イベント参加リスト(2001年07月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
あいどるCHU-DOGS【概略】

日時:2001/07/04(水) 19:00
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:ミラクルツインスタア[Midori/Mikiko]/天野めぐみ/田中裕美/ピカピカ[恵美奈マコ/澁谷良子/清水さやか/武田愛可/野見山晴可/薮崎衣海]/中西未来

あいどるCHU-DOGS【曲目】

01.rustic girl(オリジナル)/ミラクルツインスタア
02.LOVE QUESTION(オリジナル)/ミラクルツインスタア
03.I want…(オリジナル)/ミラクルツインスタア
04.Happy I♥N♥G(オリジナル)/ミラクルツインスタア
05.パラパラ殺人事件(CoComina Girls)/天野めぐみ
06.熱い砂の上のBlood,Sweet&Tears(天野めぐみ/土屋美恵子/栗羽美来)/天野めぐみ
07.TIME to TIME(オリジナル)/天野めぐみ
08.パラパラ殺人事件(CoComina Girls)/天野めぐみ
09.チャンス!!(オリジナル)/田中裕美
10.想い出あげない(高橋由美子)/田中裕美
11.夏空のDreamer(CoCo)/田中裕美
12.笑顔の場所へ(オリジナル)/田中裕美
13.あなたが1ban!(オリジナル)/田中裕美
14.ウルトラメンゴ!!(オリジナル)/ピカピカ
15.ドキドキデート(オリジナル)/ピカピカ
16.なつやすみ(オリジナル)/ピカピカ
17.ウルトラメンゴ!!(オリジナル)/ピカピカ
18.十七の夏(オリジナル)/中西未来
19.17才(河合奈保子)/中西未来
20.ひとり歩き(桜田淳子)/中西未来
21.ラブレター(河合奈保子)/中西未来
22.愛してます(オリジナル)/中西未来

あいどるCHU-DOGS【記録】

 トップバッターはもちろんミラスタ。また新曲が増えて、なんと4曲全部がオリジナル曲という事態に! それはそれで嬉しいけど、やっぱりカバー曲も歌ってほしいなあ。とりあえず石川ファンのみきぼんには、三人祭をリクエストしておきました(笑) しかし、新曲といえども振り付けが揃っているところがミラスタ。の恐ろしいところですな。しかも、異様に高いレベルで。まあ、さすがにちょっとバラついてる部分はありましたが、それは、普段の平均点が98点で新曲は95点だった、というレベルでの問題で、他のユニットの追随を許すものではありません。多分他のユニットに点数つけたら、80点もいかないと思うぞ。で、オリジナル4曲の中では、「Happy I N G」が一番好きかなー。特にBメロ(笑)
 さて、二番手は天野めぐみちゃん。何者かと思っていたら、ヴェッカーの人らしいです。1巻の人(笑) 今日の衣装もヴェッカーでの衣装だったようです。コスプレじゅ〜よ〜?(笑) さて、1曲目は・・・パラパラかい(笑) しかも、振りは妙に簡単そう(笑) 曲名は「パラパラ殺人事件」らしい。めぐみちゃんも参加しているユニットCoComina Girlsの持ち歌らしいです。ノリのいい曲で結構好きかも。続いてはヴェッカーの主題歌とテーマソング。テーマソング「TIME to TIME」はビデオに収録されていたものより上手に聴こえたということだが(^-^; それでも、今の歌唱力は誉められたものではないです(^-^; まあ、私は歌唱力については気にしない人ですが。でも、なんか笑い方だけ妙にムカつくんだよな〜(^-^; 他の部分は、可愛いんだけどねぇ。で、最後は「パラパラ殺人事件」をもう一度。別にピカピカじゃないんだから、同じのを二度歌わなくても(^-^; まあ、他の曲を覚える余裕がなかったんだろうけど(^-^;
 そして、次が裕美ちゃん。ああ、やっぱり表の張り紙に書かれていた順番なのね・・・。裕美ちゃんのときは、もう「曲に反応」って感じですな(^-^; いつも通りの安定感で、特に言うこともないです(笑)
 続いては、ピカピカ・・・だったらしい。ぃゃ、直接は見てないもんで(笑) 毎度毎度同じだし、わざわざ見る必要もないですな。そう思って受付前にいたら、同じような考え方の人が10人くらいいたようで(笑) クーラー効いてないから暑いって(^-^; まあ、ピカピカはやっぱり案の定だったらしいですが、なんかいつもは「ドキドキデート」→「なつやすみ」の順だったような気がするが、今日は逆だったよーな気も・・・。
 トリは中西未来ちゃん。なんか苦手なので、そのまま受付前にいました(^-^; あと、なんか今日もぁゅぁゅのおまけ(笑)の貞Gがいました。本体のぁゅぁゅはいませんでしたが。
 つーわけで、終演。物販。ぞのさんがいの一番でめぐみちゃんの列に並んでました(笑) 写真とCDを売ってるようです。この写真が曲者で、KG版4枚入りで1000円なのはいいとして、全10種類なんですよねー。もちろん、どの4枚が入っているかはわからないわけで、要はトレカと一緒ってことです。私がそんなもん買うわけありません(笑)
 つーわけで、毎度毎度受付にいるミラスタ。の方に行って、サイン貰ったり、などなど。まあ、最後の最後にめぐみちゃんとこ行って、CDだけ買ってきたけど(笑) ぃゃ、なんか好きです、「パラパラ殺人事件」。
 TAKE OFF7撤収。たばさんにめぐみちゃんの水着写真を貰った(笑) その後は出待ちを済まして、退散。おつかれさまでした。

KOMEいいじゃん【概略】

日時:2001/07/08(日) ??:??
場所:LOFT/PLUS ONE(新宿)

出演:揚田あき/里見まや/秋元乃枝/園田真夕/林あかり/七園未梨/坂松芽伊/中里恵/ナカセアサノ/宮西乃愛/ひのまるこ

KOMEいいじゃん【記録】

 予定の13時をちょい押して開場。当日券だが、ファンクラブ会員(*1)なので、前売り扱い。といっても、200円しか違わないが。でも、200円は大金(笑) 座席を確保したら、早速恵ちゃんのもとへ♪ 撮影会のとき、コメに行くか別のイベント(*2)に行くか悩んでる、と伝えていたので、顔を合わせたとき、驚いた表情ながらも嬉しそうに笑みを浮かべてくれたのは嬉しかったですねぇ(^-^) てゆーか、私はもう恵ちゃんにメロメロ(*3)です(笑) その後は、写真渡したり、サイン貰ったり、写真撮らせてもらったり。「8月5日(のイベント)は出るの?」と聞いたら出るということだったので、「恵ちゃんが出るなら行く」と素直に本当のこと(笑)を答えたら、「そう言ってくれると嬉しいです(^-^)」だって。ますます可愛いねえ(^-^) てゆーか、私はもう恵ちゃんにメロ(以下略)。
 つーわけで、七夕記念ということで、願いごとの短冊ならぬ、「10年後には何をやっているか」というくじを引いているシーンのビデオが流されてから、開演。

 まあ、内容はといえば、相変わらずの、歌ありーのコントありーのの、よく言えば盛りだくさん、悪く言えば中途半端な内容。女のコみんな(*4)浴衣姿なのは可愛らしかったですね(^-^) コントにおける恵ちゃんの役どころは毒舌家に落ち着いたのかな。のんちゃんはひたすらボケ役だけど(笑)
 つーわけで、終演。内容はいいです。DV回してたので(笑) しかし、終わってからも、しばらく超爆の歌が頭の中を回っていて大変でした(笑)

*1: になっちまったんだよ(笑)
*2: ぁゅぁゅバースディライブなわけだが。
*3: 死語。
*4: 一部除く。
クリックアイドルと行く伊豆半島1泊2日の旅【概略】

