イベント参加リスト(2006年07月)
最終更新日:2022/01/09 22:12
SCHOOL AP2プレゼンツ LIVE女祭り vol.6【概略】

日時:2006/07/02(日) 12:30
場所:Bridge(札幌狸小路)

出演:MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/Pink[田中知世/堀あおい/松井紗彩/子出藤理恵/伊藤里紗]/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]/Step[根本香菜/勇崎香奈/上原ちさと]/村田唯/谷内英里佳/樋口彩乃/池田百花/中鉢真衣/櫻井仁未/白川穂波/中山怜香
司会進行:岩野祐二/広司とあきら…かに大ちゃん[平野広司/佐藤大輔]

SCHOOL AP2プレゼンツ LIVE女祭り vol.6【曲目】

□第1部
01.七色の明日〜brand new beat〜(BoA)/MoKep[MonKero+Step]
02.ホウキ雲(RYTHEM)/MonKero
03.好きすぎて バカみたい(DEF.DIVA)/田中知世・堀あおい・池田百花・樋口彩乃
04.僕の手紙(ZONE)/櫻井仁未・白川穂波
05.Blue Velvet(工藤静香)/谷内英里佳 with 田中知世・堀あおい・松井紗彩・伊藤里紗・村田唯
06.Infinite...(安良城紅)/谷内英里佳 with 畠山智妃・福井咲良

□第2部
07.個人授業(misono)/樋口彩乃
08.恋のつぼみ(倖田來未)/池田百花
09.砂を噛むように…NAMIDA(松浦亜弥)/堀あおい
10.PRIDE(今井美樹)/中鉢真衣
11.Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜(YEN TOWN BAND)/千田容子
12.リルラ リルハ(木村カエラ)/村田唯
13.(柴咲コウ)/村田唯
14.Be the one(BoA)/村田唯
15.もらい泣き(一青窈)/畠山智妃

□第3部
16.Where to begin(TRF)/Step
17.My will(dream)/Step
18.LOVE SCREW(MAX)/セッ娘
19.Shake It Up(倖田來未)/セッ娘
20.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘

□第4部
21.気分上々↑↑(mihimaru GT)/池田百花・樋口彩乃
22.Lies(倖田來未)/Teeth[畠山智妃/福井咲良/中川美弥]
23.Startin'(浜崎あゆみ)/Teeth[畠山智妃/福井咲良/中川美弥]
24.恋人は心の応援団(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/Pink
25.色っぽい女〜SEXY BABY〜(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/Pink
26.happiness(オリジナル)/Pink
27.魂のルフラン(高橋洋子)/中山怜香
28.僕たちの行方(高橋瞳)/中山怜香
29.飛び方を忘れた小さな鳥(MISIA)/中山怜香
30.アイタイ(オリジナル)/MonKero
31.(オリジナル)/MonKero→全員

アンコール
32.アニメタル・レディー参上!(アニメタル・レディー)/MoKePi[笠井琴美/畠山智妃/田中知世/堀あおい/村田唯/松井紗彩]
33.Tte! Oi!(オリジナル)/セッ娘→全員

おまけ
34.カナシミ ブルー(KinKi Kids)/広司とあきら…かに大ちゃん

SCHOOL AP2プレゼンツ LIVE女祭り vol.6【記録】

 容子姉に、「最近、衣装のことしか書いてないですね」と言われました。すみません、がんばります(笑) つづく。

 さて、入場順というか整理番号付きチケット配布順が、予約順とは全く関係なくごっちゃになっていたが、これはまた混乱を呼ぶのではないかなあ。まあ、正規購入者の少ない(*1)女祭りだからの確信犯かもしれないけど。
 というわけで、開場はかなり押したが、開演はほぼ定刻通り。なぜなら、会場がケツカッチンだから。
 ステージにはいつも通り岩ちゃんが登場・・・って、あれ? 司会は広司君と大ちゃんじゃなかったっけか? とりあえず、その疑問は解決しないまま、岩ちゃんの前説は進んでいく。「女祭りに初めて来るという人、ネタじゃなく手を挙げて!」と言ったにも関わらず、ネタで挙げる人多数(笑) おかげで「これから、ネタじゃなく手を挙げてと言ったときにネタで挙げた人は、退場ということにしたいと思います(笑)」ということになってしまった(^-^;
 そして、ここでようやく広司とあきら…かに大ちゃんの2人を呼び込む。2人が司会進行というわけではなく、単に岩ちゃんの相方だったのか(^-^; 実際、岩ちゃんが今日の自分はBLuckの一員だと思い込んでいたら、大ちゃんに「今日は俺たちがイエローグラス」と言われたらしいし(笑)
 さて、司会陣が揃ったところで、お揃いの衣装の話に。それぞれ、ピンクのYシャツに黒ネクタイ、サングラス(*2)という出で立ちだったのだが、唯一半袖だった岩ちゃんを見た大ちゃんの第一声が「あ、クールビズ!」。岩ちゃんに「半袖なのがクールビズというわけじゃないから」と突っ込まれていたが、大ちゃんも負けじと「クールビズが何かわからない人は、絶対この中にもいますよ!」と憤慨していた(笑)

□第1部「オープニング」
 本日は4部構成とのことで、第1部のトップバッターを飾ったのはMonKeroとStepの合体ユニット、モケップ。MonKeroの衣装は、先日のノルベサのときと同じく、白緑&黒黄衣装。Stepは夏っぽい軽装で。曲は「七色の明日」だったが、MonKeroがボーカルでStepはバックダンスを担当。でも、MonKeroも意外と踊る(笑) 可愛らしい曲調に可愛らしいダンスでなかなか良かった(^-^)
 Stepは退場し、MonKeroによる賑々しいトーク。「皆さん、こんにちは〜!」と盛り上げながらステージ前方を駆け回り、いきなりマイクを向けられてしまったので、おいらの声が中途半端に入ってしまったい(^-^;
 自己紹介はウザいバージョン。自分たちで「ウザいようですが」と言っているにも関わらず、客に「ウザい」と言われると傷つくらしい(笑) けろっぴがぼそっと呟いた「承知でやっております・・・」が印象的(笑)
 その後は個人個人の自己紹介で、けろっぴがまたも同じ誕生日ネタを展開。唯ちゃん、圭ちゃん、そしてフシキング。「この調子でいくと、客席にもいるはずです」ということで7/12生まれの人に挙手を求めてみると、何人かが手を挙げたがあからさまに無視して「いないですね〜」。「でも、想像通りの人が挙げたよね」「そうだね」と見透かされていた模様(笑)
 というわけで、2曲目は「ホウキ雲」。今回のMCは、話がとっちらかったりしなかったし、ちょうどいいところで終わらせた感じなので、なかなか良かったんじゃないかな。

 続いて、ちょび、あおちゃん、百花ちゃん、彩乃ちゃんの4人による「好きすぎて バカみたい」。前回の女祭りから、ゆっきの代わりに百花ちゃんが入っただけか。衣装は上下白で揃え、お姉様方はミニスカ、子供たちはショートパンツ。
 なお、最初彩乃ちゃんのマイクの音が全く出ず、それを突然出てきた岩ちゃんが引ったくるように交換していったのだが、その岩ちゃんがあまりにも突然過ぎたため、彩乃ちゃんは素でびっくりしていた(笑)

 お次は、初登場となる櫻井仁未ちゃん、白川穂波ちゃんの2人で、「僕の手紙」。何かユニット名らしきものが客席から叫ばれてたような気もするが、よくわからず。衣装は、仁未ちゃんがピンクのノースリーブに黒のジャケ、穂波ちゃんは黄色のノースリーブに白のジャケ、そしてオソロの黒っぽいミニスカ。

 続いて登場は、中途半端なPinkかと思ったら、バックダンサーが揃ったところで谷えり登場。衣装は6人ともモノクロでシックにキメて、曲は「Blue Velvet」。歌い終わるとダンサーは退場し、軽く曲紹介して「Infinite...」。こちらの曲では、最初は智妃ちゃんと絡み、続いて咲良ちゃんと絡み、後半は3人で。んー、咲良ちゃんはもうちょっとかなー。ちらほらと合ってなかったり。
 谷えり本人はダメダメなステージだと言ってたけど、そんなに悪くはないステージだったと思うけどねえ。谷えりらしいカッコ良さは出てたと思う。でもまあ、前回と比べて成長したかと聞かれると、簡単には頷けないものがあるかな。というわけで、これからもますます頑張るという決意表明だと受け取っておきましょう(笑)

 これにて第1部は終了。短っ!
 司会の3人が登場し、なぜかサイン色紙プレゼントじゃんけんが始まる。それにしても、その色紙のラインナップは凄かった。まずは、彩乃ママ。しかも、きっちりサイン風に書かれているあたりが何者(笑) 鉛筆で下書きしたらしいけど(笑) 続いて、照明のひらたともや君。なんと、スクール宛にファンレターが届いてしまうほどの人気の持ち主。BLuckを脅かす存在として、広司君が「怖い怖い。今のうちに・・・」と漏らしていたが、今のうちに何っ!?(笑) そして、女性スタッフのシンドウさん。最後の、広司とあきら…かに大ちゃんのサイン色紙にはイラストが入っていて、岩ちゃん曰く「ショクパンマンと、カレーパンマンに見せかけたタケちゃんマン(*3)」らしい(笑) 大ちゃんが「オレだってマジメに書いたんだよ!」と憤慨してたけど(笑)
 さて、広司君が代表してじゃんけんし、客席の勝者も決定。色紙を渡すにあたり岩ちゃんが4枚を裏向きに示したため、勝者の人が「勝ったのに好きなものを選べないんですか?(^-^;」と困っていたが、「AP2はそんなところです(笑)」とあっさり(笑) 結局、ひらたさんの色紙を引いていたが、あまり嬉しそうではなかった・・・(笑)
 というわけで、続いて第2部だが、岩ちゃんが「まだ盛り上がりが足りないので、ぼくたちで盛り上げたいと思います!」と珍しく殊勝な発言。しかし、大ちゃんが「ちょっと待って。靴が履けてない」と足並みを崩したかと思っていたら、靴を床でトントンとやっていると、次第にそのリズムが「We Will Rock You」に・・・(笑) 岩ちゃんと広司君もそのリズムに乗っかり、足だけではなく口でも盛り上げ、客席もいい感じになってきたところでパタッと終了。大ちゃん曰く、「ま、こんなとこですかね(笑)」。岩ちゃん曰く、「盛り上がっていたのは、前2列だけですね(苦笑)」。
 そんなこんなで、「第2部はソロが38人出てきます!」と岩ちゃんがぶち上げ、大ちゃんが「ホントにですか!?(^-^;」と突っ込んでいたが、もちろんそんなわけがない(笑) 岩ちゃんはどうも最近オーバーに言い過ぎてしまうようで、昨日のガトキンでも「200回来てください!」と無茶なことを言っていたらしい(笑)

□第2部「ソロ」
 第2部はソロコーナーということで、まずは彩乃ちゃんから。なかなか露出度高い衣装で、ロリな方(?)には好評(笑) また、「このスクールで一番ちっちゃいけど、がんばっているのでよろしくお願いします」などの礼儀正しい挨拶も健在。
 曲はmisonoの「個人授業」だったが、なんか今風の曲調じゃないと思ったら、元歌はフィンガー5だったのか。フィンガー5の声質って結構合ってる気がするなあ。まあ、晃君は男の子なわけだが(笑)

 続いて、カチューシャの可愛い百花ちゃんが「恋のつぼみ」。今まで80年代の曲ばかり歌っていたというイメージだけど、最近の曲でも違和感ないねえ。でも、歌唱力はもうちょいかな。高音が辛そう。

 Pinkに再加入してからなんか可愛くなったような気がするあおちゃんは「砂を噛むように…NAMIDA」。誰の曲だか思い出せなかった(^-^; やっぱあおちゃんの優しい声は好きだなあ。

 初出演の中鉢真衣ちゃんは今井美樹の「PRIDE」。ああ、こーゆー曲を選んでくるのか。よく日記にダンスが好きとか書いてあるから、そっち系の曲かと勝手に思っていたよ。ソロで出てこれるだけあって悪くはなかったけど、緊張しすぎかな(笑) まあ、その辺は経験踏んで慣れるしかないでしょう。というわけで、今後に期待。

 容子姉はYEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly」。さーて、ご希望通り、衣装以外のことも書きますよー(笑) しかも、辛口に(笑) あ、ちなみに、衣装は特に特筆すべきこともないというか、何と書いたらいいかわからないというか(^-^;
 容子姉の歌は、決して下手ではないんだけど、器用にこなしてるだけというイメージなんだよなあ。個性がないというか、アクがないというか、聴いていて引っかかるものがない。容子姉ならではという絶対的な魅力が乏しい。ダンスユニットのボーカルとしてはそれでもいいかもしれないけど、ソロだと辛い。しかも、バラード曲だとダンスでフォローできないから、さらに辛い。これからは、ぜひ「容子姉らしさ」を発見してもらいたい。と偉そうに言ってみます。
 ああ、しまった。容子姉は褒めた方が伸びるタイプだったっけ?(笑)

 続いて登場の唯ちゃんの場合は、とにかくエロい。写真撮るのもはばかられるくらいエロい。どんな衣装だったか詳しく書いていいもんだか困っちゃうくらいにエロい。「エロい」ばっかりで他に何を書けばいいのか困ってしまうほどに以下略。
 で、1曲目の「リルラ リルハ」は、そんなエロさとは無縁の曲なので、そーゆー意味では違和感があった(^-^; 個人的にはこっちの方向性の方が好きだが、本人の希望は多分違うんだろうな。
 MCは、昨日東京に行っていた話。といっても東京はあまり関係なく、「人それぞれ色んな悩みがあったり、色んなことを考えて生きているんだな、と思った」とか、「幸せな人は、自分の良さもわかってる人だと思います」とか、「いつもマイナスなことばかり考えていたら、いいことも悪くなっちゃうと思うので、前向きにいきましょう!」とか、いつもの唯ちゃんっぽい話がメインだった。
 2曲目は「影」を、前回の女祭りからのリベンジで。狸小路ナイトバーゲンのときにも歌っていたけど、やっぱり暗いステージで歌うほうが雰囲気出るなあ。前回の女祭りでは間奏のダンスでダメ出しした曲だが、今日はもう一片の不満もなく、凝視プレイしていた(笑) とても好きです(^-^)
 そして3曲目は「Be the one」だったが、目のやり場に困ります・・・(苦笑) 褒め言葉として言わせて貰うが、エロすぎ(笑) あ、単にエロいだけじゃなくて、表現力も伴っているから、ますますエロく感じるわけで。
 うーむ、感想が、エロに始まってエロで終わってしまった(^-^;

 ソロコーナーのトリを務めたのは、ワンピースに裸足姿の智妃ちゃんによる「もらい泣き」。個人的には「涙そうそう」よりこっちの方が好きかな。
 智妃ちゃんの歌声には「力」があるんだよなあ。それが、聴いてて凄い気持ちがいい。さすがa-motion決勝進出者。

