イベント参加リスト(2006年01月)
最終更新日:2022/01/09 22:11
2006エスタ新春イベント 札幌CASアクターズエンターテインメント新春ミニライブ【概略】

日時:2006/01/01(日) 11:00/13:30
場所:札幌エスタB1F(札幌)

出演:高橋麻里奈/五ノ井ひかり/持館香穂/下間夕利子/Let's[中田智聡/中谷沙織]/福井絵梨奈/谷川亜維/他

2006エスタ新春イベント 札幌CASアクターズエンターテインメント新春ミニライブ【曲目】

□1回目(11:00〜)
メモ取ってないので略

□2回目(13:30〜)
01.コモエスタ(エスタテーマソング)/持館香穂 with スーパーダンサーズ
02.BACK BLOCKS(MISIA)/下間夕利子 with スーパーダンサーズ
03.いたみ(オリジナル)/持館香穂
04.ダンスパフォーマンス/CASアクターズダンスチーム
05.♥桃色片想い♥(松浦亜弥)/五ノ井ひかり
06.Painting(routeφ)/高橋麻里奈
07.キューティーハニー(倖田來未)/五ノ井ひかり with スーパーダンサーズ
08.Happiness(オリジナル)/Let's
09.レゲエダンス/下間夕利子
10.Rock With You(BoA)/高橋麻里奈+2人
11.WE WILL HERO(CASテーマソング)/高橋麻里奈・下間夕利子・スーパーダンサーズ

2006エスタ新春イベント 札幌CASアクターズエンターテインメント新春ミニライブ【記録】

 色々あって、1回目の3〜4曲目くらいから参加。トークは挨拶程度で、歌だけが淡々と続いていくライブ。
 1回目のセットリストは、2回目と比べて「いたみ」じゃなくて「Be myself」、「Painting」じゃなくて「START」で、あとは曲順が違ったくらいかな?
 高橋麻里奈ちゃんを見たのは、ホワイト☆ストームのデビューイベントで客で来てたのを見たとき以来?(笑) さすがに華はあるが、口パク?
 持館香穂ちゃんは、3月20日のアルシュイベント以来。あ、なんか前より印象いいかも。
 五ノ井ひかりちゃんは初見。さすがグラビアアイドル、自分の売りをわかっていますなあ(笑)
 下間夕利子先生はレゲエダンス。さすがインストラクターだけあって上手い(のだろう)が、レゲエはあまり趣味じゃないなあ(^-^;
 スーパーダンサーズは4人。上手い人もいれば下手な人も。CASアクターズダンスチームはそれ+3人だったかな。確かにスーパーではない(^-^;
 Let'sも1曲だけだったので、特に何事もなく。
 まあ、割と楽しかったかな。越智春菜ちゃんにも会えたし(笑)

ポスフール藻岩店2006年お正月スペシャルイベント ステージLIVE【概略】

日時:2006/01/03(火) 11:30/15:00
場所:ポスフール藻岩店 1階特設コーナー(札幌)

出演:セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]/Pink[村田唯/堀あおい/松井紗彩]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]

ポスフール藻岩店2006年お正月スペシャルイベント ステージLIVE【曲目】

□1回目(11:30〜)
01.MAGIC(MAX)/セッ娘
02.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘
03.Tte! Oi!(オリジナル)/セッ娘
04.キューティーハニー(倖田來未)/Pink
05.SPLASH(島谷ひとみ)/Pink
06.大爆発NO.1(ZONE)/Pink
07.夢の花を咲かせましょう(*1)(オリジナル)/MonKero
08.(オリジナル)/MonKero
09.小麦色のラブソング(RYTHEM)/MonKero

□2回目(15:00〜)
01.てんきゅっ(RYTHEM)/MonKero
02.(オリジナル)/MonKero
03.小麦色のラブソング(RYTHEM)/MonKero
04.MAGIC(MAX)/セッ娘
05.ヒマワリ〜春夏秋冬〜(オリジナル)/セッ娘
06.Tte! Oi!(オリジナル)/セッ娘
07.大爆発NO.1(ZONE)/Pink
08.SPLASH(島谷ひとみ)/Pink
09.キューティーハニー(倖田來未)/Pink

ポスフール藻岩店2006年お正月スペシャルイベント ステージLIVE【記録】

□1回目
 1回目の開演は11時半からだが、何故か開店直前の10時ちょい前に到着。そしたら、玄関には見知った顔がたくさんいるしっ(笑)
 場所はフードコートの裏手辺りの特設コーナー。ステージは無く、ベルトタイプのガイドポールで客席と仕切られている。ぃゃ、一応雛壇はあったが、狭くて壇上で踊るのは無理。踊らないモンケロはその上で歌っていたけど。
 すでに準備を開始していた岩ちゃん他スタッフさんに挨拶し、あとはひたすら開演を待つのみ。ジュース買ってきたり、美弥ちゃんオススメの「ぷぷるん」というグミを買ってきてみたり。
 開演10分前になって、岩ちゃんが出てきて前説。ちょびはインフルエンザで休みらしい。えーと、事前にメルマガで出ないって告知されてたよーな(笑) また、ポスフール側から、一般のお客さんが引かないように騒がないように、とのお達しがあったらしく、「騒ぎすぎないでください」とのこと(^-^; まあ、岩ちゃんのせいではないのだが、最初にこんなこと言っちゃうから、すごく厳かなイベントになっちゃうんだよなあ(^-^;

 定刻通り開演。まずは岩ちゃんが出てきて、「あけましておめでとうございます!」「盛り上がって下さい!」と挨拶して、セッ娘を呼び込んで退場。なお、各ユニットの流れは、岩ちゃんが呼び込み→1曲歌う→自己紹介→2曲歌う→岩ちゃん交えてトーク、といった感じ。
 さて、白い衣装でのセッ娘は「Magic」から。めっちゃ距離近っ(笑)
 壇上に上がってMC。スベリーダー夏希ちゃんの「藻岩〜。もぉいいわ〜」は放置プレイ(笑) 「カタカナの“セ”に〜」で始まるユニット名紹介と、自己紹介ではそれぞれ一言ずつ。
咲良「今、お腹が空いてて、とても危険な状態です(笑)」
夏希「今年もスベリーダーとしてがんばっていきたいと思います」
美弥「前髪パッツンにしました」
容子「結局リバウンドしました・・・」
 そして、容子姉が「新年早々たくさんの人に来ていただいて・・・」と殊勝なことを言うと、夏希ちゃんが「皆さん、暇なんですか?」と暴言(笑) 「こらっ! そういうこと言わない!」と怒られていたけど(笑)
 2曲目は「ヒマワリ〜春夏秋冬〜」、3曲目は「Tte! Oi!」と、オリジナル曲を続けて披露。容子姉の「ヒマワリ」との曲紹介に続く、夏希ちゃんの「春夏秋冬」とのセリフは、久々に聞いた〜(笑)
 歌い終わると岩ちゃん登場。「まるでお葬式のように見ていただいてありがとうございます(苦笑)」と苦笑される。その後、CDの告知などをして、セッ娘に来年の抱負・・・じゃなくて、今年の抱負(*2)を質問。
容子「夏希のお笑いレベルを上げて・・・」とか言い出したので、思わず「無理、無理」とか突っ込んじまったい(笑)
美弥「家にある冷凍された餅をたくさん食べます」。・・・天然?(^-^;
咲良「皆さん、咲良のことを知ってください」と言われて、素直に「はい」と返事した人が約1名。それは私(笑)
 そして、最後の夏希ちゃんには、「小野夏希はこっちのマイクで」と別のマイクを差し出す岩ちゃん。マイク部分がスポンジで飛び出す奴で、それをぶつけられて夏希ちゃんの抱負は終了(笑) まあ、何を言ってもスベるだけだし、この方がウケを取れて良かったのかな? 本人も「おいしい! ありがとう!」とか言ってたし(笑)