日時:2001/07/14(土)〜15(日) 08:00
場所:伊豆半島(伊豆)

出演:外崎つぐみ/折戸マリ/川口まこと/他

クリックアイドルと行く伊豆半島1泊2日の旅(1日目)【記録】

 5時半に目が覚める。イベントの日は何故か目覚めがいい(笑) そう、今日は「クリックアイドルと行く伊豆半島1泊2日の旅」の日なのだ。 このときはまだ、あんな事態が待ち受けているとは思いもよらなかったよ・・・。
 と、意味ありげに引いてみせますが(笑)、うーん、どこまで書いていいもんなのやら。以前某氏に「書いて良いことと悪いことがある」とか言われましたが、そんなのわかってるっちゅーねん。書けないことは書いてないっちゅーねん。そこまで信頼ないんかね、私は。けーくん悲しい(;_;)
 というわけで。まあ、文字通り色々あったんですが、楽しかったことだけ書いていくことにしようかな。皆さんの期待を裏切るよーですが(笑) って、期待を裏切ってしまうのも、私としては納得出来ないなあ。せっかく、わざわざこんな駄文を読んでもらってるのに。というわけで、さすがに全ては書けないですが、それなりに色々書いてみましょうかね。
 ぃゃ、別に我々ファンのことを書く分にはいいんですよ。ファンとスタッフ間のトラブルについては、私の主観で書いても構わないでしょ? 当事者なんだし。でも、タレントとスタッフ間のことについては、私の主観で書くわけにはいかないわけですよ。だけどね、ここの事情も知っておかないと、今回のイベントの根本的な問題点は絶対に理解出来ない。だから、あまり書きたくもないんですよね。中途半端になっちゃうから。
 ちなみに、私の判断で単純に善悪をつけてみると、スタッフは悪い、ファンも悪い(*1)、タレントは悪くない、となっております。
 あと、魔ーくんの日誌みたく、「○○ちゃん、可愛い〜(^-^)」とか、そういった表現はあまり出てきませんので、それに期待している方はごめんなさい(笑)
 ではでは、日記再開(笑)

 5時半に起床。色々準備を整えて、6時ちょい過ぎに出発。8時に東京駅前に集合だ。
 7時半頃集合場所に到着。おっ、マリちゃんだ。なんか、印象変わった? 前はどちらかといえば「可愛い」より「美人」系だったのだが、「可愛い」系に天秤が傾いているような・・・。衣装はワンピだったっけ? 写真見ないと思い出せない(^-^; こーゆーときデジカメだったらねえ。チェキは持ってったけど使わなかったし(^-^;
 受付も済ませ、Xさんとダベっていたら、マリちゃんから手作りお菓子の差し入れ(^-^) リンゴのコンポート(*2)入りのヨーグルト。マリちゃんはやたらと心配してたけど、大変美味しゅういただきました(^-^) てゆーか、マリちゃんって、何でも自分を低く見積もりすぎー。足だってさー、全然太くないじゃん! あれで太いなんて言っていたら、世の中の大多数の女のコが可哀想です。
 さて、集合時間も近づき、客とタレントが集まってきたのだが、そりゃあ驚いたね。ここで、後の問題を察しておくべきだったのかもしれない。事前に告知されていた参加タレントは13人だったわけですよ(*3)。で、イベントの最小興行人数が30人で、タレントは自分のファンを3人連れてきたら自分の参加費(*4)が約半額、6人連れてきたら無料と案内されていた。これらの情報を加味して、色々考えた結果、客は20人くらいはいるんだろうな〜、と思っていたら、何人だったと思います? 正解は8人。しかも、内6人がエンスプファン。残りの2人は特に誰ファンというわけではなく、面白そうだから来ただけらしい。つまり、エンスプ以外は客連れてきてないんじゃん! なんだよ、それ・・・。で、スタッフサイドが異様に多くて、十数人はいたんとちゃう? 正確なところは数えてないけどさ。
 もう、これだけで、波乱含みのイベントだと、察するべきだったんだよ・・・。

 8時半頃出発。てゆーかさあ、その前にバスの座席配置がさあ、不満なわけよ。タレントは前から3列(*5)で、その後4列ほどスタッフ列が続き、1列空けて2列がファン席。この距離感は一体何なわけ? しかも、バス内で何かやるわけでもなく、前は前で盛り上がってるし、中は中で盛り上がってるし、取り残されている我々・・・。我々はそれを「放置プレイ」と呼んで揶揄していたよ(笑)
 まあ、しばらく経ってからタレントとファンの自己紹介があったわけですが(なんでスタッフの自己紹介がないのかというツッコミはあっさり無視された)、すげーお座なりで。大体、私の自己紹介からして、「これ以上何か言うと文句しか言いそうにないのでやめておきます」だったしな(笑) すげにキレかけ(笑)
 その後もお座なりにカラオケしりとりゲーム(*6)とかやってましたが、盛り上がらない盛り上がらない。司会のエンスプは盛り上げようとしているものの、間にいるスタッフがひたすらテンション低くて、盛り下がる盛り下がる。そんなんだったら、どっか行っちゃってほしいんですけどー。司会してるエンスプには悪いなー、とは思っていたんだけど、無理だよ、盛り上がれねーよ。助けてあげられないよ。ごめん・・・。
 で、そんな状況のまま、海老名SAで小休止。特に何もなし。てゆーか、ここでキレとくべきでしたか?
 再出発。さっきのゲームはうやむやの内に終わったらしく、また放置プレイ。こっちも、後の座席をサロンバス風に動かして、勝手に盛り上がる。まあ、無能スタッフの悪口大会だったけど(笑) しかも、スタッフは聞こえない振りなんだよねー。スタッフより前にいたタレントには聞こえてたらしいから、スタッフが聞こえてなかったわけはないんだけど(笑)
 またしばらく経って(*7)、カラオケイントロクイズ風ゲーム。ぃゃ、最初は早当てした人が1コーラス歌うということだったのだが、始まってすぐに歌いたい人が歌うことになっていた(笑)
 で、ここでエンスプは、「カラオケって言ったら、きっと後ろのみんなが盛り上がってくれるから、“後ろが盛り上がってるから私たちも後ろに行きま〜す♪”」という腹積もりだったらしいのだが、気付いてあげられなくてごめんよ・・・。後ろは相変わらずやさぐれてました(^-^; まあ、曲が始まったら、自棄気味に盛り上がってたんだけどね(苦笑)
 あと、途中からマリちゃんが後ろの方に来てくれたしね。色々気を遣わせちゃってるなあ(^-^; ちなみにつぐみんは、バス酔いその他の理由(*8)で前にいっぱなしでしたとさ。

 つーわけで、やっとそれらしくなってきたところで(*9)、12時半頃伊豆シャボテン公園に到着。ここで昼食。バーベキューらしい・・・が、バーベキューって室内でやるものだったか? てゆーか、どう見ても「鉄板焼き」と呼ぶ方が相応しい食材だぞ、これ。バーベキューって、普通串に刺さってたりしない? まあ、それはまあどーでもいいんですよ。問題なのは座席配置で、やっぱりファンとタレントは両端に分けられているわけですよ。なんか納得出来ないなあ。まあ、徳永愛ちゃんの韓国旅行はタレントとファンは別々に食べてたらしいですが(*10)
 ところが、ここでエンスプの3人(*11)が、スタッフに我がままを言って、我々の隣の席に来てくれたわけで。嬉しいですよねー(^-^) スタッフなんかよりタレントの方がよっぽどファンのことを考えてくれているね。だから、無能スタッフって呼んでたんだけどさ(笑)
 食事のあとは、エンスプ3人を伴って、公園内をうろちょろ。てゆーか、アイスクリーム売ってるところまで一直線でしたが(笑)
 バスに乗り際、エンスプに「やっと、楽しくなってきたよ」と告げたら、それがとても嬉しかったらしいです。よっぽど我々の態度を気にやんでたんだろうなあ(^-^;