 というわけで、司会の3人登場。広司とあきら…かに大ちゃんの2人が早足だったのには理由があり、もうすぐ出番だというのに広司君が来ないので、岩ちゃんが「これが最後の曲だって知ってるから、もうすぐ来るでしょ」と楽観視する中、「あいつ、バカだから」と大ちゃんが呼びに行ったら、結局2人ともギリギリまで戻ってこなかったらしい(^-^; 「言ってもオレら、バカだから(笑)」と開き直る大ちゃん(笑)
 色紙争奪じゃんけんは大ちゃんが担当し、勝者の方は彩乃ママの色紙を引いていた。やっぱり嬉しそうではなかった(笑)
 さて、第3部はテーマが「さよなら」ということで、メルマガでも予告していた解散する2組のユニットのステージなのだが、実はもう一組解散するユニットがあるとの緊急発表。それは・・・広司とあきら…かに大ちゃん!(笑) 7月23日の南幌イベントで解散らしい。「今までありがとう!」と、寝耳に水状態の2人と握手する岩ちゃん。「ホントに!?」「マジで言ってんの!?」との言葉にも、「もうキミたちの力量はわかった」とにべもなく。てゆーか、見切りつけるのはやっ(笑) 「ウケたのは、初めのクールビズだけだった(笑)」。

□第3部「さよなら」
 解散決定ユニットとして最初に登場したのはStepの3人。まあ、Stepは事前に自分たちのHPで発表してたので、想定の範囲内。
 Tシャツと迷彩ズボンというStepらしい衣装で歌うは「Where to begin」だったが、結構涙声。てゆーか、「今までありがとうございました。これがStepで歌う最後の曲になります」との挨拶で始まった2曲目の「My will」は、涙なみだでほとんど歌えていなかった。
 ありがとうStep。あまり絡むことはなかったけど、嫌いではなかったよ。この日の交流会でも思ったけど、特に勇崎さんは面白すぎたよ・・・(笑)

 そして、もう一組の解散決定ユニットは・・・まあ、消去法でいくとセッ娘しか残ってねえもんなあ。今のタイミングでPinkの解散はないだろうし、最初メルマガでは「メンバーの卒業」と言われていたのでMonKeroでもないだろうし(*4)、他にわざわざ解散を告知するほどのユニットはいないし・・・(苦笑)
 というわけで、上下黒スーツにハットをかぶり、カッコ良くキメたセッ娘が登場。1曲目の「LOVE SCREW」を歌い終え、「ありがとうございました!」の後のステージと客席の微妙な沈黙。そんな中、「皆さん、こんちわー!」と口火を切ったのは咲良ちゃん。夏希ちゃんが「盛り上がっていますか!?」と続くと、やっぱり沈黙でしかそれに応えられない客席。美弥ちゃんが「盛り上がっています!」と盛り上げようとし、咲良ちゃんは潔く「次の曲に行きます!」って、早っ!(笑) まあ、この微妙な雰囲気では、それが正解か。「盛り上がっていこうね!」という夏希ちゃんの言葉が、空虚に響く・・・。
 2曲目は新曲の「Shake It Up」。ここで冒頭に書いた「最近、衣装のことしか書いてないですね」発言に対する言い訳をさせてもらうと(笑)、だってさー、毎回同じ曲を歌ってたら書くことないしー、MCも大したこと喋ってなきゃ書くことないしー、そーゆーことだったのですよ。というわけで、3月21日のレジャスポイベでの「LOVE SCREW」以来の新曲について語ってほしいようなので、語る。
 てゆーか、交流会のときにその話をしてて、「今日はセッ娘の新曲ありましたよ」と言われたので「がんばったね」と言ったら、「それだけ!?」と怒られたし(笑) しかも、「涙でよく見えなかったんだよ」と言ったら、「嘘だ! 泣いてなんかいなかったし!」とまで言われたし(笑) セッ娘ファンのおいらに対してむごい仕打ちです・・・。おいらが不憫でなりません・・・(笑)
 なんていう冗談じゃない本気はさておき。新曲についてというかここ最近は、咲良ちゃんが一人前のボーカルとして育ってきて、今までは容子姉の1トップという感じだったけど2トップ体制という感じになり、歌の表現に幅が出てきているなあ、と思っていた。あと、やっぱり美弥ちゃんはダンスが上手いというか見映えがするダンスを魅せてくれるし、夏希ちゃんもダンスでだけは(笑)色っぽさを見せるようになってきていたし。容子姉は・・・要として必要な人です(笑)
 というわけで、2曲目の「Shake It Up」を歌い終えるとMC。容子姉の口から解散が発表されるが、やはり客席は沈黙のまま。夏希ちゃんが「えーーーーー」と言ってみるものの、この状況ではすべってるぞ(^-^; その後も「セッ娘はいつも元気ですよ!」とかどうにか盛り上げようとしていたが、ここでも見事に仕切ってみせたのは咲良ちゃん。「とりあえず、初めて見る方がいるかもしれないので、自己紹介したいと思います」と進行。
 まずは容子姉が「今日は最後までセッ娘と一緒に盛り上がってください」。夏希ちゃんは「約2年間スベリーダーを務めさせていただきました。皆さんのおかげでここまでこれたと思っています。ありがとうございました」。美弥ちゃんは「私は一番最後にセッ娘のメンバーに含んだんですけど・・・含まれたんですけど(笑)、約1年間各地でイベントできたのは皆さんのおかげだから、すごいありがとうございました」と後半は泣き出して客席に励まされながら。最後は咲良ちゃん。「咲良です。淋し・・・くないです(笑) セッ娘は解散しちゃうけど、それぞれみんな今まで以上にがんばっていくので、応援よろしくお願いします」。そして、全員で「お願いします」と一礼。
 その後は、容子姉と夏希ちゃんがお互いに言葉を補いつつ、セッ娘結成からの思い出をしみじみと語る。最初は「とても見せられないストリートライブ」だったが、「メンバーチェンジを経て・・・成長してこれたのかな?」と誰にともなく質問してみると、ここでも咲良ちゃんが「成長した(笑)」ときっぱり(笑) 「本人が言ってるんだから間違いない(笑)」と夏希ちゃんは苦笑気味(笑)
 最後は「セッ娘は元気だけが取り柄だったので、最後まで楽しくいきたいと思います」とまとめ、締めに歌うは「私たち4人になっての思い出深い曲」との「ヒマワリ」。「春夏秋冬」のフォローは入らず。歌い終わると、「ありがとうございました!」と頭を下げて退場。

 入れ替わりで、司会の3人登場。セッ娘が解散することについては、広司君も大ちゃんも初耳だったらしい。「お客さんもびっくりしすぎて、広司の狸小路ハッピにも笑いも起きず」との岩ちゃんの言葉通り、何故か広司君が狸小路のハッピを着てたりしたのだが、これ以後触れられることもなかった(^-^;
 というわけで、しんみりしたところで色紙争奪じゃんけんは岩ちゃんが担当。てゆーか、色紙がこっそり1枚増えて3枚になっていたのだが、何が増えたのかは明らかにされず(^-^; じゃんけん勝者はシンドウさんの色紙を引き当てていたが、岩ちゃんに「明らかに喜んでない! 当たったのに悔しそう(笑)」と言われていた(笑) なお、色紙を引くときに岩ちゃんが「ミリオ〜ンスロット!」と盛り上げていたが、古すぎて客席にはあまり理解されていなかった(苦笑) ちなみに「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」ネタです。
 さて、色紙プレゼントも終わってお役ごめんかと思いきや、着替えのため時間を稼いでほしいと言われているらしい。そこで岩ちゃんが持ち出してきたものは、針金のハンガー。「これをくぐります!」って、ぅゎ、ホントに頭からくぐっちゃったよ! それには客席からも大きな拍手。そしたら大ちゃんが「次は足からくぐります!」と無茶振り(笑) 芸人として引き下がれなかったのか、果敢に挑戦した岩ちゃんではあったが、肩が通らずにギブアップ。しかし、続いて挑戦してみた広司君は、頭からも足からも難なく成功(笑) 「お前、男のくせに細すぎ!」と岩ちゃんがクレームを上げていた(笑) なお、大ちゃんも挑戦していたが、首がこそばゆいという理由でギブ(笑)(*5)

□第4部「締め」
 第4部は、百花ちゃんと彩乃ちゃんの若い2人による「気分上々↑↑」で幕開け。可愛らしく元気に歌う姿が、曲調にあいまってとってもいい感じ(^-^) 衣装は、百花ちゃんのファンタオレンジっぽい(*6)ノースリーブが可愛い。彩乃ちゃんは「米」って感じだった(笑)

 続いてティースの3人が、定番の「Lies」で登場。衣装は上が黒で下が迷彩。
 歌い終わると、「イェーイ!」と各々ひとしきり盛り上げてから、自己紹介へ。何故かみんな、「ティース・・・(フルネーム)です」というフォーマットで挨拶していたが、美弥ちゃんは「ティース・・・う〜んと・・・」とちょっと間を置いてしまったため、智妃ちゃんに「どうしちゃったの? 名前忘れちゃったの?」と心配された挙句、「このコ、中川美弥って言います」と紹介までされていた(笑) そのくせ、「クールにいこうよ」とか言い出した美弥ちゃんだが、一番面白いのはあなたですから〜!(笑)
 そして、好きな曲だと言う新曲の「Startin'」を初披露。MCは面白いが、ダンスはカッコいい(笑)

 Pinkは定番「恋人は心の応援団」から。綾加ちゃんのいない5人バージョンだが、未だに6人揃ったところを見たことがありません・・・(苦笑) 衣装は黒と白のツートーンで揃えていたが、何故か里紗ちゃんだけは赤と白のツートーンだった・・・(^-^;
 「Pinkで〜す」と挨拶して自己紹介。「Pinkのあお、19歳になってしまいました」の「あお」が小声というか早口というかよく聞き取れなかったので、「名前は?」と客席からツッコミが入っていたのはご愛嬌。また、名前と年齢だけではなく、それぞれ一言付け加えていたのはいい感じ。最後のちょびも「若いコには負けないようにがんばります」としっかり落としてるし(笑) しかも、大ウケの客席に向かって、「笑いすぎですよ」とツッコミまで(笑)
 2曲目も定番の「色っぽい女〜SEXY BABY〜」を歌い、MCでは7/20にビクターからオムニバスCDでメジャーデビューするとの発表。おめでとう!(^-^) 収録曲は新曲「愛のちから」だが、7/17のPink LIVEでお披露目するとのことで、今日はお預け。というわけで、最後はオリジナル曲「happiness」を歌って退場。

 怜香ちゃんの衣装は、一見ワンピかと思ったら、実は違うっぽかった。白と水色でレースっぽいのが可愛らしい。1曲目の「魂のルフラン」を歌い終え、その圧倒的な歌唱力の前に客席がしーんと静まり返ったまでは良かったのだが、そこで某客のしみじみとした「しびれたわ〜」が響き渡って会場大ウケ(笑) しかし、それにも負けずに、2曲目の「僕たちの行方」を歌いきった怜香ちゃん。
 MCでは、自己紹介に続いて「今日は初めての女祭りでしたが、どうでしたか?」と客席に問いかけていたが、まだ終わってないぞ(^-^; 「可愛い!」という声に、「とても緊張していて、声も震えたりしてます」とあまり噛み合ってない返答をしていたが、言葉通り緊張してたんだろうなあ。歌ってるときは、あまりそう見えないけど(笑)
 というわけで、3曲目は「飛び方を忘れた小さな鳥」。歌い終えると、今度は某客2号が「やっぱ怜香だな!」と叫んでいた。最近はそーゆープレイが流行っているんですか?(笑)

 トリを務めるのはMonKeroの2人。衣装は説明しづらいんだが(苦笑)、そういえば前にどこかで着てたような気も。ストライプのノースリーブ(*7)と短パンの上に、膝上くらいまでの白い上着を着た衣装。
 1曲目はオリジナルの「アイタイ」を先日の舞台バージョンで。けろっぴの「舞台のことを思い出しちゃって、お辞儀するの忘れてた(笑)」というオチ付き(笑) その後は、「ねえ、麻美さん」とか「ねえ、宮本香織さん」とか、舞台の役名で呼び合ったりしていたが、「1万円とか言わないから、やめてくれない」と、照れたけろっぴが舞台ネタで落としていた(笑) そして、智妃ちゃんが「私たちは演技もがんばっていくので、ぜひ次回見に来てください」とまとめ。
 で、それで終わりかと思いきや、まだ終わらない。がんばるなあ、MonKero(笑)
 お次はけろっぴが、さくらんぼ(*8)の枝を口の中で結ぶという特技を披露するらしい(*9)。枝から取り外した実の方は、手を伸ばしたらくれたので、そのままもぐもぐ(笑) そして、枝を口の中に入れて、いざ開始。「喋ってつないでてね」と言われた智妃ちゃんは、何故か笑点の主題歌を口ずさんでいたが、恥ずかしくなったのか途中から「がんばれー」との応援に切り替えていた。その効果があってか、無事に成功! きれいに結ばれた枝を口から出して一通り客席に見せびらかした後、「これ、どうしようか(^-^;」と処分に困っていたので手を伸ばしてみたが、さすがにそっちはくれなかった(笑) 岩ちゃんが回収。
 そんなこんなで、智妃ちゃんが「次の曲で最後なんです」と発表すると、客席からは「え〜〜〜」の声。そこで何を血迷ったかけろっぴがタモリ拍手に挑戦してみるが、もちろん誰もやらず・・・というか、やれず(^-^; 「誰もやってくれない」と嘆いていたが、そもそも拍手が起きてないんだから、やりようがないぞ(苦笑)
 そして、「盛り上がる準備はいいですか?」「いいですか?って言ったら、イェーイ!って言ってくださいね」ということで、智妃ちゃんが「いいですか!?」と聞いてみても、客席の反応は小声。続いてけろっぴが「まだまだ足りない。いいですか!?」と聞いてみたら、客席しーん(笑) 「おっとっと。びっくりしたよ、もう!(笑)」とずっこけるけろっぴ(笑) しかし、二度あることは三度ある・・・じゃなくて、三度目の正直、2人での「いいですかー!?」に客席も「イェーイ!」と応え、最後の曲はオリジナルの「唄」。前奏で某客3号が「えむおー、えぬけー、いーあーるおー」とコールを入れていたが、それがよっぽど嬉しかったらしく、けろっぴが歌の最中にも関わらず握手を求めていた(笑)
 後半は出演者全員がステージ上に勢揃いして大団円・・・で終わってしまうわけもなく、大人数の退場を待ってから(笑)、アンコール。
 アンコール1曲目は、旧MoKePiの6人による「アニメタル・レディー参上!」。定番だが、盛り上がる曲は盛り上がる(笑)
 そして大トリは、もうじき解散となるセッ娘が「今まで応援ありがとうございました!」と登場し、オリジナル曲「Tte! Oi!」で締め。衣装はセッ娘Tシャツに動物の耳、そして何故かみんなバナナを食べていた(^-^;(*10) 最後はやはり全員集合して大盛り上がり。「皆さん、ありがとうございました!」で終了。

