イベント参加リスト(1999年09月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
ビュージェニック(BG)撮影会(2部)【概略】

日時:1999/09/05(日) ??:??
場所:新宿村スタジオ(新宿)

出演:阿部恵理

ビュージェニック(BG)撮影会(2部)【記録】

 前回が非常に好感触だったので、2度目となる今回もいしださんと一緒に迷わず参加。2部からだけど(^^;(*1)
 やっぱりいいねえ、えりちん。写真の出来は散々だったけど(;_;) んー、なんでだろう・・・。
 撮影会終了後のサイン会(*2)では、前回の写真を見せたり、念願の2ショット写真を撮ったり(笑) 前回は、サインは貰ったけど、写真は撮らなかったんだよねえ。恥ずかしくて(笑)
 その後、新宿駅への帰り道にも色々あったりしましたが割愛(謎)

*1: 3〜4部は別モデル。
*2: というほどかしこまったものではなく、床に座って歓談といった感じ。
JRファミリーミュージカル「ねむりの森のひめ」(市川)(第1部)【概略】

日時:1999/09/12(日) ??:??
場所:市川市文化会館(市川)

出演:日向恵美/武藤秋人/水野真紀/北原マヤ/南乃苑/河北純/松野文/他
客参加:櫻井智

JRファミリーミュージカル「ねむりの森のひめ」(市川)(第2部)【概略】

日時:1999/09/12(日) ??:??
場所:市川市文化会館(市川)

出演:日向恵美/水野真紀/北原マヤ/南乃苑/河北純/松野文/他

JRファミリーミュージカル「ねむりの森のひめ」(市川)【記録】

 今日は、JRファミリーミュージカルの市川公演に行ってきました。
 って、今年は市川しかないんだけど(^^;<不況やねぇ。
 市川市文化会館は、まだ心に痛かった。
 あれからもう1年も経ったというのに、「市川市文化会館」は、何も変わらずにそこにあった。
 ひーちゃんとは、ここが今生の別れとなったんだよなぁ(;_;)
 ここで手を振ったのが最後だったんだー。
 なんて思うと、涙が出そうにもなった。
 そういえば、あの日のゆーちゃんは冷たかった。
 なんて思うと腹が立ってきた(嘘。

 それにしても、私は今日何しに行ったんだろう(^^; 自分でもわからん(笑)
 とりあえず、すぎりょーもいなかったし、出待ちでは純ちゃんにアプローチ。
「純ちゃん、笑顔が可愛かったよー(^^)」
 と、ごくごく普通に思ったことを言っただけなのに、arachinさんには、よく真顔であんなセリフが言えるもんだ、と呆れられてしまった。何故だ!?

 あとは、ダメ人間どもの報告でも(笑)
 魔竜王さんは、客席の2階に智ちゃんが来てると知ったら、最前列で後ろばっかり振り向いていた。ダメ過ぎ。
 かじゅくんは、終演後、客席にいためぐちゃんの家族に挨拶していた。超ダメ過ぎ。

小宮あかり撮影会【概略】

日時:1999/09/18(土) 09:50
場所:水の広場公園(有明)

出演:小宮あかり

小宮あかり撮影会【記録】

□遅刻をしたのは誰?
 朝6時半頃に目を覚ます。昨夜寝たのは3時すぎだったので、睡眠時間は3時間といったところか。これじゃあ、普段と変わらない(^^;
 起きて最初にしたことは、窓の外を見て天気の確認だ。この数日ほど天気を気にしていたことは、過去に例がない(笑) 昨夜寝る前はほんのわずかな小雨だったのだが、今朝は無事に止んでいた。よしっ。ただ、日の光が全く見えない曇り模様。まあ、雨が降ってなければ、実施はされるだろう。
 そして、インターネットでも天気予報の確認。昨晩見たときよりも降水確率が10%下がって10%になっている。よしよし。
 ふと気付くと、T-Planからメールが届いていた。朝5時に出されている。内容はと言えば、「開催/中止の案内は7時半〜8時に留守番電話にて」「中止の場合もあかりんが現地に来るかもしれない」「わざわざ休みを取って参加した人もいるかもしれないので、小雨程度ならあかりん1人のミニ撮影会を実施する」といった内容のものであった。
 というわけで、7時頃出発しようと思っていたのだが、7時半を待ってT-Planに電話してみる。しかし、まだ中止か否かは決まっていないようだ。
 今のところ雨は降ってないし、天気予報でも降水確率は10%なので、実施されると信じて部屋を出る。信じる心が力だ(意味不明)。
 8時15分、途中の乗り換え駅で再度電話してみるが(*1)留守電の内容は変わっていない。やるならやるで案内してほしいなぁ(^^;
 集合場所は、ゆりかもめの国際展示場正門駅なのだが、臨海副都心線の方が安いので(^^;、そちらの国際展示場駅から徒歩で向かう。ああ、コミケでよく来る場所(笑)
 予定通り、9時ちょっとすぎに集合場所に到着。ちなみに集合時間は9時50分だ。一緒に参加申し込みした、いしださんと森川1号さんはまだ来ていないようだ。
 とりあえず、少し離れた場所で待つ。9時半頃になっていしださん到着。2度寝したらしい(^^; 森川さんが来たのは40分頃だったか。昨日のチャットでは6時半頃に出発するとか言ってたくせに〜(^^;<それだと8時頃には着くはず(笑)
 さて、集合時間の9時50分となった。スタッフの姿はない。参加者とおぼしき姿もほとんどない。男性数人が集まっていたのだがどこかに行ってしまい、参加者ではなかったようだ(^^; あかりんバースディイベントに来ていた人の姿はあるので、集合場所は間違っていないと思うが……。
 そして、10時すぎにようやく到着。あかりんとスタッフ3人。あれ? モデルは3人だったんじゃあ?
 まあ、あかりん以外にはあまり興味なかったので(^^;、まずはとりあえずあかりんに挨拶。「ちわ」と片手を上げる。ああ、なんかフレンドリー(笑) 服装は、白のタンクトップにジーンズだ。あかりんのパンツルックって初めて見るかも。美少年然として、なかなかカッコいい(笑)
 まずは参加者を集めて受付。参加者は7人らしい(^^;
 そして、壷社長から遅刻のお詫び。誰のせいで遅れたかなんて、とてもここでは書けやしない(笑)
 さらにお詫びは続いて(^^;、今回のモデルはあかりん1人となったようだ。うー、いまのまいちゃんに会ってみたかったんだけど(^^; まあ、私的にはあかりんさえいればOKなんですけれども。なお、そのため、料金はお安くしてくれるらしい(笑)

□午前の部はまったりと
 さて、早速「水の広場公園」に移動。といっても、駅の階段を降りるだけだが(笑) 移動中からもちろんあかりんとは話し放題である(^^) 話しすぎて、何を話したか覚えてないほど(^^;
 参加者1人1人が思い思いの構図で順番に撮っていき、1対1の撮影とほとんど変わらない。むしろ、撮るチャンスが多すぎるので、フィルム消費が心配だ(^^;
 背中とかに向けてカメラを構えていたら、あかりんに「背中フェチー(笑)」と言われる(^^; い、いや、ピントを合わせてただけなんだけど(^^;; でも、指が勝手にシャッター押してたなあ(笑)
 警備員に注意される一幕もあったが事前に許可は取っていたので事無きを得、1時間くらいかけて数カット、フィルム1本半ほど撮り、11時を回った辺りで着替え。今日唯一のパンツルックなので撮り残しはないようにとの注意が入る。もうしゃがんだポーズとかは撮れません(笑)
 で、壷社長を引き連れてどこぞに着替えに行ったものの、一向に戻ってこない。
 待ちくたびれた頃にやっと、ヘッドセットをつけた壷社長がワンピース姿のあかりんを引き連れて帰ってくる。スタッフの水谷さんとトランシーバーでやりとりしているようだ。
「こんなそばでトランシーバーで“切ります”なんて言わなくていいって(^^;」
 普通に話しても聞こえる距離でのそのやりとりが笑えた(笑)
「これつけて、イコちゃん?(笑)」
 そして、壷社長がヘッドセットを示して笑う。
「イコちゃんって何ですか?」
「知る人ぞ知る(笑)」
 あかりんの疑問にそう答えた壷社長だが、あかりん以外は皆「知る人」だったよーな(笑)
 さて、衣装が黒地に白玉のワンピースになって、テーマは「アイドルらしいポーズ」らしい(笑) 片足を「まいっちんぐ」ってな感じで曲げたりするので、まずは全身を押さえておく。でも、どっちかといえば、「きゃい〜ん」に近い(笑)
 そういえば、アレを忘れていた。ウインク(笑)
「あかりん、ウインクー(笑)」
 カメラを構えてせびってみるものの、実は結構苦手らしい(^^; 一瞬ならともかく、片目閉じっぱなしなのが難しいとか。でも、撮れたのは結構お気に入り(^^) 美しいウインク、ではないんだけど(笑)
 あと、今までは川の方をバックにして撮っていたのだが、緑の方に入って、岩に座ってるところなんかも撮影。
 芝生に立って貰って全身を押さえる。スカートを両手でちょいと広げて、お嬢様が挨拶でよくやるようなポーズが、なかなかハマっていて可愛い(^^)
 それにしても、ちょっと放っておくと、すぐに歌と振り付けの練習(?)を始め出すあかりん(^^; まあ、そんなとこが可愛いんですけどー(笑)
 石壁の方へと移動し、ここでもアイドル路線。「これって○○ちゃんがよくやるポーズだよね〜(笑)」と言われてもよくわからない(^^; うさぎさんのポーズは森下純菜嬢か?
 ちなみに最後には、ひーちゃん言うところの「例のポーズ」をやってもらった(笑)