 14時半頃ホテル聚楽に到着。この後すぐに15時から水着撮影会。休む暇もないなあ。ぃゃ、我々はまだいいけど、タレントなんて着替える暇もないんじゃあ。
 あ、その前の、ホテルに入る直前にちょっとした事件が。夕食後に宴会場を借り切ってパーティーが催されるんですが、それの参加費が別途3500円なわけですよ。エンスプがステージで歌うとか言ってたし、もちろん払いましたよ、ええ。しかし、色々な事情が複雑に絡み合ってるので経緯についてはあえて書きませんが、結果的にエンスプはパーティに出ないことになり(*12)、それじゃあ意味がないということで、我々もパーティ参加をキャンセル。スタッフ側の承認も貰いましたし、何の問題もありません。まあ、こんなこともありました、と覚えておいていただけるとありがたい。

 さて、カメラを用意して室内プールへ。・・・貸し切りじゃないんかい(^-^; なんかお子様が泳いでるし(^-^; しかし、それは別としても、私だったらこんなとこで撮影会はしたくないかも(^-^; まあ、ホテルというイメージから察せられるほど立派なものではなかったということです(^-^; 個人宅の庭に作ったらこんな感じのプールになりそうな感じ(^-^;
 案の定開始は15分程度押した。しかも、最初に来たのは、かおりん一派の3人だけだし。しかし、このかおりんってコが、エンスプファンには軒並み評判悪かったんだよねえ(^-^; まあ、バスの中で、「(ケータイへの名前登録は)かおりんって入れといてぇ〜(はぁと)」とか、クリックアイドル(男)と公然とイチャイチャされちゃあ、近づく気も失せるってもんですが。
 そうそう、クリックアイドル(女)10人のグループ分けですが、エンスプチーム3人と、かおりん一派3人と、つぐみんのお友達の優衣ちゃんたち4人の、3グループに分かれてたみたいです。で、ファン参加でエンスプファンじゃない2人は、優衣ちゃんに転んで、結構仲良くやってたみたいです。確かに優衣ちゃん、可愛かったしね。エンスプには我々がベタ付きだったので近づけなかった、とも言ってたけど(^-^;
 閑話休題。しかし、撮影会といっても、それはそれはお粗末なものでねえ。お粗末というか、我々のことは何も考えていないってだけの話だから、相変わらずなだけですけど。てゆーか、撮影会なんて呼べたもんじゃないですよ、あれは。まずプロカメラマンが撮るから、撮り終わったコをその辺で勝手に撮っててくれって感じで。レフなんかも用意されてるわきゃないし(*13)。最初からそう言ってくれれば、レフくらい用意してきたってばさ・・・。なんかねー、やることなすこと、いちいちムカついてくるんだよねー。そんなこともあって、まだエンスプも来ていなかったし、結局かおりん一派は一枚も撮らなかったよ(^-^;
 で、結局エンスプが来たのは半過ぎくらい? その前に、パーティに参加不参加の件で無能社長とバトったりもしたけど、もうその話はついています。行きません。てゆーか、エンスプさえ呼べば我々が来ると思っている、我々を客と思っていないような態度がムカつくわけですよ。我々はあんたらの財布じゃないんだってばさ。で、我々の出した結論は、「エンスプが出ようが出まいが、パーティには行きません」ってことで。スタッフの言いたいこともわかるんだけど(*14)、バス内の放置プレイ然り、その他色々あって、もうあなたたちに対する信頼がないのよ、我々には。で、やっぱりエンスプもパーティには行かないことになったんだけど(*15)、折角一生懸命練習してたのに歌う機会を損失させてしまったことは、非常に申し訳なく思っています。素直にパーティに行った方が良かったのかなあ・・・。と思わないこともないですが、私個人としては、これで最善だったと思います。馬鹿にされっぱなしでやってられっかい。
 その後もちょいとした事件などを挟みつつも、17時すぎまでエンスプは楽しく撮らせていただきました。ありがとうございます。3人分で9本でございます。3人に一生懸命だったので、結局優衣ちゃんたちも撮りませんでした(笑) しかし、何故かみんな、私が撮ってると笑い出すんですけど〜(^-^;

 撤収後は一休みしてからお風呂へ。大浴場と温泉があるらしいが、やっぱり後者でしょ。風呂から上がったら、出口でエンスプの3人と偶然ばったり出会ってしまったのが笑えた(笑) ジュースを買いに行ったはずなのだが、その途中のゲームコーナーで盛り上がってしまう一行(笑) つぐみんvsマリちゃんのエアホッケーでは、マリちゃんの自殺点が決勝点となり、つぐみんの勝利(笑) まこっちゃんはまこっちゃんで、「まだ帰らないよね?」と確認してまで、ちょっと離れたところでUFOキャッチャーやってたし(笑)
 そうそう、3人ともすっぴんだったんですが、全然違和感なかったですねー。マリちゃんが一番恥ずかしがってたけど。でも、それよりも私はつぐみんとマリちゃんのショートパンツ姿に萌え萌えだったりして(笑) くぅっ、写真に撮れないのが恨めしいっ(笑)
 で、18時50分頃にエレベーター前で別れたのだが、19時にここで待ち合わせになんか間に合うわけないと思うぞ。化粧しなくちゃいけないし(^-^;
 案の定、結構遅れてきました。先に行かれたんじゃないかと心配出来てしまうくらいに(笑) そんなことするわけないじゃんよねえ(笑) ・・・てゆーか、なんで着替えてるの?(;_;)

 夕食はバイキング形式。まあありがち。席は前もって決められていたらしく、やっぱりタレントとファンは全然別のとこだったりするのだが、我々の席で一緒に食う(笑) もちろん、スタッフの許可は取ってだけどね。好き勝手しますが、きちんと筋は通します。5人席と4人席だったので席割には困ったが(*16)、つぐみんとまこっちゃんが「じゃあ、私達はここ〜☆」と4人席に座ったのをいいことに、マリちゃんとキラメロファン4人を5人席へと追いやる(笑) つーわけで、私とXさんが4人席の残り2席へ。楽しい夕食でございました。ここでの会話の内容は、とてもここには書けません(笑)

 夕食後は本来パーティなのだが(*17)、我々とエンスプは参加しないので、ホテルの庭(?)で花火をやることにする。花火はコンビニで買って来て。まあ、ここでは実はこのイベント最大のバトルがあったりするんですが、ここに書くような内容ではありません。それに、書かなくたって話はつながってるっしょ?(笑)
 電気が消灯された23時までずっと花火をしてました。みんな楽しそうだねえ。私も、花火なんて一体いつ以来だろう? でも、火をつけた花火を口にくわえるなんていう無茶なことは、タレントがやることではないと思うぞ(^-^;>マリちゃん&まこっちゃん
 あとは、幽霊が見えるとかいう話をしてたら、つぐみんが泣きだしちゃって(^-^; 確かにそーゆーのに弱いとは言っていたいたけど、まさかこれほどとは。って、私が泣かせたわけじゃあないですよ(^-^;
 あと、まこっちゃんの屈託のない発言は面白いねえ。一番のツボは、「今夜は(マリちゃんに)やり放題☆」。一体何をやるというのでしょう?(笑) あと、うやむやの内に私がまこっちゃんのデジカメの撮影係にさせられてしまっていた(笑)

 部屋に戻って、あとはだらだらとおしゃべり〜。って、エンスプが一緒だったわけではないですよ(笑) てゆーか、隣の部屋はクリックアイドル(男)の部屋だったんですが、かおりんたちを連れ込んでたようで。我々にとやかく言う前に、自分とこのタレントをきっちり教育しとけって>無能スタッフ。
 つーわけで、1時頃寝ました。体は結構疲れていたようで。