 その後は岩ちゃんが出てきて、出演者は一旦退場。10分ほどのアンケート記入タイムの後、広司とあきら…かに大ちゃんによる「カナシミ ブルー」のサービスライブ。次回イベントで解散です(笑)
 そして、交流会15分、FC会員限定交流会15分で終了。おつかれさまでした!
 というわけで、今回のMVPは咲く良いちゃんにあげたいねえ。MCを仕切ろうとしてるのは良いことなのだが、何故かそれが面白い(笑) あと、私への手紙を変なところから取り出すし(笑)

*1: 多数を締めそうなファンクラブ女性会員は無料入場。
*2: 大ちゃんは普通の眼鏡だったが。
*3: 古っ!
*4: 2人組で1人卒業したら、それは解散だ(笑)
*5: その直後に再挑戦して、頭からは成功。
*6: FunKa?
*7: モンさんが赤で、ケロさんが緑。
*8: 唯ママからの差し入れ。
*9: それが得意な人はキスが上手いっていうねえ(笑)
*10: 後で夏希ちゃんにちょうだいと言ったらくれた(笑)
CENTRAL SPORTS PRESENTS R×G×B Fantastic Live vol.3【概略】

日時:2006/07/07(金) 19:00
場所:ペニーレーン24(札幌)

出演:菊池あゆみ/川上絵理香/川上莉弥/三浦透子/梅澤詩音/松原萌李/山上綾加/工藤希/豊島摩耶/中野亜美/小原優香/川上朱莉杏/川上優理香/筒渕美羽/松浦彩花/加賀谷幸杜/MA-NA/石田一輝/KEISUKE&JUNKI/他
ゲスト:Candy[小澤ちひろ]/SO-ICHI/KO-HEY

CENTRAL SPORTS PRESENTS R×G×B Fantastic Live vol.3【曲目】

□オープニングアクト
01.星になれたら(Mr.Children)/KEISUKE&JUNKI
02.生きとし生ける物へ(森山直太朗)/KEISUKE&JUNKI
--.Tha F.Q's Style(Foxxi misQ)/PV上映

□第1部
01.(ダンス)/オールダンサー
02.Girl Friend(?)/石田一輝
03.I Believe(?)/石田一輝
04.(ダンス)/菊池あゆみ・川上絵理香・川上莉弥・三浦透子・梅澤詩音・松原萌李・山上綾加・工藤希
05.Faith(伊藤由奈)/豊島摩耶
06.Caught up(加藤ミリヤ)/菊池あゆみ+中野亜美・小原優香
07.年下の男の子(キャンディーズ)/川上絵理香・川上優理香
08.LOVE IS BUBBLE(BONNIE PINK)/三上笑+中野亜美・豊島摩耶・川上莉弥・小原優香
09.ダンシング・シスター(ノーランズ)/川上朱莉杏+川上絵理香・川上優理香・菊池あゆみ・山上綾加
--.トーク/川上朱莉杏・司会

□Guest Live
01.(ダンス)/SO-ICHI・KO-HEY
02.Bye&Thanks(オリジナル)/Candy
03.I'm Star(オリジナル)/Candy
04.no reason(オリジナル)/Candy&SO-ICHI・KO-HEY
アンコール
05.Promise(オリジナル)/Candy&SO-ICHI・KO-HEY

□第2部
01.(ダンス)/菊池あゆみ・中野亜美・川上莉弥・川上優理香・小原優香・豊島摩耶
02.Like a Virgin(Madonna)/三浦透子・梅澤詩音・筒渕美羽
--.トーク/三浦透子・梅澤詩音・加賀谷幸杜・司会
03.恋のバカンス(ザ・ピーナッツ)/山上綾加・工藤希
04.(ダンス)/中野亜美・豊島摩耶・川上絵理香・川上優理香・松浦彩花・小原優香・筒渕美羽
05.Secret Love(オリジナル)/MA-NA
06.あなたへ(オリジナル)/MA-NA
--.トーク/MA-NA・司会
07.(ダンス)/オールダンサー
--.フィナーレ メンバー紹介/全員

※当日配布されたパンフより。

BACKEN RECORD vol.15【概略】

日時:2006/07/08(土) 15:30
場所:プラニスホール(札幌)

出演:FAME生多数

BACKEN RECORD vol.15【曲目】

□1st ACT / SUPER SPECIAL SELECTION
01.DANCE/B.B project
02.ZETTAI/TearDROPS
03.ナビが壊れた王子様〜LOVE CHANCE〜/TearDROPS
04.ラズベリーパイ/TearDROPS jr
05.Oh My Darin'/TearDROPS jr
06.エターナルポーズ/japs

□2nd ACT / SPECIAL SELECTION
01.PARANOIA/ハセプロ
02.オープンアームズ/村上竜太
03.Embrace(オリジナル)/村上竜太
04.reality/エンジェルドリーム
05.and I love you/吉川昌孝
06.夏空の恋の詩/吉川昌孝
07.Shining Star/田中量子
08.CLUB ZIPANG/杏vsカマイタチ
09.LOVEN' YOU/大友姫寺
10.First Love/かぎや姫
11.Rain/小島ありか(函館校)
12.Story/東谷悠子(函館校)
13.蝉時雨/朔(仙台校)
14.Someday/半沢明日香(仙台校)
15.feel/佐藤麻美(仙台校)
16.ジェニーはご機嫌ななめ/前田侑里(関西校)
17.Non Stop/山田祐子(関西校)
18.BATTLE FUNKASTIC/Beat(郡山校)
19.try your emotion/ZERO(仙台校)
20.EVER LASTING/真里奈(金沢校)
21.くちびるセクシー/夏美(金沢校)
22.砂を噛むように…NAMIDA/高橋綾子
23.FOREVER/野口桂香
24.SONG FOR YOU/石森あんな
25.涙のハリケーン/エミリナ
26.WOMAN/其田百夏
27.Jaguar Line/柳田有美
28.Believe/柳田有美
29.エル・ミラドール〜展望台の唄〜/F☆Tドラゴン
30.is this LOVE?/百刈杏
31.誓い/SaYaKa
32.White Light/AN2
33.I believe/rika
34.Love is.../Zip
35.Love you anymore/ZERO(仙台校)
36.Pearl Moon/半沢明日香(仙台校)
37.WANT ME, WANT ME/AIR
38.DO THE MOTION/AIR
39.I Will Always Love You/川村リサ
40.青空のナミダ/和田由希子
41.WINTER〜寒い季節の物語〜/菅原愛莉
42.My Friend/其田百夏
43.風をうけて/杉浦加奈
44.月のない夜 道のない場所/多賀晶子
45.気がつけばあなた/百刈杏
46.瞳をとじて/川村リサ
47.ピュアーズ/下館夏希
48.Love is.../香南と武寛(郡山校)
49.Birthday Eve/NatuRal
50.プラネタリウム/りんごとアッキ
51.time will tel/SaYaKa
52.LOVIN' YOU/野口桂香
53.FRIEND SHIP/W32A
54.キィハントー/劇団ひめわり
55.Hard To Say I'm Sorry/竜太と有美
56.SAKURAドロップス/SDP-PRO

※当日配布されたパンフより。明らかな間違いもあるが面倒なのでそのまま転記。

BACKEN RECORD vol.15【概略】

日時:2006/07/08(土) 15:30
場所:プラニスホール(札幌)

出演:FAME生多数

BACKEN RECORD vol.15【曲目】

□1st ACT / NEXT SELECTION 1
01.NIGHT OF FIRE/T2-SKY
02.Keep on Going/菅マリン
03.恋のダウンロード/菅マリン
04.Stars to shine again/ゆめこい
05.チャペルの小径/ドールズ
06.魔女っこメグ/シュークリーム
07.BE HAPPY/村上舞生
08.男の勲章/辻涼太
09.Get a Chance!/ラブ&ピーチ
10.飛び方を忘れた小さな鳥/杉森ちふみ
11.かざぐるま/寺林モカ
12.渚のハイカラ人魚/LUNA
13.好きすぎてバカみたい/ピクシーズ
14.恋する気持ち/MARIA
15.WIND/ストロベリーパフェ
16.For the future/森ゆりあ
17.ココロのちず/そら&ゆうき
18.SUNRISE/すもも
19.君の瞳に恋してる/中谷桃花
20.スター/及川あやの
21.イキナリズム!/まりっはやっ
22.超特急/柴田輝大
23.パーマパビリオン/いちごパフェ
24.ロボキッス/RINO★MAI
25.青春アミーゴ/モカアヤ探検隊
26.チュッ!夏パ〜ティ/チェリベリ
27.国民的行事/りゅう★りょう
28.Eventful/ゆりまり
29.プラネタリウム/清水愛咲
30.キューティーハニー/ドールズ
31.ミエナイツバサ/菅エミリ
32.RUSH!/RISEMA
33.I'm in the mood for dancing/ジュエリーボックス
34.大スキ!/橋本真里
35.Twinkle/唐原理菜
36.mo' one パンチ/ファンキーファンタ
37.波風サテライト/ちっぷ&じょん
38.ラムのラブソング/伊藤かれん
39.桜の花びらたち/スマイルフラワーハニー
40.Fortune/MARIA
41.サンキュー!!/フェニックス
42.裸足の季節/湯浅空
43.ロックン・オムレツ/池田梨乃
44.ラブリー・アドベンチャー/ポンポン

□SPECIAL ACT / SUPER MODEL PROJECT
--.SMP撮影会/久慈沙也伽・杉浦加奈・夏野瑶未・森麻由子・新藤紗耶華・徳田公華・西村笑花・門間茜・菅笑梨・長澤桃子・松田みなみ・八木アリサ

□2nd ACT / NEXT SELECTION 2
01.今すぐ欲しい/SDP-BASIC
02.帰ってこいよ/風香&大樹
03.石狩川流れ節/風香&大樹
04.Eventful/藍×ZERO(仙台校)
05.ひまわり/二本柳和哉(函館校)
06.かたちあるもの/滝口由美子(函館校)
07.ねがいごと/宮川恵里(旭川校)
08.I LOVE YOU/山田秀美(旭川校)
09.スター/小見山瑞生(仙台校)
10.波動/内ヶ崎藍(仙台校)
11.I believe/佐藤美香(旭川校)
12.ホウキ雲/PINKY(旭川校)
13.乙女のポリシー/たまみん
14.DANZEN!ふたりはプリキュア/Twinkle Heart
15.Shake it Up/NIS☆
16.Simple As That/シーサー
17.影/和田由希子
18.カウントダウン/佐藤静香
19.フレンジャー/西村笑花
20.Your Color/下館夏希
21.心ひとつ/rika
22.D.D.D/美☆食
23.風歌/田代典弥
24.Only Human/小林顕騎
25.ピリオド/影谷彩美
26.キミノヒトミニコイシテル/ストロベリージャム
27.hands/加野島彩華
28.CAT'S EYE/佐藤雪菜
29.色恋粉雪/菅原愛莉
30.TORA TORA TORA/あん♥いちご♥さや
31.ダンシング/Ka2
32.Friday Party/スパルタリズム
33.絆/誠人
34.ガラガラゲッチュ/3peace
35.My faith/真鍋瑠菜(旭川校)
36.No Regret/COLORFUL
37.夢のチカラ/新藤さやか
38.HUG〜抱きしめてください〜/Zip feat.F☆Tドラゴン
39.My Immortal/下館夏希
40.To Be Free/西田友美
41.WIND/竹村ゆりな
42.オリビアを聴きながら/佐藤静香
43.I'M REALLY HOT/SDP

※当日配布されたパンフより。明らかな間違いもあるが面倒なのでそのまま転記。

SAPPORO FIGHT LIVE Vol.1【概略】

日時:2006/07/15(土) 13:00
場所:nORBESA 3Fイベントスペース(札幌)

出演:TearDROPS[徳田公華/久慈沙也伽/菅笑梨/八木アリサ]/TearDROPS jr[伊藤楓恋/中谷桃花]/japs[粟沢太一/堂谷匠/森田優基/中西マリン翔]

SAPPORO FIGHT LIVE Vol.1【曲目】

01.ZETTAI(PARADISE GO!! GO!!)/TearDROPS
02.みず(ひいらぎ)/徳田公華
03.ナナナビゲーション(星井七瀬)/久慈沙也伽
04.ピエロ(上木彩矢)/八木アリサ
05.恋のつぼみ(倖田來未)/菅笑梨
06.ナビが壊れた王子様〜LOVE CHANCE〜(松浦亜弥)/TearDROPS

07.ラズベリーパイ(中ノ森BAND)/TearDROPS jr
08.ラムのラブソング(松谷祐子)/伊藤楓恋
09.君の瞳に恋してる(?)/中谷桃花
10.Oh My Darlin'(中ノ森BAND)/TearDROPS jr

11.運命のヒト(EXILE)/粟沢太一
12.(スキマスイッチ)/森田優基
--.挨拶/堂谷匠
13.I will get a dream(WaT)/中西マリン翔
14.エターナルポーズ(エイジアエンジニア)/japs

Marin.握手会&サイン会【概略】

日時:2006/07/15(土) 15:30
場所:札幌セルビデオ販売(札幌)

出演:Marin.

Marin.握手会&サイン会【記録】

 サイン→握手→質問コーナー→着替え(以後DVD購入者のみ)→2shotポラ撮影→3人ずつ90秒撮影会→プレゼント抽選会→質問コーナー。

洞爺湖温泉夏まつり[概略]

日時:2006/07/16(日) 13:00
場所:洞爺湖温泉駅前桟橋前野外特設会場(洞爺湖)

出演:Let's[中田智聡/中谷沙織]/EVO.[福井絵梨奈/谷川亜維]

洞爺湖温泉夏まつり[曲目]

01.キューティーハニー(倖田來未)/Let's+EVO.
02.ペッパー警部(ピンク・レディー)/EVO.
03.S・O・S(ピンク・レディー)/EVO.
04.Only You〜切なすぎるこの関係〜(*1)(オリジナル)/EVO.
05.渚のシンドバッド(ピンク・レディー)/Let's+EVO.
06.恋のバカンス(ザ・ピーナッツ)/Let's
07.恋のフーガ(ザ・ピーナッツ)/Let's
08.a step(オリジナル)/Let's+EVO.
09.Peace(オリジナル)/Let's+EVO.
アンコール
10.Message(オリジナル)/Let's

*1: 表記不明。
SCHOOL AP2プレゼンツ Pink&イエローグラス無期限活動休止記念ライブ【概略】

日時:2006/07/17(月) 12:00
場所:Bridge(札幌)

出演:村田唯/Pink[田中知世/堀あおい/子出藤理恵/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/平野広司]/イエローグラス[岩野祐二/水野宏]

SCHOOL AP2プレゼンツ Pink&イエローグラス無期限活動休止記念ライブ【曲目】

□第一部「イエローグラス無期限活動休止記念ライブ」

01.クラッカー口内爆発→特大クラッカー口内爆発/岩野祐二
02.口からシャボン玉/水野宏
03.鼻から牛乳→鼻からカフェオレ/水野宏
04.ゴムに耐える男/岩野祐二
05.扇風機を指1本で止める男/岩野祐二
06.ドライアイス食べ/水野宏
07.何でも飲める男(醤油→タバスコ→マイペット)/岩野祐二
08.人間ポンプ(金魚呑み)/岩野祐二
09.テポドン発射/岩野祐二
10.打ち上げ花火大爆発/岩野祐二
11.ザ・ワックスマン/水野宏(片手)・岩野祐二(顔)