 二番手のPinkは「キューティーハニー」で登場。ぅゎぁ、静か〜!(笑) そういえば衣装は、唯ちゃんはいつもの黒のヘソ出しセクシー衣装だったのだが、あおちゃんと紗彩ちゃんもそれ仕様になっていた。やっぱい、かなり私好みだ(笑)
 自己紹介。
唯「今年はもっともっと魅力的な女性になりたいと思います」
あお「地元なのでめっちゃ緊張しています。ご飯とか美味しいので食べていってください」
紗彩「今日も盛り上がっていきましょう!」
 そして、「いつも盛り上がってくれる人も今日は盛り上がれないみたいですけど(笑)、心の中では盛り上がってください」との唯ちゃんの言葉が泣ける(;_;)
 久々となる「SPLASH」と「大爆発NO.1」を歌い、岩ちゃんが出てきて壇上トーク。岩ちゃんがマリーの帽子をかぶってきても誰も反応せず、岩ちゃんしょぼ〜ん。だって、騒げないし〜(笑)
 今年の抱負。
唯「もっと魅力的な人になって、ライブをたくさんの人が見てくれるようになることです」。おー、セッ娘と違って、さすが真面目だ(笑)
あお「楽しく過ごすことです」
 最後の紗彩ちゃんは岩ちゃんに「じゃあ、オチです」と振られ、「え゛〜」と凄い声を出していたが、
紗彩「とりあえず高校に合格することです」
 全然普通に答える辺りが、よくスベってる人とは大違いだなあ(笑)

 トリはモンケロ。ポスターやチラシに書かれたPinkとセッ娘の紹介枕詞は「うた・ダンス」なのだが、何故かモンケロだけは「実力派シンガーのユニット」。岩ちゃんによると、自分達でハードルを上げたらしい(笑)
 そんなモンケロは、Zeppで着ていた、けろっぴ白緑、ちさき黒黄のパンツルックで登場。1曲目は「夢の花を咲かせましょう」だったが、忘れていたのか、岩ちゃんによる前口上は「MonKero!」だけだった(^-^;
 ユニット名紹介はウザくないバージョン(笑) 「あけましておめでとうございます」「皆さんぜひ見ていってください」「今日は出演させていただきありがとうございます」など各方面への挨拶はあったが、自己紹介はなかった(^-^;
 そして、オリジナル曲の「唄」と、今日初披露となる「小麦色のラブソング」。やっぱモンケロにRYTHEMは合うなぁ〜。しみじみ。
 岩ちゃんは仮面ライダーのお面をつけて出てきたが、やっぱり誰も反応しないので自分でフォローしていた(笑) 
 今年の抱負。
智妃「ひと夏の経験を活かして、もっと色んな経験をしたい」とは岩ちゃんによる意訳(笑) ちなみに本当は「去年の夏はイベントをたくさんしたので、今年はその経験を活かして色んなところに出没したいです」とちょっと意味不明(^-^:
琴美「今年は、何か新しいことが出来たらな、と思っています」と言ったら、岩ちゃんから「料理とかね」とツッコミ。全力否定してたので、全然料理出来ないんだろーな(笑) 本当は芝居とからしい。

 そして、出演者全員集合。呼んでもなかなか出てこないので、岩ちゃんが「みんな、僕の言うことを聞いてくれません(^-^;」と愚痴るのはいつものこと(笑)
 さて、「お正月だというので、お年玉を用意しました!」と声を張り上げるものの、サイン入りのポチ袋だけで中身無し(笑) 各ユニットごとでじゃんけんによる争奪戦。勝てず(>_<) なお、容子姉が「最初はグー、じゃんけんぽーん!」をやたらと高速に言って誰もついていけず、客のひんしゅくを買っていた(笑)
 そして、プレゼントはもう一個、「10万円・・・が貯まる貯金箱! お金は自分で貯めるものです(笑)」。やっぱり勝てず(>_<)
 最後は全員で「ありがとうございました」と一礼し、生徒が退場した後は岩ちゃんがポスフールの宣伝をして終了(笑) 45分くらいのイベントだったかな?

□2回目
 2回目までの3時間近い待ち時間は、だらだらと昼食と歓談。友達増えた♪
 1時間くらい前に現場前に戻ると、容子姉と夏希ちゃんがアヤシゲな踊りをしていた(笑) その後、Pinkとモンケロもやってきたので、年賀状と1回目のイベントの写真をプレゼント。
 そして、やはり開演10分ほど前に岩ちゃんが出てきて、前説。先ほどはあまりにも静かすぎだとクレーム(笑) ある程度は騒いでもいいと言われても、加減が難しいなあ(^-^; 結局、1回目よりは盛り上がったものの、なんか中途半端な感じに。

 定刻通り開演。岩ちゃんが「あけましておめでとうございます!」などと1回目と同じように挨拶し、モンケロを呼び込んで退場。なお、各ユニットの流れ及び衣装は、1回目と同様。
 モンケロの1曲目は、曲を変えて「てんきゅっ」から。間奏では「買い物中のお客さんも聴いていってくださいね〜」とアピール。
 ユニット名紹介はウザくないバージョン。自己紹介はやはりなく(^-^;、1回目後の待ち時間の間に食べたお弁当の話を展開。お正月バージョンの弁当で、ちさきちゃんはおいなりさんにいくらが乗ったもの、けろっぴはサーモンが美味しかったらしい。
 そして、「唄」と「小麦色のラブソング」を歌い、岩ちゃんを交えてのトーク。まずはCDの宣伝をしてから、何故か壇上での撮影会に。しかも、レモン持たせてるしっ(笑) 岩ちゃんが「ザ・テレビジョン〜♪」とか歌って、「テレビジョンの表紙の撮影を勝手に行っております」とも言っていたが、「決して載りませんけど(苦笑)」とオチ(笑)
 そして、来年(*3)のレコード大賞に向けての抱負を発表。といっても、けろっぴは客席の声を聞いているうちに岩ちゃんに流されそうになり、「今言うの!」と発言権を奪い返して「じゃあ、どうぞ」と相方に振ったものの、ちさきちゃんは困ったように「ないない(^-^;」。けろっぴも「ないらしい・・・(^-^;」と苦笑。岩ちゃんが「オチも言えないユニットですけども(笑)、よろしくお願いします」とまとめて、退場。

 二番手はセッ娘。歌の前にいきなりユニット名紹介を済ませ、「MAGIC」を歌ってから自己紹介。
咲良「さっき、2階にあるめっちゃ大きいスティッチを見て感動しました」。えーと、これは、誰か買って♪、というアピールだったのでしょうか・・・(笑)
夏希「そんなスベるのを期待したような目で見ないでください」と前置きしながら、「江別にもポスフールあります。よろしくお願いします」というツッコミようのないことを言われても〜(^-^;
美弥「さっき試食コーナーでケーキを食べました。美味しかったのでみんな買ってください」。これはポスフールの回し者? てゆーか、やっぱり買ってプレゼントしてってこと?(笑)
容子「今日は集合時間に起きました(苦笑) ごめんなさい」
 その後は夏希ちゃんが進行しようとするも、「こんな4人でセッ娘です。・・・テンパってきたので誰か助けて(^-^;」って、まだ何も言ってないのに何故テンパる!?(笑) 容子姉には「テンパちゃん」と笑われてるし(笑) それでも、「私たちは1回目にも出たんですけど・・・」とがんばって進行しようとするのだが、「だからどうしたっていう(^-^;」って、自分でオチつけちゃってるし(^-^; しかも最後は、「トーク膨らませてよ!」とメンバーに向かって逆ギレ(笑) そこで「じゃあ次の曲は・・・」と笑いを持っていっちゃう咲良ちゃんは、さすがスベリーダーとは違うなあ(笑)
 というわけで、「ヒマワリ〜春夏秋冬〜」と「Tte! Oi!」だったのだが、今回は夏希ちゃんが「ヒマワリ」と言い、容子姉が「春夏秋冬」と付け加える逆パターンだった(笑)
 岩ちゃんが出てきて、まずはテレビジョン撮影(笑) しかし、レモンは3つしかない! 「ごめん、じゃあこれで」と夏希ちゃんが岩ちゃんに渡されたものは・・・バナナ(笑) そして、それで散々ポーズつけて撮影されていたにも関わらず、「バナナってネタはやりにくいですね」と岩ちゃんにダメ出ししていた(笑)
 続いて、岩ちゃんが客席に対して「東京から来てくれた方!」などといくつかの住所を上げ、その流れで「全国から集まってくれたお客さんに対してのメッセージをどうぞ」と容子ちゃんに振ったものの、「なんのメッセージですか?(笑)」と全く聞いてなかった容子姉(笑) で、岩ちゃんはもう一度説明するのが面倒くさかったのか、結局「今年の抱負をもう一度」になっていた(^-^;
容子「今年は1年間悔いのないようにがんばります」と真面目なことを言ったかと思えば、「あー、ダメだ、今年ダメだわ(苦笑)」といきなり自分にダメ出し。面白いことをいえなかったのがショックだったらしい。夏希ちゃんが「アドリブ強くなってね」と励ましていたが・・・(笑)
咲良「・・・・・・?」「時間がないので巻いていきたいと思います!(笑)」ということで終了(^-^;
美弥「これからもセッ娘としてがんばります」と何故か涙声で。「セッ娘の中で多々いじめがあるのかもしれませんが、いじめに負けないで頑張っているこの女の子を応援よろしくお願いします(笑)」
 そして、「以上で・・・」と夏希ちゃんを無視して終わらせようとした岩ちゃんだが、「え? ぃゃあの・・・巻いていきますか(笑)」って、夏希ちゃんも笑いがわかってきたなあ(笑)