□お昼休み
 というわけで、12時半ちょっと前に、午前の部終了。昼食はあかりんたちと一緒に取れるらしい。んー、いいなあ、こーゆーの(^^)
 とりあえず手近なピルの中に入り、他の人たちが店を選んでいる間、私はあかりんとおしゃべり(^^;
「コスプレとかはしないの?」
 いきなり脈絡のない質問だが、頭を新舞りあすちゃんがよぎっていた(^^;
「やってみたいですね〜(^^)」
 おお、なんと素晴らしい回答(笑) 次はコスプレ撮影会かぁ? 制服とかでもいいぞ(笑)
 他には、いしださんの名前を覚えているかどうか聞いてみる。三茶フェスでいしださんが教え込ていたからだ。しかし、全然思い出せないあかりん。教えたら、「ああ!」と思い出したようですけど、やっぱり何か印象に残ることをやらないと覚えてもらえないんですってば(笑)>いしださん。インパクトじゅ〜よ〜。
 ちなみに、森川さんは教えてもいないのに聞かないよーに(^^; あかりんが困ってたじゃないか(笑)
 なお、私の名前を聞いてみると「けーくん」。覚えていてくれるのは嬉しいが、この前まで「けいさん」だったのにー、と思うと、なんか悔しい(^^;;
 それにしても、あかりんの隣に立ってみると、なんか違和感。何だろう、この違和感は? その疑問の解答は、あかりんの足元に隠されていた(笑)
「なんか高いと思ったら、靴が高いのか(笑)」
 そういえば、思いっきり踵の高い靴を履いていたんだった。
「これで10cmは稼いでます(笑)」
 それでも私より低いってことは、やっぱり150cmないんだなぁ(笑)(*2) ちんまいっていいなぁ(^^)
「あと2着はどんな衣装なの?」
「1つは普通のワンピースなんですけど、もう1着はすごいですよ〜(笑)」
 そのすごいのはお楽しみということで、最後に着ることにしたらしい。「水着?(笑)」「スケスケ?(笑)」など色々な噂が飛び交うが、楽しみ楽しみ(^^)
「この前の赤い服も好きだけど」
 と言い出したのはいしださんだったか。三茶フェスのときの服装だ。白いワンピースに赤い上着。胸の辺りで結んで前を留めているのが可愛い。
「でもあれは普段着じゃないよー(^^;」
 私の率直な感想。思いっきり原色の普段着って、なんかヤ(^^;
「あんなの普段着て歩く女は彼女にしたくないぞー」
 だって、隣で彼女が原色だったら、やっぱりイヤ(^^;;
「彼女いるんですか?」
 そうあかりんが聞いてくるが、今にして思えば失礼な質問じゃないか?(笑)
「いや、いないけど(^^; 現在募集中。どう?(笑)」
 あかりんに振ってみたら、笑ってごまかされた(^^;
「でも、あの服、普段着てますよー」
 その答えには、今度は私が笑ってごまかすしかなかった(^^;
 さて、話を変えて(笑)、テンの話題に。あかりんは、ゆーちゃんを「橋本さん」と呼ぶらしい。なんか違和感あるなぁ(^^;
 それにしてもあかりん、エルスタッフや萠ちゃんのことも知ってて、なんか謎。やっぱり、業界内での情報流通ルートというものがあるのだろうか。
 で、ゆーちゃんと遊星王女の話をしていたら、あかりんの素朴な質問。
「相方さんはどうしたんですか?」
「うっっ、痛いっ(^^;;;」
 思わず近くの柱にしなだれかかってしまう私なのであった(^^;;

 さて、食事処は蕎麦屋に決定。昼時だというのに、休みのせいかほとんど客はいない。てゆーか、閉まってる店がほとんどの中で、開いていること自体が珍しくもある(^^;
   壷○  あ=あかりん
   ┌┐  壷=壷社長
   └┘  水=水谷さん
   ○森  い=いしださん
●あ ○○  森=森川1号さん
┌┐ ┌┐  け=けーくん
└┘ └┘  ●=スタッフ
水い け   ○=その他参加者
 ファンとスタッフ入り混ぜて総勢11人は、右図のような感じで席に座る。
壷社長は車を動かしていたらしく(*3)遅れて入ってきた。
 そして、ちゃっかりあかりんの正面にいるいしださんだが、最初は私のいる席につこうとして、私がその右だったのだが、あかりんの正面が空いていたのでそっちに詰めさせてあげた(笑) 多分、壷社長のために空いていたんだろうと思うけど(^^;
 とりあえず、注文。私は鴨南蛮にした。あかりんはメニューの字面だけではどんな料理だか想像できないらしく店外の商品サンプルまで見に行き、それでも散々悩んだ挙げ句、やっと注文。しかし、
「あ、やっぱり変えてもいいですか?(^^;」
 結局、天ぷらそばに決定。
「優柔不断だな〜(笑)」
 といぢめておく(笑)
 さて、料理が来るのを待っている間に、
「ひーちゃんのこと知りたいなら、この本あげますよー(笑)」
 あかりんに渡したのは、同人誌「ネコ・サル・バナナ(仮)」。'98夏コミに作った本だが、まだたくさん余ってたりする(^^;
「わあ! 何ですか、これ?」
「ひーちゃん本(笑)」
 面白そうにパラパラとめくるあかりん。
「最近のはないんですか?」
「しょうがないな〜(笑)」
 と笑いつつ渡したのは、印刷して持ってきた、テン、あかりん誕生会、三茶フェスのイベントレポ。やはり自分が出ているイベントの方が面白いのだろう、熱心に読み出すあかりん。
「撮影とか録音とかしてたわけじゃないから、間違っていても気にしないよーに(^^;」
 全て記憶に頼って書くというのも大変なんです(^^;;
 しかし、昔ひーちゃんに対してやっていたことと同じことを、今あかりんに対してやってるよなぁ(^^; その内、肩も揉んでもらうようになるのか?(爆)
 そういえば、言っておかなければいけないことを忘れていた。
「あかりん、辞めないでね〜(笑)」
「え? え? 何でですか?(^^;」
 突然言われて理解出来ないあかりん。
「私が好きになったタレントは辞めてしまうらしい(苦笑)」
「私は辞めないですよー(^^)」
 そんなこんなで盛り上がって、昼食も終了。3着目への着替えということで、あかりんは先に席を立つ。我々は、食事代と一緒にイベント代も精算。壷社長が500円引きで許してほしいと散々頭を下げる(^^; いや、何もそこまで低姿勢にならなくても(^^; 私的にはあかりんがいればOKだしー(笑)

□午後の部はもっとまったりと
 店の外に出て、ロビーであかりん待ち。午後からの新規参加者はいないらしく、食事後に1人帰ってしまったので、午後の撮影は6人だ。
 それにしても、やっぱりあかりんの着替えは遅い(^^;
「お、可愛いじゃん(^^)」
 ようやく戻ってきたあかりんに対する私の第一声。本日3着目は、白のノースリーブワンピースに、同じく白の帽子だ。清楚なお嬢様といった感じである。衣装だけ見れば(笑)
 というわけで、外へと移動。
 移動中に限った話ではないが、ビデオを見ると必ず両手を振るあかりん(笑)
 他にも、癖というか何というか、撮影中、1枚シャッターを切る度に表情とかポーズを変えてくれるのはとてもいいのだが、4枚目くらいになってくるとあかりんの顔が必ず笑い出してくるのは何故なんだろう(笑)
 さて、お嬢様衣装で花と芝生をバックに撮った後は、「原爆ドーム(笑)」の方へと移動。円筒状に高くなって、外壁沿いの階段を登っていくと、上が展望台風になっている建物だ。
 まずは階段途中で壁を背にして立って撮影。横から撮るのもなかなかいい感じだ。
 あかりんも、階段の上からみんなを見下ろせて気分がいいらしい(笑)
「みんな、背が高いから(^^;」
 いつも見上げてばかりで普段見れない構図だから嬉しいらしいが、みんなが高いんじゃなくてあかりんがちっちゃいだけだと思うぞ(笑) あと、目黒福祉センターのステージは高くていい、とかも言っていたよーな(^^; やっぱりちっちゃいってことは気にしてるのねぇ。ちっちゃいからこそいいのに!(断言)
 で、他の人が真上から(!)撮っていたので、私も展望フロアに登って真上から撮ってみる(笑) でも、あかりんは見下ろされるのは嫌いらしい(笑) 「カメラ落とすなよ〜(^^;」と言われつつ撮影。手を広げて貰った方がいい感じだったかもなぁ。反省。
 下に戻って、他の人が上から撮っている隙に、そのあかりんの背中をゲット。ああっ、また背中フェチとか言われてしまうっ(笑)
 そして、今度はあかりんが一人で上に登って、下から撮影。やっぱり見下ろすのが気持ちいいらしい(笑) 手すり越しに手を小さく振るところなどは、まるで皇室のようである(笑)
 そして、我々も上に登って数カット撮影後、いよいよ最後の衣装へと着替えである。

 その前に、下に降りて一幕。壷社長が自らの足元に落ちている大き目のタッパー(*4)をあかりんに示して、
「これが右に動くように念じてみて」
「???」
 さっぱりわけがわからないあかりん。
 が、しかし。いきなり右側に動き出したタッパー。
「えっ!?」
 ビビるあかりん(笑)
 もちろんタネはこっそり紐で引っ張っているだけなのだが(笑)、我々が撮影してる間にこんなことしてる壷社長ってば……お茶目(笑)
「ホントにびっくりしましたよー(笑)」
 う〜ん、これはタネ明かしをしなかったら、あかりんは超能力者だと本人に信じ込ませることも出来たんじゃないか?(笑) 何故なら、「右だけじゃなく左にも動かせないと客はごまかせないよね」という話から、柱をまたがせて紐の向きを180度変わるようにして、もう一度あかりんに試させたところ、それでもマジでびっくりしていたからだ(笑) 別に隠れもせずに細工して、しかもタネまで知っていたのにそこまでびっくりするとは、こっちがびっくりだ(爆)