12.いつか(ゆず)/イエローグラス

□第二部「村田唯Pink卒業&新メンバーお披露目ライブ」
01.アニメタル・レディー参上!(アニメタル・レディー)/旧MoKePi[笠井琴美/畠山智妃/田中知世/堀あおい/村田唯/松井紗彩]

02.キューティーハニー(倖田來未)/元々Pink[田中知世/堀あおい/村田唯/松井紗彩]
03.farewell(島谷ひとみ)/元々Pink[田中知世/堀あおい/村田唯/松井紗彩]

04.Fly away(オリジナル)/BLuck
05.スマイル(オリジナル)/BLuck

06.恋人は心の応援団(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/元Pink[村田唯/松井紗彩/子出藤理恵/伊藤里紗]
07.恋をしちゃいました!(タンポポ)/元Pink[村田唯/松井紗彩/子出藤理恵/伊藤里紗]
08.happiness(オリジナル)/元Pink[村田唯/松井紗彩/子出藤理恵/伊藤里紗]

09.I don't look back'06(オリジナル)/BLuck
10.Everlasting Love(オリジナル)/BLuck
11.You Kissed(オリジナル)/BLuck

12.(柴咲コウ)/村田唯
13.Be the one(BoA)/村田唯
14.Shine We Are!(BoA)/村田唯

15.happiness(オリジナル)/Pink
16.MajiでKoiする5秒前(広末涼子)/Pink
17.愛のちから(オリジナル)/Pink

18.未来へ(Kiroro)/村田唯

SCHOOL AP2プレゼンツ Pink&イエローグラス無期限活動休止記念ライブ【記録】

 イベント名が、チケットには「SCHOOL AP2プレゼンツ Pink&イエローグラス無期限活動休止記念ライブ」と書いてあるのだが、これってPinkも活動休止するみたいだぞ(^-^; でもって、bluck.jpは「イエローグラス活動休止ライブ 新Pink&唯ちゃんPinkお疲れ様ライブ」だし、mokepi.jpは「村田唯Pink卒業&新メンバーお披露目ライブ」だし、どれが正しいねん(^-^;

 開場は若干遅れた。しかも、女性スタッフの進藤さんが慣れてないもんだから、ばたばた(^-^; 岩ちゃんが出て来ないなー、と思っていたら、そういえば今日は出演者だったっけか(笑) 
 受付には、実希子ちゃんのほか、怜香ちゃんや穂波ちゃんがいた。

□第一部「イエローグラス無期限活動休止記念ライブ」
 さて、まずはイエグラの方からだが、簡単に(笑) ぃゃ、あれは私の文章力では面白さは伝えられないのです。ぜひ現場で見てください! って、これで活動休止なんだけど(笑)
 全体の感想としては、新鮮味のないネタ(*1)と、新鮮な反応を示す客のコントラストが面白かった(笑) そうか、最近のBLuckファンは、イエグラのネタを見たことがないのか。以前は男祭りとか女祭りでちょこちょこやってたんだけどねえ。

 というわけで、開演も順調に遅れて、12時10分頃開演。・・・の前に、岩ちゃんによる場内放送。危険なので自己責任で見てください、とか言ってた(笑) あと、「楽しい楽しくない以前に、ドン引きされるライブです」とも言ってたが、まさか本当にその言葉通りになろうとは、このときの私は知る由もなかった・・・(笑)
 そして、客席に流れるは、イエグラのテーマ曲らしいショッカー替え歌。その曲に乗って、ステージ上に2人が登場。衣装は青のツナギで、上半身ははだけてTシャツ姿。ピコピコハンマーを持った岩ちゃんは、客の頭をピコピコ叩いて回っていた。てゆーか、客席に降りてしばらく戻ってこなかったし(笑) 一方、ステージに残っていたピロシは、客席から「結婚おめでとう!」とか言われていた。
 岩ちゃんがステージに戻ってきて、ようやく自己紹介。内容は前説ちっくだったらしい。メモにはそう書いてある・・・(笑) ああ、「ヤー!」の練習とかしてたからかな?

  • ネタその1「クラッカー口内爆発」/岩ちゃん
     まずは普通のクラッカーを口にくわえて、自らパーン!と。
     続いて、直径10cmくらい(?)の特大クラッカーを持ってきて、ピロシが岩ちゃんの口内に向け・・・発射! なお今回は予算が足りなかったらしく、見本の一発は無かった(笑)
  • ネタその2「口からシャボン玉」/ピロシ
     まずは普通にシャボン玉。大の大人がシャボン玉吹いてても、あまり美しくはないなあ(笑)
     続いて、シャボン液を口に含んで、口でシャボン玉。ますます美しくない(笑)
  • ネタその3「鼻から牛乳」/ピロシ
     牛乳飲んで鼻から出す(笑)
     続いて、牛乳とコーヒーを飲んで、口の中でシェイクして、鼻から出てきたら、はいカフェオレ(笑) でも、今回は牛乳が多すぎたかな。
  • ネタその4「ゴムに耐える男」/岩ちゃん
     腕に輪ゴムを巻いて、ピンッと・・・え? それだけ? かと思ったら、もちろんそんなわけはなく(笑)
     続いて、ドでかいゴムの端を口にくわえ、反対側をピロシが持ってステージの端まで引っ張る。見てるだけでちょっと痛い(^-^; で、ゴムが伸びきったところで、バシーーーーーン!!! その衝撃に、もんどりうって尻餅つく岩ちゃん。とりあえず、歯は欠けなかったもよう(^-^;
  • ネタその5「扇風機を指1本で止める男」/岩ちゃん
     まずは、割り箸を回ってる羽根に突っ込んで、勢いよく折れる様をアピール。そして、いざ指1本で止める・・・どきどき・・・スイッチぽちっとな。・・・っておい!!!(笑) ぃゃまあ、もちろんそれはほんの冗談なんですけども(笑)
     続いて、実際に指を突っ込んで回ってる羽根を止めたわけだが、傍から見てるとそんなに難しくなさそうに見えるんだよなあ(^-^; 実際はとても難しかったりするのなら、演出の仕方が悪いのだろう(笑)
  • ネタその6「ドライアイス食べ」/ピロシ
     ぃゃもうこれは、その名の通り、ドライアイスを食べただけ。って、気楽に言ってるけど、絶対に真似はしたくない(笑)
  • ネタその7「何でも飲める男」/岩ちゃん
     まずは醤油瓶(500mlくらい?)の中の醤油を半分ほど。うへえ(^-^; でも、昔は中身全部飲んでたような気もするけどなあ(笑)
     続いて、タバスコ一瓶。うへえ(^-^; で、その辛さをなだめるために醤油再投入(^-^;
     そして、醤油とタバスコを飲んだ胃を綺麗にするということで、マイペットを飲んで胃洗浄。・・・絶句(^-^;
  • ネタその8「人間ポンプ」/岩ちゃん
     一旦金魚を呑み込んでそれをまたコップに戻すというお馴染みネタなのだが、金魚が大きすぎて呑み込めなかったようで、一回コップに戻していた(笑) その際、金魚のうんちの浮いたコップの水は飲み干してしまっていたので、醤油やタバスコの口直しのために用意していたのであろうミネラルウォーターを注いでいた(笑)
     そして、リベンジ。今度こそ金魚を呑み込んで・・・「ごちそうさまでした」(笑)
  • ネタその9「テポドン発射」/岩ちゃん
     まずは、ビデオ上映から。ロケット花火にテーピングして火花が噴き出さないようにし(^-^;、それをバケツに入れて蓋をして、爆発させるという内容。ちなみに場所はスクールのスタジオだった(笑)
     で、それと同じことをこのステージ上でやるらしい(^-^; 逃げる客と近寄る客のコントラストが面白い(笑) そして、ロケット花火に火をつけて、バケツに入れて蓋をして・・・あれ? 爆発しないな? と思ったら、実は火薬を抜いてあったらしい。ちぇっ、つまらん(笑)
     しかし、それだけでは終わらず、今度は岩ちゃんが手持ちロケット花火。以前口にくわえてやったら、歯が欠けたらしい(^-^;
  • ネタその10「打ち上げ花火大爆発」/岩ちゃん
     これは普通に、打ち上げ花火を客席に向けて(笑) 「ホントに危険です」ということで客をのかせていたが、それより先に音響さんが逃げていた(笑)
  • ネタその11「ザ・ワックスマン」/ピロシ&岩ちゃん
     まずはピロシが挑戦。鍋の中の融かしたロウ(つまりロウが融けるほど熱い)に右手を入れて、それを水の入った鍋に入れると、ロウが固まる〜(^-^;
     続いて、岩ちゃんが「締めは俺でしょ」とか「やっぱり両手でしょ」としゃしゃって、で、実際にロウ鍋の中に突っ込んだのは・・・顔! そして、それを水鍋に入れると・・・うぎゃあぁぁぁ(^-^;
     というわけで、岩ちゃん負傷につき、これにてイベント終了(笑) Pinkライブまで10分休憩ということで、ステージに上がって鍋の中のロウを触ってみたら、手を入れるのはまだガマンできるのだが、それを冷水に入れてロウが固まるのがめっちゃ気持ち悪い(^-^; これ、顔は相当キツいよ(^-^;

 というわけで、女の子客は本当にドン引きしていたが(笑)、見たことなかったネタも見れたし私的にはかなり楽しいイベントだった。これで活動休止なのが残念。
 なお、約10分後、Pinkの前座なのか、イエグラの2人が戻ってきて、ゆずの「いつか」をマジ熱唱していた(笑) 岩ちゃんは顔面に包帯を巻いていた・・・(笑)

□第二部「村田唯Pink卒業&新メンバーお披露目ライブ」
 のっけから、よーく聞き覚えのある前奏が・・・(笑) というわけで、旧MoKePiによる「アニメタル・レディー参上!」で開演。高まるわぁ〜(笑) 客席も盛り上がっていて、いい出だし。衣装は黒のセクシー系で統一していたが、MonKeroはちょっと珍しいかも?
 しかし、「旧MoKePi」「旧MoKePi」言っていたが、新MoKePiを見たことがないぞ(^-^; てゆーか、フルメンバーの新Pink自体、今日初めて見るのだが(^-^;
 歌い終わると、MonKeroの2人が「着替えておいで」とPinkを楽屋に送り出す。戻ってくるまではモケトークだったが、「MonKeroの出番はここで終わりです」発言に、客席一斉に「え〜!」。そこでけろっぴが「じゃあ、もうちょっといる?」と調子に乗ってみせるが、智妃ちゃんが「もうちょっといたいけど、今日は唯ちゃんとPinkが主役なので」と相方をたしなめる。そして、「私たちも皆さんと一緒に盛り上がるので、皆さんももっともっともっともっともっともっと盛り上がってください!」と客席を煽り、「それでは、ライブスタート!」と案内して退場。ぃゃ、ライブはもう始まってるけど(笑)

 で、流れた曲が「キューティハニー」。ちなみに、さっき歌った「アニメタル・レディー参上!」の最後の曲も「キューティハニー」(^-^; もちろん盛り上がるんだけど、盛り上がり方がちょっと自棄気味(苦笑) でも、この曲はやっぱ間奏のちょびのダンスがいいんだよなあ。
 ちなみに面子は、先ほど着替えに行ったはずの4人。全然着替えてなかったけど。MonKeroにダマされた〜(笑)
 MCでは、いつも通りにまず挨拶。「皆さん、こんにちわ〜。元々Pinkで〜す(笑)」。んー、どうせなら、元々々々Pinkが見てみたい(笑) てゆーか、この4人では久し振りのステージとか言っていたが、全然そんな感じがしないのは何故だろう(苦笑)
 次の曲紹介で「かなり昔に歌っていたので、知らない人がいるかもしれません」と言っていたので、「フォーリンラブ?」と突っ込んでみたらヤヤウケだった(苦笑) まあ、「カッコいいセクシー系」と言っていたので、違うのはわかってたんだけど(笑)
 で、何の曲だったかというと、4人でポーズを決めて曲待ちしていたら違う曲が掛かってしまって、あおちゃんがちょっと挙動不審だった(笑) というわけで、仕切り直して「farewell」だったのだが、ホントにすげー懐かしい(笑) 今さら思うと、この路線のPinkも悪くないなぁ。まあ、当時だったらセッ娘と路線がかぶるし、今だったら面子的に厳しいし(^-^;、元々Pinkならではか。
 歌い終わると、そのまま退場。

 そして、さっき間違って流れた曲が流れ始め(笑)、BLuck登場。出で立ちは、黒のインナーに白の袖なしジャケット、白ズボン。曲は新オリジナル曲の「Fly away」だったらしい。初披露した男祭りに行かなかったので初見だったのだが、疾走感があってカッコいい。でも、盛り上げどころには悩む(^-^;
 MCでは、「今日は唯ちゃんとPinkの応援に来ました」と挨拶するも、大ちゃんが「言っちゃえば、着替える時間を設けるために(笑)」と内幕を暴露(笑) みんなから「しーっ」て言われてたけど(笑)
 さて、「目の前に男性ファンがいるのは珍しいですね(笑)」と言われるのはいいとして、「出てきたときびっくりした(笑)」ってのは失礼じゃないかい?(^-^; と思ったら、「さすが、パワーが違うなと」、あー、そっちか(笑) 「僕らも負けないようにがんばりますので、僕らのときも盛り上がっていただければと思います」とまとめ、2曲目は「スマイル」。もちろん男性ファンも大盛り上がり。サビできちんとジャンプしてるし(笑)