*1: その原因がスタッフにあるにせよ。
*2: って言うのか?
*3: 実際は10人だったが。
*4: タレントから参加費を取るってのも凄いけどね。まあ、普通のイベントではなかったというのもあるけど。
*5: そーいや、いきなりつぐみんがマリちゃんから貰ったヨーグルトを床にぶちまけてたな(^-^;
*6: 説明は省く(笑)
*7: カラオケしりとりゲーム前の間といい、この間といい、一体何だったのか不思議だったのだが、どうもバス内での進行を当日いきなり任されたらしいんだよね、エンスプがスタッフから。で、エンスプはエンスプで一生懸命盛り上げようとしてくれていて、それの準備をしてた間だったわけです。
*8: 説明メンドいので割愛。
*9: だからといって、ファンと、スタッフ及びエンスプ以外のタレントとの間の精神的距離が縮まったものではないが。
*10: 何故か引き合いに(^-^;
*11: 幻の3号まこっちゃん含む。
*12: この点において、私はエンスプ側には非はないと思っている。
*13: スタッフ側はもちろん使ってたけど。
*14: ある面においては正論吐いてたし。
*15: それは絶対、我々を気遣ってくれてのことだろう。
*16: 周りが食事してる状況でテーブルを動かすのはさすがに遠慮。
*17: そーいや、夕食中にもスタッフが誘いに来たな。
クリックアイドルと行く伊豆半島1泊2日の旅(2日目)【記録】

 7時半、ケータイの目覚ましで起床。洗顔等して、8時から朝食。エンスプの姿が見えないと思ったら、場所からして違ってたみたいですね。これはどーしよーもない。
 さくっと9時にホテルを出発。車内では相変わらずの放置プレイ。昨日散々色々言ったのに、何も変えようとはしないのな。辟易。別にバスの中で何かしろとは言わないけど(*1)、誠意が見えないんだよね、誠意がさ。
 10時半頃十国峠到着。つぐみんが酔っちゃってトイレに行っている間に、スタッフみんなは先にロープウェーで山頂へ。・・・ってさあ、別にタレントが行くのはいいけどさ、スタッフは一人くらい残れよ。客だけじゃなく、タレントも放置プレイか・・・。とても、昨夜「タレントを預かっている責任がある」とか言っていた人の行動とは思えないよ・・・。辟易。
 我々、エンスプとそのファン御一行様も遅れて山頂へ。双眼鏡(*2)で風景を見たり、写真を撮ったり。まあ、それだけです(笑) そして、帰り道でつぐみんに我が愛機F80Sを奪われる(笑) そのままバスの中でも使ってたみたいで、フィルムが30枚ほど消費されていましたが、一体何が写っているのかドキドキですな(笑)
 昼食は箱根湖畔で。遊覧船に乗るという案もあったが、つぐみんが酔いそうだということでパス。結局昼食食べただけ(笑) しかも、私は親子丼。そんなん、ここじゃなくたって食べれるってばさ(笑) あと、エンスプの3人がプリクラを撮っていたのだが、相当ひどい写真に写っていたらしく、見せてくれなかった(^-^;

 というわけで、あとは帰るだけ。ほとんど寝てましたな。実は結構乗り物酔いしやすい体質だし。昔、ブランコでも酔ったぞ(笑) 最近はさすがにブランコなんて乗ってないからわからんけど。途中の横浜青葉インターで下ろしてくれると、歩いて帰れるんだけどねえ。って、そんなつもりは毛頭ないけど(笑)
 16時過ぎに東京駅前に到着して、解散。お疲れ様でした。
 これにて、「クリックアイドルと行く伊豆半島1泊2日の旅」は終わったのでありました。まあ、色々あったけど(笑)、最終的には結構楽しかったですね。これもみんなエンスプの3人のおかげ。旅行当初なんか、今までで最低のイベントとか言っていたのが嘘みたいだよ(笑) ありがとうございました>エンスプ。

*1: 2日目ともなると疲れてるのはお互い様だし。
*2: って言わないか、備え付けのアレは。
うみのひ【概略】

日時:2001/07/20(金) 12:30
場所:TAKE OFF7(渋谷)

出演:えみりー☆[岡本絵莉/つちやみえこ]
客参加:土屋亜有子/麻績村まゆ子

うみのひ【曲目】

01.チュッ!夏パ〜ティ(三人祭)/えみりー☆
メドレー
 02.おっととっと夏だぜ!(EE JUMP)/えみりー☆
 03.Heart♥Chuのテーマ〜アイドルはきっと世界を救う(Heart♥Chu)/えみりー☆
 04.ララ サンシャイン(森高千里)/えみりー☆
 05.サマーれげぇ!レインボー(7人祭)/えみりー☆
 --.おっととっと夏だぜ!(EE JUMP)/えみりー☆
07.Fight!(高橋由美子)/つちやみえこ
08.motto(JUDY AND MARY)/岡本絵莉
09.はじめてのチュウ(あんしんパパ)/岡本絵莉
--.あっちむいてホイ!ゲーム
10.BABY!恋にKNOCK OUT!(プッチモニ)/つちやみえこ
11.学園天国(小泉今日子)/つちやみえこ
12.トロピカ〜ル恋して〜る(松浦亜弥)/つちやみえこ
13.Dear Friend(オリジナル)/岡本絵莉
14.3ポ(オリジナル)/岡本絵莉
15.泣いてしまおう(清水香里)/岡本絵莉
16.ドリルでルンルン クルルンルン(川菜翠&麻績村まゆ子)/えみりー☆
17.ココロノタマゴ(オリジナル)/つちやみえこ
18.ミルクティ(オリジナル)/つちやみえこ
メドレー
 19.慎吾ママのおはロック(慎吾ママ)/えみりー☆
 20.ダンシング!夏祭り(10人祭)/えみりー☆
 21.初めてのハッピーバースディ!(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/えみりー☆
 22.青春時代1.2.3!(プッチモニ)/えみりー☆
 23.大好き!(KiraKira☆メロディ学園)/えみりー☆
 24.恋をしちゃいました!(タンポポ)/えみりー☆
 --.慎吾ママのおはロック(慎吾ママ)/えみりー☆
アンコール
25.Dear Friend(オリジナル)/岡本絵莉
26.ココロノタマゴ(オリジナル)/つちやみえこ
27.チュッ!夏パ〜ティ(三人祭)/えみりー☆