 トリはPink。3人揃ったところで、岩ちゃんが奥から、豆乳(*4)の紙パックにちょびの写真が貼られたダミーちょびを持ってきて、ひな壇の上に置いていった(笑)
 「大爆発NO.1」を歌って、自己紹介。
唯「今年の初夢は、嫌な夢でした〜」って、内容がめっちゃ気になるんですけど!(笑)
紗彩「最後まで楽しんでいきましょう!」
あお「初夢はまだ見てませーん」
 そして、客席から「もう一人、もう一人」とツッコミ(笑) 「ちょびです。豆乳で作りました〜」。
 あおちゃんが「地元ってことで凄い緊張してます」と言うと、唯ちゃんが「あおちゃんの住んでるとこバレちゃうね」と微妙な発言。それに対するあおちゃんの返答が「バレちゃった〜」で、なんなんだこの会話は(^-^;
 あとはモンケロ同様お弁当話。Pink的にはサーモンが美味しかったらしい。
 2曲目は「SPLASH」、3曲目は「キューティハニー」。歌の前に唯ちゃんが「あまり盛り上がりすぎたら誰かが注意してくれると思うので、はしゃいじゃってください(笑)」と言っていたのでちょっとがんばってみたが、やっぱり座りながら応援ってのもイマイチ盛り上がれない要因だよなあ(^-^;
 岩ちゃんが出てきて、テレビジョン撮影。岩ちゃんがダミーちょびを撤収させようとしたが、唯ちゃんがそれを拒否して抱いていた。
 そして、Pinkには去年の紅白の感想を質問。
唯「WaTが歌ってるときにマイクが倒れたんですけど、トラブルでもお互いに声をかけてがんばっていたので、凄い友情を感じて感動しました」「WaTの友情に拍手!」
あお「SMAPのトリが良かったです」「SMAPに拍手!」
紗彩「レコード大賞見てたので、紅白は見てません・・・」。いいオチだ(笑)

 そして、出演者全員集合。呼んでもなかなか出てこないので、岩ちゃんが「僕、結構無視されるんですよ(^-^;」とやっぱり愚痴っていた(笑)
 今回は交流会があるということで、お年玉プレゼントはなし。「握手、写真撮影、ソフトタッチ・・・すみません、正月なんで言い過ぎました(笑)」が面白かった(笑) あ、交流会の真っ最中に地味に各ユニットの年賀状をプレゼントしていたが、岩ちゃんとのじゃんけんに負けて、貰えず(>_<)
 さて、交流会では、美弥ちゃんにぷぷるんをあげたり、唯ちゃんに写真を撮らせてもらったりなど。お客さんの人数が多くて、時間もそんなに長くはなかったので、あまりお話は出来ず。
 16時頃終了。お疲れ様でした〜!

*1: 「恋の罠しかけましょ」替え歌。
*2: 何度も何度も言い間違えていた岩ちゃん(笑)
*3: 今年ではないらしい(笑)
*4: ちょびが大好きらしい。
「北の夢」発売記念ミニライブ【概略】

日時:2006/01/14(土) 14:00
場所:サッポロファクトリー アトリウム(札幌)

出演:タッチ[池添綾香/吉田晃美/森浦あゆ子]

「北の夢」発売記念ミニライブ【曲目】

01.気分爽快(森高千里)/タッチ
02.キラキラ海岸(オリジナル)/タッチ
03.SNOW AGAIN(森高千里)/タッチ
04.想い出の九十九里浜(Mi-Ke)/タッチ
05.北の夢(オリジナル)/タッチ
06.この街(森高千里)/タッチ
アンコール
07.ファンキー・モンキー・ベイビー(森高千里)/タッチ

「北の夢」発売記念ミニライブ【記録】

 開演10分ほど前の13時50分頃到着。観客はそこそこ集まってる感じ。椅子席の最前列が空いていたので、そこに座って観戦。
 定刻通りに開演。タッチの3人が新衣装(*1)で登場。3人お揃いのスーツ姿が格好良い。黒の3つボタンスーツで、中はピンクのYシャツと濃いピンクのネクタイ。左胸のピンクの花飾りがいいアクセントになっている。足元はピンクのパンプス。
 さて、ステージに上がったタッチの最初の仕事は・・・マイクスタンド片付け(笑) スタンドが3本立てられていたのだが、使わないらしい。だったら、最初からセットしなきゃいいじゃん(^-^;
 1曲目の「気分爽快」を歌い終えると、「苫小牧市から来ましたタッチです」と挨拶。「高校生3人組」とも言っていたが、それが使えるのもあと2ヶ月ほどか・・・(笑) あと、あきみが「(ファクトリーには)小さい頃からよく来てた」と言っていたが、リップサービス?(笑)
 さて、ステージの左右には「氷都とまこまい国体」と書かれたのぼりが2本立っているのだが、タッチはその応援歌を歌っているということで、国体と曲の宣伝。でも、2曲目に歌ったのは、「とまこまい港まつり」の応援歌である「キラキラ海岸」(笑)
 メンバー紹介では、ネタではないと言い張っていたが、あやかとあきみが同時に「ハイ!」と手を挙げたのは面白かった。結局あきみが譲って、あやか→あきみ→あゆこの順に名前と学年を発表。
 その後は、先週行っていた東京ライブツアーの話。といっても、ほとんどロコフェスの話だったけど。大成功だったとのこと。
 そして、先ほど片付けたマイクスタンドを準備し、一足先に準備が終わったあきみがタンバリンを舞台袖から持ってきてあやかに手渡す。「今は夏の曲だったので、次は冬の曲を」というわけで、歌うは「SNOW AGAIN」。んー、あきみとあゆこは振り付けてるのに、あやかはタンバリンを鳴らすだけっていうのは、他の曲で3人揃った振り付けを見慣れてるだけに、なんか見てて違和感あるなあ(^-^; 歌い終わるとスタンドを再び片付け。結局、使用したのはこの曲だけだった(笑)
その後は3人でトーク。「寒くなってきましたねー」「寒いといえば鍋食べたいですねー」「鍋といったらジンギスカンですよね」「東京でも大ブームでした」「でも、北海道といったらカニですよねー(*2)」「どんなカニだったの?」「タラバガニでした」「あゆはどんなカニが好き?」「ケガニが好きです。カニミソが特に」という流れを経て、あやかが「日本人で一番最初にカニを食べた人は誰か知ってる?」と2人に質問。ヒントとして、歴史上の人物、有名な人、江戸時代の人・・・というところで徳川家康という答えが出たのだが、「もうちょっと古いかな?」って、江戸時代で家康より古いってありえないだろ(笑) 結局、織田信長とか卑弥呼とか上げてみても当たらず、「降参? 教えてあげよっか(笑)」と喜色満面で得意げなあやかが放った答えは・・・「アマテラスオオミカニ♪(天照大御神)」。それを聞いて、「あちゃー」と頭を抱えるあきみとあゆこ。ああ、これってコントだったのか。今頃気づいた(笑) 「それともうひとつ、オオオカエチゼンノカニ♪(大岡越前守)」に再び「あちゃー」と頭を抱えたものの、負けじとあゆこが「アサノタクミノカニ!(浅野内匠頭)」、あきみが「カニサダチュウジ!(国定忠次)」と応戦。そして、最後は「ちゃんちゃん♪」でおしまい。今どきこんな言葉を使うのは、タッチと私しかいない(笑) なお、あやかによるコント総評は、「自分自身で笑っちゃいそうになりました。修行が足りないです」とのことです(笑)
 4曲目は、本日唯一のオリジナル曲でも森高カバー曲でもない、Mi-Keの「想い出の九十九里浜」。振り付けがなんとなく気に入らないというのとは別問題で、なんか他の曲と比べて極端に振りの精度が低いな・・・。
 次はいよいよ新曲の国体応援歌ということで、改めて国体をPR。「浅田真央ちゃんとか、安藤美姫ちゃんは・・・来ないんですけど」。来ないんかい(笑) 「浅田真央ちゃんのお姉さんの浅田舞さんが来るので、ぜひ見に来てください」って、ちょっと失礼な紹介のような(^-^; もちろん、「タッチも歌いますので(笑)」との宣伝は忘れない(笑)
 そして、「新曲の“北の夢”は、今まで練習してきた成果を選手達に捧げるような、とても力が沸いてくる曲です。皆さんもこの曲を聴いて元気になってください」とアピールして、「北の夢」を披露。おー、初めて聴いたが結構いいねえ。相変わらずGSチックだけど(笑)(*3) しかし、最初と最後で3人が遠くを見上げるのだが、あやかとあきみが似たような場所を見上げて、あゆこひとりだけが反対方向を見上げてるってのはなんか違和感あるなあ。多分コンセプトとしては、3人別々の場所を見上げるはずなんだろうけど。
 「次の曲で最後となってしまいました」「一応、ラストですよね」「アンコール曲を用意してるだなんて言いません」「もし奇跡が起きたら、もう一曲歌えるかもしれません」と何かを婉曲にアピールして(笑)、一応の最後の曲は「この街」。おお、盛り上がれるいい曲だねえ♪ 感想では、「夜のおかず何にしようか?」「札幌だからジンギスカンにしようか?」「でも、ラーメンも食べたいなー」とか、「今日もお客さんたくさん来てくれたね」「嬉しいね」「タッチももっともっとがんばらないとね」とのやりとりあり。
 そして、予定調和のアンコール(笑) てゆーか、「この街」を歌い終わって「ありがとうございました」と頭を下げてる途中からアンコール入れるってのは早すぎなんじゃあ(^-^; 
 「まさかアンコールがもらえるとは(笑)」「曲、用意してましたかー?」「してますよ、ばっちりです(笑)」「皆さん知ってる曲だと思うので、モンキーダンスで盛り上がってください」。というわけで、本当に最後の曲は「ファンキー・モンキー・ベイビー」。なんでキャロル?と思ったら、なんでキャロル?と思ったら、森高がカバーしてたのか。んー、「この街」の方が盛り上がってたような(^-^;
 「ありがとうございましたー。タッチでしたー」と一礼して、14時40分頃終了。その後は、ステージを降りて客席後ろ側で、本人たちが手ずから物販。「北の夢」は持っていなかったので1枚購入。なんだかんだで、ステージよりも長い時間、物販してたような(笑) それだけサービス心旺盛ってことですが。
 総括。相変わらず振り付けのクオリティは高いが、あやかが若干遅れ気味だったような。まあ、これだけやってくれれば、充分満足なんですけど。というわけで、やっぱりタッチはいい!ってことで(^-^)