 BLuckによる時間稼ぎも終わって(笑)、元Pinkの4人が登場。衣装は、雪まつりでの初登場時にも着てた元Pinkの代表衣装ともいえる、ネグリジェみたいなやつ(笑) 唯ちゃんと紗彩ちゃんが黄色、りったんと里紗ちゃんがピンク。
 1曲目の「恋人は心の応援団」と、傘を持って来ていたので何を歌うか丸わかりだった2曲目の「恋をしちゃいました!」を続けて披露。途中、唯ちゃんのマイクの音が出なくて、りったんがそのパートをフォローしていたのにはちょっと感心した。
 MCでは、まずは「先ほどの元々Pinkに続いて、今度は元Pinkです」と挨拶し、そして唯ちゃんが「今日は私たちのライブだと思っているので、よろしくお願いします」とさすがの発言(笑) なお、ステージ前方に置かれたままだった傘をいじっていたら、里紗ちゃんに怒られた(笑)
 というわけで、元Pinkの思い出話のコーナー。仕切る唯ちゃんが上手側に立っていたので、下手側のりったんからと指名したのだが、りったんはそれが予想外だったらしく、「理恵からですか!?」とか「こっちから来るとは思ってなかったのでびっくり」とかやたらと文句を言っていた(笑) それでもきちんと自分から話し始めるのはさすがだけど。
 「年が1つずつ違うということもあって、本当に姉妹みたいな感じでした」と語り始めるりったん。で、「唯ちんが・・・」と話を振り、振られた唯ちゃんが「長女」と至極真っ当に答えたら、「○歳って言うんだと思ったのに」とクレーム。強い!(笑) 最後は、「最初はどうなるかと思ったんですけど、今はこのPinkが大好きです」とまとめていたが、最初は一体どんな感じだったんだろうか・・・(笑) そして、「じゃあ紗彩、バトンチェンジだ」って、バトンタッチだろ?(笑)
 というわけで、バトンをチェンジされた(笑)紗彩ちゃんの思い出は、みんなで一生懸命練習したこと。続く里紗ちゃんも一緒だったので、よっぽど楽しい練習だったのだろう。
 トリの唯ちゃんは、「Pinkに入ったときは最年少だったんですけど、気づいたら最年長になっていました」と語り始める。「リーダーとして私が引っ張っていこうとがんばったんですけど、3人ともすごい協力してくれたので、とてもいいPinkになりました」。まあ、それもリーダーが信頼されていたからこそでは。で、その中でも一番の想い出は、朝早くにスクールに集まったらまだ空いてなくて、近くのスタバで4人で今後のこととかを語ったことらしい。「そういうのがあったから私たちは仲良くなれたと思うので、これからもずっと仲間だよね?」と同意を求めると、もちろん3人は笑顔で「ねっ!」と同意。そして、「それでは、思い出の曲の“happiness”を4人で歌いたいと思います」と唯ちゃんが曲紹介したら、3人が「ちょっと待った!」と唯ちゃんを制止(笑)
 「ここで3人から、唯ちんに一言ずつ・・・」と言い出したりったんだが、涙ぐんで言葉が続かない。そこで紗彩ちゃんが「じゃあ、私が代わりに言います」とフォローする辺りはさすが三女だが、「最近大人になった松井紗彩です」とまで言われてしまっては、「やっぱり私が言う」とりったんが前へ出て次女らしさを見せる。内容的には、「今までリーダーとして、一人一人のことをちゃんとわかってくれてありがとう。これからは6人で一生懸命頑張っていくので、見守っていてください」といった感じだったが、途中で号泣してしまって唯ちゃんに涙を拭ってもらうという一幕も。
 そして、スタッフ進藤さんに花束(*2)を持ってきてもらい、唯ちゃんに渡す前に「今までありがとうございました」と頭を下げると、紗彩ちゃんの持っていた花束から水がこぼれるハプニング(^-^; 「水も贈呈されたってことで(笑)」とフォローするりったんは、機転が利いてるよなあ。その花束を唯ちゃんが「ありがとう」と受け取ると、紗彩ちゃんが「まだ涙を流しちゃダメだよ」とカッコいい一言。とても、ちょびあお卒業のときに真っ先に泣いてた人と同一人物とは思えん(笑)
 最後は笑って終わりたいということで、みんなで「笑顔で!」と盛り立てあう。そして、最後まで仕切っていたのはこの人! りったんが「今日で4人は最後だけど、思い出の、思い出の、思い出の! “happiness”を歌いたいと思います」と力いっぱい曲紹介すると、「あの、水をこぼしてしまって・・・」と紗彩ちゃんが水を差す(笑) りったんは「いいんだよ、紗彩」と慰めていたが、拭いたほうがいいと思うぞ(^-^; でもって紗彩ちゃんが、「ちょっとだけ気にする(笑)」とオチ(笑)
 結局、MCをがんばってたのはりったんだけど、美味しいところを持っていったのは紗彩ちゃんのような気がする(笑)
 というわけで、元Pinkによる「happiness」を見納めて、元Pink退場。

 再びBLuck登場。ちゃっかりBLuckも、水色Yシャツに白ネクタイ、白ズボンに着替えていた(笑)
 1曲目の「I don't look back'06」を歌い終えるなり、「いつもこんな感じなんですか?(笑)」と客席前方の男客に問いかけ。男客はBLuckだって盛り上げちゃうよ!(笑) その後も、「すごいですね」「女の子幸せですね(笑)」「たまに危険を感じるけど(笑)」「なんか新鮮だね」「自分たちで楽しもうとしてるよね」「誰が出てきても楽しい、みたいな」「女の子ファンも負けてられないよ!」と散々褒められ(笑)、最後は「いつも、男の人と女の人、前後反対だもんね」に対して男客が「たまにはいいじゃん!(笑)」と突っ込んでオチ(笑)
 続いて、大樹君が「グループから1人になるというのは大変だと思うけど、皆さんの応援がなければ1人ではやっていけませんから・・・」と真面目に唯ちゃん卒業の話をしていたら、その背後で岩ちゃんが妙な動きをして客席の笑いを誘い、大樹君の話を台無しにしていた(笑) ぃゃ、先ほど紗彩ちゃんがこぼした水を拭いていたのだが、途中から手で拭いたり足で拭いたりしてネタに走っていたのだ。結局広司君に追い出されていたけど(笑)
 しかし、そんな岩ちゃんをもフォローする心優しき大樹君。「岩ちゃんもがんばってますからね。今日ちょっと見直しました」。まあ、見直した理由は、体を張った芸らしいけど(笑) そして、「たくさんの人たちに応援してもらえるように、BLuckもPinkも唯もイエローグラスもがんばっていきますので、応援よろしくお願いします」とまとめたものの、「イエローグラスは活動休止じゃん」と身内からツッコミ(笑) しかし、それにも「無期限だから、いつ復活するかわからない。明日ライブとかやるかもしれないし(笑)」と、クールにフォローしていた。さすがリーダー(笑)
 なお、そんな話をしている最中、ネクタイの結び方が悪いのか何度も引っくり返る広司君のネクタイを、しきりに直していた男客が何人か(笑)
 そして、「Everlasting Love」と「You Kissed」の2曲を続けて歌って退場。

 続けて登場したのは、ピンクのレースのついた黒のノースリーブに、迷彩のショートパンツという、相変わらず露出度高い衣装の唯ちゃん(笑) なお、「影」の振り付けで座るのを忘れてて前回はミニスカにしてしまったらしいが、今回はその反省を踏まえてのショートパンツだったらしい(笑)
 というわけで、某唯ヲタさんにビデオ撮影を頼まれたので、メモれてないし、見てたのもほとんどモニタ越しだったり(^-^;
 まずは、「影」と「Be the one」の最近定番のコンボ2曲。どっちもかなりモノにしてきた感じだけど、曲調的に「影」の方が好みかな。その後は、Pinkでの思い出話など。「いくつになっても夢を諦めないで、絶対に叶えてみせるので、応援よろしくお願いします」とまとめていたが、ビデオを持った手では拍手も出来やしねえ(笑)
 3曲目は「Shine We Are!」。新曲をしっかり作ってくるところがさすが。BoAの曲が続いたわけだが、唯ちゃんにBoA路線は合うかもなあ。もちろん、BoAをコピーしてるだけじゃダメだけど。と、BoAの曲をほとんど知らない私が言っても説得力は全く無い(笑) あと、全般的に、ステージを広く使おうとしていたり、ダンスの魅せ方など、自己演出が上手くなってると感じた。

 唯ちゃんと入れ替わりで、ついに新生Pinkフルメンバーが札幌初お披露目。衣装は、すでに何度か見たことがある、水玉のノースリーブ。里紗ちゃんと綾加ちゃんが白地に赤の水玉で、年長4人は白地に黒。
 まずはオリジナル曲の「happiness」から・・・って、またこの曲かっ(笑) 結構パート割りが変わってるなあ。てゆーか、第一印象は、「人数多い」だったり(笑) ちなみに私は、人数多いユニットのファンになったことはなかったはず。マイベストは2人かなあ。
 続けて2曲目は「MajiでKoiする5秒前」。ぅゎ、MK5だなんてちょっと意外な選曲だな。割と好きだけど。可愛らしくてよろしいんじゃないでしょうか。しかし、こういう感じの曲を選んでくるということは、新Pinkの路線は元Pinkの路線を継承するのかな? この路線は好きだけど(^-^)
 2曲歌い終わったところでMCだったが、しょっぱなの「Pinkで〜す!」からすでに揃ってないぞ(^-^; 自ら「ぐちゃぐちゃだね(^-^;」って言うくらいだし。人数多すぎの弊害?
 続いて、それぞれ自己紹介。まずは紗彩ちゃんが「こう見えても心はちょっと大人です」。なんか今日はやたらと「大人」をアピールしているけど、何かあったのでしょうか・・・(笑) 綾加ちゃんは「皆さん、こんにちわっ!」とすごい元気良く。若いねぇ〜(笑) しかし、客席からも次々と「こんにちわっ!」と返ってきて、収集つかなくなっていた(笑) あおちゃんの「戻ってきちゃいました(笑)」には客席から「え〜(笑)」。ちょびに対しては、自己紹介を言う前に思わず「出戻り(笑)」と突っ込んでしまった(^-^; ぃゃぁ、ほぼ無意識(笑) あとでちょびじゃなくてりったんに怒られたけど(^-^; で、そのちょびは「ちょっと緊張してるけどがんばります」などと殊勝なことを言っていたが、あーら珍しい(笑) りったんは「これからどんどんパワフルになっていくPinkのりったんです」と、なんとなくPinkを背負った自負の感じられるコメント。最後になった里紗ちゃんは「紗彩よりは大人な、Pinkの里紗です」と、負けず嫌いというか、なんでわざわざ突っかかるんだろうというか、面白すぎ(笑) りったんも「ずいぶんがんばったこと言ったね(笑)」と褒めてたし(?)(笑) もっとも、紗彩ちゃんに対しては「ライバルなんだって(笑)」とあおってもいたけど(笑) しかも結局、「まあ、そんな感じのPinkなんですけど、6人で一生懸命がんばっていきたいと思います」と自分でまとめていた(笑) この面子でも、意外とりったんが仕切ってるんだよなあ。びっくりだ。
 そして、ぃょぃょ3日後にメジャーデビュー!ということで、オムニバスCD「もぎたてアイドル発見伝」の告知。ちょっと意地悪で「何曲目?」と聞いてみたら、みんなが悩む中、里紗ちゃんだけが自信満々に「13曲目!」と回答。りったんの確認にも「間違いない」と答え、後で調べてみたら本当に13曲目だった。すげ〜。着うたも取れるらしいので、「みんなで覚えて、一緒に歌いましょう!」ということで、その新曲「愛のちから」を初披露。可愛らしくて、Pinkらしい良い曲じゃないかな。コール入る場所はないけど(笑)

 歌が終わったところで岩ちゃんが登場し、改めてCDの告知。その際、「8月・・・」とか言い出したので「違う違う」とアピールしていたら、8月19日発売の「男祭り・女祭りvol.3」にも入るらしい。だったら、「もぎたてアイドル発見伝」買わなくてもいいじゃん(笑)
 その後は、元Pinkの3人だけ残して、ちょび、あおちゃん、綾加ちゃんの3人は退場。代わって唯ちゃんが登場し、「さっきは3人にびっくりさせられたけど、唯も3人をびっくりさせたくて色々考えてきました」とか言ってると、りったんに「マイク入ってる?」と注意される(笑) 「入ってなかった(笑)」と照れ笑いの唯ちゃんを、「しっかり!(笑)」と励ますりったん。
 まずは一人一人に手紙贈呈。ここで読むわけではなく「あとで読んでください」だそうだ(^-^; そして、勇気と自信を持てるお守りもそれぞれに。唯ちゃんも持っていて、4人でお揃い。3人に言いたいことは「今の自分に自信を持つこと」らしい。他にも色々言っていたが、例によってメモが無い(^-^;
 そして唯ちゃんから3人へ、Kiroroの「未来へ」を3人へのメッセージを込めた一部替え歌バージョンで。なお、3人はその歌をステージ上で聞いていたのだが、椅子が一脚足りなくて、岩ちゃんが客を押しのけて客席から奪っていた(笑)

 感動の幕が降りたところで岩ちゃん再登場。ステージ上に出演者全員を呼び込んで、客席に挨拶。「卒業」についても語っていたが、内容は奮闘記あたりを参照(笑) まあ、一つを極めることも大事だけど、可能性を広げることも大事でしょう。
 そして、最後は、唯ちゃんにファンから花束が贈られて終演。

 その後は、会場がケツカッチンなため、出演者が階段にずらり居並んで握手会。最初の方のBLuckは、女の子ファンで混んでいたので軽くスルー(笑) 綾加ちゃんと話してるときに、隣のちょびが割り込んでくるのは面白いねえ。そーゆーのは好きだぞ(笑)
 そして、珍しく公認(笑)の出待ちなどもあって、解散。ぃゃぁ、前回の女祭りはそんなでもなかったけど(^-^;、今日は楽しかった!(^-^)

*1: でも、わかっていても面白い。
*2: じゃないよな・・・。鉢植えでもないし。
北海道浜益高校学園祭 第46回浜高祭【概略】

日時:2006/07/22(土) 14:00
場所:北海道浜益高校 体育館(浜益)

出演:BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/平野広司]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]

北海道浜益高校学園祭 第46回浜高祭【曲目】

01.てんきゅっ(RYTHEM)/MonKero
02.Dreamland(BENNIE K)/MonKero
03.ここにしか咲かない花(コブクロ)/MonKero
04.(オリジナル)/MonKero

05.ダンスパフォーマンス/BLuck
06.Real Face(KAT-TUN)/BLuck
07.キレイだ(w-inds.)/BLuck
08.I don't look back'06(オリジナル)/BLuck
09.Everlasting Love(オリジナル)/BLuck
10.スマイル(オリジナル)/BLuck
アンコール
11.Fly away(オリジナル)/BLuck

北海道浜益高校学園祭 第46回浜高祭【記録】

 2週間も経つと、いくら楽しかった記憶とはいえ、さすがに薄れますな(^-^;

 朝10時50分に札幌駅近辺に集合。スタッフ進藤さんがタクシーでやってきて、スピーカーとかの機材をバタバタと下ろしていたのにはちょっとびっくりした(^-^; そうか、機材は必要だよな。なおその機材は、岩ちゃんのお願いにより、男性客がバスまで運ぶことに・・・(笑)
 生徒陣も合流して、バスに乗車。岩ちゃんの計らいにより、男性客はMonKeroの前の席へ(BLuckが一番後ろで、その前がMonKero。)。ありがとうございます! 参加客は20人くらいだったかな? うち男性客は5人。あとは、BLuckとMonKeroと岩ちゃんと進藤さん。
 11時をちょい過ぎて、最初の目的地である浜益高校に向かって、バスが出発進行。車内でのイベントは、まずは岩ちゃんによる挨拶。生徒の挨拶はなかったような。
 で、色々と企画を考えてはいたのだが時間がなくて準備できなかったということで、紙切れ1枚で実践できる「本日のセットリスト当てゲーム」をすることに。歌う曲目は公表されて、曲順のみを当てる。「ミリオ〜ンスロット!」は今日も言ってたな(笑) なお、正解者への賞品はBLuckの生写真だったのだが、浜益、三笠どちらかのセットリストを完全に当てたら好きなだけ(*1)、1箇所(*2)間違いの人には1枚プレゼント。しばしシンキングタイム。
 正解者は帰りのバスで発表ということで、お預け。ちなみに、今日のセットリストを知らないBLuckも挑戦していたけど、内輪で採点したところ、広司君が片方を完全に当てていたんだったかな。生写真5枚貰ったかどうかは知らないけど(笑)
 で、残りの時間は、後ろの席のMonKeroと交流会〜♪