 衣装替えのため、壷社長と旅だっていくあかりん。遥か遠くの橋の上に停めてあった車に乗り込んでどこぞへ走り去ってしまったが、今度はどこで着替えるのだろう?
 さて、多分に漏れず今回もあかりんの着替えは長いのだが、今回はいつもに増して長いよーな(^^;; 散々待ちくたびれて、ようやく車が橋の上に戻って来た。車から降りるピンクの影。
「ピンク!?」
 思わず声に出しちゃったぞ(笑) 一体、どういう衣装なんだ?(^^; 思わず持っていたカメラで覗いてみるものの、85mmじゃ全然わからない(笑)
 大人しく、こちらに歩いてくるのを待つ。段々と近付いてくるあかりん。そして、衣装が判別出来るような距離に近付いて、私は目を疑った(^^;
「チャイナ服!?」
 うーむ、嬉しい予想外(笑)
「おー、可愛いじゃん(^^)」
 なんかいつも同じことを言っているような気がするのだが、実際可愛いのだから仕方がない(笑) 髪は下の方で両お団子に結んでいる。道理で時間がかかるはずだ。
「スリットはもうちょっと深い方がいいよね(笑)」
 思わず正直な感想(笑)
「シューマイとか持って出てきそうですよね(笑)」
「確かに(笑)」
 その後、丸く畳んだレフ板をお盆代わりにして遊んでいた(笑)
 でも、チャイナ服にはやっぱり、ハイヒールとふさふさの扇子だよなぁ(笑) 次は用意しといてね(笑)
 さて、場所を移動してさらに奥の方へと進む。高架をくぐって右へと曲がり、階段で撮ることにする。今回もやはり、あかりんに見下ろされる形に。だって、その方があかりんも喜ぶし〜(笑)
 しかし、ここの立ちポーズをパノラマで撮ってみたのは大失敗(^^; やっぱパノラマは解像度低くてダメだぁ(^^; ISO100だったらもうちょっとよかったのかなぁ?<天気が悪かったのでISO400使ってた。
 さて、下に降りてきて、ポールにもたれかかっているところなどを撮影。顔のアップでは、睨んでもらってみる。
「こわぁ〜(笑)」
 周囲からの感想(笑)
「だって、睨んでって言うから〜(^^;」
 任侠みたくていい感じでした〜(笑) もっとも、任侠というよりは、アヤシゲな無国籍チャンバラ映画という話も出てましたが(^^;
 続いては、ベンチに座っているポーズ。とりあえず、しゃがんでカメラを構えて見たのだが……。
「こっちがしゃがむと見えちゃいそうだ(^^;」
 というわけで立つ。さすがに、黙ってそういう写真を撮るほど墜ちてはいない(^^; でも、足だけの写真は撮ったりしたけど(爆)
 ここで、「あかちゃん」と呼ばれて、「あかちゃんって言うなぁ(^^;」とあかりんは怒っていた(笑)
 最後は、円形に作られた石舞台の上で、ポーズを取ってもらって撮影。顔のアップでは、立てた人差し指を下唇にあててもらったり、イヤリングを触ってもらったり、こっちを指差してもらったりの基本型(笑)
 投げキッスを撮ろうとしている人もいたけど、連写しないと撮れないよーな(^^; そこで、途中途中でポーズを止めてもらうことにしたものの、最初に唇に指をあてるところで二本指だったものだから、「それじゃあ、“カトちゃんペ”じゃあ(笑)」と笑われる。その後、壷社長から「正しい投げキッス」の手ほどきが入っていた(笑)
 さて、撮影者もいなくなり、あかりんも石舞台の上で歌と振りつけの練習になってきたので(笑)、壷社長がそろそろ終わりの旨告げるのだが、そうなるとまだ撮りたくなるのが人間心理(笑) 結局、まさか使うまいと思っていた新しい10本組の箱に手を出してしまう(^^; ちなみに、ここまでですでに9本消費(爆)
 もちろん、それを最後の1本として、撮影終了。最後はスタッフ側のカメラで集合写真。私はあかりんの右隣にいたりした(笑) いしださんは左隣にいたけど(爆)

「おつかれさまでしたー」
 最後は三たび、壷社長からお詫びの言葉が告げられる。楽しかったからOKですよぅ。
 私はあかりんからスケブに「今日の言葉」を貰う(笑)
「新しいマジック買ってきた(笑)」
 と言って、三茶フェスであかりんに取られたマッキーと同じものを渡したのが悪かったか、書かれたメッセージは「私のせいでマジックを買うことになってしまってごめんなさい.でも新しいマジック、とっても使いやすくて….ではでは、またお会いしましょう」。
 どうも、低姿勢なのは、社長だけじゃなくタレントにも徹底されているようだ(^^;
「あ、名前も入れてください(笑)」
 と、上の方に「けーくんへ」と入れてもらう(笑)
「今日は楽しかったよー(^^)」
 それは嘘偽りない本音だ。
 そして、車までは一緒に移動し、車の前に着くと10/2のあかりんも参加するライブPure Heartのチケット販売。でも、ゆーちゃんのハレルヤとぴったり重なるから行けないんだな、これが(^^;
 最後は「バイバーイ」と手を振って。もちろんあかりんも振り返してくれて。
 こうして、撮影会は終わった。大満足、の一言である。
 時は17時半。実に7時間もの撮影会だったということか。あかりん、おつかれさま。
 その後は、森川さんといしださんと一緒に、新橋で飲み会をして締めたのであった。

*1: 地下鉄だとケータイはつながらないのだ(^^;
*2: 公式には150cm? でも、テンのときに本人が「150cmない」って言ってたぞ(^^;
*3: ということは路上駐車?
*4: 蓋がなく、河原に落ちていたものらしい(^^;
斉藤りさ「LOVE OUR BAY募金」イベント【概略】

日時:1999/09/23(木) 10:30
場所:オートウェーブ各店(千葉)

出演:斉藤りさ

斉藤りさ「LOVE OUR BAY募金」イベント【記録】

 何で行くことになったんだっけかなあ(笑)
 りさぴょんがDJをやっているbayfmをarachinさんと森川1号さんが聴いていて(*1)、2人が行くって言い出したから、それに便乗したんだったか。
 元ギルガメセクシーメイツにも興味があったし(笑)
 思えば智も、元レモンエンジェルってことで見に行ったのが始まりだったんだよなー(笑)

 さて、これがどんなイベントかといいますと。
 まず、「LOVE OUR BAY募金」というのが、bayfmがオートウェーブの協賛で行っている、千葉で環境問題に取り組む人たちの活動を支援するための募金らしいです。
 で、募金推進のために、bayfmのDJを務めている斉藤りさがCD「ユレテユレテランデヴー」を作成し、オートウェーブ店頭で1000円以上募金してくれた人に頒布。売ってるわけではありません(笑) 限定2000枚だったかな。
 そして当日は、オートウェーブ5店舗にて、斉藤りさ本人によるトークコーナーが実施される。
 ということらしいです。

 というわけで、当日は森川さんちに前泊(笑) いや、場所が遠くて、とてもじゃないけど車が無いと行けないんですよ。さすがカー用品店。
 ちなみにスケジュールは以下の通り。
・オートウェーブ柏沼南店 10:30〜
・オートウェーブ冨里店 13:30〜
・オートウェーブ成東店 15:30〜
・オートウェーブ茂原店 17:30〜
・オートウェーブ宮野木店 20:00〜
 最初はarachinさんちに一番近い宮野木店(*2)だけという話もあったのだが、森川さんが自家用車を出すということになった辺りから、何故か目的は全店制覇に(笑)
 前日は、ファミレスで晩飯を食べて、森川さんの部屋をあさり(笑)、ひとつ布団の中で就寝(笑) 夜中私が森川さんの足に抱きついていたらしいですが、記憶にもなければ、そういう趣味もありません(^^;
 翌早朝、arachinさんちに向けて出発。遠い・・・。
 着いたのは予定の8時より早い時間だったか。ちょっとarachinさんちにお邪魔。うあ、アヤシゲな写真集が・・・(笑)

 その後はまあ、無事に何事もなく5店制覇したわけですが(笑)、結局CDは各店舗で1枚ずつ買っていたから5枚にも(笑)(*3) で、CDには抽選番号の書かれたシールが貼ってあって、各店舗ごとに抽選会(*4)をやっていたのだが、結局一度もあたることはなかった。まあ、わかってた結果だけどもー。
 曲自体はかなり好きな感じ。店舗間の移動中ずっとカーステレオで流しっぱなしにしてたし、3人で即興でコール作ったりしちゃったほど(笑) イベント中で歌はなかったので、お披露目できなかったけど(^^;
 各店舗毎のお客さんは、最初は数十人って感じだったけど、後にいくにつれて多くなってきて、最後の宮野木店では数百人はいたかな。遅刻気味に着いたら(*5)人が多すぎてびっくりした。
 というわけで、日がな一日のツアーでしたが、なかなか楽しかったです(^^)

*1: 私は聴いたこともない。
*2: そこでCDを予約してもらった。
*3: 後日、自分用以外のは友人に転売しましたが(笑)
*4: 賞品は、斉藤りさのキスマーク付きサイン色紙など。
*5: ちょっと道に迷った(^^;
第4回FPFライブオーディション【概略】

日時:1999/09/25(土) 19:00
場所:欽こん館(三軒茶屋)

出演:小宮あかり/扇恵/加藤西里奈

第4回FPFライブオーディション【曲目】

□ゲストライブ
01.今夜はエンジェル(椎名恵)/扇恵
02.routine love(オリジナル)/扇恵
03.出会えてよかった(菅原祥子)/加藤西里奈
04.(オリジナル)/加藤西里奈

第4回FPFライブオーディション【記録】

□前説
 17時半頃、三軒茶屋駅に到着。
 とりあえず、ドトールであかりんの写真をアルバムに整理していたいしださんと合流。そこで知らされる驚愕の真実! なんと、開始は18時ではなく19時だったらしい(^^; 早く来すぎたー(^^; 道理で欽こん館に行っても、まだ1人しか並んでないわけだ(^^;
 欽こん館の階段の踊り場にて、いしださんは煙草を吸いつつ写真の整理。私はそのあかりんの写真を見て、時が過ぎるのを待つ。
 途中、ベストプロデュース友松社長、加藤西里奈ちゃん&扇恵さん、壷社長、オーディション参加者などが姿を現すが、あかりんの姿は見えない。今日は来てないのかな? あかりん目当てで来たのに(^^;;
 18時半に開場。おっと、19時開場だと思っていたので、ちょっとびっくり(^^;
 中に入ると、受付にあかりん発見! 嬉しさに、思わず顔がほころぶ(笑) あかりんも笑顔を返してくれたので、それは尚更。来るとは思ってなかったのかな? 撮影会のとき、行くって言ったのにー。わざわざあかりんが来ることを確認して(笑)
 とりあえず挨拶を交わし、入場料を払って奥へ入る。最前列を確保(笑)
 しばらくは席でいしださんと話していたのだが、後ろの受付であかりんがファンさん2名と話しているのが気になって(笑)、そちらへ。どうやら、撮影会の写真を見ていたようだ。壷社長も交えて、「撮影会に来ていたのは双子の妹?(笑)」、そんな話で盛り上がる(笑)

 さて、あかりんは前説担当らしい。呼ばれて、西里奈ちゃんと一緒にステージ前へ。
 しかし、前説という割には何も説明などせず(^^;、「最近どうですか?」と西里奈ちゃんが聞いて、世間話モード(笑) 壷社長は「ぼちぼちでんなー」と答えろと突っ込んでいたが、あかりんには伝わらなかった模様。もっとも、壷社長の突っ込みがあかりんに適切に伝わったのを見たことはないが(爆)
 なお、あかりんの特技は「アイドル曲のイントロクイズ」、西里奈ちゃんの趣味は「よく食べること」、特技は「怪我すること」だそうだ(^^; 確かに左足首辺りに包帯を巻いていたけど……。お大事に。
「そういえば、最近睡眠時間が減ったんですよー」
 と言い出したあかりんに、
「何時間?」
「5時間」
「5時間も減ったの!?」
 ただの世間話なのに、なぜか漫才になっている(笑)
 でも、今まで10時間近く寝ていたらしいので、満更それでも間違っていないらしい(^^;
 で、5時間使える時間が増えて嬉しいらしいあかりんに、西里奈ちゃんが、
「もったいないね〜」
「どうして?」
「だって、寝てた方が幸せでしょ」
 爆笑(笑) うーん、きちんとオチてるのが凄いなぁ(笑)
 というわけで、第4回FPFライブオーディションの開幕〜。ちなみに、FPFとは「Feel the Power for the Future」の略らしい。