*1: 私は初見。
*2: あきみママが奮発してカニを買ってきてくれたが、これから一ヶ月ごはんないからね、と言われたらしい(笑)
*3: まあ、それがタッチオリジナル曲のウリだろうし。
「北の夢」発売記念インストアライブ【概略】

日時:2006/01/15(日) 12:00
場所:音楽処(札幌狸小路)

出演:タッチ[池添綾香/吉田晃美/森浦あゆ子]

「北の夢」発売記念インストアライブ【曲目】

01.気分爽快(森高千里)/タッチ
02.キラキラ海岸(オリジナル)/タッチ
03.SNOW AGAIN(森高千里)/タッチ
04.想い出の九十九里浜(Mi-Ke)/タッチ
05.北の夢(オリジナル)/タッチ
06.この街(森高千里)/タッチ
アンコール
07.ファンキー・モンキー・ベイビー(森高千里)/タッチ

「北の夢」発売記念インストアライブ【記録】

 観客は、先日のLet'sのときより集まっていたか(笑)
 なお、ステージ構成は昨日とほとんど同一。コントが違ったくらい。
 というわけで、「気分爽快」からスタートし、国体の応援歌である新曲の宣伝に来ました、と挨拶。
 2曲目の「キラキラ海岸」は、僅かに高くなっているステージから降りて、ステージ前で歌った唯一の曲。ステージ前の方が広くて踊りやすかったのでしょう。マイクスタンドが踊りの邪魔で、歌ってる最中に脇に除けていたあきみが、なんか可愛かった(笑)
 メンバー紹介では、あきみが「はいっ!」と手を挙げてからあやかの様子を窺っていたのだが、ということは昨日のはやっぱりわざとか〜?(笑) あやかは手を挙げなかったので、あきみ→あゆこ→あやかの順で。
 「SNOW AGAIN」は、もちろんあやかがタンバリン。歌い終わって、「皆さん、盛り上がってますかー?」とか言われたが、ぃゃ、この曲で盛り上がれと言われても(苦笑) あやかなんて「元気なくないですよ」って、変なこと(*1)言ってるし(笑)
 そして、問題の新作コント(笑) 今回はきちんと「タッチのショートコント」と銘打っていた。題名は「三軒のラーメン屋さん」。テイク1は、あやかがナレーションを入れ忘れてプロデューサーからダメ出しが出たため、やり直し(笑)

あやか「狸小路に、三軒のラーメン屋さんが並んでいました」
あゆこ「いらっしゃいませ、いらっしゃいませー。うちは日本で一番おいしいラーメン屋ですよー。いらっしゃいませー!」
あきみ「んー、どうしよう? よし! ・・・いらっしゃいませ、いらっしゃいませー。うちは世界で一番おいしいラーメン屋ですよー。いらっしゃいませー!」
あやか「んー、どうしよう? よし! ・・・いらっしゃいませ、いらっしゃいませー。入り口はこちらですよー。いらっしゃいませー!」
あゆこ&あきみ「あちゃー」
3人「ちゃんちゃん」

 客席は「しーん」ではなく「きょとん」って感じ。そのため、タッチによるオチの説明。まあ、よく考えればわかるのだが、よく考えないとわからないコントはダメだよなあ(^-^; 基本はこのままで、もーちょい台本をうまくすれば使い物になりそうな気はするけど、もうやらなさそう(笑)
 というわけで、さっさと次の曲へ(笑) 「想い出の九十九里浜」の振り付けは、昨日は結構バラバラだったのだが、今日は大分揃えてきていた感じ。
 次の「北の夢」に行く前に曲の説明だが、昨日無かった話としては、レコーディングにとても時間がかかったとのこと。夕方から夜中までかかったらしい。そして、苦節の末にレコーディングが終わって、確認のため通しで聞いてみたら、最後の部分に「なんかヤダ」と消え入りそうな声で入っていた。「心霊現象!?」かと思ってびくびくしながらもよくよく聞いてみたら、どうもなんだかあやかの声っぽい。どうやら、自分の歌に納得出来なくて無意識に呟いたあやかの声だったらしい(笑)
 というわけで、新曲「北の夢」を歌い終えると、今後の予定の話。雪まつりに出演が決定したとのことで、「寒いので暖かい格好をしてきてください」とあゆこが話すと、あきみが「手袋マフラー耳かき目かき・・・?」と自分でも変だと思ったらしく首を傾げていたが、あやかに「耳かけだよ」と突っ込まれていた(笑)
 そして、「次で曲で最後となりました」「えー」のやりとりを経て、やっぱり直接的にアンコールはせびらないのだが、「皆さん、お酒に入ってるものは何でしたっけ?」「道路にある丸いものは?」などの回答を客席に求める(笑) てゆーか、「なんとかワット?」に至っては、「それに近いような」って、そのままズバルですからっ!(笑) 「その言葉が言いたくなったら言ってください(笑)」とまとめたところで、一応最後の曲は「この街」。間奏部分の喋りは昨日と一緒。
 アンコール入るのが早いのも、昨日と一緒(笑) てゆーか、アンコールではなく「アルコール」とか「マンホール」とか言われてたけど(笑) あきみが「このまま聞いていようか(笑)」とかひどいことを言っていた(笑)
 というわけで、本当の最後の曲は、「皆さん最後は一緒にぶっ壊れましょう」ということで、「ファンキー・モンキー・ベイビー」。歌い終わると「ありがとうございましたー!」と頭を下げて、さくっと物販へ。
 まあ、CDは昨日買ったので、今日は見てるだけ。13時過ぎに、次の現場たる新札幌へと移動。
 というわけで、やっぱりタッチのライブパフォーマンスはいい。あやかも昨日ほど遅れてはいなかったですなー。