 浜益高校着は13時くらいだったか。BLuckとMonKeroは楽屋入りし、我々は自由行動・・・の前に、男性客は機材を体育館に運ぶことも忘れずに(笑)
 学校前に並んだ露店は13時で店仕舞いらしかったのだが、今到着した我々のために少し延長してくれることに(^-^; というわけで、豚丼もぐもぐ。豚丼というか、豚肉を使った牛丼(*3)のような気がするな、これ(^-^;
 その後は特にすることもなかったので、近所のコンビニ風商店まで散歩してみたりも。そこで買ったスパークリングコーヒーを智妃ちゃんに差し入れてみたのだが(*4)、飲める人だったらしい。ぃゃあの飲み物、賛否真っ二つじゃん(笑) あ、私も飲める人です。
 ところで、浜益高生徒にやたらと「MonKero最高ですよね!」と絡まれたので、「ぃゃ、BLuck最高!」と返していた私はひねくれ者なのでしょうか・・・(笑)
 そうこうしてるうちにイベント開演も迫ってきたので、体育館に移動。前方に生徒用の椅子が並び、若干スペースを空けて、その後ろに一般客用の椅子が並ぶ。生徒の前には出ないようにして騒いでくれとのことだったので(^-^;、生徒の斜め後方(*5)で立って観賞することに。

 14時開演。幕の降りたステージに岩ちゃんが上がり、いつもの岩ちゃん節で前説。
 そして、幕が横に開いて、MonKero登場。衣装は最近よく見る白い上着の奴。曲は「てんきゅっ」だったが、相変わらずマイクの調子が悪いなあ・・・。
 自己紹介は、「皆さんこんにちは! MonKeroです!」から始まり、それぞれ名前を言ってから、ウザいバージョンで。けろっぴの「はい、ウザかったー(笑)」までが1セット(笑)
 その後は智妃ちゃんが、マイクの調子が悪いながらも「皆さん、盛り上がってますかー!?」と客席をあおり、「今日は学園祭日和といっていいくらい天気がよくてよかったですね。私たちも、この天気のように明るく元気に歌っていきたいと思います」ということで、「Dreamland」。あれ? 初めて聴いたかな? MonKeroの歌唱力は安心して聴けるねえ。そして、続けてもう1曲「ここにしか咲かない花」。
 続くMCは、今日は浜益高の学園祭だということで、智妃ちゃんも先週学園祭だったという話。その学園祭のステージで「抱いてセニョリータ」と倖田來未のメドレーをやったと話したら、当然のように「じゃあ、どうぞ(笑)」とけろっぴが実演を勧めたものの、「恥ずかしいから、やだぁ(笑)」とあっさり拒否。なんだ、つまらん(笑)
 そして、「次の曲はCDに入っているので、聴いて“いいなあ”と思ったら買っていただけると嬉しいです」との曲紹介で、最後に歌うは「唄」。いつも通りにコールを入れたら、生徒が一斉にこっちを振り向いたのが面白かった(笑) まあ、選曲の都合で今まで静かにしてたので、結果的には突然騒ぎ出したように見えたしな(笑)
 「ありがとうございました! 次はBLuckです!」で退場。

 そして流れる「We Will Rock You」。とくれば、1曲目ははもちろんダンスから。衣装は白の上下。
 ダンスが終わると、袖でマイクを受け取ってMC。生徒に向かって「Tシャツの色が違うのは学年別ですか?」などと質問していたが、急に思い出したかのように自己紹介(笑) 圭ちゃん→みたっち→大樹君→広司君→大ちゃんの順だったが、面白かったのは「敏感肌の平野広司です」くらいかな。
 続いて、「盛り上がってますか〜!?」とひとしきり客席をあおり、大ちゃんが「僕たちは・・・何言おうとしてたんだっけな? すっかり真っ白です(笑)」とボケをかまし(笑)、2曲目は「Real Face」。KAT-TUNはさすがに人気があるようで、曲が流れた瞬間に生徒たちが沸いた。・・・が、盛り上がりはまだまだ。続いて「キレイだ」。
 MCでは、大樹君が「僕たちが来たときにも校内放送で僕たちの曲がかかっていたんですけど、お昼休みとかにもかけてもらってたんですか?」と客席の生徒に質問。どうやらその通りだったらしく、「もう覚えてくれました?」と追質問(笑) そしてさらに、「今日はCDを持ってきていますので、買っていただけると嬉しいです」とつないでいた(笑)
 また、「浜高祭は46回目らしいですけど、今までに誰か有名な人とか来たんですか?」との質問で、「BLuckが一番有名です」と言われて喜んでいた(笑)
 そんなこんなで、生徒との会話に終始していたMCだったが、学園祭ならではでいいやね。
 というわけで、ここからはオリジナル曲攻勢で、まずは「I don't look back'06」。男ヲタ5人で生徒席の横まで行って暴れてみたが、生徒のノリは今ひとつ・・・。続いては「Everlasting Love」だったので、盛り上げは休憩(笑)
 歌い終わって、大樹君の「あと1曲です」発言にも、「えー」と悲鳴を上げていたのは札幌からの客ばかりだったような(^-^; あとは、大樹君の独壇場トーク(笑) 「今日は素晴らしいステージを作っていただいてありがとうございます。照明がいいですね。普段やってるとこよりもいいかもしれないです(笑)」「僕たちがここに来たことを忘れないでください。浜益高校の伝説にしていただきたいと思います(笑)」「僕たちがここに来たことを、みんなが自慢できるくらい大きくなれるようにがんばります」「ホント、皆さん忘れないでくださいね。みんなの顔覚えましたよ(笑)」などなど(笑) 見た目はカッコいいんだけど、喋ると結構面白いこと言うよね、大樹君は(笑)
 そして、最後の曲の「スマイル」ではサビで盛り上がって欲しいとのことで、「今日は札幌から一緒にバスで来た方もいます。その人たちは、この曲のノリ方を知っていますので、ぜひお手本にしてください(笑)」と指南(笑) 「ベテランですから(笑)」とまで言われてた(笑) そのアピールの甲斐あってか、曲が始まると女子生徒を先陣に立ち上がり始めて、終盤は総立ちでめっちゃ盛り上がった〜!
 その勢いのままアンコールが起こり、「アンコール」の声は次第に「BLuck」コールへと変じていく・・・。
 もちろん、その声に応えないわけがなく、BLuck再登場! 「来月出すCDの中から新曲を、特別にもう1曲やりたいと思います。めっちゃ激しい曲です。これが本当に最後ですので盛り上がってください!」と客を立たせ、本当に最後の曲は「Fly away」。もう最初から総立ちで、ここが一番盛り上がった!
 その後は、岩ちゃんが出てきて物販の案内をし、MonKeroも含めた全員で「今日は出演させていただきありがとうございました」と一礼。これで終わりかと思いきや、続いてステージ上では浜益高生徒とBLuck、MonKeroとで記念撮影。BLuckは真ん中にいるのに、MonKeroは端だったりするのは・・・誰か気を遣ってあげようよ(^-^; そして物販兼交流会が始まったが、もちろん我々は参加せず。浜益高生徒が主役だしね。
 そんなこんなで、14時に出ないと三笠に間に合わないとか言っていたのに、それを余裕で過ぎてからバスは出発したのであった・・・。つづく!

Me Ka Saga フェスタ2006【概略】

日時:2006/07/22(土) 17:30
場所:三笠市中央公園(三笠)

出演:BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/平野広司]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]

Me Ka Saga フェスタ2006【曲目】

01.てんきゅっ(RYTHEM)/MonKero
02.ここにしか咲かない花(コブクロ)/MonKero
03.(オリジナル)/MonKero
04.二人乗り(オリジナル)/MonKero

05.ダンスパフォーマンス/BLuck
06.VIOLATION(EXILE)/BLuck
07.Real Face(KAT-TUN)/BLuck
08.Everlasting Love(オリジナル)/BLuck
09.I don't look back'06(オリジナル)/BLuck
10.You Kissed(オリジナル)/BLuck
11.スマイル(オリジナル)/BLuck
アンコール
12.Fly away(オリジナル)/BLuck

Me Ka Sagaフェスタ2006【記録】

 「Me Ka Sagaフェスタ」と書いて「みかさフェスタ」と読むらしい。
 というわけで、14時半前くらいに、バスは浜益高を出発。浜益高から、焼き鳥やらどら焼きやらさくらんぼやら、やたらと差し入れが振る舞われて、我々もお裾分けをいただく。ありがとうございました。
 ぃゃぁしかし、ここは道中の道が凄かった! でこぼこしまくりで、バスが跳ねる跳ねる。岩ちゃんも跳ねる跳ねる(笑) 何故か変なポーズを取っていて、それにウケるウケる(笑)
 そんな車内では、まずはセットリスト当ての正答者発表。三笠の方は正答者がいなかったが、浜益は1箇所間違いが5人。うち1人が私でした♪ 「スマイル」と「Fly away」が逆だった。「スマイル」の方が盛り上がるから、最後にしたいんだよねえ(^-^; というわけで、BLuckの写真を1枚ゲット(笑)
 その後は特に岩ちゃん企画もなく、例によってMonKeroと交流会。って、寝不足のためだろう、けろっぴは後ろの席で横になって寝てたけど(^-^;
 また、途中からは、広司君が前の方の席に移動して女性客と交流会を始め、それに続いてBLuckの面々も前に移動していた。
 しかし、17時半にイベント開演なのだが、17時になってもまだ着かない・・・。智妃ちゃんも時間を気にしていたが、イベント開始時間の17時半に高速道路に乗るようじゃねえ(^-^;
 結局、17時45分頃に到着。まずは岩ちゃんがステージに上がり、待っていたお客さんに遅刻を謝罪。そして、慌しく準備を始め、17時55分に開演。

 まずは岩ちゃんによる前説から。前の人は座ってください、ライブ後CD物販します、など、珍しく真面目に(笑)
 もちろんトップバッターは、浜益と同じ衣装に着替えたMonKeroの2人。「てんきゅっ」で始まったが、音響トラブルにより途中で曲停止(^-^; 「えー!?」「あれ?」「曲止まっちゃったー」など、2人はもちろん客も悲鳴を上げたが、「そんなときは・・・」と声を揃えて「MonKeroです!」と挨拶。場を盛り上げようと、「皆さん楽しんでますか〜!?」「呑んでますか〜!?」と客席を煽りだすと、いきなり「てんきゅっ」のイントロが流れて、「おおっと!?」とけろっぴ。しかし、それもすぐに止まってしまい、「歌っていいんだか、喋っていいんだか(苦笑)」「どっちだよー!(笑)」との2人の苦笑いもごもっとも(^-^;
 結局、すぐに復旧しそうにはなかったので、そのままMCへ。まずは智妃ちゃんがステージ前にそびえる祭りやぐらを示して「あそこから登場すればよかったね(笑)」とか、ステージ足元の照明に対して「さっきから点いてたっけ?」と聞いてみるとけろっぴが「点いてたよ」と答えたのだが、客から「今点いた」と指摘されてけろっぴが嘘つき呼ばわりされていたとか(笑) まあ、ネタに困ったときは周囲のものをいじるのは基本かな(笑) もっとも、肝心の自己紹介を忘れていたようだったけど(^-^;
 そんな折、握手して貰おうと手を伸ばしながらステージ前まで出てきたおじさん客。それに対するMonKeroの反応はというと、「ありがとうございます!」「どんどん前に出てきてください!」「握手とか全然OKなんで!(笑)」「むしろどんどんお願いします!(笑)」とのことで、それに釣られてもう一人二人くらい前に出てきて握手をしていた(笑)
 それが落ち着いたところで、「そろそろ歌えるかな?」とPA席を見ると、OKサイン。「てんきゅっ」の歌い直しではなく次の曲へ進むとのことだったが、まあ時間の都合で仕方ないやね。というわけで、「ここにしか咲かない花」と「唄」。
 歌い終わったところでおばさん客からおひねりを貰って、「わー」だの「キャー」だの大騒ぎ。どれくらいの騒ぎだったかというと、自分で「嬉しすぎて取り乱してしまった(笑)」と言ってしまうほど(笑) MonKeroとしては初おひねりとのことだったが、ということは、個人または別ユニットでは貰ったことあるのか・・・(笑)
 そして、「いつもはオリジナル曲をやって、ありがとうございました、で終わることが多いんですけど、今日は初披露の新オリジナル曲を歌います!」とのことで、新曲「二人乗り」を初披露。おっ、明るい感じで結構いい感じの曲♪ なお曲名については、岩ちゃんが「道路交通法違反の曲」と評していた(笑)
 最後は、「次は、ビ〜!ラック!」と声を揃えて退場。

 そして流れる「We Will Rock You」。とくれば、1曲目ははもちろんダンスから。衣装は黒Yシャツに白ネクタイ、白ズボン。
 踊り終わるとメンバーが口々に「こんばんわー!」と挨拶し、「BLuck、三笠初上陸〜!」とのことで、圭ちゃん→みたっち→大樹君→広司君→大ちゃんの順で自己紹介。そして、「お祭りなんで最高に盛り上がっていきたいと思います!」と気合いを入れ、「VIOLATION」と「Real Face」を2曲続けて披露。
 MCでは「周りはなんか肌寒くなってきましたけど、僕らは汗だくです(笑)」と言っていたけど、実際Bridgeの最前列とかの間近で見ると、汗が飛んできて凄いよ!(笑)
 あとは、「お祭りを楽しみつつも、BLuckのステージも楽しんでいただきたいと思います」とアピールすると、祭りという言葉に反応した広司君が「今日はお祭りということで、じんべえで来たんですよ」。そう、バス移動中はじんべえ姿だったのだが、かなり似合っていた。でも、ここで言われても、バスツアー客以外は見れない(笑)
 歌はオリジナル曲コーナーへと移り、「Everlasting Love」「I don't look back'06」「You Kissed」の3曲を続けて熱唱。そして、「3曲聴いていただいたわけですけども、あと1曲です」と大樹君が宣言するも、あまりにさらっと言い過ぎたせいか客の反応は無し。そのせいか、「もうあと1曲ですよ」と再アピールして、ようやく「え〜!?」の声が上がった(笑)
 その後、CDの告知などをして、客席でJUNONを広げている人でもいたのか、「じゃ、JUNONの宣伝を」と大ちゃんに話しを振る。そこで大ちゃんが「良かったら投票の方をお願いいたします」と頭を下げると、広司君が「佐藤大輔に清き1票をお願いします(笑)」とフォロー。なんか選挙みたいだな・・・って、選挙なのか(笑)
 そして、そこで広司君が出張ってきたせいか、「広司君もドラマに出てますので」と話を振る大樹君。広司君の「言っちゃっていいですか?」に圭ちゃんが「言い残すことないように」と答え(笑)、「サプリのあと、ちゃっかり月9ですけども、主役やってます」などなど、ドラマ「チーズと彼女とペンネと僕」の告知。
 そしてそして、ぃょぃょ最後の曲「スマイル」へ。最後ということで「よかったら立ってもいいですよ?」と煽る大樹君だが、「立ったら後ろのお客さんが・・・」と広司君は心配顔。それを「ステージの上にいるから大丈夫じゃない?」「多分大丈夫だと思う」と大ちゃんと大樹君がフォローし、立っていいと言われれば立たないわけもなく(笑) その甲斐あってか、「スマイル」は大盛り上がり。おばちゃん客も踊っていた(笑)
 歌い終わったところでいつものように岩ちゃんが登場し、「もう一度BLuckに大きな拍手をお願いします!」の声で起こった拍手と共に客席から沸き起こる「アンコール」の声。しかし、岩ちゃんはそれを制し(^-^;、先にメンバーを紹介。大ちゃんは相変わらず「現役高校生」だったが、ホント卒業したらどうすんだろ。圭ちゃんと同じく、JUNON上位入賞?(笑) あと、紹介中もおばちゃん客が踊りながらアンコールを続けていたので、笑いをこらえるのに大変そうだった(笑) 「この5人でがんばっております。皆さんが応援してくだされば、三笠にBLuckが来たんだぞ、と胸を張って言える日が近いと思いますので、よろしくお願いします!」と一同礼。
 そしてようやく、「皆さんの熱いアンコールもございましたので」ということで、もう一曲披露。曲は新曲「Fly away」なのだが、「特別に三笠の皆さんだけに披露したいと思います!」って、めっちゃ嘘つきやん(笑) そのあと、「Bridge、浜益高校に続いて、特別に三笠だけで」とも言っていたが、それ全然「だけ」ちゃうやん(笑) そして、前列の客に向かって「じゃあ、前の方はスタンダップでお願いします」と言うも、「すいません、英語間違えました。シットダウンです」に言い直し、もちろん客席からは「え〜!?」の声。おばちゃん客も「それじゃあ、見えないしょ」とクレームを上げたものの、「後ろの方にも見えるように配慮をお願いします」と正論でばっさり。「座ってても盛り上がれるのがBLuckファンだと信じております」は上手いと思った(笑)
 というわけで、「Fly away」で盛り上がって、最後はBLuckの挨拶で締め。「札幌から来た皆さんも、三笠の皆さんも、仲良くお祭りを楽しみましょう。ありがとうございました!」。

