶん昔のような気がするけど、まだ1年前なんだよなあ。この1年は、充実した濃いぃ1年だったんだなあ(笑)
 というわけで、女祭りは大盛況で終演。みんなが初心を忘れていなかったかどうかは正直よくわからないけど(^-^;、1年前と比べると間違いなく成長していた。名指ししてしまうと、特に咲良ちゃんとか(笑)
 AP2を今まで見続けてきたことを楽しく感じ、そしてこれからも見続けていこうと思えたライブでした♪

□ゲストコーナー
 前回同様、最後はゲストコーナー。岩ちゃん的には、「女祭り」は「学園天国」でばっつり終わってて、ゲストコーナーは別物という扱いのつもりなんだろう、多分(*13)。まあ、見てる方としたら流れで見てしまうので、女祭りのトリがBLuckかよっ、ってイメージを感じないとは言わないけど(*14)
 というわけで、BLuckは「I don't look back」の曲と共に登場。続けて「VIOLATION」。私は後ろの方でゆっくりと観戦。・・・ごめん、嘘。後ろで騒ぎまくってた(笑)
 MCは簡単な挨拶のみ。あと2曲ということだったので、「スマイル」と「BANG! BANG! バカンス!」かと思ったら、次の曲は「Distance」だった(^-^; 「盛り上がってください」との前振りだったのに・・・(笑)
 11月3日のレジャスポイベントの告知があり、大樹君が「ちなみにその日は僕の誕生日です!」とアピールしたら、「それが言いたかったんだろ!」とメンバーからツッコミが(笑)
 というわけで、最後はもちろんCD収録のオリジナル曲「スマイル」で締め。
 時刻は15時。ちょうど3時間か・・・。女祭りにしては、ちょっと短い?(笑)

 終演後のアンケート書き書きタイムの後は交流会。サイン貰ったり、サインじゃないもの貰ったり、おかし貰ったり、お菓子あげたり、プレゼントをせびられたり(笑) 写真撮らせてもらうときは、ホール内は暗いのでわざわざロビーに呼び出したりも(^-^;
 その後は、咲良ちゃんとまったり話す機会があったので、褒め称えてみた(^-^) 唯ちゃんには「もっと頑張ってください」と言われてしまったけど(^-^; がんばるよ!
 余談。現場で見かけた人(順不同・敬称略)。谷内英里佳、中山怜香、大野光生、鴇田尚貴、寺尾正高。

*1: もう昼です。
*2: 17匹目(笑)
*3: 中盤?
*4: のはず。
*5: ←歌とかダンスとかは全く考慮しない男(笑)
*6: なのか?
*7: 岩ちゃん価格。
*8: 正確には、「学園天国」の前奏がちょろっと流れた。
*9: ←そんなアンコールする奴いない、と昔暴言を吐いた男(笑)
*10: ←その場のノリというものを分かってない男(笑)
*11: 何故か間奏で笠村のドラえもんコントあり(笑)
*12: それは1〜2月の男・女祭りだったらしい。
*13: とか書いてたら、岩ちゃんの日記に同じこと書かれてるし(^-^;
*14: ←別にこの構成を否定してるわけではありません。
ティーンズドナー献血推進キャンペーン(第1部)【概略】

日時:2005/10/30(日) 11:00
場所:イオン札幌平岡ショッピングセンター(札幌)

出演:Let's[中田智聡/中谷沙織]/福井絵梨奈/谷川亜維/クレイジーモンキー[吉本英介/堀貴寛]

ティーンズドナー献血推進キャンペーン(第1部)【曲目】

--.コント・卒業式/クレイジーモンキー
01.Happiness(オリジナル)/Let's
02.a step(オリジナル)/Let's
03.Message(オリジナル)/Let's