キャッツアイLIVEツアー2006(新札幌)【概略】

日時:2006/01/15(日) 14:00
場所:キッャツアイ新札幌店(札幌)

出演:BLuck[福田大樹/川原圭一朗/三田地大輔/佐藤大輔/菅野篤海]/Style.[平野広司/岡元祐輔/笹崎恵二]/MonKero[笠井琴美/畠山智妃]/村田唯/セッ娘[千田容子/小野夏希/福井咲良/中川美弥]
司会:岩野祐二

キャッツアイLIVEツアー2006(新札幌)【曲目】

--.ダンスパフォーマンス/Style.
01.ゲレンデがとけるほど恋したい(広瀬香美)/笠井琴美
02.ENDLESS STORY(REIRA starring YUNA ITO)/畠山智妃
03.GLAMOROUS SKY(NANA starring MIKA NAKASHIMA)/MonKero

04.I don't look back〜約束の場所へ〜(オリジナル)/BLuck
05.BANG! BANG! バカンス!(SMAP)/BLuck
06.スマイル(オリジナル)/BLuck

07.Like This(DA PUMP)/Style.
08.make a secret(BoA)/村田唯 with Style.
09.love across the ocean(倖田來未)/村田唯
10.MAGIC(MAX)/セッ娘
11.Butterfly(倖田來未)/セッ娘

12.VIOLATION(EXILE)/BLuck
13.Distance(EXILE)/BLuck
--.ゲームコーナー/BLuck
14.Everlasting Love(オリジナル)/BLuck
15.Delight(DA PUMP)/BLuck
16.スマイル(オリジナル)/BLuck

キャッツアイLIVEツアー2006(新札幌)【記録】

□前半戦
 13時半頃、会場のキャッツアイ新札幌店に到着。中に入るなり、右手側に物凄い人込みが(^-^; う〜む、最近のBLuck人気は凄いねえ・・・。
 てゆーか、ステージどこ? と思っていたら、その人込みの向こう側だったらしい。人が多すぎて見えなかった(^-^;
 その人込みの後ろにいても見えそうになかったので、ステージの真横(下手側)から見ることにする。開演までは友人としばらく雑談。

 14時丁度に開演。「あけましておめでとうございます!」と元気良く岩ちゃんが登場して前説。「返事が小さいとBLuckが出てこないですよ!」と客を煽る。「今日がキャッツアイツアー1回目です」などと説明し、「オープニングアクトとして、Style.とMonKeroが登場します!」と紹介して退場。・・・あれ? セッ娘と唯ちゃんは? 時間無くて出番切られた? でも、唯ママはいたしなあ。
 それにしても、前説のときからマイク音声がぶつぶつ途切れて音響最悪。これは最後まで直ることがなかった・・・。

 トップバッターは、Style.のダンスから。衣装は、Zeppでも着ていた、リボンがひらひらしたやつ(笑)
 続いて、けろっぴは緑のワンピに白いニットの上着で登場し、「ゲレンデがとけるほど恋したい」を熱唱。選曲が意外すぎて、サビまで何の曲だか思い出せなかった(^-^;
 入れ替わって出てきたちさきちゃんは、けろっぴが前に着ていた白緑衣装の白上衣とアームウォーマーに、白のミニスカ、白のブーツの組み合わせ。全身白ずくめで、すっげえ可愛い。今日の私的ベストドレッサー賞に決定(笑) 歌は「ENDLESS STORY」。なんか最近聴いたことあると思ったら、伊藤由奈だったのか。
 曲が終わって、ふとステージの後ろの方に視線を転じると、駆け出そうとするポーズでけろっぴが止まっていた(笑) どうやら、次の曲が始まるのを待っていたらしい。というわけで、NANAつながりの「GLAMOROUS SKY」の前奏が始まると同時にステージ上に飛び出して、2人で熱唱。手拍子をせびったりする仕草が、なんか可愛らしくて結構好きです(笑) それにしても、実はあんまり聴いたことのなかった曲なのだが、いい曲じゃん。MonKeroが歌ってるから?(笑) 
 さて、自己紹介はウザくないバージョン。ちさきちゃんが「今日は来てくれてありがとうございます」などマジメに語ってるというのに、けろっぴは「初めて来たんですけど、遊んで帰りたいです」と来たもんだ(笑) そして、ここでMCが入ったのでもう一曲かと思ったら、「続いては、皆さんお待ちかねのBLuckの登場です! どうぞ!」と呼び込んで撤収だった(^-^;

 BLuckの5人は、ステージ後ろの階段から降りてきて登場。衣装は、色違いのフリース。大樹君が白、年長組が黒で、年少組が白。ズボンはめいめいカジュアルに。
 「新年一発目行くぞ!」と気合い充分で望んだ1曲目は、「I don't look back」。でも、なんか今日の客はおとなしいな・・・。そういえば、ミニアルバムでは新バージョンが収録されるようだけど、2コーラスのみという半端な曲構成は直るのだろうか?(*2)
 歌い終わって自己紹介。みたっちは、いたって普通(笑) 圭ちゃんは「キャッツアイ常連です。三国志大戦のレアカード持ってたら下さい(笑)」。大樹君は「ぼくはメダルゲームが大好きです」。大ちゃんは「今日はバスケのゲームがあるみたいなので、気合い入れてがんばります」。篤海君は「今日の髪型は2006年バージョンです」。
 続いての曲は、意外にもこんな早くに出てきた「BANG! BANG! バカンス!」。みたっちの頑張りは空回り気味・・・(^-^;
 MCは大樹君のオンステージだったかな。「篤海の前髪にびっくりした人も多いと思いますけど」を掴みネタに持ってきつつ(*3)、「FOMA探偵☆工藤ちゃん」の話で盛り上がる。終わり際に、みたっちがエキストラ出演している「最終兵器彼女」の話をちょこっと(笑) 「2006年は歌だけではなく、演技とかも頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします」とまとめて、次の曲へ。
 そして、「スマイル」を歌い終えると、「後半もまた出てくるのでよろしくお願いします!」と撤収。てゆーか、これは前半だったのか(笑) セッ娘と唯ちゃんは後半に出てくるわけですな。

□後半戦
 というわけで、後半戦もStyle.から。黒系の衣装に着替えて、今回は「Like This」を歌う。自己紹介では、3人がそれぞれ最初に「右」「真ん中」「左」と自分の立ち位置を言っていたのが、ちょっと面白かった。あと、口が回らなかったのか、広司君が「リーダーやらせております」と口走っていた(笑)(*4) そして、「ここはとにかく広い」「こんなに集まってくれて嬉しい」「遊んでいってください」などと盛り上がったところで、「次は、Style. with 村田唯です」ということで、唯ちゃんがステージに登場・・・の前に、ステージ脇で唯ちゃんがStyle.の3人に帽子を配給(笑)
 Style.を従えての唯ちゃんの1曲目は「make a secret」。Zeppと違って割とおとなしめの衣装かと思っていたら、背中が丸見えで凄かった(笑) そして、Style.が撤収してMCでは、「新札のキャッツには初めて来たんですけど、一番最初に感動したのは、あそこ(*5)にあるおっきな黒いガチャピンです」とアピール(笑) あとで店の人から貰えたりはしたのでしょーか?(笑) もちろん、「ここでゆっくり遊んでいって下さい」という気遣いも忘れずに。
 そして、ソロで歌うは「love across the ocean」。ぉゎー、ダンスがすげー。今までで一番激しかった。正面からきちんと見れなかったのが残念(>_<) 最後、「これ、誰か貰ってくださーい!」とマイクに巻いてあったリボンを客席に投げ込んで撤収。ああ、そういえばPinkって昔は色々と客席に投げ込んでいたなあ、と懐かしんでみたり(笑) それにしても、歌については本人が猛省していたが、それ以前に音響がひどすぎたからなあ。
 セッ娘は、それぞれ違う肩出し衣装で登場。色は黒で統一。まずは「MAGIC」と「Butterfly」を2曲続けて歌って、MC。自己紹介は、珍しくみんな普通でつまんな〜い、と思ったら、「千田容子、二十歳です」で何故かしーんと静まり返る客席。そりゃ容子姉も、「あれ?(^-^;」と戸惑うよなあ(笑)
 そして、夏希ちゃんがBLuckを呼び込もうとするのだが、なんかすっごいぐだぐだだった(笑) 多分、「それでは、今日の目玉の、びーえるゆーしーけー、BLuckが用意出来たようなので、登場です!」と言いたかったんだと思う。あまりにぐだぐだだったもんだから、「BLuckの登場です!」って岩ちゃんが出てきたんだけど(笑) まあ、岩ちゃんの主目的は、客席前列を座らせることだったようで、その間にセッ娘は「お邪魔しましたー」と退場。