うみのひ【記録】

 「うみのひ」ライブ。正直言って、あまり期待はしていなかった。えりりんは好きだし、みーこも好きだけど、だからといってその2人のライブが楽しいかといったら、それはまた別問題だ。しかし、それはいい意味で裏切られた。まあ、2人のジョイントを予想しきれなかったのが敗因なのだが。
 というわけで、共に肩出し+ショートパンツという出で立ちでの1曲目は、「チュッ!夏パ〜ティ」。選曲はモー娘。ファンのみーこか?(笑) それにしても、こののっけから私はびっくりだったね。ぃゃ、私ってスロースターターなんですよ。ライブでも、最初の数曲はテンションが上がらなくて、大人しくしてることが多いんですよね。でも、今日は何故か最初から盛り上がれちゃったんだよな〜。曲のせい? まあ、CD買った曲だけどさ〜(笑) でも、仮にミラスタ。が1曲目にこれを歌ったとしても、そこまでノれなかったと思うんだよね〜。やっぱ、2人の魅力もじゅ〜よ〜ってことで(^-^)
 1曲歌って簡単に名前を告げた後は、早速メドレーに突入。なんか、バラエティに富んだ選曲でしたねぇ。まあ、えりりんの振り付けがみーこについていけていないような気がしましたが、そんな細かいことは気にしちゃいけません(笑) てゆーか、ミラスタ。を基準に考えてる私が見ると、振り付けで満足させてくれるようなユニットはほとんどいなくなっちゃうんですが(笑)
 そして、2人でのMCを経て、一旦えりりんが退場。そして、みーこがソロで歌うは、こーゆー仕事をしはじめてから覚えた歌(と以前言っていた)「Fight!」。ぃゃもう、この曲も凄かったね。何が凄いかっていうと、この私がコールの統制取ってる辺りが(笑) だってさー、客の入りは多分あいどるCHU-DOGS以上だと思うのだが、誰も統制取ろうとしないんだもん(^-^; まるで自分がねっしんなみーこふぁんに思えてしまったよ(笑) 後のMCでも、みーこの「私はとても楽しいです!」とかに対して、「をれも楽しい〜(^-^)」とか返してたし(笑) ぃゃ、それも、他に誰も入れないから、一拍待った上で入れてたんだけど(^-^; まあ、後半は後ろで立ってる人たちが相手してくれるようになったので、私はいつも通り静観してたけど(笑) しかしねえ、みーこふぁんの人はもうちょっとがんばってほしいですな。てゆーか、みーこふぁんっていないんですか? 前の方で座ってた人たちは、キラメロ曲にしか反応してなかったし(苦笑)
 続いて、えりりんソロで2曲。ここで着替えて出てきたんだっけ? 衣装についてはメモってないから覚えてない(笑) えりりんの歌の後に、みーこがトロピカ〜ルな衣装で出てきたのは覚えてるんだけど(笑) まあ、その衣装に対するツッコミは後回しと言うことで、ここでいきなりあっちむいてホイ!ゲームをすることに。勝利者1名には、2人のサイン色紙と、2人のユニット名をつけることが出来る権利が与えられる。まずは、ステージ上のみーこやえりりんと客席が一斉にじゃんけんして人減らし。そして、残った一人がステージ上であっちむいてホイ!決戦。もちろん、わたしはあっさりじゃんけんで負けました。しかしまあ、このあっちいてホイ!は面白かったですね〜(笑) 文章には表せないんだけども(^-^; 私はステージ向かって右壁沿いに立っていたのだが、みーこがこっちを向いてて良かったです(笑) というわけで、なんかうやむやの内に(笑)、お客さんの方の勝ちとなり、名付けたユニット名は「えみりー☆」ということに。ぃゃ、☆付きが正しいのかどうかは知らないけど、色紙にはそう書いてあったので(笑)
 その後はみーこソロで3曲。その3曲目が、衣装曲でしたな。最近松浦亜弥の曲を聞くことが多いねえ。まあ、メジャーなアイドルポップって松浦くらいしかいないしねえ。それにしても、確かにみーこは可愛いんだけど、松浦の凶悪的な可愛さにはかなわないねえ(笑) てゆーか、みーこと松浦じゃ可愛さのベクトルが違うか。
 えりりんと入れ替わって、えりりんが3曲。てゆーか、浴衣です。その後みーこも浴衣姿で出てきましたが、別に私は浴衣フェチではないので、特に感想はありません(笑) ぃゃ、単にショートパンツの方が好きなだけですが(笑) でも、脚はえりりんの方が萌えますな(笑) まあ、はーちゅのときも、脚が一番いいのはさやか、とか言ってたけどさあ(笑)
 というわけで、何故浴衣でこの選曲なのかはかなり疑問だが(笑)、「ドリルでルンルン クルルンルン」。初めて聴いたよ。初めて回ったよ(笑) コールわかんねぇ(苦笑)
 つーわけで、みーこの浴衣はこの1曲のみ。やっぱり謎だ(^-^; みーこが着替えてる時間は、えりりんがいつものアレでつなぐ。そう、似てない物真似(笑) でも、今回はポケモンのサトシだったのだが、なかなか好評だったようで。私的には、まだまだ元気が足りないと思ったけど。
 ワンピに着替えたみーこは、新曲2曲を初披露。どっちも落ち着いた感じで、結構いいんじゃない? 個人的には、「ミルクテイ」の方が好みかな。
 そして、えりりんがノースリーブにレースのロングスカートに着替えて、最後は2人で12分メドレー。やっぱり、バラエティに富んでるなあ(笑) 10人祭だけやらないのかと思ったら、ここで出てきたか(笑) しかしまあ、「大好き!」(*1)での客席の盛り上がり方は、その前後と比べるとすげー面白いね(笑) というわけで、最後は「おっはー!」で締め。お疲れ様でした。
 しかし、ステージはまだ終わらない。アンコールの果てに、まずはえりりん登場。水色の「e」のTシャツにショートパンツ。今日は惜しげもなく脚を見せてくれて、私は嬉しいよ(笑) 「Dear Friend」を歌って、みーことチェンジ。みーこは、ピンクの「m」Tシャツに、ショートパンツ。ルーズソックスは個人的には好きではない(^-^; 歌うは「心のたまご」。うーん、「ミルクティ」の方がよかった(^-^; そして、2人で歌う本日最後の曲は・・・ぃゃ、何で締めるのか、マジで悩んだんですよね(笑) ハロプロ系の曲が多いながらも、モー娘。の曲はなかったので、娘。の曲かなー、とか思ったんですが、最後の曲は、1曲目にも歌った「チュッ!夏パ〜ティ」。のぼりん踊ってるし(笑) って、私が躍らせたんだけど(笑) ぃゃ、責任取って、私も踊ったけどさ(笑) まあ、それだけ楽しかったってことです(^-^)
 というわけで、アンコール曲は3曲とも既に歌った曲だったわけですが、いいんじゃないですか、それで? むしろ、アンコールを前提とした曲構成の方が、なんだかなー、って感じはします。個人的にはね。
 でも、最後の曲が終わって即退場ではなく、「ありがとうございました」的メッセージを告げて退場というのは、なんか締まらないと思うんだがなあ。
 はい。というわけで、これでおしまいです。物販とかはありません。って、受付では、ぁゅぁゅがえりりんの粘土細工を売ってたりしましたが(笑) その後は出待ちして、友人6人とサイゼリアでメシ食って撤収。

*1: キラメロの。
M Project〜シークレットLIVE【概略】

日時:2001/07/21(土) 17:00
場所:アートスペース・サンライズホール(池袋)

出演:田口美奈子/加藤由紀/橋本悠/並木のり子/中尾友紀/スナフキン山下
スタッフ参加:美森麗

M Project〜シークレットLIVE【曲目】

--.前説/森永るみ子
01.Galaxy of Love(オリジナル)/田口美奈子
02.パラダイス〜夏に恋して〜(サブリナ)/田口美奈子 with スナフキン山下
03.愛は喪中(オリジナル)/田口美奈子 with スナフキン山下
04.ユキのバラード(オリジナル)/スナフキン山下&加藤由紀
05.鮭桃色(オレンジ)(オリジナル)/橋本悠 with スナフキン山下
06.死神よこんにちは(“悲しみよこんにちは”替え歌)/スナフキン山下
07.ノルウェーの森(ビートルズ)/スナフキン山下
--.コント「もしもM Projectが証券会社だったら〜レイク編」/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠・並木のり子・中尾友紀
--.コント「もしもM Projectが証券会社だったら〜アイフル編」/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠・並木のり子・中尾友紀
--.コント「もしもM Projectが証券会社だったら〜プロミス編」/田口美奈子・加藤由紀・並木のり子・中尾友紀
08.おっととっと夏だぜ!(EE JUMP)/パーマネント映画部(並木のり子&中尾友紀)
09.未来への詩(うた)(オリジナル)/並木のり子
10.ベルサイユよ永遠なれ(オリジナル)/並木のり子
11.桜の時(aiko)/加藤由紀
12.少しの勇気(安藤夏)/橋本悠
13.FOREVER DREAM(サブリナ)/田口美奈子
14.もしも君が(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠
15.Galaxy of Love(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠・スナフキン山下・並木のり子・中尾友紀
アンコール
16.49日(オリジナル)/田口美奈子 with スナフキン山下
17.ガガガGINGA!(オリジナル)/田口美奈子・加藤由紀・橋本悠・スナフキン山下・並木のり子・中尾友紀