ティーンズドナー献血推進キャンペーン(第1部)【記録】

 10時15分頃に現場に着いたらリハの真っ最中だった。歌ってるLet'sの2人よりも、それを見ていたえんな&ぁぃちゃんの方が先に目につくというのもなんとも(笑) 続いて、バックダンサーも加わって「Happiness」を軽く流してリハ終了。
 その後、Let'sとバックダンサーの面々は、ブースの一角に設けられた体力測定コーナーで挑戦。えんなの握力低っ(笑)

 さて、ステージ(*1)前に、椅子席は10×2列ほどだったか。ヲタ客は我々以外に来ていなかったので、あっさり最前中央をゲット。スタンドマイク近っ(笑)
 開演の5分ほど前に、客寄せの前説としてクレイジーモンキー登場。名前は名乗らず、「僕達が誰かということは5分後にわかります!」とイベントへの引きにしていたが、あまり効果があるとも思えないが(^-^; 吹き抜けの2階から見ている人に対して、「もうすぐそこ落ちますから、急いで下に来た方がいいですよ」というのは面白かった(笑) あーあと、「みんなが前に来てくれないと、僕達が怒られてしまいます」というのが真に迫っていてよかった(笑)

 11時にジングルが流れて開演。前説からそのまま残っていたクレモンが、何の勿体もつけないで名前を名乗った後は、いきなりコント。ネタは卒業式で、先日のセッ娘・砂利のお笑いライブでやったのと同じもの。相変わらずツッコミ担当は噛んでいた(^-^;
 その5分ほどのコントに続いて、さらに5分ほど献血についてのフリートーク。そこそこ面白い(笑) そして、観客に献血を勧めるのだが、「小汚い俺達に言われても行く気にはならないですよねえ? というわけで、可愛い女の子をご用意しております!」との前振りで、Let'sとバックダンサーの4人が白い衣装で登場。
 しばらく、その6人でトーク。バックダンサーにはマイクなかったけど(;_;) それでも、「立ち位置後ろ過ぎじゃない?」と注意されて、思いっきり前に出てきて「芸人じゃないんだから!」と突っ込まれるぁぃちゃんはさすがです(笑)
 トーク内容は献血話。クレモンの2人は献血に行ったことがあるが、女の子4人は行ったことないとのこと。「怖いから」とか「痛そうだから」とはごもっとも。私も行ったことないです(^-^; そして、ボケ担当がここでうまいことを。「Let'sだけに、Let's try 献血ってね」。
 そんなわけで、「Happiness」と「a step」を続けて披露し、退場するバックダンサーと入れ替わりでクレモン再登場。4人でトーク。Let'sメジャーデビュー、CD発売の話など。
 そして、これで終わりだと思っていたのだが、なんともう1曲「Message」。「“Message”っていい曲名じゃないですか」「色々伝えたいことがあるんですよ」「それは何!?」とのクレモンとのやりとりに応えて、Chisatoが「献血して下さいということですね!」とうまくまとめ・・・るのかと思ったら、クレモンの2人が「話を振ったのは俺だ」「ぃゃ俺だ」と醜い争い(笑) それでも無事に「Message」を歌い終え、「また13時から2回目のステージがあるのでぜひ来て下さい」とアピールして、Let's退場。
 しつこいようだけど、またまたクレモン登場。「お笑い芸人なので、あいうえお作文で献血をアピールします」ということで、まずはボケ担当から。「献血かあ・・・」「ん〜、ん〜、ん〜(悩み中)」「献血ねえ・・・」「次の日行こう」。ダメじゃん!(笑) 続いて、ツッコミ担当。「献血行こうよ」「ん〜、とか考える前に」「結局人は」「つながってるんだから」。おぉ〜(拍手)
 というわけで、最後はONE vol.3の告知をして、5分ほど押しで終演。

ティーンズドナー献血推進キャンペーン(第2部)【概略】

日時:2005/10/30(日) 13:00
場所:イオン札幌平岡ショッピングセンター(札幌)