□開演
 司会進行は扇さん。司会のベテランという感じがする(^^)
 オーディション参加者は4人。歌を披露して簡単な質疑応答がある。客席からの質問もOKということで、1人目と3人目に質問してみた。
「歌手になりたいと思った理由を聞きたいのですが、歌が好きだというのが根底にはあると思います。でも、それだと歌手以外の選択肢もあったと思いますが、それでも歌手になろうとしたのはどうしてですか?」
 これには、オーディション後の扇さんの方がうまく答えていたなぁ。「自分の歌でみんなに幸せになってもらいたい」と。そういう心掛けは、好き。
 もう1つの質問は、「あなたの“売り”は何ですか?」。
 「個性がないとこれから生き残っていけないと思いますので」と続くのだが、3人目さんは特に“売り”はないらしい(^^; 壷社長もこれには残念がってましたねぇ。うむ、なんて参加者泣かせの質問(笑) でも、“売り”がないと残っていけないと思います、ホントに。あかりんは、今のままあかりんらしくいてほしい(笑)
 というわけで、滞りなくオーディション終了。受付時に貰った審査用紙を、取りに回ってるあかりんに渡す。

 今日は遠距離ばっかりだったらしい参加者は4人共帰ってしまい、続いてはゲスト陣による歌のコーナーだ。トップパッターは扇さん。
 MCは、自分もオーディションを受けていたころのこととか、上京してきたときのこととか。もう芸能生活9年らしい。それでも6年(*1)の西里奈ちゃんの後輩扱いなのが謎。芸名を変えたからかな?
 歌うは、デビューライブで歌ったらしい「今夜はエンジェル」日本語版。英語で歌おうかと思ったが、当時を思い出して日本語版ということだ。2曲目はオリジナル曲「routine love」。どっちも、振り付けがきちんとあっていいなぁ(^^) やっぱり、振り付けじゅ〜よ〜(笑)
 そして、ゲスト2番手はふりふりのアイドル衣装に着替えた西里奈ちゃん。早速歌から入ろうとステージ上で背中を向けるが、オケが出るのに手間取る(^^; そこは元気良さでカバー。うーん、この明るさは微笑ましい(^^) 歌ったのは「出会えてよかった」。
 そしてMCは、今度オーディションを受けることになった話。
「オーディション受けるのは初めてなんですけど……」
 と言ったら、事務所の社長から「前に受けたことがある」と突っ込み(笑)
「私は覚えてないんですけど、受けたことあるらしいです(笑)」
 ナイス切り返し(笑)
 で、何のオーディションかといえば、ロボコンのオーディション。
「西里奈、今度ロボコンのオーディション受けるぞ」
 そう社長にいきなり言われて、前からロボコンに似てると言われていたので、ロボコンの中に入るものだとばかり思い込んだ西里奈ちゃん。
「私、ロボコンの動き出来るかなぁ?」
 と真剣な顔で社長に相談したら、
「ヒロインだヒロイン(^^;」
 と呆れられたらしい(^^;;
 そして、オーディションといえばもう1つ。明日の、このFPFライブオーディションに、急遽参加することが決まったとか。もちろん、受験生として(笑)
 そのため、一旦事務所と契約を切られることになり、
「今日、どこに寝ればいいんでしょうかぁ。契約切られたら、寮には入れなくなるじゃないですかぁ。明日の朝、扇さんと一緒に朝ご飯食べることも出来ないのかなぁ」
 とりあえず目先の心配。それとも、落ちるとは思っていないのだろーか(笑)
 もっともその心配に関しては、社長の「明日の朝に切るから大丈夫」との言葉で一安心。
 なお、明日のオーディションについて、西里奈ちゃんは17歳なので保護者が必要だということで、客席から募集していました(笑)
 そんな元気一杯のMCの後は、オリジナル曲。先ほどの曲もこの曲も、振り付けが可愛くてGOOD! やっぱり、振り付けじゅ〜よ〜(笑)
 西里奈ちゃんの次はあかりんが歌うのかと思っていたら、客席の後ろにいてその様子はない。やっぱりゲスト参加ではないからなぁ。残念。でも、目が合ったら微笑み返してくれたのは嬉しい(^^)
 ステージ上では、西里奈ちゃんと扇さんにより、今後の活動予定の告知。ベストプロデュース20周年突入記念ライブを開くらしい。
 途中からあかりんも呼ばれて、あかりんのライブ告知。扇さんから司会を任されたあかりんだが、
「えっ?」
 戸惑うだけで何も対処できない(^^; そこがやはりあかりんらしい(笑)
 それはさておき。なんとあかりんも、明日西里奈ちゃんと一緒にオーディションを受けるらしい(笑) それを今朝聞かされて、まだ服も歌も決まってないとか。もちろん、一旦事務所との契約が切られるとのこと。
「今はこうして1本のマイクを2人で使っているけど、明日はライバルなんですね!」
 あかりんに対する西里奈ちゃんのライバル宣言があり、
「2人の事務所が入れ替わるかもしれないぞ(笑)」
「いや、2人とも落ちるかもしれないな(笑)」
 ベストプロデュース社長の脅しがあり(笑)
 でも、その脅しに対しては、西里奈ちゃんは逞しく、
「落ちたら、事務所のドアを叩きに行きます!」
 と力強く断言してました(^^)
 なお、あかりんのMCだということで、ベストプロデュースの2人があかりんの左右に立っていたのですが、そのとき気付いた驚愕の事実! なんと、あかりんの背が高い!! これはびっくりだ(笑) というか、他の2人が低すぎるだけなんですが(^^;
「両手に花ですね(笑)」
 と嬉しそうなあかりん(笑)
「あたしも花だと思う人〜?」
 自分で客席に質問して、皆が手を挙げてくれたことにホッとする。しかし、やっぱりきちんと西里奈ちゃんがオチをつけてくれたのであった(笑)
「頭に花だと思う(笑)」
 爆笑(笑)
 というわけで、オチがついたところで、西里奈ちゃんの音頭による一本締めでお開き〜(*2)

□出待ち
 さて、ステージを降りてきたあかりんを早速捕まえ、撮影会の写真をプレゼント。一緒にいしださんもプレゼントして、「どちらにしようかな……」と始めたあかりんだが、いしださんの勧めにより私の方から先に見ることに。ラスカルのアルバム2冊だ。
 順番に見ていくのだが、なぜか「背中姿」の写真で指が止まる(笑) いや、評判は悪くなかったですけどね〜。あかりんも、「カッコいいでしょ」とか言ってたし。
 問題は、2冊目に入っていた、チャイナ服で座ったときの脚の写真。それを見たあかりん、「そうなんだぁ」。うっ、視線が冷たい(^^;; 「美脚じゃん〜」ととりあえず誤魔化しておく(^^;;
 写真を見終わった後もしばらくファン4人で囲んで談笑。
 そんなこんなで、壷社長から撤収指示。というわけで、いつも通りスケブに「今日の言葉」を貰う(笑)
“今日もマジック買ってこなかったです.今、あのマジックはどこへいったでしょー?! では、ではまたあしたー!!”
 うーん、いつかマジックを買ってきてくれるのか?(笑) そのときはリボン巻いてね(笑)
「そういえば、さおりさん、結婚しちゃいましたねー」
 きっと「あのマジック」を持っているに違いない白石さおり嬢のことを思い出して、そんなことを言ってみる。
「みたいですねー。誰と結婚したんですか?」
「石ノ森章太郎の息子。……てゆーか、明日来れないんだけど(^^;」
 メッセージの最後の部分を見て、そう告げる(^^;
 期待してくれてるのは嬉しいんですけどねー。すまんっ。
「明日はプラネタリウムを見にいってきます(^^;」
 嘘ではないな、嘘では(^^;;
 そうこうしている内に撤収時間も押し迫り、いしださんがアルバムに慌ててサインを貰っている。そして、最後にあかりんにマジックをプレゼント……って、こらこらこら! それは私のマジックじゃないかっ!(^^; 勝手にあげるないっ。あかりんも、妙に嬉しそうに貰うし〜(^^; でも、きちんと返してもらいました(笑)
 最後は入り口脇で握手会。握手には両手で応えた方がいいと思うぞぅ(笑)>あかりん

 さて、外に出ると人だかり。どうやら、ここでも出待ちはあるらしい(^^;
 バイクのベストプロデュース社長と徒歩の西里奈ちゃん&扇さんは、ファン10人程度を引き連れて打ち上げに。あ、なんか参加してみたいかも(笑) でも、あかりんが出てくるのを待たなければー。てゆーか、もう残っているのは我々を含めて5人だし(^^;
 そして、出て来たあかりんとここでもしばらく談笑し、「おつかれさまでしたー」。壷社長が車から引っ張り出してきた鐘(?)をキンコンカンコンと鳴らしていたのは謎だった(笑)
 ああ、今日も楽しい1日でありました(^^)
 その後はいしださんと2人で「村さ来」で飲み会(笑)

*1: だっけ?
*2: でも、なんで一本締めなんだろう?(^^;
GALACTIC LIVE 夜桜お7【概略】

日時:1999/09/26(日) 19:00
場所:北とぴあ アストロホール(王子)

出演:田口美奈子/加藤由紀/並木のり子/橋本悠/西崎理乃/まちぼうけ[スナフキン山下/ルリール原作者]
スタッフ参加:土屋亜有子/岡本絵莉

GALACTIC LIVE 夜桜お7【曲目】

--.前説/橋本悠・西崎理乃
01.ユキのバラード(オリジナル)/加藤由紀 with まちぼうけ
02.推定無罪(オリジナル)/橋本悠 with まちぼうけ
03.ベルサイユよ永遠なれ(オリジナル)/並木のり子 with まちぼうけ
04.愛は喪中(オリジナル)/田口美奈子 with まちぼうけ
05.もしも君が(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠 with まちぼうけ
06.進め!ギャラクティックライダー(オリジナル)/まちぼうけ
07.星空(オリジナル)/まちぼうけ
08.ペガサス幻想(MAKE-UP)/まちぼうけ
09.Galaxy of Love(オリジナル)/西崎理乃・加藤由紀・並木のり子
--.ドラマコーナー/加藤由紀・田口美奈子・並木のり子・橋本悠・西崎理乃
10.知恵と勇気だ!メダロット(竹内順子)/並木のり子
11.レインボー・レインボー(オリジナル)/西崎理乃
12.猫ニナリタイ?(オリジナル)/西崎理乃
13.三日月の寝台(新居昭乃)/橋本悠
14.愛・おぼえていますか(飯島真理)/田口美奈子
--.ハッピーバースディ由紀さん
15.戦士よ、起ち上がれ!(遠藤正明)/加藤由紀
16.スピナー(オリジナル)/加藤由紀・橋本悠 with まちぼうけ
17.アンゴルモアの夜は明けて(オリジナル)/田口美奈子・並木のり子 with まちぼうけ
18.ガガガGINGA!(オリジナル)/加藤由紀・田口美奈子・並木のり子
19.Galaxy of Love(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・橋本悠・西崎理乃・まちぼうけ