 さて、今回は上から下から登場したBLuckは、「VIOLATION」と「Distance」を続けて披露。「というわけで、続いてはゲームですね。BLuckと一緒に・・・」と大樹君が仕切るのかと思ったら、やっぱり岩ちゃんが出てきた(笑)
 バスケゲームをするということで、BLuckを3つに分けて、チーム対抗戦。グーチーパーで合った人同士をペアにしていき、1組目は大樹君&大ちゃん(Cチーム)、2組目は圭ちゃん&篤海君(Bチーム)、そして一人溢れたみたっちは岩ちゃんと組むのかと思ったら、岩ちゃんがいきなり「ヨーヨーが凄く上手い三浦さんです!」と客席から三浦さん(実名)をステージ上に引っ張りあげて、みたっちと組ませてしまった(笑)(Aチーム)。「全ては思いつきで進行しています(笑)」というのが面白い(笑)
 さて、本ゲームは客席参加型。まずは、どのチームが勝つか予想。一応それぞれ手を挙げさせたけど、誰かがチェックしてたわけではなかったので、結果は自己申告制の信頼商売(笑) バスケ部らしい大ちゃんがいるCチームが一番人気だったかな?
 そして、Aチームから順番にゲーム開始。みたっちはゴールをオーバーしてカウンターに投げ込み過ぎでいい迷惑(笑) 23点のほとんどは三浦さん(実名)が叩き出していたような。
 Bチームは、2人のタイミングがばっちり合っての連続ゴールが凄すぎで65点。
 そして、Cチームのときに、ゴールの横のほうで騒いだりしてやたらと邪魔する篤海君(笑) 後半の伸びは凄かったのだが、篤海君のせいなのか違うのか、時すでに遅しの54点。
 というわけで、圭ちゃん&篤海君のBチームが勝利! Bチームを予想した人と篤海君がじゃんけんをして、勝ち残った一人がお客さん代表。彼女と圭ちゃんが組んで、みたっちに勝てば、豪華プレゼントを進呈らしい。
 まずは、お客さん代表と圭ちゃんがプレイし、結果は20点。そして、みたっちの得点は・・・4点! 桁間違いではありません(笑) まあ、メンバーから「空気読めよ!」とか「負けろよ!」とか散々言われたらねえ(笑) でも、「最後に一投だけ本気出して投げてみて」と言われて、最後はきちんとキメてみせたのは、さすが体育教師免許取得者の面目躍如(笑) というわけで、勝利したお客さん代表にはサイン入りCoCoエンジェルがプレゼントされて、ゲームコーナーは終了。
 最後の曲は、最新オリジナル曲の「Everlasting Love」。歌い終わると岩ちゃんが出てきて、恒例の岩ちゃんによるメンバー紹介だが、マイクの調子が悪くてBLuckから3本くらいマイクを差し出されていた(^-^;
 みたっちには「映画最終兵器彼女エキストラ出演、拍手!」。篤海君には「去年のJUNOBスーパーボーイコンテスト、全国第2位おめでとうございます、拍手!」。大樹君には「月9ドラマとスマスマの間の21時54分からやっている『君のもとへかける虹』というドラマの主役に選ばれました、FOMA探偵☆工藤ちゃん役です、拍手!」。大ちゃんには「パーマがよく似合う男、BLuckのダンス実力ナンバー1です、拍手!」。そして圭ちゃんには「一昨年のJUNONスーパーボーイコンテスト、全国第28位です、拍手!」と盛り上げつつも、「このネタ、いつまで引っ張るんですか?(笑)」と自分で落とす岩ちゃん(笑)
 続いて、キャッツアイの宣伝は、「皆さん、ぜひここに遊びに来てください。たまに圭ちゃんに会えるかもしれません(笑)」「常連、常連(笑)」「見つけたときはそっと陰から見守ってあげてください(笑)」「凄い形相でゲームやってます(笑)」と、圭ちゃんと掛け合いで(笑)
 そして、なんと! 「ここまで来てくれた皆さんのために、皆さんが希望すればもう一曲くらい歌います!」とアンコールも起きてないのに宣言する岩ちゃん。もちろん客席からは拍手喝采。その状況で、「でも、次に取っとくって手もありますよ?(笑)」と言える大ちゃんがイカす(笑) それを「今日はもういいです! また次で! みたいな(笑)」と岩ちゃんが受け、「それもいいですけど(笑)、折角練習してきたので、ぜひ見てくださいということで」というわけで、新曲披露はDA PUMPの「Delight」。あ、珍しくEXILEじゃない(笑) 出来の方は、まだ微妙かな〜(^-^;
 そしてそして、なんと! 「というわけで、これで終わろうと思ってたんですが、BLuckにも言ってなかったんですけど、もう一曲くらいどうですか?(笑)」と言ってしまう岩ちゃん。もちろん客席は割れんばかりの拍手だが、BLuckの面々は結構疲れきっていた(^-^; 岩ちゃん的には、前半戦の最後に歌った「スマイル」で、客席のみんなが跳んでいなかったのが気になったらしい。「最後は跳んで終わりたいです!」というわけで、サビの部分で跳ぶ練習をしてから、リベンジの「スマイル」へ。岩ちゃんは「跳ぶ振り(*6)はダメですよ!」と言っていたが、ほとんどの人は跳ぶ振りだったよーな(^-^; それでも前半戦よりは全然盛り上がって、15時半頃終了。

 再び岩ちゃんが出てきて、出演者全員を呼び込んで握手会の準備。セッ娘、唯ちゃん、MonKero、Style.、BLuckの順に一列に並んで握手会。なんか新鮮だな(笑) 夏希ちゃんにはいきなりじゃんけんを申し込まれて負けました(>_<) MonKeroとの握手が終わって次がオカゲンだったのだが、そこでUターンして帰ろうとしたら嫌がってくれたのが、ちょっと嬉しかった(笑) あとは、握手会も終わりかけの頃に、岩ちゃんが「2周目をしたい人は5000円から!(笑)」とか言っていたので、構ってあげたりも(笑)
 握手会は20分ほどで終了。帰りがけ唯ちゃんの背中を撮ろうとしたら、「ちゃんと(前から)撮ってください」と怒られてしまった(笑) ちなみに、美弥ちゃんの背中を激写していたことは、多分本人には知られていない(笑)
 そして、出待ち&お見送りをして撤収〜。おつかれさまでした!