出演:Let's[中田智聡/中谷沙織]/福井絵梨奈/谷川亜維/クレイジーモンキー[吉本英介/堀貴寛]

ティーンズドナー献血推進キャンペーン(第2部)【曲目】

--.コント・卒業式/クレイジーモンキー
01.Happiness(オリジナル)/Let's
02.a step(オリジナル)/Let's
03.Message(オリジナル)/Let's

ティーンズドナー献血推進キャンペーン(第2部)【記録】

 第2部開演に先立ち、12時半くらいから15分ほど、クレイジーモンキーによる客呼び込みトーク。あまり聞いてなかったので略(笑) あ、体力測定を勧めていたが、「やったら何か貰えますから」という勧め方はどうなのかと(笑)
 そして、第1部と同じく、開演5分前からはクレモンの前説。話す内容は第1部とほとんど変わらず(苦笑) そんなだから、思わずあくびしてしまったら、ツッコミ担当に突っ込まれてしまったよ(^-^; なお、第2部はちょっと観客(notヲタ客)も増えていたが、それでも余裕で最前中央で観覧。

 13時にジングルが流れて開演。自己紹介の「数々のテレビ番組に出て・・・ませんけども」はベタだが面白い(笑) その後は第1部と同じコント、同じフリートーク、さらに同じ呼び込みでLet's登場(笑) 衣装は4人とも黒いものに着替えていた。ちなみにクレモンは、第1部と同じどころか、いつも同じスーツ(笑) それを揶揄したわけではないだろうが、Chisatoが「(着替えた衣装が)いいっしょ〜」とダジャレを言っていた(笑)
 というわけで、「Happiness」と「a step」を続けて披露し、退場するバックダンサーと入れ替わりでクレモン再登場。4人でのトーク内容はやはり第1部と同じで、後半は献血トーク。
 まずは、ブースの一角に献血に関するクイズコーナーがあるのだが、Chisatoが「やってみたら100点だった」と自慢。それに対してツッコミ担当が「でも、あれ答え出てるんでしょ?」と突っ込むと、「そんなこというなら、やりましたかぁ?」「どんな問題がありました?」と逆襲を受けて、しどろもどろになっていた(笑) それを「あとで一緒に勉強しましょ」とChisatoが綺麗にまとめ。
 また、第1部と第2部の間に献血をしようと思ったChisatoだが、第2部で踊ってる最中にふらふらってなったら困るので、やめておいたらしい。そ、それが賢明だと思うぞ(^-^; なお、第2部が終わった後に行くと言っていたが、果たして本当に行ったのかどうかは・・・わかりません(^-^; で、「みんなも行きましょう」という流れになり、またもやここでボケ担当がうまいことを。「Let'sだけに、Let's go! ってね」。それを受けてChisatoが「キャンペーンガールとして使ってほしいですねー」と調子に乗っていた(笑) そして最後は、クレモン、Let's、客席のコンビネーションで、「献血へ」「Let's」「Go!」と盛り上がって、「Message」へ。最後は「ありがとうございました。Let'sでした」と締め。
 ウザいようだけど、またまたクレモンが登場して、献血あいうえお作文。まずはボケ担当。「献血推進キャンペーンで」「ん? んん? んんん?」「結構綺麗な人いるじゃないですか」「付き合って下さい」。ぃゃ、それはどーよ、と思ったのだが、客席ウケは良かった(^-^; 続いてツッコミ担当。「献血に行こうよ」「ん〜、とか考える前に」「懸命に生きようとする命を」「つないであげようよ」。第1部のものに似てはいるものの物凄く正統派なのだが、拍手量がボケ担当に負けていたので凹んでいた(笑)
 そして、最後は危うく忘れかけていたONE vol.3の告知をして、ほぼ定時で終演。
 その後、ぁぃちゃんにちょっと凹んでしまう話を聞いて(笑)、撤収。

*1: 段はないけど(^-^;