 その後は交流会・・・なんかあったっけ? 記憶にないな(^-^; まあ、地方イベということで、控えめにしかがっついていなかっただろうのは間違いない。バス車内でがっつけるしね(笑)
 交流会が終わると、BLuckとMonKeroはステージイベントのビンゴ大会の賞品渡し役としてお手伝い。岩ちゃんは進藤さんを連れ回し、露店の食べ物を飲み食いして祭りを楽しんでいたようだけど(笑)
 男ヲタ3人(*6)は、ビンゴカードを持っていなかったのでビンゴに参加することも出来ず、人込みから外れた暗がりでぐだぐだ話(笑) そんなもんだから、ビンゴでBLuckのネクタイプレゼント事件が起きてたことなど全く知らなかった(笑)(*7)
 三笠出発は21時過ぎくらいだったか。時間がなかったのか、MonKeroは衣装のままでご帰宅。まあ、バス車内ではぐだぐだにどんちゃん騒ぎ(笑) 岩ちゃんのトークも留まることを知らず(笑) 智妃ちゃんはお疲れだったのかおねむだったのか調子が悪かったのか、最初のうちこそ後ろで横になって寝てたものの、みんなで騒いでるのが気になったのか、結局は起きて一緒に騒いでいた(笑) また、BLuckが前から順番に客の席まで移動し、一問一答交流会なんて企画も。とりあえず、広司君は田中れいなファンらしいです。ケータイに画像まで入れてたし(笑)
 そんなこんなで、盛り上がったままバスは22時頃札幌駅に到着。そして、解散。おつかれさまでした!

 私はその後、Littleのラスト路上に合流。って、ちょうど大通から札幌駅に移動するところだったけど(^-^; しかも、Littleへの挨拶もそこそこに、客で来ていた小野夏希ちゃんと上原ちさとちゃんにがっついていたけど(^-^;
 札幌駅に到着後も北口で交流会を行っていたのだが、そこでちさと様の強烈なキャラにノックアウト。某眼鏡ヲタの友人が自分の眼鏡を掛けさせて、女教師っぽいなぁ、と思っていたのだが、そこでまさか本人の口から「○○教師」(*8)なんて言葉が出てくるとは思わなかったですよ。惚れるわぁ〜(笑) もっとも、夏希ちゃんもそれに負けじと、オレンジジュース並みのトンデモ発言をぶっ放していたけど(笑)
 というわけで、終電で帰ったLittleもお疲れさまでした〜。Littleの歌もトークも好きだったし、また聴けることを待っているよ!

*1: と言いつつ、途中で5枚に減らしてたけど(笑) ちなみに写真は1種類(笑)
*2: というか、2箇所というか・・・。
*3: 味付けが。
*4: ごめんよ、炭酸苦手だって知らなかったんだよぅ。
*5: 一般客の斜め前方。
*6: 2人は都合により途中で帰った。
*7: BLuck公式サイトのイベレポ参照。
*8: とてもここには書けない(笑)
活動休止しちゃイヤ〜ンヨッ♥ warmsワンマンLIVE ♥感謝♥感謝♥感謝♥【概略】

日時:2006/07/23(日) 13:30
場所:Bridge(札幌)

出演:warms[押切妙/宮口真衣]
ゲスト:おおしまさんとはやしさん

活動休止しちゃイヤ〜ンヨッ♥ warmsワンマンLIVE ♥感謝♥感謝♥感謝♥【曲目】

01.手を伸ばそう(オリジナル)/warms
02.warms song(オリジナル)/warms
03.
04.
05.バイバイ(オリジナル)/warms
06.
07.
08.愛の花(オリジナル)/warms
09.四六時中(オリジナル)/warms
10.
11.光の射すほうへ(オリジナル)/warms
12.
13.
14.
15.一番星(オリジナル)/warms
16.恋する乙女(*1)(オリジナル)/warms
17.
18.あなたへ(オリジナル)/warms
アンコール
19.恋愛ゲーム(オリジナル)/warms
20.出会えてよかった(*2)(オリジナル)/warms
21.ラ・ラ・ラ(*3)(オリジナル)/warms

*1: 表記不明。
*2: 表記不明。
*3: 表記不明。
ラジオカロスサッポロ公開生放送 in 小樽ビールビアガーデン【概略】

日時:2006/07/25(火) 19:30
場所:大通り西1丁目(札幌)

出演:中山怜香/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]

ラジオカロスサッポロ公開生放送 in 小樽ビールビアガーデン【曲目】

01.DESIRE(中森明菜)/中山怜香
02.ON THE RADIO(Donna Summer)/中山怜香
03.江戸ポルカ(一青窈)/中山怜香

04.笑顔日和(ZONE)/MonKero
05.ここにしか咲かない花(コブクロ)/MonKero
06.(オリジナル)/MonKero
07.二人乗り(オリジナル)/MonKero

ラジオカロスサッポロ公開生放送 in 小樽ビールビアガーデン【記録】

 19時15分頃の出番だと聞いていたが、その1時間前に到着(笑) ステージに割と近い席が空いていたので、そこで友人と一緒にゴクゴクモグモグ(笑) 小樽ビールと、去年も食べたローストチキン。ぃゃぁ、このチキンがめっちゃ旨いんだわ!
 そんなこんなで、18時から始まってるラジオ番組自体がかなりぐだぐだな感じだったので、当然のように押して、19時半くらいからライブステージ開演。酔っ払いな友人がどうしてもステージの前で見たいというので、ステージ前のスペースにおっちゃんこして観覧。

 まずは、司会のお姉さんの紹介で怜香ちゃんが登場。衣装は、今日もレースが可愛らしい夏っぽいノースリーブツーピース。レースの向こうに覗くおなかがちょっぴりセクシー?(笑)
 1曲目は「DESIRE」だったが、あら、なんか珍しい選曲。てゆーか、2曲目の「ON THE RADIO」も3曲目の「江戸ポルカ」も初聴で、とても新鮮だった。しかも、聴いてて普通に気持ちいい。何歌っても安心して聴けるってのはすごいよなあ。久々に怜香ちゃんの歌を満喫できた感じ(^-^)
 MCは1曲目の後に。「皆さん、ビール呑んでますか? 私は未成年なので呑めないんですけど、二十歳の誕生日には小樽ビールで乾杯したいと思います」。いちいち酔っ払い客(*1)のリアクションが凄かった(笑)

 続いて、怜香ちゃんと入れ替わりでMonKeroの二人が登場。衣装は、浜益・三笠ツアーでも着てた御馴染みのやつ。あれ、前をめくりたくなるんだよねー(笑) って、ツアーのとき、けろっぴのをめくってみたりもしたけれど(笑)
 1曲目は「笑顔日和」! この前の南幌行かなかったから、めっちゃ久々に聴いたわ〜。やっぱ盛り上がっていいね! ステージ前の酔っ払い客は暴れてたし(笑) てゆーか、暴れすぎて背広にビールをぶちまけていた私・・・(苦笑)
 自己紹介はウザいバージョン。「はい、ウザかった〜(笑)」までが1セット?(笑) その後、珍しくMonKeroのユニット名についての説明。猿似と蛙似で昔はモンキーケロッピだったけど、とかそんな話をして、2曲目は「ここにしか咲かない花」。
 「次の曲は明るい感じのオリジナル曲で、掛け声もあるので皆さん入れてください」ということで、まずはMonKeroの2人によるお手本から。最初はけろっぴが歌って智妃ちゃんがコール担当だったのだが、なんかびみょー(笑) 「お客さんより、むしろ智妃ちゃんが大丈夫?(笑)」とけろっぴに心配までされてるし(笑) まあ、普段聞いてても、実際に自分でやるとなったらまた別だからねぇ〜。その後のけろっぴによるコールは、実に上手だったけど(笑)
 というわけで、3曲目はもちろん「唄」だったわけだが、2番のコールが、左側にいた女性陣からと、右側にいた男性陣からとで違うよ!(^-^; まあ、色んなコールが沸き起こるほどに盛り上がったってことでもあるけど(笑) とりあえず、1番が「えるおーぶいいー らぶりー(ことみorちさき)」、2番が「もんもんけろけろ もんけろ(ことみorちさき)」というのを、男ヲタ統一見解とさせていただきます(笑) まあ、コールなんてものは、良いものが自然に根付くって感じだけどねー。
 MCは、ビアガーデンの話。いきなりけろっぴが「今日はビールの日と言っても過言ではないですよね」とか適当なこと言ってたけど(笑) で、ビールはまだ呑めないという話から「私、19歳なんですよ」とのけろっぴ発言に、よっぱらい客「え〜!?」(笑) 「何歳に見えますか?」と聞かれて、「25歳」とか言っちゃってるし(笑) で、来年は呑めるようになるので、オレンジジュースストロー付きの智妃ちゃんと乾杯するらしい(笑) 一方、再来年には呑めるようになる智妃ちゃんだが、「炭酸が苦手なので、呑めるかなあ?」と心配顔。けろっぴは「きっと呑めるよ!」と無責任に太鼓判押してたけど(笑) 「呑んでみようか、再来年。チャレンジしてみようか、再来年(笑)」「言っても再来年の話ですけどね(笑)」なやりとりは面白かった(笑) 余談。鳥の丸焼きを見たときに言った言葉。智妃ちゃん「可哀想」、けろっぴ「食べたい」(笑)
 そして、最後の曲は新曲「二人乗り」。聴くのが二度目でしみじみ思ったんだけど、手拍子さえもせずにただひたすら聞き入ってたんだけど、ぃゃぁ名曲だわ〜。MonKeroのオリジナル曲の中で一番好きかも。
 歌い終わると「ありがとうございました」と一礼して退場。

 これで終わりかと思いきや、公録終了時にも3人揃って挨拶に出てきた(^-^; 司会からマイクを振られて、それぞれ「今日は出させていただき、ありがとうございました」。また、「睡眠とか取れてますか?」と質問されていたけど、明らかに取れてない人が約1名・・・(笑) そして、「そんな心配して、お母さんみたくなっちゃった(笑)」と司会がまとめたところで、終了〜。おつかれさまでした!

*1: 含自分(笑)
第17回厚別区民まつり【概略】

日時:2006/07/28(金) 19:00
場所:サンピアザおまつり広場(札幌)

出演:Pink[田中知世/堀あおい/子出藤理恵/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]/樋口彩乃/One[田村莉菜/中鉢真衣/林友貴奈]/AP2クラブ[石川葵/永澤縁/白川穂波/志摩南美]/村田唯/中山怜香

第17回厚別区民まつり【曲目】

□スクールAP2 ライブステージVOL.1
01.キューティーハニー(倖田來未)/Pink[田中知世/堀あおい/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]

02.個人授業(misono)/樋口彩乃
03.LUV PARADE(MISIA)/樋口彩乃

04.Body&Soul(SPEED)/One
05.Next To You(melody.)/One

06.スカート、ひらり(AKB48)/AP2クラブ

07.(柴咲コウ)/村田唯
08.Shine We Are!(BoA)/村田唯

09.聖母たちのララバイ(岩崎宏美)/中山怜香
10.DESIRE(中森明菜)/中山怜香

11.MajiでKoiする5秒前(広末涼子)/Pink
12.happiness(オリジナル)/Pink
13.愛のちから(オリジナル)/Pink
14.学園天国(フィンガー5)/Pink

第17回厚別区民まつり【記録】

 18時過ぎくらいに新さっぽろ駅に到着したものの、場所がわからんっ(笑) とりあえず、サンピアザ内外をうろちょろして、なんとかそれっぽい会場を発見。そうしたら、唯ちゃん&紗彩ちゃんに遭遇したのでステージの場所を聞いてみると、この奥だとのこと。ありがとうっ! なお、あまりの場所のわかりにくさに、別の現場で太鼓演奏を聴いていた友人もいた模様・・・(苦笑)
 で、ステージ前に着くとSHINYAさんが歌っていたが、見知った客はいないようだったので、サンピアザ隣のダイエーにお出掛けして、花火を購入。りったんが今日の日記で花火差し入れをご所望されていたのである(笑)
 その後はぼちぼちと見知ったファンも集まってきて、スケジュール通り19時に開演。

 まずは司会のお姉さんが挨拶し、彼女の紹介によりPinkが登場。衣装はいつもの水玉衣装。・・・って、りったんがいないぞ? 楽屋に入っていくところは見たから、来てはいるはずなんだが。
 挨拶もいつもの「Pinkで〜す!」で始まり、トークを回すのはちょび。あ、なんか懐かしい(笑) でも、「盛り上がっていきましょう!」とか言ってもあまり客の反応が芳しくなかったので、紗彩ちゃんが「ついてきてください!」とフォロー(?)していた(笑)
 そして、「キューティーハニー」の1曲だけでPinkは一旦退場。

 続いての登場は彩乃ちゃん。相変わらず若々しいタンクトップにショートパンツ。って実際若いんだけど(笑) そーゆー格好が似合うんだよなあ。
 1曲目は女祭りでも歌った「個人授業」だったが、これもまたやっぱりすげー似合うんだよなあ。二度目を聴いてもそう思うんだから、よっぽどだな(笑)
 自己紹介で「10歳です」と言うと、客席から「え〜!?」との声。むべなるかな。色々と達者すぎる(笑)
 そして、2曲目の「LUV PARADE」を歌って退場。