*1: 客席の元気はなかったのである。
*2: そういえば、同じく変な曲構成のPinkの「フォーリンラブ」は封印中?(笑)
*3: ちなみに、ばっつり3cm切ったらしい。
*4: もちろん、リーダーは広司君なのである。
*5: カウンターの上。
*6: 足を床から離さない。
Let'sメジャーデビュー記念道内玉光堂インストアLIVE(千歳ポスフール店)【概略】

日時:2006/01/21(土) 16:00
場所:ポスフール千歳店(千歳)

出演:Let's[中田智聡/中谷沙織]/福井絵梨奈/谷川亜維

Let'sメジャーデビュー記念道内玉光堂インストアLIVE(千歳ポスフール店)【曲目】

01.WOMAN(オリジナル)/Let's
02.Happiness(オリジナル)/Let's
03.a step(オリジナル)/Let's
04.Peace(オリジナル)/Let's

Let'sメジャーデビュー記念道内玉光堂インストアLIVE(千歳ポスフール店)【記録】

 16時スタートということだったので、15時過ぎに現場到着。店内での場所はちょっと奥まっていてわかりにくかったが、なんとか発見。スタッフが会場セッティング中だったので、少し離れたところで待機。
 15時50分くらいからリハーサルが始まったので、2階から見学。マイクテスト、「WOMAN」「Happiness」「a step」「Peace」の一通りを軽く。Chisatoが胸に入店許可証のバッヂをつけたままなのが、なんか笑えた。
 そして、Let's御一行は着替えのために一旦退場。その間、小泉さんが「5分10分ほどですので待っててください」と集まっていたお客さんに告げるのだが、それも無体な話だよなあ(^-^; ああ、こんなときにクレイジーモンキーがいれば。いなくなって初めてわかるありがたみ(苦笑)
 開演は当然遅れて、16時20分スタート。集客は40人くらいか。関係者が少なくなかったけど。そして、一般客は歌が終わるたびに減っていっていた(^-^;
 さて、Let'sはPA席に到着していたが、まずは小泉さんが出てきて前説。千歳に来たのは以前ビアガーデンに出させてもらって以来の2回目で、今日の流れは、ぼくの下らない話→本人たちのトーク→歌→物販(サインと握手(*1)付き)とのこと。まあ元々喋り慣れてるんだろうけど、すっかり板についた感じ。てゆーか、喋りすぎ(笑) もっともそれは本人も自覚していたようで(笑)、「喋りすぎて皆さんの目が細く睨んできているので、そろそろ本人たちを登場させたいと思います」というわけで、Let's登場! ・・・かと思いきや、その前に拍手の練習。「皆さんが拍手してくれると、Let'sはニコニコしながら出てくると思います」。
 そして、いよいよLet's登場! 「Let'sです! 拍手!」と小泉さんが音頭を取り、客席もそれに応えて拍手。それには小泉さんも、「ナイスですね、千歳。素晴らしい!」と大絶賛(笑)
 というわけで、ニコニコしながら出てきたLet'sの自己紹介。「Let'sのChisatoです」。・・・。拍手がなかったのでもう一度(笑) 「Let'sのChisatoです」。パチパチパチパチー!(笑) 自己紹介は普通に、名前と年齢、Let'sの2人は出身地も。なんかこーゆーときのバックダンサーの立場って、ちょっと微妙。バックに徹しさせてもらえず、かといってフロントでもなく。でも、えんなみたくわざわざ「Let'sじゃない福井絵梨奈です」と断るのもどうかと(^-^;
 小泉さんから「Let'sのウリって何ですか?」と質問。Saoriが「今までだと若さ?」と答え、Chisatoも「若さだったんですけど・・・」と応じる。若さがウリだったのは過去のものであることは、共通認識らしい(笑) で、今は何かというと「目立つ衣装かな(笑)」とはChisato談。「じゃあ、衣装の目立つアーティストを目指しますか?」の問いに「そうですねー」と同意するLet'sの2人。それにはさすがに小泉さんも「自分たちじゃないのね」と苦笑。Chisatoが「自分たちもですよ(笑)」と付け足し、小泉さんが「衣装に負けないくらい輝いてください」とまとめ。
 そして、「今後のキャンペーンで、千歳の皆さんが非常に温かく迎えてくれました、と言えるよう、ご協力お願いします」と小泉さんが客席にお願いして退場し、Let'sの歌へ。
 「WOMAN」と「Happiness」の2曲を続けて歌い終わると、「さすが千歳の皆さん!」と喜ぶChisato。その賛辞は貰った拍手に対してで、特に1曲目と2曲目の間に拍手が自然発生したのには、惚れ惚れとしたらしい。
 MCでは、前説で小泉さんが説明していたが、Let'sとは何者かということを、改めて自分たちの口から説明。「私たちは、去年の12月21日にメジャーデビューしました。拍手!」と、拍手を強要するChisato(笑) 「拍手って言ったら、みんな拍手してくれることがわかったので、調子に乗ってます(笑)」。
 「今日はそのCDの宣伝に来ました」「普段は札幌で活動しています」などと話した後、「千歳は2回目で、前に来たのは去年の夏だね」とChisatoが振ると、「去年の夏だね」とSaoriが同意(*2)。そして、「・・・」「・・・」、2人の間に流れる沈黙。「終わり? 何か言うことないの?(^-^;」とChisatoが詰め寄ると、「去年の夏も楽しかった(笑)」とのんびり笑顔のSaori。う〜ん、凄い天然っぷりだ(笑)
 バックダンサーの2人は千歳初上陸ということで、意気込みを一言ずつ。「残り2曲となりましたが、終わったときに私たちのことを忘れないように、焼き付けてください」なんてマジメなことを言うぁぃちゃんは面白くなーい(笑) えんなも普通に「最後の曲はみんなで楽しみたいと思います」。
 そして、Chisatoが「残り2曲なんですけど、楽しい感じの曲なので一緒に楽しんでください。ここからはみんなの温かい手拍子が必要となります」と告げると、客席最前列のお客さんが出来ませんと手を振ったらしく、「ダメ? そこを何とか一緒に頑張りましょう(笑)」、でも無理矢理押し切った(笑)
 というわけで、「私が作詞したので、詞も聴いてください」とアピールして「a step」。心配だった手拍子はばっちりで、「凄い楽しかったですよー。やるじゃないですか、皆さん(笑)」とChisatoもご満悦(笑) あと、後ろの方からはよく見えなかったのだが、お子様が一緒になって踊っていたらしく、「この子が今日のMVPですよ(笑)」「Let'sに入りませんか?(笑)」とか、盛んにメンバーに誉めそやされていた。
 その後は、Chisatoから大事な話の発表。「今日の大事なお話は、お金関係になるんですが(苦笑)」というわけで、物販のときにCDを買ってください、という話なわけだが、わざわざ「お金関係」だなんて言い回しをしないでもよいかと思うが(^-^; そして、「1200円あったら、お菓子とか本とか色々買えちゃうんですが、同じ道産子として北海道つながりということで、ぜひ皆さんのご協力をいただきたいと思います」と殊勝なことを言いつつも、「私の詞も読めるので、私の心を悟っていただきたいと思います(笑)」と宣伝も忘れない(笑)
 あとはさっぽろ雪まつり出演の話などでお子様に絡んで(笑)、最後の曲の「Peace」も一緒に盛り上がってほしいということで、「ちゃっちゃとやるんで、ちゃっちゃと覚えてください」と振り付けの練習。うむ、やっぱりいきなり本番よりも、今回みたくきちんと練習したほうがいいでしょう。私はやってなかったけど(^-^; てゆーか、本番中に「やってよー? そっち行っちゃうよ(笑)」ってのは勘弁して下さい、Chisatoさん(^-^;
 結構盛り上がって終了すると、小泉さんが登場して、さくっと物販へ。CD1枚購入。スケブにサイン貰って、撤収。おつかれさまでした。

*1: そして汗。
*2: でも実際は一昨年だったらしい。頭の中がまだ2005年のようです(笑)
Littleカラオケ『鉄人』2006年お年玉LIVE!【概略】

日時:2006/01/22(日) 13:30
場所:鉄人 札幌店(札幌)

出演:Little[岩本和也/竹村辰基]
客:小野夏希/寺島静香/根本香菜/平野広司/岡元祐輔/後藤大輝/矢ノ目光明

Littleカラオケ『鉄人』2006年お年玉LIVE!【曲目】

01.さよならなんて言わないで(オリジナル)/Little
02.遠く離れていても(オリジナル)/Little
03.こいつ(オリジナル)/Little
04.少年(ゆず)/Little
05.優しい風に包まれて(オリジナル)/Little
06.星空の街へ(オリジナル)/Little
07.リトルファミリー(オリジナル)/Little
08.幸せの道(オリジナル)/Little
09.ラヴ・ストーリー(オリジナル)/Little
10.伝えたいこと(オリジナル)/Little
11.これからも(オリジナル)/Little
12.終わりのうた(オリジナル)/Little
アンコール
13.サヨナラバス(ゆず)/Little