GALACTIC LIVE 夜桜お7【記録】

□入り待ち?
 16時半頃、最近行動を共にすることが多い(笑)いしださんと共に北とぴあに到着。開場までまだ2時間半もあるというのに、建物の前ではすでに見知った顔が待っていた(^^; 森川さん、御影さん、いすけさん、そーまさんだったか。
 PRIDEの黒いTシャツを着た貞方さんがひょこひょことやってきて、我々に捕まる(笑)
「どこに並ぶの?」
「何も考えてなかった(笑)」
 う〜む、実に貞方さんらしい(^^;
 その後はしばらく駅前のマックで時間を潰し、18時になったので北とぴあ内に入っていく。途中でかーしまさんと合流し、エレベーターで6階へ。暗い。が、ちらほらと人が歩いているということは、夜間開放されているのだろうか?
 アーケードとなっている通路をまっすぐに進んで行き、アストロホール前の入り口へ。すると、ガラス戸の向こうの受付席で、あゆあゆこと土屋亜有子嬢がパンフの中に紙を挟んでいく作業を淡々とこなしている。それを見て騒ぎ出したのが、自称「“あと少し”ファン」の森川さん(笑) ガラス戸越しに「あゆあゆ〜!」と声をかけるダメっぷり(笑) てゆーか、私を始め、他の人もみんな声をかけていたような(爆)
 その声が届いたか、振り向いて笑顔をくれたあゆあゆに、手を振るダメ人間ども(*1)。あゆあゆも振り返してくれて、可愛いなぁ(^^)、としみじみ思う。なお衣装は、ピンクのノースリーブに、ジーンズ、白い上着を腰に巻いて、ヒールの高いサンダルといった感じだったか。
 その後は、黙々と作業をこなすあゆあゆを眺めながら、時間が過ぎるのを待つ。みんなしてそっちを見ていたものだから、開場/開演時間の書かれた紙をドアに貼りに出てきた貞方さんが、「なんだよ〜(^^;」と固まっていた(笑)
 開場時間が近づくにつれ、こちらサイドも続々と人が集まってくる。そして、arachinさんに、貞方さんから聞いていた話を伝えると、
「やった〜! えりりんくぅ〜!(>_<)」
 声を張り上げる(笑) 何を伝えたかといえば、今日の受付はあゆあゆとえりりんこと岡本絵莉嬢が務めるという話。テンカーニバル以来、すっかりえりりんに転んでしまったarachinさんなのである(笑) しかし、えりりんがちょうど中に入っていくときには、トイレに行っていていないんだもんな〜。間が悪い(笑)(*2)
 それにしても、貞方さん言うところの「他社のタレントを受付で使う、この豪華さ(笑)」というのも頷ける(^^;
 その後、当日券販売及び予約チケット引き換えのために、ドアが開かれる。当日券もチケット交換の必要もなかったのだが、いそいそと入っていく私(^^; あゆあゆとえりりんの2人に挨拶して外に戻ってからも、貞方さんが「11/6〜7の東京電機大学錦祭のことは今聞くといいよ」と言っていたことを森川さんに伝え、それをダシにしてもう一度中へ(笑) でも、実際はまだ何も決まっていなかった(^^;

 開場は15分ほど遅れた。えりりんにチケットをもいでもらい、あゆあゆからアンケート用紙を貰って、貞方さんの「こちらから入場して下さい」という声に従って階段を登っていく。
 そして、開けたその場所は――白い空だった。プラネタリウムの天井って白かったのね〜。
 どうやら、客席の後ろの方から出てきたようだ。客席は後部にいくにつれて高くなっていくタイプ。前の席を求めて階段を降りていき、最前列の左側をキープ。右側は例によって、のりりんファン御一行らしい(笑)
 そして、席の目の前にあるのが、壇。畳2畳程度の壇が横に4つ並んでいる。これがステージとなるらしい(^^;
「この上で“ガガガGINGA!”が踊れるのか?(^^;」
 思わずそう心配してしまうほどの狭さだ(^^;;
 まあ、そんな心配をしても始まらない。とりあえず席に荷物を置いて、ロビーへと戻る。そこにはすでにいしださんがいたりした。さすが、素早いなぁ(笑)
「いや、次のライブのチケット売ってるから」
 え? さっきの入場のときはなかったぞ!?
 しかし、受付に行くと、確かに売っている。11/11の美奈子様ソロライブと、10/26の……クアトロ? 何これ? 初耳のライブだが、SHOWMAN'Sが出るらしい。ちょうどやってきた貞方さんに、確認。
「貞G、これなんですか?」
「これ? 僕もびっくりした(笑)」
 おいおいおいおい(^^; 相変わらずすぎる(^^;;
「GALACTICメンバーだけなんですか?」
「GALACTICメンバー? あかりんは出ないよ(笑)」
 うぐぅ(^^; そんなことは聞いてない〜(^^;;;
「ハンサムハリーも出ないよ(笑)」
 いや、そっちには興味ないです(笑)
 結局、5バンドによるタイバンらしい。平日夜だが、美奈子様ソロライブと合わせ購入しておく。
 一方、arachinさんは受付のえりりんに早速あいさつしていた(笑) しかも、胸に名札までつけているのだから用意がいい(爆)
「arachinです、よろしく」
 しかし、抜け駆けは許されない(笑) その後ろから、みんなして「えろちんです(笑)」「えろちんです(笑)」と教え込もうとする(笑) その甲斐あって、あゆあゆが「本当は何て名前なんですか?」と確認してきたのには笑った(笑)
 そんなあゆあゆには、
「GALACTIC LIVE 8(*3)には出るんだよね?」
 と質問。まだオープンにはなっていない情報なのであゆあゆは口をつぐむが、
「(あゆあゆとえりりんの)2人が出るって知ってるんだから〜(笑)」
 と言ったら、出ることを認めた。はっきり言って、誘導尋問でしかない(笑) でも、この情報、WEB管理人さんのミスで、一瞬だけSHOWMAN'Sのホームページに載っていたし〜(^^;
 そうこうしてると、貞方さんがやってきて、
「え〜、第2イベント会場の皆さん……(笑)」
 と、そろそろ開演の時間となることを告げに来たのであった(笑)

□アコースティックに幕は上がる
 暗闇の空に星々が瞬き始める。
 おー、プラネタリウム、使うんだー(^^) と思ったものの、それでなければ、わざわざここでやる必要はない(^^;
 今回の前説はギャラクシーポリス・ユウ&悪のお嬢様リノ。
「みんな〜、リノからのお願い聞いてね(^^)」
 う〜ん、なんかテンで会ったときよりも可愛い声に聞こえるのは、姿が見えないからだろうか(笑)
「いつもと雰囲気違うけど、盛り上がってね」
「盛り上がらない人は逮捕します」
 ユウのセリフはあくまで淡々と。それがイイ(笑)
 しかし、最後に伝えられたのは、嘘か真か残念な知らせだった。
「今回はアンコールは無しです」
 まあ、普段アンコールせびってるくらいなんだから、無いと言ったら無いんだろうけど(^^;
 前説が終わると「夜桜お七」by坂本冬美が流れるのは、お約束(笑)
 その間に、暗がりの中、ギターを持って静々と出てきたスナさんとルリールさんが、
ステージの後ろの席につく。今回、バックバンドはいない。

 そして、2本のギターが紡ぎ出す音楽は「ユキのバラード」。スナさんの歌に続いて、ワンピースの由紀さんが左から姿を現す。しっとりと1番を歌い上げ、2番から他のメンバーも出てくるのかと思ったら出てこない(^^; 歌が終わると、拍手の中、由紀さんは退場。MCも何もなく、「え? 行っちゃうの〜?」と思わず手を差し出したくなってしまった(^^;
 続いて出てきたのは、白いブラウスに水色のジャンパースカート、髪はアップにまとめているゆーちゃん。歌うは前回からの新曲「推定無罪」。
 やっぱり、歌い終わるとあっさりと立ち去ってしまい、入れ替わりに出てきたのはのりりん。となれば歌うのはもちろん「ベルサイユよ永遠なれ」。歌の上手さもあいまって、いつ聞いても気持ちいい曲だ。衣装は紫のワンピ。花飾りの黒いチョーカーも似合っている。
 そして、「愛は喪中」の伴奏と共に、威風堂々と美奈子様が入場。艶やかな紫のナイトドレス姿だ。もちろん他の3人と同じように1人で歌い上げていくのだが(*4)、後半からは3人がコーラスの歌声を響かせて出てくる。これでようやく、レギュラー4人娘が揃い踏みだ。
 しかし、このままただでは終わらない。最後、コーラスのはずののりりんが1人だけ声高らかに出張ってきて、美奈子様に「あんたが目立ってんじゃないわよ!」とばかりに突っ込みを入れられた一幕もあり。いや〜、笑えた笑えた(笑)
 そして、4人揃ったところで、歌は「もしも君が」。前回も歌われた曲だが、アコースティックバージョンだと全然雰囲気が違う。あんなにもノリノリの歌だったのに(^^; でも、美奈子様の「邪魔はさせなくてよ♪」は健在。

□がんばれ男の子
 というわけで、のっけから5曲立て続けに歌ったところで、ようやくMCだ。
「みなさん、こんばんわーっ!」
 由紀さんの元気一杯の声が、その始まり。その後は各人が簡単な挨拶をし、
「じゃあ、私たちは満足したから、後はよろしくね」
 早々に4人は退場してしまう。残されたのは、スナさんとルリールさんの2人だ。
「みなさん、こんばんわ。実は、最初からいたんです」
 とりあえず居住まいを正した2人だが、そんなこと気づいてましたって(笑) スナさんのMCは相変わらずいい味出している。
 そして、男性陣だけで歌うは「進め!ギャラクティックライダー」。この曲も色々な人に歌われるなぁ。もっとも、ほとんどスナさんが歌っていて、ルリールさんは最後に「ユキ〜♪」と入れるだけ。しかし、それだけなのに、その照れ具合がなんともイイ(笑)
「まだちょっと照れが入ってるね」
 とは、スナさんの講評(笑)
 続けて、ルリールさん作詞作曲歌と一人三役の「星空」。カッコよく言えば、シンガーソングライター(笑) 今日、プラネタリウムでやるということで作ってきた曲らしい。
「じゃあ、他のところでは歌えないね」
 さあ、このまま今回限りの幻の曲と化してしまうのか、乞うご期待(笑)
「歌うと弾けなくなるので、伴奏よろしく」
「ダメじゃん」
 そのやり取りは笑えた(笑)
 なお、歌詞の内容は、大人になると空を見なくなるなぁ、というような内容だったと思うが、それよりも歌詞の中に「ユキ」「ミナコ」「ノリコ」「ユウ」などの名前が出てくるところが凝っていた(笑)
「そろそろ着替えも終わったのではないかと思いますが」
 ということで、スナさんがこのコーナーの締めの一曲。
「星と言えばこの曲でしょう――」
 次の言葉が出て来ず、「溜めないように(^^;」、ルリールさんから突っ込み。
「ペガサス幻想!」
 おお、カラオケでの定番曲(笑) 盛り上がりますね〜(^^)
 この曲をやるために、昨日ビデオを見たらしい。道理でTVサイズだったわけだ(笑)
 そして最後は、「せーの、暗転」で、闇へと落ちる。このとき、星は瞬いていたのかな?(^^;