 Oneは各々ポロシャツにジーンズで登場。
 1曲目の「Body&Soul」は珍しく3人で歌っていたが、歌もダンスも結構ボロボロだったよーな。メインボーカルの友貴奈ちゃんも素材は悪くないと思うのだが、突き抜け感(*1)がないんだよなあ。今後に期待。
 MCや自己紹介は無く、2曲目は「Next To You」。こちらは前に歌ったこともあってか、見れるレベルにはなっていた(*2)

 AP2クラブは、半袖ブラウスに白ニット、チェックの紺スカートという制服風な格好だったので、友人と「歌うのは“スカート、ひらり”だな」とか冗談で話していたら、ホントにそれだったのでめっちゃ笑った(笑) 残念ながら、あまり「ひらり」はしてなかったけど(笑)
 曲の出来については、なんか妙に親心気分で見てしまったので評価できない(^-^; 残念ながらMCも自己紹介もなかったが、Seven消滅後、久々にみなみん(*3)を見れたのはよかった。

 唯ちゃんは白のノースリーブに迷彩のショートパンツで登場。ショートパンツということは、今日は「影」を歌うのか。と思ったら、ホントに1曲目だった(笑)
 自己紹介後のMCでは、「厚別区民まつりに出れて嬉しいです」「皆さんにもっともっと素敵なものを見せられるように頑張っていきます」「皆さん、すごく温かい人ばかりで、とても楽しいです」「今日はあと1曲で終わりですが、明日も出させてもらえるので、ぜひ見に来てください」などなど。私が唯ちゃんの何が好きかというと、丁寧語がしっかり出来てるところもあるかなあ(*4)
 2曲目は「Shine We Are!」。

 怜香ちゃんの衣装は、久々のような気がする黒系。可愛いのは変わらず。
 1曲目は「聖母たちのララバイ」だったが、懐メロ路線はこーゆー場所では客受けがいいよなあ(笑)
 自己紹介の「15歳です」には、さほど「えー」が起きなかったのがちょっと意外。まだまだ小学生に見えるよ!(笑) 「次の曲で終わりなので、盛り上がっていただけたら嬉しいです」ということなので、ホントに盛り上がる曲を歌うのかどうかちょっと不安だったが(笑)、「DESIRE」だったら盛り上がれる・・・のか?(笑) しかし、なんつーか、「歌だけ」で魅せてしまうのが、レイカちゃんの凄いところだよなあ。

 トリはPinkが再登場。今回はきちんとりったんも。最初にりったんがいなかったのは、バイトで「キューティーハニー」の練習に参加できなかったかららしい。明日は覚えてくると息巻いていたけど。
 というわけで、1曲目はMK5こと「MajiでKoiする5秒前」だったのだが、相変わらずマイク音声がボロボロ(^-^; ちょびとりったんのはほとんど出てなかったぞ。
 自己紹介は、紗彩→綾加→あお→ちょび→りったん→里紗の順だったが、特に面白いことはなく(笑) ああ、客席からはやたらと「可愛い!」が連発されていた。MCを回していたのはあおちゃんだったが、「皆さん、呑んでますかー!」が多かったような(笑) あと、「これから2曲オリジナル曲を歌うんですけど」はいいとして、「1曲目は普通のオリジナル曲なんですけど(^-^;」ってのはどーなのよ(笑) まあ、言った本人も苦笑してたけど(笑) で、2曲目はメジャーデビューの曲なので、「CD持ってきてるので、よかったら買ってください」と宣伝。もっとも、終演後に物販やっていることに気付かなかった私だけど(^-^;
 というわけで、まずは普通のオリジナル曲(笑)の「happiness」。あまりのマイクの調子悪さに、他人のパートをフォローしたり、曲中でマイクを交換したりも。受け渡しがスムーズなコンビや、ドタバタなコンビがいたりするのは、見てて面白かった(笑) 続けて「愛のちから」。
 そして、最後の曲は「学園天国」ということで、「皆さん、一緒に盛り上がってください!」と掛け声練習してから、いざ本番。酔っ払い客のノリが良くて、すげー盛り上がった(笑)
 最後は、りったんが「明日も来ますので、よろしくお願いします。ありがとうございました」とまとめて終了。

 その後は、次の出演者が登場するまでの10分間ほど、楽屋のテント脇で交流会。
 お久し振りなみなみんに話しかけようと思ったら、先に怜香ちゃんに捕まった(笑) にも関わらず、みなみんに手紙渡しを強行したら、怜香ちゃんに凄い手紙欲しそうな顔をされた(笑) あとは、AP2クラブの残りの3人の名前を本人に確認している間に交流会が終わってしまった(^-^; 最後にりったんとちょいお話。
 というわけで、お疲れ様でした! 楽しかったよ! OneとAP2クラブはもっと見たいなあ。

*1: なんじゃそりゃ。
*2: 毒舌過ぎ(笑)
*3: 志摩南美ちゃん。
*4: と、丁寧語とは無縁な私が言ってみる(笑)
範田紗々握手会&サイン会【概略】

日時:2006/07/29(土) 15:30
場所:札幌セルビデオ販売(札幌)

出演:範田紗々

範田紗々握手会&サイン会【記録】

 サイン→握手→(以後DVD購入者のみ)生着替え→2shotポラ撮影→2人ずつ60秒撮影会→2人ずつ30秒撮影会→プレゼント抽選会。

第17回厚別区民まつり【概略】

日時:2006/07/29(土) 19:00
場所:サンピアザおまつり広場(札幌)

出演:Pink[田中知世/堀あおい/子出藤理恵/松井紗彩/伊藤里紗/山上綾加]/村田唯/中山怜香/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/平野広司]

第17回厚別区民まつり【曲目】

□スクールAP2 ライブステージVOL.2(19:00〜)
01.学園天国(フィンガー5)/Pink
02.happiness(オリジナル)/Pink
03.愛のちから(オリジナル)/Pink
04.キューティーハニー(倖田來未)/Pink

05.Be the one(BoA)/村田唯
06.mf(メゾフォルテ)(オリジナル)/村田唯

07.1/2の神話(中森明菜)/中山怜香
08.江戸ポルカ(一青窈)/中山怜香
09.My Heart Will Go On〜タイタニック・愛のテーマ〜(セリーヌ・ディオン)/中山怜香

10.(オリジナル)/MonKero
11.ここにしか咲かない花(コブクロ)/MonKero
12.三日月ラプソディー(RYTHEM)/MonKero
13.二人乗り(オリジナル)/MonKero

□スクールAP2 ライブステージVOL.3(20:00〜)
01.ダンスパフォーマンス/BLuck
02.VIOLATION(EXILE)/BLuck
03.キレイだ(w-inds.)/BLuck
04.I don't look back'06(オリジナル)/BLuck
05.You Kissed(オリジナル)/BLuck
06.Everlasting Love(オリジナル)/BLuck
07.スマイル(オリジナル)/BLuck
08.Fly away(オリジナル)/BLuck
09.Real Face(KAT-TUN)/BLuck

第17回厚別区民まつり【記録】

□スクールAP2 ライブステージVOL.2(19:00〜)
 今日はもちろん迷わず到着(笑) 18時15分くらいだったか。
 開演直前に、女の子客がステージのすぐ前に並び始めたので、その後ろに勝手に椅子を並べて観賞(笑)
 19時開演。昨日同様、司会のお姉さんに紹介されて、昨日と同じ衣装でPink登場。今日はきちんと6人揃っている(笑) で、「キューティーハニー」を歌うのだろうと思っていたら、「学園天国」らしい(^-^; りったんの「皆さん、知ってますかー!?」との問いに、お約束で「知らなーい!」と答えたら、「知ってると思いますので、一緒に盛り上がってください」と返してきた(笑) というわけで、まずは掛け声練習から。のっけから歌じゃなくてこーゆーのって珍しいような。なお、MCは最後までりったんが回していた。特に破綻はなかったし、きちんと盛り上げていたし、なかなかやるなあ。
 「学園天国」で盛り上がった後は自己紹介。里紗→りったん→あお→紗彩→綾加→ちょびの順だったが、客席が盛り上がりすぎていて、何喋ってるか聞こえなかった(苦笑) その勢いを借りて、りったんが「次の曲も、この調子で盛り上がっていきましょう!」とあおり、オリジナル曲2曲を続けて披露。「happiness」と「愛のちから」。「愛のちから」はだんだん盛り上がるようになってきた感じ。
 歌い終わって、「私たちのオリジナル曲、どうでしたか? 曲名だけでも、ぜひ覚えてください」とのアピールに、紗彩ちゃんが「メンバーの名前も覚えてくれると嬉しいです」と付け加えたのは面白かった(笑)
 そして、「最後は一緒に盛り上がりましょう!」ということで、「キューティーハニー」。おお〜、りったん踊ってるよ〜。1日で覚えてくるってのは凄いなあ。もちろん大盛り上がりで、最後は「ありがとうございました!」と元気よく挨拶して退場。

 2番手の唯ちゃんの衣装は、黒とピンクのアダルト路線。ミニスカということは、今日は「影」はないな(笑) 案の定、1曲目は「Be the one」。
 MCは、自己紹介に続いて、「私もお祭り大好きなんですけど、皆さん楽しんでますか? 今日は昨日以上に人がたくさんいて、楽しいです」とか、「MoKePiのホームページで毎日日記書いてるので、ぜひ見てください」など。
 そして、次はなんとオリジナル曲を初披露。おっと、こんなところで出てくるとは思っていなかった(^-^; 曲名は「mf(メゾフォルテ)」で失恋ソングらしい。祭りで失恋ソングを歌うのもどうかと思ったらしいが(^-^;、メロディーは結構明るいとのこと。あと、歌詞の内容についても説明していたが、唯ちゃんの作詞ではないんだとか。で、歌を聴いた感想はというと、まだまだ歌い込みが足りない感じ。高音出てないのもあるけど、感情移入の方も。曲は好きな路線方面だったので、結構好きかな。

 怜香ちゃんは、昨日とは正反対に白と水色の衣装で。
 1曲目は「1/2の神話」だったが、「いいかげんにして〜!」なんてフレーズ、久々に聴いたなあ。最近は懐メロばかり歌ってくれるので、嬉しい限り(笑)(*1) 続いて、ビアガーデンのときにも歌った「江戸ポルカ」。これも曲調的には懐メロ?(笑)
 自己紹介では、「いつも、小学生とか中学生に間違われるんですけど、こう見えても高校1年生です」と必死にアピール(笑) また、周りにBLuckファンの女の子が多かったことを受けてか、「1曲目はわからなかったかも知れないけど、次の曲は皆さん知ってると思います」ということで、最後の曲はタイタニックの「My Heart Will Go On」。

 MonKeroは新衣装で登場。色違いでお揃いの、ストライプなワンピース。けろっぴが緑で、智妃ちゃんが赤。今日買ったらしいが、めっちゃ可愛い(^-^)
 まずはしょっぱなから「唄」・・・って珍しい構成かも。歌い終わると、「こんばんわ! MonKeroです!」と元気いっぱいに挨拶し、MCでも珍しく個々の自己紹介から。「前髪パッツン、こう見えて高校3年生の畠山智妃です」「最近エクステをつけて倖田來未のパクリと言われている笠井琴美です」。続いて智妃ちゃんが「私たちスクールAP2のコンセプトは“北海道から全国へ”なので、今日は“厚別から札幌へ”という感じでがんばります」と言っていたが、ぃゃなんかそれ、意味がわかるようでわからんし(笑)
 そして、けろっぴの「じゃあ、いつものいっちゃうか」を合図に、MonKero自己紹介ウザいバージョン。「あ〜、ウザかった〜」はセット扱いじゃなかったのか・・・(笑) それに続いたけろっぴの「これであなたの頭にはMonKeroが焼きつかれました(笑)」という日本語も変だが(笑)、智妃ちゃんの「みんなMonKeroら〜」もどーよ? ぃゃ、可愛かったんだけども(笑)
 歌に戻って、「ここにしか咲かない花」と「三日月ラプソディー」を2曲続けて。南幌に行かなかったので、後者は懐かしい感じ。
 歌い終わると、「お祭りと言ったら何を思い出しますか?」とけろっぴが相方に質問。智妃ちゃんは「盆踊り!」と答え、けろっぴもそれに同意。しかし、「ちっちゃい子が浴衣着て盆踊り踊ってるのとかいいよね」に対しては、「浴衣はいいよね!」と盆踊りそっちのけで「女の子から見ても女性の方の浴衣は可愛いし、ちっちゃい子の浴衣も可愛い」と熱く語る(笑) そうしたら今度は智妃ちゃんが「ちっちゃい子は萌えだよね」とか言い出すし(笑) その後は、けろっぴが男性客に「今年は浴衣がいいですよ」とオススメし(笑)、智妃ちゃんが「浴衣姿の皆さんにドキドキしてるMonKeroです」とまとめようとしたら、けろっぴが「そしてこの匂いにもドキドキしています(笑)」と周囲の露店を見回す(笑) オチは「あとで行くので残しといてくださーい(笑)」。
 そして、智妃ちゃんが「次の曲で最後なんですけど」と言うと、客席から「え〜!」。けろっぴが「次の曲で最後なんですよ」と念を押しても、客席から「え〜!」。そしたらけろっぴ「いいともみたい(笑)」って、楽しんでるだろ(笑)
 というわけで、最後の曲の「二人乗り」を歌い終え、「ありがとうございました!」と退場。その後は司会のお姉さんが出てきて挨拶などをしていたが、私は楽屋テント前での交流会に移動〜(笑)

 20時からのBLuckの出番まで交流会で、それ以降はサンプリング。もっとも、途中でフライヤーがなくなってしまったらしく、BLuckの応援で盛り上がっていたけど(笑)
 そうそう、昨日やたらと手紙を欲しがっていた怜香ちゃんには、きちんとお手紙渡しました(笑)

□スクールAP2 ライブステージVOL.3(20:00〜)
 というわけで、20時からはBLuckのステージ。見てなかったわけではないのだが、女子生徒と一緒に盛り上がりながら見ていたので、曲順くらいしかメモっておりません(^-^; その分、応援はしっかりしたよっ(笑)
 まずはいつものダンスで登場(*2)
 自己紹介に続いて、「VIOLATION」と「キレイだ」。
 MCに続いて、「I don't look back'06」と「You Kissed」。この辺の曲から盛り上がり始める私。
 MCに続いて、「Everlasting Love」と「スマイル」。りったんが回っていた(笑)
 MCでは広司君が「ワッショイ、ワッショイ!」とか盛り上がって、「Fly away」。
 岩ちゃんが出てきてMC。アンコールもあったらしい? そして最後は「時代はKAT-TUN」ということで(笑)、「Real Face」で締め。
 終演後は、ステージ上の後片付けが終わるまでの間、交流会。ちょびと綾加ちゃんのコンビが面白かったわ〜。綾加ちゃんのノリが良すぎ(笑)
 21時10分頃撤収。おつかれさまでした! 今日はたくさん交流できたので楽しかった(笑)

*1: でも私のストライクゾーンは90年代アイドルです(笑)
*2: テントから出てきたらしいが見ていない(^-^;