M Project〜シークレットLIVE【記録】

 昼頃起き出して、新宿に寄り道してから、東池袋で「M Project〜シークレットLIVE」。美奈子様は、全然シークレットじゃないやん!と突っ込んで欲しかったらしいですが、それはなんか滑ってると思うぞ(^-^;
 というわけで、実は会場に行くのに迷ってたことは秘密なのでそれはさておいて、受付は何故かれいれいだったりしました。テンションが低いというか、無理に抑えているのが妙に笑える(笑) まあ、ちょいと話して、表で開場まで待機。
 つーわけで、さくっと開演まで話を進めて、前説が森永るみ子ってのは非常に無理があると思うぞ。本人やスタッフ間ではどうだか知らないが、少なくとも客にとってはそれほどキャラが確立されたキャラクターではないと思うのだが。てゆーか、知らない人の方が多数だろ。私は多分森永るみ子については(客の中では)詳しい方だと思うのだが、それでも、るみ子でホンを書けって言われても書けねーもん。ぁゅぁゅの真似なら出来るんだけど(謎笑)
 という疑問を抱いたまま、1曲目は「Galaxy of Love」。これがまた、私を悩ませる選曲なんだよねー。ノレねぇ。なんで「Galaxy of Love」なのかが理解出来ない。これは別にGALACTIC LIVEではないんでしょ? 心機一転を図るようなライブで、前時代の代表曲的一曲を別にトップに持ってこなくたっていいだろうに。あ、別に、歌うなと言っているわけではありません。れっきとした持ち歌なんだし、それはいい(*1)。ただ、それを1曲目に持ってくる意図が掴めなかっただけです。これを歌っとけば客席が盛り上がるだろう的考えだったら、安易すぎてなんだかなー、って感じですな。まあ、ある意図を勝手に考えることは出来なくもないんだけど、それだったら悪の女王様衣装で出てくるぐらいのことはやってほしかったですな。
 その後は、アコギのスナさんを加えて、アコギコーナー。美奈子様、由紀さん、ゆーちゃんが順次歌っていき、最後はスナさんソロコーナー。「悲しみよこんにちは」の替え歌である「死神よこんにちは」についての感想は差し控えさせていただきます(笑)
 続いては、コントコーナー。「もしもM Projectが証券会社だったら」、レイク編、アイフル編、プロミス編。・・・・・。ぃゃ、内容についてどうこう言う前に、ライブの作りが、良くも悪くもGALACTIC LIVE。デスク橋本組合がLの呪縛から抜け出せないのと一緒なんですかねぇ。コント後5人揃ってMCかと思いきや、「パーマネント映画部は着替えのために退場でーす」なんて、まんまGALACTIC LIVEじゃないかい。
 つーわけで、コントの内容についてはどうこう言わずに(笑)、続いてはパーマネント映画部のコーナー。ぃゃ、コントは微妙にに面白かったですよ(笑)<誉め言葉。パーマネント映画部の2人が面白すぎ(笑)
 というわけで、そのパーマネント映画部が歌うは、「おっととっと夏だぜ!」パーマネント映画部バージョン。あれをフルコーラス歌っちゃうとは、その勇気に感服します(笑) お次は、「のび太のくせに生意気なんだよ」Tシャツが通り抜けフープでどっかいってしまったらしい(謎)のりりんソロで2曲。新曲「未来への詩(うた)」もいい感じでしたが、やっぱり「ベルサイユよ永遠なれ」は圧巻。これ聴けただけで今日は満足って感じです。ぃゃ、マジで。やっぱりぁゅぁゅが歌っていいような曲ではありません(笑) と、ぁゅぁゅを煽るようなことを書いてみる(笑)
 続いて、由紀さんの「桜の時」。なんて意外な選曲だ(笑) 歌唱力はちょっとアレでしたが、雰囲気はかなりいい感じ(^-^) この路線もいいですねー。
 ゆーちゃんは、安藤夏さんの(笑)「少しの勇気」を披露。って、アコギコーナーでの新曲についても触れねばなるまい。「鮭桃」って書いて「オレンジ」って読むのか? ゆーちゃん作詞で、かつ、ゆーちゃん初作曲曲。意外にも、と言ったら失礼なのだろうが、いい曲でした。あ、このBメロいいなー、と思って聴いてたら、サビだったりしたけど(^-^;
 そしてライブに戻って、美奈子様ソロでデビュー曲の、一人「FOREVER DREAM」。んー、やっぱりこの曲は3人で歌ってなんぼだなあ。てゆーか、歌よりも、振り付けが一人だとちょっと・・・(^-^;
 そして、美奈子様、由紀さん、ゆーちゃんの3人で、「もしも君が」。せっかくのりりんがいるのに、4人バージョンじゃダメだったんかい。4人版のオケがなかったのか?、と妙な勘繰りをしてしまう(^-^;
 そして、全員揃って最後の曲は・・・と言ったら、普通「ガガガGINGA!」だと思わない? でも、違うんだよねぇ。ここで再び「Galaxy of Love」。この曲構成の意図がさっぱりわからない。隣のかーしまくんが頑張っていたから、私も勢いでアンコールしちゃってたけど、むしろアンコールなんかしない方がよかったのかもね。少なくとも、この時点ではかなり消化不良だったし。
 で、アンコール後、引退宣言は「49日」の前だっけ? 後だっけ? まあ、内容についての詳しいところは、美奈子様の日記が詳しいですので、そちらをご参照。お疲れ様でした。
 そして、再び全員揃って最後の曲が、ここで「ガガガGINGA!」。アンコール前提の曲構成ってのはねぇ・・・。とか思いつつ、曲に反応して跳んでしまう自分が情けなかったりもするが(苦笑) しかし、ライブで跳んだのは一体いつ以来だろう? それこそ、mou9以来? 年越しでは跳んだんだっけかなあ。せーらライブでは間違いなく跳んではいないです(笑)
 つーわけで、なんだかんだの内にライブ終了。1時間半くらい? そのままシームレスに、ステージでは森永るみ子握手会が始まってたりもしましたが。まあ、私はれいれいと握手するためだけに500円も払いたくはないので(*2)、はやしさんと一緒に見物モード(笑) まあ、別に追い出されはしなかったし。もちろん、写真撮ったり、会話に加わったりなんてことは、しませんでしたけどね。あ、私からのプレゼント(*3)は、きちんと入船さんから渡して貰いました(笑) しかしまあ、参加者が9人もいたことが驚きだよ・・・。なんだかなあ。最近は客をナメたイベントが多くて困ったもんです。
 さて、出待ち。といっても、中で打ち上げするらしく、美奈子様が顔を出しただけでしたが。何故か握手を求められたりしましたが、色々と感慨深いですなあ。そもそも、美奈子様がうちのひーちゃんBBSに書き込みしてくれたのが、始まりだったんだよねー。あれから色々ありました。みきぴんにまた会いたいです(笑) りあすにも会いたいです(笑) って、なんか違うな(笑) ここは感動的なシーンになるはずだったのに(笑) ぃゃ、そーゆーシリアスなのが苦手なだけです、私が(^-^; というわけで、思い出は私の胸の中にしまっておきます。本当にお疲れ様でした、美奈子様。

 補足。我ながら悪意に満ちているような気がしないでもないが(苦笑)、率直な感想です。まあ、ヒネた奴なんで。他の大多数の皆さんは、大満足だったんじゃないのかなー、と思います。ある一面だけを見て全てを理解したつもりになるのはやめましょう。って、やっぱり偉そうだな、をれって(笑)