□予想外の結末?
 引き上げるスナさん&ルリールさんと入れ替わりで、正義の味方ユキ、悪の女王ミナコ、秘書のノリコのコスプレ(笑)で、3人が壇上へ。なぜかミナコの衣装は昔の女王様ドレスだ。
 そして、歌うは「Galaxy of Love」1コーラス。客席の皆も立ち上がり、やっとコールの入れられる曲が来たかと大盛り上がり(笑)
 しかし、どことなく感じる違和感はなんなのだろう? 恥ずかしながら、このときはまだ重大な事実に気づいていなかった私である。最前列で見てたのに(^^;
 歌が終わると、ユキが「何かおかしくないか?」と言い出した。いつものミナコらしくないと言うのだ。
「オーホッホッホッホッ。何を言い出すのかしら。私は悪の女王ミナコよ」
 高笑いで返すミナコ(仮)だが、それに対してユキは、
「声が若々しい」
「ちょっと照れがある」
「威圧感が感じられない」
 散々な言いようである(笑)
 そして、ノリコも気づいたようだ。
「薄い!」
 声を張り上げる。
「ああ、ヅラのことか」
 頭を押さえるミナコ(仮)の姿に、ユキは自分の答えに納得していたようだが、ノリコは首を横に振った。
「チチチチチ……」
 ノリコ時計の針が進み(笑)、ノリコのファンデーションを塗る真似に、
「ああ、化粧!」
 ユキもやっと気がついた。
「失礼ね! 私はいつもファンデーションをこう薄く取って伸ばしているじゃない」
「身のこなしに若さを感じるな……」
 化粧直しを始めた当のミナコ(仮)を見て、ユキがしみじみと呟く。
「でも、どこをどう見ても、悪の女王ミナコだよなぁ?」
 違和感を拭い去れないユキだが、そう結論付けた刹那、辺り一面に高笑いが響き渡った。
「オーッホッホッホッホッホッホッ!」
 もう1人の悪の女王ミナコ(新)が姿を現したのだ。
「しもべの皆さん、おニューの衣装はどうかしら?」
 しかも、燦然と輝く新しい衣装である。
 しかし、ミナコ(新)に対する、ユキとノリコの視線は白い。
「ミナコってこんなにクドかったっけ?」
「こっちの方が若くて好きー(^^)」
 ミナコ(仮)の腕を取った秘書のノリコに、ミナコ(新)の怒りは心頭。クドクドクドクド何か言い出すものの、ノリコを始めユキ、ミナコ(仮)の3人は遊んでいて、その話を全く聞いていない。
「ちょっと、そこのムラサキ女!」
 ついに、ミナコ(新)がミナコ(仮)をびしっと指差した。
「お黙りなさい。若くないニセモノミナコ!」
 ミナコ(仮)も負けてはいない。
 となれば、掴み合いの喧嘩となるは必定である。ユキとノリコが止めようとするが、2人のミナコパワーはその程度で押さえきれるものではない。
 しかし! そこに銀河連邦警察という強い後ろ盾を持った心強い(?)味方が現れた。ピーピーピー!と笛を鳴らして乱入してきたのは、そう、ユウ刑事である。
 とりあえず、顔馴染みのユキ、ノリコ、そしてミナコ(仮)に挨拶し、
「これが揉め事の原因ね」
 ミナコ(新)を「これ」呼ばわりしてしょっぴこうとするユウだが、もちろんミナコ(新)は抵抗する。
「違うっちゅーの!」
 その言葉を受けたミナコ(仮)がみんなの前に出てきて、はいポーズ。
「だっちゅーの!」
「逮捕する」
 今度はミナコ(仮)を捕まえたユウ。
「ここは若いふりすると辛いわよ」
 その目はマジである。
 結局、どちらがニセモノなのか誰にも判断出来ず、ミナコ(新)の提案で判断することとなった。
「豊富な経験と不必要な下積みからのカルトク〜イズ!」
 進行役はユウである。

ユウ「ミナコの尊敬する人物は?」
ミナコ(新)「福沢諭吉」
ユキ「金かぁ〜」
ミナコ(仮)「水木一郎」
ノリコ「アニキぃ〜」

ユウ「ミナコの好きなもの」
ミナコ(新)「青年実業家」
ユキ「金かぁ〜」
ミナコ(仮)「エビチリ」
ノリコ「ちゅうかぁ〜」

ユウ「よく見るテレビ番組」
ミナコ(新)「銭形平次」
ユキ「金かぁ〜」
ミナコ(仮)「メダロット」
ノリコ「ロボロボ団!」

ユウ「ミナコの嫌いなもの」
ミナコ(新)「貧乏」
ユキ「金かぁ〜」
ミナコ(仮)「秘書のノリコ」
ノリコ「およよょょ〜」

ユウ「宇宙の征服目的」
ミナコ(新)「え?(^^;」
ミナコ(仮)「美しいものは全て私の手に!」
一同「おぉ〜!」

 こうして、ミナコ(仮)が本物と認定されたのだが、
「あんたたち、グル〜〜〜ッ!?」
 もちろん、ミナコ(新)が黙っているはずもない。
「ニセモノ、発言を許可する」
「こんなのじゃわからないわ! しもべから問題提供よ!」
 というわけで、客席からしもべを募るのだが、真っ先に手を挙げたのが、自称「ミナコ様のしもべ」こと森川さん。さすが、その二つ名に恥じない行動だ(笑) そして、ふかふかさんともう1人の男性の計3人のしもべが、壇上へと招かれる。
 自己紹介と、本物のミナコを判別するための質問を順番に言っていく。
 1人目、「ミナコ様の執事」。「執事」のときに舌が回らなくて、ユウに「執事でしょ!」と突っ込まれる(笑) 「誰のファンなの?」という定番質問には、「もちろんミナコ様」との答。そして、ミナコたちに対する質問は、「ミナコ様が最近飼い始めたハムスターの名前は?」。ミナコ(新)はあっさりと「モルツとラガー」。ミナコ(仮)はそれを受けて「モルツとラガー」。なんかズルい(^^;
 2人目、「裏切り者1号」。やはりミナコ様ファン。質問は「ミナコ様は昔アイドルをされていたそうですが、その名前は?」。ミナコ(新)「CoCo」(笑) ミナコ(仮)「Ribbon」(爆) 「そ、そうだったんですか?(^^;」、それにはユウもびっくりだ(笑)
 3人目、「まこちゃん」。当然ミナコ様ファン。質問は「ピカチュウの着ぐるみパジャマはどこで買った?」。ミナコ(新)「吉祥寺」、ミナコ(仮)「アンドロメダ」。
 というわけで、しもべたちは、ミナコ様の飼っているハムスター、モルツ&ラガーの写真を貰って退場。
 そして、最後の審判は会場の拍手に委ねられた。拍手の多かった方が本物というわけだ。
「こっちのミナコが本物だと思う人っ」
 ユウがミナコ(新)を示すが、し〜ん。まるで申し合わせたかのように、誰一人の拍手もない。
「では、こっちが本物だと思う人!」
 わ〜〜〜っ、ぱちぱちぱちぱち〜〜〜〜〜っ! 大拍手。
 私としては、たとえ1人であろうとも、ミナコ(仮)のときに拍手しようと思っていたのだが、これは予想外の事態だった(^^;
「あんたたち、恨んでやる〜!」
 誰も拍手してくれなかった会場に対する、ミナコ(新)の叫び。
「やったぁ! 悪のお嬢様リノの勝ちぃ!」
 右手を突き上げ、跳び上がって喜ぶ悪の女王ミナコ(仮)――いや、悪のお嬢様リノ。
「え?」
 ユキとユウはそれを呆然と見つめ、いつも通りのノリコのナレーションで幕は閉じたのであった。
「こうして、今日も宇宙の平和は守られたのであった。めでたし、めでたし」

□嵐の前の静けさ
 というわけで、予想外の終わり方(?)で幕を下ろしたドラマ編のメンバーが勢揃いして挨拶した後、次に歌うのりりんが着替えのために早々に退場。話はゲストのりのりんを中心に進んでいく。
 丁度現在放送分のゆうせんに出ているところで、そこで美奈子様のアイドル講義を受けているらしい。
「そういえば、アイドルなんですって?」
「はい、アイドルです(笑)」
 臆面も無く言い切るところが素晴らしい(笑)
「私はコンドルです(笑)」
 以降、アイドルと言う言葉が出てくるたびに、出張ってくるゆーちゃん(笑) ちなみに「コンドル」とは「コントの出来るアイドル」の省略形。
 で、りのりんにもそういった省略形があるとのことで、その名も「ショッパドル」(笑) 失敗ばかりしていてダメだということを「しょっぱい」と言うらしいが、私は初耳だ(^^;
 しかし、さらにショッパドルの進化系があるらしく――
「とおっ!」
 そこに着替え終わったのりりんが勢い良く乱入。
「ミミだ! ミミだ! ミミだ〜〜〜っ!」
 なぜゆーちゃんが騒ぎ出したかといえば、のりりんのかぶってきたポムポムプリンの帽子の耳が揺れて可愛かったからである(^^)
「心を決めて、ヨゴレとして生きていくことにしたのね」
 美奈子様のしみじみとしたセリフがナイス(笑)
 というわけで、そのままのりりんのコーナーへと突入。
「ね、ねぇ、ショッパドルの進化系は……?」
 それが明かされないまま、のりりん1人を残して皆は引き上げていったのであった。

 のりりんMC。アークメンバーでライブをやるらしい。しかも、場所が、
「何でGALACTIC LIVEでもないのに、TAKE OFF7なんでしょうね(^^;」
 とのこと(笑)
 さて、歌う曲は、のりりんも出演しているアニメ「メダロット」のオープニングテーマ「知恵と勇気だ!メダロット」だが、今回は客席参加型にしたいらしい。というわけで、のりりん直々のコール指導(笑) その甲斐あって、大いに盛り上がりました(^^)