--.リトルお年玉宝くじ抽選会

Littleカラオケ『鉄人』2006年お年玉LIVE!【記録】

 13時開場ということだったので、15分くらい前にに着いたら、アルシュ1階で路上をやっていた。私が着いたときにはあと2曲状態。知ってたらもうちょい早く来たのにー。まあ、わざと告知しないでやっていたらしく、集まっていた観客も少なめだったけど。
 路上終了後、7階の鉄人へ移動。ちょい待って開場、岩ちゃんによる受付。集客は、なんか出だしは低調だったが、最終的には大混雑。前回を上回る、86人だったらしい。
 5分ほど遅れて開演。拍手に迎えられたLittleは、前回同様引き戸の向こう側から出てきたが、今回は大して面白くなかった(笑)
 まずは自己紹介を済ませ、前回のビンゴゲームに替わる企画であるお年玉宝くじ抽選会の話。和也君は「高めのモノを入れてるので、期待してください」、辰基君は「ハズレはないです」とのこと。
 そして、最初の歌は、「さよならなんて言わないで」「遠く離れていても」「こいつ」を3曲続けてメドレーで。
 MCでは、和也君が「最近、納得いかないことが多数あるんですよ」と熱く訴える。
 その1。「バイトしているセブンイレブンで『オススメの中華まんは何ですか?』と聞かれたんですよ。で、ぼくは肉まんを勧めたんですよ」。もちろんそのオチは誰もが予想出来たであろうが、辰基君が「でも、肉まんを頼まないんだね?」とオチを言ってしまう(笑) 「そう。『肉まんオススメですか、じゃあカレーまん』みたいな。ぼくを冷やかしたいのかい?」。
 その2。「レンタルビデオ屋に行くじゃないですか。たとえば、ビデオレンタルが一泊二日で300円だとしますよね。これは、ビデオテープがぼくのうちに泊まっているということじゃないですか? だとしたら、ぼくがレンタル料金の300円を貰えるんじゃないですか? これを店員さんに言ったらどんな顔をするか」。それには辰基君も「いや、警察呼ばれると思いますよ(^-^;」と苦笑するしかない(笑)
 その3。「浜崎あゆみさんの曲が流れていたときに、友達に『これ浜あゆの曲だよね』って言ったら『何、浜あゆって?』って言われたんですけど、世間的には浜あゆって言わないんですかね?」。さすがにそれには賛同者ゼロだったが(笑)、「ぼく死んだほうがいいですね」と落ち込む和也君(^-^;
 さて、話は変わって、今日は遅刻してしまったらしい和也君。「辰基にいきなり『オイ!朝だ起きろ!』と起こされたんですよ」「だって、8時半集合なのに8時半まで寝てるんだもん」「不法侵入ですよ」。ぃゃ、さすがに家族には断ってから入ったそうです(笑) 「イベントでの寝坊は初ですね。辰基に起こされなかったら、ここにいないです(笑)」。
 そんなこんなで、長いMCも終わって、次の曲はゆずの「少年」。歌う前に、「『いっせーのーで』と言ったら、元気よく『1、2、3、4!』と言ってほしい」とお願いがあったので、まずは辰基君の音頭による練習から。その前置きとして和也君が「失敗しすぎると具合が悪くなるので、1回で成功させてください」と言っていたのだが、見事に1回目は「十二指腸潰瘍」、2回目は「骨粗しょう症」になってしまったもよう(笑) 本番はばっちりだったようだけど。
 続いての曲は、「優しい風に包まれて」。前回の路上で、新しくファンになってくれそうな子がいるときにこの曲を歌ったら、帰ってしまったらしい(^-^; まあ、インパクトある曲(*1)だしねぇ(笑) ところで今回って何か面白いことやってたっけ? 辰基君が先に笑ってしまっていたことしか覚えていない(^-^;
 そして、和也君がタンバリンからギターに持ち替えて「星空の街へ」の前奏をかき鳴らしていたら・・・ぶちっ。ギターを下げているベルトが外れてギター落下(笑) 普通ではありえないだろうが、仕込みネタではなかったらしい(笑) しかし、それにはあえて何も触れずに、最初から弾き直して「星空の街へ」を熱唱。
 歌い終わると、次の曲の説明と掛け声のお願いをして、「リトルファミリー」で盛り上がり。
 続いての曲は「幸せの道」であることを受けて、「竹村辰基にとって幸せって何?」と和也君が質問。「んー、寝る食う。ずっと寝てたい。寝て、起こされて、もうちょっと寝させろ、ってときが幸せです」と答えたら、和也君が「わかる!」と激しく同意(笑) 「バイトが急に休みになって、あーもっかい寝れる、どうしよう、というときが、ぼくの史上最高の快眠ですね」。
 「幸せの道」に続いて、順番を間違ったらしい「ラヴ・ストーリー」を歌い終えると、ラスト3曲。「竹村辰基君は何か伝えたいことがありますか?」。突然振られた質問に、「ないですよ(^-^;」と困惑の辰基君。「あ、そうですか。ノーコメントということで」と、謎のコメントを残し、次の曲は「伝えたいこと」(笑) そのまま続いて「これからも」も歌い、しっとりバラードタイム。
 「それでは、長いようで短いライブも、次の曲で最後となりました」との和也君の言葉に客席はもちろん「えーーーーー」。まあ、それに対するリアクションは特になかったけど(^-^; 「何の曲にしようかと思ったんですが、普通に『終わりのうた』ということで」「『終わりのうた』で、終わります」。
 「まあ、アンコールなども随時受け付けていますので」と和也君。それを辰基君が「アンコールなども随時受け付けていますので」とリピートし、さらにそれを和也君が「アンコールなども随時受け付けていますので!」と強調してリピート(^-^; 辰基君が「別に要求してるわけじゃないですよ」と言うと、やっぱり和也君が「別に要求してるわけじゃないですよ!」と勢い良くリピート。しかも、「こういうユニットなんですよ、ぼくらは」と開き直り(笑) それに対する辰基君の一言が「やらしい(笑)」。
 さて、辰基君が譜面台に置かれたノートから「終わりのうた」のページを開こうとしていたら、和也君に「『終わりのうた』はコナンくんのノート」と言われ、後ろの方でノート探し。その間、和也君がコナンくんノートの流れから「最近コナンくんの映画を見てないんですよ」とコナン話を始めたら、その最中に客席でガシャーン!という音が響き渡る。「なんか今、殺人事件のような音が(笑)」。って、もちろんそんなわけはなく、グラスを落として割れた音だけど。しかし、それには動じず、「それでは死体処理班(岩ちゃん)も駆けつけたところで、終わりのうた聞いて下さい」と、あっさり進行(笑)
 無事に歌い終わり、奥の部屋に引っ込こもうとして引き戸を閉めようとするのだが、なかなか閉まらずに諦めた2人は、「ライブはこれでお開きになります(^-^;」と苦笑(笑) その間、拍手は起きているもののアンコールの声はかかっていなかったのだが、「アンコール!」と最初の一人が叫んだ瞬間に、「ありがとうございます!」と喜色満面。きっかけさえあればいいのかよ!(笑) まあ、「まさかアンコールを貰えるとは思ってましたけど(笑)、ホント嬉しいですねー」と、思っていなかったとは言わないところは男らしい(笑) 時間が押していたのか、さっさと歌ったアンコール曲は、ゆずの「サヨナラバス」。
 そして、14時50分終演・・・じゃなくて、すっかり忘れていたが、入場時に貰った宝くじによる「お年玉宝くじ抽選会」があったんだった(笑) 賞品は2人の私物なのだが、急遽岩ちゃんの書いた落書き(*2)が6枚ほど追加。
 抽選は、0から9まで書かれた紙を辰基君が2回引いて、00〜99の乱数を作る形式。もっとも辰基君は、10の位で「0」を引いたとき、理解してなくてこんがらがっていたけど(笑)
 というわけで、岩ちゃん落書きを含めて賞品は10点ほどあったのだが当たらず! オカゲン似顔絵はなかなか貰ってもらえなくて、オカゲンが凹んでいた(笑) 辰基君がいた頃のFAMEのポスター(*3)はちょっと欲しかったかも。
 最後は、宝くじと引き換えにプリクラの当たる割り箸くじを引いて解散。当たる確率は80%と言っていたのだが、実は100%全部当たりだったようで、Littleの優しさですなあ。おつかれさまでした!

*1: というか和也君(笑)
*2: オカゲンの似顔絵とか(笑)
*3: 辰基君自身は写ってたんだっけ?