*1: 相変わらず偉そうなをれ。
*2: とか書くとれいれいが嫌いなのかと誤解されそうだが、そんなことは全然ありません。たかが握手に500円、しかもバースディイベントでそれをやるというデスク橋本組合が気に入らないだけです。
*3: いつも色紙だが。
Folder5 1stAlbum「HYPER GROOVE 1」Release Party【概略】

日時:2001/07/29(日) 13:00
場所:赤坂BLITZ(赤坂)

出演:Folder5[AKINA/ARISA/HIKARI/NATSU/MOE]/アンバランス

Folder5 1stAlbum「HYPER GROOVE 1」Release Party【曲目】

--.前説/アンバランス
01.Believe(オリジナル)/Folder5
--.挨拶/Folder5
02.SUPERGIRL(オリジナル)/Folder5
03.AMAZING LOVE(オリジナル)/Folder5
--.MC/Folder5
メドレー
 04.STAY…(オリジナル)/Folder5
 05.Final Fun-Boy(オリジナル)/Folder5
 06.Believe(オリジナル)/Folder5
--.トークコーナー/Folder5&アンバランス
07.Final Fun-Boy(オリジナル)/Folder5
--.握手会/Folder5

Folder5 1stAlbum「HYPER GROOVE 1」Release Party【記録】

 朝8時に出発。今日は19時から新宿でa-idoll21なのだが、その前にちょっと寄り道を・・・(笑) というわけで、9時に赤坂BLITZに到着。一体いつ以来だ? 智ライブなのは間違いないだろうが(笑) んー、しかし、10時集合のはずなのだが、すでに凄い人込み。20分ほど並んで受け取った整理券によると、この時点で600人以上はいたらしい。まあ、先着順だしな。それを知ってても、今以上に早く来る気にはならなかったけど(笑)
 というわけで、今日はFolder 5の「HYPER GROOVE 1」リリースパーティなのだ。って、何やるんだ?(笑) イベント詳細がどこにもないんだよねー。握手券があるので、握手は出来るんだろうけど。歌ってくれるといいなあ。
 しかし、この整理券の発行方法はどうにかならなかったもんかね。予約方法がインターネットのみ(*1)。ああ、やはりインターネット環境は必須なんですか・・・。まあ、それはいいけど。で、アンケートに答えて登録するわけなんだけど、登録確認メールとかが来ないんだよねー。で、ネットだけで完結してるわけじゃなくて、集合時間は情報ダイヤルに電話しないとわからないし。まあ、それもいいけど。で、現地に行くと、係員が申込者リストの紙束を持って、名前と住所から申し込みされてるかどうか確認するわけですよ。なんてアナクロな・・・。で、名前が見つかったらようやく整理券が貰えるわけですが、「東京の鈴木です」とか言ったら余裕でいそうな気がする(笑) まあ、整理番号はBLITZに並んだ順なので、ネットで申し込みを済ませた人にとっては、意味はないんだけど。
 さて、10時から整理券配布(*2)で、開場は12時らしい。まだ2時間半もあるぞー。暇だー。というわけで、10時になるのを待って、近くの本屋で暇つぶし。11時半頃戻ると入場用の列を作っていた。整理番号は1000番以上まで達したらしい。1500人くらいか?(*3)
 時間通り開場。この辺の手際はいいですな。まあ、さすがに600番代ともなると、入れるまでの待ち時間も結構ありましたが。入場時は当然カメラチェックが行われていたが、今日はa-idoll用フル装備なので、鞄自体がカメラバッグなんですけど(^-^; というわけで、バッグごと三脚と一緒に預ける。外のコインロッカーに入る大きさではなかったし(^-^; ホールの中に入ると、客席はオールスタンディング、客は結構前後にバラけている。まあ、もちろん前の方が多いが、奥の方は入っていけそうだな。というわけで、横から奥の方へと回りこんで、真ん中辺まで移動。正面11列目って辺りか。最前列からは5メートルくらい距離だから、結構いい位置じゃない? で、開演が13時なんだよねえ。また待つのか・・・。もう待ちくたびれたよ(^-^;
 13時。アンバランスとかいうお笑い芸人二人組が出てくる。名前は聞いたことあるけど、顔は知らないなあ(^-^; まあ、簡単に諸注意など。で、その二人が引っ込んで、ぃょぃょFolder 5の5人が登場! 9時から4時間、待ちくたびれました(笑) まあ、JAF-CON組はもっと待ってたみたいだけど。閑話休題。どこぞで見た覚えのある白の襟付きノースリーブ衣装の5人が歌うは、「Believe」。ぃゃぁ、ずっと跳ねっぱなしだったですよ。PPPHだったですよ。1曲で疲れたですよ(^-^; しかし、こんなのはまだまだ序の口で、簡単な挨拶を挟んで、続いては「SUPERGIRL」と「AMAZING LOVE」を2曲続けて。キ、キツい・・・(^-^; ぃゃ、跳ねる方は別にいいんだけど、腕振りもほとんど休みなくてねぇ。PPPH以外でもデフォで振ってるから。って、好きでやってんだけど(笑) 
 そして、今日はありがとう的MCで息を整えて(*4)、「STAY…」「Final Fun-Boy」「Believe」のメドレー。あー、「STAY…」好きなんだよなあ。聴けて嬉しい(^-^) てゆーか、このメドレーも結構ハードなんですけど(^-^; ・・・で、それを激しいダンス付きで歌っちゃうFolder 5のことは、単純に凄いと思えるわけで。彼女らが頑張っているのに、自分がヘバってどうするんだ!と、ガラにもなく思っちゃうわけで。ぃゃ、マジで(笑) ぃゃぁ、ライブって恐ろしいものですねえ(笑)
 そして、ようやく一心地。アンバランスの二人も出てきて、トークコーナー。まずは改めて自己紹介があり、私みたく個々のメンバーの名前を覚えていないぬるいファンには助かります(笑) そこで、司会の「好きなラーメンは?」との質問に、「関係ないじゃないですか(^-^;」と一蹴して「物真似が出来ます」と進めてしまうARISAが素敵だったのだが(笑)、そうなると客席からは「物真似(やって)」のコールが入っちゃうわけで(笑) 言い出しっぺのARISAはコロ助、続くHIKARIが浜崎あゆみ、AKINAがMAXのミーナと、なんか物真似やってみせるのが必須みたくなってたぞ(笑) NATSUのときは「側転」、MOEのときは「清原」とかコールが入ってたけど、私にはさっぱり。
 その後は順当にアルバム発売の感想などを聞いて、続いては何故か、今までのテストでの最低点とその教科を言わされるハメになったのだが、ARISAは化学で10点台(*5)、HIKARIは社会で7点!と言わされたところで、マネージャーから「やめてくれ」と泣きが入ったということで、中止に(^-^; もちろん、言わされた二人は文句を言うわけですが(^-^;、苦手な教科止まりで勘弁ということで、AKINAは数学、NATSUは英文法、そしてMOEがしっかり落としてくれて「全部」(笑)
 そんなこんなで、最後の一曲は、「ファンファンファンファミリーマート!!」な(*6)「Final Fun-Boy」。曲が終わったときには、私は燃え尽きていたよ、真っ白に・・・。マジで足腰立たねぇ(^-^; んー、身体なまってるなぁ(^-^; 
 その後は、マスコミ陣による(客席含めた)撮影会があり、握手会でおしまい。前の方だったので、割と早かったです。てゆーか、握手の時間はもっと早かったです。これでもかっ!トイうほどのトコロテン(笑) まあ、2000人ですからねぇ。一体何時間かかったんでしょうか。それにしても、AKINAは可愛いねえ(笑) ライブ中はほとんどAKINAしか見ていなかったよ(笑) 握手も、AKINAの印象しか残ってないし(笑)
 終わったあとは、もちろん出待ちなどせず(笑)、撤収。途中のガストで一休み。そーいえば、物販では会場限定トレカをつけてアルバムを売っていたが、アルバムを買わないと来れないイベントでそーゆー商売をするのはいかがなものか。その一点を除けば、3000円ちょっとでCDにライブと握手までついてきて、非常にコストパフォーマンスの高いイベントだったわけですが。てゆーか、そーゆーのを一切合財無視しても、単純に楽しいイベントでしたけどねー。んー、Folder 5にはハマっちゃうかも(笑)
 そういえば、それぞれのメンバーの名前は、仲間愛里紗、満島ひかり、宮里明那、阿嘉奈津、石原萌らしいです。一応メモ書き(笑)

a-idoll21 vol.6《〜Restart to the future〜》【概略】

日時:2001/07/29(日) 19:00
場所:シアターPOO(新宿)