 のりりんと入れ替わりで登場は、Tシャツにジーンズのホットパンツという若々しい格好のりのりん。しかも、ルーズソックス(笑) しかし、ホットパンツの片方の裾がまくれている辺りが、ショッパドルのショッパドルたる所以か(^^; さらに、急いで着替えたためうまくつけれなかったのか、歌の途中で腕輪だか何だかをステージの後ろに放り投げていたし(^^;; おまけに、披露した一曲目の曲名は、ライブの最後まで語られることはなかった(^^;(*5)
 それでもどうにか歌い終わってMC。
「はじめまして、西崎理乃です」
 と頭を下げたところで「りのり〜ん!」と声をかけてみたが、聞こえなかったようだ(^^; でも、横や後ろのダメ人間たちから突っ込みを食らう私(^^;;
「悪のお嬢様役、緊張しました。あの衣装は美奈子さんから借りたんです。そういえば、女王様のコスプレをしてる人はいませんね〜。今度してきて下さい(笑)」
 さあ、次回「GALACTIC LIVE8耐!」にて、コスプレをしてくる人がいるのか、乞うご期待っ!(笑)
「そういえば、由紀さんのGALACTIC RADIOに出させていただいたんですが、これって、ギャラクティックレディオって発音するんですね。ギャラクティックラジオって読んで、なんかカッコよくないなぁ〜って思ってたんですけど、メールで注意されちゃいました(^^;」
「はーい、私でーす(笑)」
 手を上げてみる。今度は気づいてもらえたようだ(笑)
「……え〜と、何しゃべるんだっけ?(^^;」
 客席に聞かれても、誰も答えられるはずはない(^^;
「顔は知らないんですけど、BBSで会話した方が何人かいますよね?」
 何故か知らないけど後ろからかじゅくんにドツかれ(^^;、その勢いで、
「は〜い、けーくんでーす(笑)」
 思わず名乗りを上げてしまう(^^;
「はい、覚えましたよ〜(笑)」
 むぅ、覚えられてしまったラシイ(笑)
 その後は、パーソナリティを務めているFM葛飾の「The Newtype Night」の告知をして、もう一曲の歌へ。こちらもオリジナル、「猫ニナリタイ?」。歌詞内の「猫は猫に憧れない」という部分に思わず共感してしまった(笑)
 しかし、2曲とも、「正統派アイドル」とは路線が違うと思うのだが(^^; やはり「正統派」を謳うのであれば、フリフリの衣装で甘ったるい歌じゃないと。そして、振りつけも仰々しくでしょう(笑)

 お次は、青いワンピでゆーちゃん登場。歌うは「三日月の寝台」。他の皆は知ってたりするのだが、私はやっぱり知らない(^^; どうも、ゆーちゃんとは歌の嗜好がとことん合わないらしい(^^; ちなみに、「ぼくタマ」こと「ぼくの地球を守って」のラジオ版主題歌のようだ。新居昭乃さんの歌。そういえば、OVA版「ぼくタマ」のキャラクターデザインは、ゆーちゃんの好きなジリオンの後藤隆幸さんでしたねぇ。
 MCは、「来週の今ごろは――」ハレルヤの告知。ライチーズの紹介で、客席から「知る人ぞ知る(笑)」と言ったら、「そう、知る人ぞ知る(笑)」と受けてくれたので嬉しい(笑)
 そして、会場のアイピット目白の場所が、駅から近い割には分かりづらいらしく、駅からの道順を伝える一人パフォーマンスが面白くて笑えた(笑) これでこそ、ゆーちゃんトークだよなぁ(^^)

「お次は、美奈子さんです〜」
 ゆーちゃんが引き上げると同時に次の曲が流れ始める。
 あれ? この曲は……?
 聞き覚えがあるというか、こんなところで出てくるとは思わなかったというか(^^;
 そして、ゆっくりと入ってきた美奈子様の御姿に、客席からはどよめき。それもそのはず、実に色っぽいチャイナドレス姿だったからだ。髪をきちんと頭の上でお団子2つにしてるのもポイント高い。
 「愛・おぼえていますか」。まさか、智ちゃんのカバーってわけではないよな(^^;
 なんかこっちの方を見て笑っているかと思ったら、振り向いたその先でかじゅくんがピカチュウのお面にライトを仕込んで光らせたものを振っていた(^^;
 間奏中にソロライブ等の告知を済ませてしまい、特にMCは無し。歌い終わると静かに去っていきました。

□謎のハッピーバースディー
「みんな、いいものが見れたね〜」
 チャイナ服というか何というのか、青いゆったりした服で由紀さん登場。そういえば、美奈子様の着ていたチャイナドレスは由紀さんのものだったらしい。
「ちょっと怖いミンメイでしたけどね(笑)」
 こ、ここは笑っていいのだろーか(^^;;
 MCは、GALACTIC RADIOがイエローペンギンズから通算で1周年、また、GALACTIC LIVEもちょっとサバ読んで一周年、といった内容。
「ドームツアーやりたいねー!」
 ああ、それが実現するのはいつのことだろう(^^; 札幌ドームはまだなので、それが完成するころ、とは言ってたけど(^^;;
 と壮大な夢を語ったところで、歌は「魔装機神サイバスター」より主題歌「戦士よ、起ち上がれ!」――のはずだったのだが、流れ出た音楽はブルース・リーのテーマ(笑) 確かに由紀さんはブルース・リーのファンらしいが、一体何が始まるんだ? これは由紀さんも予想外だったようで、本気で戸惑った顔をしている。それがなんか可愛い(^^;
 音楽が止むと、どこか調子の狂ったハッピーバースディの曲をギターで弾くスナさんとルリールさんを先頭に、美奈子様、のりりん、ゆーちゃんが一列になって入ってくる。先程までの衣装の上にGALAXY POLICE黒Tシャツを着ただけの衣装で、手にはよく顔にぶつけるようなパイを持っている。
 5人並んで、腰を落としたアヤシイ歩き方で、由紀さんの周りを回る(笑) 時折止まってはパイをぶつけそうな仕種を見せ、由紀さんをビビらせる(笑) 何がどうなっているのか理解できずに硬直している由紀さんは可愛い(笑)
 そして、結局何もしまいまま、ただ由紀さんの周りを一周しただけで、戻っていくアヤシイ一行(笑)
「うぁ……うそだぁ……」
 1人になってようやく事の次第を理解したのか、思わずへたりと崩れ落ちてしまう由紀さん。うんうん、可愛いぞ(*6)
「これって、あれだよね。あたしの誕生日ってことだよね……? 貞方さぁん!」
 呼ぶが出て来はしない(笑)
「涙が……、この状況で歌えっていうのか!」
 嬉し涙を指で拭う。その笑顔は以下略。
「気を取り直すのはオレだーーーッ!」
 自らを鼓舞して、気合を入れる由紀さん。そして、今度こそ「戦士よ、起ち上がれ!」を熱唱。でも、目はちょっぴり涙ぐんでいて、そこがまた以下略。

□ラストスパート!
 由紀さんの歌が終わると、マイクを持って出て来る3人。それぞれ黒い衣装に着替えている。相変わらずゆーちゃんは皮系ではない(^^; そして、定位置につく、スナさんとルリールさん。
「おめでとー(^^)」
「おめでとー(^^)」
「おめでとー(^^)」
 口々に言われるお祝いの言葉に、
「よくもそう白々しく」
 由紀さんは悪態で返すが、もちろん照れ隠し。
 その後は、松田聖子の曲を作曲することになったKAORUさんの話や、今後のライブの告知など。
 そして、まずは若い者チームで「スピナー」、続けておねーさまチームと入れ替わって「アンゴルモアの夜は明けて」。それぞれ、アコースティックバージョンで、前回と聞いた印象がまるで違う(*7)。こうもガラリと変わってしまうと、曲が覚えられない(^^; いい曲なんですけどねぇ。

 美奈子様とのりりんが歌い終わると、黒衣装に着替えた由紀さんが、スナさんルリールさんと入れ替わりに参入して、この3人となれば歌う曲は決まっている。そう、「ガガガGINGA!」!。客席も総立ちだ。あの狭い壇上でよく踊れるなぁ、と、コールを入れながら感心(笑)
 それにしても、私は最前列だったのだが、すぐ目の前がステージ。1段高くなっているものの、こちらも1段高い。そんな状況で、目の前ののりりんはちっちゃいし(笑)、それでなくても振り付けはしゃがむことが多いため、初めて「ガガガGINGA!」を見下ろしてしまいましたよ(^^; う〜ん、なんか不思議な感じ(^^;;
 歌の途中では、舞台に由紀さん一人を残して、左の通路を美奈子様、右の通路をのりりんが駆け登るという珍しい一幕もあった。
 そして、最後の曲は、ゆーちゃん、りのりん、スナさんとルリールさんも参加して、「Galaxy of Love」を大熱唱! もちろん、コールが飛び交う客席も大盛り上がりだ。
 こうして、盛大な拍手の中、「GALACTIC LIVE 夜桜お7」は幕を降ろしたのであった。

□出待ち
 楽屋に引き上げていく一行に向かって、「りのり〜ん!」と呼んでみる(笑) 暗闇の中、振り向いてくれたりのりんは、手まで振ってくれたのでした(^^)
 さて、冗談抜きで本当にアンコールはなかった。さすがみんな、撤収を遅らせるわけにはいかない事情をわかっているようだ(笑) ちなみに、この時点で21時20分ほど。22時までに完全撤収しなければいけないらしい。
 アンケートでも書くかぁ。と思ったものの、誰もいないステージに向かって書いてみてもつまらない(^^; というわけで、受付に行けば多分あゆあゆとえりりんがいるだろうと思い、早々に席を立つ。
 すると案の定(笑) えりりんは受付に立って、今後のライブのチケット販売とアンケート用紙収集、あゆあゆは入り口の脇に立ってパンフを配っていた。
 アンケート用紙を持って受付に行ったら、えりりんに笑顔で手を差し出されたが、
「ごめん、今から書きます(^^;」
 わざわざ受付の机の隅を借りて、用紙を埋めていく。もっとも、感想以外は開演前に書き込んでいたので、すぐだ。書き終えたアンケート用紙は、えりりんに丁重に両手で差し出す(笑)
 後は遊ぶだけである(笑) あゆあゆの前で森川さんを捕まえて、
「7日来て下さい、って言えば、来てくれるよ〜(笑)」
 あゆあゆを焚きつける(笑)
 が、あゆあゆの方が一枚上手であった(^^;
「7日って何でしたっけ?」
 おいおいおいおいおい(^^;;;
『学園祭でしょ!』
 森川さんと私の声が綺麗にハモっちゃったぞ(笑)
 そんなことをしてあゆあゆで遊んでいる間、一方のえりりんにはarachinさんが近づいていた(笑) アンケート用紙を渡し、
「すみません、握手して貰えますか?」
 びっくりしたのか一瞬硬直していたえりりんだが、それに快く応じる。
「うぁぁぁぁ、arachinさん、ダメすぎ!(笑)」
 というわけで、本日のダメ大賞に認定(笑)
 残った時間は受付の隣に立って、「ありがとうございましたー」とか言ってみる。誰だよ、お前(^^;;;

 今日の出待ちポイントは正面玄関らしい(笑)
 まったりとして待っていると、早々にあゆあゆ、えりりんたちが出て来る。が、みんな遠巻きに見てるだけで近づかない(^^; その間にも3人は玄関から離れていく。というわけで、
「おつかれさまでしたぁ」
 呼び止めて近づく(笑) 隣には森川さんがいたよーな(笑)
 まずはえりりんにサインを貰う。写真も撮らせてもらう。うぐぅ、暗すぎてAFのピントが合わん(^^; このピント合わせには、出待ちの最後まで苦しめられた(^^;;
「アイドルCHUiとかも出てるんですか?」
「はい、月1くらいで(^^)」
「今度行けたら行きますー」
 媚び媚び(笑)
 さて、お次はあゆあゆ。
 やっぱり、サイン、写真と頂き、おまけに握手までいただいてしまう。両手でふっくらと、見事なアイドル握手(笑)
「ライブ来て下さいね(^^)」
「次のGALACTIC LIVEには行きますー(^^) 7日は検討中(^^;」
 結構冷たい(^^; そういえば、アストロホールを出るときに、あゆあゆを間違って「えりりん」と呼んでしまった(^^;;; あぅ、ごめんなさい(^^;
 そうこうしていると、玄関の方から「りのりんが来た」というような声が聞こえてきたので、早速そちらに移動(^^; いや、だって、りのりんに会うのが今日の目的の一つだしー(^^; アンケートの「今日の目的は?」みたいなところにも、「りのりんに会いに(笑)」って書いたし、「出待ちで逃げないよーに」ってメールで送っといたし(^^;<テンテンで逃げられたのが、よっぽど悔しかったらしい(笑)
 というわけで、ご挨拶。
「けーくんですー」
「あ、もう覚えましたよぉ(笑)」
 むむ、もう覚えられてしまったラシイ(笑)
 早速サインを貰う。マジックの太い方を使って、ダイナミックである(笑) そして、写真撮影と歓談。
 りのりんと話している間に、ギャラクティックメンバーも勢揃いしていたようだ。あっちに顔出し、こっちに顔出し、と浮気の旅巡り(^^; いや、今までの出待ち他の写真を持ってきてたんで、それを皆さんに渡してたんですよぅ(^^;;
 のりりんには、SHOWMAN'S本「GALACTIC!」もプレゼント。ついでに、私の本にはサインを貰う。これで4人娘が揃い踏みだ(^^)
「あ、噂の本だ(笑)」
 と言ったのは、並木家末っ子さんだったか。
「噂なの?(笑)」
「読んで感動しました(笑)」
 ううう、そう言っていただけると嬉しいです〜。
 というわけで、のりりんも読んで下さいね〜。
 美奈子様とは、ポケステのどこしょの名刺交換(^^) その後、ゆーちゃんの元へと走ったものの、あうぅ、電池切れ(^^;
「ハレルヤのときね〜(^^;;」
 そういえば、arachinさんに「乳揺れなくてゴメンね〜」って言ってたのには笑った(笑)
 その後は、「ゆーちゃんと同い年なんだから、“由紀ちゃん”でいいよー(笑)」と繰り返す由紀さんのところにいた魔竜王くんを引っ張ってきて、ゆーちゃんを含めた十人程度で周りを取り囲んでリンチ――じゃなくて、謎談義。
 それが終わると、ちょろちょろと撮影の旅。フィルムは使い切らないと現像に出しづらい(^^; 結果、半分以上がりのりんの写真だったのはどうしてだろう?(^^;;
 そういえば、さっとんさんがりのりんに腕の関節極められた写真を撮っていた後にツーショットをお願いしたら、
「ポーズはどうします?」
「じゃあ腕でも組みますか」
「普通ですね」
 って、言われた(^^;
 あと、見るたびに場所を移動している美奈子様(^^; 森川さんが拝み握手をしていたらしく、その写真はかーしまさんにフォーカスされていた(笑) う〜ん、拝み握手はすっかり森川さんの技になってしまったな(^^; 私は最近使っていない。
 しかし、ゆーちゃんと美奈子様だけならまだしも、りのりんにまであかりんネタで冷やかされた(^^;(*8) うぐぅ、今日はあかりんイベント蹴って「夜桜お7」に来たんですってばぁ! 来週も、あかりんライブを蹴って「ハレルヤ」に行きますよぅ。
 というわけで、美奈子様だったか由紀さんだったか、撤収宣言。いつもより長々と話せたなぁ、と思っていたら、どうやら貞方さんがいなかったためらしい(笑)
 そんな折に、スナさん発見! 早速サインを貰う。名前を名乗ったら、
「こんな風に話したことってなかったですよね?」
「そうですねぇ〜。SHOWMAN'S本は読んでいただけました?」
 半分くらい読んでいただけたそうな。なお、その後由紀さんから「スナフキンに本は見せてあげた?」と聞かれた。自分が見せてあげてないから心配してたらしい。
「ルリールさんがハイパーメールで送ってくれたみたいです(笑)」
 ああああ、ハイパーメールって一体何なんだろう?(笑)
 そんなこんなで、本当に撤収。
「お疲れさまでした〜」
 横断歩道の方へ歩いていく一行。しかし、りのりんはまだ北とぴあ前でしゃがみこんで何やらやっている(^^;
「お〜い、置いていかれてるぞ〜(^^;」
「待って下さいぃ〜」
 う〜ん、おいしい奴(笑) 撮影のときのポーズから考えても、どうみても正統派アイドルではないな(爆)
 最後、信号待ちしてるゆーちゃんとりのりんのツーショットを撮って、出待ちも終了。
 でも、あとちょっとだけ今日のイベントは続くのであった(笑)

□余談
 JR王子駅に向かって歩いていくと、駅前でルリールさん発見! 北とぴあでは撤収直前になってようやく見かけたので、挨拶の一つも出来なかったのだ。というわけで、サインをいただく(^^; 何故かまだ帰ってなかったらしいえりりんと、りのりんたちの保護者モードらしく、お手数おかけしてしまって済みません(^^;
 別にタレントの帰路を追っかける趣味はないし、大人の事情で地下鉄の方が便利なので、みんなとはここで別れて地下鉄王子駅へと向かう。かーしまさんとさっとんさんも同じく地下鉄だ。
 構内へ至る階段を降りていくと、階段の下に見知った人影を発見。あら、ゆーちゃんじゃん。かと思いきや、影の方には、スナさん、美奈子様、由紀さん、のりりん、のりりんマネージャー(?)さん(発見順)と、ぞろぞろ隠れていた(笑)
「おつかれさまです〜」
 2〜3人のファンと話していた中に合流。ゆーちゃんとかーしまさんが名刺交換を始め、
「名刺交換、する〜?(笑)」
 ゆーちゃんにいぢめられる、私(^^;
「その電池よこせぇ!(^^;」
 ゆーちゃんのポケステの電池を貰っても、やっぱり名刺交換は出来ないって(^^;
 やってきた電車に乗り込む。進行方向に向かって左側奥から、由紀さん、美奈子様、ゆーちゃん。右側奥から、のりりん、スナさん。のりりんマネージャーさんはのりりんのさらに奥、ドアの脇で立っている。ゆーちゃんの隣が空いていたので、あっさりとそこに座る私(笑) かーしまさんは私の前、さっとんさんは由紀さんの前辺りに立っていた。
「ゆーちゃん、今日もお泊まり?」
「はい、拉致されます(笑)」
 一方、拉致する美奈子様は、ピカチュウ人形の入っているモンスターボールを見ながら、
「このままだと私、ポケモンファンだと思われちゃうんじゃないかしら(^^;」
 と心配していた(^^; 
 全てはあの着ぐるみが始まりだと思うのだが(笑)、こうしてプレゼントされることによりピカチュウグッズが増えて、たくさん持ってるから好きなんだと誤解されて、誤解が誤解を呼ぶ(笑) そういえば、鞄の中にはかじゅくんがプレゼントしたピカチュウお面のライトも入っていたな(笑)
 何を話したかはよく覚えていないが(^^;(*9)、飯田橋まで皆で歓談が続いた。
 そして、事務所へ向かうらしく飯田橋駅で降りていくSHOWMAN'S御一行様。それのストーカーではないと思うが(笑)、かーしまさん、さっとんさんらも降りていく。残されたのは、のりりん、のりりんマネージャー、私の右に座っていた名も知らぬファンさんと私の4人だ。
 空いたのりりんの隣にマネージャーさんが腰掛け、私はせっかくなのでのりりんの正面に移動してみる(笑)
「お見合いみたいですね(笑)」
「お父さん〜」
 隣のマネージャーに抱きつくのりりん。
「お父さん、こっちこっち!」
 こちらも負けじと、さっきまで隣にいた人を隣に呼ぶ(笑)
「ご趣味は何ですか?(笑)」
 お見合いといったら、この質問しかないだろう(笑)
「……お見合いのときって、本当の趣味って言うのかなぁ?」
 のりりんの疑問に、
「言わないと思う」
「やっぱ、お見合い用の(笑)」
「料理とか」
 周りの男性連中は口々に(笑)
「じゃあ、料理です(笑)」
 そして、四ッ谷で降りていく私のお父さん(笑)
「ばいば〜い」
 のんきにそれを見送っていたのりりんだが、
「あ、ここ四ッ谷じゃない!(^^;」
 どうやら自分も降りる駅だったらしく、慌てて降りる準備(^^;;
「おつかれさまでした〜」
 最後は手を振って、ホームへと降りていきました。
 永田町で乗り換えた私が部屋に辿り着いたのは0時すぎ。
 こうして、「GALACTIC LIVE 夜桜お7」は終わったのであった。
 みなさん、おつかれさま。

 その後、1時すぎまでルリールさんとチャットし、ルリールさんと入れ違いにやってきた美奈子様&ゆーちゃんと3時頃までチャットしていたのは、さらに余談である(笑)

*1: 自分含む。
*2: でも、実は通路ですれ違っていたらしい。
*3: 名称未定。
*4: スナさんのコーラス有り。
*5: 出待ちで聞いたところによると、「レインボー・レインボー」らしい。
*6: こればっかり(^^;
*7: それは「スピナー」の方が顕著だった。
*8: あかりんへの伝言まで頼まれた(^^;
*9: つまり、他愛もない世間話だったのだ。