出演:朝倉榛香/小林有子/藤崎とうこ

a-idoll21 vol.6《〜Restart to the future〜》【曲目】

01.リバーシブル(田村英里子)/朝倉榛香
02.扉を開けて〜Cry for the Moon〜(オリジナル)/朝倉榛香
03.夏空のDreamer(CoCo)/朝倉榛香
04.遠くへ〜Journey to the My Dream〜(1ハーフ)(オリジナル)/朝倉榛香
--.トークコーナー/朝倉榛香&藤崎とうこ
05.Wind Climbing 〜風にあそばれて〜(奥井亜紀)/藤崎とうこ
06.Happy Birthday(横山知枝)/藤崎とうこ
07.初めてのハッピーバースディ!(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))/藤崎とうこ
08.Happy Birthday(オリジナル)/藤崎とうこ
09.maybe tomorrow(オリジナル)/小林有子
オリジナルメドレー
 10.願いかなうように(オリジナル)/小林有子
 11.Catch the World(オリジナル)/小林有子
 12.わたしの元気(オリジナル)/小林有子
 13.やさしいキスをちょうだい(オリジナル)/小林有子
 14.できるってシンジテ(オリジナル)/小林有子
15.lost love(オリジナル)/小林有子
16.Lyrical(オリジナル)/小林有子

a-idoll21 vol.6《〜Restart to the future〜》【記録】

□開演前
 というわけでガストで昼食。トンカツ定食。ドリンクバーなことをいいことに、一時間以上まったり。それでも全然疲れは取れてないけど(^-^; 別に居づらくなったわけでもないが、本を読み終わってしまって暇になったので、16時頃新宿へと移動。勝手知ったるシアターPOOへ・・・行き過ぎた(苦笑) ぃゃ、隣が牛丼屋だったなーと思って歩いていたら、牛丼屋がそば屋に変わってたし(^-^; 3階に上がってみるが開いてない(^-^; なんかもう疲れ果てて、カメラバッグ抱えて動くのも面倒だったので、そのまま待つことにする。・・・30分ほど経って、店長たち到着。やっぱり入れない(苦笑) 店の人が来るまで結局10分ほど待ちました。そういえば、榛香は美容院に行って髪にストレートパーマをあててきたらしいが、全然気付かんかった(^-^; こーゆー男は嫌われるらしいので気をつけましょう(^-^;
 つーわけで、リハ見てることは店長に却下されたので(笑)、荷物だけ預かって貰って新宿駅南口周辺をぶらぶら。開場1時間前についてもまだ誰もいないし(^-^; 18時くらいになってまもっぺさん到着。でも、こばゆーが来ることを知った途端、色紙を買いに行ってしまった(^-^; その後は、続々とやってきて、階段が狭い(^-^; てゆーか、なんでみんな上に並ぶわけ?(^-^;
 18時半開場。とりあえず最前列に座ったものの・・・ビデオの置き方に困る(^-^; まあ、しゃーない。てゆーか、三脚との台座(?)を落としてしまって、見つからなくて焦ったよ(^-^; のぼりんサンクス!

 19時開演。構成はいつもと変わらず、まずは榛香の「今月の1曲」から。7月は田村英里子の「リバーシブル」。はい、知りません(苦笑) てゆーか、衣装が夏っぽいワンピに麦わら帽子で、まさに「夏!」って感じでいいですね(^-^) やっぱ麦わら帽子にはワンピでしょう。
 その後、T-Plan代表の壷さんがステージに登場。本来新山ゆかりちゃんが出演するはずだったのだが、体調不良で急遽欠席とのこと。むぅ、残念だ。まあ、姿が見えないなー、とは思っていたんだけど。
 というわけで、再び榛香が登場(笑) MCでは相変わらず口が回っていない(笑) ぃゃ、そこが好きなんですけどね。だから毎回「何が言いたいんだっ(笑)」って突っ込むわけで(笑) それにしても、確かに「夏空のDreamer」はよく聞くねえ。この前もどこかで誰かが・・・(笑) ラストは定番「遠くへ〜Journey to the My Dream〜」。今日はいつもより1曲少ないからフルコーラスだろう!と思ってたら、やっぱり1ハーフだった(^-^; うぐぅ・・・。
 その後、とうこちゃんを招き入れて、まったりとトークコーナー。まあ、後々このまったりが問題を呼ぶわけですが(笑)
 というわけで、とうこちゃんの歌は、相変わらず知らんとこばかりを付いてくる(^-^; てゆーか昨日がとうこちゃんの誕生日だったみたいです。おめでとうございますぅ。だからといって、自分でバースディソングばっかり歌わなくても(笑) でも、とうこちゃんによる「初めてのハッピーバースディ!」は結構新鮮でいい感じだった(^-^) どうも、こういう曲は歌わないだろうという先入観があったようで(^-^; そして、最後が初のオリジナル曲で、その名も「Happy Birthday」(^-^; これ、誕生日以外にも歌うのかなあ?(^-^; 曲はかなりいい感じで私好み。振り付けも良し(笑) 作詞作曲は不明ですが、エレクトーン演奏はとうこちゃん自らとのこと。うーん、手作り感溢れてるなあ(^-^)
 そして、最後の出演者はこばゆー。てゆーか、21時には終わらせないといけないらしく、この時点で残り時間は30分。こばゆーにしては珍しく(笑)MCも巻き巻きで、最後の「Lyrical」に至っては、歌うのをやめようとしていたところを、とうこちゃんのリクエストで歌ったに等しい感じ。私にとって珠玉だったのは、「小林有子1.0+できるってシンジテ」の5曲メドレーですねー。「Catch the World」と「できるってシンジテ」は、ライブでは初めて聴いたのかな。まあ、途中歌詞が飛んでたりもしましたが(笑)、DV映像をムービーにして常時PCで流しときたくなるくらい、良かったです(^-^)
 というわけで、5分ほど押して終演。なんか21時からは普通の飲み屋になるらしい(^-^;<シアターpoo。撤収して、ロビータイム(?)は、表の道端で(^-^; 1時間くらいまったりと。まもっぺさんは相変わらずこばゆーを脱がせてました(笑) 22時頃解散だったかな。おつかれさまでした。
 それにしても、たまにメジャー系に行くと、プレ系の楽しさが再確認出来ますね。やっぱり両者の楽しみ方は(私にとっては)違うものです。どちらも楽しいんですが(笑) まあ、人が多いのは嫌いなので、メジャー系は滅多に行かないんですけどね。てゆーか、メジャー系の「ライブ」は初めてだったのか、私(笑) プレ以外で行ったことあるのって、桜井智と横山智佐だもんなー(笑)

*1: i-modeサイトでも出来たっぽい。
*2: だったはずなんだよな、ホントは。
*3: 後にイベント司会が発表したところによると、「2000人近く」らしい。
*4: もうすでに結構絶え絶え(笑)
*5: 50点満点らしい。
*6: CM同様のポーズで。